« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

暑すぎる

07311 大会が続いたので久しぶりの練習会。調子も良くないし朝からカンカン照りで気持ちが萎えそうだけど、顔を見るだけでも良いから出来るだけ参加しようと心を入れ替えて参加。
 佐賀で大会が有るみたいで参加者は少なかった。今日のメンバーなら武友さんとしんちゃんが先頭を引っ張る感じで、私を含めて残りはその2名について行けるかどうか、と言う展開と読んでスタート。
 ほぼ予想通りの展開で進んだ。この調子なら最後までついて行けるなと思ったけど、最後の最後の坂で千切れてしまった。後には長濱が居るから抜かれると思ったけど抜かれない。振り返ったら彼は私よりも先に千切れていた。ああ良かった(笑)。
 ランは死ぬほど暑い中でスタート。マジで死ぬかと思ったけど暑い年の皆生はこの状態からフルマラソンスタートだもんな・・・と思って走る。武友さんが一人抜け出す。これは実力的に仕方ない。次は宮崎?の国体代表の女性、さらにランが速いブラリアン氏と続く、私と長濱は最後尾。
 この状態でゴールかなと思っていたけど、武友さん以外の選手は暑さのせいか徐々に落ちてきた。順に拾っていくうちに2番手となり、あとは暑さとの我慢比べで順位を守ってゴールした。
 バイクはイマイチだったけどランはそれなりに頑張ったと思う。バラモンを4時間10分くらいで走るブラリアン氏に勝ったのは良かった。国体代表のお嬢さん?に勝ったのも嬉しい。でも彼女は昨日もハードな別の練習会に参加したらしいので、こっちは勝ったとは言えんなあ。

07312  しばらく日陰で身体に水をかけながらへばって居た。少し冷えたので濡れたトライウエアのままで軽トラに乗って帰宅。途中でどうしても我慢が出来なくなったので爽を買って帰った。
 ちゃしろの横に座って爽を食べたら生き返った。興味が有りそうに匂うから食べさせてやったけど、彼はアイスには興味がないみたいで食べなかった。
 昨日までと気温は変わらない感じだけど今日は風が有る。犬は身体に汗腺が無いから風が有っても涼しく感じないのでは?と思っていたけど、今日はハアハア言わずに割りと快適そうな顔。風が有ると犬も涼しいみたいだ。

バイク 60km
ラン 10km

| | コメント (0)

2016年7月30日 (土)

モータは直ったけど

07301 午前中はスイミング。今日も途中から私だけ別レーンで別メニューに成った。久しぶりにフィンガーパドルが出てきて、それを装着した状態で50mを20本。
 途中で色々と指導が入った。息継ぎの時の顔の角度、口の開け方、リカバリーの腕と顔の動き、掻き方にメリハリが無い、等々。久しぶりに少し強度を上げたメニューが入り、これに付いていけば少しは強くなるかな?と将来に向かって明るい?気持ちに成れた。

07302  午後はポルシェ屋さんに行って、メカの人と燃えた電動ブレーキブースター関連をゴチャゴチャ。あのモータは結局再生する事に成り、生きていた片側のブラシホルダだけ使ってベース板や片側のホルダなどは全部ゼロから作った。
 写真は途中の位置確認の状態なので最終形状じゃ無い。隠している訳じゃ無くて最終状態で写真を撮るのを忘れてしまっただけ。まあこんなイメージでと言う事。
 モータはトータルで10時間以上は慣らしと試験をした。そのおかげか車体に装着しても無事に油圧は立ち上がってブレーキは効いたらしい。でもモータが止まらないと。。。テスト配線とか作って行ったけど、原因を断定する事は出来なかった。

 モータが回って油圧が立ち上がったと思われるタイミングでもモータは止まらない。その前後でプレッシャスイッチ?の5本のピンは電気的に変化が無い訳。これはスイッチが壊れて無反応に成っているか、何処かで油圧がリークして停止圧まで上がっていないか、モータまたはポンプの性能が低下して停止圧まで上がっていないか、まあそんなところが考えられる。この辺りを突き止めるには油圧を測定する必要が有る。。。
 随分探したけど、この辺りは外人さん達も手を付けていない感じで情報が無い。ブレーキ圧だから10MPaくらいまでは行く可能性がある。不確かな情報としても8MPaだとか10.2MPaと言った話があるからそんなモンだろう。
 と言うことで16MPaくらいの油圧計と、テストポートに合うフィッティングと接続配管を準備しないといけない。うーん、面倒だけど面白そうな話だ。
 簡単にスイッチですね、と言ってスイッチを交換し、それでも治らなければポンプとアキュムレータも変えてみましょうと言う対応も有ると思う。でもそれでは真の原因究明には成っていないし、最適で最善の修理じゃない。勘とお客さんの財布に頼った作業だ。
 今回は時間が掛かるかも知れないけど、まともな手法でトラブルシューティングしていこうと思う。そしてそれを許容してくれる某ポルシェ屋さんにも感謝。

スイム 3.0km

| | コメント (2)

2016年7月29日 (金)

シロちゃんのお弁当

07291 犬にちなんだ悲しい物語・・・的なタイトルに成ったけど、今日のお昼御飯はシロちゃんの店のお弁当を食べたというだけの話。
 1月くらい前に成るけど、散歩で会うサモエドのお母さんが始めた店に食事に行った話を書いた。最近はそこに「お弁当」と言う幟が追加されていたので何時か食べてみたいと思っていたわけ。そしたら今日の昼は「何もないから適当に食べて」発言が有ったので、良い機会と思って電話で注文してから昼に取りに行った。
 当然?モフモフのシロちゃんと抱き合ったり甘噛みされたりして遊んで来た。もうはっきりとちゃしろより大きい。でも動きや反応は赤ちゃんその物。お母さん(お婆ちゃん?)が高齢で不安だから午前中は訓練校に行っているらしいけど、これって訓練の効果が有るのか(笑)と感じる様なちゃしろに似たシロちゃんの反応。

 で、お弁当の内容は店で出る食事とほとんど一緒だった。大きめのケースにびっしり詰まっている。御飯は多くないけど全体ではかなりボリュームが有る。私はコンビニで弁当を買うときに幕の内と副菜を1-2点追加する様な買い方をするのだけど、そのタイプの人なら満足感は高い。そして税込み650円だから値段もコンビニの総額より安い。
 大盛りチキン南蛮とか焼肉弁当に菓子パン追加するタイプのボリューム感では無いので、そのタイプの人は満足出来ないとも思う。左上の黄色ズッキーニ?の下には肉が3切れ有るのだけど、味付けも御飯が3杯食べられる様なタイプじゃ無い。
 そう言えばチラシを貰っていたので紹介しておこうと思う。住所は「福岡県宮若市下有木1489-1」で「お食事処 しろ」。グーグルで見れば解る・・・と書こうとしたけどうちの環境では出てこない。直ぐ近くに老人施設の「なびき苑」と言うのが有るので、もし行く人はそれを目標にしてください。不定休と書いてあるからやってなかったら御免なさい。

 風呂の前にエアロバイク、今日も20分で200Wまで上げていって、あとは200Wを2分間だけ維持してお終い。200Wが2分よりもそれまでの徐々に上がっていく過程が既にきついなあ。

バイク 10km 200W-2min.

| | コメント (8)

2016年7月28日 (木)

入居開始と狼爪

07281 ドリドリ君の在庫部品を置く棚が出来たので部品達の入居が始まった。配置とか考えながらだし傷んだ箱は交換したいし・・・、と一気には進まないけど何とか成りそう。
 重たい削りだし部品を乗せたところ、棚板が大きく変形して音を上げそうに成った。一瞬だけ3万円のヤツにすべきだったか?と思いかけたけど、分散しておけば良いと思い直した。貧乏な発想へ転換する事で20万くらい得した事になる。貧乏くさいなあ、ハハハ。

07282  昨日撮った写真だけどちゃしろの後ろ足。先日親指の爪切りをしたときに4本切った記憶が有った。でも色々なサイトを見ていくと後ろ足には狼爪(ろうそう)と呼ばれる親指は無い事が多いと掻いてあるのを読み、もう一度確認に行ってみたわけ。
 記憶通りにちゃしろの後ろ足には、しっかりした狼爪が左右とも生えていた。でも使うチャンスが無いからか、この狼爪だけは伸びてくるので切ってやらないと行けない感じ。
 他の4本に関しては爪切りの必要性は全く感じられない。常に肉球から少し引っ込んだ位置に先端が有る。この位置で綺麗に摩耗しているという事は、彼の身体が要求する歩行距離は確保できていると言う事だろう。毎日10kmとか12kmも歩かされて、それでも爪が伸びるとか言われたら敵わん(笑)。
 狼爪が適度に摩耗する環境ってどんな状態かな?。山野を駆けめぐり崖で踏ん張り、獲物に抱き付いて・・・的な感じだろうか。そこまでの環境を与えてやる事は難しいなあ。

 婆さんが骨を折ってからは晩飯の準備とか一緒に晩飯を食ったりする必要が出てきてリズムが変わった。ちゃしろの夕方の散歩は必ず私が行き、その間に嫁さんが夕食の準備をし、準備が出来たら全員で食卓を囲むという段取りに成っていた。
 だから嫁さんはちゃしろの散歩が出来ないし、私は夕方のトレーニングが出来なくなってしまっていた。でも今日は夕食の準備が済んでいたのか?、散歩に行けると連絡が入ったので私は久しぶりにランニング。
 本当に久しぶりだ。予想通りに脚が動かないし身体も重い。でも今後は何とか時間を見つけて実走を入れていくしか無い。私よりも難しい環境でトレーニングを続けている人も沢山いるんだから。

ラン 8km

| | コメント (4)

2016年7月27日 (水)

スチール棚にはエアラチェット

07271 昨日買ってきたスチール棚を組み立てて設置していった。その前に部屋の片付けとか有ったので8台全部は終わらなかったけど、明日には設置が終わって部品を並べ始める位は出来そう。
 買ったのは良くある安物なので全ての接合部をねじで組み上げていく必要が有る。補強用の三角板が無くなったので簡単とか書いてあったけど、明らかに接合部の剛性が低下している。耐荷重は変わらないと有ったけど、静かに垂直荷重だけを印加した試験だろう。まあ1台が2,980円なので文句も言えん。
07272  組立には3/8のエアラチェットが大活躍した。ストレートの安売りの時に買った極々標準的なヤツだけど、こんな用途には十分つかえる。なまくらのM6には最低にしてもトルクが強すぎるくらい。

 この棚を設置するのは昼間にちゃしろを繋いでいる場所の横の部屋。来て直ぐなら横を通る度にじゃれ付いて来たり噛んだりして来たけど、今は慣れてそんなことは無い。
07273  自分の任務である自宅警備に精を出したり、勝手に部屋に上がって私が置こうとする場所で寛いで作業の邪魔をしたりしていた。散歩の初期とか小動物が居たときとか、まだまだ激しい反応の時も有るけど、通常時は普通の家庭犬の風情を醸し出している。

 昨日のエアロバイクで200Wが1分にショックを受けて、少しずつで良いから来年に向けて能力を向上させていこうと心に誓った。具体的には来春くらいまでに200Wを20分間維持できる様にする。
 スケジュール的には8月から4月までの9ヶ月間をその期間と考える。今日は最後に200Wが2分間維持できた。ここをスタート地点とする。その後は1月に2分ずつ時間を長くしていけば、8月には4分、9月には6分と徐々に時間が長くなり、9ヶ月目の4月には20分に成っているという計算。
 これが全然強くないのは解っている。でも数年前の二桁順位を目指そうとしていた頃の実力で有る事を考えると、来年59歳に成る老人には十分な目標では無かろうか。

バイク 10km 200W-2min.

| | コメント (0)

2016年7月26日 (火)

整理整頓

07261 数日前に書いていた964系?の燃料計/油量計のガラス交換をした。ガラス固定方法が今までのヤツと違い、ガラスの直径が1mmほど小さかった。仕方ないので在庫ガラスをダイヤモンドカッターで削って修正して挿入。
 手間がかかったけど最初に見積を言って居たから高額請求(笑)は出来ん。次の為に1mm小さいガラスも仕入れておこう。作業自体はスッキリと仕上がったので悪くない感じ。

07262  ドリドリ君関係の在庫部品が増えてきた。かといって社屋とか建てるとだいたい倒産する。子供達が全員出て行って部屋が空いたのでそこに棚を置いて倉庫にすることにした。
 まともな棚を買いたい所だけど、安物としっかりしたのでは10倍くらい値段が違う。仕事なら収益も大事だから、コメリで2,980円の安物を8台買った。部屋の片付けも有るから今日は買っただけで組み立ても設置も出来なかった。まあボチボチ進めていこう。

07263  最後は夜のちゃしろ君。玄関に入れている事は書いたけど、ここ数日は爺婆が寝た後で嫁さんが家の中に放している。なかなか大胆な人だ。知っていたけど。。。
 初日は台所にオシッコした。彼は自分の家と認識した所にはマーキングはしないのだけど、今回は初めてなので台所には少し違和感を覚えてマーキングに至ったのかも知れない。
 最近は爺さんのオシッコが漏れる事が有るので、もしかしたらその匂いに反応してのマーキング合戦だったという見方も出来る。ちょっとびっくりしたけど犬のオシッコは人や猫ほど臭くないので助かった。
 それ以外は割りと落ち着いていて、トコトコと歩き回って私達の寝室にしている畳の部屋に入って寛いだりしている。今日は私の靴下が有ったのでそれで遊んでご満悦。人の足の匂いが大好きだ。

 風呂の前にエアロバイクを漕いだ。榮倉奈々ちゃんに約束したから真面目にトレーニングしようと思って。15分くらいかけて徐々に出力を上げていき、200Wにして何分行けるかやってみた。でも1分できつくなって撃沈。
 なんか凄すぎるぞ別の意味で。数年前はランの後でエアロバイクに乗り、200Wを20分とかやっていたはず。劣化は激しいなあ。戻るかなあ。いや歳だから戻らんだろう。8割くらいまで戻れば廻りの爺さん達と戦えるかな?。

バイク 10km

| | コメント (2)

2016年7月25日 (月)

ラッキーシャンプー

 ずーっと溜まっていたドリドリ君関係の受注残がやっと終わった。休日とか夜とかも気になって居たから一気に心のモヤモヤが晴れた。お祝いに?午後からプールに行って泳いで心身共にリフレッシュした。
 零細の社長はお気楽で良いねと言われそうだけど、うるせえバーカの世界だ。この土日も空いた時間は全部仕事していた訳で、文句言うなら俺と同じ生活してみろ!と言いたい。
 まあそんな事はどうでも良い。取りあえず一息付いたのだから今の私は優しくて心が広い。明日からは別の残件とか少しだけクリエイティブな仕事をしよう。久しぶりに仕事内容に関してワクワクしている。

07251_2  夕方の散歩のあとでちゃしろにシャンプーしてやった。今後は某ボランティア団体に倣って「ラッキーシャンプー」と呼ぼうと思っている。
 以前にも書いたけどちゃしろは熊本の八代保健所から貰ってきた犬。写真を見てこの犬が気に入ったと言う面も有るけど、ボランティア団体を経由するパターンだと完全室内飼いを求められたり私の考え方と違っていたと言う部分も大きい。
 と言うことでその辺りの制約が少なかった熊本県の保健所直の犬が具体的な候補に成った訳。そして先日「はちボラ」と言う八代で活動しているボランティア団体を知るまでは、ここにも書いているようにちゃしろは保健所だけを経由してうちに来たと思っていた。
07252  でも「はちボラ」代表の高野さんのブログを読んでいくと、ちゃしろは毛玉のカットをして貰ったりラッキーシャンプーをして貰ったりと色々とお世話になっている。
 その前後の記事にはちゃしろの生い立ちが少し解るような記述も有った。読んでいて私も嫁さんも何故か涙が出てきた訳だけど、ちゃしろ自身はどんな気持ちで過ごしてきて、どんな気持ちで保健所に来て、どんな気持ちでうちに来たのか誰にも解らない。
07253  ただ唯一感じるのは保健所でもリラックスしているというか偉そうに(笑)していると言う事。多くの保護犬のページで「保健所では悲しい顔をしているけど、すばらしい里親さんの元でこんなに笑顔に成りました!」的な記事が有る。でもちゃしろの場合は何処でも普通に過ごしている様に見えて、これも性格かなあと興味深い。

 私は今までボランティア団体では無くて保健所からちゃしろを貰ってきたと書いてきたけど、正しくは「はちボラのサポートを受けた犬を八代保健所から貰ってきた」のだと訂正したい。そしてちゃしろを綺麗にして私達に引き合わせてくれた事や、他の難しい犬達を譲渡対象に成るように試行錯誤したりと、目立たない所で活動されている姿に敬意を表したいと思う。
 2枚目と3枚目はリラックスしすぎて、何をされても眠ったままのちゃしろ君。幸せかどうかは解らないけど、安全な場所と認識してくれている事は確かみたい。

スイム 2.2km

| | コメント (4)

2016年7月24日 (日)

怪しい防水加工屋

07241 衣類の110番に依頼した防水加工屋が今日来るという話だったので、起きて直ぐにアルファの幌をマジックリンで洗った。気むずかしい施工者で幌が汚れているから駄目だとか言われたく無かったから。
 ずーっと待っていても来ない。仕方ないから昼飯を食ってずーっと待っていたら爆音バイクで人相の悪いオッサンが来た。まあしっかり仕事をやってくれるなら人相は悪くても許す。
07242  荷台の箱から怪しいポリ容器を2個出して、さあ自分で塗れと言う。いかにも怪しい液体を素人で保護具さえ装着していない私に塗れと言うのか!?。でもオッサンは怖い顔してコーヒー飲むばっかりで手を動かす気は無いみたい。仕方ないから紙コップと刷毛を持ってきて自分で塗った。
 塗り始めたら急に饒舌になって色々と説明が始まった。私が塗ったヤツはシリコン系だろう、これはフッ素系で高い、しかも濃度が違う、マジックリンならまあ良かろう、良く濯いだか?、仕上げにドライヤで100度くらいまで加熱したらもっと良い・・・等々。
 塗り終わったら防水加工屋のオッサンは次の仕事が有ると言って爆音のバイクで走り去った。半分以上残ったポリ容器は残して行ったのでもらっておこう。防水性が落ちたときの為に。
 夕方のちゃしろの散歩から帰ってきて、ちゃしろの身体を冷やすためにホースで水をかけてやった。そしてついでにアルファの幌に水をかけたのが2枚目の写真。施工直後という事もあるかもしれんけど、昨日の「防水一番」に比べたら撥水性の差は劇的ですら有る。やっぱりフッ素は凄いのか?。
 態度は悪かったけどあのオッサンの選定は正解だったと思われる。まあ施工した私の技のおかげかもしれんけど。問題はこれがどのくらい耐久性が有るかと、車体との接合部からの漏れは治って無いという部分。

 エアロバイクくらいやろうかな?と思っていたけど、蒸し暑くてやる気が無くなった。変わりにちゃしろの毛を櫛で梳いてやった。

| | コメント (8)

2016年7月23日 (土)

ブルーベリーのジャム

07231 午前中はスイミング、B&Gなので早めに行って身体をほぐすように泳いでスクールのスタートを待った。先生と、少し目標は下回ったけど予定通りに2大会を完走した事、来年は年代3位から6位辺りを目指して、再来年は60歳代で入賞を目指して、今後は少し負荷をかけた練習をしたいと話した。。。のが悪かった。
 アップが終わったら私だけ別のレーンに連れて行かれて別メニュー。25mを40秒サークルで30本を2セット。まあ行けるだろうと思っていたらスタート直前に呼吸制限8回でと言われた。
07232  エーッと思いながらスタートしたけど3本か4本しか持たなかった。ゼーゼー言って止まっていたら呼吸制限ははずしてくれた。でも2セット目は4回の制限が入った。こっちはまあ何とか完了できた。
 数年前の中学生が居た頃はもっとキツイメニューが有ったような気がする。途中で死ぬんじゃ無いかと思いながら泳いでいたから。確かに最近は楽に成りすぎたかも。ボチボチ上げていこう。

07233  帰ってからは収穫していたブルーベリーを使ってジャムを作った。瓶が90ccくらいの小さいのしか無かったので困ったなあと思っていたけど、総量が少なめなので結果的に丁度よかった気もする。
 似ているときの匂いがグミに凄く似ている。目を瞑って居たら違いが解らないほど。そして今年は砂糖を入れすぎた感じ。一昨年のグミで砂糖を入れすぎ、去年のグミで砂糖を減らしたけどペクチンを入れすぎ、そして今年はペクチンを減らす気分が強すぎて砂糖を入れすぎた感じ。1年に1回しか作業しないから難しいね。鳥が来なければもう1回か2回分くらい収穫出来そうなので、その時は調整してみよう。
 ジャム作りの最大の?喜びは鍋の内側のジャムをパンでこそぎ落として食べること。今日は砂糖であまーいヤツしか無くて残念だったけど、無いよりましと考えて食べた。ああ幸せだ。

スイム 2.2km

| | コメント (2)

2016年7月22日 (金)

防水液は撥水じゃ無いのか?

07221 色々あって纏まった時間が取りにくいのだけど、ドリドリ君の受注残の制御盤製作があと少しで終わるからちょっと必死。ワイヤーハーネスとか延々と作り続けると気が滅入ってきて、合間に他の事をしながら気を紛らわす。
 今日は昼飯の後でアルファの幌に防水液を塗ってみた。自動車の幌専用は恐ろしく高いので、産業用というか工業用というか、そんな雰囲気の安物を塗ってみることに。塗料っぽくコーティングされた様に成るのかな?と思っていたけど違っていて、ほとんど布の風合いを保ったまま。
07222  イイ感じじゃ無いか、と思って午後の仕事をして、夕方にちゃしろの散歩から帰った後でちゃしろに水をかけて身体を冷やしてやり、そのあとで試しにアルファの幌に水をかけた。塗り立てだから蓮の葉っぱの様に水玉が転がり落ちる様を想像しながら。
 でも予想は悪い方に裏切られて、幌の布地は今まで通りにしっとりと水を吸い込んでお終い。うーん、防水液って撥水性は無いのかな?。それとも使い方とか品質に問題が有ったとか?。

07223  防水液塗りに飽きたら?ちゃしろとボールや綱で遊ぶ。彼が昼間いる場所は凄く涼しくて蚊も少ない。ここに作業机を持ってきて作業したいくらい。
 写真ではえらく良い子でご主人様とボール遊びが出来ている様に見えるけど、現実は全く違っていて「遊び」には成らない。彼の所有欲が強すぎて一度咥えたボールを離さないから。無理矢理口から奪い取ろうとしたら「ウーッ」と吠える。
07224  前の飼い主は爺ちゃんだから、ボール遊びなんかしたこと無かったと思うから仕方ない。少しずつ遊びを教えて行こうと思うけどなかなか難しい。
 餌で釣ってボールを離させようと企んだけど、匂いなのか雰囲気なのか餌を持っている事を察知して、お座りして待つばかりで今度はボールで遊ばない。賢いのかバカ犬なのか(笑)。

| | コメント (10)

2016年7月21日 (木)

そりゃ治らんわ

07211 何回目か忘れたけど婆さんの病院の日。今日は09:00からの予約だったので早く出たけど、それでも結局は昼までかかって半日潰れてしまう。色んな事に影響がでて少しキツイ。
 まあそれは良い、自分が小さい頃に色々と世話になっているはずだし、世話になってない人でも困っていたら出来る範囲で手伝いしてやるのは悪い事じゃ無い。でも、勝手な判断と言うこと聞かんのは何とか成らんもんか。。。

 何故か解らんけど今日はギブスが外れるか、最低でも半分に成ると思いこんでいた。爺さんにも今日から外れるとか話していた。先生はそんなことは全然言ってないし、30歳くらい若い私でも4週目は仮骨が出来始めたタイミング。何を考えて居るのだろう。
 しかも病院に行っておきながら先生の言うことは聞かず、素麺にはネギが要るからと畑に取りに行ったり、トマトの支柱を直したり、仏様の花を取りに行ってみたり、洗うなと言っているのに一瞬でも目を離すと洗い物をしていたり、風呂場のタオルを痛くなるまで絞って見たり・・・。
 なんぼ言っても無駄だ。そう言うのが美徳で迷惑をかけない行為と思いこんでいるから。治りが遅くて長期間病院に連れて行く方が大大大迷惑!!と言っても頭には届いて居ない。
 しかも相変わらず好きな物しか食べないし、娘が送ってきたカルシウム系のお菓子?すら要らないと言う始末。50代後半の私ですら、大会も練習も全て止めて、いりこを1週間に1袋くらい食って、ビタミンKとDのサプリを飲んで、寝る前に退屈な超音波をかけて、そんなことを地道に毎日くり返していたと言うのに、80代の婆さんが好きな事して治るわけ無いと思う。
 今回は少しずれて居たのか先生も「こんな事なら手術しとけば良かったかなあ。。。あああ。。。」としばらく悩ましそうな声を出していたくらい。最低でもあと4週間はギブス固定と言われて「力が抜けた、力が抜けた」と騒いでいたけど、この調子なら4週間じゃ仮骨すら出来始めて居ないんじゃ無いかと考えている。
 かといって今から手術とかなっても大ごとだ。歳も歳だから麻酔の影響も有るし、数日であっても入院による歩行機能の低下とか、まあ心配事は沢山ある。
 とりあえず遺伝子的に近い人なんだから、私も将来的に同じように成るという事は把握できた。同居している事の唯一の利点といえるかもしれない。。。今はこんな事書いているけど、これで暴言を吐くような痴呆が入ってきたらやりきれんだろうなあ。

 写真はうちで取れたブルーベリー。夕方に蚊と戦いながら取ってみたら意外と沢山採れた。好きなだけ生で食べて残りはジャムにしてみよう。今年はグミを鳥に食われてしまったのでブルーベリーくらいは自分で食べたい。
 横のは何処かから送ってきたメロン。食べ頃表記が無かったので1個だけ直ぐに食べて見たら、少しだけ青臭かったけど十分食べられる範囲。毎日1個ずつ食べていこう。なぜか解らんけどこれを食べたら高級ママチャリを送らないといけないらしい。訳が解らん。

| | コメント (4)

2016年7月20日 (水)

計器の修理

07201 皆生から帰ってきて溜まっていた事をやっていた。全部は追いついてないけど少しだけ量が減ったので白骨号の油圧計をようやく修理した。
 移動中にトラブルが発生したのだけど、その時点で油圧系統のトラブルじゃ無くて油圧「計」系統のトラブルである事までは突き止めていた(油圧系統が正しい事までは検証してないけど)。
 そしてトラブル内容としてはメータ本体の可能性も否定は出来ないけど、センサとか配線とかメータ内部の何処かにオープンモードの故障が発生している可能性が高い事を。
07202  で、停止時にセンサ単体の抵抗を測ったら18Ω位有って正常、センサに繋がる配線とGND間の抵抗を測ったらMΩの単位、何処かで切れて居るなあ・・・と思ってメータを外し両側から追いかけて行ったら単純にセンサに差し込むプラグの内部で断線していた。
 ここは何故か半田付式で、カバーをねじで締め込むという凝った構造。コードリールと半田鏝を引っ張ってきて再半田して修理完了と成った。
 2枚目は正常な油圧を示すように成った油圧計。手前の「L」型の工具はメータを外すときの自作SST。なかなか具合が宜しいのでお勧め。
 自分で修理できて良かった。これなら只だ。たったこれだけと思える作業だけど、人に依頼してトラブルシューティングから修理までやらせれば最低でも1-2万はかかるだろう。高速道路で気が動転して「エンジンの油圧が壊れました!」とかPCに電話でもしようものなら、陸送まで含めて20万以上の話にも成り兼ねん。人任せで旧車を維持するのは本当のお金持ちじゃ無いと無理だわ。

07203  3枚目は自分用じゃ無くて仕事のメータ修理。964なんかの合わせガラス式メータのガラス交換。こんな状態で良く乗っていたなあと思うくらい酷い。
 内部の修理が無ければガラス交換だけなので時間も費用もそんなにかからない。難易度によるけどメータ単体の状態で数千円から1万円の世界。今はガラスも純正仕様のシールも在庫が有る。双方にとって良いタイミングだ。

| | コメント (4)

2016年7月19日 (火)

ちゃんぽんは美東より鹿野

07191 皆生からの帰宅日ネタで第二弾。寂れたピンク街だけじゃ無くて旧車雑誌の表紙に成りそうな景色も有った。やっぱりMINIは絵になるなあ。新型ではこうは行かん。
 駐車場の出口が込むし抽選会は当たった試しが無いので少しだけ早めに会場を出た。予想通りに凄くスムーズに米子市内を脱出して宍道湖を右に見ながら西進。
 宍道湖に松江と来れば竹内まりやだろうと思いカセットテープをキョンキョンから交換。本当なら「いのちの歌」から「縁の糸」あたりを聞きたい所だけど、古い曲しかカセット化して無いから昔の曲を聴いた。
07192  停車中の映像だけど白骨号の油圧計はこんな具合。ゼロに成るより精神的には楽かも知れんけど、常時振り切れて居るのも気分が良いモンじゃ無い。航空機なら途中で引き返す所だった。
 取りあえず白骨状態で帰ることに成らずに済んで良かった。これもひとえに念仏を唱え続けているおかげだろう。親鸞聖人ありがとう。

07193  適当に休憩を取りながら帰ってきた。途中で「アイスもみじ」なる物を見かけて食べてみた。値段も250円くらいして高いし、高級感のあるアイス最中でしか無いから、次は買わん様な気がする。
 宮島大会の帰りに美東SAでチャンポンを食べた。三男のMINIを陸送して帰る時に食べたチャンポンが美味しかった記憶が有ったから。でも名物だと大きく書いてあったにも関わらず何か違った。味が違うし建物の感じも違っていた。そして今日、鹿野SAに入ってここだったと思い出した。もう一回食べて見たかったけどそこまで腹が減って無かったから諦めた。そうか、あのときは六日市から中国道で帰ったんだった。
07194  何事もなく帰宅、16:30頃だった。コーヒー飲んでホッとして、いつもの時間にちゃしろの散歩に行ってきた。普段ならそんな元気や脚の筋力は残ってないのに今年は十分残っているのが悔しい。
 夜も久しぶり?だったからちゃしろと遊んだり、毛を梳いて手入れしたり、脚の横の爪が伸びていたので切ったりしていたら夜が更けて来たので寝た。
 トライウエアは洗ってないしウェットスーツも袋に入れたまま。ランニングシューズも濡れたままで袋に入っている。トライアスロンの神様御免なさい。ちゃしろと遊ぶ方が楽しかったから許してください。

| | コメント (4)

2016年7月18日 (月)

皆生温泉研究

07181 何となく早く目が覚めてしまい、おーゆホテルのように朝食も風呂も無いからすることが無い。仕方なく周囲をぶらぶらと散策してみた。
 私にとって皆生はトライアスロンの場所でしかないけど、一般的には割りと有名な温泉地。1枚目の写真はトライアスロン発祥の地の像が写っているけど、その向こう側には今風のビルの中に和室が並ぶ温泉旅館が建ち並んでいるのが解る。
 ただ左手には古そうな町並みも少しだけ見えており、全ての建物が近代化された訳では無い。今日は始めてその辺りの裏露地というか昔のメインストリート?を歩いてみたのだけど、なかなか面白い場所だったので紹介したい。

07182  何時の大会だったか一緒に成った選手から話を聞いた事がある。彼の父親もトライアスリートで「皆生に行ったらトルコに寄って帰るのが当たり前」と言ったらしい。それを嫁さんが聞いてから皆生だけは絶対に参加させて貰えないとか(笑)。
 温泉組合の人が書いた歴史みたいな物の中にも、お色気路線から抜け出す一つの道としてトライアスロンを始めたみたいな事が有ったと思う。
07183  2枚目以降の画像で解るように、今やその手の路線は壊滅状態に近い感じを受けた。2枚目は直方の路地よりも寂れている感が有るし、3枚目は廃墟なのか営業しているかの区別すら困難なソープ?。
 誰か忘れたけど皆生に行かせて貰えないあなた、この写真を見せて「俺にはここに入る勇気が無い」と言えば奥さんも納得してくれると思う。
07184  4枚目はもっと凄くて大人のオモチャ屋と射的。これは夜になったら営業している雰囲気が有る。平成天皇が退位を考える時代にこんな物を見るとは思わなかった。もはや小沢昭一と言うよりも柳田国男の世界に脚を踏み入れている気さえする。
 早起きして散歩したおかげで面白い物を見ることが出来た。路地の突き当たりには皆生温泉神社が有ったのでお参りしてきた。財布の中の1円玉を全部放り込み、「来年も健康で参加できますように」とお祈りしたから大丈夫だろう。
07185
 散歩が終わったら閉会式会場へ。今年は福岡組とほとんど会えなかった、皆さん先に帰ってしまったのだろうか?。唯一会えた濱畑夫妻と同じテーブルでずっと喋っていた。
 お互いに良い年なので、相手に恋人が居るかどうかとか、今日の帰りは一人か?とか、そんな事の探り合いじゃなくて(笑)、息子とか娘の歳は幾つか?とか、恋人が居るかどうか?とか、そんなことの探り合いをしながら。
 長くなったので帰り道の事は明日にでも。

| | コメント (0)

2016年7月17日 (日)

やったことは裏切らない

 第36回皆生トライアスロン、写真が無いんで誰か持っていたら下さい。お礼は来年有ったときに熱い抱擁でも(笑)。

 始めに結果を書いておくと、11時間51分23秒で382位。内訳としてスイム、バイク、ランの全てが予想というか目標から綺麗に1割ずつダウンした感じ。物事の判断はきちんと出来ているが、自分に対して徐々に評価が甘くなってくると言う老人特有の現象が出てきた様だ。
 今年は積み上げてきた物の小ささから、成績がパッとしない事はあらかじめ解っていた。それは仕方ない、それが今の自分の実力だから。でも老化が始まったのは困るなあ。来年から自己評価は2割くらい厳しく再評価するように心掛けよう。

 パッとしないレース内容を書いても仕方ないけど、反省しない人間は進歩しないし臥薪嘗胆の材料として残しておこうと思う。まずはスイムから順番に。
 全ての準備が落ち着いて出来た。ウォーミングアップも適当にやった。今年からフローティングスタートと成ったので、人が少なそうな右端からスタートすることにした。でも最初の旋回点でグチャグチャに成るからあまり変わらなかった様な気もする。
 人との接触という面では一番泳ぎやすく感じた。これは私自身が接触に慣れてきたり不規則な呼吸に対応できる様に成ったのかもしれない。うねりは岸近くですこし有ったような気がした。
 無理をせずに楽ーに泳いで中間点通過27分くらいかな?と思って時計を見たら35分が見えてガックリ。まあ潮の流れもあろうと思って帰りも同じように落ち着いて帰ってきた。そしたら同じように1時間5分くらいの時計。この時点で目標達成に黄色信号が見えたような気がした。

 バイクへのトランジットも全て歩いた。いつもは良い順位を狙うために「頑張らない」と書いているけど、今年は本当に力が不足しているから頑張ると途中で本気で潰れてしまう。だから最後まで押さえて押さえて漕ぎ続けた。
 そのおかげか用意した薄皮アンパンに塩を練り込んだ補給食は完食。そして最後の30kmくらいは腹が減って溜まらない状態になってしまった。仕方ないので最後のエイドでバナナを2本分くらい口に放り込み、コーラも飲んでスタート。これが効いたのかバイクの最後では空腹感だけは無くなった。
 数年前と一緒のシチュエーションで、バイクの最後の方でアスロンズ1号氏に抜かれた。でも今年は付いていったり抜き返す元気が無かった。

 ランもバイクと同じくらい出来てない。ハーフを2本ゆったりと走っただけ。ちゃしろの散歩で月間300km歩いているのでいざとなったら完歩は出来る自信が有ったけど。
 悪くないリズムで脚は前に出るのだけど、以前に比べたらスピードが全く遅い。以前ならランでガンガン抜いていく展開だったのに今日はランで抜かれる始末。。。まあこれが実力よ。
 皆生名物の歩道橋前で信号に引っかかった。すると背の高い美人が大きな傘を差し掛けてくれた。思わず「レースクイーンみたいだ」と声が出た。榮倉奈々を体育会的にした感じのお嬢さん。「すっごくスタイルいいですねえ」と言うと「背が高いだけです」と。背が高い事が彼女のコンプレックスに成っているのかも?と感じる言い方だった。次に来たオッサンも「レースクイーンみたいや」と言ったので笑った。
 いつもより出発点寄りでトップとすれ違った、知らない人だった。カボス君は随分後の方だった。吉村君と広島の蕎麦屋には気がつかなかった。後で知ったのだけどリタイヤらしい。レベルは違うけど色々ドラマは有ったみたいだ。こんなの全部を含めて実力だし人生だもんね。
 最近バイキング練習会に来てくれる中山君は凄く良い位置。斉藤お姉さんは30分以上前。アスロンズ1号氏と広島のライバル爺さん(笑)とは何とか余裕の距離か?と言った感じで折返し。
 帰り道は日が陰って来たことも有り、何回も何回もトイレに行きたくなって困った。気分的には全てのエイドでトイレに行った様な気がする。日差しが弱まり始めた頃に水を飲みすぎたのかもしれん。
 刺激入れ的に敢えて歩いた事は有ったけど、今年は歩かずに最後まで走った。でも大半を歩いた2年前よりもタイムが悪い。もうランの練習なんかせずにバイクだけ練習しようかな?とか考えてみたり。
 最後の方で濱畑母に会った。ペースに依るけどギリギリ完走できるくらいの位置と時刻。「諦めんかったら行けるよ!」と声をかけたけど「ミツヤスさん、脚が痛い」と泣いている。なんかハグしてやりたい気持ちに成ってしまう。旦那はこれにやられたんだな(笑)。
 最後までポチポチ走って静かにゴールした。ゴールタイムを見て今まで積み重ねて来た物の小ささを再確認すると同時に、自己評価の甘さを恥じた。

 少し他の人のゴールを見ようと思ったけど、小雨が降り始めたので慌てて着替えて帰った。でも只の鉄人ラーメンだけは食べたけど。
 帰ってからはホテル近くに新しく出来たコンビニに行き、弁当とかおやつを買って帰って夕食にした。なんか疲労感も満足感も敗退感も希薄な1日だ。練習が出来ていない事も有るけど、物事の感じ方がぬるく成ってきている様な気もする。歳を取るって肉体的な劣化ばかりじゃなくて、精神面の鈍化も大きいのかも。

スイム 3km
バイク 145km
ラン 42km

| | コメント (14)

2016年7月16日 (土)

観光ビジネスホテル皆生温泉

07161 皆生へ移動の日。松江道が出来たので余裕があり、ちゃしろの散歩をしてから出掛けようかと思っていたけど、嫁さんが行くというので散歩は無しで07:30に白骨号で出発。
 白骨号の油圧計にトラブルが発生したけど、油圧系統じゃ無くて計器系統の問題だと解ったのでそのまま走り続けた。年に数回しか会わない人達と懐かしい話をし、選手登録と開会式が終わって宿に向かった。
07162  ガソリンは往復分くらい行けそうだったけど、ランで迷惑をかけるスタンドで入れることにしている。今年はシェルで入れた。448km走って35.3L入ったので12.7km/Lと成った。なかなか優秀じゃ無いか。

 今年は参加できるかどうか解らなかったのでいつものおーゆホテルは取れなかった。変わりにもう少し近いのに安い「観光ビジネスホテル皆生温泉」という所を予約した。温泉街に近い、大会に近い日程、料金が安い、なのに予約できる事から少々不安が有ったけど、なかなか楽しめる宿だった。
07163  今風の大きなビル旅館やホテルが建ち並ぶ中、ここの建物は異彩を放っている。一棟だけ西成から持ってきたかのようだ。中には小さな部屋が並んでいて、今時風呂もトイレも共同。しかも風呂は1箇所だけなので男女で時分割して使う。
 でも駐車場だけは凄い。全部屋30室も無いと思うけど、全ての宿泊客が自家用観光バスで来ても駐車出来る程の広さがある。このアンバランスさが素敵すぎる。。。
07164  部屋の壁は薄くて、小さな咳払いでも手に取るように聞こえる。一部屋だけ有るツインに夫婦が泊まっていたけど、セックスする気には成らんだろう。二人とも選手だからそんな気分では無いと思うけど。
 最初はとんでも無い所を予約してしまったと後悔したけど、廻りが全て大会参加者という事も有って気兼ねが無い。共同のトイレも風呂も直ぐに慣れた。オーナーだからかフロントの接客も悪くない。大会が斡旋している相部屋の高級旅館よりも大会参加者向きな気がする。二泊目には来年もここで良いかも?と思い始めたくらい。
07165_2  私にとって唯一困ったなと思ったのは電話。今時携帯電話を持たない人なので、部屋の電話から外線がかけられないと成ると全ての通信手段を遮断されたに等しい。まあこれも旅の情緒と割り切って山陰の旅を楽しむ事にした。
 5枚目はイオンで見つけた夜のデザート。プリンにしようか、モンブランも捨てがたいな・・・と悩んでいたらこんなのを発見。大喜びしたけどモンブランの食感がイマイチ好みじゃ無かった。

| | コメント (0)

2016年7月15日 (金)

11.8km/L

07151 いよいよ明日は皆生に向けて出発。そう言えば宮島が終わってから本当に何もしなかった(笑)。今年は何も期待できない状態だから、何もせずに新たな故障をしないという選択は有る意味正しい。
 車が調子悪くなると話に成らないので、軽く整備してガソリンを入れてきた。未だ半分くらい残っていたけど宮島往復の燃費が知りたい気持ちも有ったから。
 燃費はいつものスタンドの同じ機械で入れて11.8km/Lと成った。今回は往復ともエアコンを使っていたし、広島市内を少し走ったり帰ってからもグッデイに行ったりした事を考慮すると良い値だと思う。高速だけなら12km/Lくらいだろう。
 新しく選択したシーホースのオイルトーヨーのタイヤは、燃費に関しては悪くない選択だったと言えそう。油温は88度~90度の間だし、油圧も常に基準値以上を維持している。乗り心地も悪くない。新しい選択肢が出ない限り次もこれでいいや。
 オイルは念のために1Lだけ追加したけど入れすぎた感じ。タイヤのエアを前2.0bar、後2.6barにしてみた。オリジナルは2.0に2.5だけど何となく気分で。

 自転車を積み込もうと思って、最後に調整をしてから全然走ってないことに気がついた。その辺の道をスーッと走って大会前の調整と練習はお終い。全てが凄く楽な感じに成った。これで競技に出るのが申し訳無いくらい。
 あとは着替えとか機材を準備して今日の仕事はお終い。今回も忘れ物の無いようにしっかり準備して出掛けよう。前に書いたとおり、今年の目標タイムはは11時間30分で目標順位は360位。これはクリヤして帰ってきたい。

バイク 5km

| | コメント (5)

2016年7月14日 (木)

WHO DID IT !

07141 夜の間だけちゃしろを玄関に入れている。綱の長さ的に土間にも寝られるし上に上がって廊下の一部まで進出できるくらい。凄く暑い夜には扇風機までかけて貰って我が家で一番快適な夜を過ごして居るんじゃ無かろうか?と思われる好待遇。
 2週間くらい前だったと思うけど、漆喰の壁を噛んだり引っ掻いたりして傷を付けた。高価な新築でもないし犬だから仕方ないと思って放っていた、彼もそれ以上は興味が無かったみたい。

07142  ところが今日の夜のこと、私が近くで見ていたら壁の傷を舐めだした。また興味が湧いたのかな?と思っていたら前足の爪を使って凄い勢いで引っ掻いて一気に穴を開けてしまった。レトリーバーを室内飼いしている人の話では壁の穴は定番?だけど、自分の犬がやるとは思ってなかった。
 直ぐに引き離したけど手を離したら直ぐに穴に向かって拡大作業に着手してしまう。どうしよう、タバスコでもかけようか?と思ったけど流石に可哀想な気がした。色々考えて虫除けのスプレーをかけることにした。アレなら身体に良くは無いと思うけど直ぐに死なない程度の配慮は有るだろうと思って。
 穴にスプレーをしたら臭いが嫌な彼はそれ以上掘らなくなった。良かった、いや良くないわ既に穴が開いて居るんだから。。。漆喰を作って補修しておかないと行けない。でも犬って何か変化が有る場所が好きだから、補修とかしたらその場所を掘るだろうな。

| | コメント (4)

2016年7月13日 (水)

分解だけでも一苦労

07131 先日は言ってきた焼損したブレーキブースターのモータ。何だかんだで修理する事に成ってしまった。とんでも無い作業に成りそうで怖いんだけど。。。
 色々と考えてみたけど頭の中が纏まらず、全然作業が進まないので取りあえず分解だけはしてみることにした。分解と言うよりも溶けて燃えたエンジニアリングプラスチックの残骸を切り刻んで発掘する様な作業。生きている部分や取付寸法が解る部分を壊さないように意外と気を使う。
 なんとかバラバラに出来た。ベースプレートとブラシホルダはゼロから作り直すしかない。耐熱性が有って、必要な部分には絶縁性が有って、加工が容易で、組立てが簡単・・・となるとエポキシ系の両面基板と銅板や真鍮板を組み合わせる事に成りそう。

 これとは別にロータ側も軽く処置だけして置いた。色の変わった巻線を測定してみると溶断とか短絡とかはしていなかった。神様ありがとう。と言うことでこっちはまずはワニスの再含浸。これが硬化したら普通に軸端とかコンミュテータとか手入れして行こう。
 軽く破壊しながら分解した筐体部分だけど、叩いて修正したり切った部分はTIGで再生していけば機能的には元通りに成ると思われる。なんとかなるかな?。

| | コメント (0)

2016年7月12日 (火)

ちゃしろの馬鹿力

07121 庭の片隅に大きな杉の木が有るのだけど、その辺りは日陰で涼しい快適な環境。と言うことで雨の降らない昼間はちゃしろをそのあたりに繋いで居た。
 彼は散歩の時はバカみたいに引っ張る時が有るけど、繋がれているときに綱を引くことは無い。だから何に繋いでおいても良かろうと思って雨樋の支柱金物に括りつけて居たわけ。実際に何の問題も無く過ごしていた。数日前までは。
 私が自転車の試走に行こうとした時のこと。俺を置いて行くなと「キャンキャン」ちゃしろが吠えていた。その時はああ吠えているなとだけ軽く考えて居たのだけど、数分後に嫁さんが帰ってきてびっくり。ちゃしろが離れて石垣の上から遠くを眺めて居たから。
 私を追いかけようとした彼は馬鹿力を出して綱を引っ張り、金物を引き抜いて雨樋を壊して脱走してしまったと言うわけ。でも首輪にリードと太い綱が付いたままだったから繋がれている感覚があり、石垣のヘリまで来て止まっていたらしい。

 いやあ、彼の馬鹿力には驚いた。そして中途半端な繋ぎ方をした自分を責めて反省した。直ぐにグッデイにそれっぽい金物を探しに行き、画像のヤツを買ってきて取り付けた。
 今度は強い。線径が6mmくらい有るし木ねじは5x50くらいのヤツが4本も有る。全力で引っ張ってもびくともしない。これで安心してちゃしろを繋いでおくことが出来る。でもあの後は雨ばっかりでこの場所に繋ぐチャンスが無いのが可哀想。

| | コメント (4)

2016年7月11日 (月)

うなぎパイかと思った

07111 アルファの整備をしていて対辺寸法13mmとか15mmの出番が多くなり先日は13x15のメガネを買ったのだけど、その時はスパナは11x13と15のコンビが有るから要らないと思っていた。でも13とか15の出番が多い作業をしていると13x15のスパナが欲しくなり、結局追加で買うはめに成ってしまった。
 近所には売ってなかったので通販で。1個のために通販すると送料が勿体ないけど、近所を探し回る労力と思えばそれほど高いモンじゃない。KTCの21世紀バージョンなら他のサイズで感触が解っている事も有って通販にした。
 来てみて箱を開けて少しだけびっくり、なんかお菓子みたいな個装だ。サイズ的に夜のお菓子うなぎパイを思い出してしまった。でもバナジウムは入っていてもうなぎ粉は入って無いと思う。

 バイクのポジションを少しずつ弄っているので外で実走したいのだけど、なんか変な天気だしやることも色々あって今日は実走が出来なかった。今さら必死になってエアロバイク漕ぐ必要もないし・・・と思って夜も何もせずに寝てしまった。

| | コメント (2)

2016年7月10日 (日)

ドアを開けずに飛び降りて

07101 色々やったけど一番面白かったのはアルファに追加したちゃしろ用の座席。これは2週間くらい前?に作り始めたのだけど、雨と忙しさで放置状態だったヤツ。やっと完成した。
 基本構造は見ての通り。2本有る脚の左右方向の剛性は確保できたけど、前後方向の剛性はスペースの関係で弱いまま。現状では合板と脚を固定しているコースレッドだけに頼っているから余り宜しくは無い。まあしばらく使ってから小規模な補強でも考えようと思っている。
07102  合板表面には安いカーペットを貼った。廻りが黒だから黒を探したのだけど、暗めの色はこれしかなかったので妥協した。シートの色も全然違うんだからまあ良かろう。
 ゴム系のボンドで貼って端っこをホッチキスのお化けみたいな工具で止めた。ひっくり返して装着したらイイ感じでは無いか。

 直ぐにちゃしろを引っ張ってきて乗せてみた。彼は高いところが好きなのか、意外と素直にこんな場所に上がってくれる。板だけの時は足が滑って落ち着きが悪かったけど、カーペットを引いたら落ち着くのか直ぐに座った。
07103  結構良い感じだ。嫁さんを呼んだら大はしゃぎでその辺をドライブしようと言う。少しだけ不安も有ったけど、軽トラで2回ほど病院にも行ったし表情も落ち着いているので出発。
 県道をしばらく走ってシロちゃんの店まで行ってみた。でも車が無くて不在のようだったので前を通ってぐるっと回って家まで帰ってきた。
 ちゃしろはネット上に良くある画像とか動画の通りだった。風が面白いのか顔を出して目をすぼめて耳も後に伏せて喜んで?居る。横から飛び降りるのが怖いけど、今日は嫁さんがリードを短く持っていたので何事も起こらなかった。今日の雰囲気なら落ち着いた感じなので普通にドライブ出来そうな感じ。
07104  本当なら走っている時の表情を取りたいのだけど、それにはもう1名人間が必要。さらに並走する車も必要かもしれん。準備が大変そうだけど、かなり楽しいので何時かやってみたい。
 帰ってからしばらくしたらサキちゃんが来て、彼女の所に行きたいちゃしろはドアを開けずにそのまま飛び降りた。なかなかカッコイイ。

 バイクのポジションを更に弄った。更に楽な方法で見た目は酷く弱っちい。赤木峠の向こうまで試走してみたけど昨日よりも楽に成った。まあいいんじゃ無かろうか。

バイク 5km

| | コメント (4)

2016年7月 9日 (土)

弱そうなポジションだ

07091 午前中はスイミング。先生から「中国新聞見たけど名前が無かった」と言われてしまった。今は広島営業所勤務だから誤魔化せない。おかしいですねえ・・・と言うしか無かった(笑)。
 前半は平泳ぎのキックで後半はクロール。平泳ぎのキックで少し掴めた感があり、進みの良い瞬間を感じられるように成った。大会直前に平泳ぎが伸びても仕方ないのだけど。。。

 帰ってからバイクのハンドル位置を変えた。宮島の短い直線路でもDHポジションを維持するのがキツイ感じが有ったから。厳しいのは首と肩の辺りでそれ以外は大きな問題は無かったので、少しだけ上体を起こせば楽に成るんじゃ無かろうかと思って。
 調子のよいときはMTB用の角度の付いたステムを下向きに付けてハンドル位置を下げていた。でも今はそのポジションでは走れない事が解ったし、もっと楽な高さの方がパワーも出やすい感じ。今回はステムを裏返して60mmくらい高くした。空気抵抗は当然増えるから平均速度は落ちるけど仕方ない。それが今の実力だ。
 それにしてもダッサイというか見るからに弱そうな選手のポジションだ。こんなバイクが置いてあったら選手を見るまでもなく勝てるなと思ってしまう。まあその通りなのでそんな風に思ってくださいな(笑)。
 試走で近所を走ってみた。DHバー先端を少し上げた方が楽そうに感じたので、一旦帰って微調整後に再試走。今度は悪くない感じ。赤木峠の向こう側まで行って帰ってきた。

スイム 2.0km
バイク 5km

| | コメント (3)

2016年7月 8日 (金)

時にどう猛

07081 ここ数日は30度を超える日が続いたので、ちゃしろがへばっていた。でも今日は雨で元気が良い。やっぱり長毛種は冬の生き物だ。
 久しぶりに調子良く田んぼの中の道を歩いていたときのこと、田舎に良くある景色で剪定した木の小枝が道の横に重ねて置いてあった。ちゃしろは近くに来たら歩みを弛めてそーっと近づき、鼻先と前足を一点にすぼめる様な体勢で枝の中へダイブ。次の瞬間に中から「グェッ」と言う断末魔の叫びが。。。
 15秒ほど枝の中で格闘?をした後、お尻からムズムズと外に出てきた。ドヤ顔で口には黒っぽいイタチを咥えて。イタチにしては少し小さい。しかも色が茶色じゃ無くて黒い。黒いと言うよりもねずみ色か。でもしっぽがネズミみたいに細長くは無い。なんだこの生き物は?。
07082  そんな事を考える余裕すら与えないように、ちゃしろは小動物の身体をかみ砕いたりブンブン振り回したりしている。今回は生きているので血とか内臓が出てくる。良くやったと誉めてやりたいけど気持ち悪い。
 咥え直しのタイミングでようやく引き離した。しばらくは名残惜しそうにしていたけど、口の中の毛なのか異物をウニャウニャと吐き出し始めた。続いて嘔吐を始めて胃の中の胃液を出した。
 変な物でも食ったかな?と思ったけど、相手は自然の生き物だから自然の対応で何とか成るだろう。単に不味かったとか食べてはいかん物を食べたと本能が反応したのだろう。少しだけ心配していたけどその後の朝食も夕食も普通だったので安心。

 写真は夜中にやっていたポルシェ用6ピンCDIの耐熱試験。1枚目は自然放熱状態で2時間くらい動作させた時。2枚目はヒートガンで加熱して過熱状態を作った時。どちらも安定して動いているのが確認できた。
 サーモグラフィーは想像以上に役に立つ。見ただけで状況が把握できるという部分が大きい。ピーク温度だけなら放射温度計でも解るけど、温度分布から内部の負荷状況などを想像できるのがすばらしい。

 少し体がムズムズしてきたのでエアロバイクを漕いでみた。疲れが残っているのか休みすぎたのか解らないけど、何となく脚が重い気がした。皆生は大丈夫かなあ??。

バイク 12km

| | コメント (0)

2016年7月 7日 (木)

ノヴァ・スコシア・ダック・トーリング・レトリーバー

07071  食後にカワイイ犬の画像を検索していた時のこと、ちゃしろに似た雰囲気の犬を発見した。ノヴァ・スコシア・ダック・トーリング・レトリーバーと書いてある。説明を読んでいくと見た目だけではなく、サイズとか性格とか非常に似ているではないか。
 ちゃしろは雑種で2歳弱の時に貰ってきたから生い立ちを知らない。だから彼の生い立ちとか両親とか爺婆はどんな犬だったんだろう?と興味が有る。
 今まではサモエド家のお嬢様が一夜の過ちで身ごもった子供と言う案や、両親のどちらかが長毛種秋田犬だったとか、祖先にコリー系が居たとか、まあ適当に想像して楽しんでいた。雰囲気が近所に良くいる雑種とは少し違うので、興味のある人から「犬種はなにですか?、秋田?」とか聞かれることもある。

 で、ここに来て新たな犬種案が浮上して来たわけだ。それがこの長くて言いにくい「ノヴァ・スコシア・ダック・トーリング・レトリーバー」。「長毛秋田の孫くらいじゃ無いですか?」と答えるよりも「保健所の犬ですがノヴァ・スコシア・ダック・トーリング・レトリーバーみたいです」と答えた方が「何という犬種だろう?」と興味を持ってくれた相手の満足感も高いと思われる(笑)。
 サモエドとか秋田だと耳が三角で正面を向いて立っている。ちゃしろは斜め横を向いて折れている。ここが違っていた。そしてサイズが一回り小さい。でもノヴァ・スコシア・ダック・トーリング・レトリーバーだと耳の形状も全体のサイズも頭と胴体のバランスとかも似ている。ただ尾が違っていてちゃしろの場合は基本的に秋田犬的に上にクルッと上がっている事が多い。
 と、どうでも良い妄想で楽しませてくれるちゃしろ君だ。

| | コメント (5)

2016年7月 6日 (水)

皆生は24mm

07061 博多方面に行く用事があったので、ウエムラパーツに寄ってタイヤを買ってきた。今までは2,000円以下の安物だったけど今回は3,000円ちょっとの高級品(笑)。
 少し悩んでお気楽に走れるように少し広めの24mm幅にしてみた。25mmだと広げたブレーキに当たるときが有るので少しだけ控えめに24mm。帰ってから直ぐに交換してみたのだけど、今まで使っていたビットリアの安物21x28に対してTUFOの24x28は対して太くない。1mm位太いかな?と言う程度。あんまり変わらんかもしれんなあ。
 接着剤の説明に24Hくらい置いておけと書いてあったと思うので、明日か明後日にでも試走してみよう。ああ、その前にハンドルの高さとか変えて安楽なポジションに変更しないと。

07062  夕方に変な機器が入ってきたので夜に分解だけしてみた。電動のブレーキブースタらしい。ヒューズが切れたらしいけど受け入れ検査では20mAくらいしか流れん。おかしいなと思いながら非分解構造を多少破壊しながら分解したらこの有様。
 アーム方式のブラシホルダが完全に解けている。うちの930のフレッシュエアブロアと一緒の構造だ。でもうちのよりも症状が酷い。もし修理するとしたらこんな感じで全てをゼロから作るしかないと思う。自分用ならやるけど仕事でやったら工賃が偉いことになるなあ。。。
 他にも嫌なところが有る。アーマチュアコイルの1個が黒く焦げて?居る。もしショートしていたら巻き替えるしか無い。ショートまでしていなければワニス再含浸で行けるかも。
 他には軸のシールが漏れている事。ここはブレーキフルードのサクション側と思われる箇所で重力以上の圧力はかからないと思われるけど非常用のドレーン穴からしみ出るくらい漏れて周囲を腐食させている。軸は綺麗なのでオイルシールを交換すれば良いのだけど、希望寸法でブレーキフルードに耐えるオイルシールなんて普通は売ってない。
 あとは基本的な問題で何故ブラシホルダがここまで焼けたか。制御方式が解らんけど圧力に応じてモータの回転を制御しているのなら、制御回路とか圧力センサの故障が先に起こったかもしれない。回りっぱなしならレギュレータとか油圧的な部分に故障が有るのかもしれない。
 ちゅうことで、他に問題があれば新品をAssyで取ってきても同じ故障が起こりえる。この破損品を修理しても同じ事。でも検証するには取りあえず動くポンプが必要かもしれん。時間がかかっても良いから厳密さが要求される研究じゃ無いから、こんな時は適当に整備士の感で進める必要がある。私の仕事は単体の整備・修理なので気が楽だ(笑)。

| | コメント (2)

2016年7月 5日 (火)

猪ゾーンはマダニが一杯

07051 ここ数日の暑さで散歩の時にちゃしろがへばる。気持ちはいつもの様に遠くへ遠くへ行きたがるのだけど、或る程度歩くと立ち止まって座ったり、酷いときには日陰の冷たい地面に寝そべってしまう。
 良くある犬の姿なのでそれはそれで悪くないのだけど、彼の場合は少し元気が戻るとグイグイ遠くへ引っ張る。そしてへばる事の繰り返しだから困る。
 これを解消しようと思って今日は日陰の山の中の道を選んだ。地域の人が軽トラで週に1回くらい通る程度の道。なかなか具合が良くて今後もこの道を使おうと思っていたときのこと、ちゃしろが猛烈な勢いでリードを引っぱり出した。そして何回も草むらに突進する。その手前から猪が道を掘りくり返して居たので猪の臭いをかぎつけたのだろう。
 そして次の瞬間のこと、目の前の草むらの中から「グーヒヒヒヒ」みたいな声がした。大げさに言えば1mくらいの距離。冷静に言っても2mくらいの場所。咄嗟に負けては行かんと思って「ちゃしろ、行け!」と叫んだけど猪は逃げない。脚に突進されたら皆生の成績どころでは無い。ヘタしたら来年から松葉杖でもみの木の坂を走るはめに成る。とっとと逃げた。

 その直後に胸元にマダニが付いているのを見つけて取った。これは偶に有ることで草むらでは仕方ない。春先に小豆粒くらいのマダニを見つけて潰した事が有り、それからはフロントラインプラスを使っている。それ以降は血を吸ったマダニを発見して無いので効果は有るのだろう。
 驚いたのは帰宅後の事、最近は帰宅直後は食欲が無いのでホースで水をかけている。逃げずにおとなしくしているので気持ちが良いのだろう。今日もいつもの様に水をかけていたら胸元や前足の毛の中からマダニが出てくるわ出てくるわ・・・。全部で7匹も取ってしまった。
 猪を殺したらマダニがボロボロ落ちてくると言う話を聞いた事が有るけど、猪には多量のマダニが寄生しているのかもしれない。いやあ驚いた。
 フロントラインプラスが効いていれば気がついたマダニを取ってやるだけで良いと思うけど、今は夜だけ玄関に入れているのが問題。マダニを家に持ち込まれると少々困った事に成る。山の中のボロ家だけどマダニがウヨウヨ居たりはしないから。
 まずは草むらでマダニが付着しにくいように、虫除けのスプレーでもかけてから散歩に出掛けようかな、と考え中。この手の事に対して完全にゼロで無ければ成らないとは考えて居ないけど、今日の7匹には少々びっくりさせられたから。

| | コメント (0)

2016年7月 4日 (月)

空へのチャレンジ

07041 婆さんの病院3回目。何だかんだで昼過ぎまでかかってしまうので暇つぶしに先日買った古本を持っていこうと思っていた。でも行く前にパラパラ読んでみると少々読みにくく、待合室の細切れの時間に読むには適して無いような気がして止めた。
 全日空の立ち上げ時期の話を、最後は取締役あたりまで成った一人の整備士の足跡をたどりながら纏めてあるらしい。夜にでも一気に読もう。

 婆さんの方はギブスのまき直しとレントゲン撮影。まあ順調でズレもなく推移しているらしい。仮骨とか言う言葉は出てこないのでだいぶ先の話かもしれん。
 痛くなければ茶碗くらい持っても良いと言われたけど、既にそれ以上の事をしているから意味がない(笑)。「畑が気になって・・・」とか言うから「畑は駄目」と言われたのだけど、既にネギを取りに行ったり仏様の花を取りに行ったりしている。
 そんなリスクを冒してまで花を供えろと主張するご先祖様とか神様とかクソ食らえと思うのだけど、婆さんはそれが良いことで求められていると信じているから放っておくしかない。止めさせるには縄で柱に括りつけるしか無かろう。

 取りあえず宮島は終わったので次の皆生の事を考えている。今の状態で確実に完走するにはどのくらいのタイムを目標にしたら良いか具体的な数値を求めて。そこで過去のデータを引っ張ってみた。
 1年前は骨折で不参加
 2年前は脚の故障を押して参加し、ランで歩いてしまい11時間27分で350位。内訳はスイム54分、バイク5時間10分、ラン5時間22分。
 3年前は普通の状態で10時間31分の142位。内訳はスイム1時間2分、バイク5時間4分、ラン4時間24分。
 4年前は普通の状態で9時間46分の70位。このときはデュアスロンでラン35分、バイク4時間59分、ラン4時間12分。
 この辺を見ながら今の状態での目標タイムを考えてみる。あくまでも上位を目指すための高めの数値ではなくて、この辺りを目指したら安定してベストの数値が出せるんじゃ無かろうか?と言う安定目標。
 同じ考えて今回の宮島は、スイム1時間、バイク3時間、ラン2時間の6時間を予定していた。多少の増減は有ったけどまあ妥当な数値だったわけ。それと同じ事を皆生でも設定しておきたい。
 スイムは1時間くらいで行けるだろう、これが駄目な時はトラブルでリタイヤか死んでいるか。バイクは通常は142kmを5時間10分としたら27.5km/h辺り、これから2km/hほど落として25.5km/hで計算すれば5時間34分。ランに余裕を残す意味で少し増やして5時間40分としよう。ランは前半5時間ペースで行きハーフで余力が有れば全力に切り換えて10分稼ぎトータル4時間50分。これで合計が11時間30分。
 11時間30分を1年前の記録に当てはめてみると361位となる。これより前に福岡県の50歳代は居ないので、今年は強い人が出ても県内の50歳代の1位から3位くらいに入れて来年も何とか成るかな?と言う皮算用。
 どうなるかな?。

| | コメント (2)

2016年7月 3日 (日)

無事に完走

07031 レース当日は写真が無いので速報の自分の欄を切り取って貼り付けてみた。なんかゴミみたいに成ったけどクリックしたら何とか読めると思う。
 結果的に当初の予定通り、今の力を把握して無理せずに完走、そして2週間後の皆生に影響が出ない程度にするという目標は達成できたと思う。総合224位、年代別7位、女子総合13位は決して速いタイムでは無いけど、骨折後の経過とかトレーニング内容などを考慮すると悪くも無いと思っている。
 何よりも良かったのは終わった後で身体に何も問題が無いこと。心肺的にも筋肉的にもマメとか細かい部分でも気になる部分が無い。この先の2週間を調子に乗って変なことさえしなければ、皆生も無難に完走するという目標が達成できるかもしれない。

 備忘録的に簡単にレースの内容でも書いておこうと思う。民泊で自宅よりもバランスの良さそうな朝食を食べ、補給食の薄皮アンパンを途中で買って会場へ。スタートまでは去年まではライバルだった斉藤お姉さんとか、福岡から来た変な外人やデカイ保健の先生達と話して過ごす。
 スイムはそれなりに慣れた来たので落ち着いてスタート。一回もきつくなったり過呼吸気味に成ったり慌てたりせずに泳げた。唯一の失敗はコース取り。4番艇だと思うけど本土寄りに有った気がする。それに気がつかず4番艇めがけて大きく右に泳ぎ、5番艇が左45度辺りに有るので大きく左に泳ぐという大蛇行をしてしまった。
 トータル配置を把握して泳げば、マーシャルに注意されるギリギリの位置まで4番艇から離れて、3番艇と5番艇を直線で結ぶコースを泳ぐべきだった。距離の短いレースでは潮で流されたロープ添って大きく蛇行する選手なんか居ない。次のブイめがけて直線で泳ぐ。この部分だけが失敗だった。

 練習が出来ていたとしてもバイクは最後の登りできつくなるのが解っていたので、とにかくゆっくりゆっくりツーリングみたいに漕いだ。登りでは多くの選手に抜かれる。平地でエアロポジションを取ると少しずつ抜くことが出来る。でも実走時間が少ないから直ぐに上体と首が怠くなる。皆生までに楽なポジションに修正しておく必要を感じた。
 途中ででかい保健の先生を抜いた。所山の激坂で後からジャックに声をかけられた。スイムでは少しだけ先行していたけど流石に逃げ切れなかった。調子良く上っていくので今日の負けを確信した。いやいや、今日はそう言う事を考えてはいかんのだったと思い直す。
 いつもは負ける事のない下りでも多くの選手に抜かれた。落車でびびって居ると言うよりも、絶対に落車とかリタイヤをしないという気持ちから安全第一で走った。

 ランのトランジットでは足を拭いてゆっくりと靴下を履き、靴紐も普通通りに締めてゆったりと走り出した。ランは調子が上がって来つつあるのだけど、そう言う時の方が危ないから用心用心。途中のトイレも垂れ流しにせずにきちんと個室に入ってから済ませる紳士ぶり。
 しばらく走ると前方に黄色いウエアを発見、ジャックだ。みるみる近づいてくる。追いついて声をかけると脚が終わってしまった感じ。彼に勝てるかも知れないとまたもや考えるけど、今日は違うダロと思い直して淡々と走る。
 今の走力では上り坂は歩いた方が早かったりするので、みっともないけど急な坂は敢えて歩いた。緩くなると軽く走って下りは真面目に走った。ちゃしろに引っ張られて歩き続けて居るので、下りは偉く好調だった。
 途中で雨が降ったり晴れたりと妙な天気だった。こんな時は足のマメが気になる所だけど、これも雨の日も関係無しの散歩のおかげで全くの無傷で走り終える事が出来た。ありがとうちゃしろ君。

 淡々と走ってゴール。6時間丁度くらいの時計を確認し、納得して今日のレースが終わった。ジャックが帰ってくるのを迎えようと思って待つけど帰ってこない。相当待ったけど帰らないので止めたのかな?と思って戻ると帰ってきた。彼は脚が潰れたのに追加して、お片付けが悪くて5分間牢屋に入れられて居たのだった(笑)。
 知り合いのゴールを見たり話をしたりしてから風呂に入った。あとはバスに乗ってスタート地点に戻り荷物を積み込んで家まで戻るだけ。家に帰るまでが遠足なので慎重に走って帰ってきた。
 途中で土砂降りの雨に会い、古くてRRでライトも暗い白骨号ではかなり怖かった。最新のSUVなんかはガンガン飛ばしていく。でもああ言うのは興味がないからゆっくり走ればいいや。途中ででっかいアイスとチャンポンを食べて21:00前には帰宅した。帰ってからすぐにちゃしろとじゃれ合って長い1日のお終い。

 今日は全てが予定通りに出来た。あとは2週間を予定通りに過ごして回復させ、皆生も無難に完走して実績を作ろう。今は40代50代の競争率が高い。そして皆生とか宮島は書類選考なので実績無しやヘタレな実績では落とされてしまう。力が無いのは仕方ないけど、来年とか再来年の為に落ち着いて対応しようと思う。

スイム 2.5km
バイク 55km
ラン 20km

| | コメント (7)

2016年7月 2日 (土)

流行りの民泊

07021 今日は宮島大会の受付と説明会の日、午後からなので朝一にちゃしろの散歩をしてから白骨号で出掛けた。時間的にどうしようか迷ったけど、事故で死んでしまったら死ぬ間際に散歩に連れて行ってやれば良かったと後悔しそうなので散歩を優先。結果的に時間は十分余ったので散歩に行って正解だった。
 白骨号のホイールバランスが不安だったけど、取りあえずブルブル震える様な事は無かった。ただ買ったときから高速の直進性がイマイチ良くない様な気がする。ショックは変えたからブシュとか全部オリジナルに戻してみよう。
07022  受付と競技説明会がチチヤスの中にあるホールで開催された。今は呼び名が違うけど、チチヤス時代に子供を連れて行ったりしていた事からどうしてもチチヤスの名前が頭から離れない。
 ウエルカムパーティーではデカイ外人二人に拉致されそうになったりして大変だった。こういうヤツらと同じ土俵でフィジカルな競技をする事自体が不公平だと思うわ。

07023  夜は広島市内某所にある民泊に移動。1Fには新旧のオートバイや自転車などが陳列して有る。主人は私の白骨号も興味深げに見ていた。2Fが食堂とミーティングルームで、3Fが客室だった。
 興味深い資料とか見ながら、異国情緒溢れる?会話をしていたら直ぐに時間が過ぎる。適当な所で切り上げて客室に戻って明日の準備。あとは歯磨きして寝るだけだけど、持っていった電波時計の目覚ましがリセットされてしまって大慌て。
 アラームのテストをしたらビープ音を鳴らすのに電力を消費したからか、液晶が薄くなってデータが飛んでしまった。慌ててカメラに使っている電池に入れ替えて受信させようとするけど受信できない。仕方ないから記憶で概略の現在時刻を入力し、翌朝のアラーム時刻もセットして今日の仕事はお終い。
 あー疲れた。でも今回は故障せずに完走が目標なのでいつもよりは気持ちが幾分楽に感じる。

| | コメント (6)

2016年7月 1日 (金)

備えよ常に、だね

 昼過ぎまで仕事してあとは大会の準備のつもりだった。でも少し仕事が長引いた。そして白骨号のホイールバランスを取ってなかった事に気がついた。明日は高速で行こうと思っているからバランスは取っておきたい。
 と言うことでバランスを取り始めたのだけど、バランサは1年くらい前からバックアップ電池が死んでいてキャリブレーションが保存されない。まずはキャリブレーションしてからだけどバランスが取れたホイールが無い。ランティスの冬タイヤが一番良さそうだったので引っぱり出してきて、100gの錘をあっちに付けたりこっちに付けたりしてキャリブレーション。でもなんかしっくり来ない。。。
 あとは白骨号のタイヤを外してきてバランスを取るのだけど、やっぱりなんかしっくり来ない。きちんとキャリブレーションが出来てないんじゃ無かろうか。位相を変えて再測定すると10g以上の差がでるし・・・普通は5g以下だろう。
 と言うことで再度キャリブレーションをしたり測定したりを繰り返していたら暗くなった。大会用の自転車の整備が出来てない。仕方ないからチェーンに油だけさしておいた。晩飯の後で荷造りを開始。こちらはチェックリストを作っているからたぶん忘れ物は無いと思う。でも年々老化しているから不安ではある。

 と言う感じで出発前夜が過ぎていった。懸案事項は早めに潰しておけよ!と過去の自分に言いたい。半ズボンのオッサンが気持ち悪くて仕方が無かったけど、私の様な人間こそボーイスカウトに入っておくべきだったのだろう。
 今回は事故無く行って完走してくる事だけが目標。不調なりにきちんと実績を作って参加資格を得て、来年再来年の上位入賞に繋げたい。

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »