« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

ボアアップ

02281_2 イリジウムちゃんの検収が上がったので少し気分が楽になった。時間的にはあまり変わらないのだけど、人間は気持ちの生き物だ。と言うことでジャンクコンプレッサの修理に着手。
 一般的な機械加工では軸加工よりも穴加工の方が難しい。と言うことで合わせ加工する場合には、穴を先に加工して測定し、それを基準に軸側を加工する事が多い。
 対して自動車のボーリング作業では、既製品のピストンとリングがあらかじめ用意されて居て、それに合わせて穴側を加工する事に成る。
02282  今回はシリンダの傷の深さが不明だったので、先にボーリングをして状況を把握する事にした。
 トップリングの当たらない部分を基準に芯出しし、中ぐりバイトでゴリゴリ削った。どうも偏摩耗している様で片側だけ深い。途中で少し芯をずらして削った。
 傷というか偏摩耗はかなり酷く、標準の55mmに対して1mmアップの56mmまで広げたのがこの画像。正確には56.05mmまで広げても傷は完全には消えずにモチベーションが低下した。
 この状態からホーニングをしたら内径が56.10mmくらいには成りそう。そしたら何とか酷い方の傷がギリギリ消えないかな?と言うのが、今の56.05mmだったりする。
 これにFZR400RRのリングを入れたら、合い口隙間が0.4mmくらいで収まって、なんとか行けるんじゃ無いの?と言うのが今の気持ち。
 取りあえず、ここまでやってしまったので後には引けない(笑)。さあ、ピストン作るぞ!。

 今日もプールだ。私はスイマーだから。プールに行ったら武友さんが帰るところだった。今でも十分早いのに練習ばかりしている。困った人だ。
 今日も脱力して泳ぐ練習。今日は脱力してキックする練習を取り入れてみた。何時も言われるけど全く出来ない。板キックの段階で力が入りすぎていると言われるわけで、総合的なスイムに成って良くなるわけが無い。
 と言うことは、脱力しての板キック習得が先という事か。

スイム 2.8km

| | コメント (6)

2014年2月27日 (木)

やさしい秘書で良かった

0227 今日は春日の某所に納品。13:00の約束だったので11:30頃に出て、途中でサンドイッチを買って食べながら向かった。
 物は開発コード「イリジウムちゃん」ことGPS搭載の海洋ブイ。下水管の魔術師の異名を取る私だけあって(笑)、今回も下水管を使った筐体がカッコイイ?。
 内部は共同開発的な物も有るので軽い秘密だけど、筐体とか全体構造はうちのオリジナルでカタログまで作ったヤツなので問題ない。でも、こんな下水管の工作物を見ても誰も注文せんだろう、ハハハ。
 いつもの様に期末のギリギリに話が来て、何とか仕様を決めて形をでっち上げ、カタログとか請求書とか定価証明書とか定価販売証明書とか直接販売証明書とか、良く解らん書類を一杯作ってやっと納品。
 検収所のオッチャンにハンコを貰い、担当の秘書に書類を渡したら今日の仕事は完了。でもここが問題で学校の秘書とか怖いオバチャンばっかり。「先生!これじゃ無理です!!」と教授を怒る姿しか脳裏に浮かばない。。。
 凄くビビリながら秘書の部屋をノックすると、意外と優しい目の女の人が出てきた。そして「ギリギリのお話でご迷惑をおかけして・・・」と意外な言葉まで。ああ良かった、助かった。神様ありがとうございました。
 まだソフト的に詰める部分が残っているのだけど、取りあえず検収が上がったので気分が一気に楽になった。帰りにご褒美として7-11の100円コーヒーを飲んでから帰った。

 帰ってからドリドリ君のケーブルを21本作り、夕方からはいつもの様に飯塚のプールへ行って泳いできた。武友さんと一緒に練習している女の人が自主トレをしていた。他も一杯だったので彼女の所に入って泳いだ。
 やる気を出さない。人の1/10の力しか出さない。水泳なんかバカらしい。姑息で良い、最低の力でかるーく腕を回しただけで進む。そんなことをずっと考えてドリルとスイムを繰り返した。
 時々スーッと進むときが有る。腕に力を入れてないのに、体が軽く前に出る感触。これを続ければ苦労せずに前に進むはず。でも次の1本は全く進まなかったりする。難しいねえ。

スイム 2.5km

| | コメント (0)

2014年2月26日 (水)

ディーゼルオイルも安かった

0226 コメリ話の続きで今日はディーゼルエンジン用オイル。2STオイルの下の方の棚に置いてあって、3,980円の値札がついていた。
 20Lが4,000円なら4Lが800円と激安。近くのAZ製チェンソーオイルが4Lで1,380円と比べて思わず購入。
 チェンソーを使う場合、燃料となる混合油以外にもバーとソーチェーンを潤滑する為のオイルが必要と成る。自社の純正品を使えと書いてある取説が多いけど、モーターオイルと書かれている物も有る。汎用の市販品も有る。
 このオイルは意外と多量に消費する。だいたい混合油の6割くらいは消費する。例としてガソリンを50Lに対して2STオイルが1L、そしてチェーンオイルが30L、と言った具合。
 シングルグレードなので冬期の始動性が不安だけど、ユンボのオイルにも使えるし、コンプレッサとか油差しに入れるどうでも良い潤滑用にも使えるから直ぐに無くなるだろう。
 直ぐに壊れることは無いと思うけど、流石にポルシェに入れる気には成らない(笑)。ディーゼル専用油だし、グレードがCCだし、シングルグレードだし。
 とは言っても一昔前のトラック達は、このオイルを入れて過積載で全開走行を続け、年に10万kmくらいは走っていた訳で。まあ、そう言うことだ。

 脚の調子は良くなった気がするけど、深い屈伸をしたら少しだけ痛みが残っている。やることが無いので今日もプールへ。
 少し解りかけた気がする力を抜いた姿勢。その辺りを考えながら何回もドリルやスイムを繰り返した。やる気を出すと力んでしまうので、やる気がない、全然面白くない、力が入らん、モチベーション最低、等とブツブツ言いながら泳ぐ。このモチベーションを下げての練習は効果が有りそうな気がする。
 受付の髪の長いお姉さんに感想を聞いた。娘に大受けだったと喜んでくれた。お姉さんに娘がいることが可笑しいと言えば可笑しいのだけど(笑)、人様に喜んで頂いて私も幸せだ。

スイム 2.5km

| | コメント (4)

2014年2月25日 (火)

コメリの2サイクルオイル

02251 宮田に新しくできたコメリ。ほとんどはナフコとかグッデイと被るのだけど、オリジナル商品を中心に面白そうな物もポツポツ発見。
 画像は2サイクルオイル。田舎だとチェンソーとか草刈機の混合油を作るために結構使う。ユンボに灯油を入れるときにも適当に混合するし、燃料ポンプと噴射ノズルの潤滑を期待して、ポルシェを使い始めた時にも若干混ぜたりした。
 本当ならハスクバーナとか共立とかの専用オイルが良いと思うけど、家の近所には売ってない。オイル1Lの為に北九チェンソーまで行くのもなあ。。。と言う感じなので、グッデイに売っているヤマハの船外機用を使っていた。
 船外機は漁師が全開で連続使用したりするし、それで焼き付いたりしたらぶっ殺されるだろう(笑)。だから耐焼き付き性は優秀と思う。そして缶に50:1で混合して使えとはっきり書いてある。そう言った面では安心なのだけど、基本的に水冷なので温度は管理されて安定している筈。そこだけが引っかかっていた。
 で、コメリでこんなオイルを見つけた。缶の絵には原付のスクータと草刈機とチェンソーが書いて有って空冷小排気量を意識?。いい加減な混合比で草刈機をブン回し、それで焼き付いても百姓が鍬持って文句言いに来るだろう。そう言う意味ではこっちも信頼できる(笑)。
 さらに部分合成油でグレードはFD。それなのに値段が598円。やっぱりコメリは百姓の味方だ。10%百姓、30%林業の私は次からはこれを使ってみる事にした。

 走れないことが解ったので今日もプール。もうどうでも良い。去年に続いて今年もスイマーだ。その割りに去年はスイムのタイムが向上しなかったけどね。
 前半はドリルを繰り返し、後半はプルで連続して泳いでみた。最後はスイムで仕上げ的に泳いだ。プルまでは何となく力を抜くことが出来た気がするけど、スイムに成ると一気にダメダメに成る。
 この調子ではアクアスロンまでにスイムで何かを掴むことは難しそう。まあウェットを着るのでプルと思って泳げば良いか・・・と考え初めて思い出した。去年の皆生でウェットが破れたことを。
 鉄人魂のブースで採寸までして貰ったけど、どのタイプにするか決めかねて最終的な注文がまだだった。ああ、今から注文しておこう。

スイム 3.0km

| | コメント (5)

2014年2月24日 (月)

Husqvarna 450 Rancher

0224 先週から使っている新しいチェンソーでハスクバーナの450。私には珍しく一般的な有名ブランドの製品を買った事になる。
 ちょっと前に中国製が壊れないから新しいのが買えないと書いた。じゃああの後で壊れたかと言うと壊れては居ない。でも仕事が忙しくて自由な時間が少なくて、脚が痛くて走れなくて、なんかムシャクシャしているから気晴らしに買った(笑)。

 例の中国製は5年半も使っている。最初に小さなトラブルが有ったけどその後は順調で、良好な始動性と、それなりのパワーと、若干の重量感と共に良く働いてくれている。
 最近は山の整備とか薪作りの作業が増えてきた。その中でチェーンブレーキが不調な中国製を使い続ける事に不安感が増してきたのと、1万円程度のチェンソーを5年半も使ったら上出来じゃ無いのか?と考え始めた訳。
 で、色々と物色して候補に上がったのがスチールとハスクバーナが出している50ccから60ccクラスで、「Farm Boss」とか「Rancher」と呼ばれているモデル群。日本語なら「百姓向け」と言った感じか。林業的には伐採じゃ無くて土場作業辺りがターゲットかも。
 私の作業はまさに百姓の副業的で、2割が伐採で8割が土場作業的な感じ。だから用途的にはこれらのモデルが適している。そして伐採用に比べると劇的に安いのも助かる。
 でも残念なことに両社とも国内の正規販売店では扱いが無い。国内向けとしては入門的なモデルと、高機能ハイエンドモデルだけのラインナップ。
 仕方ないので海外通販を調べつつ、許容範囲内の価格でヤフオクに入札していたら4万ちょっとでこのモデルに当たったと言うわけ。
 4タンク分くらい切ったけど、特に問題なく使える事が解った。でも中国製の2倍も切れる訳じゃない(笑)。中国製の方は鋏まれた時の予備機にするか、16インチくらいのバーに付け替えて違う用途に使ってみるか考え中。

 満を持して走ってみた。無理をしないようにウインドブレーカの下にタイツを履いて、歩いても寒くないように、そして脚の筋肉の保温も考慮して。
 最初は何も感じずに好調だった。でも500mくらいの辺りから少し違和感が出てきて、1kmくらいではっきりと筋肉の奥の方が痛くなってしまった。
 腹が立って、悲しくて、イライラしたけど諦めた。素直に歩いたり柔軟をしながら家まで帰った。まだ時期が早かったと言うことか。
 家の前の坂を登るとき、脹ら脛を使わずに登ったら痛くなかった。調子に乗って踵だけで登ってみたら別の部分にえらく負荷がかかって面白かった。出来るところだけやろうと考えて、30分くらい坂道を踵で上り下りしてみた。

ラン 2km

| | コメント (4)

2014年2月23日 (日)

6VでもETCを

0223 依頼でETC装置用の電源を作った。6Vのバイクで12V用のETCを使えるようにするための電源。具体的にはDC-DCコンバータとその周辺部品という事に成る。
 DC-DCコンバータ本体は市販品を使った。仕様が合えば圧倒的に完成品を買った方が安いし、効率も信頼性も平均的には高い。
 ETCはFURUNOのアンテナ別体型だったけど、この機種用の6V入力DC-DCコンバータとか有るわけが無く、待機時とか動作時とか、実際の電流を測って使えそうなヤツを選定する必要が有る。
 実際にはピーク電力を考慮して完成品を買ったわけだけど、最低電流の規定が有ってそれを満足する為の無駄な抵抗を追加したり、推奨の入出力回路を追加して完成。
 本体と抵抗の放熱のために、ケースには入れずにアルミ板の上に並べて接着剤で封止したら、黎明期のハイブリッドICみたいな外観に成った。

 今日くらいから練習会に行こうかな?、行ったとしてもランは無理だからサイクリングレベルで自転車だけでも、いやいや、ここで無理するからお前は何時も駄目に成るんだろ?、等と前の晩に延々と悩んで、今回はパスして次回辺りをターゲットにすることにした。
 と言うことで夕方はいつものプールへ。可動部の力を抜いて素直に動かすこと。無理に力を出そうとして体の軸をグネグネさせないこと、そんなことを思って泳いだ。
 帰りの受付は髪の長いお姉さんだった。いい加減に「?」マークを止めろとクレームを付けられた。要は「オネエサン」とだけ表記しろと言う事らしい。
 私は良心の全身に充満したる人間なので、そう言う事には抵抗感がある。写真を掲載して皆に問うと言ったら、遠くから写せば解らんとあくまでも偽装表記を強要。
 年の割には魅力的な人だとは思うし、若い頃は美形だった様な雰囲気も有る。それを考慮しても厚かましいにも程があるだろう(笑)。でも・・・何となく勢いに負けたので次からは?マーク無しで行きます。

スイム 3.0km

| | コメント (6)

2014年2月22日 (土)

YB1200のレギュレータ

02221 YB1200と聞いて直ぐに姿が浮かぶ人は、ヤンマー農機の人と広島の例の人くらいかもしれない。古いヤンマーの小型ユンボのレギュレータ修理の話。
 写真で見るとなかなか凄い状態で入ってきた。汚れと錆は建設機械だから仕方ないと思うけど、6本有る配線のうち5本が根っこから切れてブラブラなのが困る。

02222  依頼者が法人だったからか、何処かから配線図を探し出してくれたので助かった。その配線図と上面のリレー類を見て動作を推定していった。
 構造は解ってしまえば何とか成るのだけど、物理的な破損は代品を見つけたり作ったりして対応するしかない。
 写真では根っこから折れて居た端子を作り替えて居るところ。この後で廻りをエポキシ系接着剤で固めて再生した。
02223  何とか解析して繋いだ配線の状態。奥側の端子列にはNCが有って、手前の抵抗から出た端子の方に繋ぐという、凄く解りにくい配線だった。
 上の方のリレー類も再生し、なんとか完成したので調整して発送した。今回はなかなか手強いヤツだった。

 雪の影響で2週間空いて久し振りのスイミングレッスンの日。早く行って自主トレしようと思っていたけど、仕事の切りが悪くて直前にしか行けなかった。
 何か掴めたかな?と思いながらレッスンを受けたけど、まだまだ力が入りすぎていると指摘されてしまった。キックの時も、プルの肩廻りも。
 そこを動かしたいのに、ガチガチに力を入れていたら動かんだろう。と指摘されて成るほどと納得。理屈では解るんよね、実際に自分の体で表現する事ができんだけで(笑)。

スイム 1.2km

| | コメント (0)

2014年2月21日 (金)

飛行機技術の歴史

0221 借りてきたんじゃなくて、今日返してきた本の中の1冊。2週間前に酒井順子を3冊返しに行って、新刊本の棚を見ていったら面白そうなのが有ったので借りて読んでいた。
 一言で言うと、私みたいな人にとって丁度よいレベルで面白かった。と言うことは航空力学を学んだ人にとっては物足り無い訳だ。
 航空工学科に行くには偏差値が足りなかった人とか、航空部だけど鳥人間にも興味がある人とか、模型飛行機を自分で設計して居る人とか、まあそんなグループの人がターゲットかな?と言う気がした。
 私的には、ライト兄弟の前後が一番興味深かった。それぞれの人物の問題解決の手法の違い。そして生まれた時代の運命的な物など。その部分だけを取り出すと一般的な読み物に成るけど、工学的な素地がないとイマイチ楽しめないと思う。
 と言うことで特定の人達には割りとお勧めなのだけど、値段が高いので図書館で借りて読んだ方が良いかも。京大の出版の人、ごめんなさい。
 同じシリーズでもう一冊有るみたいだけど、そっちはもう少し航空力学寄りかな?と言う気がする。難しすぎて眠たくなるかも知れない。まだ読んでないけどね。

 今日も夜はプールに行ってきた。意地に成っている訳じゃなくて何かを掴めそうな気がしているから。とは言っても今日も掴めた訳じゃなくて、何となくモヤモヤしたまま帰ってきた。
 何と言って良いか・・・自分の悪いところがだいぶ解ってきた。そして10回に1回くらいはそれを修正出来ている感じが有る。でもそれ以外はモヤモヤ。いやあ、先は長い。

スイム 3.0km

| | コメント (2)

2014年2月20日 (木)

ピストンの材質は

0220 ジャンクコンプレッサを分解してから写真を掲載しようと思ったけど、時間が無かったのでネットで拾ってきたFZR400RRのピストンの写真でも。
 それにしてもえげつない恰好だ。こんなエンジンのリングを、精々1000rpmでしか回らないコンプレッサに使って良い物だろうか、ヤマハの技術者の方御免なさい。
 リングが来たので次はピストン。まずは素材を探さないといけない。ここで色々と悩ましい問題が出てきた。ピストン材質と言えば教科書的にはY合金とかローエッキス合金となるけど、この手の丸棒は容易には入手できない感じ。
 じゃあこのサイズが500円くらいで入手できそうなアルミ合金で使えそうなヤツは・・・と探してみると、2024がY合金に近い組成という事が解ってきた、ニッケル以外は。
 2024にはニッケルが入っていない。そのほかは非常に近いから行けそうだけど、Al-Cu-Ni系化合物をY相と呼ぶ事からY合金と言われるらしいので、ニッケル無しでは互換とは言えまい。
 じゃあシリコン系で6000番台でも使うと言う考えも出るけど、こっちはシリコンの含有率が相当低いので全く違った物になっていると思われる。
 ああ、インディアンのオッサンも同じ様な事を考えて悩み、ジャンクピストンを溶かして自分で鋳造でも始めたのかな?とか考えてみたり。
 鋳造はかなり面倒に感じたので、切削性の良さそうな2024の丸棒でも手配してみようか。と言うのが今の段階。上で燃える訳じゃ無いし、回転数もエンジンの1/10くらいだし、熱膨張率に関してだけは問題にならないんじゃないか?と。あとは軸受けとしての性能がどうか。

 昨日のスイムで少し解った感じが有ったので、鼻づまりが酷かったけど今日もプールに行ってきた。アップの後は延々とプルとスイムの繰り返し。今日も解った感じと駄目な感じの繰り返しに成った。
 なかなか難しい。こんな感じで練習を続けて、全てが上手く行っても2年後に少しタイムが向上する位か。ハハハ。

スイム 3.1km

| | コメント (4)

2014年2月19日 (水)

ボア56mm

0219 ジャンクベビコンの焼き付きを修理するために、オーバーサイズのピストンリングを手配した。
 オリジナルのサイズはボアが55mmでストロークが55mm。計算すると1気筒が130cc程度に成り、これのVツインなので260ccと成る。
 傷が酷いので2オーバー以上くらいは要りそう、若しくは一気に56mmのSTDを探すか。まあ56mmのSTDの中古が1000円位で有ったら良いな・・・と思いながら探し始め。
 ショートストロークの125ccに有りそうだと思っていたけど、探して見ると4stで56mmは意外と少ない。初代のTL125、FZR400RR、サンバー4気筒、こんな所。
 そこでヤフオクの中古部品を見てみたら、FZR400RRのリングだけを発見した。2,000円弱なので有力と思っていたサンバーの純正を取るよりも安い。来てみたら1個はSTDで1個は4オーバーだった。
 取りあえずSTDを基準にピストンでも作ってみよう。それにしてもこのリングの厚みはなんだ。1mmも無いんじゃないか?、半分レーサーみたいなエンジン部品を使うよりも、サンバーの部品を取った方が安心だったかも?と少しだけ後悔しているのが今の気持ち。

 昨日は歩いてみたけど悪い感触では無かった。でも続けて歩くと負荷がきつそうだったので今日はプールへ。プールのキックも意外とキツイのかもしれないけど。
 どうもプルの時は上手く進む感触が有るのに、スイムに成ると一気に姿勢が乱れて進まなく成るのが気になる。気になるというよりも気に入らない。
 そこで今日は50m毎にプルとスイムを切り換えながら泳いでみた。90秒サークルで延々と。途中で何となくキックを打つと左右のバランスが悪くなる気がして、左右呼吸をしてみたり、苦手な左呼吸をしたりと試行錯誤。
 ほんの少しだけ何かが掴めたような時がある。そんな時は隣の高校生のオニイチャンの一番遅いヤツに並んだりする。それでも50mで50秒くらいのペースだけど。
 後半は苦手な呼吸ばかり練習したので、鼻に水が入ってクシャミと鼻水が酷くなった。クシャミをしながら外に出て、鼻水を啜りながら髪の長いお姉さん?とカボス君の話をして帰った。

スイム 3.0km

| | コメント (4)

2014年2月18日 (火)

オイルフィルタのバイパス圧力

02181 少し気持ちが落ち着いたので(笑)、木を切る作業は一時中断して普段の生活に戻った。
 ガレージを片付けているときに先日交換したポルシェのオイルフィルタが出てきて、どうせ捨てるなら中身を見てからにしようと思って分解してみた。
 純正品かどうかは知らないけど、海外のサイトで空冷3.2Lに使えると書いてある「OC54」と言うタイプ。
02182  油圧系統図的には車体側にバイパスバルブが入っている様に見えた。だからフィルタにはバルブは無いのかな?と思って分解した。でもちゃんとバイパスバルブが入っていた。逆流防止のゴム板は無かったけど。
 良い機会なのでバイパス圧力というかリリーフ圧力を計算してみる事に。写真のゴム板がバルブとドーナツ状の受圧部を兼ねる部品に成っている。
 ドーナツの直径が32.6mmと21.1mmなので受圧部の面積は786mm^2。ばねのセット長が17.3mm位なので、秤のうえでその長さにセットして反力を測定したら8kg程度。気取って?書けば78.5Nと成る。
 以上から計算しなくても「バイパス圧は1キロくらいかぁ」と解る。SI的に書き直すと78.5/786x10^-6=99.9kPa=0.0999MPaと成るので、「0.1MPaくらいね」と言う方が今風の技術屋さんに見えるかも。
 国内の教科書や整備書で「約1kgf/cm^2」記述を見たことは有ったけど、海外製のフィルタでも近い値が確認出来たのは一つの収穫。これで国産車用を流用する際の不安項目が一つ減った。

 右脹ら脛の故障だけど、明かな痛みは消えた。感覚的に表現すれば「酷い張り」と言った感じか。まだ走る訳にはいかないけど歩くくらいは良かろうと思ってウォーキング。
 田んぼの中の道を通り、トヨタグランドの横をかすめてトヨタ工場の外周路を回って帰ってきた。少し疲労感が有ったけど痛みは無い。こんな感じでジワジワ行こう。

ラン (7km)

| | コメント (0)

2014年2月17日 (月)

精神的に疲れた

02171 昨日は槇の木の枝を落とす所までやった。今日はそれに続いて幹を倒す工程。枝落としも難しかったけど幹も嫌らしい所に立っている。
 3mくらい有る石垣の縁から0.7mくらいの位置。土地は十分あるのに、どうしてギリギリまで植えるか理解出来ない。そこから石垣の方というか、空間の方というか、電線の方というか、道の方というか、倒れて欲しくない方向に傾いている。
 家の方からワイヤーロープをかけて、チェンソーで追い口を切りながらレバーブロックを締めて行った。真面目に段取りをしていたので安全に倒す事が出来た。

 そしてその後も家の廻りの木を倒す作業をした。今日は平日だけと8割くらいは作業をしていた。サボっているとも言えるけど、ここの所は土日の7割は仕事をしている訳でそのくらい良かろう。
02172  そんなに必死に成ってやらなくても良かったのだけど、昨日の枝落としの作業中にいつもの様に婆さんが来て「それを切るな」とか「花が終わったら梅の木のあの枝を切りなさい」とか、五月蠅い事を言うからカーッと成って伐採モードに成ってしまった訳(笑)。
 福岡に帰ってきてから何回も家の廻りの木を切って、その度に喧嘩をして、胃が痛くなって、鬱になっているのだけど、これも神様がお決めに成った訳だから仕方ない。
02173  今日は妹が使っていた部屋の前の木を切った。他の場所と同じように高さ方向4重くらいに各種の木が植えてある。大げさじゃなくて0.6mの枡目くらいにびっしりと多数の木が。
 ガンガン切った、今日はこれだけの枝が出た。幹は別に薪用として取ってある。ユンボとの比較でだいたいの量が解ると思う。
 そして、これだけの木を切った後が最後の写真。石垣の上の写真に写ったくらいの範囲の木を切った。それでも十分過ぎる程の木が有るように見える。実際に有る。。。信じられん。
 枝を置いている場所も梅の木がびっしり植えてあった。草刈も出来ないくらい。それを切って広くしていたらミカンの木をずらっと植えられた。悩んだけど全部切った。そして「全部切る!」「全部切る!」と宣言した。
 今回の場所もスペースが出来たら何か植えたく成るかもしれない。今は車が無いから植木市とか行けないけれど、苗屋が回ってくるから油断は出来ん。
 でも新しい木が植えてあったら全部切る!。とにかく全部切る!。婆さんが泣いても全部切る!。何があっても全部切る!。この位自分の心に誓っておかないと、新たに植えられた苗を見たら心が折れそうに成る。

 ああ、俺は何と戦っているんだろう。でも、体が動くうちにやっておかないと歳を取ってからでは遅すぎる。廻りの家を見ていたら良く解る。

| | コメント (6)

2014年2月16日 (日)

木を切り始めた

0216 何となく慌ただしい1日だった。午前中から昼過ぎまではドリドリ君の制御盤を2台組み立てた。それの梱包まで終わったら次に槇の木を倒す事にした。
 石垣の端っこに植えてあって、枝が道路に出たり電線に干渉して面倒な木。どうしてこんな場所に植えるかねえ!と文句を言いながら枝を切ってきたけど、もう限界なので倒してしまうことに。
 とは言っても電線とか電話線を切るとえらい騒ぎに成ってしまうので、慎重に枝を1本ずつ下ろして行った。
 こんな感じまで作業した所でXSに乗った変なオッサンが登場。怪しい包みを差し出すのでプレゼントと思ったら、お金を出せと言う。人相が怖いので1万円札を差し出したらおつりをくれた。
 中身は切手くらいの小さな部品がびっしり入っていた。これに関してはまた後日・・・と言うか適当に使っていくと思うのでネタに成らないかも。
 変なオッサンが帰ってからはヤマトに荷物を持っていき、その足でプールに行って一泳ぎしてきた。余り時間が無かったので50mを90秒サークルで延々と回しながら、15分毎くらいに泳ぎの目標を決めて泳いだ。
 帰ってからは部落の役員決めの会議。直ぐに終わる内容に対して、アーダコーダと話が長くて、さらに飲み食いまで始まってイライラするヤツ。でも今日は少しだけ違っていた。こっちに帰ってきてから一番スムーズに早く終わった。
 この辺りも少しずつ変わってきたのかな?と思ったけど、五月蠅い年寄りが元気が無くなって来ただけかもしれない。
 少しだけビールを飲んで眠かったので、これを書いているのは翌日に成る。

スイム 2.2km

| | コメント (4)

2014年2月15日 (土)

ブローバイガス

02151 いつもなら昼前にスイミングに行くのだけど、今日のレッスンは中止になってしまった。自主トレにするか迷ったけど、コンプレッサの作業を少しだけやることにした。
 やったのは構想だけ進めていたブローバイガスを吸気側に戻す作業。オイル注入口のキャップからホースを出し、吸気管に合流させる。
 自作するつもりで居たけど、取り出し口の配管継ぎ手を買いに行ったとき、真鍮製の使えそうな部品を見つけたのでそれを使った。あつらえたようにピッタリで気分が良い。2個で500円程度と値段にも満足。
02152  油漏れは全く無くなった。その分は吸入されて圧縮空気の中に混じっている訳だけど、取りあえず塗装はしないから問題は無い。それに、立ち上がったホースが適度なミストセパレータとして働く様な気がするのだけど、どうだろう?。
 ついでにオイルを交換した。覗き窓から見えるオイルが真っ黒に成っていたから。数時間で真っ黒とか、普通なら悲しむべき事象だろう。でも今回は急速に馴染んで来たと考えたら喜んで良いかも。

 

明るいうちはダラダラ仕事をして、晩飯の前に1時間ほどエアロバイクを漕いだ。今日も脹ら脛を使わない為に踵で漕いだ。
 取りあえず自転車の筋肉も動かして置くことと、カロリーを消費して少しでもデブを防止するのが目的。クロスカントリースキーの中継を見ながら漕いだら退屈しなかった。

バイク 25km

| | コメント (5)

2014年2月14日 (金)

怪しいセールスマンが来た

0214 外注先のお姉さんがカワイイ?ミスをしてくれたので、朝食を食べ終わって直ぐに飛び出して、午前中はバタバタ走り回っていた。まあ、ミスは仕方ない。私の人生ミスだらけだ(笑)。
 昼飯を食べてコーヒーを飲み、薬師丸ひろ子を聞きながらホッとしていたら妙な男が来た。プロボックスみたいな如何にもの営業車で。
 スーツ姿だけど変なウインドブレーカみたいなのを羽織っている。薬があーだとか、コンプレッサがこーだとか、訳の解らない事を言いながら勝手にガレージを物色していた。
 ベビコンの0.4kWが欲しかったみたいだけど、彼の用途には少し大きすぎたようで収穫無しで肩を落として帰って行った。直ぐ近くに仕事が有ったから寄ったとか言い訳をしていたけど、たぶん佐賀を回る予定をキャンセルして来たと思う。
 で0.4kWのベビコンだけど、広島のホテル王?の元に旅立つ事に成った。CB750のキャブ掃除に使うらしい。1.5kWが動き出したら送りますね。

 プールに行くべきか迷ったけど、無理して肘が痛くなったらバカなので行くのは止めた。変わりにエアロバイクを漕いだ。脹ら脛は治ってないので負荷をかけず踵で漕いだ。
 いつもと比べて出力が低い。普段なら100拍+α程度の時に105Wくらい出ているはずなのに、今日は80Wくらいしか出ない。良く解らんけど脹ら脛の筋肉も出力に寄与していたと言うことか。
 もう一つ不思議だったのは汗。上半身は汗が出て温度も上がっているのに、下半身は温かく成らない。逆のような気がするけど脚の方がはっきり冷たい。
 外のランニングでも下半身をもっともっと保温すべきなのかも知れない。もしかして筋肉が冷たいままで走ったので故障したのかも?。可能性は低そうだけど、考えられる可能性は出来るだけ潰そう。

バイク 25km

| | コメント (2)

2014年2月13日 (木)

ベビコンの底力?

02131 昨日のプールでは、出産後の人妻に「緩急を付けなきゃ駄目」と意味深な(笑)アドバイスを貰ったので頑張った。で、その結果右の肘が少し痛い。それとコンプレッサの準備が出来た事も有ってトレーニングは止め。
 ジャンク品をいい加減な修理で組み上げたコンプレッサだけど、インバータだけは新品をおごった。たぶんOEMと思うけど東芝の単相用。仕事で使う予定が有るので試用も兼ねて購入。
02132  あっけないほど普通に回って圧縮できた。クランクピンのガタがカンカン言うと思っていたけど、全く聞こえないと言って良いほど静か。ピストンが首を振る音もしない。意外と使えるかも。
 コックを閉めて圧を上げたら上まで上がった。まずは安全弁を9kgf/cm^2にセットし、コックを開けて軽負荷で1時間くらい馴染み運転をした。
 あれだけの傷なので圧縮効率が悪いのは当然として、ブローバイの量が尋常じゃ無いだろうな・・・と予想していた。でもこっちも意外と少なくてエアブリードを兼ねた注入口キャップから少し漏れるくらい。これなら車みたいに吸気口へホースで繋げば行けそう。
02133  と言うことで1時間半ほど運転した後で性能試験をしてみた。タンクは銘板が無いけど寸法的に70Lと思われる。この容積を開放から圧縮ししていき、圧力が1kgf/cm^2増える毎の時間を記録した。そこからタンク圧力毎の吐出量を計算したのが左のグラフ。
 このコンプレッサの銘板では吐出量が155L/min.と成っている。ホームセンター機ならタンク解放時の吐出量だけど、世界の?ベビコンだから最高圧力時の吐出量だろう。
 今回は2回の試験を行ったけど、6kgf/cm^2から7kgf/cm^2まで圧縮した時の吐出量は135L/min.と成った。スペックに対して87%の能力が有る。傷だらけのシリンダを見ているだけに意外な好結果に驚いている。
 いまでもこの性能が出ているのなら、素人工作であってもピストンを作り替えたら160L/min.位は出そうな感じ。ちょっとワクワクしてきた。

 このコンプレッサが使えるなら、今使っているベビコンの0.4kWが要らなくなる。これは某所の予備品として眠ったまま寿命を迎えた物を譲り受けたヤツ。三相なのでインバータと100Vからの倍電圧整流回路を自分で追加。
 だれか要る?。居なければヤフオクに出そう。

| | コメント (3)

2014年2月12日 (水)

Porsche approval oil list

0212 うちの白骨号こと1985年式カレラでは、MonotaROのオイルを使ったりキャラバンのオイルフィルタを使ったりと、正統派?ポルシェユーザーが眉をひそめる様な行為ばかりしてきた。
 そして三男がMINIを買って次のオイルはどうしようかな?と考える様になり、色々と資料を漁ってみたら面白い物がポツポツと出てきている。その中の一つがポルシェが出している技術情報の中に有る承認オイルリスト。数年分が集まったので読んでみたら結構面白い。

 対象は1984年以降と成っているのでうちのカレラも該当する。新しいのが出たら古い資料は見るなとか、粘度の基本的な説明とか、良くありそうな概論に続いて品質に関する記述が有る。
 鉱物油と合成油の簡単な説明の後で、「これらのオイル(前述のハイドロクラック油と全合成油を示す)は鉱物油よりも優れた性能を有している。」と来て、太字で現時点で、ポルシェはハイドロクラック油と全合成油のみを承認している。と書いてある。
 詳細部が間違っている可能性は有るけど、鉱物油の方が良いとは読めない。1983年以前の車の事は書いてないけど、それに関してはナローを買ったときに悩めば良いこと(笑)。取りあえず今後は合成油を基本に考えよう・・・今もそうだけど。

 その下のオールシーズンオイルとか省燃費オイルに関しての記述も興味深い。ただこの部分の「light-running oils」を省燃費と訳すべきか、低摩擦と訳すべきか、全然違う意味なのか、良く解らんのでもう少し調べたい。
 その下の承認オイルリストも面白い。最新版では150銘柄ほどがリストアップされているけど、全て下が0Wか5Wばかりで10Wすら存在しない。当然のことながら15Wとか20Wは有るわけがない。
 そして上は全てが40ばかり。唯一、モービル1の5W-50だけが1銘柄だけ50粘度として承認されている。150銘柄くらい有る中で一つだけ。
 この辺りを見ていくとポルシェ技術者の考えが何となく解る。合成油なら上は40が良い。そして低温に成っても粘度が全く変化しない「-273W-40」なんて言うオイルが出来たら、彼らは迷わずそれを推奨しそうだ。

 ギリギリまで荷物を作ってヤマトに持っていった。そしてその足でプールに行った。時間が少なかったけど走れないので泳ぐしかない。
 いつものドリルをして良い感触の時が長くなるように心掛けて泳いだ。最後の方で隣のコースにウミウシ君が来た。今日も400m位を単位にガンガン泳いでいた。
 出産後の若奥さんも来ていた。最後にバッタで行ってフリーで帰るのを4本やってハアハア言いながら帰っていった。彼女の祖先は出産翌日に畑に出て働いて居たと思う。
 帰りの受付は髪の長いお姉さん?だった。「ハイレグのインストラクターが居なくなって悲しいでしょ?」とか弄られていたら、今のインストラクターの女の子が来た。
 彼女は平日昼間の担当で、その時はハイレグらしい。夜のレッスンだと変態オヤジがジロジロ見るから昼間限定なんだろうか?。残念だとか、いつもの様に適当な事ばかり話したので、かなり軽蔑された様な気がする(笑)。

スイム 2.5km

| | コメント (4)

2014年2月11日 (火)

仮組と防錆塗装

0211 ずーっと天気が悪かった。今日はようやく空いた時間に雨が降っていない。今しかないと、作業台の上に置いたままに成っていたコンプレッサをタンクの上に装着した。
 その勢いで錆の酷いところをワイヤブラシで擦り、さび止めを塗っていった。O/Hの作業中にやっておけよ・・・と自分自身に言いながら。
 もう少し広範囲にやりたかったけど、タンクの上の方とかきりがなくて途中で止めてしまった。傷だらけのシリンダが使えるかどうか解らないので、取りあえずインバータでモータを回して慣らし運転でもしてみようか、と考え中。
 馴染んだところで試験をして、使い物に成りそうならいよいよピストンの削りだしにチャレンジか?
 ああ、その前に安全カバーが無くて危ないので、適当なアングルを溶接してカバーを作っておこう。金網は無いから買うしかない。
 もしかして1mくらいの金網を買うよりも、焼肉用の網を買ってきて周囲にアングルを沿わせた方が安くて簡単だったりして。まあ来週の仕事だ。

 右の脹ら脛は痛みはほぼ無くなった。肉離れとかじゃなくて、攣った様な状態になったままで無理して動かした程度なのかもしれない。体力の落ちはそれほど無いと思うけど、食欲は有るので体重が増えて腹が出て来て困る。

| | コメント (0)

2014年2月10日 (月)

全て片付けた

0210 だいぶ良くなったけど、脚は依然として痛いしプールは定休日。神様が与えてくれた良い機会と思って薪割りをした。
 家の裏に持ってきていた樫の木、嫌らしいのがあと少しだけ残っていた。それを全て片付けた。斧では割れないようなヤツばかりなので、ほぼ全てをチェンソーで切った。
 使ったのは例の中国製の安いヤツ。もう何年使って居るんだろう。壊れたら排気量の割りに安いスチールのMS290でも買おうかな?と思っているのだけど、壊れないから仕方がない(笑)。
 暗くなるまでやったので写真は翌日の写真。暗くなるまで50ccクラスのチェンソーを使えるなんて、まあ田舎ならではの特権というか。。。

 去年倒した大きな樫の木が1本と、その際に邪魔になるから倒した栗の木が3本くらいよその家の裏山に放置状態。次からはようやくそっちに着手する事になる。
 この分は家の近くには持ってこずに、先日からユンボで入口を作っている下の土地に置くつもり。家の廻りに沢山置くと草刈が大変だし、ムカデとか虫の発生源にも成るから。

| | コメント (0)

2014年2月 9日 (日)

スバル360の燃料計はPWMなの??

02091 またもやスバル360のタコメータ修理が入ってきた。なんかうちの定番作業の一つに成りつつあるかも。
 今回はタコメータの回路を作り替えて、これまた良くあるハイビームインジケータのフードが溶けていたので製作して作業完了。
 さらに今回は燃料計の修理が追加だったけど、幸いにも生きたタンク内センサを一緒に送ってもらったので一気に解析が進んだ。ありがとうございました。
02092  でもスバル360の燃料センサは只者じゃ無かったので悩んでしまった。そして凄く時間が掛かった。でも何となく解ってきた。
 左図で直流電流計の記号を使っているのが燃料メータ。正確には電流計では無いけど記号が無かったので便宜上。そして下の方の可変抵抗がタンク内センサで、その右側の電圧計がデータロガー。
 普通はこんな感じだろうと思って測定するけど変なデータしか出てこない。接触不良なんじゃないの?と思いながら試験を続けていて、ある仮説を思いついた。そしてその仮説に基づいて測定したら。。。
02093  測定データはこんな感じになる。センサをフルの位置(4/4)で電源を入れたのが左端のブロック。この状態でメータは「F」の部分を指す。
 しばらく電源を切り、センサを中間位置(2/4)にして電源を入れたのが中央のブロック。そして1/4の位置で電源を入れたのが右端のブロック。それぞれ正しい位置を指針は指す。
 これはどう見ても可変抵抗じゃ無くてPWM制御としか考えられない。中を見てみたいけどカシメとか半田付で組み上げられていて見ることが出来ない。そして借り物なのでこれ以上の妙な試験は憚られる。
 あの時代に半導体回路が入っているとは考えにくいので、バイメタルと接点を用いたメカ式のPWM発振器だろうか?とか頭の中で構造を構築中。メチャ興味が有る。気になる。
 PWMだとしたら、スバル360の燃料メータの多くが、抵抗線とバイメタル部が焼け切れた様に成って反り返っている事の説明にも成る。センサが常時オンになってしまうと、平均電圧7V程度でフルのセンサが焼けきれる・・・。

 だれかスバル360のタンク側センサ、それも壊れて居てバラバラにしても良いのが有れば下さい。若しくは貸してください。1/5くらいの確率で正常に動作できるようにしてお返しします。もちろん最初は無料で。2台目以降はメチャ高い工賃をふっかけます(笑)。

 ドリドリ君の制御盤関係の部品を延々と作っていた。寒さは昨日とか一昨日に比べたらずいぶん和らいだ。体が慣れただけか?
 今日も夕方からプールへ行った。脚が治らないから仕方ない。何となく昨日の方が状態が良かったような気がする。うーん。
 今日も半分解った感触を掴むために、100mを単位にして何回も何回も繰り返し泳いでみた。やっぱり今日も解ったような解らん様な感じ。

スイム 3.0km

| | コメント (12)

2014年2月 8日 (土)

ルネサス救済

0208 去年の同じ頃も同じ話題を書いたけど、今回もルネサスのバッファICを注文した。去年のヤツが予想よりも早くなくなったので今年は2倍の量を確保。これが無くなるまでうちの会社が有るかルネサスが有るか競争だ(笑)。
 妹の旦那が日立→ルネサスで、嫁さんの弟がNEC→ルネサス。と言うことでルネサスが死亡すると、うちの親戚関係は少しだけ盛り上がる。
 二人とも今までに私よりも沢山給料を貰っているだろうし、基本的に民間企業なんだから税金投入する事は無かろうと思う。潰したく無かったらトヨタ様が出したら良いのに。。。
 と言いたい気持ちをグッと押さえて・・・と言うか言っているのだけど(笑)、オンセミとかテキサスとか使わずに今回もルネサスを指定して買ってやった。有りがたいと思うなら東京バナナスペシャルエディションでも送りなさい。だっふんだァー饅頭は要らんから。

 基本的に仕事をしていたけど、土曜日なので少し早めに止めてプールに行ってきた。白骨号はスタッドレスで武装しているので雪でも良かったのだけど、既に雪は溶けてアスファルトが出ていた。
 今日も昨日と同じ感じのメニュー。でも今日はプルブイを外してスイムの割合を多くしてみた。そして距離も100mを単位にして泳いでみた。
 少しだけどタイミングが解ったような気がする。ずーーーーっと言われ続けている息継ぎのタイミングにも関係しそうな感じ。言葉では書きづらい、と言うか良く解ってないので具体的に書くことが難しい。でも、たぶん解っていると思う。

スイム 3.5km

| | コメント (4)

2014年2月 7日 (金)

ユーミン・コード

0207 昼前に免許の更新に行ってきた。案内の葉書は来ていたのだけど、何となくバタバタしていて先延ばしにしていた。でも来週は今週以上に予定が入ったので思いきって今日決行。
 到着したタイミングが絶妙だったようで、その時間帯の講習会場に入れる最後の人だった。私が入ったときは既に講習が少し終わっていてラッキー。
 更新が終わって帰り道、カセットアダプタの電池が切れていたので、ラジオを聞いて帰った。何となく聞き覚えのあるしゃがれた声のオバサンが喋っていたけど、しばらく聞いていたらこんな時間にユーミンだった。
 ゲストではなくてユーミン・コードという自分の番組らしい。大昔にサタデーアドベンチャーとか聞いていた連中が、台所や営業車の中で聞いているのだろうか。
 でも、手元の台本を読んでいる様な部分が大半だった。当時の歯に衣着せぬ様な、乱暴だけと輝いているような、カッコイイ勢いを感じることが出来なかったのは私だけだろうか。

 更新に行く前も帰ってからも、今日は半田付の作業をやっていた。作業場は寒くて凍死するかと思った。少しでも手足を動かすと良いのだけど、半田付はキツイ。
 仕事が終わってからはプールへ。脚が痛いのでスイムしか出来ないので仕方ない。そしてメニューもキック有りのキツイのは出来ないので、プル主体に成ってしまう。昨日と同じ様なメニューを延々とこなして2時間が終わった。

スイム 3.2km

| | コメント (2)

2014年2月 6日 (木)

MINIのウォーターポンプ

0206 今日もずーっと仕事をガシガシやっていて、終わった後はプールに行って、帰ってからはあまりに寒くて全てのやる気が出なかった。だから以前にやったネタから出してないのを引っ張ってくる手抜き(笑)。

 写真は新品のウォーターポンプを装着したMINIのエンジンルーム。三男が手配した部品は間違って居なかったので問題なく付いた。
 昔はパッキンニスとか塗っていたけど、今は見かけた事が無いし手元にも無いのでスリーボンドの適当なヤツを気休めに塗ってみた。
 何処かにエア抜きのボルトが有ったかも知れないけど、適当にLLCを入れてエンジンをかけて減るのを待った。少し時間がかかったけど全て終了。
 ポンプは6,500円くらいらしい。MINIは部品が安いから維持しやすそうだ。でもポルシェの場合はウォーターポンプとかラジエターとかその手の故障の心配すら無いから素晴らしい。と言って三男に自慢してやった。

 仕事が終わってからはプールに行った。右足が痛いので泳ぐくらいしか出来ない。メチャ腹が立つ。自分に対して。
 今日はプルブイを付けて力まずに距離を泳いでみた。かなり楽に泳げる時が有る。でもその時は50mを60秒以上かかっていたりして、速度的に問題がある。
 今日も元気すぎるお母さんが隣に来た。時々一緒になる人でいかにもマスターズに出ているような感じの人。先日久し振りに会ったと思ったら「あれから一人産みました」と言われて驚いた。その時もガンガン泳いでいたけど今日もマジのドリルをやっていた。
 「体型崩れてませんねぇ」と言ったら「泳げば体型は戻るからどうでもいいんですよ、それよりタイムが10秒も落ちて!」と凄く悔しそう。
 やっぱりそうだ。歳を取ってもスタイルの良い人と言うのは、トライアスロンならバイクの時にどうやってオシッコをするのか悩む人で、水泳なら産後のスイムでもタイム落ちを悔しがる人なのだ。
 「健康や美容の為に食事や運動に気を付けている」程度では普通のオバチャン体型・オッサン体型でしか居られない。何事も必死でやって少しだけ効果が有る。。。人生は厳しいねえ。

スイム 3.5km

| | コメント (0)

2014年2月 5日 (水)

スカスカですな

02051 頼んでいたビッグエンドのメタルが来ていたので、晩飯が終わってから一気にジャンクコンプレッサを組み立てた。
 メタルは純正品じゃなくて汎用品。オイレスドライメットで内径が40mmのヤツ。追加工無しでピッタリの寸法の物が有った。1個が250円位と安いのでお試しの負担も少ない。
 中央は脱着の為に製作したジグ。小型の旋盤が有れば直ぐにこういったSSTを作ることが出来る・・・とさりげなくステマ(笑)。
02052  マジな話、スナップオンのレンチとソケットにクニペックスのプライヤ類を揃える金で、フラッグのソケットとアサヒのレンチとロブスターのプライヤを買って、さらに小型の工作機械が買える訳だ。
 私の美意識的には後者の方が美しいけど、まあ人の感覚は様々なのでどっちでも良い話。
 クランクピンは最小径で0.10mmも細くなってしまったけど、手で動かした感じではしっくりと組めた。この部分は正解かも。
02053  適当にパッキンを切り出して、オイルシールは傷んで無かったけど念のために交換して、ボールベアリングも交換して、取りあえず組み上がった。
 ヘッド無しでしばらく手回しを行い、次にヘッドを乗せてグルグル回して感触を確かめた。
 正常な方はしっかりと動作している。それに対してて焼き付いた方は悲しいくらいスカスカ。
02054  今は表面荒さ説明図の三角形の頂点が接している状態だけど、しばらく運転したら三角形が台形になって少しは良くなる可能性は有る。でも知れているだろう。
 この後どうしようか。コストとか手間とか面白さとか、色々考えて居るけど結論は出ていない。
 ボアが0.5mmから1.0mmくらい大きなバイクのエンジンを見つけてきて、ピストンとリングを流用しようか。でもピストンは寸法的に難しそうだから、リングだけ使ってピストンは削りだして作ってみるか?。

 日曜日の練習会後は2日ほど筋肉痛が残っていたけど、ほぼ無くなったので仕事が終わってからジョギングしてみた。ところがこれが間違いの元だった。
 ぐるっと回って8kmくらい走った時、右の脹ら脛に攣ったような重い痛みが発生。本当に急だった。あと3kmくらい有るので帰るしかない。しかも薄着なのでゆっくりだと寒すぎる。
 と言うことで歩いてみたり騙し騙し走ってみたり、偉く苦労と無理を重ねて帰ってきた。凄く痛い。直ぐに治るのか長引くのか凄く不安。今年は故障無しで行こうと慎重にやって来たのに、今になって痛くなるかあ、と何とも言えない気分。

ラン 11km

| | コメント (2)

2014年2月 4日 (火)

焼き牡蠣

0204 殻付き牡蠣を貰った、時期的にかなりデカイ。外は寒いので台所のコンロで焼いて食べた。美味しかったです、ありがとうございました。
 色々好みがあると思うけど、焼き牡蠣は汁が無くなる位まで長めに焼いたのが好きだ。生っぽいのも悪くないけど、この方が味が濃厚に成る気がする。
 もう少し後になると更に大きく成るらしい。問題はその頃まで物があるかどうかとか。その頃まで残っていたら多量に?買ってガンガン食ってみようと考え中。

 コンプレッサはメタルとか色々問題が有って直ぐには終わらない。それまでにモータのO/Hでもしておこうと思い、晩飯の後でモータを開けてみた。
 開けてびっくりコイルが焼損して死んでいた。とても電源を繋ぐ気にも成らないくらいの焦げ方。不幸中の幸いはベアリングを手配して居なかった事くらいか。
 それにしても困ったことだ。いくらジャンクとは言え、圧縮機が外れで電動機も外れ。もしかしたらタンクにも穴が空いていてシューシュー漏れるかも知れない。良かったことは作業中は精神的に安定した状態で居られることくらい?。

 モータは新しい感じなのに残念だなあ・・・と思いながら良く見ていくと、軸のキーがおかしかった。プーリのキー溝とキーは7mm幅なのに、モータ軸のキー溝は8mmだったから。
 軸径は24mmだから新JISならキーは8x7になる、でも旧JISなら24mmのキーは7x7。と言うことは、本体は旧JISの時代だけど、新JISの時代に成ってモータだけを交換したという事か。
 モータを交換すると言うことは何らかの異常が有ったはず。それがコンプレッサの焼き付きかも知れない。それなのによく調べずにモータだけ交換したとか?。
 そんな事はあり得ない様な気がするけど、8mmのキー溝に7mmのキーを入れて知らんぷりの作業者だったら有り得るかも知れない。
 このジャンクコンプレッサを使えるようにするには、程度の良い中古と同じくらいのお金がかかるかも知れない。困った事だと考えても良いけど、その間の作業で色々と楽しめたと考えるのも悪くない。この辺りは宗教と変わらない。

| | コメント (4)

2014年2月 3日 (月)

V型エンジン

02031 ジャンクコンプレッサのクランクを撮影した。設計的になかなか面白い構造をしていたから。
 クランク系の構造としては90度のV型に成る。ドカッティは90度だけどハーレーは45度とか、この角度を180度にしたら水平対向だけど、クランクピンを共有する場合は・・・とか、そんな話は女の子に受けないからしない方が良い。
 小保方さんみたいな女の子と付き合う時だけは、「90度はピストンの加速度がクランクピンで相殺されるから・・・」「どして?、位相がπ/2ずれるだけならプラマイゼロには成らないでしょ?」「いや、いや、・・・」的な会話で夜が更けても何も無しで朝が来るかも(笑)。
02032  ビッグエンドメタルの内径は基準の40mm(H7くらい?)に対して40.80mmまで拡大していた。これは交換するしかない。入手できなければ製作か。
 クランクピンの方は嫌らしい感じに段減りしていた。つかみ所が無いから自前の怪しい研磨をするにも面倒。そして今は時間が無い。
 と言うことでダイヤモンドヤスリと紙ヤスリを使って滑らかに手入れだけすることにした。写真はダイヤモンドヤスリで削った直後。この後で800番に油を付けてシュルシュル磨いてお終い。
 こちらは基準の40mm(h6くらい?)に対して最小径が39.90mmまで小さく成ってしまった。こんな場所に0.10mmの隙間は大きいけど、最初の0.80mmに比べたら相当小さい。

 昨日の負荷が高めだったことと、外注先を2社も回っていたら時間が無くなってきてトレーニングは無しにした。
 それなのに晩飯は「手巻き恵方巻き」と言う訳の解らないメニューだった。長い焼き海苔が用意してあって、それで長い手巻き寿司を作って食べろと。何となく勢いで何本も食べたら食べ過ぎた。

| | コメント (4)

2014年2月 2日 (日)

つい出来心で

0202 久し振りに練習会に行った。年末年始は練習会自体の数が少なかったのと、寒いときの早起きが苦手という怠惰さの相乗効果で本当に久し振り。
 路面は濡れているけど雨は降ってない。スリップに気を付けながらバイクスタート。今日も金魚の糞のように、若くて強い人の後を延々と付いて走っただけ。
 昔は撃沈しても良いから、一瞬でも前に出て走ろうと思っていた。でも今は千切れないように安定して付いていく事を目的にしている。前に出るのはインターバル的だけど、後を走るのはペース走的な感じか?。
 だいたい良い感じでついていけたけど、最後の宗像大社を過ぎた辺りで目に泥水がドバッと入った。そして右目に異物が入ったようで目を開けて居られなく成った。仕方ないのでそこで離脱してしばらく目をゴシゴシ。
 ランは全然駄目だった。メニューがユリックス外周路を使ったポイント練習的な物だった事も有るけど、最近はその手の練習をして居ないし、年末年始で体重が増えすぎて居るから凄く遅かった。
 バイクでは例の変な外人さんに勝ったけど、ランでは完璧に置いて行かれて悲しかった。さらに最後の1周で脚が攣ってしまって一人で歩いて帰った。

 帰ってから別大を見て、その後で残りの仕事をした。沢山やることが溜まってしまってオーバーフロー気味だ。期末の時期を乗り越えるまではこんな感じが続きそう。しばらくは外注のコストとか考えずに、とにかく目の前の案件を処理するしかない感じ。
 そんな毎日が続いているからか、昨日の夜にジャンクのコンプレッサーを落札してしまった。自分でも訳が解らんけど(笑)、女の人がストレス発散で服を買うのに似ているかも知れない。
 それを夕方に取りに行ってきた、鞍手町の熱帯魚屋まで。ベビコンの1.5kWが1万円なので多くは期待できない。最悪はエアータンクとして使うとか、モータの部品取りに成るかもしれない。
 晩飯も食わない勢いで夜は分解して中身を見てみた。全体的な程度は悪くないのだけど、1気筒が酷い抱き付きを起こしていた。そしてコンロッドのビッグエンドにガタがある。
 綺麗なオイルは入っているけど、これは壊れた後で慌てて入れたような感じ。真面目に修理するには凄くお金がかかりそう。困ったねえ。でも久し振りにリフレッシュできた。

バイク 80km
ラン 5km

| | コメント (4)

2014年2月 1日 (土)

光岡の日

0201 昼前にプールに行くとき、六郎丸の交差点で光岡の小型車とすれ違った。珍しくはあるけど実用品として使っているのを見たことがあるので、光岡の中ではポピュラーな車種だと思う。
 そして夕方、2回目の荷物をヤマトに持っていって家に帰る途中、前の方にロータス7みたいな車を発見。徐々に間の車が退いていって間が2台に成った。
 えらく低い、ロータス7の系列じゃなくて、それを発展させた小さな車かな?と思いながらしばらく走った。タイヤも凄く小さい。カートみたいだ。
 そして新幹線のガード下でその車は左折して消えていった。その時にナンバーがチラッと見えたけど凄く小さい。上の方が面取りしてあった様な気もする。そして排気音が明らかにおかしくてバイクみたいな音だった。
 凄く気になったので後を追いかけたかったけど、仕事が少し残っていたので後ろ髪を引かれながら家に帰った。
 色々なキーワードで検索するけど似た形が出てこない。しばらくして該当車が出てきた。光岡が出していた50ccカーで「K-4」と言う車らしい。全ての特徴が合っているのでまず間違いない。
 こんな車だから県外からは来ないだろう。いやいや犬鳴峠とか見坂峠すら超える気には成らないんじゃ無かろうか。だとしたら近所の人だろうか?。もしかして先日の6輪軽トラと同じ所有者だったりして。

 やることが沢山あるのだけど、海馬の体積を維持するためにスイミングには行ってきた。長濱が来なくなったので爺ちゃん婆ちゃんばかりだけど、その方が自分が見えるのか去年よりは速くなっている気がしている。
 今日はバタフライのドリルとクロールのドリル。バタフライのキックは例によって全く進まなかった。特にビート板を持ったら進まなくなる。
 クロールのドリルは偶に良く進む時がある。そんな時は腕全体に水が当たっているのをはっきりと感じることが出来る。こないだのお姉さんが言っていたように、同じ事を脚でも感じることが出来れば、キックも進むように成るのだろう。何時に成るやら。。。

スイム 1.8km

| | コメント (5)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »