« アメリカと日本の違い | トップページ | soraでいいやん »

2014年6月20日 (金)

エンジン溶接機

0620 ずいぶん前に「修理できんかねえ?」と言う話でうちに来ていたエンジン溶接機。ロビンのEY40だったか?かなり大きなセル付きが付いていて、溶接棒も4.0mmまで使えるそれなりの機種。
 この手の大電流機器は部品単価が恐ろしく高いので、安く修理できると思って持ち込んだ人を落胆させる事になりがち。だからやりたく無いのだけど、知り合いの紹介なので仕方なく預かっていた。
 これもそんな状況のヤツで、只で貰ったらしく2万までとの話。来て直ぐに大まかに見たけど、基板上の部品はほぼ全て水分?による劣化で崩壊。呼び水的に使ってあるエンジン側の発電も弱い。お化けみたいな溶接機のブラシ部もなんかおかしい・・・。こんな状況だったので半ば放置状態だった。
 それが先週電話がかかってきて、機能限定でも良いから何とか・・・と言う話になり、昨日の夜からもう一度見直してみた。
 明日までに何とかする!と思い、基板上の怪しい部品は全部交換した。費用のことが有るので全て手持ちの在庫や中古から仕様を満足するのを探し出して。他の部分もとにかく前に進めようとやって行くと、美しくは無いけど解決策が出てきて動くように成った。
 無様な機構や作業であっても、機械にとって動かないまま放置されるより幸せなはず。取りあえず前に進むと言う事も大事だと再認識した次第。
 結果的に全ての機能が復旧した。4.0mmは無かったので2.6mmと3.2mmの棒で試したけど、ほぼ正しい目盛りの位置で溶接作業が出来た。ああ良かった。
 電話したら直ぐにオッサンが軽トラで引き取りに来たので、溶接の試験をしてから引き渡し。貰った費用は自転車のギヤとかチェーンの購入費用にあてよう。これで効率が0.5%向上だ。
 仕事として計算すると全く割りに合わない作業だけど、自分の知らない世界の構造や設計思想を軽いプレッシャー下で勉強でき、さらにお金まで貰えると思えば悪くないのかも。とは言っても暇なときしか出来ん。

 暑い日が2日くらい続いたのでB&Gのプールに行ってみた。確かに以前ほど寒くは無かったけど、しばらくしたらやっぱり少しだけ寒くなった。寒さのせいなのか、私が泳いでいる間に誰も来なかったのでプール全体が貸し切り状態。
 前回と同じような改善点を頭に置いて泳いだのだけど、今日は全ての部分でダメダメの日だった。どうしてこんなに駄目なんだろう?と悲しくなった。

スイム 1.7km

|

« アメリカと日本の違い | トップページ | soraでいいやん »

コメント

この記事を、ヤッホーブログでも載せようものなら、全国からの修理依頼者の列が出来そうですね(o^-^o)

投稿: ラモ | 2014年6月21日 (土) 10時09分

 こんなのもうやらないです。使えそうな大型部品も無くなったし。
 ヤフオクのはっきり動く中古が5万から10万はしますから、平均したらそのくらいの費用がかかるって事でしょうね。

投稿: みつやす | 2014年6月21日 (土) 12時36分

その 貰ったお金は
来週あたり 見事に泡となるのです!!

投稿: MASA | 2014年6月22日 (日) 01時20分

 もう半分は自転車の部品買うのに使ってしまった。スプロケットとチェーンとディレーラと消耗品。

投稿: みつやす | 2014年6月22日 (日) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカと日本の違い | トップページ | soraでいいやん »