« 930のミッションマウントをインチキ修理 | トップページ | 糞の起源 »

2014年7月 2日 (水)

ユンボのキースイッチ

07021 先日の草刈の時に気がついたのだけど、うちのユンボのエンジンがかからなくなっていた。少し具体的に言うと予熱とかインジケータとかは正常だけどセルだけが回らない。少し想像を絡めて言うと接触不良気味だったキースイッチの不良かな?と言うところ。
 一番山に近い所に置いてあるので、時間が経てば立つほど草まみれで夏の遺跡みたいに成ってしまう。でもここの所は忙しくてやる暇が無かった。
 今日の朝食後、意を決して山に行った。朝ドラが始まる前に蚊取り線香を持って。コンソールボックスというのか、スイッチが付いた箱を外し、スイッチAssyを外し、裏の配線を適当に短絡したらセルが回ってエンジンがかかった。
07022  そのままガレージの前まで持ってきて整備開始。良く見たらキャブみたいな亜鉛合金?の本体にベークライトの底板が組み合わせてあり、本体の縁をかしめて固定してある。
 これを起こしてやり直すとかなりの確率でポロポロ折れてしまいそう。時間も無かったのでそのままパーツクリーナで洗浄し、接点洗浄剤を更に吹き、電源装置を繋いで何回もバチバチショートモードで開閉し、最後にスプレーグリースを吹き込んでお終いとした。
 ゴムのカバーがめくれていたので正規の位置に装着し直したらお終い。試運転ではきちんと動作したけど、次に接触不良が起きたら分解して面を平面に再研磨しないと駄目だろう。

 小雨が降っていたけどランニング。少しだけ筋肉痛が残っているので強度は軽く。途中から雨が強くなってきた。頑張っては駄目なので短いコースに切り換えて帰ってきた。
 ルーカスがそろそろ帰国する様な話を聞いたので寄ってみた。まだ家にいた。月曜日にこちらを立つらしい。例の彼女からは連絡が無いらしいけど、たぶん日本のどこかで生きているでしょうとか。オマエら両方ともタフだよ。

ラン 13km

|

« 930のミッションマウントをインチキ修理 | トップページ | 糞の起源 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 930のミッションマウントをインチキ修理 | トップページ | 糞の起源 »