« 雑種にペディグリー 再び | トップページ | ER脱出 »

2017年1月17日 (火)

タフな日々が続くぜ

01171 爺さんの49日の法要、電話とか手紙を出しただけでは話が通じそうに無い高齢者の所へ案内状を持っていって口頭で説明した。このくらいやっておけば大丈夫かな??。通夜の時刻を間違えていた実績が有るだけに少々不安だけど。

 少しだけ基板作りとかして昼飯を食い、コーヒーでも飲もうとしたタイミングで電話がかかってきた。知らない病院からで「今から来れますか?」と。よくよく話を聞くと爺さんの弟の叔父さんが来院したけど、入院が必要な症状なので家族に来て欲しいと。
 ヤレヤレと思いながら病院まで行って話を聞いた。レントゲンで直ぐに解る症状としては肺の中と周囲に水が溜まっているらしい。あとは心臓や肺関係の数値が悪くて入院設備の有る病院で治療が必要とか。娘は居るけど遠いし色々な事情で直ぐには来られない。一番近い?親戚として了解して救急車に着いていった。
 1ヶ月も経たないうちに2回も救急車を追って病院に行き、救急処置室で医者や看護師の働きぶりを見るなんて中々出来ない経験だ。相手が生身の人間と機械の違いは有るけど、ここで働く医者の雰囲気って自分がやって来た仕事の中では現地SVが近い感じ。ちょっと面白そうな気がしてきたけど、今さら医者に成れる訳は無い(笑)。

 爺さんの時と同じように各種の書類を書き、医者や看護師や事務職員から話を聞き、要点を纏めた用紙を貰い、叔父さんとしばらく話してから病院を出た。疲れはしないけど作業場用にダウンを来ていたので死ぬほど暑かった。
 その足で叔父さんの家に行き娘とか必要そうな連絡先のメモを探し出した。後は最初の病院に置いたままの車を回収しないと行けないけど、借りている駐車場の場所が解らないので晩飯の後で嫁さんと来て家まで持って帰るしかない。
 ちょっと一息着いたら回りは薄暗く成っていた。軽トラを運転しながら助手席を見るとビニール袋に入れられたズボンとジャンパーが転がっている。うちの爺さんの時もこんな感じだったと思い出す。
 マーロウが出てくる小説なら女の長い髪の毛を見つけ、鉛を飲み込んだような気持ちに成るシーンだ。でも私は身長が157cmしか無いし彼ほどタフじゃ無い。着替えの入ったビニール袋を眺めてヤレヤレと思うしか無い訳だ。

|

« 雑種にペディグリー 再び | トップページ | ER脱出 »

コメント

49日の法要までいろんなことがありますね。
お身体に気をつけて 皆さまお元気で。

私も今年で69歳ですが最期はヨットで行方不明になりたいです。でも来年の宮島トライアスロンにはマーク船でお会いしたいですね。

投稿: abeyacht | 2017年1月18日 (水) 16時49分

電車の駅の1等地にある、あそう病院の様です。
こんど、鞍手も小倉駅の裏にできた病院の様な大きな病院ができるようです。高齢者を対象にした病院になろうかと思います。いまでもMRIやcTがあって、田舎の割に機材がスゴイのですが、ドクターが居ない様です。
あと、鞍手のダイソウの横の道が、北に延びて遠賀方面に行く道とつながる様です。

投稿: そクラテす | 2017年1月18日 (水) 17時50分

>abeyacht さん

 ムキになっても疲れるだけなので、ゆったりした気持ちで過ごそうと思ってます。
 私が宮島に出ている間は行方不明に成らないでください。行方不明の時は中途半端に見つからないように、ハワイくらいまで行ってからにしてください(笑)。

>そクラテす さん

 はい、麻生帝国の飯塚病院です。増改築を繰り返しすぎて、院内は完璧に迷路です。たぶん年に数名は行方不明者が出ていると思います。

投稿: みつやす | 2017年1月18日 (水) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑種にペディグリー 再び | トップページ | ER脱出 »