« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

930の日

09301 3月23日がランティスの日、9月11日がポルシェ911の日と言われているのは知っていたけど、9月11日は例の事件のせいでポジティブな記念日と考える事が憚られる様な雰囲気が無いでもない。
 ちゅうことで9月11日はさらっと流し、今日の9月30日を930の日として930に付いて何か書いておこうと思った次第。

 車その物に関しては何時も何かを書いているので、今日は最近買った本に関して書いてみたいと思う。何かを検索していたときに目次が引っかかったのだけど、「911DAYS」というポルシェ911に特化した雑誌が930型の特集をしていてその2冊を買ってみた。いつもの様に古本だけど。
 特集が載っているのは48号と55号で、48号の方は古本であっても買って損したと思うくらいの薄っぺらい内容なので買わん方が良いと思う。55号の方は古本なら買っても良いかな?と言う感じ。とは言っても二玄社から出ているポール・フレールの本などに比べたらコストパフォーマンスが甚だ悪いと思う。
 それなりに得る物が有りそうで読み進めていくわけだけど、色々と突っ込みたくなる記述も多い。ミッションに関して「長持ちさせるためにはオイル管理が極めて重要だ。純正指定の粘度にはこだわらず、とにかく粘度の硬いオイルを使うようにしたい」と言う記述が有るし、エンジンオイルもポルシェ指定よりも硬い物を勧めて居たり。
 何を書こうとそれを読んでどう思おうと個人の勝手だけど、ここみたいに個人のブログじゃ無くてそれなりに影響力が有ると思われる「専門誌」の記事がこれで良いの?と言う気持ちに成ってしまう。

 夕方は飯塚のプールで泳いだ。リハビリの頻度が足りてないのか今日は肩の動きが非常に悪かった。腕が全然回らん。そのせいで胴体から肩甲骨を全体に動かす癖が出来て良い面も有るけど。塞翁が馬か(笑)。
 寝る前にエアロバイクを少しだけ。肌寒くなってきたので体温を上げるのに丁度よかった。これからはトレーニングによい季節だ。でも秋雨前線が来るんよね。

スイム 1.2km
バイク 8km

| | コメント (0)

2015年9月29日 (火)

直流機≠直流発電機

09291 ちょっと不思議な現象で悩み中。所謂空冷VWの90mmタイプダイナモで実際に装着されていたのはポルシェ356のヤツなのだけど、整備後にエンジンをかけても発電しない。
 車上での最も簡単な試験として、ファンベルトを外してバッテリーを直結したらきちんとモータリングで回る。でもその状態でベルトを装着してダイナモを回しても発電はしない。3000rpmくらい回しても1Vも出てこない。。。
 ちゅうことで持ち帰って再試験した訳だけど、こちらでもモータリングは正常に回るけど軸を回しても発電しない状況に遭遇して頭の中は????状態という訳。

 理屈ではブラシ式の直流機と直流発電機は同じ物。小さな相違は有っても「モータだけど全く発電しません」と言い切れるほどの違いは出てこない・・・筈。メチャ悩みながら念のために各部を再チェックしていった。
 何も問題ないけど敢えて言えばコンミュテータの表面の色が変。焼損とは違うけど黒っぽい煤のような物で覆われている。綺麗に馴染みが出た状態とも違う。まあ言われてよく観察したら程度の違いだけど。
 ここくらいしか原因が無いので取りあえず紙ヤスリで綺麗に磨き直して再組み立て。モータリング試験の状況は回転具合も電流も変わらない。でも軸を回すと発電を始めたでは無いか!?。
 表面のコーティング?が原因の様に思われるけど理屈が解らん。薄膜ダイオードが出来たのか、もしそうなら凄い発見だけど既に磨いて落としてしまった。それにたぶん違うと思う。実験を繰り返しながら何度も考えた。
 一つ思いついたのは薄膜の抵抗が原因で有る説。そしてその抵抗に若干の電圧依存性が有るかも?と言う物。モータリングの時は一気に12Vが印加される。それに対してこの種の発電機の発電は残留磁気に依る極低電圧の呼び水的な発電から始まる。ここが違うじゃ無いか。
 発電の最初は残留磁気で呼び水的な発電がなされ、その電力が自分のフィールドコイルを励磁してさらに強い電力を発電し・・・と「好循環」のループで発電が起動していき定常状態まで立ち上がる。だからスタート時の呼び水に抵抗が有ると次の段階のフィールド電流が流れず十分な界磁が得られない。電気で言う発振回路でうまいこと正のフィードバックがかかって居ない状態。
 もしこの仮説が正しいとした場合、その薄膜はどうやって形成されたのだろうか?。普通に形成されたのなら今までにも起こっているはずだし、市場でも多発してトラブル例として語り継がれて居るのでは無かろうか?。だから普通の状態とか組合せでは起こりにくいと考えられる。
 じゃあ今回は何が普通じゃ無かったのか?。O/H後の確認試験の後で油か何かが付着した。付近の半田が溶けるくらい加熱したダイナモだったので、コンミュテータの樹脂部分が変質をしていて何かが染み出した。スプレーなのか水分なのか何かの影響で電気分解とかメッキ的な事が起こった。ブラシ圧力の具合で通常とは違う馴染み膜が出来る場合が有る。極希だけど今までにもそう言う事例がある。。。
 ウーン、解らん。でも今は具合が悪くない。もう一度装着して状況を観察するしか無いなあ。

 夕方に珍しく武友さんが栗拾いに来た。ここは奥さんが栗好きだったはず。栗拾い作業に来たのは仕事帰りの旦那さんが一人だったけど(笑)。今年の栗はこれで終わった感じ。一部の木が枯れかけて居ることと、この地域の栗が今年は悪かった事のダブルパンチで量が少なかった。自然の物なので仕方ない。
 昨日のMTB実走のせいで尻の筋肉が痛い。情け無いけどこれが今の実力と考えて休養日にしよう。

| | コメント (5)

2015年9月28日 (月)

大胆な構造だ

09281  この前の連休に長男が輪行で持ち帰ったMTB。入社して直ぐに先輩から安価で譲って貰ったらしい。こちらに居る間は毎日近所の山道を走り回り、大阪に帰る時は家に置いていった、私が乗っても良いらしい。やっとシマノに入ったメリットが出て来た感じ。次はTTバイクとカーボンホイールだ(笑)。
 シート高が合わないので少しだけ?下げて各部を見ていった。するとリヤサスが変なことに気がついた。古くはヤマハのモノクロスサスみたいな動きをするわけだけど、その為に必要な下部の支点が無いのだ!。
 どういう事かというと、チェーンステーだったかクランク中心から後輪中心へ向かって水平にに伸びた横棒が見えるけど、この棒のクランク側に支点は無くてフレームに「剛に結合」されている。だから後輪が上下に動くとこの棒は上下に曲げられる事になる。
 百歩譲ってこういう構造も有りかな?と考え直してみたけど、その場合はチェーンステーの断面をせめてスキー板みたいな断面にして欲しかった。今は良くあるカーボン製チェーンステーにしか見えない。。。ああ怖いよう。
 とかなんとか言いながら、興味が有るから今日の夕方はこのバイクで近所の山を走ってみた。しかもリヤサスの調整は一番弱く動きやすくして。取りあえず今日のところは折れなかった。何となく尻の下がムズムズする気分には成ったけど。
 走ってみて一番の違和感はブレーキだった。通常はカンチを使っているからディスクブレーキは効きすぎて怖い。聞きすぎというよりも初期制動力の立ち上がりが急すぎる感じ。車で言うなら30年前のポルシェから最新のトヨタ車に乗り換えた状態。
 あまりにブレーキ力の立ち上がりが急すぎて、低速でUターンするときに転けかけた。危なかった。今転けたら再骨折の可能性がある。用心用心。

バイク 7km

| | コメント (6)

2015年9月27日 (日)

Unnecessary Orifice Plate

09271Jim,
Unfortunately, our shower was repaired after you left Japan. Unnecessary orifice plate was removed and the volume of water increased 3.7 times. Next time, you can enjoy comfortable  water stream...

 固着が酷くて分解時に壊してしまったバルブAssyが来たのでシャワーを組み立てた。当然ながら不要なオリフィスは取り外して水と湯の通路面積を等しくした後で。
 結果は劇的で普通にシャワーが使えるようになった。嫁さんなんか大感激でこそばゆいくらいだ。きちんとした家だとこれが普通の状態なのに、ボロ家だとダメ状態から普通に成っただけで感激される。なんか得をした感じだ(笑)。
 まだお湯の配管は修正していないけど、水の配管と水のオリフィスを修正した所までの経過を定量的に纏めてみたい。測定箇所はシャワーヘッドの影響を避けるためにヘッドを外したホースの先で水だけの水量。
 最初は2Lに59秒かかっていたので2.03L/min.の水量となる。次に配管太さとルートを見直したら46秒に成ったので2.61L/min.まで増えた。さらにオリフィスを外してバルブ廻りの堆積物を掃除し一部のバルブを新品にしたら16秒まで短縮した。このときの水量は一気に7.5L/min.まで増加した事に成る。
 実際はお湯と混合して使うわけで快適な温度に混合した時の2Lに要する時間は12秒。これよりシャワーホースの吐出量は12L/min.と言う計算になる。

09272  ランニングの後で実際に使ってみたけど悪くない感じ。ただ今まで貧弱な水量に慣れてきた人間の感覚なので定量的じゃ無い。と言うことで標準的な水量データを探して見たところ、北九州市上下水道局が公表している給水装置工事の設計と言う資料に目安らしきデータを発見した。
 これによると一般家庭のシャワー水量は8~15L/min.辺りとなっている。と言うことは我が家の12L/min.は平均的な値であると判断できる。本管圧が500kPaくらい有る恵まれた上水道の環境では無く、個人の井戸で低圧型温水器の出側で有ることを考慮すると上出来の値では無かろうか。

 ポルシェ356のダイナモの仕事が有ったのでそれを終わらせて配達し、凄く天気が良かったので夕方からランニングにでかけた。西中まで行って体調が良く感じたので、そのまま裏山を越えて倉久経由で帰ってきた。特に痛いとか何もない。

ラン 11km

| | コメント (2)

2015年9月26日 (土)

未亡人と夜のドライブ

09261 午前中はスイミング、先週はジム達が来ていて休んだし自主トレにも来ていないからか、最初の方は肩の動きが悪かったような気がする。最後の方はバタフライが有ったけど左手が全然水中から出ないことが判明。まだまだやなあ・・・。
 終わってから帰ってきて昼飯を食い終わると、スイミングのオバチャンが栗拾いに来た。今年は量が少ないけど一人分くらいは有るので満足して帰って貰えた。

 仕事と家の事をゴチャゴチャやって夕方からは通夜で行橋まで。妙齢の?未亡人が私も連れて行けと言うので白骨号でお迎えに行って二人で斎場まで走った。遅れてはいかんと思って高速を使ったけど1時間くらい早く着きすぎた。高速代を損した。
 通夜は神式だった。大昔に1回だけ神式の葬式に出たような記憶が有るけど定かでは無い。そのくらい神式は縁遠いけど教会での葬式は1回も出たことが無いからそれよりは身近という訳か。
 「あっ、ご仏前と書いてきた」と私が言うと未亡人も「私も書いた!」と言う。式場側も神式は馴染みが無いと解っているからか、通夜際が始まる前に玉串奉奠のやり方を説明していた。このときに初めて「しのび手」と言う言葉を知った。
 年老いた親の死去なので残された者達の悲しみの感情は薄い。久し振りに会った世間話で盛り上がったり連絡事項を伝えたり。死んだ婆さんが言っていたけど「年寄りが死ぬのは子供が生まれるのと一緒」と言うのを実感する。

 帰りは仲哀トンネルから田川バイパスを通って直方に出て、あとは遠賀川沿いを延々と芦屋まで走った。それにしても良く喋る人だ、解っていた事だけどね(笑)。色々あった人だけど、「私もお婆ちゃんに成る」と嬉しそうに喋るのを聞いて少しホッとしたりして。
 夕方に車に乗りこんだとき、若い頃の森高のカセットが入っていた。流石にこれは不味かろうと思い、下にあった竹内まりやに交換していた。BGMに関係なくガンガン喋っていた彼女だけど、「元気を出して」がかかったときに「私、この歌好き」と言った。
 このくらい色々と気を使って居るのだから、死んであの世に行ったら旦那も私達の事を誉めてくれるだろうと期待している。ねえ、そうでしょ?。

 家に帰ったら22:00を過ぎていて、それから晩飯を食って運動もせずに寝てしまった。フィジカル面では余り宜しくない午後を過ごしてしまったと反省。

スイム 0.8km

| | コメント (2)

2015年9月25日 (金)

愚公、オリフィスを見つける

09251 出の悪いシャワーの水。水を長時間止める訳には行かないので少しずつ毎日作業している。いい加減嫌に成ってきたし原因なんか解らんのじゃ無いのか?と少々弱気にも成っていた。そんな日々だったけど今日は新たな発見が有ってモチベーションがかなり上がった。継続は大事だ。
 全体的な出の悪さは屋外配管のサイズアップとルート見直しによって少しだけ改善した。定量的にはシャワーヘッドから水だけを出して2L溜める時間が59秒から46秒まで短縮された。でも同じ系統の湯船の蛇口からだと改造前が16秒で改造後は11秒と大きな差が有った。
09252  そこでシャワーの系統に「何か」が有るはずだとしつこくチェックをしていたというわけ。簡単に外から配管や部品を外しただけでは解らなくて、今日はコントロール部をAssyで外してみたわけ。
 すると壁からお湯と水が入ってくる部分の内側に、お湯と水で明かな内径の違いが発見された。ドリルで拡大しようと思ったけど、良く見たら分解できそうなので分解したら「オリフィス」が出て来て驚いた。
 これでは水の出が悪いのは当たり前で、水とお湯を混合する場合でも低温に調整するほど水量が激減していた事の説明が付く。成る程ねえ・・・。でも誰が何の目的でオリフィスを入れたんだろう?。
 しばらく考えて一つの仮説を思いついた。このシャワーは温水器側だけに減圧弁を入れた系統用の製品なんじゃ無いか?と。たとえば水は200kPaで温水は80kPaとか両者の圧力に差が有る系統用。
 それに対して我が家の系統は水にも温水にも80kPaの減圧弁が入っている。だから結果的に水の出が悪いのだ。お湯には200番のメインジェットを入れて、水には80番を入れたようなモンだから当たり前だ。

 脚の疲労感があまり無かったので、昨日に続いて今日も8kmのランニングをしてきた。貰い物のお菓子を食べてしまったので、調子が良ければ寝る前にエアロバイクも漕いでおこう。

バイク 12km
ラン 8km

| | コメント (4)

2015年9月24日 (木)

DMEリレーの故障形態

09241 今日はDMEリレーの改造が2個入ってきた。いつもは1個ずつポツポツと言う状況だから2個同時は初めての事だ。毎日10個くらい注文が来れば数年でナローが買えるかもしれんし、毎日30個くらい注文が来ればカウンタックの中古が買えるかもしれん(笑)。
 先日は964タイプの平形端子バージョンを紹介したけど、今日のは2個とも930などに使われている古い丸形端子のタイプだった。
 改造元として正常なヤツが来ることも有るし、故障したヤツが来ることも有る。ピンの部分が生きていれば良いわけで作業には違いは無いのだけど、一応はリレーを見て状況を把握するようにはしている。
 今日の2このうち1個は明らかにおかしかった。緑丸の部分は良くある半田クラックだけど、赤丸の部分は過電流でパターンが焼損していたから。これは結構な電流が流れている。燃料ポンプモータのロックとか配線のショートとかが考えられる。
 ちょっと考えれば解るけど、この手のトラブルはDMEリレーを半導体化しても解消されない。同じように過電流で一瞬にしてリレーが死んでしまうだけ。FETの電流がかなり大きいので、もしかしたら配線とかコネクタの方が焼損するかも知れないけれど。
 このほかのトラブル例としては、リレー接点の焼損とか、コイル下の基板自体の炭化とか、リレーコイルの内部断線とか、私が見ただけでも色々な故障形態が有る。機械式リレーが悪い訳じゃ無いけど、このサイズに2個のリレーを押し込む事には少々無理が有ったんじゃ無いかと思っている。

 ジムのせいで?トレーニングのリズムが乱れていたけど、今日から少しずつ戻していこうと思う。手始めに西中往復のランニングだけやってみた。良くもなく悪くもない感じ。雨に降られずに良かった。渡辺蘭チャンありがとう。

ラン 8km

| | コメント (0)

2015年9月23日 (水)

メンテ性優先

09231 昨日に続いて家の水道関係作業。注意深くはつりながら観察していくと、コンクリの層は3層有ることが判ってきた。要は適当に配管を這わせて上にコンクリを塗って誤魔化し、次の作業者も同じ事を繰り返して居たという訳。
 酷いのは古い排水管が残ったまま塗り込めて有ったり、風呂のユニットに行くフレキ配管の接続部までコンクリで塗り込めて有ったり。
 クソッタレ!、死にやがれ!と悪態を吐きながら極力丁寧にコンクリを剥がして配管を発掘していった。これだけの作業が昼過ぎまでかかった。
09232  新しいルートは極力全ての配管と継ぎ手を表に出すことを優先した。こうしておけば手入れが楽だしトラブルも直ぐに判るから深刻な故障も起こりにくい。デブは身体を隠したがって、身体を露出すれば太りにくいのと同じ理屈だ。
 取りあえずポンプ側から風呂場へ渡る部分だけ地下を通し、その他は全て露出するように変更した。お湯もやるつもりだったけど配管が無いのと時間が無くなった事から中止。

09233  もう一つの作業は電気温水器のトラブル。今朝の09:00頃だと思うけど、お湯が無くなったアラームが鳴った。おかしいなあと思いながら日中も通電するモードにしてみた。でも昼を過ぎても夕方に成っても湯温は上がらない。
 夕方に成って水配管が終わったのでこっちに着手。配電盤で電流を測ったら全く流れて無い。ヒータ線が切れたか?と最悪の事が頭をよぎる。ユノカサポートセンターは24時間対応と書いてあったので電話をしたら平日09:00からとメッセージが流れた。クソッ、次は他社にするからな(笑)。
 メーカに見捨てられたので自分で修理する気分が盛り上がり、カバーを開けて中を観察してみた。パワー回路は単純な作り。単相200Vを端子台で受けて、ブレーカ(漏電遮断機)を通り、黒線は温度ヒューズ?経由でヒータへ。白線はSSR?経由でヒータへ。と言う経路。上のマイコン基板が壊れたら手動でオンオフしたらいいや。
09234  テスターで各部を見ていくとSSRはオンに成っている。でも温度ヒューズ?が開放に成っていてヒータに200Vが印加されていない。良い機会なので抵抗を測ったら切れて無かった。
 よくよく見たらヒューズの中央に突起が有る。試しに押してみたらヒータに200Vが来た。成るほど、手動復帰型のヒューズ?と言う訳か。
 この部品の正しい機能は解らないし、これがオープンに成った原因も解らない。でもこのAssyを固定している円盤状の部品の周囲が濡れて水漏れしている。これが何らかの悪さをしたのかも知れない。
 ここのパッキンを交換するには全部の水を抜く必要が有る。今日はそんな気力が無いので後回しにして、廻りのネジを少しだけ増し締めして水気を拭き取ってお終い。
 突発的な何かが原因で有れば、明日の朝にはお湯が沸いているはず。安定した原因が有って明日の朝もリセットされていたら諦めて短絡しよう。買い換えまでの日々は通電時間を管理しておけば火事には成らんだろう。
 もし買い換えるならシャワーの勢いが良い高圧タイプにしたい所。でも高いんだろうなあ。。。

| | コメント (0)

2015年9月22日 (火)

間髪を入れず

09221 朝05:30頃に起きて福岡空港まで義理の妹夫婦を送ってきた。迎えに行った日に発見した二又瀬からの細い斜めの道を通って見たら少しだけスムーズに駐車場に到着。全く込んでないから意味はないけど。
 アメリカ人を意識して別れ際はそれぞれハグしてから別れた。なんか言ううとったけど良く解らんかった。取りあえず一つの行事は終わった。
09222  彼らが来る前から気になっていたのだけど、家の水回りの整備に着手。特にシャワーの出がメチャ悪くなって居たのでこれを機にやり直そうと。
 何回も書いたけどこの家の水道とか電気の系統は滅茶苦茶。変な業者がいい加減な改造を繰り返した結果で訳が解らん状態。取りあえずコンクリートで埋めてある配管を掘ってみる事に。

09223  途中で土が湿っぽいなと思ったら銅配管のTの所から漏れていた。はつりの衝撃で酷くなった感はあるけど、周囲の状況とか変色の度合いから判断するに今までも漏れていたと思われる。なんか半田がほとんど見えんのだけど、漏れたら半田も流れるもんだろうか?。
 外部から磨いたり再加熱では半田が乗らなかったので、仕方なくエポキシとグラスウールで応急修理した。明日にでも銅配管で真面目な修理をして、それから全配管を解明してから見えるところにシンプルな配管を引き直そうと思う。
 そんなことをしていたらスイミングのオバチャン達が栗を拾いに来た。今年はイマイチ調子が悪いと思っていたら、この近所はどこも駄目という話だった。だから?早めに確保するために来たのだろうか(笑)。と言う感じなので、栗拾いの人は量は期待せずに今から9月エンドくらいを目処に適当に来てください。
 こんな感じの1日で、まあ充実していたというかバタバタしていて疲れたというか、そんな感じで1日が終わってしまった。水道関係を色々やっていたのでトレーニングはしなかったけど、もう気持ちが疲れてしまってどうでも良い感じ。

| | コメント (5)

2015年9月21日 (月)

Last Supper

09211 昨日のショッピングは流石に可哀想な気がしたのか、今日は住宅展示場に行ってみることに成った。妙な感じがするかも知れないけれど、ジムは中古住宅を修理・リフォームして販売する仕事をしているから興味が有るんじゃ無いかと思って。
 予想は当たってかなり喜んで貰えた。アメリカにはこの手の施設は無いみたいで、各社が集まる展示場の形態自体にも興味が有るようだった。
09213  どこも5,000万とか9,000万とか気の遠くなるような値段だったけど、構造の説明とか断熱の話を熱心に聞いて販売員さんの仕事の邪魔を(笑)した。
 写真は構造的にもデザイン的にも、私が一番興味を持った会社の住宅。福岡のなんとかハウスと言っていたけど忘れた。お茶とお菓子まで出してくれたのに御免なさい。

09212  行きは犬鳴を超えて行ったらスムーズだったけど、帰りに3号線を通ったら渋滞だった。仕方ないので途中で右に折れて見坂峠経由で帰ってきた。
 昼飯はエイミーの家のピザを軽く食べ、その後は奥様達は買い物で私とジムは裏山から木を切り出して薪割りをした。嫁さんの故郷という事でハッスルしているのかも知れないけど、私より年上なのに良く動く人だ。ジョージアの男は働き者なのか?。
 今晩が最後の夜になるので「最後の晩餐」は豪華に見える選択をした。同じ内容を店で食べても面白くないけど、お膳に載って座敷に並んでいたらインパクトが有るだろう・・・。そう考えてウケ狙いだけの選択。彼にしてみるとあまり食べる物が無かった感じだけど、こう言うのも異国での思い出に成るだろうと思って良しとした。
 明日の早朝、福岡空港まで送っていったら彼らとはお別れ。距離とか年齢とか考えると何回も会えないと思うし、もしかしたらこれが最後になるかも知れない。短かったけど刺激的な3日間と皮下脂肪をありがとう。

| | コメント (11)

2015年9月20日 (日)

Lawn Mower

09201 今日は嫁さんが博多のお寺を見た後にショッピングの予定だと言う。イマイチ興味が湧かなかったのと嫌な予感もした(笑)ので私は遠慮した。ジムには悪かったけど。
 結果的に私の予想は当たっていて、姉妹でのショッピングが主目的でジムにとっては退屈で疲れた1日に成った模様。「夫の勤めだ」と言ったら苦笑いしていた。
 その間に私は家の廻りの草刈とか掃除をしていた。彼女たちは帰ってきてからも近所の店に再び買い物に出発。流石にジムは同行しなかった。一休みした彼が退屈そうにしていたので草刈に誘ったら乗ってきた。
 手持ちの草刈機は危ない気がしたのでまさお君の方を頼むことにした。アメリカはスーパーで乗用草刈機が売っている様な地域なので、基本的な操作系を教えただけで彼はスムーズに草刈を始めた。私は乗用では刈れない周辺部を手持ちの草刈機で刈っていった。メチャ効率的で残りの草刈が一瞬で終わった。
 英語の会話に加えて義理の妹と旦那が居ることに慣れてきたのと、彼らのjet lagが解消されてきたのも有ってか日常が普通に成ってきた気がする。いや、こういった普通なのを日常と言うのだろう。
 今日はずっと話をしていたのでトレーニングは無しになった。作業をしたからまあ、良いだろう。

| | コメント (2)

2015年9月19日 (土)

Flowing Noodles

09191 我が家に外人が来たときの定番?で昼飯は「流し素麺」をした。裏山から竹を切ってきて二つに割って節を抜いて樋を作る。bamboo gutterを作るといって鉈とかノコギリを渡したら何となく通じたみたい。
 結構太い竹が倒しやすい所に有ったので、今回の樋は我が家の流し素麺史上最長になった。測ってないけど12m以上は有ったと思う。
 旦那のジムは箸を上手に使えない。フォークを使っていたので「アメリカ人は何時もアンフェアな武器を使う」と非難したら「勝つためには何でもやらなきゃ」みたいな事を言っていた・・・気がする。
09192  こんな物を食べるのかな?と心配していたけど、自分で薄くなったつゆを捨てては何回も入れ替えて最後まで食べていた。頑張ってくれたのかもしれんけどまあ良かった。
 普段の食事だと脂っこすぎる位のスペアリブが作ってあったのだけど、素麺で失われた身体の油分を補うからか、合間に摘むと意外と合って好評だった。

 食べ終わって大まかに片付け終わったタイミングで、ラモさんがIGコイルの試験にやって来た。もうちょっと早かったら一緒に食えたのに残念だ。素麺が好きかどうかは知らんけど(笑)。
 怪しいCBのコイルは全然駄目で、中古のカワサキのコイルに比べても火花の強さが1/10くらいに思えた。もう電圧とか放電距離とか測定する気にも成らんくらい差が有りすぎた。ちょっと放電距離を伸ばそうとしたら内部で簡単にリークする。純正でこれは無いと思うから、この状態は明らかに何らかの問題が起こっていると考えるしかない。

 長男がMTBを持って帰ってきて近所の山を走っている。夕方から彼と一緒に少しだけ山道を走ってみた。寝る前にもエアロバイクを漕いだので割りと乗った日になった。でも食後にアイスとかお菓子を沢山食べたから皮下脂肪は増えているはず。

バイク 25km

| | コメント (4)

2015年9月18日 (金)

Welcome to Fukuoka

09181 朝一は1ヶ月ぶりに整形外科へ。そろそろ終わりかな?と思って行ったら予想通りに「ほぼくっついたと言えるから、今日で終わりにしますかね」と言われた。
 長かったような短かったような骨折の日々だったけど、取りあえず良い経験が出来たと思っている。物事はその立場に成らないと判らない事がいっぱい有ると今さらながら気付かされた。
 病院が終わりと言っても以前の状態に戻った訳じゃない。整形外科的な治療はこれ以上やる意味がなくなっただけ、あとはリハビリ的に半年か1年か判らないけど元の状態まで戻す事が必要に成る。可動範囲だけ見ても9割くらいしか動かない。動きまで入れた運動能力は7割も戻ってない。まあボチボチ行こう。

 適当に?仕事をして夜は福岡空港へ。アトランタに住んでいる嫁さんの妹夫婦が成田経由で到着したので我が家まで送迎に。我が家に3日ほど泊まってあとは大阪の実家や横浜経由で帰るらしい。
 こっちも夫婦で行ったからランティスに荷物が全部載らなかった。仕方ないので後部座席を1/3倒してそこにも荷物を載せた。楽な助手席に旦那を乗せようとしたら、「ハネムーンだから」と言って狭い後席に二人でくっついて乗りこんだ。この辺のセンスというかベチャベチャ具合というか、流石にアメリカ人だと思う。
 xoxo

| | コメント (2)

2015年9月17日 (木)

死ぬかと思った

09171 ほったらかしにしていた国勢調査の記載と提出をした。昔からこの手の提出物は苦手で、夏休みの終わりには鬱状態の子供だった過去からすると上出来のタイミングだ。
 ネットで出来るという事だったのでネットでやってみたけど手書きよりは簡単だ。途中で判りにくいと言うか迷うような部分も有ったけど、まあ調査だからどうでも良かろうと思って適当に書いてお終い。
 マイナンバーが動き始めるとこれは不要になるんだろうか?。天下り先や利権の確保と収入とか銀行口座の把握など、ヤナ方向に進んでいきそうな気がするなあ・・・今の政治を見てると。どっか別の国に行くか。
 この文章を書こうとして何回やっても「国税調査」が出てきて困った。しばらくして「こくぜいちょうさ」じゃ無くて「こくせいちょうさ」だと気がついた。

09172  死ぬかと思ったのはこの画面。風呂前にエアロバイクを漕いでいたのだけど、途中で心拍センサが上手に拾わなくなって検出される心拍数が徐々に下がってきた。
 今のモードは心拍数を維持するように負荷が自動で変動するモードな訳で、心拍数の低下に応じて負荷はドンドン重くなっていった。終いには45歳の上限?と思われる250Wに張り付くまでに。
 私にとってこの負荷は死にものぐるい。カボス君の本番中負荷が280W辺りらしいけどそれに近いわけだから私に出せる訳がない。嫁さんに「バカじゃない?、どうして止めんの?」と言われながらも、「止めたら機械に負けたことになる!!」とか叫びながら耳たぶの挟む位置を変えたりした。

バイク 12km

| | コメント (4)

2015年9月16日 (水)

調子良いのか悪いのか

09161 先日落札していた小径用超硬ボーリングバイト、先端のチップが来たので装着して試験切削してみた。丁度8mmくらいの穴が開いていたアルミ棒が有ったのでそれを使ったけど、なかなかイイ感じに削れている。
 超硬だと中古でも1万を超えるような事もあるけど、これはチップが付いてなかったからか4,000円で購入できた。バーのメーカも型番も判らんので適合するチップを探すのが苦労するかな?と思っていたけど、手持ちのヤツで簡単にサイズが特定できたので助かった。手持ちは右勝手だったから左勝手を手配した。10個で5,000円くらいするからバーよりもチップの方が高い。

09162  こっちは何回も躓いて調子の悪い方。ポルシェ964のエアコンファンのモータドライバ。腐っていたのをほぼ再生レベルで修理したのだけど、その後で「放熱版を車体に付けるときに火花が出る」と言う問題が出た。
 メカの人から話は聞くのだけど、私が行ったときは火花が出ないし、単体の試験でも短絡が見つからない。それでグダグダやっていたのだけど、今日になって一つ進展した。
 朝一に取り外すときは火花が出なかった。でも夕方に装着するときに火花が出た。そしてその時は私が立ち会っていて、火花が出るとファンモータが回ること等が確認できた。しかも幸運にも?その後も安定してショート状態が続いてくれた。
 持ち帰って色々見るけど素子は壊れていない。基板もpAレベルのリークは有っても火花は出ない。よくよく見ていったら1段目の放熱器の端っこにバリを発見。この放熱器とでっかいアルミ板とは絶縁シートで絶縁してあるのだけど、どうもこのバリが絶縁シートを突き抜けてショートさせていた感じ。
 ここはFETのドレインなのでアースに落ちたらモータは回る。今日の状況とも合う。絶縁シートにも押されて圧縮されたような跡が有る、それも周囲に数カ所。。。
 と言うことでこの部分をヤスリで削り取り、新たに絶縁シートを切り出して今日の所は作業終了。この部分が原因の可能性が95%くらいあると思う。
 「BOSCHさんしっかりしてよ!」と言いたいところだけど、その前に何時まで経っても発見できなかった自分に対して「しっかりしろ」と言っておかないと駄目だ。

スイム 1.0km
バイク 12km

| | コメント (2)

2015年9月15日 (火)

電動マップケースの修理

09151 妙な機械が送られてきた。アルミで出来たタッパみたいなケースの中にモータとギヤが入っていて、コピー機の中のようなシャフトが通っていて、中央部に電子回路の乗った基板が有る。。。オートバイのラリーで使う電動のマップケースらしい。
 今はGPSしか使わないのかと思っていたけど、こういうローテクの機械も健在みたいで興味深い。地図を読むって部分も競技やゲームのうちと考えると、GPSに頼るのは面白くないしね。
09152  機械や用途と組み合わせて初めて意味の解る興味深い回路だった。手元スイッチで正転と逆転が出来るのだけど、そのどちらともロール状の地図を引っ張る方のトルクが強く、引っ張られる方のトルクが弱くなるように成っていた。
 2個のトランジスタがおかしい感じで、念のために4個有るトランジスタは全部交換した。あとは数値がずれていたチップ抵抗を1個。復旧以外の改良点としては2枚目の画像で解る5本のピンに絶縁チューブを被せた。
09153  ここはアルミの筐体をコネクタの端子が貫通しているのだけど、少なくとも私が分解したときは何も絶縁物が入ってなかった。相手の基板はビスで止めてあるけどバカ穴なのでガタがある。状況によってはショートすると思う。
 新品時はなにか入っていたのかも知れない。今は無いのだから入ってなかったか耐久性が無かったかのどちらか。ガラスチューブにシリコン含浸のチューブを使ったのでしばらくは持つと思う。

 昨日に続いて今日も8kmのランニング。流石に脚が怠い気がする。と言うことは今の段階では8kmランの疲労が24Hでは抜け切れていないという訳だ。まだまだだ・・・。地道にゆっくり行こう。
 何故かメチャ腹が減ったので晩飯の前にもかかわらずプロテインを飲んだ。しかもご飯も半分くらいお代わりした。風呂の前にエアロバイクを漕ぐ必要があるなあ。

バイク 12km
ラン 8km

| | コメント (4)

2015年9月14日 (月)

秋月の250円電圧計

09143 他の部品を買うついでに、随分前に買っていたのだけど放置状態だった秋月の電圧計。1個が250円とメチャ安いので何かに使えるだろうと4個ほど買っていた。
 白骨号にはO2センサのモニタを付けていたのだけど、最近は安定していて用が無くなったので外した。その代わりに?電圧計でも付けてみようと思って急遽製作。
 製作の前に精度を検証しておこうと思って電源装置とマルチメータに繋いで試験してみたのが1枚目と2枚目の画像。スペック上の精度だと2%+2dなので15Vなら最大0.5Vの誤差、4個有るから一番良いのを使おうと思って。
09141  ところが予想は良い方に外れて1個目がメチャ精度がよかった訳。今の温度だけで合っている可能性も多々あるけど、他を測定するのも面倒だったのでこれを採用。
 GPS用の売れ残りシガレットプラグを分解し、頭というかお尻にホットメルト系接着剤で電圧計をくっつけたら出来上がり。10分くらいで出来た。見た目はそれ相応だけど(笑)。

09142  取り付けてエンジンをかけ、ライトを付けたりクーラーを入れたりして試してみた。どんな状態でもほぼ14.1Vから14.2V程度でで安定している。
 自動車やバイクの電装系は低電圧大電流なので抵抗の影響や電圧降下が大きい。だからこの手の測定でもどの箇所の電圧を測定しているのか?が大事。
 この車のシガレット電源はACC以上でオンになる回路から引っ張ってあって、ウインドウォッシャーやリヤワイパーと兼用のヒューズから取ってある。と言うことは並列機器を使わない限りACCスイッチ出力側の電圧を測定していると考えて良い。
 バッテリー端子電圧に対しては、途中の配線とメインスイッチの接点抵抗が入っている。同じ電圧計でバッテリー端子電圧を測定したら0.1Vなのか0.5Vなのか解らんけど高く出るはず。発電機出力は更に高く出て、14.5Vくらいが発電機端子の電圧かもしれない。

 夕方はランニング。少し間が開いたからか脚が軽くて走りやすかった気がした。風呂の前はいつもの様にエアロバイク。今日の45歳でトレーニングモードにした。45歳のオッサンに勝てるように続けよう。

バイク 12km
ラン 8km

| | コメント (6)

2015年9月13日 (日)

年寄りには意味のない作業かも

09131 昨日のカセットアダプタの電池を充電し、白骨号のカーステに入れて聞いてみた。自分で買ったヤツより良い音というか綺麗に聞こえる。
 これは内部の回路とかよりも信号を出すヘッドに微調整機構が付いている事の効果だと思う。これの調整がずれていたら音が籠もって小さな音に成るけど、調整したら或るポイントで綺麗に聞こえ出すから。と言うことは自分で買ったヤツも何らかの方法で調整したら改善するかも。
 で、聞いていたら何となく音が変な感じがしてきて、よくよく聞いたら左の前のスピーカから音が出てないことが解った。まあ私の耳なんかこの程度だ、走行中は音が出て無くても全く気がつかなかった。停車中に聞いて初めて解ったくらい。
09132  流石に音が出てないのは気持ちが悪いので、ドアの内張を剥がして修理した。原因は単純なコネクタの接触不良だった。ついでに表面の網とツイータのコーン紙の修理をした。
 年寄りにはツイータなんて必要ないのだけど、破れて穴が開いていたのでその辺に落ちていた紙を瞬間接着剤で貼り付けた。破損部以外のボロボロに成っている部分にも接着剤を染みこませて補強した。

 そう言えば今日の午前中は、「第3回中小零細企業の会計を考える会」だった。某社の社長と会計担当者が来て、私とうちの会計担当者と4名で100億円規模の脱税節税対策に関して議論した(笑)。
 うちは起業当初から税理士は使わずに自分で会計処理をしている。最初は人に依頼するお金が無かったからだけど、1-2年やれば後は大した労力無しで法人の確定申告が出来る事が解ったので後はずっと自社で処理。
 基本的に労力の大半は元帳のネタとなる日々の会計処理な訳で、それを自社でやっているなら最後までやることに大した労力の差は無いと感じる。申告の義務は経営者に有るのだから、基本は自分がやって他人に頼んだ方がメリットが有ると感じれば頼めば良いだけの話だろう。今日も話が出たけどユーザー車検みたいなモンだ。
 随分前になるけど、私が起業した時は今ほど会計ソフトがメジャーじゃ無かった。大きなパソコンソフト屋に行ったら1-2種類置いてあるくらい。それが今は複数のソフトのCMがTVでガンガン流れている。自分でやる経営者が増えてきた事が解ると同時に、メリットを提供できない会計士に取って厳しい時代に成ったと感じる。

スイム 1.0km
バイク 12km

| | コメント (2)

2015年9月12日 (土)

2種類のカセットアダプタ

09121 昨日届いた年貢の箱、中には各種の怪しい?部品が入っているのだけど、今日はその中でカセットアダプタをチェックしてみた。
 右側の白っぽいのが自分で買って使っているヤツで、左側の高級感が有るのが年貢の箱に入っていたヤツ。見た目だけじゃなくて機能的にも懲りすぎなくらい凝っている。
 電池に関しては時代を反映して、右はリチウムだけど左はニッケル水素。ここでも懲りすぎの技術者魂炸裂でウォークマンなどに使われていたヤツより長さが短い珍しいサイズ。こんなの売っているのだろうか?。
 一番嬉しい機能は左のヤツはプレイヤーが回転すると自動的に電源が入り、止まると自動的に電源が切れる機能。私が買ったヤツはその機能が無いのか死んでいるのか知らないけど、毎回取り出してスイッチを切らないといけない。
 しばらく白骨号で聞いていてふと思った。ニッケル水素の1.2Vで回路を設計するのって凄いことだ。アンプだけじゃ無くてコントロール関係のマイコン的な部分とか、デコード回路まで入っている訳だし。リチウムだと3.6Vくらいは有るのでだいぶ楽だろう。
 ここまで考えてもっと凄いことに気がついた。ウォークマンの時代はこの電池でモータを回してカセットテープを巻き取る仕事までしていた事に。具体的に考えれば考えるほど凄い技術だと感じてしまう。

 今日のスイミングは中止だったので、飯塚のプールに行って自主トレをしてきた。自主トレと言うよりも自主リハビリに近い。無理なく肩廻りをグルグル動かす。ほんの少しだけ負荷と可動域の拡大を考えながら。
 5分くらいしたら宮若スイムクラブのオバチャンが二人来た。どちらも早いグループの人。遅い人達にレッスン以外の日に会ったことはない。まあそう言うことだ。我々のレベルなら素質とか関係なくてやるかやらないかだけ。

スイム 1.0km
バイク 12km

| | コメント (0)

2015年9月11日 (金)

特知体連と年貢

09111 朝一から昼過ぎまでは古賀の特別支援学校のボランティア。1年前も行ったと思うけど「特知体連」と言う特別支援学校関係の陸上大会の手伝い。
 今日の仕事は3年1組を女の先生と私で受け持つこと。普段は1クラスに先生が2名居るけど、たぶん大会運営側に1名行くから1名が足りなくなったのかな?と勝手に想像。
 行きのバスで隣に座った女の子が話し好きで、好きな芸能人の話とか、自働の機械??で自分で揚げる串揚げの店の話とか、焼肉バイキングのソフトクリームの話とか聞いていたら競技場に着いた。
 少し難しい生徒も居たけど、最初の頃に比べたら少し慣れてきたので緊張まではせずに仕事は進んだ。合間にはトライアスロンをやっている先生と話をしていたので前回よりはリラックスして手伝う事が出来た。
 この先生、背が高くてスタイルの良い女の先生なのだけど今年のIM北海道を完走しており、翌週の大島アクアスロンにも出ていてスイムのタイムは"あしが君"よりも速かったから大したモンだ。
 アクアスロンの時にチラチラ見る人が居るなあ、俺に気があるのかな?(笑)と思っていたら、「あなたボランティアに来ている人でしょ?」と話しかけられてここの先生だったと初めて知った次第。shinakoさんの事もよく知っていて、こう言うのもDNAの引力なのかな?と思ってみたり。

 ボリュームのある弁当を頂いて学校に帰ってから解散。その後はメッキ屋さんに行って製品を取ってきたり試作品を組み立てたり色々やっていた。今日はメッキ屋さんにaikoは居らずお母さん?が対応してくれた。
 夕方からはランニングに行き、昨日と同じようにフォームに気を付けて走ってきた。走って帰ってきたら玄関の前に白い怪しい箱が置いてあるのを発見。爆発物かも知れないのでドラえもんの様な服を着て恐る恐る近づいたら違っていた。
 電子部品とかオモチャとかがゴチャゴチャに入っていて、箱の裏に「ブログ視聴料27年度分年貢」と書いたシールが貼ってあった。何方か存じませんが不法投棄をありがとうございました・・・だいたい解るけどね(笑)。

バイク 12km
ラン 8km

| | コメント (3)

2015年9月10日 (木)

メイドインジャパン驕りの代償

09101 明日返す予定の本が3冊。一番上の本がこの手の本としては意外と面白く感じた。下の黒いのは良くある感じで、人魚の絵のヤツは時間が足りなくてじっくり読んでないからもう一回借りたいところ。
 日本の大企業が段々と腐っていって・・・と言うビジネス書にありがちな内容では有るけど、他の本より取材の中身が深い事と著者の今の立場がフリーで有ること、出版社がNHK出版と経済界と強い利害関係が無いこと等から表現がはっきりしていて解りやすい。
 でも、この本を読んでいて私がずっと感じていたのはパナソニックの事でも無ければソニーの事でも無いし日産の事でもない。全ての章で取り上げられた企業の姿が今の日本の姿にダブって見えて仕方が無かった訳だ。
 もしかしたら著者は日本の事も書きたかったのかもしれない。でも放送法で守られたNHKに現在の与党を批判する事は出来ない。もし書こうとしても極めて歯切れの悪い内容になってしまっただろうから、まあこんなモンかと思って読み終えた。

 雨が降ってなかったので夕方はランニング。ここ最近はずっとフォームと脚の動きだけを意識して走っている。体重も増えていて脚力も落ちている時に頑張っても故障するだけだから、せめて効率の良い走りを模索してみようと思って。
 寝る前はいつものエアロバイク。今日も45歳でトレーニングモードにした。練習会だと30代と競わないといけないわけで、45歳に慣れたら40歳モードに挑戦しよう。

バイク 12km
ラン 8km

| | コメント (0)

2015年9月 9日 (水)

やっぱ超硬でしょ

09091 随分前にも中古の超硬中ぐりバイトの事を書いたけど、今回も同じネタで中古の超硬中ぐりバイト。使用径が前回は14mm~だけど今回のは少し小さくて8mm~くらい。
 バイトの刃先とかチップに超硬が使われるけど、これは主に超硬が硬い事を期待した使い方。同じバイトでも中ぐりバイトのシャンクに使われるのは意味が違って居て、こちらは変形のしにくさ(剛性の高さ)を期待しての使い方になる。
 一般的には・・・と言うか技術系でも販売とか修理の分野では誤解されている事が多いけど、品物の「強度」と「剛性」は別の物。前者はどのくらいの力を加えたら壊れるかであり、後者はどのくらいの力を加えたときにどのくらい変形するか、の指標。
 品物の「剛性」は材料的な「剛性」と形状的な「剛性」が組み合わさった産物だけど、前者の材料的な剛性は「ヤング率」と呼ばれる。これはゴムみたいな感じかガラスみたいな感じかを数値で表した物で、ゴムは小さくてガラスは大きい。
 このヤング率は材質事にだいたい決まっていて、鉄を基準にすればアルミは1/3しか無くて超硬は鉄の3倍も有る。別の言い方をすれば鉄の部品をアルミで作ると3倍変形しやすくなって、超硬で作ると1/3の変形で済むというわけ。
 色々な要素が有るから全ての機械部品を超硬にしたら良い訳じゃ無いけど、変形に対して厳しい中ぐりバイトのシャンクとかは、一番に超硬化したい部分だったりする。全ての部品が超硬に成ったら日本タングステンの某氏は喜ぶだろうけどね(笑)。
 中程に誤解と書いたのは材質毎のヤング率は大して変わらないと言う部分で、アルミ系の超々ジュラルミンは「強度」で鉄を超える物が有っても、「剛性」では鉄の1/3くらいしか無いし、マルテンサイト系ステンレスをチンチンに焼き入れしても、表面の「硬さ」は上昇しても「剛性」は鉄と大して変わらない。
 一例として、翼が撓っても軽さ第一で飛行機をアルミで作るのは解るけど、固定して使う工作機械をアルミで作るのは訳が解らん行為だし、「アルミは硬い、クロモリは柔らかい」と言う自転車乗りは感覚がおかしいか、材質の特性を逆転する程の形状的な変化が有る筈だから、材質では無くて形状的な変化に着目すべきだろうと言う感じ。

 夕方は飯塚のプールへ行った。泳ぎは普通だったけどちょっとした事件が起こってしまった。いや、起こしてしまった。泳いでいたら受付のお姉さんがプールサイドまで来て私の顔を見ている。そして「ライトが点いてますけど・・・」と。
 ヘッドライトを忘れることは無いけど、中途半端な明るさの時にスモールを消し忘れる事は2年に1回くらい有る。白骨号も軽トラも古いからキーを抜いたときに警告音が無いから自分の注意力だけが頼りだ。
 お姉さんに消しに行って貰ったから帰りの受付では平謝り。綺麗で感じの良い人なのでメチャ恥ずかしくて堪らなかった・・・あまり書くと田舎の竹内まりやさんから「私の時は綺麗とか感じが良いとか一度も書かれた事が有りませんけど」と言われそうだからこの辺で(笑)。

スイム 1.0km
バイク 12km

| | コメント (5)

2015年9月 8日 (火)

964のエアコンコントローラ

09081 ポルシェ964のエアコンブロワモータのドライバを再生したりFETを大型化した話は書いた。それを付けて試験していたらファン風量のつまみが「0」でもモータが回り続けるというトラブルが発生。
 他の車と交換したりして調べてみると、ドライブ基板は正常で信号を出しているコントローラ側がおかしいことが判明してしまった。
 これはかなり厄介だ。妙に凝っていて上記の左右独立したファンモータの制御だけじゃなくて、温度設定とか4個有るフラップのサーボ制御まで一括で引き受けているヤツだから。
 新品は20万とか恐ろしい話が有る。ファンが回り続ける以外は正常?に動いている感じなのでこれ以上壊すと困った話になってしまう。少々ビビリながら分解してみた。
 サブフレームみたいなヤツが物理的に複数割れていたりして、無理な分解をしたのか衝撃でも加わったのか、何かが有った感じ。フラップモータは4個の専用ICが並んでドライブまでしている。OPアンプ類は温度設定関係だろう。4000系のデジタルICはファンモータのPWM信号を作るマルチバイブレータだろうか・・・。
 こんな感じで取りあえず一休み。リプロ品を作るなら回路を追っかけても良いけど、今回は単品なのでカンジニアリングでやるしか無いかな。眠たい夜に成りそうだ。

 ポルシェ屋さんにも行ったし複数の外注先を回っていたので夕方のトレーニングは出来なかった。寝る前のエアロバイクは年齢を45歳にしてみた。設定心拍数が50歳に比べたら2-3泊上がった感じ。明日からこれでいくか。

バイク 12km

| | コメント (2)

2015年9月 7日 (月)

玉屋旅館

09071_2  昨日の夜から色々やったけどストリートビューをそのまま貼り付けるやり方が解らんかった。だから画面のコピーにリンクさせている。グーグル様の利用規約的に少し引っかかるかもしれん。
 まあ広告業なんで、悪意のない使い方でみんなが見てくれる事が増えれば文句は言わんだろう。

 ニュースで千葉の竜巻の事を言っていた。関東の話なので普通に聞き流していたら蘇我とか今井とか何となく聞き覚えのある地名が出てきた。調べてみたら20年以上前に川鉄千葉の仕事で長期間滞在していた辺りだった。
 泊まっていたのは「玉屋旅館」。工場地帯とかに良くある労働者向けの安い長期宿泊所で、昔の木賃宿と今のビジネスホテルの中間辺りに位置する感じ。竜巻の番地までピンポイントだったので、古いあの旅館が倒壊してるんじゃ無いか?と思ってストリートビューを見てみた。すると最新版では集合住宅に変わっていて別の意味で驚いた。
 年代を数年前まで遡ると懐かしい「玉屋旅館」の姿が現れた。ここは永島敏行の実家で、ときどき帰ってきてチェロキー(だったか?)を写真の門から入った所に止めて居るの見た記憶が有る。会ったことは無いけど。
 部屋は一人部屋か二人部屋で手前の煙突が出ている場所が共同の浴場。その左手奥の方に洗濯機が置いてあった。私は二階の窓が見えている部屋かその奥の部屋に居る事が多かった。
 女将さんはいかにもこの手の旅館に居そうな恰幅の良い体つき。やり手ババア的に少し怖いイメージもあった(笑)。旦那は競輪選手だったと言う話だったけど痩せて影が薄くて信じられなかった。
 写真で見る限り既に廃業している感じ。あの夫婦は元気で居るのだろうか?、一緒に仕事をした人達はどうしているのだろうか?、設備はきちんと動いているのだろうか?、色々と懐かしい気持ちに成った。

 夕方はランニング。季節的に丁度良い感じ。これ以上寒くなると出るのが億劫に成るので今くらいの気温の時が私は好きだ。走り出して2-3kmで汗が噴き出して来る位の時が。寝る前にエアロバイクを30分。こっちの方はもう少し寒くなってからの方が好きだ。上半身は裸で漕いでいるのだけど、汗がしたたり落ちてバイクがベチャベチャに成ってしまう。
 だいぶ安定してトレーニングが出来るように成ってきた。今はお菓子があまりないのでカロリーの収支的には軽いマイナスに成っているはず。この位では目に見えて皮下脂肪は減ってこないなあ。

バイク 12km
ラン 8km

| | コメント (2)

2015年9月 6日 (日)

法面は難しい

09061 草刈とか抜根作業をしている離れた土地の事。今日は残ったゴミの中から薪になりそうな枝を拾い集めて薪を作り、道沿いの法面をユンボで補修した。
 写真では解りにくいけど道の横には側溝が走っていて上にはコンクリの蓋がしてある。本来ならその蓋の横からうちの土地の法面が始まるのだけど、少しずつ土が崩れてきて側溝の上を全て覆う位まで成っていた。
 この手の作業は初めてやったけど、側溝の蓋を壊さないように、そしてめくらないように、さらにはその下のU字溝を壊さないように操作するのは結構難しかった。ガンダム世代じゃ無いけどガンダムの操縦士には成れそうにない。
 蓋の上の土がだいたい剥がせたら下に膨らんだ法面の整形。バケットの先端を理想の法面に添って斜めに動かす必要が有るわけで、これもかなり難しい作業。しかも法面用の平らなバケットじゃ無いし・・・と言い訳しておこう。
 取りあえずこの位まではできた。しばらく放置して落ち着くのを待ってみよう。今の季節なら寒くなる前に草が生えて表面がしっかりしてくれんかな、と期待して。

 ほぼ1日中作業ばかりしていて疲れた。作業の疲労抜きの意味で飯塚のプールで軽く泳いで来た。昨日のスイミングの疲れが有ったのか、今日は左肩の動きが悪い感じ。

スイム 1.0km
バイク 12km

| | コメント (0)

2015年9月 5日 (土)

ホイストが欲しい

09051 午前中はスイミング。クロールの腕は少しずつ回るように成ってきたけど、今日は背泳ぎ系が多くて厳しいレッスンに成った。
 元々キックが苦手だし背泳ぎのキックは更に苦手。そのキックで体力とモチベーションを奪われた後でプルへ移行。プルは全く力が入らなかった。この手の動きを日常生活では使わないせいだと思う。
 そう言う意味ではリハビリメニューに添って色々な動きを強制的にやるのは意味がある様に感じた。今の病院にはリハビリ科が有るけど先生は何も言わない。自分で考えてやるしか無さそう。

 帰ってからは大きなドリドリ君のZ軸を組み替え。最終試作というか製品版に近い部品が出来上がって来たので組み替えた。これは卓上機の上限に近い?サイズが有るため、ヘッド廻りだけでも80kg以上の重さが有る。だから人力で組み替えるのは困難。
 作業場の天井には木製の梁を渡して有るけど、Iビームとかホイストは無い。チェーンブロックも小さいのは250kgしか無いので色々と工夫しながら作業した。XY方向に動く電動ホイストが理想だけど、取りあえずは250kgくらいのレバーブロックを2個くらい買い足そう。

 作業をしていたら軽快なエンジン音が聞こえてきてラモさんがR26で登場。クランクBrg.破損でエンジン全バラ作業だったけど組み上がったみたい。記憶にあるエンジン音に比べたら明らかに軽快で異音が少ない。キャブセッティングはまだみたいだけどO/Hは成功みたいな感じ。
 ダイナモのケースの辺りから何か音がしていた。これが正常範囲なのか軽い異常なのか良く解らんけど、この中身は私がやった部分だから少し不安だ(笑)。無事に車庫まで帰り着けただろうか?。

スイム 0.6km
バイク 12km

| | コメント (4)

2015年9月 4日 (金)

たまには洗車

09041 昼飯の後で久し振りに白骨号を洗車した。水垢を通り越して黄緑の苔みたいなヤツまで生えてきたから流石にヤバイと思って決行。次は正月かな(笑)。
 元々塗装が酷い車だし右のフェンダーは色違いで自家製塗装済み。近くで見たら見られたモンじゃ無いけど、デジカメで撮って縮小すればヤフオク用には使えそう。
 これで辞めるつもりだったのだけど、ウォッシャー液を入れるときに嫌な物を見ていたのでその部分をチェックしてみた。予想通りにボディーとゴム部品のつなぎ目にサビサビが進行していた。
09042  構造的に良くないと思う。フューエルリッドの蓋の隙間から入った雨水がプレス部品の縁の部分に溜まる構造に成っている。ポルシェに文句を言ったら屋根のあるガレージに保管してくださいと言われそうだから言わない。
 取りあえず千枚通しとかスクレイパーとかワイヤブラシとかを駆使して浮き錆を落とし、さび止めを塗って夕方まで放置しておいた。明日か明後日に完全硬化したら適当な白を上塗りしよう。
 漏斗状のゴム部品も破れているので交換したいけど、その下のジョイントみたいな部品とか周囲の細いホース類も痛んでいるような雰囲気。どこまで交換すべきか・・・。

 夕方はランニング。体重はまだ重いままだけど脚筋力が少しは復活してきたようでジョグからランに近くなってきた感じがする。しばらくはペースとか気にせずにフォームとか力のかかり具合を注意して走ろう。

バイク 12km
ラン 8km

| | コメント (0)

2015年9月 3日 (木)

ルミエールのウォッシャー液

09031 前回から使っているルミエールのウォッシャー液。プライベートブランドじゃ無いけど、どこにでも有るパッケージで会社名まで見てないから「ルミエールのウォッシャー液」と言う認識。
 1.5L入って98円と安いから助かる。冬期以外は2倍に薄めろと書いてあるけど、薄めるのが面倒なのでそのまま原液を使用中。うちは井戸水なのでミネラル分が詰まる事を避けたい気持ちも少し。
 白骨号の場合はウォッシャー液のタンクが8Lもある。最初は信じられなかったけど本当にそのくらい有って、今回の補充でも6L入れても口まで来なかった。ヨーロッパ人はウォッシャー液をよく使うのだろうか、それとも面倒くさがりなのか。
 高級品との差は良く解らん。井戸水だけに比べたらはっきりと汚れや油膜の落ちが改善しているのは解る。まあ、いいんじゃなかろうか。

 夕方は飯塚のプールへ。今日は少しだけ左手を真っ直ぐ伸ばす意識で泳いでみた。骨折部よりも肩の関節とかその少し先の辺りが痛かったり動きのボトルネックに成っている感じ。骨折の癒合よりも周辺部のリハビリがメインの時期に来ている事を実感した。
 夜は寝る前にエアロバイクを30分だけ。こんなんじゃトレーニングに成ってないのは明らかだけど、やらないよりはマシだろう。そうそう、油谷産業に業務用エアロバイクが8,000円で出ていた。福岡で広い部屋に住んでいるデブは買ったらよいと思う。

スイム 1.0km
バイク 12km

| | コメント (2)

2015年9月 2日 (水)

偶然にも程がある

09021 明治天皇の玄孫が大麻所持で逮捕されたニュースを見て、どんな人なのか、今でも皇族なのか、ちょっとだけ気になって調べてみた。
 ウィキペディアのページを読んでいって最後の家系図を見て声を上げた。「恒」を使い続けたい家系みたいなので「恒貴」が登場するのは時間の問題だとは思うけど、その兄妹が「浩子」とは!。
 この名前の法則なら「恒貴」と名付ける確率は1/20くらいは有るかもしれない。でも「浩子」の方はそこまで無いだろう。浩宮と同世代で「浩」が人気の時代だと仮定しても精々1/100くらいか。そうなると1/20x1/100=1/2000の確率と成るわけだ。
 いやいや、子供が生まれない場合や3人以上の場合も有る。2名でも男+男の場合だって。そう考えると私の頭では概算ですら計算ができなくなる。1/2000よりも低いんだろうなあ、と言う事は解るけど。
 と言うことで今日は親族しか興味が沸かないネタでした。

 全く関係ないのだけど、コメントを貰ったときに来ていたお知らせメールが数日前から来なくなった。ココログの障害なのか、意図せずに設定を変えてしまったのか、受信側の障害なのか、プロバイダが勝手に迷惑メールとして処理しているのか???。
 加齢による注意力の低下と相まって、コメントを貰っていても気がつかない場合が有ると思います。取りあえず先手を打って御免なさいと書いておきます。

 夕方は雨が上がっていたので走りたかったけど、丁度実験的な仕事をしていてその場を離れることができなかった。仕方なく晩飯のあとでエアロバイクを少しだけ多めにやった。

バイク 12km

| | コメント (7)

2015年9月 1日 (火)

鶏に牛刀

09011 7月の始めに修理というか再生作業をしていたポルシェ964あたりのエアコンファンドライバ。回りっぱなしで再修理に成ってしまった。
 ポルシェ屋さんに行って簡単な検証をした時はイマイチ良く解らん感じだったけど、持ち帰って内部を見ていくとモータ1個あたり2個並列のFETがそれぞれ1個だけ中途半端に死んでいる事が解った。
 簡単に作業するなら同じFETに交換すれば良いのだけど、原因が解らないままに交換してもチェンジニアでしかない。取りあえず今は回路しか無いので回路上で考えられる要因を探してみた。
09012  ゲート保護の為に7.5Vのツェナーが入っている。これは生きていた。モータに並列にフライホイールダイオードは入って居らず、FETの過電圧保護のためにでっかいサプレッサダイオード?が入っている。これも25Vあたりで降伏するのでOKと思われる。
 と言うことは過電流で死んだのだろうか?。そう言えばファンが破損して異音が出たという事なので、その瞬間はロックしたかもしれない。直流機がロックされれば電流は数十倍流れたりする。これだろうか?。でも反対側も壊れて居るからロックじゃ無くても軽い不調で2-3倍の過電流あたりが怪しいかも。
 全てが新品の組合せなら壊れなくても、くたびれた過電流気味のモータでは起動時が厳しいのかも。。。そんな考えからFETを大型化することにした。中途半端で二度手間は嫌なので手持ちの中から装着できるギリギリデカイのを選んだ。オリジナルの27Aに対して75A品を並列だ。ハッハッハ。
 これを無理矢理装着したのが最初の画像。ギリギリまでボアアップしたエンジンみたいでカッコイイ。こういう感覚は電装品デザイナーなら容易に解る話だけど、一般国民には解りづらいかもしれない(笑)。

 夕方は雨も降らず走りやすそうな天気だったのでランニング。日曜日の筋肉痛もほとんど無い。少しずつ身体がトレーニングに馴染んできたのかもしれない。

ラン 8km

| | コメント (2)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »