« ポルシェに飽きたらレクサスでも | トップページ | プラス制御とマイナス制御 »

2014年8月27日 (水)

オートチューンじゃ無いもんね

08271 今年の2月から使っているハスクバーナのチェンソー、林業用はあまりに高すぎるので百姓とか牧場用みたいなモデルを買ったのだけど、まあ良い選択だったようで調子よく使えている。
 それまで使っていた中国製と排気量はほぼ等しいけど、ソーチェーンが細い影響も有ると思うけどパワーは少し上、燃費はかなり良い、重さは劇的には変わらない、始動性は負けている、そんな感じ。
 中国製の方はどんなときでもほぼ1発でかかる。アメリカの販売店の掲示板にも始動性が良いと書いてあった。この点は誉めて良いと思う。450はこの部分だけイマイチ。
08272  そこでキャブを調整することにした。国内で売っている林業用はオートチューンと称する電子キャブが採用されていて、ユーザーからはブラックボックス。正規代理店だけが調整できる(確認できる?)らしい。
 こういうやり方が好きじゃないし自分で調整できないのも好きじゃ無いので、消去法的に従来型キャブの450にした面も有る。
 で、450のキャブを調整しようとしたら専用工具が必要だと解った。虫眼鏡で見たら5.5mmのボックスドライバを強く押しつけたら行けそうな気がしたけど、山を潰したら後が困るので工具を買った。
 来て驚いたけど懲りすぎだと思う。単なるギザギザじゃ無くて不等ピッチに成っている。1回転の始まりが解るように、1箇所でしかはまらない様に考えたのかもしれない。「マイナス頭でいいやん」と思うけど、排ガスの問題とかも有るから駄目だったのだろう。

 天気予報は悪くなかったと思うのに、今日も午前中は雨が降った。まさお君で草刈でもしようと思ったけど、ぬかるんでいて上手にターンできない。速度域が違うけどプッシュアンダーとでも言いたい感じ。仕方ないので肩掛け式の草刈機で刈っていった。
 今日も寝る前に少しだけエアロバイクを漕いでおこう。

バイク 8km

|

« ポルシェに飽きたらレクサスでも | トップページ | プラス制御とマイナス制御 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポルシェに飽きたらレクサスでも | トップページ | プラス制御とマイナス制御 »