« ほとんど同じやな | トップページ | 実戦投入 »

2015年4月21日 (火)

10mmを9.53mmへ

04211  数日前は丸いダイヤモンドヤスリでシンニングの話を書いたけど今日もシンニングの話。ただ道具が違ってディスクグラインダを使うやり方。8mm以上くらいだったらこっちの方が楽に出来ると思う。
 ドリルを手研ぎする説明には、両頭グラインダの砥石の角を使って・・・等と書いてあるけど、どうも私には上手に出来ない。一番の理由は削る部分が見にくいからだと思う。
 その為に今までも試行錯誤を繰り返していて、大きめのドリルではディスクグラインダに薄めの砥石を付けて加工したりしていた。でも手が小さいから100mmのグラインダは持ちにくく、小型のサイズを探していたのだけどやっとお手頃価格で入手する事が出来た。
 物は高速電機のHSF-50と言うタイプの中古で2,000円。使ってみると非常に具合がよろしい。切れ刃の部分もこれで研いだ方が良いかもしれない。そのくらい使いやすい。ただ問題も有って砥石の内径が10mmで有ること。
 内径10mmはこの機種くらいしか無くて、砥石の選択肢が乏しい。そしてインチ系で9.53mmならエアタイプも沢山あるので砥石も潤沢にある。と言うことで10mmの軸を9.53mmまで削ってやった。
 外して研削するのは面倒だし精度を出せないと思うので、そのままで回しながらダイヤモンドヤスリを押し当ててセルフ・グラインディング?方式で研削。15分くらいで9.53mmまで削れた。
 レジボンの9.53mmを装着して解ったのだけど、軸を削るなら9.75mmくらいで良さそう。9.53mmだとかなりガタがある。やる人は居ないと思うけど、とりあえずアドバイス。

 夕方はMTBで近所の山を行ったり来たり。どうも登りになると脚に力が入りにくい。今日は腰から上の角度を寝かせたり立たせたりして試行錯誤してみた。あまり無理すると腰が痛くなるので程々に。
 晩飯はカレーだったので食い過ぎた。カレーだと腹一杯まで食わないといけないような気がして頑張ってしまう。57歳にもなって何やってんだか(笑)。

バイク 8km

|

« ほとんど同じやな | トップページ | 実戦投入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほとんど同じやな | トップページ | 実戦投入 »