« 細かい作業を沢山 | トップページ | 合体は勢いの有るうちに »

2017年8月 3日 (木)

基準値に入らんのは安物のせい?

08031 SMに依ると組立後にシンクロリング外径を測定しろと書いてある。1速と2速は86.37mm(±0.17)で、3、4、5速は76.3mm(±0.18)。
 念のために測定してみたら基準値に入っているのは3速と5速だけで、それ以外は全部基準から外れていた。4速はシンクロギヤの根本が少し痛んでいるけど、1速と2速なんか関連する2個の部品とも新品なのに、何故?。

08032_2  じっくり見ていくと4速の原因は解った。ギヤの刃先の痛んだ部分が下にめくれていて、そのめくれがシンクロリングを小径側へ押し縮めて居たからだった。そこでそのめくれを削ったら基準値に入った。
 問題はギヤも新品にした1速と2速。こちらはしばらく悩んだけど、どうもギヤ刃先の内側の加工が悪いんじゃないか。と思い始めた。2枚目画像で1箇所だけ赤に着色した三角形の部分。
 ここの加工が悪くてシンクロリングを押し縮めて居ると考えて、リュータとダイヤモンドヤスリでシンクロリングの外径斜面に合うように削ってみた。そこで測定すると良い感じだったので、基準値に入るまで少しずつ削って行って5速全部が基準値に入った。
08033_2  今回のシンクロリングは某氏がアメリカに行ったときに、手持ちで買ってきて貰ったヤツ。空冷の専門家なので間違いは無かろう。そしてシンクロギヤの方は今回私がペリカンの通販で買ったヤツ。高いのと安いのの2種類有ったから、当然の事として(笑)安い方を買ったわけ。
 安いから基準値を外れたのかな?、でもこういう事って高いのを買っても起こるときは起こるモンなあ・・・とか考えながらミッションを仮組してみた。
 一気にやりたかったけど、暗い中でやっても失敗が起こりがちだし、向きも水平にした方が良さそうな気がしたので今晩はここでやめ。取りあえずシフトは入るしインターロックも効いている。大きな失敗は無いみたい。

08034  代わりにセルモータのO/Hをすることにした。メチャ汚いけど掃除せずにそのままやった。さらにニトリル手袋すらせずにやったので、手が酷いことに成ってしまった。
 11万km走っているのだけど、セルの中はかなり綺麗。これなら30万kmでも問題なく行けそうな雰囲気。ただ軸受だけはダメみたい。前はギリギリ油っ気が有る程度で、後は既に油っ気が切れてギリギリのタイミングだったから。
08035  ブロアモータと言いボッシュのモータはこんなヤツが多いなあ。このセルモータはボッシュかどうか知らんけど。
 私みたいに自分でチョコチョコ弄っている人間なら、気が付いたタイミングで給油や給脂をしておけば長持ちする。でも人に依頼するとモータ交換と同じ工賃が必要な訳で、それなら壊れるまで使ってそのタイミングで新品に交換しよう・・・と言う判断もあながち間違いでは無いような気もする。

|

« 細かい作業を沢山 | トップページ | 合体は勢いの有るうちに »

コメント

アらぁゃ・・・・
ここまで、分解したら組み立てられんー。ってナチャウですよ。自分ナラ。

投稿: そクラテす | 2017年8月 4日 (金) 20時52分

 気になる部分が奥まった所だったので仕方ないのですが、作業自体が難しいとかは無くて、単に作業量とか準備が大変な部類ですねえ。

投稿: みつやす | 2017年8月 5日 (土) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 細かい作業を沢山 | トップページ | 合体は勢いの有るうちに »