« 焼き牡蠣 | トップページ | MINIのウォーターポンプ »

2014年2月 5日 (水)

スカスカですな

02051 頼んでいたビッグエンドのメタルが来ていたので、晩飯が終わってから一気にジャンクコンプレッサを組み立てた。
 メタルは純正品じゃなくて汎用品。オイレスドライメットで内径が40mmのヤツ。追加工無しでピッタリの寸法の物が有った。1個が250円位と安いのでお試しの負担も少ない。
 中央は脱着の為に製作したジグ。小型の旋盤が有れば直ぐにこういったSSTを作ることが出来る・・・とさりげなくステマ(笑)。
02052  マジな話、スナップオンのレンチとソケットにクニペックスのプライヤ類を揃える金で、フラッグのソケットとアサヒのレンチとロブスターのプライヤを買って、さらに小型の工作機械が買える訳だ。
 私の美意識的には後者の方が美しいけど、まあ人の感覚は様々なのでどっちでも良い話。
 クランクピンは最小径で0.10mmも細くなってしまったけど、手で動かした感じではしっくりと組めた。この部分は正解かも。
02053  適当にパッキンを切り出して、オイルシールは傷んで無かったけど念のために交換して、ボールベアリングも交換して、取りあえず組み上がった。
 ヘッド無しでしばらく手回しを行い、次にヘッドを乗せてグルグル回して感触を確かめた。
 正常な方はしっかりと動作している。それに対してて焼き付いた方は悲しいくらいスカスカ。
02054  今は表面荒さ説明図の三角形の頂点が接している状態だけど、しばらく運転したら三角形が台形になって少しは良くなる可能性は有る。でも知れているだろう。
 この後どうしようか。コストとか手間とか面白さとか、色々考えて居るけど結論は出ていない。
 ボアが0.5mmから1.0mmくらい大きなバイクのエンジンを見つけてきて、ピストンとリングを流用しようか。でもピストンは寸法的に難しそうだから、リングだけ使ってピストンは削りだして作ってみるか?。

 日曜日の練習会後は2日ほど筋肉痛が残っていたけど、ほぼ無くなったので仕事が終わってからジョギングしてみた。ところがこれが間違いの元だった。
 ぐるっと回って8kmくらい走った時、右の脹ら脛に攣ったような重い痛みが発生。本当に急だった。あと3kmくらい有るので帰るしかない。しかも薄着なのでゆっくりだと寒すぎる。
 と言うことで歩いてみたり騙し騙し走ってみたり、偉く苦労と無理を重ねて帰ってきた。凄く痛い。直ぐに治るのか長引くのか凄く不安。今年は故障無しで行こうと慎重にやって来たのに、今になって痛くなるかあ、と何とも言えない気分。

ラン 11km

|

« 焼き牡蠣 | トップページ | MINIのウォーターポンプ »

コメント

世界最強のインディアンのおじさんを思い出しました。マグカップのような鋳型を、ドラム缶の水で急冷してましたね。そしてその水でコーヒーかお茶を飲んでました。部屋の隅には山と積まれたピストンがあったのを覚えています。削り出しもいいのですが、どうです鋳造は、ふいごのお手伝いに行きますよ(o^-^o)

投稿: ラ・モート | 2014年2月 6日 (木) 20時15分

 それも少しだけ考えました。入手できる範囲のアルミ合金丸棒から削り出すよりも、ピストンとかカムホルダとか、潤滑性を考慮したアルミ鋳物を溶かした方が良くないか?と。

 AKBみたいなお嬢さんが手伝ってくれるなら、この週末にでも準備するんですけどねえ(笑)。

投稿: みつやす | 2014年2月 6日 (木) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焼き牡蠣 | トップページ | MINIのウォーターポンプ »