« ER脱出 | トップページ | 痴呆老人のQOL »

2017年1月19日 (木)

神様、お手柔らかにお願いしますよ

 昼前はメッキ屋さんに行って仕上がった製品を受け取り、ついでに直方市役所へ寄って介護認定とか施設関係の話を聞いてきた。空いた時間に効率よく動き、叔父さんの件もまあまあ上手く処理できるんじゃ無いかな?、オレって結構やるね。とか思いながら。

 ところが神様はそんなに甘くなかった。昼前に叔父さんの主治医から電話がかかってきて、直ぐに来てくれと言う。病院で暴れて先生を蹴ったりし、男性二名でようやく取り押さえて今はベッドに拘束してあるとか。ヤレヤレじゃ無くて流石にゾゾッとしてきた。
 飯も食わずに病院に行ったら叔父さんはベルトで固定してあった。だいぶ落ち着いていたけど入院時よりも明らかに言動がおかしくて完全なる痴呆老人にしか見えない。先生に何回も謝りながら話を聞いた。
 一般病棟では面倒がみれない。うちで預かるとしたら痴呆病棟になるけど、あの性格だと「オレはキチガイじゃない!」とか大暴れしそう。拘束してしまうとか薬でボーッとさせて死ぬまで待つのは医者として本意では無い。等々。
 入院時の心臓の急な症状はほぼ治まっており(実際に大暴れ出来るくらいの元気は有る)、自宅とか他の施設で投薬治療でも良いと思う。。。この部分に関しては面倒な患者は早めに放り出したい気持ちも有ったと思う。でもそれはその通りで、私自身もこの後で死んだという連絡の方が良かったと思ったのだから。

 退院させることに同意し、再び家まで着替えを取りに戻って病院へ引き返した。時間が掛かったけど着替えが終わり、事務処理も会計も何とか終わって病院を出発した。でも精神的にはこれからが地獄だった。
 とにかく言うことが支離滅裂。爺さんの葬式の時の言動を見て、皆でそろそろ危ないかも?と話しては居たけど、ここまで酷いとは思わなかった。入院に依る変化で変になっているのだと信じて運転したけど、まあマジで泣きそうになった。
 家に着いてもイマイチ状況が掴めていない様子。それでもコタツに入ってしばらくしたら落ち着いた気配が有ったので、近所のコンビニに弁当を買いに行って一緒に夕食を食べる事にした。
 「おかずが多いね」とか振ると「大手は安い値段で種類を揃えらるうばってん、こまい店はこの値段でここまでは作れん」とかまともな事を言う。でも姐さんの分は何処に有るとか?とか、古野さんは呼ばんでもいいとか?とか、まあメチャクチャ。
 それでも根気よく日常的な話題と行為をベースに色々な事をしていると、何となく入院前の事が思い出されて来たのか少しだけ改善した。いや改善したように私自身が思いたかったのだと思う。もう気持ちが限界でこの場から離れたくて仕方が無かったから。
 惚けの傾向から想像するに、夜中に遠賀川に落ちて死ぬ可能性は低そう。駐車場に行って車が無いのを発見し警察に取られたと通報するくらいは有りそう。でもそのくらいなら何ともない。幸いにも車は私の自宅に持ってきているから物理的に運転は出来ない。叔父さんがひき殺した小学生の葬式に行き、「帰れ!」と罵られるよりはマシだろう。

 取りあえず無理矢理気持ちを納得させて帰ってきた。叔父さんを一人家に残して。死んだら私の責任も少しは有るけど、もう気持ちも一杯一杯でそれでも良いやと思ってしまった。神様御免なさい。
 疲れたばかり言っても前に進まないので弁当の宅配サービスを頼んだ。後は介護認定とか、施設か病院か知らんけど行き先探し。一番良いのはこのまま元通りに落ち着いて自宅で暮らせる事だと思うけど、そろそろ難しい時期に来て居るんじゃ無いかと思う。それに今回は立て続け過ぎて私の気持ちが持たんし仕事にも影響が出すぎている。
 今の私が裁判員裁判に行ったら、老人を殴った施設職員を無罪にすると思う。

|

« ER脱出 | トップページ | 痴呆老人のQOL »

コメント

無罪に1票

投稿: 従姉妹 | 2017年1月19日 (木) 23時25分

私の父も入院して変わりました。病院にいると認識できない、ドクターは部下、暴れて拘束となり、退院を勧められました。ソーシャルワーカーは系列の遠くの施設しか紹介しないし色々ありました。
 お疲れ様です。

投稿: 梅野 | 2017年1月20日 (金) 08時17分

お疲れ様です!大変でしょうけど頑張ってください。

投稿: メグロの変なオッサン | 2017年1月20日 (金) 08時48分

 行政の支援もかなり充実はしているのですが、身近な親族が走り回るしか無い部分も多く、介護認定に1ヶ月かかるとか時間的にも許容出来ない面も多々あることを知りました。

 ちゃしろの散歩とブログに愚痴を書くことが捌け口に成ってます(笑)。

投稿: みつやす | 2017年1月20日 (金) 08時57分

God bless you!

投稿: Sister in Tokyo | 2017年1月20日 (金) 10時12分

 うん、ありがとう。そっちもね(笑)。

投稿: みつやす | 2017年1月20日 (金) 12時26分

痴呆じゃないですが、母方の父(じいちゃん)が、暴れるタイプで、当人に住んでた家族から追い出されて、うちに来てた事があります。寂しいので、一緒に居た犬も連れて引っ越して来てました。

自分勝手な行動(生活)ができない事もあって、静かになってました。(縛たりしませんよ)そころはやっと、世間では、コンビニができた時代。鞍手のコンビニに1人で行くが楽しみで喜んでいたのを覚えています。
・・・なぜか老人は好きなのか、店の「おでん」を勝手に食べて連絡がありました。w

今回の案件は、1人暮らし?だと、火事とかをやられると周囲もたいへん。前者に準拠?とはいかないでも、このままでは悩ましいですネ。

投稿: そクラテす | 2017年1月20日 (金) 18時01分

 暴れるタイプ、出歩くタイプは何処でも嫌われるから困りもんですね。痴呆とか持病が入ると施設選びが一気に難しく成る現実を知りました。

投稿: みつやす | 2017年1月20日 (金) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ER脱出 | トップページ | 痴呆老人のQOL »