« 5年目はLEPIAUS | トップページ | 991かと思った »

2017年8月 9日 (水)

蓋が要ると思うんだが

08091 今日は久しぶりに雨だ。草刈りが出来ん事は無いけど、雨の中で草刈りとかしたら悲しく成るので白骨号の作業にした。

 ミッション部品と一緒にフロントのスタビとロアアーム関係のゴムブッシュも注文していた。それをやってしまおうと考えた。スタビの方は異音対策で、ロアアームの方はMCナイロンの固いヤツに交換してあるので、それを純正互換のゴムに戻そうという話し。
 やっていて気が付いたのだけど、右側のロアアームというかAアームというか、機能的にはトーションバーケースの先端の辺りが左右で違う。左は蓋がついているけど右は蓋が無くてトーションバーのスプラインが見えている。
 あまり気にせずに組んだけど、組む途中でトーションバーが奥まで突き抜けて行き、無理矢理押したら前方に突き抜ける事を発見してさあ大変。
08092  この蓋はゴミ防止とか美観の為じゃ無くて、トーションバーの位置決めというか抜け止めの為の部品な訳だ。良くこんな状態で4年以上も乗っていたモンだ。皆生の途中で右フロントがガクッと下がって走行不能に成っても不思議じゃ無かった。親鸞聖人ありがとう。
 その辺に落ちていた廃材の板を切り、ヤスリで適当に仕上げてスーパーXを付けて叩き込み、さらに周辺を数カ所叩いて抜けないようにして置いた。あの世に行った北海道の整備士なら、外して旋盤で作った蓋を挿入してTIGで点付けしてからローバルを塗るんだろう。整備の神様御免なさい。
 こんな作業が有るとチャチャッとは終わらない。取りあえずミッションは終わったので空いた時間に気長にやろう。

 ちゃしろの散歩は雨だったけど、傘も差さずにカッパも着ずに出掛けた。この気温ならカッパを着ても雨と同じくらい汗で濡れるから。
 こんな雨なら他の犬は居らんよ。と言いながら歩いていくと、山奥の道からでっかいバーニーズのリキちゃんが出てきた。コイツも長毛種なので雨の方が元気なのかもしれない。
 この2匹はオス同士だけど割りと相性が良く、時々ガウガウと成るけど基本は仲良く臭い合ったり歩いたりする。
 散歩の時に気が付いたのだけど、小走りに成ったときの肋骨の痛みが変わった。そう言えば白骨号の作業でも、ミッションに着手した時はレンチで力を入れたら痛かったけど、今はそれほど痛くない。そろそろ動き始めようか。

|

« 5年目はLEPIAUS | トップページ | 991かと思った »

コメント

>親鸞聖人
宗教のグループは同じだと思うのですが・・・・・。こないだ2週間くらい前に葬儀に参列する事があり、法然上人 とかいう名前を唱えていた記憶があります。
1200年くらい前後の人間。2017年の現代人からすると、随分前の人間の事を、褒めてる様です。死んだ人間は、最初の紹介のトキ氏名、生年月日、年齢のみ。扱われ様が違います。昔は考える時間が無限にあったのですから、現在とはケタが違うのは当たり前カモです。

投稿: そクラテす | 2017年8月11日 (金) 07時01分

 法然上人ってもっと偉い人でしたっけ?。何時も適当なこと書いて居ますが良く知りません。
 私にとって、親鸞聖人もマリア様も整備の神様も同じ様なモンです(笑)。

投稿: みつやす | 2017年8月11日 (金) 07時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5年目はLEPIAUS | トップページ | 991かと思った »