« すさまじきもの | トップページ | 緑のクウペ »

2014年6月12日 (木)

白蓮された

0612 今日の昼前、嫁さんが家を出て行った。「民度の低い住民の中で、自分勝手な男と生きていくのに疲れました」と言い残して。
 白蓮ほど美人じゃないけど、同じ筑豊だし仕方ないなと思って高速バスのバス停まで送っていった。成田経由で今日のうちにアメリカに向けて飛び立つらしい。
 1ヶ月くらいしたら帰ってくるとは言っているけど、本当に帰ってくるかどうか解らん。もし帰って来なかったら第二の人生として、娘が読者モデルで森高似のバツイチ45歳美女と再婚しよう。充実した老後が送れそうだ。

 嫁さんはどうでも良いのだけど、一緒について行った三男が問題だ。ヤツは今春に会社を辞めて今はプータローな訳だ。自分も同じ様な事をやって来たので非難は出来ないけど(笑)、母親に付いていくってどうよ?と思うわけだ。
 人生について考え直すとか、今までの生活をリセットするとか、積極的な外部刺激を自ら作り出すという意味で旅行は悪くないと思う。でも・・・1泊2日の韓国旅行でも良いから、自分で計画して一人で行った方が良くないか?。
 そう思ったけど、自分は過干渉な両親が嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で嫌でたまらなかった訳だから言うのは止めた。それに嫁さんはその気で居るから嫁さんに言っても喧嘩になりそうだし。そして何となくそのままの流れで今日が来た。まあ運がよければ何とか成るでしょ。

 昼間は婆さんが気が狂ったみたいに五月蠅かったけど、諦めたのか夜は静かに成った。で、写真の本を読んでいる。図書館で借りてきた子供向けの本だけど面白い。
 この本を読んで初めて知ったけど、ダーウィンは変な人だ。今の時代なら問題行動の児童として扱われ、ビーグル号に乗ることも進化論を書くことも無かったと思う。良い時代に生まれた事も運だね。

 今日も17:00に成ったら雨が降り出した。いい加減運動の神様に腹が立ったので濡れるのを覚悟で走りに出た。すると私の気合いに押されたのか雨が上がってきた。ざまーみろだ。
 ダラダラ走るのを改めて、少しラントレーニングの内容を見直す事にした。かといって故障したら駄目なので頑張らない範囲で。
 靴はスカイセンサーにしてコースは短め。アップがてらジョグでぐるっと回ってトヨタグランドへ。そこで400mを走ってみたら凄くキツイ。そう言えば1年くらい400mとか走ってないかも。
 騙し騙し4周だけ走って今日はお終いにした。脚は痛くないので良かった。

ラン 12km

|

« すさまじきもの | トップページ | 緑のクウペ »

コメント

大丈夫、菊池寛の、「嫁帰る」って小説があったでしょう(o^-^o)

投稿: ラモ | 2014年6月12日 (木) 21時17分

 なんか、ちょっと違う気がするぞ~(笑)。

投稿: みつやす | 2014年6月12日 (木) 21時25分

恍惚の人 ってのも あったよね。。
かなり違うけど。。(フフフ)
ほらみろ!!
奥方様 きっと 愛想尽きたんだ!!

投稿: MASA | 2014年6月12日 (木) 23時20分

 変なオッサンばかり訪ねてくるのが嫌だったらしい。

投稿: みつやす | 2014年6月12日 (木) 23時48分

最近は訪問してませんが(爆)

これで遠慮なく不法投棄に行ける

投稿: 山向こうの住人 | 2014年6月13日 (金) 10時03分

 もう既に、今日の午前中に一人来ましたよ(笑)。

投稿: みつやす | 2014年6月13日 (金) 10時46分

違ーう!!

・白蓮の旦那は、超金持ちで、妾が居た。
今なら、せめてメガソーラーの1つや2つくらいは欲しいね。

・子供は、口うるさい親元には居たくない。
物わかりの良い住み心地の良い実家なら、いつまでも居るに決まっている。ところで何で過干渉な親元に戻ったの?


投稿: スパイクのいず | 2014年6月13日 (金) 12時22分

 大金持ちの光安傳右衛門 ですが、何か?

 帰省の度に弱ってきているから、もうすぐ死ぬかな?と思ったけど(笑)まだ10年以上は生きるね。

投稿: みつやす | 2014年6月13日 (金) 12時33分

確かに。ポルシェオーナーだもんなぁ。次はカウンタックだなんて言ってるし。
さすがにヘリや飛行機となると、よう買わんのんじゃろうけど・・・。

投稿: スパイクのいず | 2014年6月13日 (金) 15時15分

 一時期、背中からエンジンが出るモーターグライダーが欲しいなと思ってましたが、飛行場か滑空場まで行かないと駄目なので熱が冷めました。
 飛行機も同じ理由でボツで、買うならヘリです。中山運輸の社長の様に、やる気さえあれば納屋に格納して田んぼのヘリポートから離着陸出来るでしょう。

 まずR-22の中古を買い、操縦と整備士のライセンスを取り、耐空検査や時間点検毎に悩むというパターンですかね。
 R-22の助手席?なら、黒木瞳よりも海外映画の女スパイみたいなオネエチャンが似合いそう。黒木繋がりで黒木メイサとか。

投稿: みつやす | 2014年6月13日 (金) 15時39分

何で、大金持ちのくせに、自分で操縦や整備までするんか、訳分からん。キャビンで黒木瞳とワインでも飲んでるんなら分かるけど。

投稿: スパイクのいず | 2014年6月16日 (月) 12時16分

 世界の大金持ちを見たら解るでしょ。本物は牧場で牛を育てたり、自分がやらなくても良いことをしたく成るんです。人にさせて喜ぶのは成金ですよ。ワッハッハ。

投稿: みつやす | 2014年6月16日 (月) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すさまじきもの | トップページ | 緑のクウペ »