« HはF? | トップページ | 単純な4軸制御の限界 »

2014年3月19日 (水)

0W-40

0319 三男と共同でオイルを買った、モービル1の0W-40で20L缶。ポルシェのオイル交換時期はまだ先だけど、冷えている時にオイルの硬さを感じると三男が言い出したから。
 彼のMINIは良くあるオートバイみたいな構造で、エンジンとミッションを同じオイルで潤滑している。クラッチは乾式単板で違うけど。
 そして今は前オーナーの趣味なのか、なんとかクラシックの20W-50か20W-60が入っている。先週までは毎朝氷が張るくらい寒かったので、運転に慣れてきた彼が手に感じるように成ってきたのだろう。
 前オーナーは片道1時間以上の運転なので硬い時間が短かったかもしれないけど、三男は10km弱の通勤で暖まる頃に到着する。この差も大きい。

 オーナーズマニュアルに依ると指定は10W-40と成っている。交換時期は覚えてないけど、車に気を使う人や店が勧める間隔より数倍長いのは時代の常(笑)。
 粘度は予算が許す範囲でワイドレンジが良かろうと思う。これは規格を見て自分が判断した事でも有るし、ポルシェの認定オイルリストの推移を見ても感じること。
 三男は”車に詳しい先輩”に言われるかもしれないけど、「0Wとかシャバシャバのオイル入れると直ぐに壊れる」とか言う人は、判断以前の問題として粘度とか規格の意味すら解ってないので無視したら良い。
 高温側は運転中の実油温で決めるべきだけど、MINIは水冷でポルシェよりは早く定常水温に成る。と言うことはメーカの想定した運転温度にも成っていると思われるので、高温側はマニュアルに沿って40番が良さそう。同じ意味で今のポルシェに40番は少し硬いので使うかどうかは解らん。XSには使うと思うけど。
 旧車は硬めと言うお爺ちゃんも多いけど、硬いデメリットも沢山ある。流量が減ってメーカの想定した油量を確保出来なくなる。経路の圧力が上がってオイル漏れしやすくなる。粘度変化により各部への供給バランスが崩れる。オイルポンプの負荷が増えてポンプや駆動系に無理がかかる。摺動抵抗が増えてパワーが落ち燃費が悪くなる。オイルジェットからの流量が減りピストン裏やカム面にオイルが到達出来なくなる・・・等々。
 特にオイルジェットの問題は大きいと思う。基本的な油量が減っているのに加えて、オイル自体の粘度も上がっているわけ。メーカで全開試験をしているときは小学生のションベンみたいにピヤーッとかかっていても、シングル50番を入れてトロトロ走るお爺ちゃんのエンジンでは、中高年の精液みたいにドロッとジェット廻りにまとわり付くだけだろう。
 海外のフォーラムとかではそこまで感じないけど、日本においては旧車や高性能車に乗る中高年層を中心に、高粘度信仰に近い物を感じるのは不思議だ。

 

順番的にランニング。調子は良くも悪くも無いのでいつもの10kmコースをぐるっと回って走ってきた。自分の思う6割か7割で走っている。故障が怖い。

ラン 10km

|

« HはF? | トップページ | 単純な4軸制御の限界 »

コメント

ストレートな表現で戸惑いました。

個人的には「年齢」と「飛び」に負の相関は無いですが、「相手」には多少関係がありそうです(笑)。

投稿: mark@小倉南区 | 2014年3月20日 (木) 10時22分

 相手による違いを統計的に分析できる中高年と言えば・・・石田純一くらいでしょうか(笑)。

投稿: みつやす | 2014年3月20日 (木) 12時21分

>高粘度信仰・・・・・
75W-90とかvoLvoがそんなオイルを出してるそうで、
ストーブとかで温めてバイクに入れてるとか、・・・・

昨日はこっちは暑くて気温が22℃くらいなりました。
今日は10℃くらい、寒いか温かいかわかりません。
老人力が付いてきたって言う事でしょうか?
感覚が鈍って?、モスラの反応も年々悪くなってます。

投稿: そクラテす | 2014年3月20日 (木) 13時23分

 75W-90はギヤオイル系の粘度表記じゃ無いでしょうか?。
 だとしたらエンジンオイル系なら10W-40とか10W-50みたいな感じでそんなに硬くは無いと思います。

投稿: みつやす | 2014年3月20日 (木) 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HはF? | トップページ | 単純な4軸制御の限界 »