« 太田裕美 GIFT BOX | トップページ | ハロウィーンはお葬式 »

2016年10月30日 (日)

同称十念

10301 ちゃしろと朝の散歩だけした。これから2日間家を空けることになり、訓練士の人に頼んでいるとはいえ何となく心配というか寂しい気分に成ってしまう。いつも以上に頭と身体を撫で撫でして別れた。
 昼前に三男と一緒に家を出て新幹線で大阪に向かった。実家に行くときはJRが多いけど、今回の斎場は京阪沿線。と言うことで淀屋橋から京阪特急に乗った。二階建ての上に座ってちょっと嬉しい。

 ありがちな話だけど、親族控え室に入ったら結構賑やか。久しぶりに会う懐かしさと大阪のオバチャンパワーが炸裂している。故人の曾孫に当たる子も来ていた。写真は棺の横に寝かされている時。こうやって命が受け継がれていくんだと思えば、年とって死ぬのは自然の営みの一つでしか無い。
10302  会場を観察してきて面白い物を見つけた。両側には花が飾ってあるのだけど、正面側に飾ってあるのはお菓子とか果物とかビールとか缶詰とかほんだしとかマヨネーズとか!??。聞いてみると式のあとで解体して皆で分けて持ち帰るらしい。いやあ、文化の違いって面白いなあ。
 通夜はこちらでも良くある通夜式の形態。浄土宗だったけど始めに「同称十念」の説明と練習が有った。導師の「どうしょうじゅうねん」に続いて皆で「南無阿弥陀仏」を10回唱えると言うもの。基本は「なむあみだぶ」で9回目だけ「なむあみだぶつ」に成る。浄土宗の葬式に出たことは有ると思うけど、練習は初めてだし9回目だけ違うのは始めて知った。

 近い数人は控え室で寝たけど他は家に戻った。家に戻れば普通の盆正月と変わらない。これもありがちな風景だ。なかなか面白い。伊丹十三が映画にしたくなった気持ちがわかる。特にこの家は映画みたいな事件が多い(笑)。

|

« 太田裕美 GIFT BOX | トップページ | ハロウィーンはお葬式 »

コメント

場所柄、寝屋川斎場だったと思います。
写真の様なところに行った事があり、スマホで予約、レンタル和尚さんが現れる仕組みになってて、写真には乗ってませんが遺影がその棺桶の後ろにかざられます。
金、銀、パラジュームなどが、火葬した際に出るため、そっちの収益というか個人が着服するとかの問題もある様です。

投稿: そクラテす | 2016年11月 1日 (火) 10時04分

 寝屋川じゃ無いです。でも京阪沿線は斎場以外でもどこも同じ感じがします。

投稿: みつやす | 2016年11月 1日 (火) 12時41分

生駒山ですか。
シトロエンのアミを見に、東大阪まで行った事があります。アンテナのたくさん建った山でした。
あんなところ迄、地元人でも大変そうです。ご愁傷様です。

投稿: そクラテす | 2016年11月 1日 (火) 14時14分

巻線に興味があるので、見学に行こうかと、勝手に思ってましたが、喪がかかってるので、ダメですネ。
かかってナクても?

投稿: そクラテす | 2016年11月 1日 (火) 15時16分

 巻線ってR50のコイルでしょうか?。あれはまったく手が出てません。しかも葬式の余波でしばらくは難しそうです。

投稿: みつやす | 2016年11月 1日 (火) 16時19分

了解しました。

投稿: そクラテす | 2016年11月 1日 (火) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太田裕美 GIFT BOX | トップページ | ハロウィーンはお葬式 »