« 割り切った力の流れ | トップページ | メンドラ »

2017年7月25日 (火)

吸気側も調整しよう

07251 今日は吸気側のバルブクリアランスを調整した。排気側は2年くらい前に下に潜ってやったけど、吸気側はやりにくかったので放置していた。2年越しの調整だ、ハハハ。
 排気側と同じく大して狂っていなかった。3番と5番が0.12mmくらいかな?と言う程度で、それすら再調整しなくても良かったくらい。まあ今は手が入れやすいのでパッキンを交換する為に開けたようなモンか。
07252_2  特に酷いオイル漏れとか無かったけど、パッキンとか液体パッキンのカスが酷かったのでスクレーパで大まかに掃除してからカバーを付ける事に。



07253  念のためにカムの状態を全部チェックしたけど、どれも綺麗で問題無かった。中古車なのでどんな状態でも諦めるしか無いのだけど、カムに関しては運が良かったと言う事だ。ポルシェの神様ありがとう。
 私の手に移ってからは、ポルシェ使いの人からアドバイスというかお叱りに近い(笑)メールを貰うようなオイルを選んだりしているけど、そちらに関しても3-4万kmでダメになるようなトラブルは起こっていない訳だ。ご心配通りに問題が起こらずに済みませんねえ。
 末端のカムの潤滑に関しては、大昔のスズキかカワサキの技術者が雑誌に書いていた記事を覚えている。「ブン回して乗る人よりも、標準より固いオイルを入れて、標準よりアイドリングを下げて、アイドリングさせながら友達と話しをするタイプの人の方が厳しい」と。
 私はブン回しては居ないけど、真冬でも末端まで十分なオイルが回る様なオイル選定をしているつもりだ。取りあえず虫食いだらけになるほどの間違いでは無かった事が確認できた。

07254  カバーのパッキンにはロックタイト515を併用してみた。本来なら要らんと思うけど、純正指定の「574」の代用として「515」と「5127」を買ってみたので使いたくて仕方がないわけだ。



07255  カバーのナットはM8の癖に締め付けトルクが8Nmと小さめ。自分の腕が信用できない人間なので、きちんとトルクレンチを使って締め付けた。自作の怪しいトルクレンチだけど。。。



07256  あとは夜になってクランクシールを外した。フライホイール側のでっかい方。プーリ側はマフラーとかカバー類を外す時間が無いのでまた後日。
 ポンチで穴を開け、その穴にタッピングビスをねじ込み、バールでこじったら直ぐに取れた。手前のボルトとか周囲の状況から想像するに、今までに交換はされていない感じ。

07257  漏れては居なかったけど、リップの内側に付いているネジネジの畝がかなり消えていたので、まあ良いタイミングの交換だったのかもしれない。
 このオイルシールを入れるのは難しいらしい。そう言えばトラックのリヤホイールに同じ様なサイズのシールが有るけど、あれを入れるのが苦手だった、何回か失敗した事が有る。
 不器用なんだからジグを作って確実に作業すべきかなあ。十分に準備したらあっけなく終わり、大丈夫と手抜きして臨むと失敗する。。。人生ってそんなモンだ(笑)。

|

« 割り切った力の流れ | トップページ | メンドラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 割り切った力の流れ | トップページ | メンドラ »