« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

毛玉大作戦

06301 ちゃしろの毛玉取りをした。手入れしてやっているつもりだけど、気がついたら耳の舌と首輪の辺りに毛玉が出来てしまったから。確かにやりやすい場所ばかりでこの辺はやってなかったかも。
 右耳の下に小指の先くらいのが2個、左耳の下に親指の頭くらいのが1個、喉仏の辺りに親指を叩き潰した様なヤツが1個、それぞれ有った。それを1日に1個見当で退治した。
 右耳の小さいのは櫛と指だけでやったけど、凄く時間が掛かったしちゃしろも嫌がったりして辛そうな雰囲気。そこで残りの2個は鋏を使うことにした。毛と直角に切ってしまえば早いけど、それだと10円ハゲみたいに成りそうだし皮膚と毛玉の間が狭くて鋏を入れるのが怖い。そこで毛と平行方向に刃を入れた。
 危なくない場所から少しずつ刃を入れていくと毛玉が徐々に崩壊していき、或るタイミングで櫛に毛の固まりが抜けてくる、これは楽だ。このやり方で右を取った。そして今日は喉の毛玉の日。昼間や夕方は興奮してカミカミモードに成るけど、夜が更けてくると睡魔に負けて脱力してくる。その時間帯を狙って処理したら比較的楽に喉の毛玉も取れた。
 少し悪戯心を出してリードと首輪も外してみたけど同じ場所で寝ていた。首輪の下の毛玉未満みたいなヤツを綺麗にとかして全て完了。今度からもう少し注意深くとかしてあげようと心に誓った。

 テーパーを言い訳に今日からトレーニングは無し。夜はカツ丼だったのでお代わりして食べた。さらにヨーグルトが有ったのでいちごジャムを入れて食べた。うーん幸せだ。

| | コメント (0)

2016年6月29日 (水)

リングだけ削った

06291 なんかバタバタしていて書類の事を忘れて居た。請求書はまだ良いとして?支払いの方を忘れないで良かった(笑)。
 経理部長からも会社預かりとなっている所得税を納めて来いと言われていたので銀行に行った。そしたら近所のXS乗りのオッサンにバッタリ、あっちも何かの振り込みに来たらしい。XSの車検が切れていると言うので、車検を取って一緒に乗ろうと誘っておいた。

 昨日のオルタネータ、スリップリングの段付き摩耗が凄かったので旋盤で削った。ブラシはまだつかえそうなので前回はブラシだけ交換したと思われる。リングは薄くなっているからこれが最後かもしれん。
 組み立て前に随分洗浄と清掃をしたけど、白く粉を吹いていた筐体はあまり綺麗には成らなかった。これ以上やるならブラストするしか無いけど、そう言う感じのレストアじゃ無くて一般的な修理で入っているから、機能を満足した段階でよしとした。

 夜はエアロバイクを1時間だけ。日曜日がレースなのでそろそろテーパーに入っても良いはず。テーパーとかリカバリーという言葉は大好きだ。大手を振ってダラダラして沢山食べることが出来るから。

バイク 24km

| | コメント (13)

2016年6月28日 (火)

小さな困難が続く

06281 婆さんが全く言うことを聞かない。解っていたけど目の当たりにすると腹が立ったり困惑したりの連続。先生の言うことを曲解するくらいは罪が軽いけど、手を使うなと言われて居ても何かしたがる。
 目を離すと洗濯をする、食事の洗い物をする、隠れて畑にネギを取りに行く、好きな物しか食わん、娘が送ってきた食材は気に入らないのか食べてくれと持ってくる・・・。
 廻りの年寄り全般に感じるけど、年長者が絶対的に偉くて知恵があると思いこんでいる。そして自分が良いことをしていると信じているからたちが悪い。若い者が何を言っても聞く耳を持たない。ネトウヨに韓国の少女が従軍慰安婦の話を100年続けても進展が無いのと一緒だ。なんか疲れるけど仕方ない。

06282  今日の残業はポルシェ964あたりのオルタネータ。割りと急ぐみたいだし昼間はやることが詰まっているから夜しか時間が無い。チャージランプが点くらしい。消えることも有るとか。何処かの接触不良か、ブラシの摩耗か、回路の壊れ初めか。
 Assyで試験したら問題は無かったけど取りあえず分解した。レギュレータを外したら怪しい部分を発見。赤丸の2箇所が接触で導通しているのだけど、両方とも腐食が酷くて少々怪しい。それにこのオルタネータは全般に水でもかかった様な劣化具合が気になる。
06283  お尻のファンも錆び付いてメチャ固かった。そして前のベアリングが未だかつて無いほど固着してガチガチに成っていた。普通のプーラでは歯が立たず、ベアリングセパレータを持ち出したら中型が壊れ、大型の先端を加工して噛ませてプレスで押したら「パッキーン」と動いた。
 お尻のベアリングは変えてあるけどこっちはドイツ製のまま。前回の作業者が手抜きして交換してない感が濃厚。お前がやっていればここまで苦労しなかったのにと言う気持ちと、数年前にお前が出来なかった作業をやったぜと言う気持ちが入り交じって脱力した。
 在庫でベアリングは有ったけど、時間も遅くなったしスリップリングも痛んでいるし、なにより精神的に疲れたから止めにした。なんか巻線の被覆も痛んでいる感じが有るけどワニス処理も必要かなあ。。。なんかめんどくさいぞ。

 リフレッシュの意味でエアロバイクをゴリゴリ漕いでお終い。

バイク 24km

| | コメント (2)

2016年6月27日 (月)

マザーテレサには成れない

 写真は無いけど夕方の散歩の時のこと、集落から少し離れた田んぼの中で「ミャーミャー」と子猫の鳴き声が聞こえた。その瞬間にちゃしろがもの凄い勢いでリードを引っ張り田んぼの横の溝に突進。危うく転倒するところだった。
 溝の中か畦の草の中か解らんけど、継続してミャーミャー鳴き声は聞こえる。もうちゃしろは必死で臭ったり引っ張ったりするけど、次の瞬間に子猫の首根っこを咥えて得意そうに出てこられても困る。随分おとなしく成ったけどモグラとかラクーンの例で解るように、この手の瞬間に野生に戻ってしまうから。
 こっちも必死で引っ張りながら考えた。犬って人間の赤ちゃんに対してでも他の動物の赤ちゃんに対してでもそうだけど、母性本能なのか攻撃せずに舐めたり可愛がる仕草をする事が多い様に思う。今日の例で行くと優しい目で子猫の背中をペロペロ舐めるかも知れん訳だ。
 いやあ、それは困る。首を噛んで殺してしまうよりももっと困る。私は猫はあまり好きじゃない。でもちゃしろが舐めている子猫を放置して通り過ぎる事も出来ん。こりゃ心を鬼にして知らんぷりで通り過ぎようと決めた。
 グイグイ引っ張って数メートル進んだ時のこと、次の草むらから別の子猫がミャーミャー言っているでは無いか。。。またもや前回と同じ事の繰り返しでそのゾーンをやり過ごした。
 そしたらその次の草むらでさらに別の子猫がミャーミャー・・・。もうちゃしろはキチガイ状態だし私は疲労困憊で神様助けてくださいと言いながら通り過ぎた。4匹目は居なかったので何とか切り抜けて家までたどり着けた。
 野良猫が子供を産んで放置したんだろうか?、それとも何処かの家で飼っている猫が産んだんだろうか?、それとも誰かが捨てに来たんだろうか?。まあいずれにしても薄幸な子猫達で可哀想に思うけど、私はマザーテレサじゃ無いので見殺しにするしか出来なかった。犬は好きだから子犬なら連れて帰ってしまったかもしれん。平等な愛って難しい。

 今日も寝る前にエアロバイク。少し趣向を変えて100Wを1時間にしてみた。これくらいならキツクは無いのだけど退屈で精神的にきつくなる。景色が変わる実走なら何とか成るでしょ。

バイク 24km

| | コメント (2)

2016年6月26日 (日)

セレブへの第一歩

06261_2 雨も降ってないし勢いの有るうちにアルファの作業をやっつけようと思ってフロントバンパーを外した。塗装後に組み立てたとき細かい補強部材を付け忘れていたから。ずーっと座席後の足元に投げて有った部材を付けた。
 あとはついでなのでフェンダー内部の配線とかコネクタの手入をした。この車はフォグライトとかウインカーがバンパーに内蔵されている。
06262  コネクタの直近は専用設計されたゴムブーツで保護されて居るのだけど、年月による劣化でボロボロの状態。これを全部取り外してハーネステープで補修。
 あとはコネクタ接点の清掃とコネクタ用グリースを塗って再装着。この手の一手間で古い車やバイクは電装系のトラブルが相当減らせる。バルブ摺り合わせとかよりも先にやる意味が有ると思うのだけど、意外と皆さんやってない気がする。

06263  適当に仕事の半田付とかしながらダラダラ過ごし、夕方からグッデイにベニヤ板を買いに行って大工仕事を始めた。アルファの後にちゃしろの座席を付けようと思って。
 標準でも少しだけ場所が有るのだけど、前後方向の長さが短いので座席ギリギリまで板を置いて広くする計画。最終的には表面に安いカーペットかフェルトを貼ろうと思う。
 取りあえず板の段階でちゃしろを連れてきたら自力で上った。少し高さが高すぎる気もする。でもこれで高速を走る訳じゃ無いからOKとしよう。
06264  嫁さんに教えたら喜んで飛んできた。彼女の夢の一つは愛犬とオープンカーでドライブすることらしい。セレブの生活でも夢見て居るんだろうか?。
 文章で書いた内容は似ているけど現実はだいぶ違う。本物のセレブなら車は屋根の開くフェラーリだろうし、背景は何処までも続く大邸宅の庭だろう。嫁さんも若い頃はスタイルだけは良かったけど最近は見る影もない若干変化が見られるし、旦那の身長と年収は指数表記したくなるほど違う(笑)。
 何とかクリヤしているのはちゃしろくらい。一昔前なら愛犬は血統書付きの○○だったと思うけど最近は中途半端なシェルタードッグが流行りらしいから。保健所の犬であるちゃしろは海外流に言えばシェルタードッグ、十分にセレブの愛犬に成る資格がある。

 時間が無くてエアロバイクを少しだけ。昼間に走ろうと思ったら走れたけど、大工仕事をしたり前年の悪夢が脳裏をかすめて走るモチベーションが出なかった。

バイク 8km

| | コメント (10)

2016年6月25日 (土)

サモエドのしろちゃん

06251 午前中はスイミング。メニューはクロールのキックとあとは平泳ぎ関係。いつもの様に平泳ぎは全然上達する気配が無いけど気にしない。
 終わった後は自主トレでプルブイを足に挟んで長めに泳いでみた。来週は宮島大会なので少しは対策?でもしておこうかと思って。遅いけど駄目という訳じゃ無い感じで安心した。

 家に帰ってから嫁さんと近所の「しろ」に昼飯を食いに行った。ちゃしろの散歩の時にサモエドの子犬と会うことが有るのだけど、そのサモエドの「しろ」ちゃんのお母さんが始めた店が今回の「しろ」と言う訳。白い犬だから「しろ」とか安直だなあと思うけど、茶白の犬だから「ちゃしろ」と名付けた飼い主が言う事じゃ無い(笑)。
06252  料理好きの暇な奥さんが始めた店?、どんな物が出てくるんだろう?、軽い不安と期待感を胸に中に入ると自宅を改造したサンルームみたいな場所に案内された。
 外の看板や幟にも「お食事処」としか書いてなかったけど、テーブル上にメニューも何もない。私は犬を介して数回話した事が有るけど、何も知らなければとても入れない店だ。まあメニューが出てこなかったのは嫁さんが昼飯を食いに行くと電話したからかも知れないけど。
06253  出てきたのはこんな感じで構成も味も悪くない。御飯はおかわり自由と言われたので私は2杯食べた。食後にケーキとコーヒーが出てきて税込み1,000円。シフォンケーキまで手作りでこの値段は我が家の薄い財布に優しい。
 まあ毎日昼飯を食いに行く店でも無いし、腹を減らせた若者が行く店でも無い。若い女の子を連れて行く店でも無いけど昔は女の子だった嫁さんと行くのはアリか。最適解は近所の奥さん同士で旦那の悪口でも言いながらご飯食べてコーヒー飲む場所の様な気がする。
 食事の後はしろちゃんと遊んでから帰った。4ヶ月か5ヶ月らしいけど既にちゃしろと同じくらいのサイズに育っている。何処まで行くんだろう?。よその犬だけど楽しみだ。

06254  アルファにエキパイとタイヤを付けて久しぶりに地上に降ろした。いい加減な修理だったけど今のところ異音は消えている。再発したら再修理すれば良い。その時には2柱リフトもつかえるように成っているだろう。
 補機用ベルトは割りと新しかった。タイミングベルトも横から見た感じでは傷んで居なかった。でも補機用と同じタイミングでアイドラープーリを交換していると考えると、タイミングベルト用のプーリもゴロゴロ言い始めているかもしれない。今度外してグリース交換やっておこう。

スイム 2.2km

| | コメント (5)

2016年6月24日 (金)

オルタネータ装着

06241 アルファのオルタネータだけど、ベアリングは再利用で洗浄とグリースの交換だけ。ブラシも2-3万kmくらいは使えそうだったから再利用。スリップリングだけは段付き摩耗が酷かったので旋盤で切削手入れした。
 その状態で組んでずーっと待っていたのだけど、梅雨なので順調に雨が降り続いて作業が出来なかった。今日は少しだけ雨が止んだ時間があったのでアルファの下に潜ってオルタネータを装着した。
 構造とやるべき事が解っているので作業は早い。オルタネータを付けて、配線を付けて、ステアリングギヤボックスを固定して、中間シャフトとドライブシャフトを付けて、テンショナーを付けて、補機用のベルトを掛けるまでやって1時間ちょっとで済んだ。
 あとはエンジンマウントとかエキパイとかが残っているけど、仕事の半田付も有ったのでこの辺で許してやった。今夜は雨みたいだけど明日の昼間に雨が上がっていたらエキパイを付けよう。
 ああ、全部じゃ無いけどミッションオイルが溢れたので補充しないといけない。ギヤオイルは残っていたかなあ、デフが入っているけど横置きのFFだからハイポイドじゃ無くて適当なヤツでも行けるだろう。

 今日も寝る前にエアロバイクだけ漕いでおこう。何となく腹回りの脂肪が増えてきた気がするけど、完走が目標だから気にしない気にしない。

バイク 12km

| | コメント (3)

2016年6月23日 (木)

強力より中速乾

06231 昨日のカブリオレのモータ、ロックしていた右はギヤが傷んでいた。幸いにも可動範囲が270度くらいしか無いので、位相を変えて痛んでいる所を使わないようにした。
 言葉で書くと簡単だけど、圧入してあるギヤを外してLS用ストライカ取り付け部を追加工して・・・とメチャ苦労した。必死でやっていたので写真を撮る余裕が無くてネタに出来ず悲しい。

 で、どうでも良いパーツクリーナの話でも。何時もMonotaROから箱で買っている。近所のホームセンターでも同等の価格で買えるけど、いちいち買うのが面倒なので15%引きの日に箱買い。
 前回は「中速乾」と言う訳解らん名前のヤツにしたけど、今回は「強力」と言うヤツにしてみた。色も黒くて見るからに強そうだ。
 既に2缶目に入っているけど使用感はイマイチ。私の用途には揮発が早すぎる。汚れや油とかを溶解する力は強いのかも知れないが、直ぐに揮発するからブラシでゴシゴシして洗い流せない。さらに気化熱で部品が結露する。ウーン・・・と言う感じ。
 これで良かったという用途も出てくると思うけど、私が今やっている作業には前回の「中速乾」の方が適していた。「強力」は廻りにプレゼントして回って早めに消費しよう。

 トレーニングの時間が晩飯後しか取れないので、今日も適当にエアロバイクを漕いでお終いにした。土日に何か外で出来たら良いけど、ここの所雨ばっかりで作業すら出来ない状態。あまり期待出来んなあ。

バイク 12km

| | コメント (2)

2016年6月22日 (水)

ウレタンの加水分解かなあ?

06221 ポルシェのカブリオレだったか幌を前方でロックする為のモータ。うちのアルファはこの部分が手動だけど高級車?だから全部が電動で動くんだろうか。
 大きな減速比だからウォームと思っていたけど、1段目がウォームで2段目はねじれ歯車?だったか、ウォームと斜歯を組み合わせたようなヤツだった。
 左用は動くけどエンドで止まったらロックしてしまう。右用は途中でロックしてしまってギヤボックスが死んでいそうな雰囲気。ドリドリ君の制御盤をやり始めたからあまり時間が取れない。取りあえず動いている左用から作業スタート。
06222  動作エンドに変なリングが付いている。意味が解らんけど動きが悪いのでシンナーとかパーツクリーナで洗うけどなかなか綺麗に成らない。意味とか機構とか考えに考えて出した結論はエンドダンパじゃ無かろうか?と言うこと。
 非分解なので再生の手法を考えてから頭を削って分解した。予想通りにボロボロに成ったウレタン?のリング状の部品が出てきた。リング状の弾性体と外側のリングの組合せで、CW限とCCW限のストッパを兼用しているのだろう。
 と言うことでまずはこの部分の再生が必要。ウレタンは手持ちに無いし再度の加水分解は避けたいのでNBRから切り出して代用品を作った。頭が潰してある部分はシャフトにねじを切って低頭のボルトで固定した。これでエンドにぶつけてもロックしないように成った。

 婆さんの骨折の影響で嫁さんがちゃしろの散歩に行くことが出来なくなった。と言うことで夕方も私が散歩。ここの所は雨ばっかりなので靴がグチャグチャに成って困る。次の散歩までに乾かないので濡れた靴を履くはめに。最初から濡れているのは嫌だなあ。
 今日も風呂の前にエアロバイク。まあ何もしないよりは良いでしょ。

バイク 12km

| | コメント (0)

2016年6月21日 (火)

MonotaROの新型作業灯

06211 こないだの15パーセント引きの時にMonotaROから新型の電池式作業灯を買った。同じシリーズの旧型を使っていたのだけど、ボタンのゴムが破れて来たり全体に痛んできていた。元々が安いし新型が明るいと書いてあったので買い換えた次第。
 スイッチを入れて直ぐに解るくらい明るい。特にメインで使うサイドの明るさが相当向上している。先端の懐中電灯的なヤツはあまり変わらんかも。と言うのが第一印象。
 メカ的にはほとんど変わらん。磁石が強くなったと書いている人も居るけど私はあまり感じない。エンジンオイルとかブレーキフルードとかに曝されるから、ボタンなどのゴム部分は旧型と同じように劣化していくと思う。
06212  新型のLEDは凄いなあと思って使って居たけど、定量的にどのくらい凄いのか消費電流を測ってみることにした。電池ケースの端子部にそれぞれ4.5Vを印加したときの消費電流を比べた。
      サイド   先端
旧型   865mA  172mA
新型  1780mA  207mA
 新型の明るさは新型LEDによるものとばかり思いこんでいたけど、消費電流が2倍強も増えていた事が解ってガッカリ。LED物で年の単位で時間が経過しているのだから、同等の消費電流で明らかに明るい製品を作るべきじゃなかろうか?。
 うーん残念だ。そして1.8A近い消費電流が不安だ。旧型では電池の減りをそんなに気にしていなかったけど、今後は頻繁に交換するとか充電式を使うとか考える必要が有る。でも2000mAhクラスを使っても1時間半くらいしか点灯出来んのか。。。

 色々あって各種の事が思うように進まないのだけど、まあ人生はそんなモンだろうと思って風呂の前にエアロバイクだけ漕いでお終いにした。

バイク 12km

| | コメント (4)

2016年6月20日 (月)

子から親へ伝えるもの

06201 昨日の日曜日の事だけど、雨で濡れた畑で婆さんが転けた。晩飯の後でチラッと話を聞いたけど、元気そうだったし痛そうにもして無かったのでそのままにしていた。
 そして今朝になって少し痛いという左手首を見せて貰うと黒く腫れている。なんか怪しい雰囲気がプンプンしてきたので私が去年世話になった整形外科に連れて行った。
 予想通りに簡単な診察の後でレントゲンを4枚ほど撮影。画像を見ながら折れてますねと説明を受けた。一昨年までの私なら骨折部すら解らなかったと思うけど、今の私は去年の経験から先生の説明が良く解る。
 肘から手首に伸びた2本の骨のうち太い方、その手首の関節の末端に近い太くなった部分が、座屈で?折れて斜めに圧縮されて潰れているらしい。若いなら手術が良いけど歳も歳なので手術は止めましょう。今回はCTで詳細を確認した後で局所麻酔で可能な限り修復して引っ張ってギブス固定しましょうと成った。
 CT撮影の後でCT室の中にギブスキットのトレーが持ち込まれ、そのまま処置が行われた。看護婦さんが鉛の前掛けをしていたので、もしかして撮影しながら処置したんだろうか?。
 処置が終わった後で診察室に行き再度説明。婆さんは痛かったと言っていたけどかなり修復が出来たらしい。修復後の画像を見ると圧縮されて凸部に成っていたのが減少しているのが解る。あとは次の予約をして今日の所はおしまい。
 廊下で待っていたときのこと、見覚えのある看護婦さんが立ち止まって「あなた・・・」と言う。私の骨折と擦過傷の事を覚えて居たらしい。マラソンも走る人みたいで、リレーマラソンのTシャツを見て「私達のチームも出たんですよ」とか話が盛り上がった(笑)。

 何だかんだで昼過ぎまでかかった。仕事とか色々な予定が大幅に狂ってしまったけど、自分の親なのでまあ仕方ない。日常がどうなるかは明日以降に成らないと解らないけど、右手は問題なくつかえるので大ごとには成らないと思う。
 (くっつけば)ほぼ後遺症が無い程度に治るでしょうと言われたけど、歳も歳だし面倒そうな部位だから期間が問題だ。それに元々好き嫌いが激しい人でいりことか死んでも食べんから、正月頃にやっと仮骨とかもあり得るかも。まあ成るようにしか成らん。とりあえず親子で良く似た事をやっているという事だ、ハハハ。

| | コメント (8)

2016年6月19日 (日)

素材としては優秀

06191 予定よりも早く中国に注文していた機械が来た。バカみたいな構造で凄く狭い分野の専用機だから、興味のある人はムムムッと感じると思うけど、それ以外の人は???の世界だと思う。

 この機械はホースの口金をかしめる機械。エアホースでも油圧ホースでも良いけど、タケノコ状の筒にホースを突っ込み、その外側をホースバンドで締め付ける。市販品はホースバンドの変わりに薄肉のパイプが被せて有り、それをグチャグチャに押し縮める様な感じで固定してある。その加工をする機械という訳。
 この世界は専門の業者が居てユンボとかはその業者に依頼している。その方が早くて安くて信頼性も高いから。でも車のホース類はそんな簡単じゃ無い。だから自分でかしめ加工が出来たら良いなあとずーっと以前から考えていた。
06192  自分なりに構想図を何枚も書いたのだけど、その中で最もシンプルな案にそっくりなヤツを中国のサイトで見つけたわけ。価格が7,500円とバカみたいに安い。30kgくらい有るからフェデックスの送料が18,000円もしたけどそれは仕方がない。トータル25,000円としても国内でこれだけの「素材」は入手が困難だから。
 で、注文していたのが来たけど想像通りにすばらしい「素材」で予想を裏切らない中国製に感動している(笑)。ただ自分でも考えて居たように凄くプリミティブな構造なので、基本的な形さえ出来ていれば動くだろうと思って軽く手入れして試験したのが3枚目。
06193  結構行けそうだ。でもダイセットが25mm前後の3セットしか付いてないから、白骨号の燃料ホースとかオイルホースを作るにはダイセットを作る必要が有る。まあゼロから作るよりは楽だし、この方法でそれなりのクリンプ加工が出来ることが実証されただけでも安いモンだ。

 訳の解らん天気だった。下が濡れているし小雨が降っているので練習会には行かず、仕事したりかしめ機を弄って居た。午後に成って天気が良くなったので自主トレでバイク。軽く無理をせずに地蔵峠の48kmコースを走ってお終い。
 その後でちゃしろの散歩に行ったのだけど、長濱に会って話を聞いたら今日は最初から練習会は予定されて無かったらしい。ハハハ、結果オーライだ。

バイク 48km

| | コメント (6)

2016年6月18日 (土)

なんか変なオルタネータ

06181 午前中はスイミング。今日は4人と少なかったので一人一人に対する指摘が濃かったような気がする。そしていつもの様に言われることは解るのだけど、泳ぎで結果を出す事は出来ない。。。
 クロールで考え方を変えたら進みが良くなった気がしている。手の抵抗はどうでも良いから、肩から胸からお腹あたりの抵抗を意識した泳ぎ。これでしばらく泳ぎ込んでみよう。

 アルファのオルタネータだけどベアリングはそんなに痛んでなかった。特殊で高いから痛んでないと思いたいのかもしれん(笑)。自分の車というか長男の車だから文句は言われん。洗浄して新しいグリースを詰めて再生した。
06182  最近この手の作業に使っているのはMonotaROの高級電動機用グリース。合成油ベースで有名ブランドの同等品に比べたら安い。長期的には解らんけど短期的には悪くない。
 一気に組み立てようとしたら変な摩耗痕を見つけて手が止まった。プーリ側ベアリングを内側から固定しているプレートだけど、これの凸部が何かと擦れている。位置的に相手は冷却用ファンしか無いのだけど、普通は干渉とかしない。異音はここか?。
 構造を見ていくとシムか何かを入れ忘れて居るんじゃ無いかと思い始めた。前任者はガムテープを貼るくらいの人だから入れ忘れて居る可能性は高い。内径17mmのシムとか無いなあ・・・、面倒だから明日にしよう。

06183  プールから帰ってから近くの寂れた町を軽トラでブラブラしていたら、変なオッサンから呼び止められた。荷台にゴミみたいな機械とライトセーバーみたいな棒を放り込んで「行け!」と言う。怖かったからそのまま逃げるように帰ってきた。
 帰ってから100Vを繋いでみたらポコポコ音がして動き始めた。キャップがしてあったので外してみた。何も変化が無いので指で触ってみたら中に引き込まれそうに成った。恐ろしい、人を引きずり込む殺人機械かもしれん。取りあえず掃除してタッチアップしてオイル交換でもしておこう。

スイム 1.5km

| | コメント (4)

2016年6月17日 (金)

I did it, I did it!

06171 昨日の昼飯の後、あてに成らんアルファのマニュアルを読んだ。それによると中間シャフトを外すのは意外と簡単で、ボルトを数カ所外せば良いらしい。前回騙されたので安心は出来んけど、今回は何となく行けそうな気配がした。
 屋外作業なので昨日の夜中にやるわけにはいかず、今日の昼間にやることにして昨日の夜は振替で仕事にした。そして今日の午後からやってみたら1時間くらいで簡単にオルタネータが外れてしまったという訳。やったね!、エンジン下ろさんでも良かったよ。

06172  外したオルタネータを見たらお尻にガムテープが貼ってあった。ガムテープは万能部品だから仕方ない(笑)。なんかヤナ予感だ。次の人をこんな気持ちにさせる整備士には成りたくない。
 アルファのマニュアルにはオルタネータのO/Hまで書いてあるのだけど、目の前のオルタネータは構造が違っていた。やっぱりマニュアルと何かが違うのだ。最初から解っていれば。。。

06173  ベアリングまで外してみたら特殊なサイズだった。ポルシェのオルタネータにも使われているので在庫は有ったけど、値段も高いし値段以上に入手性が悪くて苦労する。自分用だから新品は使わずにシールを外して洗浄し、新しいグリースを詰めて再生してみようかなと考え中。まあ転道面の痛み方次第だけど。

 このアルファはどうしても修理して乗る必要があった。何故ならフェラーリへの第一歩だから。黄色のアルファのスパイダーすら維持したり乗り回したり出来んヤツに、もっと派手で気むずかしいフェラーリなんか乗れる訳がない。
 何故なら金が有っても度胸が無いから。衆人環視の中を派手な車に普通の顔して乗る度胸が無い。高い金を払って整備を頼む度胸が無い。繊細で妙な機構を自分で整備する度胸が無い。何時壊れるか解らん車で遠出する度胸が無い。フェラーリでナフコに行くかぁ?と言われても笑ってやり過ごす度胸が無い・・・etc。
 小さな一歩だけど前進出来た事で今は気分が良い。ブログも早めにアップした。晩飯の後はエアロバイクを漕ごう。気分が良いと全てが順調に進むなあ。毎日がこうありたいモンだ。

バイク 12km

| | コメント (9)

2016年6月16日 (木)

牛歩のごとく

06161 トランスが出来つつある。空冷ポルシェに採用されているBOSCHのCDI、その中でも3ピンタイプと6ピンタイプに内蔵されているトランスの互換品が。
 コアと巻線など電気的な特性に関してはだいぶ把握できた。この分野も煮詰める必要が有るけど、単純で物理的な部分も準備しないと互換品として完成しない。
 と言うことでコアを挟んで取付穴を提供するフレームを作った。最初は手作業で作ったけど面倒だったし見栄えも良くない。と言うことで精密鈑金屋とメッキ屋に外注して誰が見ても製品に見えるフレームを作った。仮組したけど悪くない。フレーム間を繋ぐスペーサが来たら見分けが付かん位の出来栄えに成りそう。

 こんな仕事が沢山来るわけじゃない。或る程度来たとしてもここまでやっていたら仕事には成らん、大赤字だ(笑)。でも先日のようにコアが割れて居たり微妙に劣化したヤツとか有る。それを放置したり延命治療的な作業だけで出荷するのも気が引ける。
 7割が現存しているという空冷ポルシェ。中途半端な作業で済ませていると、私が死んだ後で別の作業者が中を見てガッカリするかもしれん。あの世からそんな姿を見るのは少々心苦しい。
 そんな気持ちで少しずつ時間を作ってはどうでも良い様な作業をしているのだけど、このトランスも少しずつ前進してもうじき形に成りそう。前に進んでいれば何とか成るモンだ。

 アルファに関して嬉しいかも知れない情報を得たので、明日の昼間に作業しようと思って今日はその分の仕事三昧。トレーニングは出来なかったけど、こういう部分は零細企業の良いところかもしれない。

| | コメント (0)

2016年6月15日 (水)

米軍のトルクレンチ

06151 ヤフオクで落札していたトルクレンチが届いた。3/4角で全長が1200mmくらい有るでっかいヤツ。白骨号のドライブシャフト用ナットを締めるときは自作のアダプタを作ったけど、ユンボとかも有るし普通のトルクレンチも持っておきたかった。
 でもこのクラスは数万円から10万円以上するのが普通で、中古でも万を超す事が大半。安値入札をしながらずーっと我慢の日々を過ごして居たわけ。
06152  そしたら先日米軍放出品で600ft・lbのヤツが出てきて、インチ系とかCDI社という訳解らん社名が嫌われたのか1,900円で落札できた。
 軍内の?校正は2012年に切れている。たぶん動くと思うけど簡易的に検証してみた。やり方は広島時代に安物トルクレンチを測定したのと同じやり方。
 1115mmの位置にバネばかりで20kgfの力を印加したとき、メータの読みは160ft・lb辺りを示していた。体勢的に読みにくかったし老眼なので±10くらいは読み取り誤差が有りそう。
06153  ここで160ft・lb=160x0.305x0.454x9.81=217N・mとなる。これを1115mm=1.115mのアームで作るには217/1.115=195Nが必要。これをkgfに直すと195/9.81=19.8kgfとなり、バネばかりの20kgfと良く一致する。アメリカ陸軍もなかなかやるじゃないか(笑)。
 で、メータの汚れとかを掃除していて凄く間抜けな事に気がついた。メータを180度回したら最初っからN・mのメモリが有ったのだ。ハハハ。
 後でCDI社の事を調べていたら、スナップオンのトルクレンチを作っているアメリカではそれなりに有名な会社で有ることが解った。スナップオン礼賛者では無いけど、今回の購入が失敗じゃ無くて良かった。

 嫁さんが散歩に行くので私は飯塚のプールへ。今日も100m単位で色々考えて泳いでみたのだけど、何となく前回よりも遅いというか抵抗が大きくて進まない感じがした。何が悪いんだろう?。水泳はこう言うところが有ってイライラすると言うか難しくて困る。

スイム 1.2km

| | コメント (2)

2016年6月14日 (火)

簡単に無理とは言いたくないが

 昼過ぎに梱包をしていたら某社の営業所長が来た。近所まで来たから顔を見に・・・と常套句を話しながら。今は忙しいからアンタの所に出す話は進んでないよ。と言っているのだけど、定期的に来ては30分から1時間ほど無駄話をして帰って行く。
 ちょっと前は別のモータ屋の営業が来た。その日は7個くらい荷物を作っていたので「忙しいから来んでいい!」と言ったのだけど、「直ぐに帰りますから」とか言って来てしまう。完全に無視して梱包作業をしていたら、30分くらいして「ホントに忙しいみたいですねえ」とか言いながら帰っていった。
 営業の人ってどうして無駄な訪問をするんだろう?。こっちだって食うためにやっている訳で遊んでいる訳じゃない。アンタが来て「どうですかぁ?」と言う話に対応している分だけ遅れるだけだわ、と思うんだけど。。。まあ営業日報に「RS社訪問」とか書くことは出来るか(笑)。

06141_2  アルファの作業は相変わらず停滞中。何とか修理をして動くようにしないと車検が勿体ない。そこで角度を変えて眺めたり写真を撮ったりした。そして驚愕の?事実に気がついてしまった。
 目で見てもそうだったけど、写真で見てもサブフレームとドライブシャフトの隙間の方が狭い。どう見ても狭い、こりゃ無理では?。
 じゃあドライブシャフトを外そうかと思うけど、この部分は左右のボールジョイント部の長さを等しくする為の中間シャフトの部分。構造に依るけど簡単に外れんかもしれんなあ。

06142  アルファの暗い話ばかりで気が滅入るから新しい工具の話でも。アルファに多用されている対辺13mmとか15mmのボルトに対応するため13x15のメガネを買った。今まではソケットと一番下のコンビしか持ってなかったから。
 買ったのはKTCの21世紀バージョンで一番上の旧型に比べたら随分丈夫そうに見える。でも重くなって無いし断面が「I」型なので断面係数的には相当向上している感じ。
 ツルツルピカピカ系が嫌いな私にとって、21世紀バージョンはかなり具合がよい。でも必要な工具の大半は既に揃っているし壊れる事も皆無に近いので、これに買い換える事は無く旧型を使い続けると思う。
 並べて始めて気がついたけど旧型に比べてオフセット量というのか、曲がりの部分の深さが小さくなっていた。ここが長い方が便利な用途もあるけど、そう言う用途には75度タイプを使ってくれと言うことかも。

| | コメント (6)

2016年6月13日 (月)

補充のみ

06131 昨日は雨の中、ユンボの排土板シリンダの修理をした。作動油の量が少ないことは解っていたけど流石に雨の中で蓋を開けて補充するのは気が引けた。今日の午後になって天気が回復してきたので足りない分を補充してひとまず作業完了。
 中古で買った時に作動油が白く濁っていた。ユンボのエキスパートに聞いたところ水の混入だろうから早めに交換した方が良いと言われ全量を交換した。
 使ったのはナフコで売っている農機具用のギヤオイルと作動油の兼用油。トラクタのミッションとか三点ヒッチ関係に使う万能油だと思われる。粘度的に少し固かったけど身近で安価に入手できるのはこれしかなかったのでこれにした。
 特に大きな問題は無いけど、油温が上がるまでは特に走行モータの動きが遅い。まあこれは表示粘度が高いよりも、低温によってその数十倍も粘度が上がっている為だろう。
 追加の補充はMonotaROの42番作動油を使っている。普段の補充はほとんど必要ないけど、ひとたびホースとかシリンダから漏れるとピューッと数リッターは漏れるので20L缶を買った。すでに15Lくらい使ったかも。

 特に何もなく夕方が来たので走ることにした。表から走りに出ると置いて行かれると感じるちゃしろが悲しそうに鳴くので、今日は裏からこっそりとスタートした。いつもの長めのコースをゆったり目に走ってきてお終い。全然速くないけど今年は足の痛みが全然でないのが良い。
 晩飯はいつもの様にあまり入らない。私の体重で18kmとか走ると1000kcalは消費しているから本来ならガンガン食わないと足りてない。でもロング走直後は食欲がイマイチ。特に帰宅直後にプロテインを飲むと最悪に食えなくなる。
 と言うことで最近は帰宅後のプロテインは止めて普通に御飯を食べている。お代わりの意欲が湧かないから今日はラーメンにしてみた。ラーメンなら追加で食べる事が出来る。450kcalくらいと少し不足気味だけど食べないよりもマシだろう。水分と塩分の補給にも成るし。

ラン 18km

| | コメント (3)

2016年6月12日 (日)

ユンボは順調

06121_2 天気が怪しいけど練習会に行ってきた。でもバイクをスタートしたら雨がポツポツ。そして波津まで行って津屋崎に向かう途中で強くなってきて路面も濡れてきたので私はここでお終い。
 今まではこういう判断というか行動が出来なかった。天気が怪しいときは行かずにダラダラしているか、行ってしまうと最後まで無理してしまう。前向きの考えでは有るけど無理はしない、そう言う行動がようやく出来るようになりはじめたのかも。
06122  トライウエアのままで家まで帰ってきたので、そのままの格好でエアロバイクを漕ぐことにした。バイクに関しては体格的に恵まれて居ないけど、家に業務用のエアロバイクが有るとか恵まれている部分も有る。恵まれている部分を強みとして活用しないと損だ。

 昼飯を食ったら雨が弱くなってきた感じ。田舎の日常として家の廻りの草刈をすることにした。1タンク刈ったところでガソリンが無くなったので今日の作業はこれでお終い。次はユンボのオイル漏れ修理。
06123  随分前から排土板のシリンダから油が漏れていた。ポタポタなので見て見ぬ振りをして使っていたけどそろそろ限界、と言うことで作業開始。
 作業を始めたら雨が強くなってきた。ツナギの背中が濡れてパンツまでびっしょり。でも途中で止める訳にも行かないので作業を続行。
 アルファと違ってこちらは超順調。シリンダの脱着からシール交換のO/Hまで全部含めて1時間半くらいで終わってしまった。このユンボが家に来てからシール交換は3本目なのでこんなモンだろう。

バイク 55km

| | コメント (0)

2016年6月11日 (土)

難産

06111 先生の都合でスクールは中止になったけど、自主トレに行って50mから100m単位でフォームを意識した泳ぎを繰り返した。
 最後の方で強い人妻が同じコースに入ってきたのでアクアスロンの結果を聞いた。総合4位で年代別は当然の1位。あのオバチャンに勝てるオバチャンは近くには居らんからなあ。

 帰ってからアルファのオルタネータ作業を開始。ネットで拾ってきたマニュアルに4気筒モデルは、エキパイを外して、エンジン後方のブラケットを外して、ステアリングギヤボックスのボルトを外せば隙間から取れると有ったから意気揚々とスタート。
06112  11万円の車のエキパイがすんなり取れる訳が無い。でも普段の行いがよいから全てのさび色したボルトナットが取れた。整備の神様ありがとう。
 でも気分が良いのはここまでだった。久しぶりの仰向け作業で気分が悪く成るし、ジャッキを駆使してエンジンマウントを外してステアリングギヤボックスのボルトを外したけど様子がおかしい。
 どう見ても目の前の隙間からオルタネータが出るとは思えないわけ。しかもこの位の工数で取り出せるなら、海外まで含めてあんなに皆さんが苦労している訳が無い。。。
06113  しばらくトライしたけどラチがあかないので止めにした。そして現実から目を背けるために、エキパイの錆びを落としてローバルを塗ったり、アイドラプーリのベアリングのシールを外し、内部を洗浄してグリースを詰め直したりした。
 このプーリ、使われているベアリングが専用品で変な格好をしている。汎用品を使うにはアウタとインナに変なスリーブを製作する必要が有る。新品も売っているけど純正品は1万円近いし社外品でも7,000円くらいする。やな部品だ。

 今日はアルファに敗北宣言をしないといけない。悔しいけど私の負けだ。イライラするから今日の作業は止め。適当に(笑)仕事でもして時間を潰そう。ああ~!イタリア人は好かん!。

スイム 2.5km

| | コメント (4)

2016年6月10日 (金)

タイミングベルトより面倒かも

06101 アルファの異音箇所だけでも特定しておこうと思い、ジャッキアップして補機関係のベルトを外した。ベルトは畝が沢山あるタイプでテンションはバネで印加してある。そのバネを15mmのメガネで弛めるだけでベルトは簡単に外れる。
 メンテを考慮したすばらしい設計だなあイタリア車は凄い!。と感動したけどここまでだった。この状態でエンジンを始動したら異音は無い。そこで各プーリを回すとオルタネータが少しゴリゴリ感が有った。そこでオルタネータを外そうとしたら迷宮に。
 下から出すにはミッション関係のサポートとかステアリング関係を外す必要が有りそう。上から出すにはインマニを外す必要が有りそう。なんじゃこりゃ??と言う状態になり、とても1時間くらいで終わる作業じゃ無いと解ったので部屋に戻った。
 グーグル様にお伺いを立てたところ、2日かかったとか12時間とか恐ろしい工数が書いてある。こんなんじゃタイミングベルト交換の方が速いわ・・・、止めようかなあ。

 ちゃしろの状態だけど下痢は完全に治った。脚の方は昨日とか朝一は気にする感じが有ったけど、夕方の散歩では全く気にならない感じ。何だったんだろう?。
 散歩のコースはローカルで話題の不発弾コースにした。うちの直ぐ近所の工事現場から不発弾が出て、業者が相談したら自衛隊が写真だけで模擬弾だから勝手に動かしておけと指示したので建機で動かし、後になってやっぱり本物でした御免なさいに成ったヤツ。
 このコースは2日に1回は通る場所で昨日の朝も直ぐ横を通った。今日は流石に警察とか居るかなと思っていたけど、誰も居ずに入ろうと思えば工事現場の中まで入り邦題。自衛隊もいい加減だけど業者もいい加減だ。
 近所では緊急の回覧板とか回ってそれなりの騒ぎだけど、ローカルニュース以外ではあまり取り上げられて居ない。直ぐ横には集落とかトヨタ関連の会社も有るから、爆発していたら先日の実弾撃ち合いよりも死者は多かったと思う。まあ、人生は運だ。

| | コメント (4)

2016年6月 9日 (木)

長い針

06091 中国から買った強力型のバリバリ君、ちょっとだけユンボの足回りとかバリバリしてみたら針の長さが足りない事が解った。奥まった所とかやりたい訳で、これは工夫で何とか成る範囲を超えている。調べてみると長い針のオプションが有ったので早速注文していた。
 300mmだったか、長いバージョンが来たので早速交換して試験してみた。ユンボが近くに無かったので取りあえずは空砲で。ちゃんと確認したから実弾は出ない。良いんじゃ無かろうか。

 仕事が終わったら丁度よい感じに天気が良かったので自転車に乗ってみた。いくら今年は完走が目標と言っても、乗ってないと操縦技術的な問題で転けてリタイヤするかもしれんから。
 走り出すと意外と調子がよかったので、海老津の町を越えて地蔵峠経由で遠回りして帰ってきた。此路は1年以上走ってないと思う。海老津の駅から旧3号に降りる所に有ったスーパーが無くなったり少しずつ景色が変わっている事を感じた。

バイク 48km

| | コメント (7)

2016年6月 8日 (水)

想像力と判断力

06081 夕方になって古いデスビが入ってきた。進角しないらしく「この場で作業出来んか?」との依頼。クチュクチュやっていたら少しずつ動き始めたので、出来ると判断して待って貰った。ところが判断ミスで予想以上に固着が酷く、ごめんなさいで帰ってもらうことに。
 修理作業は何が何でも完全O/Hみたいな事をやるべきとは思ってない。状況に応じてその都度最適解が有るはず。今回は緩い油を入れて動くまで持っていけば、後は車載で良い方向に変わっていくと判断した、最初の段階では。でも1枚目の画像の通りに実際は分解するのも苦労するくらいの状態だったわけで完全な判断ミスだった。
06082  結局O/Hと変わらないところまで全分解し、ウェイト関連の錆も酷かったのでワイヤーブラシで錆を落として超音波洗浄機に突っ込んでジョギングに出掛けた。
 シャフトの固着に関してだけど、2枚目のフェルト部分に給油するだけでここまでは成らない。ポイント調整の度にその辺に有る適当な油を数滴落としておくと何時までも進角がスムーズ。

 超音波洗浄が終わるまでの間はジョギング。いつもの長い方のコースを走って来た。最後の方で道の横の畑で作業している変なオッサンを発見。近づいていくとエイミーのパパだった。8割くらいは筑豊の風景に溶け込んでいる。
 エリサの結婚が決まってフィアンセと家に居るというので、話は適当に切り上げて家まで走って見に行った。完璧に化粧したエリサが彼氏と一緒に居たので、「エリサー!、その結婚を止めて俺とバスで逃げよう!」と叫んで手をさしのべた。そしたら簡単に「嫌」とだけ言われて次の言葉が出ず、呆然と立ちつくして居たらお母さんから笑われた。
 パパは「フクザツナキモチ」と言っていたけど、お母さんはシンプルに嬉しそうだ。男親と女親の違いか?。うちは男ばっかりだから私はこの気持ちを実感することが出来ない。

ラン 18km

| | コメント (2)

2016年6月 7日 (火)

下痢も二度目なら 少しは上手に・・・

06071 夜中にちゃしろが下痢になった。今は訳あって夜だけ玄関に入れているのだけど、クンクン鳴くから目が覚めて見に行ったら様子がおかしい。もしや?と思って外に出したら草むらでウンコした。出始めは普通だけど最後の方が下痢。ヤバイかも?と思いながら寝た。01:30頃のこと。
 2回目は03:00で3回目は05:30頃で4回目は07:00とウンコがしたくなったらクンクン鳴いて起こしてくれる、彼も慣れたモンだ(笑)。眠くて辛いけど前回の経験が有ったからドキドキはしなかった。夜が明けて午前中は更に3回ほどウンコに行きたいと鳴いたけど数ccの水便と屁しか出なかった。

 午後は1回も鳴かないので快方に向かっていると判断し、少し明るい気分で夕方の散歩に行った。散歩の最初でウンコしたけどかなり柔らかい便で明け方に比べたら随分改善。良かった良かったと思って歩いている時のこと。農道の横の草むらを歩いていたちゃしろが急に飛び上がって道に戻りしゃがんで動かなくなってしまった。
 左の後ろ足を上げて居る。ヒクヒクさせたり舐めたり噛んだりするけど歩けない。動作からな骨が折れたとか腰が抜けたとかそんな感じだけどキャンキャンは言わない。それが返って異常事態を想像させる。
 家まで500mは有る、全く歩けないので抱こうとするけど慣れてないから腕を噛んで嫌がる。仕方なしに様子を見ながら少しずつ少しずつ3本脚で歩かせて家まで帰った。直ぐに動物病院に電話して軽トラの助手席に乗せて連れていった。えらくよだれが多くて呼吸も荒い気がする。マムシだろうか?犬なら死にはしないけどしばらくはきつかろう、そんな事を思いながら病院に到着。
 先生と一緒に見るけどはっきりした歯形は無い。バリカンで毛を刈ったけどやっぱり見つからない。マムシにしても凄く軽いと思われる。捻ってみても痛がらないので骨じゃ無さそう。血が出るような怪我も無い。細い物が刺さっているかも知れないけどそこまでは見えん。赤く腫れた肉球が有ったので消毒だけしてもらい、気休めの?薬を貰って帰ってきた。
 じっとしていると痛いのか気になるのかペロペロなめている、でも猫を見つけたりしたら全力でダッシュは出来る。訳が解らん。下痢と足のせいで今夜のちゃしろは妙におとなしい。扱いやすいけど物足りん。

バイク 12km

| | コメント (0)

2016年6月 6日 (月)

9.2km/L

06061 白骨号にガソリンを入れた。詳細は覚えてないけど75Lくらい入って、車載の高性能計算機で計算したところ9.2km/Lと出た。この数値は遠乗りを一切せず、ホームセンターとかプールの往復にしか使わない環境下ではベストに近い数値。
 実は今回の燃費には少々興味が有った。何故なら新しくしたタイヤだけで走った初めての区間だから。通常なら近所を走るだけの場合で8.5km/L~8.8km/Lくらいの燃費に落ち着いている。長距離や高速とか乗ると10km/Lとか11km/L以上まで伸びるけど。
 タイヤが新しく成れば外径が増えるので距離表示は短めに成る。でも季節的には始動直後の燃料増量も少なくエアコンを使う事もほとんど無いよい時期。どうなるかな?と思っていたわけ。結果的にほぼベストの9.2km/Lが出てプロクセスの評価は更に良くなった。まあ1回の測定では誤差の成分が多すぎるけど、9km/Lを超えることは珍しい。
 絶対値的に「良い」と言えるほどの燃費では無いけど、4年目に成っても退屈せずに運転できる性能というか味わいとの相対的な値としては「悪くない」と感じる。同じ様な使用状況で比べてみると、排気量が2000ccしか無いランティスで10km/Lから11km/Lくらいだし、長濱のノアだっったかヴォクシーだったかは8.5km/Lとか。軽だけど某オリンピック選手のウェイクが18km/Lくらいしか走らんと愚痴を聞いたし、うちの軽トラはもう少し悪い。3200ccの排気量まで考慮すると大健闘かもしれん。
 ちなみに画像は白骨号が写っているだけで、今日の話とは全く関係なし。

 散歩は嫁さんが行くというので私は飯塚のプールへ。バイクとランはゆっくり楽に走る事が出来るのに、スイムだと何故ゆっくり楽に泳ぐことが出来ないんだろう?。そんなことを思って泳いでみた。
 以前はゆっくり楽に泳ごうとすると、腰や脚が下がった抵抗の多いフォームになっていた。今日は少しだけど水平に近いよい姿勢で泳げる瞬間が有ったような無かったような・・・。

スイム 1.6km

| | コメント (4)

2016年6月 5日 (日)

コイルが面白くなってきた

06051 5時台に目が覚めたけど外は雨。そんなに強くは無いけど事故とか故障が怖いので寝直すことにした。去年の今日だったか、ムキに成りすぎて前車に接触して落車・骨折したんだよなあ・・・と思いながら。

 昼過ぎまではポルシェ屋さんを往復してはCDIのトラブルシューティングをやっていたのだけど、結局原因が良く解らないままで終わってしまった。
 試験装置で問題なくて車載では問題が出る「事がある」。こう言うのは困る。困るというよりも試験装置とか試験環境が考慮している因子が不足しているという事だ。1、2点ほど思いついた事が有るので試験装置に組み込んでみようと思う。

06052  昼過ぎからは雨も上がってきた。バイクかランをやろうかな?と思ったけど、家の廻りの草が伸びてきたので草刈にした。嫁さんがまさお君でかなりの割合を刈ってくれて居たので、私は残りを手持ちの草刈機で刈っていった。
 草で埋もれていたアルファを引っぱり出してきたら、なんかエンジンから異音がする。補機類のベルトの辺りでエアコンのオンオフには関係ない。ちゅうことはエアコンプーリ、オルタネータ、パワステポンプあたりか。タイミングベルトのアイドラとかウォーターポンプだと嫌だなあ。
 結局晩飯前まで草刈をしていて、晩飯の後はトランスで遊んで1日が終わった。線を巻いたりコアを削ったりしていたら意外と面白い事に気がついた。
 コイルって私の頭では理解しがたい感じだったのと、自作とか改造の敷居が高い気がしていて嫌いな部品の一つだった。でもCDIをきっかけに突っ込んで触るように成ると、何となく突破口が開けてきた様な感じがしている。なんでもやってみるモンだ。

| | コメント (2)

2016年6月 4日 (土)

ワニス含浸機

06041_2 午前中はスイミング。終わってからはいつもの様に自主トレ。離れたコースでは強い人妻がガシガシ練習していた。帰るときに体育会系らしく「お先に失礼しま~す!」と挨拶したら「久しぶりに光安さんのクロールを見たら泳ぎが綺麗に成っていた」と誉められた。
 お互いに少しだけライバル視しているから、私も彼女の泳ぎを真面目に観察したりする。だからリップサービス的なニュアンスは少なくて割りと本気で言っているんじゃなかろうか。そう考えるとちょっと嬉しい。
06042  写真は今日の話じゃ無いけれど、最近追加した最新鋭のワニス含浸機に関して。コイルとかトランスを製作したり修理したりする時、必要に応じて巻線や保護テープの隙間にワニスを含浸して硬化させて固定する。でもその為には高価で大げさな真空含浸機とかが必要に成るから小規模での作業は難しい。
 そう言う事情から今まではワニスを塗りながら線を巻いていき、手をビチャビチャにしながらワニスを染みこませた保護テープを巻いていた。でも最近に成って機材が徐々に揃ってきたので含浸機のような物ができたという話。
06043  見た目は悪いけど性能的には大きな工場がやっている事に近い事が出来るように成った。含浸後の硬化もきちんと温度管理できる乾燥炉で処理している。こちらは越前会長の不法投棄品だ。ヤツも少しは役に立つ。
 ちゅうことで、ダイナモの巻き替えとか6Vから12Vへの変更とかの場合、今後は基本的にワニス含浸処理が出来るように成りました。全部をやる必要は無いと思うし、純正でもやってないコイルを結構見かける。でもやって置きたいと言う要求に応える事が出来るように成ったのは一つの進歩だと思う。

06044  4枚目は今回のダイナモの部品で痛んだフランジの合わせ面。既にヤスリで修正した後だけど修正前は叩いた所がボッコリと出ていた。どうして叩くかねえ・・・と思うし、どうしてもそう言う作業に成ってしまったとしても、合わせ面くらい修正してから組みなさいよ。と言いたくなる。。。と北海道の某整備士みたいな事を思ってみたり。

スイム 2.0km

| | コメント (3)

2016年6月 3日 (金)

DESTINY

06031 直方税務署から呼び出された。数億円の裏金が見つかったか・・・と内心ではビクビクしながらも、平静を装って白骨号で朝一に行ってきた。
 軽トラとポルシェで迷ったけどポルシェにした。この通り全ての業務はポルシェです。だからこれもアレも当然経費です。と言いやすい様に。
 内容は確定申告書の記載ミスで、188円の還付金が別表の○○には載っているけど、別表の△△と別表の□□と表紙に記載が無いと言う物。書き直すか又は還付金を受け取らない方法の2種類の対応を提示されたけど、188円が惜しかったので(笑)書き直して出し直した。
 何時も思うけど役所の中で税務署が一番好きだ。言うことが納得できるし対応がちゃんとしている。働いている人も仕事が出来そうな匂いがする。ここだけがお金を稼ぐ部署で、他は使うだけの人達だもんね・・・と再認識する。

 帰りにルミエールに寄って歯ブラシを買った。これからは1ヶ月に1本ずつ交換しようと思って取りあえず2ヶ月分を。実は前回の歯科検診の時に歯科衛生士のお姉さんから怒られた。歯ブラシを見せろと言われて3ヶ月間使った歯ブラシを見せたから。
 いつもは検診の前に新しいのに交換していた。でも前回の時は忙しくて交換する暇が無かった。歯ブラシのチェックもしますと書かれているけど、今までに一度もチェックなんかされた事は無い。今回も大丈夫だ。。。
 どうしてなの、今日に限って・・・頭の中でユーミンが流れた。

 今日の夜はトランスの本を読みながら100Wでエアロバイクを漕いだ。こう言うのは両方とも中途半端に成るから良くないのだけど、何となく気分転換にやってみたくなったから。予想通りに両方ともいい加減で終わってしまった。こうやって人生の時間を無駄に過ごすんだなと思う。

バイク 18km

| | コメント (2)

2016年6月 2日 (木)

飽和したっぽい

06021 昨日に続いてフェライトコアの話。スイッチングトランジスタを互換品に交換したところ、新しいほうのhfeが高めだったからかコレクタ電流が増えた。増えただけなら良い?のだけど、波形を見るとコアが磁気的に飽和したっぽい波形になっているのが気になる。
 この手の教育を受けたわけでもなく、この手の研究とか仕事を続けてきた訳でもない。見よう見まねでやっているから自分の見解に対して自分でも甚だ不安や疑問が有る(笑)。まあやってみよう、と言うことでギャップを増やしてみた。
06022  1次巻線に限定すれば、ギャップ0mmで500uHくらい、ギャップ0.6mmで純正相当の245uHくらいだった。これを1.0mm近くまで拡大して205uH辺りにしたのが2枚目の画像。何となく普通というか教科書的なRCC方式の波形に見えてきた。まあ良いんじゃなかろうか。ハハハ。

 今日は朝夕ともちゃしろの散歩をしたので、夜に成って風呂の前にエアロバイクを漕いでおいた。全然キツイ練習は出来てないけど宮島は何とか完走出来るかな?と言う気がしてきた。それまでに怪我とか故障をしなければ、だけど。

バイク 12km

| | コメント (5)

2016年6月 1日 (水)

フェライトを削る

06011 頼んでいたフェライトコアが来たので早速実験開始。コイルはあらかじめ同じ仕様で新規に巻き直してある。ボビンだけは流用だけど。そのコイルの中に修理した純正コアと新しいコアを交互に入れながら、各巻線のインダクタンスが同じに成るようにギャップを調整した。
 ギャップ部分の加工だけど、ドリル研磨に使っている自作のダイヤモンドホイール付グラインダを使った。案ずるより産むが易しとも言えるけど、端っこが直ぐに欠けて意外と難しいとも言える。まあ手作業でも出来ん事は無いと言うレベル。
06012  ギャップは純正と同じく0.6mmくらいにしたら丁度よいインダクタンスに成った。コアの材質が違うだろうからどうなるんだろう?と思っていたけど、磁気的な抵抗値を考えたら当たり前の様な気もしてきた。
 1Ωの抵抗に直列に100Ωとか110Ωを接続してトータル電流を調整する場合、元ネタの1Ωが2倍の2Ωで有っても調整する高抵抗の値には大差ない。桁違いに磁気抵抗の高いギャップを入れる場合には、元ネタのフェライトコアの材質は大して影響しないんじゃ無かろうか。まあ他の特性で問題が起こる可能性はあるけど。
 インダクタンス的に3個のコイルがほぼ想定通りに成ったので、高性能汎用コイル試験機に繋いで動作状況を見てみた。結果はオリジナルのコアとオシロの画面レベルでは違いが見つからない程似た動作波形が得られた。
06013  イイ感じだ。これでトランスまで死んだポルシェのCDIを再生する道筋が見えてきた。今回の例で行くと純正のコアは中央部の切り欠き部分で割れて居るのだけど、ほぼ同じ特性が得られるのなら振動の多い車載用としては切り欠きの無いこのコアの方が適している可能性も高い。
 調子に乗ってトランジスタを入手しやすい互換品に交換してみた。これはスペック的にも少し向上しているので修理交換用としても好ましい。しかし若干の問題が出てしまった。
06014  交換してコレクタ電流を測定すると最後の方でトランスが飽和している可能性が出てきたから。hfeが少しだけ高めなのでそのせいだろうか。この件に関してはまた別の機会に書いてみよう。

 夕方は飯塚のプールへ。日曜の練習会で不甲斐ない泳ぎだったので少し練習内容を見直してみようと思って。
 数年前に比べて25mレベルなら泳ぎは格段に綺麗に成ったと感じている。同じタイムを軽い泳ぎで出すことも出来る。でも長距離に成ると全然タイムが向上して居らず、特に骨折のブランクが有る今は昔より遅い。。。
 フォームの崩れを嫌って自己流の泳ぎ込みは避けていたのだけど、そう言う方面もやっていかないと長距離が泳げなく成りそうな気がしてきたわけ。

スイム 1.8km

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »