« それぞれの春 | トップページ | 不夜城への第一歩 »

2016年4月19日 (火)

ノーベル賞を体感しよう

04182  昨日の続きでちゃしろのフィラリア治療の件。実は病院に行く前に個人輸入でフィラリア薬を6ヶ月分買っていた。そして自分なりに調べて治療の段取りまで考えていた。

 自分で考えて居たのはこんな感じ。幼虫を完全に殺すには体重1kgあたり6ugのイベルメクチンが必要らしい。これを2ugにしても8割は殺せると。
 ちゃしろは罹患している可能性が高い。一気に幼虫が死んで毛細血管を詰まらせたりしたら困る。死ぬまでは無いにしてもショックが出るとオロオロしてしまうだろう。と言うことで少しずつ投与してみよう。
 2ugを基準にすると体重を18kgなら必要なイベルメクチンの量は36ugと成る。中型犬用は1ブロックに136ugなので1/4にすると34ug含有。一気に8割が死ぬと怖いので更に半分にして初回は1/8を投与。1週間くらいしてさらに1/8、さらに1週間で1/4を投与。あとは1月に1回136ugを投与で良くないか?。
 ネットでは危ないという記事が多いけど、定量的な話や自身が体験した例は皆無に近い。平成10年以前は国内でも一般薬だったという実績も有る。そんなに危険ならその時にもっと問題になっていただろう。ショックが出るとしても1%くらいの確率、死ぬのは0.01パーセントとかそんな線じゃ無かろうか?。
 農林省の副作用DBにも大した内容は出てないし、基本的にTVやネットで声高に叫ばれる内容は、今まで生きてきた経験から正しく無かった事が多い。まあいけるだろう。
 と言うのが自分の予定、でも実際には病院に行った。理由の70%は罹患しているかどうかを知っておきたく成った事。25%は何か有ったときに溺愛している嫁さんから殺されそうな気がしたこと。のこり5%は自分の考えに自信が無かったこと。

 で、病院の先生の方針は以下の通りで私が予定していた流れに非常に近く、話を聞いても納得できる事が多かったので任せた方が良いかな?と感じた。リスクの確率が自分でやったときに対してさらに1/100から1/1000くらいは減る様な気もした。
 段取りとしては、初回の診察では後ろ足?から血液を採って顕微鏡で観察。この時点でミクロフィラリアが居たので陽性と判定。これが2,000円くらい。
 次は「血液循環改善薬」と書かれた錠剤を10日間服用して準備。10日目が月曜の朝に設定してあり、病院に行ってショック防止の注射を1本、これはステロイド系か?。続いてフィラリアの薬を1本、これは後日投与と同じ薬剤と言われたのでイベルメクチンと思われる。10分くらい様子を見たけど何も起こらずに無事に初回の治療は終わり。
 2回目はまだだけど1週間後の月曜日の朝食で白い錠剤を飲ませる、これはステロイド系のショック防止(プレドニゾロン錠5mg)だと思われる。1時間以上間を開けて茶色いブロック状のカルドメックP136を与える。ここまでで5,000円くらい。
 3回目以降はカルドメックだけに成るらしい。これを通年で投与する事で幼虫を殺し続け、さらに成虫にも若干のダメージを与えて5-6年と言われている寿命が短くなる事を期待する。

 こんな感じの説明や治療を通じ、取りあえず陰性に成るまではこの病院に行って薬を貰ったり状況を判断して貰おうと思っている。通販で買って自宅で与えるだけに比べると面倒だし月に1,000円くらい高価に成りそうだけど、アドバイスや判断料と思えば高くない。
 本来なら薬が300円で診察料が1,500円とかの設定の方が正しい様な気がするけど、今の日本では形の無い物でお金を貰うのは難しい様に感じるから仕方ないだろうとは思う。
 で、余ってしまう個人輸入した海外版カルドメックだけど、捨てるのは勿体ないので自分で食べようかな?と思っている。人の疥癬治療に使うイベルメクチンの量は体重1kgあたり200ug。体重が55kgなら全量で11mgと成る。中型犬用は136ugなので私が1個くらい食べても何も起こらないだろう。せっかくのチャンスなのでノーベル賞を味わってみたい(笑)。

 ちゃしろネタで面白いビデオを撮ったので紹介したいと思う。
 dogs VS bamboo shoots (1)
 dogs VS bamboo shoots (2)
 dogs VS bamboo shoots (3)
 面白いと書いたけど、飼い主だから面白いと感じる訳で他人は面白く無い様な気もする(笑)。人の赤ん坊のビデオ見せられても面白く無いもんね。

バイク 12km

|

« それぞれの春 | トップページ | 不夜城への第一歩 »

コメント

タケノコを倒す犬なら、竹林の拡大に困っている人から、引っ張りイヌになりそうです。

イベルメクチンを飲んで体の虫が死んできれいな体になったら、花粉症になりますよ。

投稿: スパイクのいず | 2016年4月20日 (水) 12時13分

 裏山の筍、ちゃしろが既に5本くらい倒してくれました。確かに掘る犬よりも役に立ちます(笑)。

 そうか、その方面は考えて無かった。綺麗すぎる環境の子は喘息とかアレルギーとかアトピーとか起こりやすいのを実感してますから、寄生虫は大事にしたいなあ。。。

投稿: みつやす | 2016年4月20日 (水) 12時33分

虫は大切です。ダイエットしたい!
といって、回虫を自分から飼う?(実際は飲み込む)女性も居るくらいです。

新幹線・・・やっぱオカシイんでしょうか、遠賀川でドクターカーが留まってました。日本でも稀な機構で高さの変える橋がかかてる遠賀川。もう最近はあれだけ乗ってた新幹線に乗らないので関係ないのですが。

投稿: そクラテす@windows10 | 2016年4月20日 (水) 16時42分

 遠賀川ちゅうことは従来の線路ですね。こっちも結構揺れているので点検して居るんでしょうか。
 それにしても九州新幹線、橋脚のひびとかホームの柱の座屈とか、最新の設備にしては壊れ方が酷い様な気がしてます。

投稿: みつやす | 2016年4月20日 (水) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それぞれの春 | トップページ | 不夜城への第一歩 »