« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

続・プチ量産とデスビ祭

 午前中はスイミング。今日は最初から最後までクロール系のドリルだった。プルは割りと良い感じで進んだと思うのだけど、キックのドリルが全然駄目だった。
 普通の板キックじゃ無くてお腹に抱えて腰を曲げて背泳ぎのキックとか、ビート板を縦に持って抵抗を大きくして?クロールのキックとか、もう虐めに近いようなドリル満載。ぜんぜん出来んかったので終わった後もムキになって30分くらいやったら脚がボロボロに成った。

10311_2  依然として私のことを仕事をせずに遊んでいると言う輩が居るので、定期的に仕事の証拠写真を掲載しておこうと思う。
 1枚目はドリドリ君関係のプチ量産で、これは旋盤の主軸に付けてインデックス用に1回転に1回のパルスと、速度制御用に1回転に30回だったか?の多めのパルスを取得する為の基板。
 最初は今とは違う基板を使っていたけど、NC旋盤も小型と中型の2機種が出来てきて世の会社並みに部品の共通化を考え、写真の新基板1種類で全部を賄う様に変更した訳。こうやって書くといかにも仕事をしているように聞こえるでしょ(笑)。
10312  次のは良くある同じ物が集まる「祭り」状態でポルシェ356用のディストリビュータが4台分。見た目は空冷VW用と同じに見えるけど、詳細を測定したら進角幅とか違うかもしれない。
 進角部が固着して動いていないヤツも有るので、取りあえずは正常な角度まで動くようにするのが先決か。
 気がついたのは軸のガタの少なさ。VWの場合は軸に少しだけガタを感じることが有る。でも今回の356用は4台ともガタが無い。356のオーナーはVWほどガンガン走り回らないと言う事だろうか。まさかBOSCHがVW用とポルシェ用で材質を変えているとは考えにくいし。

スイム 1.2km

| | コメント (0)

2015年10月30日 (金)

誰も止められない

10301 今日の事じゃないけど、連日報道される老人の暴走事故に絡んで思い出した我が家の老人の事でも。

 餅つきに来た人は知っていると思うけど、うちの裏の土地には温室の残骸がある。爺さんが盆栽?をやっていた時に作った物で、今は透明ビニールの替わりにブルーシートを被せて倉庫に成っている。
 そのブルーシートも数年でボロボロに成って破れ、その上に新しいシートを被せて補修する事の繰り返し。この秋の台風でボロボロに成ったシートがほぼ全部飛んでいって骨だけに成っていた。
 中に置いてあるのは腐った木の台とかガラスの割れたサッシとか、誰が見ても価値の無い物ばかり。横のキウイ棚と一緒にそろそろ骨組みを撤去しようと思って居たら事件が起こった。
 なんと爺さんが新しいブルーシートを買ってきて、下に脚立を置いて作業を初めてしまった訳、90歳の爺さんが。。。言っても止めるわけが無いし逆に文句を言われて嫌な気分に成るだけなので、落ちて死んでも仕方ないと思って見ないようにしていた。すると1週間くらいでここまで作業が終わっていてびっくり。年寄りの執念は凄いわ。

 宮崎の事故でも「法整備が求められる」なんてコメントをする人が居るけど、この手の年寄りは法整備をしようがサポートをしようが、全部お構いなしに自分のしたいことをするから無意味。そんな理想論を言うのは年寄りと暮らした事が無いか、極めて稀な模範的両親を持った人だけだろう。
 「老いては子に従え」と言う諺が有るけど、諺という物は過去の人間が「出来ないから頑張ろうね」と言う内容が書いてある。だからこの言葉からは、老いていくと我が儘に成るし若い者に迷惑をかけるのが自然な姿という事が読み取れる。
 さらにたちが悪いのは常に我が儘とかおかしい訳じゃ無くて、他人と話す時はまともそうな事を言ったりするから困る。普段はゆっくり運転する爺さんから車を取り上げるのは難しいだろうし、普段はきちんと挨拶する婆さんを施設に放り込むのも非人道的と言われそうだ。
 考えれば考えるほどどうしようも無い様な気がする。取りあえず罪なのは老人が長生きしすぎる社会だろう。その労力を幼くして亡くなっていく子供や障害者の救済に向かわせる方が何倍もまともだ。でも、今の日本は若者が選挙に行かず年寄りが選んだ年寄議員が政治をやっているから、当分の間は解決しないのも確かか。。。
 「他山の石」と言う諺もある。これを上記と同様に解釈すると、うちの爺婆を見ている私と嫁さんも、もうしばらくすると同じ様な事をする爺婆に成るという事だ。ハハハ、まいったか。

 脚が怠いから今日は何も無し。夕方も黙って仕事をしていた。

| | コメント (4)

2015年10月29日 (木)

ハートネットTV

10291 作業中の写真を取り忘れたので完成後の写真だけ。先日やったポルシェ911系のアナログ時計の修理。時計とか微妙すぎるし細分化した専門家の世界なので範囲外なのだけど、関係先から頼まれたので例外的にやってみた。
 構成的には4045?みたいな発振回路と多段のフリップフロップが入ったICに水晶を組み合わせた感じで、一定周期の正確なパルスを作る。そしてそのパルスで電磁石を間欠駆動してガンギ車に相当するギヤをコチコチ回す仕組み。その先は時計と同じで単なる歯車列。
 歯車に内部フレームの錆が噛み込んで居たので清掃と歯形の修正を行い、一部の電子部品を念のために交換したら動き出した。今回は修理できたけど時計の歯車は繊細すぎて嫌だなあ。

 夕方からランニングして帰ってきたらシャワーを浴び、晩飯を食いながら国谷さんの番組を見て、引き続き教育に切り換えて「ハートネットTV」を見た。ブラインドランナーの道下さんが生出演するとメールが入って居たから。
 道下さんは相変わらず綺麗な人だった。一番表情を作る目に障害が有りながらクボジュンに負けてないのは凄い。しゃべりも良い感じで学生の頃はモテモテだったと言うのが良く解る。本題と関係ない所ばっかり見とるな・・・。
 江口さんも録画で出てきて何か(笑)喋っていた。癖の強い変なオッサンだけど、何か協力できる事が有ったら出来る範囲で手伝おうと思う。面倒くさいけどちょっとだけ興味がある人は「いっしょに走ろう」と言う本でも買って読んで下さい。印税で少しはサポートに成るかもしれんから。
 その後はお台場のトライアスロン日本選手権に切り換えた。上田藍は背が低くて脚も短いのにランが圧倒的で凄かった。野口みずきの走りがダブってきたけど、小さい人間はああ言う方向に持っていかないと戦えないのかな?と考えてみたり。
 途中からなのでバイクとランしか見てないけど、川口綾巳チャンがチラチラ映っているのが見えた。ときどき一緒に練習する選手が映ると何か嬉しい。彼女も骨折から復活した。今日の夜は少しだけモチベーションが上がった。

ラン 11km

| | コメント (3)

2015年10月28日 (水)

RSの箱が変わった

10281 昨日だったかRSコンポーネンツの箱を受け取って形が変なのに気がついた。さらに上のシールを剥がしてみるとガムテープは使って無くてワンタッチで蓋が開いた。うーん。
 上のシールは少し前に変わっていて剥がしやすく成っている。今回の箱の変更は更に改善を進めてガムテープを無くしてシールで兼用した感じだ。
 その部分はまあ解るし開ける方も便利になった。でも解らないのは側面形状が逆台形に成ったこと。段ボールの展開形状は複雑に成るだろうしコストもアップしそう。何の目的が有るのだろう。
 商品を投入しやすい?、穴の空いたコンベアにスポッと挿入する?、何かの自動化に必須の形状?、箱メーカの営業に半ば騙された(笑)?。解らん。
 そう言えばMonotaROも一時期凝った箱で来ていたけど、最近は昔ながらの箱で来ることも有る。こっちも良く解らん。

 夕方からは飯塚のプールへ。まだまだ肩の可動域拡大と末端付近での筋力強化を考えて泳いだ。泳いだと言うよりもリハビリを行ったと書いた方が良さそう。
 次男が彼女と別れたというニュースが飛び込んできたので受付のオネエサンの次女を予約しようと思っていたのだけど、今日はオネエサンがお休みで居なかった。まあこう言うのも含めて縁というのだろう。我が家のDNAは繋がっていくのか??。

スイム 1.0km

| | コメント (3)

2015年10月27日 (火)

プチ量産と修理

10271 最近の日常はこんな感じ。取りあえずメインの作業としてドリドリ君関係のルーチンワーク。一番小さいのは外注に出すと赤字に成ってしまうので、自分で時間を作ってシコシコ作るしかない。
 でもこういう作業ばかりを続けていると気が滅入ってくるので、山仕事をしたりして気晴らしをしたり別の仕事をしたり。
 最近は丁度よい割合でボルシェとか旧車の仕事が入ってくる様に成ったので、これもある意味気晴らしに成る。根を詰めると気晴らしに成らんけどね。
10272  やりかけだったポルシェの3ピンCDIの部品が来たので、夕方から仮組して放電試験をしてみた。各部の波形とか電圧とか見ていくと正常な感じなので、晩飯の前から連続放電で熱的な安定性の試験中。
 このCDIが要求する入力はポイント相当の接点が開閉する信号。それに対してうちの任意波形発生器は50Ω出力なのでそのままじゃ繋がらない。と言うことでオープンコレクタのアダプタを急遽でっち上げた。
10273  使ったのはNchのFETだから正確にはオープンドレインと書くべきかもしれない。まあ意味は解るから良いでしょ(笑)。
 エンジン回転数で4000rpmに相当する入力にして4時間くらい放置しているけど変化は無い。まあ行けそうな感じだけど最終的に組み上げたらドライヤでもう一度加熱して試験しておこう。
 回路を見ていて気がついたのは3ピンタイプは筐体をアースする必要が有ると言うこと。コネクタにアース端子が無いのだ。
 この筐体には雌ネジ穴は有ったけど端子が付いてなかった。車体への固定でアースされるとは思うけど念のためにビスとアース線を追加しておいた。ポルシェのアースは茶色だけど茶色の線が無かったので黒を使っている。こんな仕事が続くなら茶色の線も買っておこう。拘る人は気になると思うし自分で作業結果を見ても美しく無いと感じるから。

 昨日の筋肉痛がはっきり有るのと、午後は雨が降り続いているのでトレーニングは無しにした。歳なんだから無理せずにダラダラ行こう。

| | コメント (0)

2015年10月26日 (月)

膜厚計復活

10261 日頃の行いがよいから神様が味方してくれて膜厚計が復活した。実際は液をお湯で洗って、腐食物を削り落として、腐食した部分にさび止めを塗って、最後に電源線を引き直しただけ。電池は入手性と使用時間から単三型に変更した。
 使い方が良く解らんかったけど、現行機種の取説を見ながら色々やってみたら解ってきた。単純にメータの左側と右側の2点でレンジを調整してから使うだけの話。
 1mmの廃材が有ったので表面を軽く磨いて0mmの基準として採用。コピー用紙が500枚で50mmだから1枚0.1mmとして2枚重ねで0.2mmの基準として採用。この2種類で調整をして家の車の塗膜厚さを測ってみた。
10262  白骨号は同色に塗り足してあるから塗膜が厚すぎてほとんどの所でmax.の300umを超えてしまう。塗ってない?ボンネットだけ200um前後という感じ。
 アルファは全ての箇所で300umを超えて測定不能。旧塗装の上にサフェーサから上塗りまでやったから当たり前か。MINIはほぼ全体が150umから170umくらいで綺麗に測定できた。
 もう一つ上のレンジが200umから5mmまでなので、200umと3mmくらいの基準板を用意してそちらで白骨号とアルファを測定してみよう。

 夕方からはランニング。少し肌寒い感じがあったけど半袖短パンでスタートした。ぎりぎりこの服装で良い感じ。次回からは薄手のタイツにしよう。
 最近は走り終わった後でハムストリングスが怠くなる。今までは大腿四頭筋の方に疲労感を感じていたけど少し変わってきた気がする。渋井の走りから福士の走りに変わってきたのか?。

ラン 11km

| | コメント (0)

2015年10月25日 (日)

♪オープンカーの屋根はずして かっこ良く走ってよ♪

10251 天気が良い。嫁さんがアルファで買い物に行こうというので一緒に出掛けた。気分だけは江口・森高夫妻だ(笑)。衣料品なら絶対に付き合わんのだけど、今日は肉を買いに行くから喜んで付いていった。
 実は先日商品券を2万円分貰っていて、それが直方の商店街と明治屋産業くらいしか使えないヤツだったわけ。じゃあ2万円分肉を食おうという話に成って今日の買い物に成ったわけ。
 高級品なら2万くらい直ぐだろうけど、高級品は怖くて買えないし育ちが育ちなので油か肉か解らないようなヤツよりも、ガシガシ咬んで肉の味がしてくるようなヤツが好き。と言うことでそんな肉を2万円分買うと結構な量に成ってしまった。
10252_2  帰って昼飯を食い終わったタイミングで変な親子が坂を上がってきた。見ているとトランクから自転車を取り出して組み立て始めた。どうも子供の自転車らしい。
 今風の軽量アルミかカーボンフレームだろうと思って見ていると、細身で古典的なデザインのフレームで驚いた。変な親だから子供まで変な趣味に走ってしまった様だ。可哀想に。。。
 背が高いから雑誌で見るようなプロポーションのフレームとサドル高さ。残念なのはコンポが今風のデザインで細身のクロモリフレームには合わない感が有ること。2世代くらい前のティアグラとか似合うんじゃ無かろうか。

10253  午後は少し離れた土地をユンボで整地したりチェンソーを持っていって枝を切り刻んで薪にしたりと良く働いた。今日の晩は午前中に買った肉を食うんだから、テキサンのレッドネックに成ったつもりでガンガン肉体労働した。靴はカーボーイブーツじゃ無くてアシックスの安全靴だったけど。
 全身が適度に疲れた状態で晩飯がスタート。気分はテキサンだからTボーンステーキから焼き始める。しっかり焼いてバーベキューソースを塗りたくって食う。なかなか幸せだ。
10254  普通の焼肉サイズも買ってきたけど、ネタで買ったでっかい肉の方が美味しい気がする。外の焼け具合と中の肉汁の保持具合の関係だろうか?。まあ気分の問題が8割とは思うけどね。
 肉体労働をして晩飯には噛み応えのある肉をガンガン食べた。気分はアメリカの田舎者だ。今日の夜はユーチューブでTractor Pullingでも見て盛り上がろう。ジムがお土産に持ってきてくれたMassey Fergusonの帽子を被って。

| | コメント (4)

2015年10月24日 (土)

膜厚計は液漏れグダグダ

10241 昼間はドリドリ君の基板を作り、疲れたら近所の土地をユンボで整地。そんなことをしていたら直ぐに暗くなって1日の終わり。
 マグネトーもCDIも一部の特殊な部品が来てないので作業は保留。と言うことで今夜は膜厚計の修理でもしてみることに。
 取りに行ける範囲のガラクタ屋をヤフオクに見つけ、その商品一覧を見ていたら1500円の膜厚計を発見。最近よくある液晶表示の一体型じゃ無いので修理できるかも?と思って落札。それの裏蓋を開けてギャーッという所が今日の話。
10242  絵に描いたような液漏れが起こっている。これはたぶんアルカリ電池をいれたままにしていたんだろう。理屈は解らんけどアルカリの方がマンガンより相当漏れやすい。
 電池ケースは直ぐにゴミ箱に捨て、恐る恐る反対側の回路を覗いてみた。日頃の行いが良いから電解液は基板まで達して居らず、パネルの縁まで回ったところで息絶えていた。
 このまま紙ヤスリで削ったりしても絶対に後で錆びてくる。今日は関連部品を全部お湯でしっかりと洗った。このまま乾かして明日は電池の配線でも交換しよう。このままだと配線を伝って腐食が基板まで来てしまうから。

 午前中はスイミング。前半の平泳ぎは難しいしキツイしでヤナ感じだった。出来ない私が悪いのだけど。4泳法の中で平泳ぎが一番難しいし、ちょっとのことで全く進み方が違う。メチャ難しい。後半のクロールのキックで進みが良かったのが救いだ。
 夕方はMTBに少しだけ乗ってみた、ユンボで整地した土地の中をグルグルと。ほぼ平地にしたつもりだけど、ボーッとしているとキャタピラの跡などに引っかかって転けそうに成る。再骨折の確率が下がってきたのだから、少しずつこういう状況でも乗っていこうと思う。

スイム 1.0km
バイク 3km

| | コメント (0)

2015年10月23日 (金)

ポルシェの3ピンCDI

10231  数日前に悩んでいたポルシェの6ピンCDIだけど、実測値を元に少しだけ手直しをしたら動くように成った。今後は車体に装着状態で測定が基本やなあ・・・とは思っても、単体で入ってくるのが大半だから仕方ない。6ピンと8ピンに関してはほぼ把握出来たのでよしとしよう。
 そんなことを思っていたら3ピンタイプのCDIが入ってきた。これは確かタイミング信号がピックアップコイルじゃ無くてポイントのタイプだったはず。と言うことはコイルの出力インピーダンスとか考えなくて良いから少しだけ楽かも。
10232  調子が悪いという事でコイルもセットだったから組み合わせて試験をしてみた。取りあえず火花は出るけどコイル出力端子の沿面放電が凄い。
 スパークギャップを大気圧で10mmも離すとコイル側で沿面放電する。カーボンで真っ黒に汚れて居たから掃除したらだいぶマシに成った。写真は掃除後でスパークギャップが15mmくらいで沿面放電を始めた時の写真。20000V位だろうか。
10233  ちょっと低すぎるような気もするけど、これにゴムのキャップが付くから取りあえずこれで使って貰おう。雨の日とか夜に火花が見えるようならコイルも交換だ。
 2枚目はチャージ電圧の実測値。ピークで450Vくらい出ているのでDC-DCコンバータ部分は動いて居る。でも30分くらいで調子が変わるらしいので熱安定性を要チェックだ。

10234  3枚目と4枚目はでっかいツェナーダイオードの降伏電圧を測定しているところ。見た目で10Wくらい有りそうなので、高圧電源を60mAくらいのCCモードにして確認。
 これはDC-DCコンバータの1次側電圧のピーク値をクランプしていて、ここが85Vくらいにクランプされると2次側が無負荷で450Vくらいに成る。巻線比が5.3くらいか?。
 BOSCHのCDIはこんな感じで確認したり修理したりしているけど、見ての通り部品がデカイし電圧も高いので作業がとっても怖い。電流が低いから簡単には死なんと思うけど、びっくりして手の骨を折るくらいはあるかも。

 夕方からはMTB。いつもの山道に行ったら脚が凄く怠かった。自分の感覚に素直に成ろうと思って山道は直ぐに止めて平地の舗装路へ。ランニングコースに近いコースをぐるっと回って帰ってきてお終い。
 息子のMTBに付いているタイヤは凄い。ブロックパターンなのに舗装路でもスイスイ走る。ブーンという音もほとんどしない。古いクロモリMTBに付けているタイヤと偉い違いだ。

バイク 10km

| | コメント (3)

2015年10月22日 (木)

血筋より実力

10221 家系図がだいぶ出来てきた。直系で取れる戸籍は限られているけど、それでも仕事のついでなどに他の市町村の市役所を訪ねて増強した成果。
 ここまで作って良く解らん繋がりなどを爺さん婆さんに聞いてみると、今では信じ難い様な話が色々出てきて面白い。
 一番違うと感じるのは「家」に対する思いの違い。「家」の定義自体が難しいのだけど、100年くらい前の光安家ではDNAの繋がりよりも「この地で共同生活をしている仲間」と言う意味の「家」が重視されていた事が覗える。もしかしたら「仲間」じゃ無くて重要なのは「土地」かもしれない。

 二つほど例を挙げると、子供が生まれない嫁さんと離婚して別の女性と結婚し、それでも子供が生まれなかったので自分の妹に養子を連れてきて、妹を自分の娘として次の代としてみたり、息子が居るけどパッとしないから商売を継がせる訳には行かず、養子を迎えてさらにそれに嫁を取らせてそちらに家を継がせた等々。
 前者は女性側でDNAの繋がりは有るけど、一番偉くて権力を持っていた家長はDNA的には他人。さらに後者なんてDNA的に繋がっている実の子よりも、全く繋がりの無い他人に家業を継がせている。
 婿養子は昔から今まで聞く話。これは他所の優れたDNAを持つ(と思われる)男に娘を嫁がせるよりも、この土地に拘ってよその家が放出しても良いと判断した(ナンバー2以下の)男を迎える方を選択したとも言える。
 でもナンバー2の意味は出来が悪かったと言うよりも、時代背景的に長男じゃ無かった程度のモンじゃなかろうか。事実、光安家に養子に来た人は村長にまで成っているし、7人の子宝に恵まれて一時的に8人目の養子まで抱えたりしている。「家」的には大成功の養子縁組だ。
 もう一個の自分のDNAを排除してしまった方だけど、この行為を婆さんは「いりこいりよめ」と呼んでいた。こういう言葉が存在する程度には行われていた行為らしい。なかなか面白い。昔は意外と実力主義だったという訳か?。

 順番的にランニング。具合よく脚の筋肉が回復していたのか今までで一番ペースが速かったような気がする。測定していないから本当のところは良く解らんけど。
 そう言えば若宮IC横のホテルから、それっぽい恰好の女性が3人出てきた。ウインドブレーカに底の薄いランニングシューズ。明らかに日曜日の駅伝に参加する実業団選手達だ。

ラン 11km

| | コメント (8)

2015年10月21日 (水)

秋のメグロ祭

10211 我が社では定期的に意図しない祭り状態になることが有るけど、今は「秋のメグロ祭」が絶賛開催中。
 メグロは偏屈な爺さんが所有する古い国産オートバイで、ほぼ全ての時間を機関や電装品の重整備で消費する事を旨とする・・・。古くは悪魔の辞典、最近ならアンサイクロペディア風に書くとこうなる。 オーナーの人御免なさい(笑)。
 まあそう言う人ばかりじゃなくて、、右上に写っている様に半導体式のレギュレータを付けたりして実用的にガンガン走る変態爺さん?もたまには居たりする。更に症状が進むと汚いケースの中に半導体式を入れるような重傷の人も。
 面白いのは制御方式がグチャグチャだった事。レギュレータは全てフィールドコイルのマイナス側を制御するタイプだけど、ダイナモの方はプラス側を制御する結線の物があったり、3ブラシ式でカットアウトリレーだけと組み合わせる事を想定した物も有った。
 歴史の長いオートバイなので、過去の整備で色々な事が行われて居たことは容易に想像できる。この手の充電系を見るときは、必ず発電機とレギュレータをセットで見ないと駄目だなあ、と再確認。もっと言えば車体側のハーネスもどうなっているか解らないから怖い。

 ドリドリ君のキット梱包とかハーネス作製ばかりやっていたので、メグロの方は簡易的なチェックを半分くらい行っただけ。この手の作業は部品の入手とか製作とか有るので、並行作業でボチボチやるしかない。
 夕方からは飯塚のプールでリハビリスイム。今日は何故か人がメチャ多くて1レーンに3-4名が泳いでいる状態。ガンガン泳ぐ練習はしないので丁度よいけど、すれ違う人と手が当たると肩に激痛が走るのでそれだけは怖い。
 受付のオネエサンと武友さんの話をしてから帰った。オネエサンと書けとプレッシャーをかなりかけられたので今後はそうやって書こう。物書きの良心が痛むが(笑)。

スイム 1.0km

| | コメント (5)

2015年10月20日 (火)

線輪を除去

10201 ルーカスのマグネトー、今日は夕方から少し時間が取れたのでコイルの線材を撤去した。古い文献だと「線輪」と言う言葉が使って有るけど、これはそのままの漢字なので最初に見たときから解った。
 驚くのはこんな複雑な構造なのに薄い板を積層して形状を作り上げて居ること。別の見方をすればそのくらい鉄損に関して考慮する必要が有るという事だ。
 渦電流とか鉄損とか言葉では知っていても定量的にどの程度の重要度なのか解りにくい。この手の事を大学で勉強したとしても、卓上の学問だけでは現実が見えない。それに対して現実世界の部品は性能やコストの狭間で揉まれて出来上がっているわけで、それぞれの要素をどの程度重視すべきかが一目瞭然で解るところがすばらしい。
 気になるのは板を束ねる為に使ってある太いピン。かなりの面積を占めているのだけど損失が気になる。なにか特別な材質が使ってあるとか、部分的に絶縁してアーダコーダとか、興味深い話が有るのかもしれない。

 コイルほぐしに熱中してしまって気がついたら薄暗く成っていた。仕方ないから家の廻りをMTBでグルグル回っただけで今日のトレーニングはお終い。

バイク 2km

| | コメント (5)

2015年10月19日 (月)

ランティスのリコール

10191 数日前の報道で知ったのだけど、我が家のランティスも目出度く?リコールの対象と成った。画像は1996年の正月帰省時の物だけど、この2-3年前には買っていた気がするから良く辛抱したものだ。
 内容はイグニッションスイッチのグリスの量がナンチャラカンチャラで、最悪の場合には発火の恐れが有るというもの。これだけ年数が経っていると油っ気も飛んでカサカサじゃ無いか?と思うけど、マツダが交換すると言うなら交換して貰おうと思う。
 これに関連して思ったのは接点グリースは可燃性なのか?と言う事。タミヤの接点グリースとかタイホー等からも出て居て、この手の接点を分解した時には再塗布している。そして結果は非常に良いのだけど今回の様な可能性があるのだろうか。
 ああ、それを思ったらバッテリー端子には明らかに可燃性の普通のグリスを塗るなあ。そしてたまにはバチバチ火花を飛ばせながら脱着までする。そう言う事による火災も年に1件くらいは起こっているのかもしれない。

 夕方は近所の山をMTBで走った。全開よりも1段だけギヤを重くしてみた。漕ぐのは明らかに重くなって速度は落ちた。競技には最適じゃ無いけどしばらくこれで行ってみよう。
 近所で薪ストーブを使っている人にあったので、薪のこととか薪割り機の事をしばらく話した。私が骨折していた事を知らなかったようで、バンドをして散歩をしているのは「大リーグボール養成ギブス」的な筋トレ器具だと思っていたらしい。これを言われたのは二人目だ。

バイク 5km

| | コメント (5)

2015年10月18日 (日)

分解だけやった

10181 午前中はバイキング練習会へ。先週に引き続きバイクは不参加で後半のランだけ参加した。内容は先週と違っていて本当のジョグだったので、最後まで話をしながら走ることが出来て楽だった。
 こんな感じで秋冬と過ごしていき、徐々にバイクも乗れるようになったら良いかなと言う感じ。北九州マラソンに2名も合格していてちょっとだけ嫉妬。

 今日の午後は部落の草刈が有るので、その合間の僅かな時間にルーカスのマグネトーを分解してみた。初めて分解する機械なので壊さずに分解できてほっと一息。時間が無かったのでアイソメの展開図みたいなモンも書いて居らず、忘れないうちにそれだけでも作っておかないと後で困る。

 15:00からは部落の草刈。今年は草の量が多いと言うか草の丈が高い気がする。夏の間の気候のせいだろうか。最近も晴天続きで天気が良いからなあ。
 終わってからは組合長の家の軒下で飲みが始まる。だいぶ慣れてきたけど基本的に飲まんし年上の方々の有りがたいお話を聞き続けるのは楽しくない。さらに一部のおかしな人が騒ぎ出すと苦痛でしかない。
 まあどこに住んでいても色々な事は起こる。肉体や頭脳も甘やかして居ると劣化するけど、精神に関しても同じ様な事が言えるんじゃ無かろうか。同世代の同じ感性の人とだけ付き合っていると楽だけど、楽をすると精神がだらけてしまう様な気がする。
 新興住宅地で同じ様な家庭とだけ交わって子育てをすると、偏った精神の子供に育つんじゃ無いか?と昔考えて居た事が有ったけど、それに通じるような気がしないでもない。

ラン 12km

| | コメント (2)

2015年10月17日 (土)

接地電極はプラスかマイナスか

10171 今日の夜は机の上にこんな機械が置いてある。ルーカスのマグネトーで2気筒用らしい。確かにプラグコードが2本出ている。
 火が出ないらしいけど直ぐにバラバラにして生きている細い線を引きちぎったりしても困るから、取りあえずAssyのママで軸を回転させたり測定器で測定したりして雰囲気を掴もうという段取り。
 手で回しても火花は出ない。思い切って指で触ってみてもビクッとも来ない。機械に付けてもう少し高速で回してみても変わらない。
10172  やっぱり何処かおかしいなあと思いながら、1次側と2次側の抵抗を測れる範囲で測ってみたり、プラグコードの電圧をオシロで測定してみたりした。
 2枚目と3枚目の画像から解るように、1800Vくらいの電圧は出ていた。でも出力インピーダンスが凄く高いのか指で触っても何とも感じない。私が鈍いだけか?。
10173  何らかの修理が必要な事は解ってきたけど、それ以前に気がついたのは左右気筒の極性が逆だったと言うこと。言い換えると右気筒はプラグの中心電極がプラスだけど、左気筒はマイナスが印加されていると言う話になる。
 これはそれぞれの気筒がアースに対して点火を行うので、良くある「同爆コイル」の様にお互いのプラグを経由して点火している訳じゃ無い。でも関連する2気筒でプラグの点火極性が違う事に関しては一緒。
 構造的に考えてみれば内部が2極のマグネトーの場合、こんな感じで電圧を取り出せば逆極性に成るのは当然の事。でもそれに関してあまり見聞きした記憶が無いのは何故だろう?。「同爆コイル」に関しては逆極性に成るから厳密にはプラグの消耗度が違う等の記述を目にする事が有るのに。
 昔はプラグの汚染などが激しくて、極性の違いなどに依る消耗度の差が気になるほど使い続ける事が無かったからかな?とか考えて眺めていた。

 午前中はスイミング。今日は難しいドリルが多かったので終わってからもイマイチ達成感のような物を感じられなかった。キツイ練習の時と真逆の反応だ。
 良かったことは左腕が痛いので力で処理しようとせず、全体の抵抗を感じたり腕の動きに敏感に成っている事。この状態で冬を過ごして行き、春頃からパワーを加えていってもう一段上に行ける・・・かな?。

スイム 0.8km

| | コメント (2)

2015年10月16日 (金)

CR2354

10161 頭の痛い案件が沢山詰まっているのだけど、今日はそのうちの一つが片付いた。それだけで気分が少し良くなるから人間なんて本当に気分の生き物だと思う。私だけか?。
 基本的な忙しさは解消されて無いのだけど、気分が良くなったので昼飯の後でオシロの修理をした。これは先日から悩んでいるポルシェターボのCDI修理で使っていたのだけど、或るタイミングで起動できなく成っていた。
 たぶん電源のコンデンサかバックアップ電池だろうな・・・それしか修理できんけど(笑)。と思いながらネジを2個外してケースを外し、ネジを1個だけ外して電源ユニットを取り出した。毎回感じるけど見事な筐体設計だ。
10162  電源は見ただけでは異常なし。ピン配置を調べるのが面倒だったので試験はせずにバックアップ電池のチェックに移った。こちらは搭載状態で電圧が2.44Vくらいしか無い。こっちの方が怪しいので交換することにした。
 苦労して外した電池は見たことが無い様な大容量リチウム電池。型番は「CR2354」だったと思う。2段重ねで6Vかと思ったけど違っていた。
 こんなのは直ぐには入手できそうに無かったので、手持ちの電池ケースとCR2032を装着した。あとはセルフチェックとかセルフキャリブレーションをかけたけど全てOK。容量比で計算すると2-3年しか持たんかもしれん。まあいいか。秋月の円筒形でリード線付のデカイのを買いだめしておけば良かった。

 夕方からはMTB。やっぱり1時間は無理で50分くらいしか乗れない。いっそのこと16:00頃から乗って返ってきてから仕事にするか。でも晩飯前はやる気が出らんだろうなあ。食後のコーヒーの後はやる気が復活するんだけど。

バイク 5km

| | コメント (4)

2015年10月15日 (木)

悩み中

10151 ポルシェターボのCDIで悩み中。テスト装置ではガンガン火花が出るし車体に付けても始動性は良い。でも全然吹け上がらない。
 そう言う話を聞いて悩んで居たのだけど、今日はたまたま近くの鈑金工場にその車が入っているという話を聞いて実験に行ってきた。CDIを交換してみると確かに吹けない。今までは話だけだったけど今日は自分で体感できた。そしてその時の波形とチャージ電圧を簡易的だけど測定できた。
 良く解らんけど何となく解ったような気もする。でも別件が忙しかったのでCDIは横においといて、晩飯の後に成ってようやくゴチャゴチャ弄り始めた。昼間の状況を頭に再現しながら回路図と基板を眺めながら。
 確定じゃ無いけど一つだけ思いつく事が有ったので、その対策だけして今日はお終い。明日は少しだけ鈑金屋さんに寄って再試験をさせて貰おう。手元に車体が有って時間も十分に有れば解明できると思うのだけど、まあそんなに世の中は甘くない訳だ。
 上手く行くといいなあ。。。

 バタバタしていて気持ちが落ち着かないのだけど、そう言うときこそ身体を動かして人間モードから離れるべきだと思う。そう言う屁理屈を考えながら17:00には仕事を止めてランニング。
 西中まで行ったら調子が悪くは無いので裏の峠に回った。まあまあの感じで倉久をぐるっと回るコースで帰ってきた。春までは速度とか距離には拘らずに、フォームとか力を入れるポイントとかに注意して走るつもり。

ラン 11km

| | コメント (5)

2015年10月14日 (水)

肌の色で決めつけちゃいけない

10141 ここのところ続いているポルシェ964のエアコンブロワモータの話。このモータは車体の左右、すなわち運転席と助手席の前に1個ずつ装備されているのだけど、理屈っぽいドイツ人らしく回転方向が逆に成っている。要は車体中央に線を引いて対称な形にしているわけ。
 ダクトの形状を対称にしたら、中のファンとかモータの回転方向も反対にしたくなる気持ちはわかる。でもマクラーレンじゃないから運転席は非対称な位置に有るしその他の機器も完全に対称な訳じゃ無い。でもドイツ人は対称に拘った(笑)。
 で、ドイツ人技術者はフールプルーフとして左右のファンの色を変えている。白が左で黒が右だったか、逆だったかもしれん。パーツ屋とかポルシェ屋の説明にもそのように書いてある事が多い。今日の今まで私もそう思っていた。
 ところが、上の写真を良く見て欲しい。特に向かって左側の二個を。同じ白いファンなのにねじれ方向が逆に成っているのだ。「こうである」を証明するのは難しいけど、「そうじゃない」のを証明するのは比較的たやすい。「そうじゃない」例を1個で良いから準備すれば良いから。
 どういう事なんだろう。初期の製品は白と黒に色分けされていなかったのだろうか。取りあえず肌の色で先入観を持ってはいかんと言う事を学んだ。

 どうしようか迷ったけど、数日前からスイムというかトライアスロンにライバルが増えたのでプールに行くことにした。彼はある意味その世界の人なので手強いだろう。
 数本泳いだら同じコースに武友さんが入ってきた。彼と会うことは良くあるけど時間が被る事は凄く珍しい。今日はほぼ同じ時間帯を一緒のコースで泳いだ。
 でも速さが全然違うので私は間に適当に入って泳いだだけ。特にドリルをするわけでもなく、肩の可動域を意識しながら全体的な身体の位置を確認して泳ぐイメージ。

スイム 1km

| | コメント (0)

2015年10月13日 (火)

再含浸

10131_2 ポルシェ964のエアコンブロワモータの続きでブシュの細かい話。音が気になる用途では転がり軸受よりもブシュを使い続ける方が良いかな?と思っていて、再生とか新作を試みている。その一連の作業の中で潤滑油の再含浸に関して。
 複数の種類が使ってある可能性もあるけど、うちで分解した物は全て鉄系の含油軸受けが使われていた。そして全ての軸受内径が「小さく」成っていて油が「切れ」て居る。
 この状態を通り越すとガタガタになって再製作に成るけど、その手前の状態なら内径を適正値まで再加工して、潤滑油を鉄の固まりの中に染みこませる事で再生することが出来る。完全じゃ無いと思うけど10万払うよりは良かろうと思うし、鋳鉄の歪みとりみたいなモンで修正後の方が新品よりも今後の変形が少ないかもしれない。
10132  で、潤滑油の再含浸の話だけど、真空含浸機とかホームセンターには売ってないしヤフオクに中古が出てくる訳でも無い。仕方ないから機械から自作する事になる。
 安物中国製真空ポンプだとか、ジャムの空き瓶だろうとか言ってはいけない。修理や改造が楽なように敢えてプリミティブな構造にしているのだ(笑)。
 実際に動作を見ると感動的ですら有る。磁石が着く鉄の固まりから、ぶくぶくと際限なく泡が出てくる訳だから。この状態が10分以上も続くのを見ていると、多少のメカニズムの違いを乗り越えて今まで信じられなかった水素吸蔵合金の事が信じられる気分に成ってくる。

 夕方からは近所の山をMTBで走った。最近は日が暮れるのが早くて1時間乗るのが厳しい。関東の人は17:00の段階で既に薄暗いかもしれないから、それよりは恵まれて居るのか?。

バイク 5km

| | コメント (8)

2015年10月12日 (月)

フラップモータに深入りしすぎた話

10121 今までポルシェ964のエアコンフラップモータに関しては、修理に関して装着上の注意点などを書いてきた。今日はその続きでそこまでやらんでも良いような、かなり深入りしすぎた話。

 これもブロワモータと同じくかなり高価。いくらお金持ちでも「1個が6万のモータを5個交換です」と言われたら気持ちがブルーにも成るという物。と言うことで程度の悪い物でもできるだけ修理できるように日夜研究を続けている(笑)。
10122  そのおかげでフラップモータに関しては次のステップに進むことが出来た。一つは摺動するブラシの焼損に関してで、1枚目の画像の様にリン青銅の薄板で摺動子を作って試験している。割りと具合が良いので少しだけ改良したら失われたブラシでも回復出来る。
 2枚目はモータの互換品で、リング状のアダプタなどを用意すれば使えそうなヤツを見つけ出した。これで怪しいモータを必死でO/Hしたり、何時間も馴染み運転をする必要がなくなった。
 自分でもここまでするか?と言う気分に成ることが有るけど、交換しか出来なかったら部品供給が止まったらお終い。簡単な修理しか出来なかったら重い故障の場合にはお手上げ。どんな故障でも意地でも治す心構えで居れば、来年くらいドバイの金持ちが札束抱えてお願いに来るはずと期待している。

 昨日のランのせいで軽い筋肉痛と疲労感。まあ数ヶ月ぶりのマジ走りだったから仕方ない。素直に休養日として家の仕事やらブロワモータの作業などをして過ごした。

| | コメント (3)

2015年10月11日 (日)

贅沢な夕食

 午前中はバイキング練習会。自転車はまだまだ無理だけどランだけは参加しようと思ってユリックスまで行ってきた。かなりの強風だったけど80km走って強者達が帰ってきた。ここから私も合流。
 今日のランメニューは12kmのジョグ。ジョグとか嘘で最後はキロ4分を切る潰し合いに成るのは見えている。行けるところまで行こうと思ってスタート。
 半分くらいまでは好調。フォームを意識して練習した効果だと良い気分。でも良い気分はここまでだった。予想通りにペースが上がってくる。先頭は相変わらす話をしているけど、後方の私達は言葉が出ない。
 最後3kmくらいから相当きつく成ってきたけど、せっかくだから行けるところまで行こうと思って食らいついた。結果的に3番手でゴールできたから上出来と思ったけど、他のメンバーは80kmのバイク練の後だと言うことを忘れていた(笑)。取りあえず長濱と強い人妻には勝ったから60点。

10111_2  昼飯を食ったら嫁さんがアルファで家を見に行こうと言う。家なんか買う金も無いし買う環境でも無いのだけど、モデルルーム見学の後から中古住宅や新築を品定めする遊びが我が家で流行って居るから。
 宗像にある1,500万円くらいの中古を見たいらしい。確かに2,200万円のサイコロみたいな新築を買うよりも良さそうな気がする。アルファも定期的に動かしたいのでサンリブの奥の方まで行ってみた。
10112  悪くない感じだ。嫁さんに依れば町並みがアメリカの住宅街に似ているらしい。サイズは小さいけど。
 エイミーの家から新米を取りに来いと言われていたので、帰り道に寄って貰ってきた。ここのは天日干しで今では貴重品。丁度エリサが彼氏を連れて帰ってきていた。メチャ良い感じの男の子だった。色々有ったけど(笑)良いのを捕まえた感じ。
 家に帰ったら直ぐに島根から荷物が届いた。箱の表面に恥ずかしい文字が沢山書いてあって普段なら文句を書くところだけど、中身がこんなヤツだったから今回は書かない。
 と言うことで今日の晩飯は天日干し米と国産天然松茸を使った松茸ご飯だ。ちょっと幸せな夜が迎えられて幸せな気分だ。エイミーの一家、そして越前会長、ありがとう。

ラン 12km

| | コメント (6)

2015年10月10日 (土)

ポルシェ964のエアコンブロアモータ

10101  写真が沢山貯まったので今日は画像多めで行こうとおもう。内容はポルシェ964などのエアコンに使われているブロアモータの修理に関して。今はこのモータが3個とフラップ用のサーボモータが4個も入っていて、964のエアコン祭り状態。
 取りあえず2個を分解したのが最初の画像。分解なら簡単に見えるけど意外と難しくて、普通のハンドツール一式を持っている位ではファンすら外せない。うちは専用のプーラーを作ったくらい。
10102  あとはモータのケースを開けてロータを取り出す部分も簡単じゃ無い。かしめてあるのでその部分を削るかタガネで起こす必要があり、どうしても周辺部が汚くなる。
 2枚目は軸受けブシュの詳細で、向かって左側がブシュ外側が滑って妙な摩耗をしてしまったヤツ。右側は正常な物で含油系のオイレスメタルが使ってある。これも無ければ作るしかない。
 ボールベアリングでも良いと思うけどゴロゴロ音が出やすいので、モータが室内に近いエアコン用はメタルの方が良いかな?と言う気持ち。自分用のリヤのヒータブロアはボールベアリングにしている。
10103  3枚目はロータの作業前と作業後。写真でも解るけどシャフトとブシュが固着している事が多い。他のモータでも同じ傾向があるけど、BOSCHはここのクリアランスが狭すぎるんじゃ無いかと思う。凄く正常に稼働している時は良いけど、油が切れたりゴミが入ったりの悪環境には弱くて固着しやすい感じ。
 修正が必要なコンミュテータは修正するけど、100%まで修正すると径が小さく成りすぎて寿命面でマイナスが多すぎる。うちでは95%くらいを目処に止めている。だから最悪で5パーセントの削り残しが出る。
10104  この手の作業をしていて思うのは歯医者で言われる事とそっくりだと言うこと。こまめに点検と小さな治療を続けていれば費用も仕上がりも良いけれど、悪くなってから着手すると時間も費用もかかるし仕上がりは悪い。
 このモータだって音が聞こえるかな?と言うタイミングで整備すれば軸受けの注油とコンミュテータの手入れだけで済む事が多い。これなら数千円しかかからない。激しい異音がしたり煙が出たりヒューズが切れてから着手すると、今回みたいに全分解して各部に手を入れる必要がある。そうなると費用も何倍もかかるし仕上がりも悪い。
 とは言っても今は新品が1個で10万とか15万の世界なので、多少の仕上がりの悪さには目を瞑って基本部分の修理をした方が安価ではあるけど。

 朝一は飯塚のプールでスイミング。前半はクロールで後半は平泳ぎのドリルだった。クロール系では少し可動域が広がったかな?と言う感じで良い感触。平泳ぎでは力が全く入らずに情け無い。
 でも力で誤魔化さない泳ぎに成って良いこともあるだろう・・・。そんな風に考えて自分を納得させた。

スイム 0.8km
バイク 5km

| | コメント (5)

2015年10月 9日 (金)

ご先祖様は金がかかる

10091 先日から叔父さんが来て献体するから同意書を書いてくれとか、残した家をやるから遺書を書いておくとか、良いことか迷惑なのか解らん様な話が有った。
 それに関連して献体とか葬式とか相続とか先祖とか調べて居たのだけど、何となく自分の先祖とかDNAの繋がりに興味が湧いたので市役所へ行って戸籍を集めてみた。
 取り合えず宮若市役所で簡単に集まりそうな物だけを集めてみたら、結構な枚数が有って金額も5,000円弱必要で驚いた。宗教的な物にもお金がかかるけどそれ以外にもご先祖様は金食い虫だ(笑)。
10092_2  晩飯の後、古い毛筆の縮小コピーと老眼に苦しみながら、訳の解らん漢字を必死で読み解いて手元の戸籍の範囲で家系図を書いてみた。
 今まで社会科とか記憶科目と思って嫌いだったけど、家系図作りは意外と面白い作業だった。曾曾爺さんは宗像から来た養子という事が解り、DNA的にはこっちも追いかけてみたい所。
 直系の卑属と成るから私でも戸籍が取れると思うけど、養子に出たら駄目だろうか。来週にでも宗像市役所で聞いてみよう。東京と松本の方は気が向いたら作製して貰って将来的に「光安家大家系図」が完成したら面白そう。

 夕方から雨が降り出した。今日はMTBに乗ろうと思っていたけど雨の中で乗るのは嫌だし再骨折の危険が有る。素直に止めて飯塚のプールに行ってきた。あまりマジに泳がずに、肩の可動域拡大と末端部での筋力増強だけを意識して泳いだ。
 こう言うのを繰り返すしか無かろう。

スイム 1.0km

| | コメント (4)

2015年10月 8日 (木)

零戦とグラマン

10081 ジム達が来ている時が一番シャワーの出が悪かった時で、彼は住宅関係の仕事をしている事も有ってアーダコーダと話をした。今もその続きでメールが来たりする。「ポンプ出側の圧力は何psiか」「浴室の圧力は測ったか」等々、そして今日は「こんな圧力増幅器も有るぞ」と。
 この手の加圧ポンプの存在は工事前に調べて居て知っていたけど、値段も高かったのとシステムが複雑に成ることを嫌って採用しなかった。今回興味を持ったのは私が見ていた日本製ポンプとの違いに関して。
 私が見ていたのは精々250Wくらいで綺麗なケースに入っていて、値段は5万くらいする。ところがジムが教えてくれたのは800Wのモータに無骨なポンプが組み合わさっていて、e-bayで250ドルくらいで売っている。
 これを見たときにオシロの事を思い出した。HPとリーダーのオシロを修理した時の感想をここの下の方に書いているけど、今回も同じ様な物を感じて日米の違いを再確認した次第。

10082  工業製品に関しては違いを感じたけど、個人のメンタリティーに関しては近いなあと感じる事も有る。嫁さんが英語の勉強と称して見ているアメリカの「モダンファミリー」と言うドラマを見ているとき等。
 一言で言うのが難しいドラマだけど、敢えて言えば「あたしんち」をアメリカ人が実写版で作り直した感じとでも言おうか。
 この中で描かれている夫婦、親子、子供同士、その他色々の関係に関して日本人の私も嫁さんも同じレベルで笑える。と言うことは彼らの心情に共感できているのだろうと思う。
 字幕が出ているから笑えるけど、英語の勉強的には内容が難しすぎて全く聞き取れない。聞き取れても美しい言葉など有るわけが無く、「I just want to do you.」とか下品な言葉ばかり覚えてマイナスの様な気がしている。

 良い感じの気候なので半袖短パンで走りに行った。まさに丁度良い感じで気持ちいい。脚の疲労も抜けていて最後まで割りとしっかりと走ることが出来た。少しずつだけど後退はしていない事が感じられて気分も悪くない。

ラン 11km

| | コメント (2)

2015年10月 7日 (水)

88L分の省エネ効果

10071 水とお湯関係の配管を見直したけど、その前後の温水器の設定温度の違いから、ニュートリノに質量が有ることが解ってきた。
 生活していて感じる直接の現象としては、今までこの季節なら設定温度は75℃か80℃くらいは必要だったはず。でも改修後は65℃でもお湯が無くなる事は無い。
 この事から今まではお湯が漏れていたり、外部に熱が逃げて有効な湯温が低下して居たのでは無いか?と想像した訳。取りあえず漏れにだけ着目して定量的に計算してみたのか以下のデータ。凄く長いから他人には全然面白く無いと思う。ハハハ。
 湯船の容量は古くて正確にはわからないけど、似たサイズの現行機種のデータから270Lから300Lと予想した。ボイラーは550Lタイプなので利用可能な有効湯量は500Lとした。あとは井戸水の水温は18℃。混合後の蛇口での湯温は45℃とした。

 まずは今の状態で45℃のお湯をどのくらい使って居るのかを計算する。すなわち18℃の井戸水xLと、65℃の温水500Lを混合して45℃のお湯をyL得る場合の計算。
 18x+65*500=45y
 x+500=y
変形して
 x-y=-500
 18x-45y=-65*500
後はカシオの電卓に計算させると、x=370とy=870が出てくる。すなわち、370Lの井戸水と500Lの温水を混合して870Lのお湯を作って居るというわけ。

 次に以前の状態として、18℃の井戸水xLと、75℃の温水yLを混合して45℃のお湯を870L得る場合を計算する。
 x+y=870
 18x+75y=45*870
同様にカシオ君に計算させて、x=458とy=412を得る。すなわち458Lの井戸水と412Lの温水を混合して870Lのお湯を作っていたというわけ。

 これより、以前の配管では500L-412L=88Lのお湯が漏れていたのでは無いか?と想像できるわけ。24時間で88Lは想像しにくいけど、1分間に61ccと考えたら何となく解る。
 試してみると1分間に61ccはポタッ、ポタッのレベルでは不足していて、小さな穴から弱くわき出る位の漏水が必要。ちゅうことは、例の接続部の漏れは今回の作業時に始まった訳では無く、施工当時から漏れ続けて居たんじゃ無いの?と言う話になる。やっぱり水道屋がクソだ。
 何となく脱力してしまうような内容だけど、まあ宇宙や地球の神秘が解明されて行ったのだから良かったと考えよう。

 長くなりついでに上記の870Lという量の妥当性を考えてみた。
 風呂に8割まで入れるとすれば300*0.8=240L
 1名あたり2Lの湯桶に10杯。20Lの湯を使うとする。以前は20*7=140L。今は20*5=100L。
 食事の洗い物は8L/min.を5分間。これが3食で2家族で8*5*3*2=320L
 朝の洗顔等に8L/min.を1分間。これが5人分で40L
 朝の洗髪に8L/min.を3分間。これが2名分で48L
 夕方のシャワーに8L/min.を3分間で24L
 合計で240+140+320+40+48+24=812L/day
 何となく妥当な感じかもしれない。意外と炊事の使用量が多いけど、これは実測値じゃ無いから相当違っているかもしれん。

 夕方は飯塚のプールへ行った。受付のオバチャンと年頃の娘のBMI値について熱く語り合ってきた。あっちの次女はBMI値が高すぎで、こっちの次男の彼女は低すぎる。なかなか難しいもんだ

スイム 1.2km

| | コメント (3)

2015年10月 6日 (火)

奇襲が続く

10061 昼前だったか電話がかかってきた「福岡県警ですが光安恒貴さんは居られますか」と。何か事件の問い合わせかな?と思って「何事ですか?」と聞いて行くと・・・大学時代の友達から。
 同じ大学では無くて彼は確か神大だったはず。容姿がセサミストリートのビッグバードに似ているから?「トリさん」と呼ばれていた。私と違ってまともな就職をして真面目に勤め上げて居ると思っていたけど、60歳を目前にしてこんな電話をかけて来る様では・・・。いやいや、こんな電話が出来る個室を持った偉い人に成ったのかもしれん。
 他にも「大阪航空局乗員課ですが」と言ってかけてくるヤツも居る。面白くないから止めろと言っても毎回同じ事を言う。三つ子の魂百までと言う諺は本当だと実感(笑)。

 そんな妨害にも負けずに仕事をして、そろそろ止めてMTBにでも乗ろうかな?と思っていたら来客が有った。今まで直接の訪問は無かった東洋的なモータ屋さんだった。名刺には「リーダー」と書いてあるけど日本語の「主任」なのか「課長」なのか良く解らん。まあ「統括本部長」と書かれても実体は解らんからどうでも良いのだけど。
 ここの九州支社には2回ほど行ったことがあり、若い女性が多い職場だった印象がある。メールとか電話で対応してくれるのも若そうな女性。私は30歳の頃の森高に似ていると勝手に思いこんでいる。
 彼女が来たなら中空のロータリーアクチュエータを20セット直ぐに注文したのに、と残念な気持ちに成りながら、用途とか価格とか年間の台数とか今後の展望とか、営業とユーザーの間でありがちな話をして別れた。
 何時も思うけどきちんとした社屋とか無くて申し訳ない。HPも最初はガレージだったらしいけど今みたいに乱雑で汚れているのは駄目だろう。新社屋は無理でも日々の整理整頓と掃除くらいは出来る。
 よし、明日から本気出す!

 モータ屋さんが帰ってからは近所の山をMTBでグルグル。脚の筋肉が少し慣れてきたのか最初の頃よりはスムーズに漕げているような気がする。そろそろロードにでも乗ってみようか。

バイク 5km

10062  W君のおかげで懐かしい気分に成り、過去の写真データを漁っていたらこんな写真が出てきた。30年以上昔にオリンパスのXAで撮影したネガを、10年くらい前にフィルムスキャンしていたデータだからボケボケ。
 場所は木曽川の教官部屋で、顔ぶれから1980年頃のクリスマスと思うけど断定できない。解る人が居たら教えて欲しいけど・・・居らんよなあ、死んだヤツまで居るくらいだから。
 取りあえず命と髪の毛は大事にしましょうという事で。

| | コメント (12)

2015年10月 5日 (月)

北九州マラソン落ちた

10051 あんまりフルマラソンを走る気分じゃ無かったのだけど、このままじゃ来年の宮島や皆生に出す競技経歴が無いから北九州マラソンに申し込んでいた。でも落選通知が来てしまった。
 まあ解っていたけどね。最近のマラソンブームでどこも高倍率だから受かる可能性は低いことを。さあて、どうしようか。今のままじゃ大島アクアスロンしか無いわ。
 無理矢理リレーマラソンとか書いても意味が無さそうだし、今さら経歴に書けそうな大会は無いし。うーん、ちょっと困っている。もし受かったときの為にトレーニングはするけどね。

10052  越前会長が日曜日の大会の写真を送ってきた。ミニバイクの耐久レースみたいだ。入賞したらしいけど2位だから評価は低い(笑)。それに何時まで経っても松茸を送って来んから我が家の評価は急降下中。

 なんかバタバタした1日だったけど、夕方は一区切りを付けてランニングに出掛けた。西中まで来たら脚の調子が良い気がしたので裏の峠を越えて倉久経由で帰ってきた。

ラン 11km

| | コメント (4)

2015年10月 4日 (日)

水道屋さん

10041 我が家の水道配管見直し作業の続き。今日は接続部からの漏れを応急修理していた温水配管のやりなおし作業。
 変なオッサンが銅管が有ると言ってくれたのだけど、ちょいと忙しい日々が続いて取りに行く時間が作れなかった。それとは別ルートで保温材付きの半端品を見つけていて、それが安価に買えて昨日来たので今日の作業にはそっちを使う事にした。
 交換が必要な古い既設配管はまだ残っているから、変なオッサンの配管もあとで取りに行くから少し分けてね(^^)。
10042  色々と調べていくと銅管接続部を埋設するのは良くないみたい。どうしても埋設するならテープなどで十分に養生してから埋めろと書いてある。
 ところが我が家の接続部は裸のままで埋設してあり、保温の面からも腐食の面からも良くない施工だった事が解った。もう本当にこの近所の水道屋と電気工事屋は最低だ、絶対に頼まん!!。とか文句を言っても治らんのでコツコツ作業。
10043  見切り品というか残り物銅パイプは保温材の仕様が既設と違っていて、この上に更に保温材を被せようとしているのだけどその作業が面倒な感じ。銅の直径は一緒なので漏れはしないと思う。
 まあ色々と問題はあるのだけど、漏れは治ったし埋設部から接続部を排除する事は出来た。外の流しにも温水が出るように成った。後は配管サポートを設置し、白い保温材の外側にもう一枚保温材を巻いたら出来上がりの予定。
 ああ、流しの蛇口をしっかりと付け直して、地中に埋設する部分にカバーをかけるのか砂とモルタルで埋め戻すか決めないといけない。まだ仕事は有るなあ。

 作業ばかりで疲れた。そしてトレーニングはしてない。寝る前に20分でも良いからエアロバイクを漕いでおこう。

バイク 8km

| | コメント (2)

2015年10月 3日 (土)

レバーブロックを2個追加

10031 ドリドリ君のサイズが徐々に大きくなり、テーブルとかヘッドとか分解後の単体部品の重さが手で持つには厳しく成ってきた。今は骨折の影響も有るけど体調万全で有っても微調整しながら組み上げるのは難しい領域。
 と言うことで作業用にレバーブロックを2個購入した。どちらも150kgのタイプでトラックの荷台にぶら下がっているヤツに比べると随分小さい。
 このサイズにしたのはチェーンブロックの経験から。今は3トンと250kgのチェーンブロックが有るけど、3トンは自重が重すぎて使い勝手が悪い。この手の機器では大は小を兼ねない事を身をもって知った。

 午前中は飯塚のプールへ。今日はスクールは休みだけど生活のリズムを乱したく無いのと肩の可動域のリハビリとして積極的に活用したかったから。
 誰か自主トレに来るかな?と思って泳いでいたら中学生が来た。話してみると今日もレッスンが有ると思って来たらしい。お母さんとの連絡が悪い家庭なのだろうか(笑)。
 中間試験の話とか国語の先生が怒る話とか聞きながら、二人で適当に1時間ほど泳いで帰った。イマイチ可動域も広がってない気がするし、限界付近の力も増えてない気がする。やっぱりリハビリ的なメニューをやらないと駄目かな?。

スイム 1.1km

| | コメント (0)

2015年10月 2日 (金)

省エネ仕様?

10021 昨日の夜は風が強かったけど、朝になったら風も止んで良い天気に成ってきた。昼飯の後で気分よく外に出たら白骨号のリヤバンパーの蛇腹が気になりだした。
 この車はバンパー関係はバラバラだったから、車検前にナフコのスプレーで塗装して適当に組み上げただけ。その状態で2年以上乗ってきたから少しずつ外観も綺麗にしていこうと思って。
 写真で解るけど蛇腹の下の部分が鈑金部品からはみ出している。雑誌の綺麗な写真だとこの部分が中に入っている様に見えるから付け直そうと思って関係部品を分解した。
10022  ところが部品の形状が違うのか、劣化で縮んでしまっているのか、私の蛇腹は鉄の部品の中に収まらなかった。仕方ないから今日の所は諦めて元通りに組み直した。

 ついでに観察していくとオイルレベルセンサの配線カバーが劣化して、配線にぶら下がっているのを発見。ボロボロのカバーを外して廻りを清掃し、油とゴミを清掃して良い気分。
 ところがオイルタンクを眺めていると何となく形状が変。よくよく見たら側面から押されてベッコリと凹んで居るでは無いか。オイル量にして1.0Lくらい減っている様な感じ。ちょっと省エネか(笑)。
 事故かな?と思ってフェンダーの内側を見るとアンダーコートの材質が違う事が解った。右後部を当てて居るらしい。裏面が錆びて無いのは不幸中の幸いだ。
 事故自体は好ましくは無いけど仕方ないというか当たり前の事だ。コイツは80年代の車で30年も経っているのだから色々有っただろうし。前にも書いたがこんな車に乗るという事は80年代のアイドルと結婚する様なモンだ。「離婚歴が有った」とか「妊娠線が有る」と騒ぐ人がキョンキョンとか堀ちえみと結婚出来るわけが無いのと一緒。

 夕方は近所の山をMTBで走った。長男が置いていったMTBのチェーンが乾き気味だったので適当な油を給油してから。拘りのチェーンルブとか使っていたのかも知れないけど、そんなもんは持ってないから適当だ。
 前回も感じたけど古~いクロモリのMTBに比べて良く進む。平地の舗装路ではタイヤの影響が大きいと思うけど、登りでも進む気がするのは何故だろう?。単純に車体の重さだろうか、それとも駆動系の効率も解るくらい差が有るのだろうか。

バイク 5km

| | コメント (0)

2015年10月 1日 (木)

この花は私です

10011 桜田淳子風に問いたくなった、この花は何という花なんだろう?。スイミングのオバチャンから貰ったのだけど、何という名前か解らんしどういう所においてどんな手入れをしたら良いのか解らん。それに、幾らくらいするのか把握しておきたい気持ちも有る。。。
 花はあと2個有ったのだけどポロッと落ちた。つぼみは沢山あるから次々に咲いていくような気がする。鉢には3-4本が植わっている様に見えるけど、実際は1本でツル性の植物がグルグル巻きに仕立ててある。
 牧野富太郎先生の図鑑とか見ても「葉は互生で・・・」とか難しい言葉ばかりで手がかりが掴めない。グーグル様の画像検索では「ノウゼンカズラ」が近いかな?と言う感じだけど、この手のことには疎いので何を持って似ているとか違うと判断すべきがが解らない。
 取りあえず明日は直射日光の当たらない、明るい場所に置いて様子を見てみよう。

 途中で雨に降られそうな気がしたけど、寒い程じゃ無いしゲルフェザーの同じ型番を2足買ったので靴を乾かす余裕が有る。と言うことで小雨の中をランニング。
 途中で予想通りに強い雨に降られてビチョビチョに成ったけど、まあ気分よく走って帰られたからよしとしよう。依然として身体が重い。8kmコースだけどキロ5分も出てないと思う。

ラン 8km

| | コメント (3)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »