« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

武士の情けじゃ

12311 室内に白煙が立ちこめた白骨号のヒータだけど、室内のアディショナルブロアは主犯では無かった。と言うことでエンジンルームのブロアを外して分解したところ、こっちが主犯であることが判明した。
 この部分は購入時に一度修理していたところ。軸受けがガタガタなのでボールベアリングを入れて、ブラシホルダは焼損していたのでガラスエポキシ基板でゼロから作った。その部分が再び燃えていた。臭いと煙は私が塗ったエポキシ系接着剤と基板のエポキシ樹脂だった模様。
12312  横からの画像だと良く解るけど、ブラシホルダが基板から浮いてしまっている。その為にブラシの当たりが悪くなり、更に加熱して悪循環に成った模様。
 このホルダは真鍮製で、基板の穴に爪を入れて、折り曲げて、その部分を銅箔面に半田付していた。そして回りにエポキシを塗っていた。そのエポキシが燃えて、半田が溶けて、穴の回りの基板が燃えて、穴が緩くなってホルダが傾いた。
12313  振動の事を考えてエポキシを塗ったけど、放熱という面では逆効果に成ってしまった感じ。もうBOSCHは嫌に成ったので国産車のモータを付けようと思いかけたけど、最後にもう一回武士の情けでBOSCHの構造を生かして修理してみることに。
 今度は積極的に放熱を考えた。基板は両面基板にしてホルダは両面に半田付してしまう。さらに基板の銅箔は最大限の面積を残し大気に放熱する思想。
12314  カンジニアリング的に放熱能力が従来比1.8倍に向上した。これで発熱のきっかけが少なくなると共に、もしきっかけが出来ても悪循環で加熱方向に進む可能性は低く成ると思う。
 この状態で試運転しているけど、お尻の軸受けの発熱が少し多い感じ。お尻の方はオリジナルの含油軸受けのまま。測定してみると軸径が8.01mmから8.02mmくらいある。ここはh7くらいの公差じゃ無いのかな?。続きは新年だ。

 自分は走ってないけどトヨタ九州のニューイヤーのオーダーだけは予想していた。私の予想では「坂本->ズク->小西->今井->押川->酒井->渡邊」に成っていたのだけど少し外れた。最後の大津は意外だったけど森下さんの考えとしては中盤までに順位を固めておけと言う意味だろうか。

| | コメント (0)

2014年12月30日 (火)

メルトダウン

1230 今日は餅つきの日。去年より人がずいぶん少なかったけど、色々と事件が起こって楽しめた1日に成った。
 人が少ない事は解っていたので大学生の助っ人を数名頼んでいた。09:00過ぎには来ると言っていたからそれに合わせて火を燃やして準備していたけど来ない。
 蒸しすぎても駄目なので火を弱くして待っていたけど来ない。やっと来たのは10:00前だった。3号線が工事で1車線に成っていたから国が悪いとか、誰かが出てくるのが遅かったとか言い訳ばかり。うちの会社が新卒を採用する事が有っても九大は取らん(笑)。九産大出のエビちゃんみたいな女の子を取ろうと心に決めた。
 直ぐに搗き始めたけど最初の3臼はデロデロ。何とも言えん変な感じに仕上がった。柔らかいならおろし餅が良かろうと思ってしてみたけど、食感だけじゃ無くて味もイマイチで餅っぽく無かった。
 中盤は普通通りに過ぎていき事件は最後の方に起こった。なんか臭いがおかしい。蒸気の出も悪い気がする。数臼前に三男に水を入れさせたのにおかしいなあと思いながらも、念のために水を足そうと蒸籠を持ち上げて驚いた。
 はっきりと焦げている。これはヤバイと思いながら水を足したら多量の蒸気が上がってきた。空焚きだ!、なんとか助かったかな?と思って下を見たら、燃えている炎に向かって鍋底から水が勢いよく噴出していた。。。

 焦げ臭い餅米をどうするか悩みながら三男に話を聞いたところ、彼は鍋1杯しか水を足して無かった。私は何時も羽釜の縁まで一杯に水を足していたので、彼も同じ量を足してくれたと思いこんで居たわけだ。
 なんでも確認しないと駄目だ。人に頼むときは嫌らしいくらいに最初から細かく説明をしないと駄目だ。仕事では気にして居るつもりだったけど、家の行事で家族だから気が緩んでいた。
 それにしても早めに気がついて良かった。このまま気がつかずに燃やし続けていたら、チャイナシンドロームみたいにブラジルかアルゼンチンの人に迷惑をかけてしまう所だった。
 年明けは溶接機の交流モードを修理して、この鍋の穴を補修しないといけない。またまた仕事が増えた。

 いつもの様にカレーとお菓子を食べて夕方まで話をしてお終い。今年は中村家関係が来てなかったので私は中村家に餅を持っていった。
 一部の噂通りにアヤちゃんが家に居た。気になって寝られないから確認してこいと言われていたので、聞きにくかったけど軽く確認をして置いた。
 戸籍が増える話でも減る話でも無かった。おめでたい話では無いけど人生だから誰にでも起こりうる話で、詳細は2日に加藤君から弁明(笑)させていただきますとのこと。皆様、安心して寝てください。

| | コメント (9)

2014年12月29日 (月)

スーパーカーなら燃えるはず

1229 昨日今日とバタバタしていて、ネタが無いというかネタだらけの日々なのだけど、昨日の昼に起こった事件でも書いておこうと思う。
 嫁さんが軽いぎっくり腰に成ってしまい、腰ベルトを買うと言うから赤間のサンリブまで白骨号で買い物に行った。買い物は無事に終わって駐車場から出て、旧3号の交差点に向かっていた時のこと。
 なんか臭い。電子部品がやられたときの臭いに似ている。うちの車か?、いや外か?。窓を開けても何となく臭う。おかしいねえ、と話ながら旧3号に近づいて来たとき、臭いが一段と強くなって社内に煙が立ちこめた。
 ヤバイなあと思いながら観察してみると、ヒーターとかエアコンの吹き出し口から出ている様に見える。ははあ、モータが固着して燃え始めたか、速度調整用の抵抗が燃えたか、途中の配線が耐えきれずに燃えだしたか。。。と考えてヒーターを切ってみた。
 嫁さんは心配して「止めたら?」と言ったけど、BOSCHの電装品のヘタレ具合は十分に認識していたのでしばらく走ってみた。幸運にも煙は弱くなってヒーター系の可能性が高いことが確認できた。やっぱり燃料噴射以外のBOSCHはクソだ。
 でも考えようによっては私は運が良い。メイテックの社長なんか2億円でF40を買ったのに燃えてしまった。サンリブの前の通りでポルシェが燃えれば宗像市民に年末の話題を提供できたかもしれんけど、それをネタで済ませられるほど私は裕福じゃない(笑)。

 直ぐに確認と修理をしたかったのだけど、昨日も今日も忙しくてやる時間が全然無かった。餅つきの準備でくたびれていたけど、助手席に乗る森高似の人妻は冬でもミニだろう。彼女に寒い思いをさせちゃ駄目だと最後の力を振り絞って今さっきモータを外した。
 ヒータ系のモータは3個有って今日外したのは車内の2個。あまり状態は良くないけど煙が出る程かなあ?と言う感じ。明日の餅つきが終わったらエンジンルームの1個も外してみよう。
 昨日の昼に変なオッサンが持ってきてくれた電源装置、電圧と電流が今回の用途にピッタリだった。もしかして燃えるのが解って持って来てくれた?。

| | コメント (8)

2014年12月28日 (日)

4戦4勝

12281 買い物に付き合わされたり色々有ったけど、今日中に手の汚れる仕事を終わっておきたかったのでインパクトの修理を続行。
 まずは黄色のデカイヤツ。メーカと型番が良く解らん。正逆の切替とエアモータAssyの固定ネジ、速度調整ねじの辺りは「サンコー」と言う会社のヤツに凄く似ている。取りあえず黄色と呼ぶことに。
 これは中身が一番ごつくて出力シャフトも途中までは1インチ用くらいの太さがある。スペックは解らんけど実力は一番有りそう。ただ残念なことに正逆切替のスプールバルブ兼用の押しボタンが折れている。
 旋盤の下に落ちていた丸棒を使い、動作確認が出来る程度の修理はしてみた。調子よく動く。これは旋盤を持っている変なオッサンに上げて気の済むまで修理して貰うことに決定。
12282  最後の1台はNPKのNW-2800Pと言う機種。純正状態で横の取っ手が付いている。これも空研のヤツと変わらないくらいしっかりと作ってある。エアモータのバックプレート?は砲金なのか色物が使ってあるなど、かなりの品質感がある。
 特にここが悪いと言うのは無かった。一番素直な中古状態。ボルト類を交換して、インレットとかバルブ回りのゴミ清掃や当たり面の修正をしたら完成。
12283  結局4台とも使えるように成った。買うときに「4台有ったら1台くらい動くやろ?」と言ったら、張さんは「ド・ウ・カ・ナ・~」と言った。ヤツは全部不調というのを知っていたはず(笑)。でも今回は私の勝ちだ。ヘッヘッヘ。
 今まで使っていたベッセルと合わせて3/4が5台に成った。予約が3台有るので割り振っておこう。
 TONEは微小エア漏れが止まらないのと性格が突出して人にあげにくいし売りにくい。よってこれは自分用。
 ベッセルはO/Hしてないけど、白骨号の460Nmを外せたことで正常と判断できる。一番無難だからラモさんへ。NPKは見た目は悪いけど極々普通の中古品。これは一番悪いのを希望の山向こうさんへ。そして旋盤加工が必要な黄色はMASAさんへ。これで決まった。
 一番高値がつきそうな空研はヤフオクで売ろう。スタートを4,500円にしておけば入札が有りさえすれば今回の購入価格を全てチャラに出来る。実際にコイツは中身がほぼ新品なので、それを知っている私なら1万+α出すかな?と言う感じ。売れたらいいな。

 今日は色々有ったけど追々書いていこうと思う。取りあえず夕方はウォーキングした。寝る前はエアロバイクをやる予定。

バイク 12km
ラン (8km)

| | コメント (4)

2014年12月27日 (土)

KW230Pは真面目

12271 父親にネグレクトされた女子大生が鍋を持って駆け込んできた。会社から直行で海外に遊びに行って行方不明らしい。困ったヤツだ、知らんヤツでも無いので私からお詫びしておいた。
 連絡をくれたら白骨号でもMINIでも出動させるから、次はそうしなさい。お土産もありがとう。気を使わせてごめんね。

 ラモ号のクランクシャフト延長部と残りのインパクトで遊んでいたら1日が終わった。休日らしくていい気分だ。
 今日のメインは空研のKW230P、一言で書くなら無難でしっかりした真面目な作り。トップギア的な表現をするなら、地方の県立高校からストレートで旧帝大に行き、大企業に勤めて親戚の薦めで見合い結婚をする人が選ぶインパクト。
12272_2  トリガとか正逆切替レバー回りがガタガタだったので期待して無かったけど、エアモータとかクラッチあたりはピカピカで驚いた。一度修理して中を交換して居るんじゃ無いかと思う。
 適当に組もうと思っていたけどほぼ新品の中身をみて心を入れ替え、摩耗で拡大したトリガの支点を溶接で埋めて新しい穴を開けたり、切替レバーもガタが減るように追加工したり、プロテクトゴムも適当なゴムで自作したり、私としては真面目に仕事してみた。
 切替レバーのガタだけ多いけど、その他は良い感じに成ってきた。残り2台の具合によるけど、これは内部の写真付きでヤフオクに出した方が良いかもしれん。4,500円以上で売れると思うのでプラマイゼロで遊べた事になる。
12273  空研はパーツリストが公開されていて、今日の作業もそれを見ながら作業した。でも昨日のTONEは見つからなかったので、いつもの様にスケッチをしながら作業。
 必要とする人は少ないと思うけど、日本中で2-3名くらいは欲しがるかもしれないのでメモ書きを公開しておこうと思う。もしかしたら次回の作業時に自分のメモが見つからんかもしれんしね。

 夕方はウォーキングしたけど、嫁さんがフィギアを見ていたので夜のエアロバイクは止めにした。カロリー収支が少しプラスかも。

 女子大生で思い出したけど今年の餅つき、例年通りに12月30日の午前中に行います。今年は長男と友達が沢山欲しいと言うから量を増やす予定だけど、人間の方は去年よりも減るみたいでちと問題かも。HKT48のメンバーが沢山来る事を期待してます。

ラン (8km)

| | コメント (5)

2014年12月26日 (金)

AI6300は使い捨てか?

12261 インパクトを4台買ってきた。正確に言うとインパクトのような形をした物を4個買ってきた。例の油谷産業から4,500円で。1台が1,125円なので中身が入っていたら嬉しいくらいの気持ちじゃ無いと買う資格がない(笑)。
 持ち帰って試してみると全て中身は入っていた。そして驚いたことに全部が回る。さらに3台は方向切替も効くしオンオフも効く。エアー漏れは全てにあるけど気にしてはいけない。
 お目当てはTONEのAI6300と空研のKW230P、TONEのはマグネシウムと樹脂を多用した軽量機。空研のは3/4クラスの定番みたいな機種。残りの2台は良く見てないけどNPKか?。
 まずTONEの方から着手。引き金を引かなくてもエアー漏れが酷い。その他は悪くない感じなので修理して使いたい所。開けてみるとゴム製のバルブが酷く痛んでいた。 部品が取れるかどうか解らんけど、正月で直ぐの話にはならないので小細工で逃げることに。
12262_3  画像左端のゴム製バルブシート?のリップが駄目。リップの痛んだ部分が消えるくらいまで紙ヤスリで削ってみたら、今度はリップの高さが足りなくなった。仕方ないので周囲の肩の部分をヤスリとカッターナイフで削って段差を確保。
 ハンマー部は全く傷んでいない。モータはタイボルトが緩んでいたので閉め直し。故障内容は「エア漏れ」「力がない」と成っていたのでは?。
 ボディーが樹脂製なのでOリングの当たり面などが痛んでいる。主要部が全く傷んで居ないのでもったいない。使い捨ての設計思想なんだろうか?。荒れた内面を耐水ペーパで少し削り、少し太めのOリングを入れたらイイ感じ。普通の整備工場なら調子の良い1台といった感じに修理できた。
 明日は空研と残りの2台を開けてみよう。全部修理できたら一番具合の良さそうなのを自分用に取って、残りは要る人にあげるかオークションで売っぱらおう。3/4なので誰も要らんか?。

 今日もウォーキング。またしても長濱に会った。今日も走っていた。

バイク 12km
ラン (8km)

| | コメント (5)

2014年12月25日 (木)

LED蛍光灯

 ここ数日は仕事が一息着いてからウォーキングをしている。経度的に西の方だけど季節が季節なので暗い。そこで何となく気になって来たことが有る。LED蛍光灯のこと。
 LED蛍光灯とは変な名前だけど、地域の回覧板にも「○○の街灯をLED蛍光灯に交換して貰いました」とか書いて有るし、そんな風に書いている店も有る。この場合は正しくはLED街灯かな?。
 歩くコースの一部に川沿いの歩道があって、そこは車道から離れているので街灯だけが唯一の光源。その街灯がLED方式に交換されているゾーンが有る事に気がついた。
 何故気がついたかと言えば何となく雰囲気が違うから。地面の雰囲気が明るいような、暗いような、見にくいような、何とも言えない見え方をしていたから。そして見上げたら直接見える光が眩しい。これは蛍光灯と全く違う。
 発光方式が違うのはどうでも良いけど、現時点では含まれる波長とか色々な部分が蛍光灯と同等までは来てないんだろうな、と言う気がする。

 その歩道で長濱に会った。アイツは走っていた。ちょっと悔しいけど今年は絶対に無理をしないと決めているのでしばらくはこれでいい。ヤツは腰が痛い腰が痛いと言っていた。私と変わらん(笑)。

バイク 12km
ラン (8km)

| | コメント (0)

2014年12月24日 (水)

雨は夜更け過ぎに

12241 朝のテレビでクリスマスの事を言っていて今日はイブだったと気がついた。小さい子供も居ないし特にすることは無いのだけど、世間並みに気分だけでも盛り上げようと、PCの中からクリスマスっぽい曲を選んで仕事中にかけた。
 「一度遊びに・・・」だけ季節が秋だけど、心情的に上の曲に近い様な気がして無理矢理入れてみた。この曲だけ声が異質で違和感有りまくり。でも美人だから許す。
 ユーミンのヤツは違うけど、それ以外は今の時代では解りにくい心情が綴られている様な気がする。どのシチュエーションも携帯があると台無しだし、LINEとかSkypeで繋がっている二人では盛り上がり方も希薄に成りそう。

 未婚率の高さ、出生率の低さ、などなど、原因の一つは携帯じゃ無いのか?。独身者は携帯もスマホも禁止にしよう。家のパソコンもモデムで9600bpsまで。独身寮の電話は怖い管理人が取り次ぎ、発信はピンク電話か寮の前の公衆電話。
 まずは円安とエコカーで補助して貰っている自動車メーカからやるべきだ。そうじゃないカップルも沢山居るとは思うけど、統計的な視野で見れば有意な変化が有りそうな気がする。

12242  とまあ、どうでも良い妄想をしながら割りと必死で仕事をし、暗くなってからウォーキングをして帰ってきたら嫁さんも帰ってきた。
 彼女は去年まで某生活習慣病研究所に勤めていたけど、今年はそれを止めて自由の身だった。そして今月から近所の工場の事務として働いている。
 会社でケーキを貰ったらしい。今時そんな会社が有ることに驚いたけど、事務員だけじゃなくて工場も含めた全員に配布されたと聞いて更に驚いた。なんか高度成長期の会社みたいだ。

バイク 12km
ラン (8km)

| | コメント (9)

2014年12月23日 (火)

判断ミスを責められた

12231 先日から三男がMINIの整備をしている。無職になって金が入ってこず、自分でやるしかないと気がついたのかもしれない(笑)。
 先日は上の?ステディーロッドのブッシュ交換で、今日は下のヤツとテンションロッドのブッシュ交換らしい。テンションロッドの方は考えていた方法ではボルトが抜けず、片側だけ交換したらしい。
 自分の遺伝子が途絶えるのは困るので、ウマを咬ませたり追加でタイヤを入れさせたりはしたけど、作業自体は放って置いた。ヘインズのマニュアルとWEB上の情報を見ながら何とか進めている感じ。
 「お父様、基本工具と一部の特殊工具を揃えておいてくれてありがとうございました」と感謝されると思っていたら、「どうして10万円の2柱リフトを買わんかったん!、判断ミスやね」と責められた。クソったれめ、リフトが来てもお前は寝板で作業じゃ。ハハハ。

12232  久し振りに天気がよいのでラモ号の作業を少しだけ。ステータ側のフレームは太いパイプを使って恒久対策版を作った。次はクランクシャフトの延長。
 今のはミリ単位で振れているので、誰が作っても今よりは良い物に成るはず。気が楽だけど取りあえずの目標としては延長した先端の振れが0.1mm以下に収まったら良いなと思っている。
 大まかな形は出来た。振れも良い感じに収まっている。あとは回転を止める為にピンでも打ちたいのだけど、実際の作業方法が難しそう。
 今晩は寝ながら考えてみよう。シャフトの茶色の点々は錆じゃ無いのでご安心を。S45Cを適当に削ったので表面粗度が悪く、その面を汚いウエスで拭いたらこうなった。完成したら紙ヤスリでゴシゴシしてください。->ラモさん。

 休日で少しゆっくり出来たので夕方から西中往復のウォーキングをしてきた。昔よりも1歩の歩幅が増えている気がする。体幹部や脚の補強運動の効果なら嬉しいけど、走りたくて気持ちが急いているだけのような気がする。
 途中でスイミングに来ていた小学生の女の子に会った、今はもう高校生だけど。休みじゃ無いのか聞いたら宮若の図書館で勉強をしてきたらしい。なんか真面目だなあ。
 色々と面倒で悩ましい事が多いのだけど、身体を動かすと精神がリフレッシュできる。若い女の子と話すと気持ちが盛り上がる。今日の夜は気分が良いぞ。

バイク 12km
ラン (8km)

| | コメント (4)

2014年12月22日 (月)

臭くないけど蓋

1222 割りと程度が良さそうなアジレントの54624A。食後とかテーブルに載せて機能とか操作を勉強中。
 こんな時は取っ手を手前下に回して、画面を少し上に傾けた方が使いやすい。でも実際に使い始めると平らに積み重ねるので、取っ手は取り外したりしている。
 と言うことで取っ手が付いてない事は問題では無いのだけど、音と風が取っ手の穴から抜けてくるのが気になった。試しに手で塞いで見ると底面に有る正規の排気口の風量が2倍くらいに増える。
 こりゃいかんだろうと思って直ぐに対策。その辺に落ちていた少し発泡した感じのプラ版を丸く切って両面テープで貼り付けてみた。機能的には悪くない。デザイン的には最悪だけど。

 夕方から弁護士事務所とやらに行ってきた。この手の場所は緊張するから苦手だ。会社を作ったときに公証人役場に行ったときも緊張した。自分が普段やっている事と世界が違いすぎる。
 違う世界はなかなか面白いのだけど、一番感じたのは値段のこと。はっきり言って高い。誰でも始められる仕事じゃ無いし、専門性も高いし、リスクも有る。だから仕事に対する相対的な価格は妥当だと思うけど、世間一般の物やサービスに比べたら高い。
 いや、医者だって高いのだ。保険によって気持ちが誤魔化されているだけで実際は払った金額の何倍もかかっているのだし。
 そう考えたら設計とか開発の仕事って価格的な評価が低いなあと思う。技術士とか取っても時給が何万円にも成る訳じゃ無くて手当が少し増えるだけ。素晴らしいアイデアと開発力で特許を取っても、これからの日本では会社の所有物に成りそうだし。。。
 こんな事をやりながら、日本の技術とかもの作りとか言う奴らはクソだ。○○が大事と言うのは、携わって居る当事者じゃ無くてそれに依存している人が多い気がする。能力の有る若い人は、海外に出るか自分で会社を作るかした方が良いと思う。

バイク 12km

| | コメント (4)

2014年12月21日 (日)

キーサイトって何よ?

12211 去年まではHPの500MHzで4chも持っていたのだけど、あまりに高性能・高機能過ぎて私の用途には使いづらかったので処分した。いつもの様にジャンクで買って内部の電池バックアップRAMを自作し、キャリブレーションが全部通る様に修理したヤツ。全部OKの画面付きで出したら5万で売れたので儲けた。
 そして今はHPの500MHzで2chのヤツが1台だけしか無い。ほぼ全ての用途はこれで済むのだけど、CBX400Fのイグナイタの様に2個のピックアップと2個のコイルが有るシステムの場合、測定が2分割に成って面倒だった。と言うことで4chのヤツを買い直した。
12212  同じくヤフオクのジャンク品だけど時代が新しいので社名が変わって「アジレント 54624A」という機種。100MHzだけど今の用途には十分過ぎる。高機能すぎる道具は使いにくい。
 何処かの工場の試験用らしく、取っ手が外されていてプローブの先端はBNCの特殊な形状に変更されて居る。これが沢山出品されていたので一番程度が良さそうなヤツを購入。
 プローブの先端は純正品の補修部品も有るけど高いので、1個300円で出ていたテクトロ用互換品を購入。グランド線はペーパークリップの針金と、机の下の電線と、みの虫クリップでそれっぽく自作した。
 予想通りにセルフテストもセルフキャリブレーションも全部通り、画面も焼けて無くて私にとって十分な「新品」。マニュアルをダウンロードしようとして検索したら「アジレント」が「キーサイト」に社名変更していて、またしても時代に取り残されて居たというお話。

 夜は部落の忘年会。お寺の長男が結婚したのでお披露目も兼ねて住職の自宅で開催された。田舎のオッサンに囲まれて困惑・緊張気味の新婦が初々しく気の毒だった。
 ビール1杯で酔っていたけど、寝る前にエアロバイクだけは漕いでおいた。運動の神様、俺の成績向上させろよ!。

バイク 12km

| | コメント (14)

2014年12月20日 (土)

クリップボードの買い換え

1220 夕方にちょっと早めのサンタさんが来て、リボンの付いたピカピカの部品とか変な工具とか置いていった。体型はテレビで見るサンタさんその物だったけど服は黒かった。トナカイじゃなくて割りとイケメンの長身の若い男が引くソリでやって来た。
 この話を書こうかと思ったけど、直ぐに自分で写真付きで書いていたので止めにした。ネットの資源を無駄に消費してはいかんので二重投稿は止め(笑)。

 グッデイにビニール袋とか買いに行ったとき見つけて買ったのがA4のクリップボード。このときまで「クリップボード」と言う名前を知らなかった。書類をパチンとはさむヤツとか言っていた。
 古い方は広島で働き始めた時からずーっと使って来たヤツ。広島で働き始めたのが1987年なので25年くらい使い続けた事に成る。構想図の下書きとか、技術打合せとか、工場試運転とか、現地SVとか、色々な思い出が詰まっているけど流石にボロボロ過ぎる。そろそろ買い換えようと思っていた所。
 捨てようと思って良く見たら表の右下に「機械研究?」と押印してある、最後の1文字は読み取れん。今まで全然気がつかなかった。これは自分で買ったんじゃ無くて何処かで拾ったか貰ったかしたヤツ。それが勤務先だったか客先だったかすら記憶に無い。25年と言えば1/4世紀だから仕方ない。
 古いのに慣れていたのも有るけど新しいのは少し難がある。止める金具の幅が少し狭い。そして挟むことが出来る枚数が少ない。古い金具に付け替えようかとも思うけど、ボール紙?に鳩目なので意外と難しそう。

 朝一はスイミング。横の横のコースで武友さんと強い人妻が練習していた。あの練習を見るとこっちがやっている事は1/10くらいの強度でぬるい。でもスイムだけは速くなっているので効果は有るんだろうなあ。。。

スイム 2.0km
バイク 12km

| | コメント (3)

2014年12月19日 (金)

船頭多くしてフィールド励磁せず

1219 朝一は車屋さんの仕事でお出かけ。症状としてはエンジンの回転を上げてもチャージランプが消えない。これから解ることはチャージランプのバッテリー側は生きていて、オルタネータ側は何らかの形で繋がって居るのだろうなあ・・・と言う程度。
 出来るだけ多数のポイントの状態を知りたかったので、ハンディーテスタを3台持って現場に向かった。現場について荷物を下ろしてびっくり、形は白骨号に似ているけど今やウン千万円するらしい恐れ多い車だったから。
 傷を付けないように車体に触らない様にワニ口クリップを繋ぎ、メカの人にエンジンをかけて貰って状態を探った。確かにオルタネータのD+端子に電圧が出てこない。これではランプは消えない。
 他も見ていって明らかにオルタネータがおかしいので外して貰う事に。ここは冷却ファンの軸を兼用しているから面倒。メカの人が取り出したオルタネータを見て二人でびっくり。なんとレギュレータ一体型のオルタネータだったから。
 元々はオルタネータにレクチファイヤだけが内蔵された構成でレギュレータは別置き。見た目もそうなっていた。でも実際はオルタネータ「にも」レギュレータが内蔵されていた訳。
 流石にDf配線は遊ばせて有るけど、その他のD+端子等は別置きのレギュレータに「も」接続されている。今まではかろうじて発電していたけど、機械式の別置きレギュレータの状態が微妙に変わり、D+電圧を吸い取ってフィールドコイルを励磁出来なくなった様だ。
 「古い車は色々あるねえ」とメカの人と話して無事にトラブルシューティングは完了。大きな作業が発生しなくて良かった。

 今はランニングを意識して止めているのに加えて、気温が低いわ雨は降るわで運動量が少なめ。毎日のエアロバイクだけはやっているけど腹が出てきた。明日のスイミングで先生から「太った?」と言われそうな気配。

バイク 12km

| | コメント (6)

2014年12月18日 (木)

マウスパッド

1218 あっち行ったりこっち行ったりしていたら時間だけ過ぎて、帰ってきてから寒い中を外注先から持ち帰った部品の整理をしていたら身体が冷えた。
 久し振りに指先の感覚が無くなり、水で手を洗っただけで指先がジーンと来る感触を思い出した。高校の頃ってこれが日常だった。粗末なグローブで真冬も乗っていたし。
 片付けの時にマウスパッドを発見した。そう言えば3/4のエクステンションとか買ったときにストレートで貰っていた。セールの記念品として。薄手で使いやすそうだけど、メインPC用としてはサイズがでかすぎるので作業場のPC用にしよう。
 メインPCに使っているのは嫁さんがお土産に買ってきた国連マウスパッド。国連の売店?で買ったらしい。色と絵柄とネタで如何にもそれっぽい。割りと気に入っている。
 寒くてやる気が無かったけどエアロバイクだけは乗った。

バイク 12km

| | コメント (2)

2014年12月17日 (水)

ユニクロメッキ

1217 トルクレンチアダプタのメッキが上がったので取りに行ってきた。防錆用しか考えて無かったので磨いたりせずに手に引っかかる凹凸だけ削って出したけど、まあ予想通りにギラギラで帰ってきた。
 メッキは尖ったところに付くと言うけど確かにその通りだ。ザラザラが有るとそれを強調するような調子に仕上がる。大きな凹面の内側には付かない。教科書に書いてる事だけど自分で依頼すると実感として習得する事が出来る。
 先端だけ色合いが違うのはビニールテープを巻いてメッキを防止したから。この部分にはロック用のボールが入っていて中には小さなバネが入っている。全体をメッキするとこの中に塩酸やメッキ液が入って悪さをしそうなので対策をした。だから先端だけオリジナルのクローム?が残っている。
 自分用なので実用性第一で良かろう。しばらく使ったらメッキもくすむし全体の色合いも馴染んで丁度良い感じになると思う。
 仕事のは振込だけど自分用の単品なので現金で払った。財布からピッタリ小銭を出そうとしたら6円ほど足りない。小銭を止めて100円玉に交換しようとしたらaikoみたいなオネエチャンがオマケしてくれた。領収証も切ってあるのに良いんだろうか(笑)。

バイク 12km

| | コメント (2)

2014年12月16日 (火)

The Design Of Design

1216 右端は題名に興味を引かれたので買ってみた。グレックという人が書いた「設計の設計」と言う本、500円だった。
 内容は機械系の設計業務に付く人に対する啓蒙書みたいな感じ。営業の人?向けのビジネス本や自己啓発本は良くあるけど、設計技術者向けのヤツは少ない。
 書いて有る事はその通りで凄く納得できるけど、この年になって読まなくても良いよなあ・・・と言う気がするし、若い頃に読んでいたら内容を理解できたかな?と言う気もする。

 中央はコーリン・キャンベルの「スポーツカー 理論と設計」。同じシリーズで左端の緑の本「スポーツカー・エンジン 理論と設計」は持っていた。高校の頃?に買って結構読んだ。キャブのエアブリードとエマルジョンチューブに関して、解りやすく正確に記述してある本はこれしか読んだことが無い。
 で、赤い本だけど緑の本とエンジン部分はかなり被る。どちらが先に出たのか知らないけれど、緑の本のダイジェスト版が赤い本のエンジン部分で、それにシャシ関係が追加してあると言う雰囲気。300円だから良いけど、両方を定価で買ったら少し損した気分に成ったと思う。
 内容は良いと思う。日本の自動車ジャーナリストが書いた適当な本じゃなくて理論的・定量的に話が進む。かといって「内燃機関講義」的な本のようにpv線図や角加速度の式が見開きに並んで眠くなる事も無い。
 二玄社が山海堂の様に成らないとは限らないので、興味のある本が有れば今のうちかもしれない。こんな事書くと小林彰太郎さんがあの世で怒るか、ハハハ。

 夕方は強風で飛ばされそうだったけど、何となく身体がウズウズして西中までウォーキングしてきた。ウインドブレーカにしたけどダウンジャケットでも良かったくらい寒かった。そして向かい風ではタイヤを引っ張っているくらい前に進まなかった。
 風呂の前はエアロバイクも漕いだ。こちらはほぼ日常に成って心身共にトレーニング的なイメージは無い。このままで良いのか強度を上げるべきか少し悩む。

バイク 12km
ラン (8km)

| | コメント (0)

2014年12月15日 (月)

スタビレーとか買えねえよ

12151 昨日ドリドリ君で25.4mmの穴を開けた鉄板、その他の部品と一緒に溶接してこんな形の棒に成った。1/2角で210Nmのトルクレンチを延長して3/4角で630Nmにするアダプタ。
 アダプタの長さは基準長の2倍で作ったのでトータルで3倍の長さになる。別の言い方だと3倍のトルクまで測定できるトルクレンチが出来上がった事に成る訳。
 取りあえずの使用先は白骨号のドライブシャフトとハブを固定するナット。あそこのM22細目ねじのトルクは460Nmを要求して結構手強い。今は3/4のインパクトで適当に締めているので、後で検証がてら締め直そうと思って作ってみた。

12152  このクラスになると安いヤツでも5万以上、中古でも2万近くする。最低でもトーニチとか言う人ならスタビレーの10万以上するのを買うと思うけど、私にはそんな財力は無いので怪しい自作アダプタに安物トルクレンチを繋ぐしか無い。
 3/4角の差し込み部に延長棒を使ったのは、締めるときにトルクレンチの中心部を保持する為。1枚目の画像の様にジャッキでも当てて置けば一人で正確な作業が出来る。
12153  トルクレンチを差し込む側は裏表に用意した。これは左ネジに対応するため。大型車のクリップボルトはISO方式に統一されたけど、まだまだ左ネジの古いのが走って居たりする。「古い4トンのユニックやるから取りに来い」とか言われても慌てずに済むように、ちゃんと工具だけは準備した。誰かくれんかなあ?。
 今にして思えば大型の左ホイールだけどうして左ネジだったんだろう。ドライブシャフトのネジは左右とも右ネジだったんだし、1トン以下や乗用車のホイールは両方とも右ネジ。。。
 昔は「しっかり締めとかな緩んで事故になるぞ」と言われ、何も考えずに1000Nm以上で締めていたと思う。インパクトが無いときは1.8mくらいの棒にぶら下がり、勢いを付けて体重をブンブンかけていたし。
 塗装にするかメッキにするか悩みかけたけど、ちょうどメッキ屋さんに行く用事が有ったので一緒に持っていってメッキを頼んだ。いつもの様に安いユニクロ。

バイク 12km

| | コメント (5)

2014年12月14日 (日)

荒い加工なら実用的

12141 仕事やら家の事やら自分の事やら、色々な事をゴチャゴチャやっていたらあっという間に1日が終わった。こんな感じだと人生も直ぐに終わってしまうけど、時間の流れだけは全員に平等だから諦めるしかない(笑)。
 夕方になって特殊工具を作り始めた。その一部に25.4mmの穴を開ける必要が出てきた。うちのボール盤はMT2なので素直な使い方なら23mmのキリが最大。
 MT3へ拡大するソケットを買っておこうと思いながらも、今は無いので仕方なくドリドリ君の円弧補間で穴を拡大した。ドリル代わりの加工くらいなら安心して任せられる。ベアリングのハウジングだと厳しいけど。
 被切削材はSS400の板厚14mm。ボール盤で開けた23mmの穴を25.4mmまで拡大する作業。刃物は直径8mmの4枚刃エンドミルで回転数は2500rpm。ダウンカットで半径方向の切り込みは0.5mm。深さは14mmを一発で。送り速度はF80。これで特に問題なく加工が出来た。
 これが最大の能力かどうかは解らん。ただ今までの使用条件の積み重ねから、この程度なら安定して加工できるだろうと踏んで設定しただけ。本職用の機械に比べたら低い能力だけど、この位の時間で加工できたらそんなに不自由しない。段取りの時間の方がずっと長いのだから。
 前に書いたようにベアリング用の穴だと厳しい。測定と切削を繰り返せばしっくりと入る穴を作ることは出来る。でも円筒度的にH8も無理でH10くらいしか行かないと思う。
 個人がDIYで解って使う。研究室で実験設備のどうでも良い部品を自作する。試作室で解って使う。速さが命の保全の工場だから精度には文句は言わせない。NCボール盤として使う。。。そんな感じなら十分に行けそう。
 本当は教育用として、1名に1台とまでは言わないけど1班に1台の環境作りでもやってくれたら、日本の物作りに良い流れが出来ると思うのだけど、そう言う用途じゃなくて本職が激安MCとして買っていく例が多い感じ。
 将来に向けて良い流れなのか悪い流れなのか解らんけど、私は政治家でも教育者でも無いから売れたら良いや(笑)。

 長男が居るので今日も晩飯が豪華だ。この週末で2kgくらい体重が増えたんじゃ無いかと思う。

バイク 12km

| | コメント (2)

2014年12月13日 (土)

お歳暮

12131 先生の都合でスクールは中止になったけど、リズムを崩さない為に同じ時間にプールに行って同じくらいの時間自主トレをしてきた。先日から練習している少ないストロークで進む練習の続き。
 前回の練習でボトルネックと感じたのは手を入水するときの身体全体の抵抗。どうもこのときにグッと減速している気がする。特に呼吸をしたとき。その辺りを延々とやった。

 帰ってからブーツ交換後にほったらかしにしていた工具類の片付け。モリブデングリースで真っ黒に成った工具類を、ウエスで拭きながら片付けた。よく使う工具は錆びないけど、たまにしか使わない工具は錆がち。32mmのインパクト用ソケットなんて次は何時使うんだろう?。
12132  あとは仕事をしたのだけど、その合間に変なオッサンの所に年末のご挨拶。どこにもしているように蟹を20匹ほど持っていった。蟹じゃないとか文句を言っていたけど、それなりに嬉しそうにしていたので良かろう。
 お返しにガラクタを持って帰れと言うので持って帰った。外側だけブラストで綺麗にしてあるけど中身はガチャガチャ。ピストンすら入ってない。これではキャブレターとして動かない。活用するとしたらインジェクタでもぶち込むしか無さそうだ。

 長男が帰ってきているのでいつもの様に食事が良くなってお菓子が有る。それを食べるから当然の事ながらカロリー摂取過多になる。困ったことだ。
 シマノの90周年記念誌を持って帰っていたので読んだら面白かった。自転車部品と釣り具だけじゃなくて、ボート競技のビンディング?を作っている事を初めて知った。

スイム 3.0km
バイク 12km

| | コメント (3)

2014年12月12日 (金)

リフトが欲しい

12121 本当はこの週末にやろうと思っていたけど、寒波が来そうなので今日の午後に変更。替わりに土日は軽く仕事だ。この辺りは軽い日本海気候なので、寒くなるとしぐれ気味に成って天気が悪い。
 やった作業は白骨号のドライブシャフトブーツ交換。ルフトさんに頼むか悩んだけど、車体の購入時に2個だけ国産のブーツを買っていたのが有ったのと、1回は自分でやっておきたかったのでやることにした。
12122  ブーツは大野ゴムのFB-2160という汎用品。トヨタの後輪駆動車に対応する汎用品らしい。ブーツの寸法はΦ25xΦ65x100Lと成っている。全部で4個要るので不足分2個とグリースをMonotaROで頼んだ。グリースは大阪魂の200円くらいのヤツ。
 中央のでっかいナットが緩むか不安だったけど、3/4のインパクトで緩んだので良かった。意外に硬かったのがデフ側の6-M10ボルトで2枚目の画像の様に車体の外側まで伸ばしに伸ばして力をかけてやっと緩んだ。
12123  内側の等速ジョイントは止め輪を外したら分解できたけど、外側のジョイントは分解できなかった。無理して壊してはいかんのでシャフトに付いたままで洗浄とグリスアップをした。
 FB-2160はほぼピッタリ。930用の互換品と値段的には大差が無いのだけど、互換品が1年ちょっとでひび割れたと書いている人が居て国産汎用品にしてみた。純正は値段と納期面が問題なのと、ネタに成らないので(笑)止め。
12124  右の外側のジョイントのブーツ受けカバー?がおにぎり型に酷く変形していた。外すときに無理をしたかな?と思って角度を付けてみたけどそんな角度までは行かない。おかしいなあ・・・と思いながらもハンマで修正して組み立て。
 使ってあるグリースの種類などから、右と左は別々の工場でやったと思われる。スプライン部に右はカッパー系、左は二硫化モリブデン系のグリースが使ってあった。今回はカッパー系にした。
12125  何だかんだで4時間半くらいかかった。腹筋の筋トレとした思えないような恰好を何度も強いられた。20代なら良いけど年寄りにはキツイ。リフトが欲しい。近所の業者が10万円と言っていたのを買っておけば良かったと強く後悔。
 暗くなっていたけど試運転を兼ねてルフトさんに行って今日の作業で出た疑問点を聞いてみた。答えは、私の年代だと外側のジョイントは分解できないらしい。ブーツ受けの変形は、エンジンを下ろすときにドライブシャフトを曲げすぎたからだろうとの事。そう言うことは無いに超したことは無いけど、中古だから気にしても仕方ない。
 ドライブシャフトの実測値はΦ28xΦ68程度だった。長さはどうにでもなる。私が調べたFB-2160以外の汎用品ではストレートの1,000円jくらいの汎用品を途中で切っても行けると思う。こっちはグリースまで付いているので更に安い。500円くらいで売っている伸び~る軽自動車用でも行けると思う。次はこれで行ってみるか。こんな事書いていると大野ゴムが10年以上持ったりしてね。

バイク 12km

| | コメント (2)

2014年12月11日 (木)

記録は大事だ

1211 最近は比較的小型のサーボモータとか、高級なステッピングモータを色々と触って遊んでいるのだけど、その手の機器は生意気にもPCと接続して設定をする必要が有ったりする。
 こないだは多摩川のACサーボを使うには2万くらいする通信ユニットが要ると言うからブツブツ言っていたのだけど、今日は山洋のモータで深い設定をしようとしたら同じ事に陥ってしまった。
 関係の人は「三洋」と区別するために「山洋」の事を「やまよう」と呼ぶことが多いけど、「三洋」はほぼ消滅したから今は「さんよう」と呼んでも良いかもしれん。
 で、山洋のモータドライバはRS485でPCと繋ぐことに成っていて、専用のケーブルとUSB変換器のセットが準備してある。そしてこれが3.5万円くらいするらしい。。。仕事なら買えばよいけど全部でそんな判断をしていたら開発の仕事なんか大赤字だ。
 で、GPSブイの仕事でRS232とRS485変換器を作っていた事を思い出した。ジャンク箱を漁ったら出てきたのでそれで実験開始。たしか頭の良い温度計の基礎実験で使ったヤツ。
 2線式のRS485なので送信と受信の切替が必要。TXとRXしか無い状態でどうやっていたか思い出せず、過去の資料を漁ったら珍しくメモが出てきた。4538を使ってスタートビットから1バイト分のパルスを作り、その間だけLTC485のDEピンをHにしていた。
 なるほどよく考えたなあと感心しながら(笑)、今回は通信速度が違うのでコンデンサを付け替えながら接続実験。数回コンデンサの交換を繰り返したら繋がるように成った。これで3万5千円浮いた。
 でも時々エラーがでる。やっぱりRS232の制御線を使ってDEをコントロールしなくちゃ駄目か?と思うけど、簡単なチェックではこのソフトは制御線が変化して居ない感じ。どうしよう。
 取りあえずきちんとメモを残していた過去の自分に感謝しながら、送信/受信の切替方法に悩みながら布団に入った。直ぐ眠ったけどね。

バイク 12km

| | コメント (0)

2014年12月10日 (水)

ガーデンジャッキ

1210 白骨号が来てからずーっと作ろうと思っていたヤツをやっと作った。タイトルは「ガーデンジャッキ」にしたけど、「ガレージジャッキアダプタ」の方がイメージが掴みやすかった気がする。
 用途は見ての通りで、庭でガレージジャッキを使うときの敷き板的な物。構造も見ての通りで50のアングルとFBを切って溶接しただけ。1時間くらいで出来た。
 こんな事を書くとメグロのオッサンから「俺が15分で作ってやるから、その間に頼んだレギュレータ早く作れ!」と言われそうな気がするけど、自分でやってみたい訳よ。
 うちには車のはいるガレージが無い。いや、2箇所有るけど他の物を入れているから実質的には無いのと一緒。だから4輪の整備は何時も屋外。ガレージジャッキを使うときは下に堅い板や鉄板を引いて使っていた。これをやらないとタイヤが転がらずにジャッキポイントが逃げたりして危ないから。
 今日の製作で作業環境が少しだけ前進した。この週末にドライブシャフトのブーツ交換でもしようかね。雨が降らなければだけど。

 久し振りに夜にプールに行ってきた。片手で少ないストローク数で泳ぐドリルがイマイチ出来なかったから。何回も練習していたら右手も左手も25mを7回くらいで行けるように成った。
 そしてこちらも久し振りに若いインストラクターのハイレグ水着姿を見た。プールに入るときに監視員をやっていて、きちんと挨拶をして置いたのでご褒美かもしれない(笑)。ありがとうございました。

スイム 2.5km
バイク 12km

| | コメント (0)

2014年12月 9日 (火)

ヘリサートのその先は?

12091_2 数日前ガレージに来た変なバイク。仕事の合間に分解だけしてみたらネタ満載で素晴らしい状態。時々見に行くトライアンフ屋さんの落胆と諦めの気持ちがよく解る(笑)。
 まずは間違った位置にあるダイナモ室のカバーとかベースを外していくとネジが1本おかしい。ねじ山が舐めているなと思ったら甘くて、ヘリサートの駒がそのままボルトの先に付いて出てきた。

12092  アルミ側の痛み具合から見て、最初の作業時から駒が効いてなかったと思われる。溶接で埋めて再タップか、M8の雄ねじを埋めて再タップか、なんとかサートの類を買うか、見て見ぬ振りか。
 それにしてもこの構造は何なんだ。2mmくらい有る両面テープ?の上に黒い下カバーが乗っていて、その上に10mmくらいのスペーサを介して第1ベースが取り付けてある。両面テープが柔らかいのでネジがユルユルにしか締まらない。
 さらに第1ベースから25mmくらいのスペーサを介して第2ベースがあり、そこに発電コイル関係が付いている。そしてその全てがバカ穴なので再組み立て時にフライホイールとの隙間調整が酷く面倒。
12093  そのフライホイールのテーパ面は小径側しか当たって居らず、オマケで半月キーが半径方向に当たっているので面も片当たり。
 と文句ばかり書いているけど、この機構をゼロから作るのは難しい。失われたドイツ製DCダイナモのスペースに、合いそうな現行の国産バイクの部品をそれなりに組み合わせて有るのだから。
 何でもそうだけど最初の1歩は非常に難しく、それを見て駄目な所を改善していくのは比較的容易。前者には成れなくても後者くらいには成りたい。どちらにも成れないけどお金のある人は良いお客さんに成れば良いし。そのいずれにも成れない人は2ちゃんで評論家に成れば良い。
 取りあえず精度が悪くても良いからテーパ面を修正し、グラグラのベース関係を再構築か。Φ200のジュラルミン丸棒から削りだしたら見事なブラケットが出来そうだけど、金額も見事に成る。オリジナルのダイナモが入手できたら戻すだろうから過渡的な部品に過剰な投資は美しくない。うーん、意外と難しいね。

バイク 12km

| | コメント (2)

2014年12月 8日 (月)

3点に接する円の直径

1208 ちょっと考えただけでは解らない事が出てきた。左図みたいな形状の部品が有ってその外接円の直径を測定する方法。
 3次元測定器とかNCのテーブルに載せて座標を読むとかじゃ無くて、ノギスとかマイクロメータとか、そんなイメージで測定する方法が無いだろうか?。近い話では奇数歯の歯車の外接円を簡単に測りたいとか、5穴のホイールのPCDを知りたいとかが近いかもしれない。
 それぞれが点で有れば間隔を測って三角関数的な計算をすれば解る。でも図のように円弧に成っていたらそれは難しい。うーん。
 図形的に解けない事は無いけど、それをノギスレベルの機構に落とし込めと言われたら
出来ない。10年くらい考えたらできるかもしれんけど、今の時代にそんな物を必要とする人は居らん(笑)。
 ヤフオクとかで「三方パス」とか売ってないかな?と思ったけど、今のところ見つかってないし、3方向に等間隔に開くパスが有っても、それをどうやって読むか解らんしなあ。やっぱXY座標的な考え方しか無いのか。

バイク 12km

| | コメント (14)

2014年12月 7日 (日)

私をスキーに連れてって

1207 年末までにケリを付けたい仕事が溜まっていたので、朝から晩まで平日と変わらずに仕事をした1日だった。
 ちょっと変わっていたのは、昼前に変なオッサンが変なバイクを持ってきた事と、夕方に白骨号のタイヤ交換をしたこと。変なオッサンのバイクは色々なネタが隠れているようなので後で。
 初雪に遅れてしまったけど、やっとタイヤをスタッドレスに交換した。洗車はしてないし、右のフェンダーは色が違うし、ボンネットはクリヤが禿げてデコボコだけど、雪が降るのにノーマルタイヤなのは私にとって許せない。
 ついでなのでブレーキパッドの厚みをチェック。どれも5.5mmから6.0mmの間で問題ない。でも他の部分で嫌な物を見つけてしまった。ドライブシャフトブーツのひび割れ。
 右のインナーには50mmくらいのヒビが有り指が入る。左のインナーはパックリと割れて谷の部分で分離して居る。このクソ忙しいときに仕事が増えた。何時やろうかなあ。もうルフトさんに頼むか。。。
 取りあえずブーツは見て見ぬ振りをしてタイヤ交換は完了。これで高橋ひとみ似の商社勤務未だに独身から、「ミツヤス君、久し振りにスキー行こ!」と誘われても大丈夫だ。
 試運転してみたら明らかに感じが違う。私が車用品で交換して違いが解るのはタイヤとワイパーブレードだけだ(笑)。195から205に幅が増えたのにハンドルが軽い。そしてコーナーでの舵角が多い。これってスリップアングルが増えていると言う事かな?。
 そういえば、島根で一番タイヤを売るガソリンスタンドのオッサンよ、ミニのスタッドレスが届いて無いぞ~。

バイク 12km

| | コメント (4)

2014年12月 6日 (土)

縁の糸

12061 昨日の2段歯車の行き先はこんな場所。ポルシェの電気式スピードメータの積算計部分。私のと同じ時代だけど私のじゃ無い。
 この部分は持病みたいでギヤの破損というか崩壊が必ず?発生するらしい。私のはまだ動いているけど何時壊れるのだろう?、既に交換されているのだろうか?。
 コイツのギヤもまさに崩壊していて、オリジナルのモジュールとか歯数が解るのは奈良文化財研究所の人くらいの状態。仕方ないので相手の歯車とか中心間距離から逆算してそれらしいモジュールと歯数を算出した。
 でもPCDもオーバーピン径とかで測った訳じゃなくて目測だし、軸の付け根に大きくクラックが入っていて中心間距離も怪しい。妙な転位がされていたら歯数が1枚くらい変化するかもしれない。と言うことで自信が無かった。
12062  この部分の故障は有名なので比較的容易に替え歯車が入手できる。でも意外と高くて1個が3,000円くらい。さらに歯数が不安だから2種類買うとそれだけで6,000円とちょっと高い。
 それなら自分で何とかした方が技術も身につくし経験値も上がる。老練なメカニックから「チェンジニア」とバカにされる可能性も低くなる。と言うことで昨日の作業に繋がるわけ。
 まあ、短期的な商売だけなら近い2種類の歯車を手配し、合う方を付けてトータル1.5万円くらい請求するのが正解と思う。でもそんな日常を続けていては、カルマンギヤで日本縦断中のアグネスラムに似たハワイのオネエチャンがトリップメータが動かなくて困っていても、ギヤを作って助けてお礼に食事をしたり色々が期待できない。
 もしかしたらランボルギーニ・ミウラを持っている死にかけの爺さんから、「ミウラのメータを修理出来たら部品取りのLP500Sをやる、一応書類は有る。」と言われても、ギヤが作れ無ければLP500Sのオーナには成れない。

 そんな可能性はゼロだと言う人も居るかもしれないけど、我々は今こうやって同じ地球の上で同じ人類として生きている。それだけでお互いにもの凄い確率をくぐり抜けて来た同士な訳だ。一つ間違えば足元のゴキブリどころか、小惑星イトカワのチリだったかもしれない。宇宙レベルで考えるとほとんど同じ物体と言っても良いくらい。
 そう考えるとアグネスラムと知り合う確率もミウラを持っている爺さんと知り合う確率もかなり高い。森高千里と再婚する可能性だって同じくらい有る。
 備えよ、常に。

 取りあえず作業の内容だけ真面目に書いておこう。軸の部分のプラスチックフレームが割れていたので、抵抗の足を半田鏝で埋め込んで修理した。経験上この様な場所に接着剤を塗り込んでも効かない。
 あとは昨日の夜中に作ったギヤを装着。軸受けが真鍮に成ったので緩いグリースを塗って置いた。測定値通りのモジュールと歯数でピッタリ合ったので良かった。次への自信に繋がる。
 後は信号発生器から仮の車速信号を入れて、積算計がきちんと動くかどうか、リセット等が効くかどうか、念のために速度計の指示も合っているかどうか、等を確認して作業完了。歯車の製作も1時間くらいなので、検討時間を除けば作業としては意外と簡単な作業だった。

 書き忘れた。朝一はいつものスイミング、前半は各種のキックで筋肉痛の身体には久々にキツかった。夜は近所の神社の神主が夜逃げしたので今後の対策会議。下の細い道を一番飛ばすのは住職のクラウンだし・・・筑豊って素敵でしょ(笑)。

スイム 1.8km
バイク 12km

| | コメント (8)

2014年12月 5日 (金)

2段歯車

1205 模型用ギヤボックスなどでよく見かける2段に成った歯車。軸が出ているヤツも有れば穴のヤツも有る。タミヤは仕入れているのか自社生産か知らないけど、原価は何円レベルだと思う。
 そう言うありふれた製品だけど自分の希望する仕様で1個2個を作ろうとすると一気に難しくなる。作業工程的にも費用的にも。
 最初はドリドリ君のPRを兼ねてジュラコンの丸棒から細いエンドミルで削りだしたら良いと思っていた。ところが具体的に検討をするとメチャ難しい事が解ってきた。
 写真で解るように大小のモジュールが組み合わさって居るけどいずれも小さな歯形。と言うことはエンドミルの径は0.4mmとかを使う必要が有る。大きな方でも0.8mmくらいか。それなのに厚みは1.7mmくらい有るわけで・・・。
 素人の時代なら「NCだから軽ーく何回も繰り返したらいけるでしょ」と言ったかもしれないけど、或る程度解ってきた今はそんなことは言えない。直径0.4mmで1.7mm深さとか径の4.25倍だ。そんなの私が使えるわけないし、そもそも4倍とか5倍のエンドミルが売っているのだろうか?。
 ちゅうことで色々と考えた末、歯切りした単独の歯車を組み合わせる事にした。トルクはほとんど要らないので接着に併用でピンを打つことで対応。幸いにも歯車は両方とも市販品を見つけたので歯切りの部分は悩まなくて済んだ。
 この過程で見つけて驚いたのだけど、m0.5程度の歯車を3Dプリンタで製作し、室内機だけど実際に飛ばしている人達が居る。本当に使いこなして専用のファインチューニングが施されているとは思うけど凄い所まで来たもんだ。
 と同時に、この手の人達は3Dプリンタなど無くても、糸鋸とヤスリで同じギヤを削りだして居るんだろうなあ、とも思った。何でもそうだけどそう言う人種じゃ無いと、新しい道具を与えられてもそれを使いこなす事は難しい。

バイク 12km

| | コメント (2)

2014年12月 4日 (木)

ミドリ安全に見切りを付けた

1204 理由は解らんけど、今日は腹が立つことやら、困った事やら、悩ましい事やら、頭が痛い事やら、不思議と重なって夕方には精神的に疲弊しきって居た。
 外は10度以下で雨まで降っているから若い頃みたいにバイクでどっかに行く勢いは無く、代わりにミドリ安全の安全靴をカッターで切り刻んでやった。
 と言うのは嘘だけど、もったいないから捨てずに取っておこうか迷っていた心を、少しだけ疲弊した精神が後押ししたのは事実。いやあ、刃物は良いねえ(笑)。

 切り刻んだ靴は去年の秋に買ったRT722という踝までの安全靴。去年の冬はこれを履いていたのだけど、つま先が当たり気味で少々痛さを我慢して履いていた。それ以外は気に入っていただけに残念。
 そして春になってアシックスのメッシュの安全靴に履き替えて夏を過ごした。♪秋が終われば冬が来る本当に早いわ♪と冬に成ってミドリ安全を出したのだけど、アシックスに慣れた足には去年以上に痛さを感じてアシックスばかり履く日々が続いた。
 アシックスの履き心地は良いけどメッシュで寒く、しばらく我慢していたけど溜まらずにアシックスの踝までのタイプを追加で買ったわけ。そして履かなくなったミドリ安全の靴を捨てきれずに取って置いた・・・と。
 で、切った本当の目的はつま先カップがどんな形か確認をしておきたかった訳。スペックでは「ワイド樹脂先芯」と成っていてミドリ安全の中では幅広タイプ。写真を見る限りでは全然そんな風には感じられない。
 まあ相対的な話なので私の足が不細工に幅広というだけだろうけど、運動靴より安全靴の方が先が細いと感じる事が多いのは意外だ。安全靴を履く労働者はつま先が細いという事か?。
 取りあえずこの先ミドリ安全を買う事は無いだろう。このワイド先芯が当たらない様にするには、全長よりも35mmくらいデカイサイズの靴を買うしか無いから。
 ただ、アシックスの踝までのタイプはビニールレザーで安っぽい。そして肌触りも悪いし溶接の火で穴が空くだろう。一番安いスノトレに先芯を入れただけの感じ。でも靴は足に合うのが最低限で一番重要な要素なので、しばらくはアシックスかな?と思う今日の夜。

バイク 12km

| | コメント (6)

2014年12月 3日 (水)

AD-5518

12031 新しいハンディータイプのマルチメータを買った。A&DのAD-5518というヤツで、送料込み4,000円弱に惹かれて半ば衝動的に?。
 そう言うのを見つけるというのは時々探して居たわけで、左端のSANWAのヤツが少しずつ不調に成ってきたから。これは電気の勉強を始めたときに買ったから既に25年以上は使っている計算になる。
 その頃は今でも使っているアナログタイプしか持ってなかったので、メインの計測器として色々悩んで買った。特に重視したのは真の実効値タイプであること。丁度ソーラーボートのPWMドライバを作ろうとしていたタイミングだったので、簡易的な変換ではよろしく無かろうと考えて。
 まあ悪くない判断だったようで今までずーっと使ってきた。上記の真の実効値タイプとか電流が20Aまで測定できる所がバイクなどの電装品では役に立つ。ただ、最近は抵抗測定の低いゾーンが妙な感じに成ってきて、テスト棒をショートさせても1Ωより下がらない等、各所に劣化が目立ってきた。
12032  で、急ぎじゃ無いけど何か適当なヤツが無いかな?と探していたわけで、秋月に注文があれば秋月の大きめの安物にしたと思う。たまたま今回はアマゾンで安いのを見つけたのでそっちにしただけ。
 今はベンチタイプがあるので精度を求める時はそっちを使い、ハンディは手軽に使えて2桁くらい解れば良いと言う考え方。まあベンチタイプも中古だけど(笑)。
 取りあえず比較してみたら確かに2桁目までは安心して読める事が解った。あとは値段なりでこんな物かな?と言う感じ。押しボタンの電源スイッチは収納時に誤操作するので、機会が有ればスライドタイプに改造しようと思う。
 オマケとしてPC接続ケーブルとソフトが付いてきた。ケーブルはフォトカプラを使った絶縁タイプで素晴らしい。これなら安心して変な回路にも繋ぐことが出来る。電圧しか転送できないと思いこんでいたら、抵抗も容量も周波数も、全部のレンジをPCに転送して表示・保存できた。知らなかった。これだけで使い道が色々ある。
 道具としての使った感触はあまり良くないと感じたけど、PCとの接続で安全なセンサやロガーとして使えるだけでも買った価値が有ったような気がする。

 筋肉痛が消えてきたので、少しだけウエイトを増やしてみようと思っていた。でも雨が降っていたので納屋まで取りに行くのが面倒で止めた。

バイク 12km

| | コメント (0)

2014年12月 2日 (火)

タニコーのガスコンロ修理

12021 今日は嫁さんが居なかったので昼飯を作ろうとしたとき、コンロの火がおかしいことに気がついた。そう言えば以前から妙に火の安定が悪いと感じていたけど、今日は危ない程度に不安定。良く見たら下の方からも火が出ている様に見える。
 嫁さんの希望で業務用のデカイのにしたけど、新品は買えないので中古にした。鋳物に穴でも空いたかな?と思って外して見ると部品と部品の合わせ目に1mmx40mmくらいの大穴があった。ガスケットが崩壊しているみたい。
12022  早く?気がついて良かったなあと思いながら分解。年数と場所と構造からネジを抜くことは早期に諦めて全部を通しボルトに変更した。設計とサービスは通しボルトを希望したけど、営業が見栄えから裏面からの立て込みボルトを主張したのかな?と妄想。
 面の変形と痛みが酷かったのでフライスで一発削ろうと思ったけど、固定と水平出しが面倒な感じだったので定盤とディスクグラインダで面を出した。
12023  10mmx10mmの中にアタリが最低2個有るくらいまで面を出してギブアップ。今までの隙間を思うとこれでも凄い改善だと自分を納得させる。
 気休めに液状ガスケットを塗って組み合わせてお終い。燃えるかもしれんけど面だけでもそれなりに気密性があるし、炭化した燃えかすが適度にシールしてくれるだろうと都合のよい期待。
 空燃比調整の調整のリングが凄く綺麗に効くように成った。中の錆を掃除した効果も相まってか、着火も燃焼も非常に調子がよい。キャブみたいだ。

 相変わらずエアロバイクは一般トレーニングモードで30分だけど、12月から補強運動を少し変えている。そのせいで各部が筋肉痛。エアロバイクの出力も少し低い感じ。

バイク 12km

| | コメント (2)

2014年12月 1日 (月)

説明を試みてみよう

12011 イマイチ不評な(笑)先日の動画、機構の説明が無かったからだと勝手に思いこんで説明を試みてみようと思う。
 本当はこちらを先に書いて最後に動画をアップする予定だったのだけど、CADで清書しようか、手書きで書き直そうか、2Dの断面図の方が解りやすくないか・・・、色々考えて後回しに成った。で、結局時間も無いし自分用の分解時のメモに追記しただけでアップするはめに。

 解る人はこの図で解ると思うし解らない人は文章を追加しても解らないと思うけど、取りあえず説明を書いてみる。
 延ばされた引っ張りコイルバネが縮もうとする力で揺動アームを上から見て時計回りに回す。するとラチェット1が引っかかる方向なのでラチェットホイールも一緒に回る。ラチェットホイールにはねじりコイルバネを経由してドライブギヤが繋がっている。ドライブギヤの先にはごく普通の機械式時計のメカが連なる。
 この時はドライブギヤが駆動するトルクと、ねじりコイルバネのトルクと、引っ張りコイルバネのトルクが釣り合った状態に有る。見た目だけで言えば、ドライブギヤは止まっていて、ねじりコイルバネは少しだけねじられていて、引っ張りコイルバネは少しだけ引っ張られて居る状態。
 時が進むにつれて引っ張りコイルバネがエネルギを放出すると共に縮んでいき、揺動アームが時計回りに回る。するとソレノイドとの接点間隔が狭くなってきて、或るタイミングで接点が閉となる。
 揺動アームは電気的にはシャフトを経由してフレームに落ちており、結果的にソレノイドとバッテリを直結する回路が成立する。そしてソレノイドに電流が流れて磁力が発生し、接点付きのアームをコイル側、すなわち揺動アームの接点を押す方向に押す。「押す」と言うよりも実際の動きは「打つ」に近い。
 揺動アームの接点を押しながらソレノイドの可動接点が動き続けるけど、あるところで鉄心に当たって動きが制限される。この時点で揺動アームへのエネルギの供給は絶たれるのだけど、揺動アームにはウエイトが付いているので少しだけ行きすぎた所まで回転し、接点が開いた状態でラチェット1により停止する。これにより接点が閉じたままに成ってコイルが焼損する事が防止される。
 行きすぎた所まで回転した揺動アームは、ラチェット1を経由してラチェットホイールに時計回りのトルクを与え、最初に戻って時計機構にエネルギを供給する仕事を始める。
 ここでソレノイドが引っ張りコイルバネを伸ばしている間に着目するとドライブギヤへのエネルギの供給が絶たれている事に気がつく。これは不味いのでその為にラチェット2とねじりコイルバネが追加されている。
 揺動アームが反時計方向に回転している時、ラチェット2の働きでラチェットホイールは空転せずにその場にとどまる。このときにねじりコイルバネには或る程度のエネルギが貯えられているので、ソレノイドが揺動アームを「打つ」短い時間くらいはドライブギヤに回転トルクを与え続ける事が出来る。

 ああ、メチャ長くなった。説明能力が無いなあ。教科書会社とかに就職しなくて良かったよ(笑)。まあ、長文は三行以上読めないようなバカよけに成るから悪くは無いのだけど、今回のは推敲して半分くらいにすべきだ。面倒だから書きっぱなしでそんなことしないけどね。ハハハ。

バイク 12km

| | コメント (4)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »