« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

914のサーモスタット

 今日はたぶん極極々一部の人にしか役に立たないネタで、06301ポルシェ914のサーモスタットに関して。ポルシェ914自体が凄く少ないし、それの特定の部品に関する話なので興味のある人はほとんど居ない事が想像できる。でも書く(笑)。
 914は空冷なのにサーモスタット?と疑問に感じるかもしれないけれど、冷却風の量をコントロールするためにサーモスタットが装備されている。
06302  これは空冷のVWから来た構造らしくてサーモスタットも非常に良く似ている。でも同一ではない。そして市場の原理から数の多いVW用は入手可能だけど914用は欠品。と言うことでVW用を改造して914用を作ってしまおうという話。
 やっていることは画像を見てもらえば解ると思うけど、この部分には内部を密閉する部品が入っているし、ネジは凄く特殊なサイズだし、元ネタのVW用も高価でメチャ緊張する作業。
06303  出来上がってから本当に伸縮するのか試験してみた。本当は温水にでも入れて周辺温度と長さの変化をグラフにでもしたかったのだけど、工具の手配とか作業に予想以上の時間が掛かってしまったので簡易テストだけ。
 元ネタは純正の新品なので性能は出ていると思われる。怖いのは改造作業中に壊してしまってないか?だけ。と言うことで適当に加熱して伸びるかどうかを見た。
06304  ドライヤで温風を吹きかけた。最初は変化が無かったけど或るタイミングでグググッと伸びてきた。なんか生き物みたいで気持ち悪い。でも正常な事が確認できて良かった。そしてよく考えたらグラフを作ってみた所で、正常品のデータを持ってないのだから仕方がなかったわけだ。
 うちの911にはこんな機構は入ってないと思う。スッと常温まで上昇して加熱しないのがエンジンの為には良いはずだから、911にも同じ様な機構を付けてみようか?。

 雨が降っているのでウォーキングは無し。歩かなかったら急に眠くなったので1時間ほど寝ていた。やっぱり少し疲れて居るのかもしれない。運動量ゼロは気になるので、風呂に入る前にエアロバイクでも漕いでみようか。手が前に出るかどうかが問題だけど。

 60歳のトレーニングモードで20分ほど漕いでみた。かなりキツイ。ハンドルを持つだけで汗が出てきそうな雰囲気。ああ体力が落ちとるなあ。

バイク (8km)

| | コメント (2)

2015年6月29日 (月)

ミラクル紙飛行機 大決戦!

06291 昨日の昼頃だったと思うけど、米田からメールが来た。「NHKの地上波に出るから見ろ!!」と。いや、彼はまともな人間だから「ご興味あれば、ご覧ください。」と控えめに書いてあったけど。
 彼とは頻繁に会ったりはしないのだけど、何となくポツポツと接点が有って連絡を取り合ったりする仲。京大の航空工学科で学びながらグライダーに乗り、富士重工業で航空関係の仕事をしながらも趣味のグライダーを続け、それなりに偉い人に成った後で定年退職し、今はどこかの大学で趣味の?教授をしている。ヒコーキに興味を持った少年の生き方として、ある意味理想に近い人生なんじゃ無いか?と思ってしまう。
 まあ隣の芝生は青く見えるから本人は違うことを思っているかもしれないけど、航空工学科に落ちて機械工学科に行き、怪しい機械を作っている私から見たら十分に青く美しい芝だ。
 そんな彼が出る番組は「超絶 凄(すご)ワザ!」と言う番組。これは知っていた。「ブラタモリ」の後の番組だ。ブラタモリは晩飯を食べながら見たり食後のコーヒーを飲みながら最後まで見る事が多いけど、凄ワザに成ると5分くらいで切って席を離れてしまう。民放の劣化コピーみたいな位置づけだし、司会やナレーションの雰囲気が鬱陶しくて見続ける事が出来ない。
 でも彼が出るなら見ないわけには行かないだろう。NHKからパクッて来た画像を見る限りでは、一時期太っていたけど今は痩せて学生時代の顔に近い気がする。ストレスのない仕事で健康的に過ごして居るんだろうか、ゼミにカワイイ女子学生は居るんだろうか、色々と気になる。

06292  朝から天気がよい。昨日の作業中にアルファのテールライトAssyに水が入っている事が判明したので、今日は朝飯の後で分解して天日干しにした。
 あとは延々と半田付の仕事を続け、夕方に成って日が陰ってきたら取り込んでおしまい。水は乾いたけど侵入経路が解らない。雨ざらしの駐車なので結構重大な問題だ。真面目に取り組もう。

 夕方からはいつものウォーキング。骨折部の痛みは日に日に弱まっていく。でも他人の骨折日記を読む限りでは、骨が着いてない人でも痛みは順調に弱まっている模様。だから骨が着いていることの証明には成らない。金曜日に3回目のレントゲンを撮るので真相が明らかに成るだろう。

ラン (8km)

| | コメント (2)

2015年6月28日 (日)

こういう作業なら出来る

06281 休みで天気が良かったのでアルファの作業をした。鎖骨はまだバンドで固定しているし左手は身体の前に出ない状態だけど、少しずつ痛みが減ってきていて結果的に右手の作業性が良くなってきたのが助かる。
 身体の前で両手を使う作業は全然出来ない。だから奥まった配線のコネクタを脱着するとか、左手で持った部品を右手のネジで締め付けるとかは出来ない。
 でも相手がしっかりしていて工夫すれば右手だけで作業出来る作業も有る。今日やったタイヤの脱着とかショックアブソーバの交換とか。車体がしっかりして動かないので、仮付けやネジの脱着が片手で済むから。鎖骨を折ったことが無い人は言っている意味が解らないかもしれないけど。
06282  保持するのにジャッキを複数使ったり、足でメガネを固定したり、色々と悩んで時間も凄くかかったけど、一人で片手だけでリヤのショックアブソーバを交換できた。ちょっと嬉しい。
 試運転したら効果は劇的だった。当たり前と言えば当たり前で右は完全にスカスカに抜けていたし、左も車検時にダダ漏れでパーツクリーナ1本使って廻りを洗浄したくらいだったから。
 特に変わったのがコーナリング中の凹凸。今までは廻りの車と同じペースだと怖くて堪らなかったのだけど、新品のショックを付けたら普通の車のように走れる。減衰力は偉大だ。
 あとはリヤトランクのラッチがおかしかったので修理。これは付いたまま片手作業は無理だったので、Assyを外してバイスに挟んで修理した。このAssy脱着の方がショック脱着よりもキツかった。

 能率が悪いのでこんな事をやっていたら夕方になってしまった。もうすこしやりたい事が残っていたけど、定期的な運動の方が大事なのでウォーキングへ。西中往復の8kmを気持ちよく歩いて来た。

ラン (8km)

| | コメント (2)

2015年6月27日 (土)

刺激的な一日

06271  午後からポルシェ屋さんに仕事の事で行ったのだけど、なんか違う作業が繰り広げられていた。どうみても自転車、そしてTTバイクの組み立て作業。
 聞けばナローに乗るお客さんが通販でTTバイクを買ったので、工場で組み立てているとか。まあそう言う事も有るかなと思って聞いていたけど、1台目の自転車と聞いてぶったまげた。
 お金持ちの人が1台目に高いロードを買うのは見たことが有るけど、1台目にTTバイクを買う人は知らない。しかも電動コンポが標準のFELTの結構なグレードじゃないか。
 本当に1台目なので何もない。一緒にフリーライドに行ってスタンドとか空気入れとかペダルを買ってきた。シートポストが長すぎたのでオーナー自ら切っているのが1枚目の画像。
 組み上がったら前の道で試走。調子が良いみたいでヘルメットを被ってもう一回。ヘルメットはTTヘルだった。衝撃で何も言葉が出なかった。凄い人も居るもんだ。

06272  家に帰って少し散歩しようと思って歩き出した。笠松小学校のあたりまで来たとき、前方からF40のチョロQが来て走り去っていった。
 こんな車の行き先はうちしか無いと思い急いで引き返した。でも鎖骨が折れたままなので走ることが出来ず、痛みを押して必死で歩いて家まで帰った。
 予想どおりにチョロQはうちに止まっていた。良い車だ、F40とこの車が並んでいてどちらかをやると言われたら、しばらく悩んでこっちを貰いそうな気がする。2台か3台しか売れなかったらしいこの車、お金が有っても買えない。
 真面目な仕事の商品開発の話とか、車検の時に改造車と思われて苦労した話とかをした。まあ仕方ない、車好き100人に聞いたら99人までは「良く改造しましたねぇ」と言うだろうから。

ラン (3km)

| | コメント (4)

2015年6月26日 (金)

CDI用コイルとポイント用コイル

06261 8ピンのCDIと一緒にBOSCHのCDI用コイルも2個入ってきていたので、CDIコイルに関して少しだけ書いてみようと思う。
 良く解らないかもしれないけど、同じ時代の同じBOSCHが作った同じポルシェ用の、ポイント用やフルトラ用のコイルに比べたらCDI用は明らかに小さい。
 実際に測定してみても直流抵抗もコイルとしてのインダクタンスもCDI用の方が相当小さい。この理由はポイント式とCDI式のエネルギ保管場所の違いによる本質的な問題から来ている。
 CDIの場合は放電用コンデンサにCV^2の形で貯えられたエネルギを点火に用いる。対してポイント式やフルトラ式の場合はイグニッションコイルの1次側にLI^2の形で貯えられたエネルギを使う。だから或る程度のLを確保する必要が有り、結果的にメチャ小さなイグニッションコイルは作れない。
 CDIの場合はコンデンサにエネルギが溜まっていて、イグニッションコイルは単なる変圧器。希望の変圧比を有して壊れさえしなければ良いわけで、インダクタンスとかはあまり考える必要がないから小さくできる。バイク用でもCDI用はかなり小さい。
 実測した上記の直流抵抗は0.478Ω:685Ωであり、ポイント式に良くある3Ω:14kΩなどに比べると相当小さい事が解る。
06262  で、この抵抗の小ささが「CDIはかぶりに強い」と言われる事に繋がるのだけど、専門書にはきちんと書いてあってもネット上でそのことに触れているページは少ないように思う。
 2枚目の画像はイグニッションコイルの2次側とプラグを凄く単純化した物。電圧は2万Vで正常なプラグの絶縁抵抗は7MΩでかぶったプラグの絶縁抵抗は14kΩと仮定している。
 あまりに長くなるので結果だけ書くと、かぶったプラグに対してCDIなら1万9千Vを印加出来るけど、ポイント式やフルトラだと1万Vしか印加できない。1万9千Vだと始動できるけど1万Vだと失火して始動できない場合が出てくるというわけ。
 で、ユーザーとして使うだけならこんな事はどうでも良いのだけど、CDIを自作するような場合は注意が必要と成る。せっかく高性能なCDIを自作してもコイルに高抵抗なポイント用を採用してしまうと「かぶりに弱いCDI」と成ってしまうわけ。

 夕方になって天気が凄く良くなったので気分よくウォーキング出来た。ちょっと距離を伸ばして西中往復の8kmを気分よく歩いた。

ラン (8km)

| | コメント (6)

2015年6月25日 (木)

壊れない自信でも有ったのかねえ?

06251 昨日の続きでポルシェというかBOSCHの8ピンタイプCDIの事。画像は上面にある秘密の?蓋を開けたところ。中には1次側をスイッチングするパワートランジスタが入っている。
 TO系列のパッケージだとケースの表側に装着する事に成るし、保護の事やデザインを総合的に考えた末の苦心の作かもしれない。社外品のイグナイタにも同じ様なデザインが有るし。
 ただ、蓋の固定はビスにして欲しかった。これは縁をかしめて有るから外すのがメチャ面倒。あまり無理をするとアルミダイキャストのケースを傷めそうだし、或る程度の力を加えないと、落とし込んだ後でかしめてある蓋は取り出せないし・・・。
 トランジスタ自体は点火用ほど特別じゃ無くてよさそう。周波数は数十Hzの単位だし、点火用ほどのインダクタンスも逆起電力も起こらない様なトランスだし。取りあえずチェックして必要が有ったら交換か。
 自作の時は絶縁されたTO-220とかが楽で良いけど、装着された姿はTO-3の方がそれっぽくてカッコイイ気もする。古い人間だからか?。

 昨日動いてないので8kmくらい歩こうと思って出たけど、途中で雨が強くなってきたので引き換えした。まあこんな感じで良かろう。
 下半身は最低限で維持できているけど、上半身の特に左側が酷い。目で見て解るくらいに筋肉量が減少している。嫁さんに見せてもはっきり解ると言っていた。こりゃ骨が繋がったとしても後が大変そうだ。

ラン (6km)

| | コメント (4)

2015年6月24日 (水)

ポルシェの8ピンCDIは変わってる

06241 今日は徐々に天気が悪くなってきて、仕事が終わった頃には雨が降り出してしまった。エアロバイクにしようかなと思ったけど、少し頑張りすぎな気がしてきたので止めにした。その代わりにポルシェの8ピンCDIの解析を進めた。
 ネットに上がっている回路図と構成が違うことは昨日書いたけど、ネットの回路図を良く見たらポイント式のCDIだと解って少しびっくり。社外品じゃ無くて純正でそう言う車も有ったんだ。
06242  基板と部品から回路図を起こすことは出来ても、能力不足からそれだけを見ても動作のイメージが掴めない。仕方ないので手持ちの部品とかを組み合わせてなんとか動くように仕立てた。
 その状態で各部の変化をオシロで追っかけて行ったところ、ようやくこのCDIの動作とか回路構成が理解できるように成ってきた訳。
 オシロって立派な電子技術者の物じゃ無くて、頭の中だけでは理解できない素人やイマイチ技術者にこそ必要な物だと再確認した(笑)。
06243  そして解ったことは、このCDIはDC12Vを電源とするCDIではあるけど、前回修理したBOSCHの6ピンとか一般的に良く見るタイプとは回路構成が違っていると言うこと。
 一般的にはDC12Vから安定したDC300Vを作り、それをコンデンサに充電してサイリスタで一気にIGコイルの1次側に通電する、と言った流れだと思う。しかしこのCDIは安定したDC300Vは作らない。だから電源を入れても「キーン」と言う音はしない。全部の8ピンタイプがそうだとは言い切れないけど。
 回路構成を簡単に書いておくと、普通のポイント式若しくはフルトラ式と同じ様な構成で高圧を作る。これは1点火に1回だけパルス的に作る。それをダイオードで整流してコンデンサに充電する。当然このチャンスも1点火に1回だけ。そして溜まった電気を次の点火信号で本物のIGコイルに通電するという訳。色々な理由が有ったのだと思うけど、こういう方式を採用するに至った経緯を想像すると興味深い物がある。
 取りあえず回路の意味は解った。あとは修理に必要な物を手配して機械的にも安定した形に修理しないといけない。今日の夜だけでも5時間くらい作業してしまった。修理代、高いよ~(笑)。

| | コメント (8)

2015年6月23日 (火)

6ピンの次は8ピン

06231 先月だったと思うけどポルシェの6ピンタイプのCDIの修理をやった。その関連で8ピンタイプの修理が入ってきた。不調に成って止まったらしい。
 外から試験した限りでは電流が15mA程度しか流れて居らず、当然の事ながら裏蓋を開けても高圧は出ていない。相談したら分解して進めても良いとの事だったので、更に奥まで分解しながら原因の追及と修理の方向性を探っていくことに。
06232  1枚目の基板をめくって中を見ていくと1本の線が溶断?しているのを発見。場所から想像するとDC-DCコンバータ部のアース線と思われる。と言うことはトランスとか蓋の中に隠れているメインのTrとかも破損しているかも。。。
 さらに、これ以外の「弱い」アースを伝って不調ながらもしばらく動いていた可能性もあるわけで、そうなると巻き添えで制御的な部分も壊れているかもしれない。
 あー、と思いながらペリカンのフォーラムで拾った回路図と見比べていくと、明らかに回路構成が違うことが解って更に落胆。こうなると全部自分で回路を追っかける必要がある。少しだけ追っかけ始めたけど眠くなったので止めた。ボチボチやろう。
 この手の仕事は静かになった夜中にやるのだけど、最近は骨折のせいで眠りの質が悪いのか直ぐに眠くなったり疲れたりする。それ以前に歳のせいかもしれんけどね(笑)。

ラン (6km)

| | コメント (0)

2015年6月22日 (月)

遺伝子の引力 パート??

06221 昨日の夜、天気予報を見ていたら水曜日以降はあまり良くない事が解ってきた。で、今日の午前中に車検を済ませてしまおうと決めて予約した。そして三男を引っぱり出して田んぼの中の道で光軸調整をやった。
 そして今日、単純な継続なので書類的には簡単。2ラウンドの予約だけど間に合ったので1ラウンドに並んだ。そしたら最初から躓いた。バックランプの左が不点灯。さらに不安だったサイドスリップが「×」、そして下回りの点検でマフラー前のパイプに穴が有ることを指摘された。3個も不具合点が出るとは恥ずかしい。
06222  今の左手でトーイン調整は厳しそうだったので、ネットで調べていた近所のテスター屋に行ってみた。みすぼらしい建家だったけどここの親父は凄かった。1回様子を見た後モンキーでチョチョッと調整をしたら「0.0」を出した。まあピッタリはまぐれだと思うけど、1発で±0.5くらいは出しそうな雰囲気。
 後は家に帰ってなんとかやるしかない。バックランプは単なるソケット部の接触不良。テストの時は点灯したのに不安要素を放置していた罰だ。綺麗に磨いて接点グリースを塗って組み直した。
06223  そして最難関のマフラーの穴。痛くて動かない左手をかばいながら、下から潜っただけでは簡単に見えない場所の穴ふさぎをした。泣きそうに成ったけど中村久子の裁縫よりは楽だろうと思って少しだけ頑張った。
 間に合うかと思ったけど2ラウンドには間に合わなかったので、午後の3ラウンドで再検査を受けて無事に合格した。あとは残っていた仕事を必死でやっていたら直ぐに夕方に成って1日のお終い。ああ忙しい1日だった。でもあと2年はアルファで遊べる様に成って嬉しい。

 何が遺伝子の引力なのかというと、テスター屋でサイドスリップ調整をやっていたときのこと、年配のオッサンが古ーいスクランブラーに乗ってやって来たわけ。なにもこんな場所で会わなくても良いでしょ(笑)。
 そう言えば車関係で遺伝子の引力を感じた話がもう一つ有った。次男の彼女が自動車学校に通っているらしい。次男自身は免許とか要らんと言っていたけど、彼女は免許が欲しい人らしい。面白いのはそのコースがMTコースと言うこと。最近の女の子でMTの免許を取るとか、某エンスー女子大生くらいしか知らんなあ。

ラン (4km)

| | コメント (4)

2015年6月21日 (日)

みんなありがとう

06211 昨日の事になる。私が片手と片足を使って荷物の梱包をしていたら、変なオッサンがスクランブラーに乗ってやって来た。オフ車とかトレール車じゃなくてスクランブラー(笑)。
 後には段ボール箱が積んであって中から高級そうな箱を取り出してくれた。有りがたく頂いてあとで中を見たら網のかかったメロンだった。目がくらむようだ。昨日は家族が揃ってなかったので、今日の夜になって美味しく頂きました。
 遠藤周作だったと思うけど、お見舞いのメロンと栗(マロン)の話をアーダコーダと書いていたのを思いだした。あれの相手は北杜夫だったか?、吉行淳之介か三浦朱門だった様な気もする。
06212  さらにこんなのが宅急便で送られてきた。東京の近所に住んでいる妹から。アイツのことだから骨の形をした千歳飴みたいなヤツが折れていて「骨折飴」とか言うのを探し出して送ってきたと思った。でも中身は意外とまともで驚いた。
 いやあ、昔から気立てもよく皆に好かれる自慢の妹だった。学生のころは美少年酒造のポスターに採用された程の美貌の持ち主で、卒業後は将来を嘱望された一流企業勤務の男性と結婚し、今は読者モデル顔負けの二人の娘と共に暮らしている。ありがとう。

06213  そして今日、ちょっと太めの変なオッサンが来てアルファの車検整備を手伝ってくれた。タイヤを外してトーインを調整し、ブレーキのエア抜きをやってくれた。昔から遠くの正規ディーラよりも近所の適当整備士と言うもんね。
 今はネガティブキャンバが基準値の上限なので、それに合わせてトーアウト量を基準値よりも少し多めにして貰った。これで計算上はサイドスリップが基準に入るはず。
 もし不合格に成ったらオッサンの作業を責めよう(笑)。一発で合格したら私の計算がすばらしかったと自慢しよう。ハッハッハ。

 天気も良い肩の痛みも少なかったので16:00に家を出て遠目の散歩。西中往復の8kmを歩いてきた。なかなか気分がよろしい。天気も良いのでビタミンDも沢山合成されたはず。

ラン (8km)

| | コメント (5)

2015年6月20日 (土)

脂溶性ビタミンC

06201 昨日の話になるけど病院に行く前に色々考えた。私はこの2週間にいりこやビタミンDやKを食べ続けたけど、重要なのはコラーゲンの方じゃ無かったのか?と。
 骨折してから調べた限りでは骨はカルシウムだけで出来て居る訳じゃ無いらしい。私の良く解る物に例えると土壁みたいな感じ。竹と縄で骨組みを組み立てて、それに土を塗り込んでいって土壁は出来る。それと同じようにコラーゲンの骨組みが出来て、それにカルシウムがくっついて行って骨になると。
 と言うことは、この2週間はコラーゲンの生成を助けるために、蛋白質とビタミンCを過剰に摂取すべきだったのかもしれない。今回は擦過傷で皮膚の再生もやっているわけで、骨の方の工事業者はコラーゲン工場に何度も納期遅れの催促をしていたんじゃ無かろうか?、ああ御免なさい今日から増産体制に入ります。
 と言うことで病院の帰りにコスモスに寄ってビタミンCを買った。一番安そうな800円位の瓶を選んでいると、後から薬剤師のオバチャンが「脂溶性のビタミンCはどうですか?」と話しかけた。
 ビタミンAは脂溶性でBとCは水溶性と思っていただけに少しびっくり。買おうかな?と思って教えて貰うと値段が3倍強もした。流石に興味で買うには高いので止め。そしたら試供品をくれた。どんな味だろう?。

06202  アルファの車検があと1週間。どうしようか悩んでいたけど、痛みは日に日に引いていくので継続で受けに行こうかな?と。取りあえず不足しているシフトパターンを作って貼り付けた。
 あとは前回作業したトーアウトが付きすぎているので少しトーインに戻さないといけない。でも今の片手では作業が難しい。片腕のメカニックも居るのだし出来ん事もないか。。。
 今日はお見舞いを二つも貰ってしまった。お気遣いいただいてありがとうございました。今日は長くなったし明日食べる予定なので続きは明日にでも。

ラン (4km)

| | コメント (5)

2015年6月19日 (金)

ボチボチやね

06191 骨折後2週目の診察日。正確には12日だけど大差はない。劇的な変化は無かろうと思って診察を受けたけど、まあ予想どおりに経過を見ましょうと行った感じ。骨はずれてないらしいので私としては今までの生活を続けたら良いと判断した。
 汚らしい画像は前の晩に撮ったヤツ。最近は腫れも引いたし極端な痛みも無くなったので色々と触ってみたりして遊んでいる。前にも書いたけど何か細長い物か角が当たって折れたのが濃厚に成ってきた気がする。
06192  肉眼ではもう少し良く解るのだけど、2枚目の赤い線に沿って何かが当たった内出血の跡が有る。これは骨折部と交差しているわけで、この線上に印加された力で折れたんだろうなあ・・・と。
 青い線は現時点での鎖骨形状。病院で撮る斜め下からの画像では真っ直ぐだけど、その面に直角な斜め上から見ると結構曲がっている。
 基本的に「S」型と言われているみたいだけど、右と比べると赤線と交差する位置ではっきりと「く」の字型に曲がっているのが解ってきた。折損部がずれて重なったりせず、「く」の字に折れ曲がって居る事からも横からの力だろうな、と。
 まあ、これ以上弄るのも痛いし妙齢のモデルさんでも無い。今の形状を受け入れて骨が出来てくるのを待つ事にした。もしかしたら鎖骨が短く成ることでスイムの時に以前よりも腕が真っ直ぐ伸びるかも?と期待しながら。

 擦過傷の方は膝を除いて全ての部分の「ハイドロ」が外された。痒くて堪らなかったのでこれが一番嬉しい。今晩は血が出るまで掻いてやろうと思っている(笑)。
 膝は最外装の防水シートが少し剥がれていて、シャワーのお湯がそこから入って「ハイドロ」がお化けみたいに膨れあがってしまった。縁はめくれるわ中はグチャグチャに濡れるわで数日分後戻りした感じ。原因の半分は私の不注意だなあ。
 処置をしてくれた主任のナース、間違いなくバイク乗りだと思う。「酷いからバイクかと思った」「あー、バイクはプロテクターとか付いてますもんねえ」「何に乗ってるんですか?」とそれっぽい話ばかり。ストレスの多そうな職場だから、休日はぶっ飛ばして居るのかな?と妄想しながら聞いた。
 今日の夕方も天気が悪かった。でも腹が出るばかりなので濡れても良いとウォーキング。私の気迫に押されたのかパラパラで済んで良かった。

ラン (4km)

| | コメント (0)

2015年6月18日 (木)

晴歩雨読

06181 朝一と言うよりは朝早くに某ガレージに行ってきた。先日12V化してレギュレータを半導体化したR69Sが置いてあるところ。他の作業の絡みも有って実走が出来て無かったけど、そろそろ実走が出来そうなのでチェックというか様子見に。
 フィールドコイル側だけの12V化なので電圧の立ち上がりが少し遅めに成るのは仕方ない。感覚的には6Vの時代に800rpmでチャージランプが消えていたら、フィールドだけの12V化だと900rpmとか1000rpmで12Vまで電圧が上がってきてランプが消えるイメージ。
 この辺りは各コイルの巻数と残留磁気の影響を強く受けているので、レギュレータを細工しても大して改善しない。
 問題はその上の実用域の発電状況で、雰囲気的に田舎道を気持ちよく走るペース以上なら行けそうな感じ。ブラシの当たりを付ける必要もあるので、しばらく様子を見ながら走って貰う事にした。

06182  片手で普通に?仕事をしたけど夕方になっても今日は雨。ウォーキングが出来ないので先日借りてきた本を読んでいた。
 「幸せのグラス」はまだ読み始めてない。「長持ちの科学」は日刊工業新聞社の本にありがちな広く浅くのタイプ。急にその部門の課長に成った人とかには良いかもしれないけど、何かを期待して読んでもあまり得る物はない気がする。
 それよりも気になるのは各章のの最後にある「だから日本の技術は世界一なのです」的なまとめの文章。最近のテレビみたいで技術的な書籍には違和感有りまくり。
 「韓国昔ばなし」は上巻に続いて下巻も借りてみた。凄く面白い訳じゃ無い、どちらかと言えばワンパターンで単純な話が続いて居るだけ。でも単純な解りやすさからかどんどん読み進んでしまう。そう言えば韓国ドラマを見て嫁さんが同じ様な事を言っていた。

| | コメント (2)

2015年6月17日 (水)

100円のトルクレンチ

06171 骨折ネタは劇的な変化が少なくなってきたのでお休み。今日はいつもの分野で安物工具の話でも。

 画像は東日の1400QLというトルクレンチを試験しているところ。ヤフオクでジャンク品というかはっきりと壊れていると書いてあるのを100円で買った。
 故障箇所はラチェット部でトルクをかけると空回りしてしまう。ネジで開くタイプだったので中を見ると、ラチェットの爪の先が欠けたように痛んで居た。裏側は生きていたので裏返しして正逆の爪を入れ替え、各部を軽く手入れしたら使えるようになってしまった。
 ラチェットの中はかなりの錆だったので、柄の中もパーツクリーナで洗浄してから過剰に注油した。後は何回もカチカチやって摺動部の馴染み出しをやってから測定開始。
 バネ秤の能力的から600kgfcmと300kgfcmの2点をみたけど、解るほどずれて無かったのでびっくり。ラチェットの軸のガタから想像するとタイヤ屋さんとかでガンガン使われて来たイメージを持っていたから。
 取りあえず今は片手で作業効率が悪いのでここまで。手が治ったら中をもう一度手入れし直し5点くらい校正しておこう。分解して中の詳細構造を観察しようと思って買ったのだけど、使える様に成ってしまったので壊すのが勿体なくなってしまった。
 中にリンクとか有る割りに正確だ。一流メーカだからか?と一瞬思ったけど、家にあるどの安物もほとんど狂わないのでそう言う物かもしれない。要は枯れた構造と言うことだろう。

 夕方はメッキ屋さんから持ち帰ってきた部品を片手で必死で下ろし、雨が怪しかったけどそのままウォーキングに行ってきた。昨日の田んぼの中のコースは止めて道の横の歩道を歩いた。意外と肌寒い夕方だった。

ラン (5km)

| | コメント (2)

2015年6月16日 (火)

空冷も中国へ?

06161 骨折後はまだそんな元気は無いけれど、骨折前にオークションで売れたショックアブソーバの取引がやっと完了した。少し興味深い取引だったので書いてみようと思う。
 一部の漢字が文字化けしていたり、日本語が少しおかしかったりしたので外国人だろうと思っていたけど、予想どおりに相手は中国人だった。
 手で押した感じでは十分生きていたけど、流石にショックの中古なので1本1,000円のジャンクで出していた。それが22,500円で売れたのだから万々歳。
 遣り取りは遅めだけど振込も有ったので送料着払いで発送。でもそれからが問題だった。受け取りの住所は日本の商品を中国へ代行発送する会社だったから。着払いは受け取れないと拒否されて営業所へ戻ってしまった。
 その後はメールしても返事がないし、電話したら日本に来ている知人の留学生?みたいなのが出て話が噛み合わない。でも面白い体験だとおもって粘り強く連絡と交渉をして、今日目出度く受け渡しまで済んだというわけ。
 「あー わたし ちがう」「ちゅもん だれ なまえ」と言った遣り取りも面白かったけど、一番興味を持ったのは中国国内で空冷ポルシェの部品を欲しがる人が居て、円安のおかげで日本がその調達先に成っている現実。

 一部では大荒れの天気みたいだけど、ここは好天だったので気持ちよくウォーキング出来た。痛みも少なかったので田んぼの中を少しだけ遠回り。虫が多くてこのコースは失敗。

ラン (4km)

| | コメント (5)

2015年6月15日 (月)

定量的に行ってみよう

06151 カルシウムとかビタミン類の摂取量に関して、良い機会なので定量的に検討してみようと思った。取りあえず「いりこ」の摂取量に関しての計算。
 ちょっと古いけど「四定食品成分表」によると、いりこ100gに含まれるカルシウムの量は2200mgと成っている。
 そして国立健康・栄養研究所のデータによると、50-69歳日本人男性の1日推奨量は700mg、さらに耐容上限量は2500mgと成っていた。
 ここで自分の実摂取量を考えてみる。日本人はカルシウムが足りていないとされている事や、虫歯が多くて背も低いことを考慮すると平均よりもカルシウム貧乏の可能性が高い。私は500mgくらいしか取れて無いかもしれない。
06152  ここで計算。推奨量と実摂取量の差は 700-500=200mg となり、耐容上限量と実摂取量の差は 2500-500=2000mg となる。
 さらに今食べているいりこ1匹の質量を測定してみると、平均的なサイズで95095mgだった。100gあたり2200mgのカルシウムを含んでいるのだから、95095mgの1匹には2200*95095/100000=20.9mgが含まれている計算になる。
 従って、推奨値との不足分を埋めるために摂取すべきいりこの量は200/20.9=9.57匹であり、耐容上限量を超えないようにするには2000/20.9=95.7匹で止めておけと言う結論が導き出された。
 これは平時のデータであり、骨折時のような有事の際には違う可能性が高い。とは言っても有事だからと言って1日に100匹を超すようないりこを食べ続けることは困難だろう。
 と言うことで、毎食後に10匹と10時と15時のおやつに10匹を食べても大きな問題にはならない様な気がしてきた。

 今日も夕方からウォーキング、日に日に骨折部の痛みが少なくなってくるのが解る。だからといってくっついて居るわけは無く、何か間に痛みを和らげる成分か組織でも集まって来ているのかな?と言う感じ。

ラン (3km)

 2015年06月17日誤記修正。95→950

| | コメント (5)

2015年6月14日 (日)

ストレス

06141 色々と気になることが多い1日だった。まずは昨日からやっているルマン。新型車で参戦2年目のポルシェの戦いぶりはどうなのか、去年惜しかったトヨタは勝てるのか・・・、いろんな事を考えながらチェックした。
 結果は積み重ねて来た物の差が出た感じ。耐久王の名前は伊達じゃ無かったし、不正を繰り返してきたトヨタに勝利の女神は微笑まなかった。私は技術者だけど、そう言う事は有ると信じている。
06142  日曜だけど朝飯の後からは仕事をしていた。そしたら変な車が上がってきて変なオッサンが出てきた。骨折の様子見とオモチャの紹介と修理依頼に来たらしい。
 まあメインはどう見てもこの車のエンジンルーム。今時メカポンのカムを作ったとか話す人は少なかろう。普通はキャブかMOTECあたりに逃げるもんだと思うけど。見かけによらず静かで滑らかなエンジンみたい。
06143  後はDNSに成ったはつかいちとかバラモンの状況を見ながら仕事をした。高濱さんは予想どおりに勝っていた。三保チャンが一般女子で総合優勝みたい。
 ミドル以下では彼女に勝てんけど、皆生なら何とか勝てることも有るので挑戦したかった、残念だ。来年以降にかけよう。
 後はずーぅとドリドリ君の制御盤を作ったり、ポルシェ関係の電装品の修理をしたりしていた。
 本当なら日曜日までフルで働きたくは無いのだけど、片手しか使えないので効率が凄く悪いわけ。通常の1/4位じゃ無かろうか。だから仕方なく延々と仕事をしている。

 そんな日常なので心身共に少々ストレスが溜まっている感じ。こう言うのって普通の生活にも良くないし、病気や怪我からの回復も遅くなる。取りあえず冷蔵庫にチョコレートが有ったので多めに食べた。腹は出るけど心が病むより良かろうと言い訳しながら(笑)。
 リフレッシュも兼ねて夕方は歩いた。金曜日頃から感じているのだけど痛みの感じが変わってきた様に思う。最初のころは「ズキッ!!」と言う感じで新たに骨を折られる様な痛みだったけど、それが徐々に「ズーン」と言ったイメージの重い感触に変わった。
 肋骨が折れたときにも同じ感じを受けた事があり、骨折回復の段階が第2段階に進みつつ有るのだろうと勝手に自己診断している。

ラン (3km)

| | コメント (2)

2015年6月13日 (土)

変調されとるやん

06131 超音波美顔器の改造の為に、軽く中身の確認をしてみた。筐体を開けているのは1,600円くらいで買ったヤツじゃ無くて、別途100円で買った中古品。少し古そうなので改造が易しいかな?と思って。
 1,600円の方はあんな値段で売られる位なので、基板上にマイコンも発振回路も一体に古墳みたいな形で作って有るのかな?と思っていたけど、100円の方は古いだけ有ってDIPのPICが入っていて驚いた。
06132  更に驚いたのは改造しなくてもモードに依っては変調されて居たこと。2番目の画像のように55Hzのデューティー比30%程度にオンオフ制御がされていたのだった。
 画像は古いデジタルオシロを適当な設定で保存したから少しおかしい。本当なら信号が出ている部分の周波数は5桁くらい違うので塗りつぶしたみたいに成らないと行けない。こういう部分だけみると、最新のデジタルを買えないならアナログも持っておけと言う意見が良く解る。
06133  その塗りつぶした部分の拡大が3枚目になる。これより1MHzで駆動されている事が解った。纏めると1MHzの超音波を55Hzの30%位のデューティー比でオンオフしている事になる。
 医療用は1MHzから3MHz程度の周波数を1KHzの20%前後でオンオフしているみたいなので少し違う。
 とは言ってもこの美顔器からはそれっぽい波形が出ていることは確かなので、今使っている1,600円を止めて明日から100円のヤツを使おうと思う。
 時間が出来たらオリジナルと同様にPICでも使って、1kHzの20%変調に改造したら医療機器になる?。何となく超音波を当てる・当てないの差の方が大きくて、55Hzのままでも効果が有りそうな気がするけどね。
 そうそう、結石の積極的防止のために、肩に当てた後は腎臓とか膀胱とか尿道にも当てておこう(笑)。

 今日も夕方はウォーキング。変な恰好で歩いているので近所の人が車を止めて話しかけて来るのが恥ずかしい。

ラン (3km)

| | コメント (6)

2015年6月12日 (金)

プラスが無くなった

06121 午前中に病院に行ってきた。擦過傷の治療は事故後も行ったけど、骨折に関しては今日が実質的な2回目の診察と言ったところ。
 予想どおりにレントゲン撮影があり先生と一緒に鑑賞。先生の反応は悪くない。自分で見ても悪く無い感じどころか骨の真直度が向上しているように見える。
 痛いのを我慢して「へ」の字の頂点を押してみたり。バンドで押して矯正するように試みた成果が少しは出て居るのだろうか?。どう見ても初回よりも真っ直ぐで連続性が出てきた感じが嬉しい。
 診察が終わってからは擦過傷の処置、今日も2名のナースに捕まって?シート貼り替えプレイを受けてきた。でもガーゼじゃないからそんなに痛くない。上に貼ってある粘着テープを剥ぐときにすね毛が少し痛いくらい。
 今までは「ハイドロ」と呼ばれる白く薄いシートと、「プラス」と呼ばれるピンクの厚手のシートが混在していた。でも今日から全部の傷口に「ハイドロ」を貼ることに成った。処置としてはグレードダウンだけど肉体的には回復傾向と言うことだ。

 今日もドリドリ君の制御盤を作ったりポルシェ屋さんの出張修理に行ったりと、骨折者にしてはハードな1日だった。接合部が少しは動いたかもしれんけど、活動レベルを高く維持することのメリットが勝っていると信じたい。実際問題として社長に有給休暇とか無いモンね(笑)。
 夕方はウォーキング。今日の診察で骨がずれて無かったので今までより安心して歩くことが出来た。次の1週間もこの調子で行こう。

ラン (3km)

| | コメント (4)

2015年6月11日 (木)

三種の神器

06111 骨が早くくっつくように、と言うよりもこの歳になったら半年たっても付かないと言う様な状態を少しでも回避するために、出来る限りの事をしておこうと資材や機材を揃えた。
 骨と言えばカルシウム。薬でも良いけど福岡なので家に「いりこ」が有る。これには骨も蛋白質もその他の不純物も沢山含まれて入るわけで、カルシウム製剤を摂取するよりも良かろう。
 あとはカルシウムの吸収と骨の生成に関わっているというビタミンDとビタミンK。ビタミンKはまだ届いていないのでDだけ写っている。それっぽい容器に入っているけど薬じゃなくて「食品」のタイプなのでたかがしれているだろう。まあ気分だ。
 そして最後の切り札が超音波美顔器。全部自作しようと思ったけど充電器まで付いたのが1,600円位で売っていたのでそれを買った。解る人には何をやろうとしているか解ると思う。止めとけと言われそうだけど、自分の身体で何を実験しても罪には問われないはず。せっかくの機会なので色々と遊んでみたい訳だ。

 今日はほぼ片腕で半田付的な作業をしてみた。偉く疲れるわりに能率が悪い。まあ仕方ないね。自分のせいだから(笑)。
 夕方はいつもの様にウォーキング。昨日までは右手で左手を支えて歩いていたけど、今日は支え無しでバンドの張力と肩の筋肉だけで位置を保持してみた。なんとかそれで歩ききったので明日もやってみよう。

ラン (3km)

| | コメント (10)

2015年6月10日 (水)

圧縮じゃなくて曲げかも

06101 骨折部の腫れがほとんど引いてきた。元々そんなに酷く腫れては無かったけど、折れた所と脇腹には内出血と触って解る程度の腫れが少々有った。
 歯を磨きながら鏡を見たら違和感を覚えたので写真を1枚。そして良く見るとやっぱり変な感じ。骨折部に縦の線が有る。しかもその線を良く見ると「A」と言うか「Λ」型の物体が当たったような跡に見えるでは無いか。
 今までは肩に横方向の荷重が加わり、鎖骨が圧縮に耐えきらずに折れたんじゃないかと考えていた。その割りには肩の打撲による痛みが無いなあと思いながらも。
 でもこの画像を見て考えが変わりつつある。鎖骨への圧縮応力は許容範囲内だったけど側方力による曲げ応力が眼界を超えてポッキリ折れたんじゃ無いか?と。
 まあ、どっちにしろ折れている事には違いないのだけど、直接の犯人がアスファルトなのか自転車のパーツなのか、的な違いは有るから色々考える楽しみが増えた。
 骨折と関係ないけど写真で見ると痩せて見える。現時点でBMI値が22.7くらい有るんだけど、この位に見えるならもう少しお菓子を食っても良さそう(笑)。

06102_2  2枚目の画像はちょっとした時間に読んでいる本。怪我したから借りてきた訳じゃなくてその前に借りていた。まあ丁度よい時間つぶしに成ったけど。
 どれも司書のお薦めとして表紙を見せて展示してあったやつ。微分のは文章が会話調なだけでメイドさんの絵とかは無い。フィーリングが合えばこれで微分の導入に成る人も居るかもしれない。
 韓国昔話はまだ読んでない。目次を見た限りではタニシの女房だけは何処かで読んだ記憶がある。中国のことわざはだいぶ読んだ。中国人と日本人の違いや似ている所が解って割りと面白い。

 今日もロールケーキを食べるためにウォーキング。昨日よりも少し患部が痛かった。良い刺激なのか過度の動きなのか良く解らん。

ラン (3km)

| | コメント (6)

2015年6月 9日 (火)

障害者には韓国式が優しい?

06091 正確な定義的には違うだろと言われるかもしれないけれど、今の私は左腕がまともに使えない軽い障害者状態にあるのは確か。
 片手でも意外と色々な事が出来るモンだなと思って暮らしているけど、食事に関しては不自由の割合が高いような気がする。その中の筆頭が朝の味噌汁。
 味噌汁じゃ無くても良いのだけど、和風の汁気のある物が難しい、左手でお椀を持って口元に持っていくことが出来ないから。
 正式のマナーでは小鉢の料理も左手で持ってください・・・と指摘されるかもしれないけど、まあそれは箸でつまんで持ってくれば良い。でも汁物はどうにもならない。
 そこで韓国版スプーンであるスッカラが登場する。写真は昼飯の時なので味噌汁は無いけど、スッカラを使ってテンジャンチゲもご飯も目玉焼きもぜーんぶ食べてしまうわけだ。韓国式なので器はテーブルに置いたまま。これなら片手だけでも問題ない。
 スッカラの材質は金属製なので西洋のスプーンとほとんど同じ。でも丸い部分の形状が微妙に違う。平面形状的にはスッカラの方が真円に近く、側面形状的にはスッカラの方が浅い。
 この違いが何から来ているのか知らないし、全てのスッカラがこういう傾向に有るとは断言できないけれど、私の知っているスッカラとうちに有るスプーンを比べた限りではこういう傾向が有る。そして私の口にはスッカラの形状の方が合う。
 そしてこれは三男も同じ感覚らしくて、カレーと+αみたいなメニューの時はスッカラの取り合いに成ったりする。北部九州人なので口の形が朝鮮民族と似ているのだろうか?。

 今日も苦労して仕事の梱包をした。今日はでっかいモータとか金属の固まりが有ったので辛かった。
 仕事が終わってから少し歩いてみた。じっとしている事のメリットよりも、心拍が上がって血流が増える事や、日光に当たってビタミンDが生成される事や、体力や可動域の維持のメリットの方が大きいかも?と感じたから。まあ本当の目的は罪悪感無くロールケーキを食べる為だけど(笑)。
 右手で左手を引っ張り上げておくと楽な事が解った。後は過剰に胸を張るポーズも良い。ただしこういう行為が骨の位置的に良いのか悪いのかは解らない。まあ、医者が次の診察で骨の位置を見ると思うので、その結果を見てその間の生活態度を見直せば良かろう。

ラン (3km)

| | コメント (4)

2015年6月 8日 (月)

福祉車両

06081 朝一にやった作業が軽トラの改造。シフトレバーを上に伸ばして右手でチェンジ操作ができるようにした。
 乗ってみると遠すぎて骨折部を縮める様な体勢に成って痛かったので、最終的に先端位置をもう少し自分の身体よりに調整をし直した状態で落ち着いている。
 昨日までは左手で操作をしていた、かなり痛いけど痛みは我慢すれば済むと思って。でも昨日の夜に寝ながら考えてみたら硬化しかけの接着面を動かす行為に近い気がしてきた訳。だから痛い行為は出来るだけ避ける方向に軌道修正。

 10:00頃に成って廿日市の事務局に電話。「安井さんが出るのに鎖骨1本で辞退だとぉ?!!」と怒られるんじゃ無いかと心配していたけど(笑)許して貰えた。今のタイミングの辞退で本当に済みませんでした。
 次は皆生に電話。こちらはもしかしたら出場出来るかも?と考えて居たのだけど、今の仕事は軽作業では有っても作業を伴う訳で骨折部の固定という面では理想的とは言えない。更に年齢まで考慮すると皆生までに回復する確率は森高似の人妻とお茶するくらい低いと判断してこちらも辞退。皆生に落ちた人も含めて御免なさい。
 後は発送の荷物を作ったりして仕事をしたけど効率が悪い。ただ自分の好きなことをやっていての怪我なので文句は言えない。右手が有る分だけ辻典子より楽だろとか思いながら、足まで動員して何とか仕事を終えた。
 夕方は擦過傷のガーゼ?付け替えのために病院へ。シフトレバーの改造でだいぶ楽に成ったけど時々激痛が走る。でもそれ以上の激痛が処置室で待っていた。
 骨折の診察は無いので直ぐに処置室へ。何となく予想はしていたけどそこでマゾヒスティックな体験をさせて貰った。
 擦過傷の傷は9箇所くらい有る。サイズは直径15mmくらいから50mmくらいまでと色々。その全てのガーゼとネットを2名の看護婦がはがし始めた。「痛いねえ」「御免なさい」とか言いながら。手の空いた看護婦が3名ほど廻りを囲んで見ている「イヤー」とか「わっ」とか言いながら。
 私は事故の時の何倍もの痛みに耐えながら全身の筋肉を硬直させてただ耐えるのみ。全てを剥がし終わったとき、私の目尻には涙が溜まっていた。いやマジで。
 このままじゃダメ?と聞いたけどやっぱりダメらしい。でも今日は力の強そうな看護婦が剥がすときに痛みが少ないシートみたいなヤツを貼ってくれた。そして最後に背中のバンドを昨日の倍くらいの力で締め上げて、「春日みたいなポーズで」と言って送り出してくれた。
 看護婦の仕事って大変だ、そしてマゾっぽい人じゃないと勤まらんな。と感じながら病院を後にした。

 取りあえず2日目の終わり。病院から帰ってきたら某チャンピオンがお見舞いを持って様子見に来てくれた。いやあ、もう本当に色々な人に迷惑をかけ続けだ。済みません、そしてありがとうございました。
 夕食のあとで戴いたロールケーキを食べた。動いてないのにこんなの食べて良いんだろうか?。治ったころには凄いデブに成っていそうな気がする、笑わないでね。

| | コメント (10)

2015年6月 7日 (日)

こんなんで固定できとるんやろうか?

06071 今日もバイキング練習会。廿日市前の最後の練習会なので気合いを入れたりせずに抜き気味でゆったりと終えようと思って参加。
 でも思いとは裏腹に佐賀のガバイおいさんが飛ばす。必然的に先頭グループのスピードも上がってくるわけで、しんちゃんとか私は必死で食らいついていく状態。もうこの段階で気持ちに余裕が無かったわけだ。
 波津に行って津屋崎に行って再び波津に戻るときの事、鐘崎の「ひびき」の前の緩い坂を過ぎた辺り。地形的に割りと速度が乗っている場所だった。前を追ってしんちゃんが加速した、これに乗り遅れたら千切れると本能的に反応し、彼の後に必死で付いた。
 このとき私の頭の中には余裕とか言う言葉はなく、とにかく彼に着いていくことしか考えて居なかったと思う。結果的に車間を詰めすぎてしまい彼の後輪と私の前輪が重なる所まで行ってしまった。57年も生きて何を学習して来たんだろう。
 その後は一瞬の様な気もするけど、ハンドルが左右に取られて左側面が路面に叩き付けられ、しばらく滑った後に少し廻り気味に止まった事を意外と観察していたりする不思議な感覚。

 取りあえず意識は有ったし手足は動いた。止まってくれたみんなが傷口に水をかけたりしてくれたので気持ちも落ち着き、自走できそうなので自走で車まで帰ることにした。左側面の擦過傷は酷いけど意外と痛みは無い。肩だけがかなり痛いけどあれだけの運動エネルギを吸収すれば痛くも成るだろうと思って車まで帰り、何とか運転して家まで帰った。
 鏡で見たり指でなぞった限りでは鎖骨は折れてないみたい。でも来週は廿日市だしひびでも入っていたらDNSすべきかな?、片手クロールで泳げるとは思うけどウェット脱ぐときに痛そう、とか色々考えた末、午後から病院に行くことにした。
 先生に「来週大会だから折れていたら困るんですよね」と言うと、「この腫れ方なら折れてそうだけどなあ」と言われてしまった。見た目は酷いけど膝や肘は痛くないので除外して、左肩と左の小指のレントゲンを撮ることに決定。
 擦過傷が酷いので先に処置しましょうと看護婦さんが言う。傷の範囲が広いので上も下も脱がされてパンツだけ。顔の小さいメチャ美人の看護婦さんに処置をして貰った。束の間の幸せを神様ありがとう(笑)。
 レントゲンは直ぐに出来て先生に呼ばれ、簡単に「折れとるね」と言われて私の夏は終わった。写真のような頼りない固定具を美人の看護婦さんに付けて貰い、「休日に済みませんねえ」と恐縮しながら病院を後にした。

 アクアスロンに申し込んでいたらこんな事には成らなかった訳だけど、その代わりに肉離れを起こしているかもしれないし、スイムで溺れて死んでいたかもしれない。今あるこの状態が現実な訳だ。
 取りあえず廿日市はDNSしかあり得ないので明日にでも電話しよう。皆生は40日くらい有るけど、年寄りの快復力では繋がるとは思えない。こっちはもう少しだけ悩むけどDNSの可能性が高いなあ。
 仕事は丁度CADで作業する割合が高まって居る時期なので好都合かも。アルファの車検とポルシェの車検が問題だけど、左ハンドルのMTに対して右手は動くので意外と問題にはならない様に感じる。
 回復した時の事を書くと鬼が笑うかもしれないけど、次の練習会からは前車との間隔を0.5m~1.0mは取るようにしよう。これで着いて行けなければその程度の実力と言うことだ。無理して車間を詰めて最後まで着いていき、それによる達成感を感じても強くは成れん。次からの改善点はこれで行こう。

 と言うことで皆様にネタを提供して今日が終わろうとしている。接触してしまったしんちゃんゴメンね。練習のリズムを乱して心配させてしまったチームのみんなもごめんなさい。血だらけの裸のオッサンを処置させた休日出勤の看護婦さんもごめんなさい。

バイク 45km

| | コメント (15)

2015年6月 6日 (土)

600R

06061 百聞は一見にしかずと言うことで、今日は写真多めで行こうと思う。とは言っても写真の横に文章を書くから文章も多くなるのだけど。

 アルファの車検で問題となりそうなところを潰して行っている。今日はドアミラーのひび割れ修理。右のドアミラーが以前の事故で壊れておりミラーの枠と電動機構は修理した。でもミラーはひび割れたままだった。
06062  中古を買って交換しようと思っていたけど、何時まで経っても右のミラーが出てこないのでミラーを作ることにした。平面ミラーは白骨号で試して見にくかったので曲面ミラーから切り出して作る事に。
 トラック用で1,000円位で売っているミラーを買ってきた。ガラス切りは家に有った筈だけど見あたらないので、これも1,000円位のを買った。

06063  あとは紙で型紙を作ってミラーに写し、大まかにガラス切りで切り取り、ディスクグラインダにダイヤモンドホイールを付けて縁を削って修正し、ダイヤモンドヤスリで縁を適当に滑らかにし、さび止め塗料で小口を保護したら鏡部分は完成。
 手法や工具や資材が最適じゃ無い部分も多々あるとは思うけど、取りあえずプールに行く前の1時間くらいでここまで出来たのは予想以上だった。
06064  あとは車体側のミラー表面を同じくディスクグラインダで荒らして接着剤の乗りを良くしてから、エポキシ系の接着剤で新たに作ったミラーを貼り付けたらお終い。
 後半の作業はプールから帰ってきてやったけど、こっちはもっと速くて30分くらいで出来た。やってみたら何とか成るモンだ。これで旧車のミラーが怖くなくなった。いざとなったら自分で作れば良いのだから。
06065  使ったミラーは600R。乗用車に多いのは1000Rくらいと思うので少し曲率がキツイ。どうかな?と思って試運転したら意外と良い感じ。
 高速をピヤーッと走る人に取っては遠近感が解りにくくて良くないかもしれないけど、近所の買い物で1日に数回は車庫入れする様な用途では後が幅広く見えた方が嬉しい。特にバック駐車時に地面の白線が見えるのが好都合。
 この調子なら割れてない左も600Rにした方が良さそう。ついでに白骨号も600Rにしようかな?と考え中。

 午前中はスイミング。今日はキツイメニューは無くてドリルばかりだった。こういう日は上手に出来ないフラストレーションが溜まって終わる。
 終わってから出来なかったドリルとかヘッドアップの練習をした。ふと気がついたら強い人妻が同じコースに入ってきてニヤニヤしながら私のヘッドアップ練習を見ていた。格好悪い所を見られてしまった。ハハハ。
 彼女は明日のアクアスロンに出るらしい。確か昨年度の年代別優勝者だ。メチャ強い人が出てこない限り、今年も彼女が勝つだろう。

スイム 1.8km

| | コメント (0)

2015年6月 5日 (金)

アルファのプラグ交換

06051 今日は1日中雨だった。定時頃に上がったけど日中はずっと雨でCADで図面を書いたり作業場で悩んだりの1日。今日の作業じゃ無いけどアルファのプラグ交換の話でも書いておこうと思う。
 アルファを買って直ぐにプラグは確認した。電極が摩耗して隙間が大きくなっていたけど、白金プラグは高価で買えず調整でお茶を濁していた。
 取りあえず最低の費用で車検を受けてみようと思い始めたので、その流れでプラグも最低の物に交換しておこうという流れ。
06052_2  メインのPFR6BはBKR6EYにした。最低守らなければ成らないスペックは、直径がBで、長さがEで、六角部がKで、抵抗入りで、熱値が6で、突きだしタイプの方が良さそう、と言ったところ。突き出し量はPタイプよりもグリーンプラグのYの方が大きいので、何となく気分でYにした。
 サブのPMR7AはCR7Eにした。こちらも最低限守るべきは、直径がCで、長さがEで、熱値が7で、突き出しの方が良さそうと言った所。この型番で安い突きだしタイプが見つからなかったので、取りあえず見つけたCR7Eにした。
 交換後も特に変化無くエンジンは動く。良くも悪くもない。まあこんなモンだろう。一つ気に入らないのはプラグホールへの油漏れ。一番右端の4番?シリンダが酷い。
 更に気に入らないのは外側からシール剤が塗りたくって有ること。怪しいオイルを使ったり安いプラグを使ったりすることは有っても、油漏れ部の外側からシール剤を塗るようなやり方は大嫌いだ。液状ガスケットのシール理論から言っても基本的に意味がないだろう。どうしてこんな事をするかねえ、どうせ漏れるんだからやらない方がまだマシだ。情け無い。
 かといってカバーを剥ぐってやり直す程の時間も気力も無かったので、結局このままプラグを装着して知らんぷりをした。私も同じ様なダメ整備士だ(笑)。
 車検に通ったら真面目に修理するから許してね、整備の神様。

 定時に成って雨が止んだ気がしたので着替えて外に出た。でも少しだけ雨が残っていて霧雨というか小雨と言った感じ。でも気分は盛り上がっていたし無理をするほどの過剰なモチベーションも無かったので、落ち着いて走り始めた。
 気温が低めなのでヘロヘロには成らず、良い感じで長めの18kmコースを走り終える事が出来た。イイ感じだ。でも暑くなったら間違いなくヘロヘロに成る。でもそんな時は他の選手もヘロヘロだからお相子だ。
 夜にお客さんが来るみたいでショートケーキが買ってあった。一番好きなモンブランを貰って食べた。十分に走っていたので罪悪感なしで食べられて幸せだ。

ラン 18km

| | コメント (0)

2015年6月 4日 (木)

費用対効果の高い物から

06041 少しずつ作っているヘッド交換式トルクレンチの交換ヘッド、取りあえず2種類だけ完成した。同じ手間なので買うと高いヤツからモンキータイプとラチェットタイプ。
 思えば長い道のりだった。本体を買ったのは去年の6月12日なのでほぼ1年前。素材の丸棒を買ったのは去年の夏頃で、穴を空けたのが今年の1月22日。そして先週から細かい加工を初めて今日になってヘッドの溶接をしたというわけ。1年がかりの壮大なプロジェクトと成った。
 モンキーは潰しても良いのが無かったのでナフコで買った、680円くらい。ラチェットのヘッドは980円位のセット物で使わないのが有ったのでそれを潰した。その二つを先日から削っているパイプ状の部品に溶接したら完成。メッキに出すのが面倒なので銀のスプレーを吹いた。
 S45Cの丸棒にクロームバナジウム?あたりの合金鋼を適当に溶接しているわけで、冷える過程で割れるんじゃ無いか?と心配したけど割れては居ないみたい。最大トルクの22.5Nmで10^1回ほど試したけど亀裂は入らなかった。自分用なので疲労試験はこれで完了(笑)。
 あとは安物スパナをチマチマと溶接していけばセットが出来る。今まで感に頼っていたスパナ系の締め付け作業がトルク管理出来るように成り作業の精度が少し上がる。ラチェットヘッドは裏返すと逆ねじに使えるというメリットも有る。
 買うと1個が1万以上はするので作る意味は有った。作る過程で購入や加工法で色々と悩んだことも、今後何かの役に立つ・・・かもしれない。

 夕方からは近所の山でMTB。何となく始めた頃よりも楽に登れているような気がする。特に回数が増えてきた時の疲労感が少ない感じ。
 強くなっているのかな?と思ったけど、今年の冬は何もしてないのだからスタート地点が低すぎただけというのが正解なのだろう。

バイク 5km

| | コメント (0)

2015年6月 3日 (水)

家庭用電子顕微鏡はいかが?

06031 何を検索していたか忘れたけど、ヤフオクで何かを探していたときに妙な物を見つけてしまった。家庭用の電子顕微鏡だ。家庭用とは書いてないけど、68万円だから程度の良い軽トラの中古と大差ない価格。どの家でも買おうと思えば買うことが出来るはず。
 しかも出品者はあの油谷産業ではないか!。引き取りに行けば送料は只で済む。軽トラは無理かもしれんけど2トン車くらいなら乗るんじゃ無かろうか。
 家に電子顕微鏡が有ったら便利な気がする。ちょっと体調が悪いときに見れば、インフルエンザウイルスのせいなのかノロウイルスのせいなのか自分で判断できるし。
 これって何処の大学だろう。地理的に九工大かな?と思ったけど国立がこんな処分の仕方はしない様な気がする。だとすると数年前に工学部を廃止した九州共立大あたりが怪しい気がする。

06032  今日はどうでも良いネタが続く(笑)。昼飯の後で窓の外を見たら何となく景色が違う。???と思いながら良く見ると電話線が垂れ下がっているではないか。正確に言うと光ファイバの引き込み線だ。
 でもネットは使えているから断線はしていない。外に出て良く見ると家の方ではなくて電柱側の金具か何かが外れた模様。直ぐにNTTに電話して来て貰った。
06033  電柱に登った担当の人と話していると驚愕の事実がわかってきた。なんと今までビニールテープだけで止まっていたらしい。引っ掛ける金具は落ちたのかも知れないけれど、ベースの金具が見あたらないし、ケーブルを裂いて針金部分とファイバに分ける施工もされてないから、とのこと。
 工事と同じ業者なら誤魔化したのかもしれないけど、突発対応の外注業者みたいなので「申し訳ありません」と謝りながらも本当の事?を教えてくれた。
 NTT大丈夫か?日本国大丈夫か?と感じた以上に、年の単位で張力に耐えたビニールテープって丈夫だなあと関心。

 夕方は飯塚のプールへ。B&Gに行こうと思ったけど小銭が無くて止めにした。飯塚ならカードがあるから小銭が無くても大丈夫。
 FTU練習会で出来なかったヘッドアップを繰り返し練習した。私は今まで呼吸してから上の手を入水する時に前を見ていたような気がするけど、教えて貰ったのはキャッチの部分で前を見て、そのまま顔を横に向けて呼吸に繋げるというやり方。
 どうしても前を見るときに顔が上がりにくくて沈みがちになる。それと同時に抵抗が増えて減速してしまう。難しい。でもこのやり方を教えると言うことはトータルでこっちの方がメリットが有るという事だろう。今年のレースに間に合うかどうか解らんけど、取りあえず練習していこう。

スイム 1.6km

| | コメント (6)

2015年6月 2日 (火)

トルクレンチのヘッドを作ろう

06021 天気予報どおりに夕方から雨が降り出した、そして意外と強い。飯塚のプールは休みだし、初日のB&Gなんか寒くて30分で出てしまいそう。と言うことで今日は休養日。
 外は雨でアルファの車検整備も出来ないので、ドリドリ君で地道な作業を処理しておく事にした。具体的には作りかけていたヘッド交換式トルクレンチの交換用ヘッドの製作。
 これを作ろうと思ったきっかけは白骨号のエアコンを修理した時で、その時は必要な最低限の2面幅だけで良いと思っていた。でも対して手間は変わらないのだから、可能性のある2面幅は全部作っておこうと前向きに考えた訳。
06022  トルクレンチ本体は中古というかジャンク品を買った。新品ではヘッド交換式の方が高いけど、中古だと交換式の方が随分安い。と言うことで小・中と2種類買った。そして今日は「小」用ヘッドの差し込み部の加工。
 黒皮の丸棒に穴を空けるまではしていたので、それにエンドミルで浅い溝を切るのが今日の作業。1個2個ならディスクグラインダとヤスリでも行けるけど、今日みたいに10個も有ると流石に辛い。ドリドリ君ありがとう。
 後はロック用のピンがはまる穴を空けて、先に各サイズのスパナをぶった切った物を溶接したら完成。いやいや、ブラストか酸洗してからメッキに出して綺麗にしておこう。生地のままだと直ぐに錆びるから。

| | コメント (0)

2015年6月 1日 (月)

アルファの車検整備

06011 そろそろ車検が近づいてきたので、アルファのブレーキ廻りでも見てみようかとタイヤをはぐって各部をチェック。毎日1輪ずつでもやれば4日でブレーキは終わる、何事も無ければ。。。
 予想どおりにロータは摩耗限度を超えていた。一般道でぬるい走りしかしないので縁の凸部をグラインダで削ってお終いにした。乗り続けるつもりなら次の車検には交換が必要。
 片押しのタイプだったけど摺動ピンの動きも良いし、ブーツの中のピストンにも錆は無かった。こちらもカッパー系のグリースとモリブデン系のラバーグリースをスプレーしてお終い。
 意外と綺麗というのが第一印象。傷んだブシュ関係を更新したら意外とシャキッとするかもしれない。ショックアブソーバは駄目だ。右はオイルが無くてスカスカ。左は絶賛オイル漏れ中。オイルが無くなるまで走ってから車検に行くべきか(笑)。

 夕方から夜はランニング。昨日の疲れはあまり無かったしランはやってないのでランの筋肉は生きているような気がしたので。
 気候も良いので18kmコースを走ってみた。まあ問題なく完走できたし違和感も無い。これで十分だ。今年はこれ以上速くなろうとか考えないようにしよう。妙なことを考えると故障するから。

ラン 18km

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »