« ALBRECHT | トップページ | 講書始 »

2016年1月22日 (金)

1日400g

01221 ちゃしろが来てからもうすぐ1ヶ月に成る。そこで今日は彼の餌の量に関して考えてみる事にした。
 引き取りに行くまでは以前に飼っていた犬と同じように残り物でも与えたら良かろうと思っていたけど、保健所のお姉さんに「できるだけ栄養バランスを考えたドッグフードを与えてください」と言われて心変わり。
 まあ数世代で犬の体質が変わるとも思えんから残り物でも普通に育つと思うけど、ドッグフードという物を買った事が無かったので半分以上は興味から採用した。
 宗像のナフコには生体販売のペットコーナーまで有るけど、用品に関しては若宮のグッデイが凄い。そこで買った一番安いドッグフードがこれで8kgで900円くらい。美味しそうに食って居るけどお前の餌は安モンだ(笑)。
01222  最初の1回だけは測って体積と質量の感覚を検証したけど、2回目以降は感と食べっぷりや食べ残しの具合で量を調節してきた。体重は量ってないけど見た目は太っても痩せても無いしウンコの量とか硬さも変わりない。リードの引きっぷりも相変わらず強力で元気だ。
 1月15日くらいに最初の1袋目が無くなったので、8kgを約20日で消費した事になる。1日あたり400gの計算だ。体重が解らんけど中型犬の大きめと考えて裏の表をみていくと、まあ妥当な量じゃ無かろうか?、というのが今の時点の評価。
 食べ終わってもうちょっと欲しそうにしている事が多いので、もしかしたらもう少し増やしても良いのかもしれない。でもどちらかを選ぶとすれば過剰よりも不足気味の方が健康には良いんじゃなかろうか。
 今は別の種類の2袋目に入っているけど、そろそろ別の物も食わしてみようと思っている。おやつ的には色々与えているけど主食として残り物とか。

 右膝の痛みだけど少し引いてきた。喜ばしい事だけど今度は左の膝が少し痛い。ヤツの引きは強いからなあ。今日もグイグイ引かれて何回も転倒しかけた。しかも朝は2回もキチガイモードに成って困らせてくれるし。。。でも可愛いから許す。

バイク 15km

|

« ALBRECHT | トップページ | 講書始 »

コメント

 天草、はずれました。

別のとこ探します。

投稿: うづ | 2016年1月23日 (土) 08時54分

犬の本来の生活は「群れで大きな獲物を獲って食い溜めする」なので胃袋は比率的に大きいです。毎日ご飯がもらえる環境下で満腹していると確実に太ります、と本職が言ってみる。

投稿: 通りすがり | 2016年1月23日 (土) 12時01分

>うづ さん

 残念でしたね。取りあえず確実に出られる芦屋の練習会は如何ですか?。上位は天草と変わらないくらいレベルが高いですよ。

>通りすがり さん

 残すほどあげてはいかんと言う事ですね。じゃあ今の足りなさそうな顔つきが丁度よいのかも知れません。
 見た目では変化が有りませんが、もう少し落ち着くように成ったら体重測定してみます。

投稿: みつやす | 2016年1月23日 (土) 12時33分

犬や猫のペットフードで、廉価な良いモノはありません(断言)
本気の「安かろう悪かろう」ワールドです。
ちゃしろ君はまだ若いので代謝も良く、多少の悪い成分が入っていても
体力で何とかなりますが、小さい頃から食事には気を遣っておかないと
成犬以降に莫大な医療費がかかることになります。
市販品を信用できず、完全手作りのドッグフードを与えてる
友人もいますが、手間はかかるけど結局安くつく、とのこと、

獣医さんにかかる事態になれば、ごく簡単な検査でも1諭吉は飛ぶと考えてください
手術が必要な病気や怪我などは、数十諭吉越えはザラです、
人間が無保険10割負担で病院にかかるのと一緒です。

豆情報:
中~高級食である○イヤル・カ○ンは、今は良いですが
来年以降はやめた方が良いです
詳しくは「ロ○ヤル・○ナン 韓国」でググってください。

投稿: flhtc1340 | 2016年1月23日 (土) 13時45分

 ありがとうございます。留意しておきます。

投稿: みつやす | 2016年1月23日 (土) 18時25分

そんなに引きが強いのなら、季節柄、犬ゾリを作って引かせてみたらどうでしょうか。

投稿: スパイクのいず | 2016年1月25日 (月) 12時12分

 まさに今それをやろうと思っているのですが、子供が小さい頃に使っていたソリが出てこなくて。
 立っている足が滑るくらいなので、雪の上のソリなら絶対にスイスイ進むと思うのですが残念です。。。スキーにしようかな?。

投稿: みつやす | 2016年1月25日 (月) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ALBRECHT | トップページ | 講書始 »