« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

軽トラのオイル交換

01311 MonotaROの安物オイルフィルタが来たので、朝食の後で軽トラのオイル交換をした。使ったオイルはポルシェに使った残りで、同じくMonotaROの5W-30。今回で20L缶がほぼ無くなった。
 オートチョークの調子が悪く、寒い時期は3kmくらい走らないとまともにエンジンが吹けない。その部分を見てみたいのだけど、やることが色々有ったのでオイルとフィルタだけ交換してお終い。
 写真の向かって右側が軽トラのフィルタで、左側がポルシェのフィルタ。排気量が5倍くらい違うのでフィルタの容量もそのくらいの差があるのだろうか?。

01312  ポルシェの方は交換時期に来ていないけど、MonotaROの安物フィルタが付くかどうか試したかったので交換してみた。
 今付いているフィルタは前オーナーが交換したヤツで、前回のオイル交換時にフィルタを入手して無かったので未交換だった。良い機会だ。
 青い色が下品な気もするけど、BOSCHがよく使う色でも有るのでドイツ車乗りの人はBOSCH製と勝手に思ってくれるかも。まさかMonotaROの製品を使っているとは思うまい(笑)。
 交換後は漏れを見ただけで乗ってない。夕方にグッデイまで部品を買いに行くのに使った。オイルは交換していないので何も変わらない。オイルを交換しても私は解らんけどね。

 脚が少し怠いのでトレーニングは止め。休んで回復させるのもトレーニングのうち・・・と言い訳。
 山に入って風倒木を玉切りにしてほぼ1本分を持ち帰った。スカスカの杉なので直ぐに割れる。全部割って薪棚に入れて今日の仕事はお終い。

| | コメント (6)

2014年1月30日 (木)

MonotaROでポルシェは維持できるのか?

0130 そろそろ軽トラのオイル交換時期だけどフィルタが無かった。良いタイミングでMonotaROから15%引きクーポンが来ていたので、その他の部品も纏めて購入。その中の一つが写真の大きなオイルフィルタ。
 左側の黒いのは普通のポルシェ用品屋さんで売っているMAHLEという会社のOC54という製品。これが1985年式のカレラに適合するらしい。純正品なのか社外品なのかは知らない。
 青いのはMonotaROブランドで、ねじの規格が同じで外形が近くて高さも近いヤツ。キャラバンとか一部の日産車に適合するらしい。Oリングの径が合うか不安だったけど、目視では同じ位置に見えるから付くだろう。
 油温が予想ほど上がらないことから、今はポルシェに5W-30のオイルを使っている、MonotaROブランドのヤツ。これでフィルタまでMonotaROにしたらMonotaROが潤滑系を制覇した事に成る(笑)。
 そう言えばブレーキフルードもMonotaROブランドだ。でもこれはルミエールの方が相当安かったので、次回はルミエールで買うことに成ると思う。

 今は前回のオイル交換から6500kmくらいしか走っていない。アメリカ基準のマニュアルには7500mileと有るので、メートル系なら12500km毎と考えたら良かろう。水分の混入などで劣化しやすい冬を過ぎて、春先くらいに交換しようかと考え中。
 ただ、その時はオイル粘度を変える可能性が高い。何故なら三男のMINIが加わったから。こちらはマニュアルの指定が10W-40と成っている。
 ポルシェの場合は買い物やプールに行って、帰ってきて、やっと85度に達するくらい。と言うことは走行最後の段階でやっと想定油温(の下限)に成るわけで、走行の大半は定常状態よりも5倍とか10倍も硬いオイルでエンジンを潤滑している事に成る。そう言う事情で30番にしている。
 MINIは意外と早く水温が定常状態になる。油温計は無いけど同じ様な傾向だろう。と言うことはメーカ想定の油温で動く時間が長い訳で、それならオイルもメーカ指定の40番を守った方が良いかな?と。
 こんな感じなので、次はMINIとの共用を考慮するなら高温側が40番、下は冬期の始動直後を考えると柔らかい方が良いので0Wか、それだと選択肢が少ないなあ。

 昨日は泳いだし何となく気温が高くて気持ちがよかったので走った。忙しいと言い訳をして動かない日も有るけど、やっぱり無理矢理でも体を動かした方が心身共に調子が良い。
 いつもの短めのコースをぐるっと1周。途中で大きな犬を連れた人に会った。以前に会ったときに「大きな犬を飼いたい」と話して居たことを覚えて居たようで、「犬は飼わないんですか?」と聞かれた。
 犬は好きだし小さい頃は飼っていた。猫は我が儘でションベンが臭いから嫌いだけど、犬は人間の友という感じで好きだ。でもでっかいのを散歩させるには体力が要りそう。

ラン 11km

| | コメント (2)

2014年1月29日 (水)

ポジドライブ

01291 三男のMINIを触り始めて直ぐに気がついたこと、それはビスの「+」頭の形状が違うと言うこと。作りが悪いのか規格が違うのか解らなかったけど、手持ちに合うのが無かったのでちびた交換式ビットの先を削って自作した。
 その後で調べてみると「ポジドライブ」と言う規格のねじ頭だと解った。IKEAの家具に使われて居るらしくネットの情報は多い、グッデイやナフコに有るかな?と探したけど無かった。
 ストレートで買うか、通販で買うか、しばらく悩んでいたときにミスミのサイトを見たら掲載されていた。ここは送料が無料、そして2番が550円と安い。ついでなので1番、2番、3番と3本を注文したのが写真の青い3本。
01292  ピンぼけに成ってしまったけど、先端のブレードの形状が違う。良くあるフィリップス?タイプは5~7度くらいの角度が付いているけれど、ポジドライブは平行。
 オス側の工具を平行に作るのは出来ても、メス側のねじ頭を平行な溝に安価で加工するのは難しそう。現実的には非常に「緩い角度」に成っているかも。
 さらに調べてみたらJISでもきちんと規定が出来ていて、「PZ型十字ねじ回し」と正式名称も決まっていた。全て知らなかった。

 仕分けして発送業務をやり、鈑金屋さんとかメッキ屋さんに行ったり帰ったりしていたら1日が終わってしまった。あまり時間が無かったけど1時間でも泳ごうと思ってプールへ。何故か今日は女の人と縁がある日だった。色っぽい話じゃないのが残念だけど。
 割りと人が多くて全てのレーンに複数の人が入っていた。1レーンだけ1名のところが有って入ったら、武友さんと練習している女の人が自主トレ中だった。
 しばらく一緒に泳いで彼女が先に上がった。2月2日のバイキング練習会に行くかも?と言っていた。結構早いので抜かれないようにしないと。。。
 直ぐに次の人が入ってきた。時々見かける小柄で競泳体型の女性。彼女は若い、20代前半か?。彼女は速すぎるので、一緒のコースに成ると嬉しい気持ちは無くて何時も萎縮してしまう。
 休憩が重なったタイミングで話してみると割りと優しかった。キック練習に関していくつかアドバイスを貰った。直ぐに試して見たらかなりキツかった。
 彼女が出て行ったら直ぐに、隣の隣のコースから別の女性が来た。床屋のオバチャンだった。よく知っているし私よりも年上なので余り嬉しくない(笑)。
 1時間くらい泳いで着替えて出たら受付は武友さんの知り合いの女性。いつもの様にどうでも良い話をして受付業務の邪魔をしてから外に出た。
 家に帰って晩飯を食い、コーヒーを飲んだらshinakoさんが来た。餅つきの杵と臼を借りに。彼女もよく知っているから嬉しくない(笑)。でもチョコレートと干支の小物をくれたからちょっと嬉しい。
 三男が帰って無くて、彼女と二人で臼が持てるかなあ・・・と心配していたけど、ボーイフレンドを連れて来ていたので無事に車に積み込めた。
 夕方まではヒーヒー言っていたけど、それ以降はなかなか良い感じで過ごせた。理想的には年齢ゾーンが15歳から35歳くらいまでに収まると素晴らしいのだが(笑)。

スイム 1.4km

| | コメント (7)

2014年1月28日 (火)

亀裂の溶接

01281 出来るかどうか解らないけれど、やるとしたら今しか無いのでサブフレームの溶接に挑戦してみた。
 昨日はエンジン系の自重とか衝撃分しか加わらない様に思っていたけど、下から見たらサスペンションのアームの支点とかが付いていた。と言うことはリンク比のデカイアームによって、路面の凹凸の度にコネコネされて居たわけだ。
 理屈はどうでも良いけど取りあえず溶接。養生シートとか濡れたタオルとかで養生して溶接開始。手前の方は何とか付いたと思うけど、奥の方は溶接棒自体が入らないのだからどうにもならない。
01282  苦肉の策として溶接棒の先を30mmくらい「く」の字型に曲げて作業した。亀裂は埋まったけど補強までは出来てない。二番から割れるかも知れない。うーん。。。
 作業中にボディーとの隙間に入れてあるゴム板が燃えた。予想はしていたので散水用のホースとノズルを用意しておいた。水をかけて消したけど溶接的には良くなかったかも。
 仕事をしながら水が乾くのを待ち、昼飯の後の休憩時間にさび止めの塗装をして置いた。塗り分けるのが面倒だったのでボディー側も黒。

 なんか最近はバタバタと目の前の仕事に追われる毎日で宜しくない。今年の飯を食うにはそう言うのが必要だけど、来年以降の飯のためには別の事もしておかないと。
 具体的にはドリドリ君の新機種を開発するとか、イリジウムちゃんのバージョンアップとか、全く違った何かを妄想するとか。。。まあ、色々とやりたいけど難しいのが現状。
 忙しいからと外注とか試して居るけど、内容とかコスト的な問題が多くて素直には進まない。人を入れても同じ様な問題とか不満が出てきそうで踏み切れない。。。
 と、愚痴ばかり言っていても始まらないので、夜に成ってしまったけどエアロバイクを1時間ほど漕いでおいた。これで海馬が少しくらい大きくなっただろうか?。

バイク 25km

| | コメント (6)

2014年1月27日 (月)

MINI、サブフレームの亀裂

01271 夕方までヒーヒー言いながらドリドリ君の制御盤を組み立てて、集荷に間に合わなかったのでヤマトまで持っていって仕事は終わり。
 家に帰ったら既に薄暗かったのでランニングも薪割りもやる気が出ない。MINIのオルタネータに使うベアリングが来ていたので、オルタネータを組み上げて車体に戻した。
 理由は解らんけどオルタネータ廻りだけは対辺寸法がミリ規格に成っている。車体とかエンジンはインチ系だったのに何故だろう?。どうでも良いけど使う工具が増えて面白くない。

01272  作業中に気がついた・・・訳じゃなくてウォーターポンプを外した段階で気がついて居たのだけど、エンジンAssyが乗っているサブフレームに亀裂を発見。
 写真の中央当たりで赤茶色の筋に成っている部分。向こう側まで伸びていて75mmくらいの長さが有りそう。
 サスペンションのバネもサブフレームに付いているけど、構造的にそのままゴム板を介してボディー本体に力が逃げる様に成っている。
 と言うことでこの部分の力は、エンジンとミッションの自重とか、振動や路面からの衝撃による力とか、そんなのに由来するのだろう。
 本当なら外して溶接するべきだと思うけど、それは全てをバラバラにする事を意味する。そんなことは出来ない。いややりたくない。
 現実的な補修方法として、このままの状態で廻りを養生して溶接するくらいだろうか。棒グラインダで傷口の廻りを削り、溶接棒が届く範囲を溶接。。。うーん。
 こんな形にプレスしてあるし天板と側板は溶接してある。溶接自体が駄目とか特別難しい材質では無いと思う。事前の段取りを如何ににきちんとやるか、そしてそれなりの技術で溶接できるか。。。うーん、うーん。

| | コメント (2)

2014年1月26日 (日)

MINIのオルタネータ

01261 仕事でやることが有ったので色々とやっていたけど、日曜日にフルに仕事も滅入るので少しだけ三男のMINIの作業も。
 ウォーターポンプは注文したらしいけど来るのは火曜日とか。本人にはパッキン剥ぎとか準備作業をやらせておいて、私は良い機会なのでオルタネータをO/Hすることにした。
 ウォーターポンプと同じでオルタネータも22万km無交換。ブラシはギリギリかな?と思っていたけど、意外と残っていて驚いた。
 オリジナルの長さが解らないけど、ホルダのストロークなどから想像すると全寿命は25万kmから30万km程度じゃ無かろうか、と想像した。
 デンソーの現行型なら何処かで入手できるかも知れないけど、マレリー製のブラシとか筑豊の田舎では難しそう。と言うことでホームセンターで電動工具用の大きめを買ってきて、サンドペーパで削って作った。材質的に最適じゃ無いだろうけど無いよりもまし。
01262  スリップリングも段付き摩耗していたので旋盤で切削。そのままでも使えなくは無いけど、ブラシの脱着時に引っかかるし、新品ブラシの角が強当たりするのが嫌。
 特に軸端側の摩耗が激しかったので、完全にツルツルまでは削らずに90%くらいに留めておいた。小径側のベアリングが無かったので組立は後日。

 オルタネータの作業をしていたことと、脚が筋肉痛だったので走る方のトレーニングは無し。上半身のトレーニングを兼ねて薪割りをしておいた。

| | コメント (2)

2014年1月25日 (土)

イシゴニスが嫌いになりかけた

01251 仕事が有ったので朝一から普通に仕事をし、昼前からはスイミングに行ってきた。最近はキック8本が必ず有るのがキツイ。
 でも以前の様にオバチャンに先に行って貰う事は無い。ギリギリの時もあるけど毎回先頭でスタートしている。絶対値は解らないけど、相対的には私の方が進化していると言うことだ。

 午後も残りの仕事をして、16:00頃からMINIの作業を始めた。本来なら三男にやらせるべきだけど、能力的にまだ難しい。そして時間的な問題も有るので外すまではやっておこうと思ってスタート。
 MINIのトラブルはウォーターポンプの水漏れ。入手の時に書いたと思うけどこの車は22万kmも走っている。そして最初からずーっと面倒を見てきた整備士の話では、驚いた事にウォーターポンプもオルタネータも交換して居ないと。
01252  当たりの車と言っても22万kmなら漏れても仕方ない、と思いながら作業開始。ところが予想以上に困難な作業だった。
 ラジエターがなかなか外れず、イシゴニスに悪態をつきながら作業をしていたのだけど、よく考えたらこの車は最終仕様。イシゴニスは関係無しに、センスのない後の社員達がギューギューに補機類を詰め込んだのだろうと納得した。
 何だかんだでラジエターを外して、ウォーターポンプを外すまでで2時間くらいかかってしまった。自分で弄って維持したい人にとって、ゴチャゴチャした最終型はお勧めできない。
01253  キツかったけど嬉しいことも有った。それは中身がピカピカだったこと。シリンダブロックの中もウォーターポンプの中も驚くほど綺麗な状態。
 ポンプケーシングはアルミだけど、インペラやシリンダブロックは鋳鉄だから錆びてもおかしくないはず。素晴らしい。
 整備していたのは田舎に良くある小さな整備工場。車検が何十万とか、専門店じゃ無いと無理とか、特別な部品や消耗品が良いとか、そんなの無くても普通に整備するだけで使えますけどねえ・・・と話していた事を思い出す。
 彼の意見に私も同感だ、これからも普通に整備していこう。とりあえず三男にポンプとガスケットを手配させないといけない。ホースは。。。メチャ複雑な形で高そうだし、酷く劣化はしてないので次の機会で良いかな。

スイム 2.0km

| | コメント (2)

2014年1月24日 (金)

ミニクーパーは悪くありません

01241 どこで買っても良い物が必要になったので、新しくオープンした宮田のコメリに行ってみた。出来たばかりとあって大盛況。
 白骨号のリヤデフォッガは修理するつもりだけど、車の曇りと言えばクリンビューだろうと思って1缶買ってきた。そしてブログを見るとクリンビューの書き込みが有ってびっくり。
 コメリ自体は普通のホームセンターだった。掃除機とかカーテンとかまで売っている。もう少し百姓用品に特化した店を期待していので少し悲しい。これだとナフコと完全に重なる。

 仕事が終わってからは走った。少しだけ筋肉痛が残っていたけど、問題になる程じゃ無かったのでいつものコースをぐるっと回ってきた。
 少しずつ日が長くなってきたのと、今日は特に快晴で天気がよかったので最後まで薄明かりが残っていた。
 シャワーを浴びてホッとして、晩飯を食ってコーヒーを飲み、簡単な仕事の残りでもしようかな?と思っていたら本日最後の事件が起こった。

01242  三男から電話があり、MINIのエンジンがかからないという。正確に言うと会社の駐車場から出て少しだけ動いたら止まってしまい、その後はかからないとか。
 電話で少し指示を出してリトライさせたけど状況は変わらない。仕方ないので迎えに行くことにした。
 上着を着ながら考えた。MINIは燃料メータが壊れている。細いニクロム線は来ているけど、作業は未だなので今はフルでも針幅3本分くらいしか動かない。もしかして・・・。軽トラにガソリンを積んで出動。
 会社についてガソリンを入れ。キーをオンでしばらく待たせてセルモータオン。簡単にエンジンがかかってしまった。
 この段階でガス欠だったと断定は出来ない。燃料ポンプのトラブルが時間をおいたりガソリンを補給した事で一時的に回復したのかも知れないし、その他の電気系トラブルがキーをオフにして時間が経ったから回復したのかも知れない。でも92%くらいの確率でガス欠だろうと思う。
 三男の頭を1発叩いて出発。ガソリンスタンドに寄ってガソリンを補給し、家の近くのローソンにも寄って高そうなアイスをおごらせた。
 彼はこの日曜日に燃料センサの修理を考えて居たようで、ガスが少ないとは思っていたけどタンクを出来るだけ空にして家に帰ろうと思っていたとか。まあ、過ぎたるは及ばざるがごとし。ちゅう事だ。

 エンジンが始動してMINIが走り去ったとき、止まっていた場所に黒いシミが残っていた。直ぐに軽トラを降りて指で触ってみた。オイルじゃない、ガスでもない、冷却水だろうか?、それとも犬か猫のオシッコ?。匂いはオシッコじゃ無くて冷却水の様な気がする。
 なんかヤナ感じだ。。。と言うことで明日に続く。

ラン 11km

| | コメント (0)

2014年1月23日 (木)

何処が切れているのか解らん

0123 白骨号のリヤデフォッガだけど、補修剤とか補修の方法以前の問題が出てきた。それは不具合の場所が解らないという問題。
 最初は何処かに「切れて」いる場所があると思っていたけど、簡単に眺めた位では切れた場所は見つからない。そこで写真のネガを見るようなルーペで追っかけて行っても解らない。
 はっきりと発熱していない1本に限定して、端から端までしっかり見たけど切れては居ない。途中でポツポツと穴が空いているというか銅箔の状態が悪い場所はあったけど。
 と、ここまで見てから色々調べてみたのだけど、張ってあるのは銅箔じゃなくて或る程度の抵抗を持った「ライン」らしいと解った。たしかにこの長さの銅箔に12Vなんか印加したら焼損してしまいそう。
 そしてその「ライン」の内容だけど、この時代の物は補修剤の高級バージョンみたいなヤツを印刷して、それを焼き付けしてあるとか。と言うことは何となく全体的に悪くなっているという可能性も有るわけで、補修作業的には非常に嫌らしい話に発展してきた次第。
 取りあえず目視は駄目だったので、両端に12Vを印加した状態で電圧を測ってみようと思う。一部が極端に悪くなっていれば、その両端で0V-12Vの変化が有るはずだから。
 それに対して全体的に抵抗が大きくなっていれば、滑らかに0Vから12Vへ変化するはず。正常な熱線に比べてインピーダンスが高いという違いが有るだけで。

 情け無い話だけど、昨日の補強運動のせいで腰から下が筋肉痛。補強運動が効いている証明には成るけど、能力の低さや回復力の低下の証明でも有る。
 天気はよかったけど仕方ないので薪割り。これだと腰から上の部分をメインに使うので、腰から下が駄目でも何とか行ける。1時間ほどしっかり薪割りをしたら汗が出てヘロヘロに成った。

| | コメント (4)

2014年1月22日 (水)

コンダクティブペン

0122 白骨号に残っている細かいトラブルの一つ、リヤデフォッガの断線をどうにかしようと思い始めた。
 デフォッガの熱線はリヤガラスのほぼ全面に装備してあるけど、その全部が一つの回路では無くて二つのゾーンに別れている。
 スイッチノブを引いたら中央の部分が発熱し、更に右に回したらそれ以外の上下のゾーン「も」発熱する。懲りすぎだと思う・・・やっぱりドイツ人の頭の中は解らん。
 そう言う構成の中で、1段目の中央ゾーンに関しては数本が切れている。さらに2段目の上下ゾーンに関しては全体の発熱が弱く、さらに半分以上が切れている様な感じ。

 そこでソフト99辺りが熱線補修剤を出していたと思って探したけど、不均一な発熱によるガラスの破損が有ったようで販売中止になっていた。
 仕方ないので代用品を探したけどピッタリの物が無い。良さそうなのは1万円近い値段が付いているし、安価なヤツは耐久性が期待でき無さそう。
 代用品が好きな変なオッサンと何が良いか色々話している過程で、以前買っていたコンダクティブペンの存在を思い出した。数回使って放置していたので固まったヤツ。
 引き出しの奥から引っぱり出して中を見たら固まっている。カチカチじゃ無くてかすかに粘りけが或る程度。匂いはラッカーシンナーに近い感じだったのでラッカーシンナーを入れて見た。
 あとは外から揉んだり振ったりを繰り返した。手の毛細血管が遠心力で破裂するくらい振ったところで鉄球がカラカラ音を立て始めた。さらに翌日も降り続けてノズルから液体が出るところまでこぎつけた。
 今は紙の上に線を書いて、その抵抗値を測ってみたり電圧を印加したりして補修剤としての可能性を探って居るところ。
 数回試した段階では、C-MOSの回路補修には使えるけど発熱するレベルの電流を流したら直ぐに断線モードに成ってしまう。と言う結論。
 何かの説明に、硬化の段階で内部の銀の粒子が結合してナンタラコウタラ・・・と有ったのを思いだした。私が試しているのは一旦硬化した補修剤をシンナーで無理矢理溶かしたヤツ。たぶん硬化した物がコロイド状に浮游しているだけの様な気がする。これではオリジナルの性能は期待できないかも。
 それと、買って直ぐに使った記憶では、塗料としての濡れ性が悪いし直ぐに剥がれて耐久性も低かった。初回が上手く行ってもウエスでゴシゴシ擦ったら駄目に成るかもしれない。

 あまりに寒くて霧雨の様なものが降っていたのでトレーニングは止め。代わりに室内で補強運動をやった。しばらくやったら体が温まってきて快適。寒いときはこれが良いかも。

| | コメント (4)

2014年1月21日 (火)

PWM制御

0121 今日は朝の仕事前にこんな基板を弄っていた。昨日の夜にお客さんが来て、キットを組んでみたけど動かないから・・・と言う話が舞い込んできたから。
 機能的にはDC入力のモータドライバで、DCモータをPWM制御で可変速するというヤツ。最終的には車のファンかブロアのモータに使うらしい。
 大きな半田鏝で作業をやったようで、至る所のパターンが剥がれている。そして半田が酸化してしまってモロモロに成っている。まずはこの部分をきちんとしないと始まらないので、全部の半田を吸い取ってやり直した。パターン切れも全部机の奥に落ちているリード線で補修した。
 動くかどうか解らないので回路図はさらっと見ただけ。FETが17A品が使ってあるのに、フライホイールダイオードに1A品が使ってあったのが気になった。手持ちで少し大きいのに交換して試験開始。
 結果的にあっけなく動いた。これで基本機能的には動くことが確認できたわけで、明日の朝一には現実に近い10Aくらい流れるモータを繋いで挙動を調べてみようと思う。

 仕事が終わってプールに行く途中、若宮のハートフルに寄ってリコリスで借りた本を返した。リコリスは旧宮田町に有る宮若市の図書館の名前で、ハートフルは旧若宮町に有るミニ合同庁舎みたいな建物。
 合併しても無駄な建物など作りませんと言っていたけど、全部嘘で両方の街に同じ様な新しい箱物が出来た・・・。今日はその話題じゃ無いのでこれ以上は触れないけど。
 そのハートフルにはミニ図書館が有って、リコリスで借りた本を返すことが出来る。ここはプールに行く途中なので返したという話。
 酒井順子を3冊と林真理子を1冊返した後、再び別の酒井順子を3冊借りてしまった。酒井順子は第二の林真理子に成れるのか興味が湧いてきたから。
 借りた3冊のうち2冊は「女性」コーナーに置いてあって、残りの1冊は「さ」の所に有った。こういう配置にするのは司書のお姉さんの趣味というか裁量だろう。
 その3冊を全部持ってきたからか、司書のお姉さんが妙な感じで私を見たような気がした。まあ自意識過剰だ。

 プールでは久し振りに武友組に会った。いつもの様に私よりもキツイメニューをこなしている。私はいつもの様に緩いメニューだけ。
 今日は掻いた後にスーッと延びるように、その辺りの抵抗が少なくなる意識を持って泳いでみた。

スイム 2.7km

| | コメント (3)

2014年1月20日 (月)

靴下放浪

0120 新しい靴下を買ってきた、近所のナフコで。ナフコにしては高くて1足が500円弱もした。それを3足買ったのだから思いきったものだ(笑)。
 冬用の防寒靴下は色々と出ているけど、意外と良いものが無い。どれも最初だけは暖かい。でも直ぐにへたってきたり中のモケモケが脱落して薄くなってくる。
 薄くなるだけなら買い換えれば良いのだけど、その過程でモケモケが足の裏とか指の隙間に溜まってくるのが面倒。風呂にはいるときとかプールの更衣室で靴下を脱いだとき、ふと気がついたら床に芋虫のような物体が横たわっている。ギョッとして良く見ると自分の靴下から出たモケモケが固まった物。
 登山用の1足が2,000円位するヤツだとだいぶ良いけど、冬の間はずーっと履いているのでこんなに高いのを頻繁に買い換える訳にも行かない。
 と言うことで防寒靴下放浪の旅を続けているのだけど、今年の初めに買ったナフコのヤツが割りと具合が良い。見た目は中が直ぐに取れてきそうだけど今のところ大丈夫。
 ルミエールだと3足で198円とか普通に売っているので、3足1,500円は相当割高に感じる。でもそれなりに具合の良い物はなかなか見つからない事を実感しているので、清水の舞台から飛び降りる心意気でレジまで3足を持っていった。ちょっと金持ちの気分(笑)。

 冬であっても、屋外で体を動かす作業をしていればそんなに寒かったり指先が冷たかったりはしない。でもうちみたいに暖房も何もない部屋やガレージで細かい作業とか半田付とかしていると寒さが堪える。
 結果的に、外で薪割りをしたり山に行ったりするときよりも、細かい作業をしているときの方がモコモコに着込んで靴下も靴も分厚いのを履いていたりする。

 歳のせいだと思うけど、土曜日のキックの筋肉痛がまだ抜けない。トレーニング的な事は止めにして、力丸君を引き連れて山に行って風倒木を持ち帰ってきた。

| | コメント (4)

2014年1月19日 (日)

ポルシェのT5電球

01191 発送する荷物が有ったので、少し仕事で少し自分の時間という感じの休日だった。
 昨日のキック8本で腰の横が筋肉痛だったので、自分の時間は白骨号のヒーターコントロール部の照明を修理してみた。
 この部分の電球はT5と呼ばれる小さいのが使ってある。そしてソケットも小さくて差し込む穴も小さい。だからユニットを装着した状態では電球の交換とか修理が出来ない。
 外そうと思ったけど操作ワイヤーが3本も繋がっており、一旦外してしまうとコントロールゾーンの再調整が面倒そう。と言うことで中途半端に引きずり出した状態で修理した。
01192  向かって右上は外気導入ファンが回っている事のインジケータ。右下はデフロスタ側の表示で、左下は足元への表示。
 そして左上にも穴が有るのだけど、何用なのか解らない。この部分に差し込む電球とソケットも無いので無視した。
 下の2個のインジケータはスモールと連動。右上のファン用はファンが回っていて「かつ」メインスイッチがオンの時に点灯する。ちなみにファンはアクセサリモード以上で回転する。
 要は、ファンはアクセサリ位置で回転するのに、インジケータランプはオンまでキーを捻らないと点灯しない。回路図もこうなっているし、接触不良を修理した実際の動作もそうなっているから間違いない。やっぱりドイツ人の頭の中は理解できない。

 こんな事をしていたらXSの変なオッサンが来た。今日は少しバイクの種類が違うけど、乗っているのはいつもの変なオッサン。
 行商のオッサンの様に後の木箱を開け、中から各種の電球を出してシートの上に並べて行った。何時から彼は電球屋に成ったのだろう(笑)。
 彼が帰ったら直ぐに下の家のオッサンが来た。そして「あのオートバイは幾らくらいする?」とか「酒飲んで寝るだけじゃいかんので、買おうかと思う」とか言い出した。
 マジでびっくりした。でもよく考えたら若い頃はバイクばかり乗り回していた田舎の不良みたいな人だった訳で、孫まで生まれて一息ついて、自分の余生を考えてみたらそんな気分に成ったとしても不思議じゃない。
 ああ、でも嫁さんから怒られるだろうなあ(笑)。

| | コメント (2)

2014年1月18日 (土)

領土を広げた

0118 暗くて写真が撮れなかったので翌日の撮影に成ってしまったけど、下の土地への入口を拡張し、その前後にスロープを造って軽トラが入る様にした。
 この土地は時々MTBやミニモトで走ったりしていたけど、それ以外に使い道が無くて年に数回の草刈で労力だけを消費する場所だった。それでは余りにもバカらしいので、取りあえず駐車場と薪置き場にでも使おうと思って改造に着手。
 写真中央の入口は帰ってきてから直ぐに開けたのだけど、人やMTBが通れる程度で車は無理だった。その幅を一気に広げて乗用車が通る様にし、急だった段差に土を盛ってスロープを造った。
 最初はスコップと掻き板でやり始めたけどラチがあかない。そこで裏からユンボを持ってきて動力作業。移動の時間を入れてもこっちの方が圧倒的に速い。文明の利器は凄いと実感。
 あとはもう少し凹凸を均して、表面に薄く砂利を撒いたら雨上がりのジュクジュク感が減るかな?と考えている。そこまで出来たら大きな薪棚を作ろう。

 昼にスイミングに行ってきた。今日は少しだけ速く着いたので自主トレで泳いだ。腹回りの脂肪を減らす意味で延々とスイムを続けた。
 スクール前半はバタフライのドリル。最後に1本だけ通常のバタフライをやらされたけど、今までで一番楽にバタフライが泳げた。直前のドリルが私の修正部分に合っていたのだろう。次からバタフライの前はこれで行こう。
 後半はクロール。25mをスイムで8本の後は同じくキックで8本だった。久し振りなのでキツかったけど、最近は地味にキックが速くなっているので後のオバチャンに追い越される事は無かった。

スイム 2.2km

| | コメント (0)

2014年1月17日 (金)

タイレル!?

0117 若宮のグッデイから県道に出ようとしたとき、目の前を妙な車が通りすぎた。幸いにも周囲に他の車が居なかったので、普通よりも強めにアクセルを踏んで追いかけて後に着いた。
 ナンバーは筑豊ナンバー。と言うことは近所の人か?そんなことを考えていたら次の信号で竹原古墳の方向に左折して消えていった。
 あの道はあの先の集落か、工場か、老人施設か、トルコキキョウの温室群に用がある人くらいしか通らないはず。やっぱり近所の人??
 帰ってから調べたけどこの車だと思う。私が見た車にはキャタピラが着いてなかったけど、調べてみると通常のタイヤを付けた6輪車バージョンも有るみたいなので間違い無かろうと思う。
 大型トラックの後2軸は何とも感じない。でも軽トラの後2軸は凄く違和感が有った。形式的には見慣れている筈なのに、サイズとかバランス的に見覚えが無いから違和感が有りまくりなのだろうか。
 お金が有り余って居たら買ってみたいけど、実用的か?と問われたら何とも言えない。特に雪も降らない地方でキャタピラを外して使うメリットはほとんど感じられないから。でも面白そうだ。

 今日はウロチョロして時間が無かったのと、合間に薪割りを少ししてみたら尻の筋肉が軽く「ピキッ」と成ったのでトレーニング的な事は用心して止めにした。
 明日のスイミングまでに治っているだろうか?

| | コメント (15)

2014年1月16日 (木)

プレゼント

0116 昼間に寒い作業場で制御盤を組み立てていたら、改造車程じゃ無いけど大きめの排気音のバイクが上がってきた。XS650系にしては温室が違うし、CL350にしては排気量が有りそう。もしかしてこれがTX750?と思って外に出た。
 派手なカウルが付いた背の高いバイクから、背の高い怪しい雰囲気の男が降りてきた。そして背中のデイパックからこんな箱を出して私に渡した。
 何が入っているか解らないけどありがとう。私に使って欲しいという意味だろう(笑)。マックはGPSの試験用に一瞬しか使った事は無いけど、同じパソコンだから何とか成るだろう。
 それにしても背の高いバイクだ。京都の工具屋みたいな名前が書いてある。前回はロータックスのバイクに乗って来た。これじゃあ嫁さんに愛想を尽かされる筈だと一人で納得した。
 仕事が休みだから・・・とか言い訳を言っていたけど、バイクに乗りたい一心でずる休みしたのだろう。40年前の高校生みたいなヤツで困ったモンだ(笑)。

 嫁さん同士が友達の例の変な外人がバイキングに入会したらしい。外人で体もデカイのでバイクは直ぐに速くなるだろう。ランも遅くはないので非常に困る。少しでも抵抗しておこうと走ることにした。
 猪が怖いので西中の外を回る明るめのコース。前回と同様に腰回りとか太腿の付け根に近い位置の筋肉を意識して走った。
 今日は良い感じだった。そして最後の方までその意識が続いた。このイメージで春から夏と持っていき、良い状態で今年の大会に臨めたら嬉しい。

ラン 11km

| | コメント (0)

2014年1月15日 (水)

夜通し燃やそう

0115 寝る前に薪ストーブで実験をしてみた。或る程度熾火が出来た段階で上に大きな丸太を入れた。
 ストーブは特注の大きなヤツに交換したので、炉内の大きさは高価な外国製の大型ストーブと変わらないか障害物が無い分だけ我が家の方が大きいかも知れない。
 その大きくしたストーブの扉から入るギリギリの直径の樫の木。長さは少し余裕が有った。この長さで枝が2本も出ているので割るのは難しく、適当にそのあたりに放置していた物。
 熾火の上に置いただけでは着火が悪かったので、周囲に細目の木を置いたら良い感じで燃え始めた。燃えが悪いかも?と心配だったので吸気は最大までオープン。
 朝起きたらほぼ燃え尽きた感じで熾火が残っており、上に焚きつけを置いたら直ぐに炎が上がったらしい。らしいというのは嫁さんがやったから。私は布団の中で寝ていた(笑)。
 福岡県下は今年一番の冷え込みだったらしいけど、健康住宅の我が家でも室内気温が10℃までしか下がっていなかったらしいので、寝る前の丸太方式は悪くない気がする。

 外は寒いのでプールに行った。クロールの息継ぎのタイミングと、その時の姿勢による抵抗の増加を考えながらドリルとスイムを繰り返した。今日は25mを45秒で回した。少しキツイくらいで30分くらいは問題なく続けられる感じ。
 隣のコースで泳いでいたのはウミウシ君だと思う。400m?位のインターバルを延々と繰り返していて、話をする暇も無かったから。今の段階であんなに泳いでいるとは宮古島でも申し込んだんだろうか?
 火曜日と思って出たら受付に武友さんの知り合いのオバチャン女性が居て驚いた。そうか今日は水曜日なのだ。子供の年代が近くて高校が一緒、そして親同士も同じ高校だったりする。高校の悪口を話して盛り上がった。

スイム 3.0km

| | コメント (6)

2014年1月14日 (火)

バッテリー上がり

0114 昨日の夜、晩飯を食べて夜中に帰ってきたときのこと。三男がランティスのライトが点いているとか言っていた。嫁さんが朝一に掃除をしたみたいだけど、その時にスイッチを入れて忘れて居たらしい。
 駄目かな?と思っていたら、予想通りに今朝出掛けようとして「エンジンがかからん」と言ってきた。白骨号は無理なので嫁さんは軽トラで出発。
 10時のお茶の後でランティスを見たら電圧が11.8Vくらいまで下がっていた。無負荷で1晩置いてこれは劣化しているだろうなあ・・・と思いながらも、取りあえず動くようにしておこうと充電。
 バッテリーを外して大きな電源の所に持っていくのが面倒だったので、昔作っていた適当な充電器を持ってきて繋いでおいた。昼過ぎに電圧を見ると12.9Vくらいまで回復していたので試しに始動したらかかった。あとは充電器を外してそのあたりをぐるっと1周してきてお終い。
 バッテリーは劣化していると思うけど、数日間様子を見てから買うかどうかは決めようと思う。それよりも気になったのはサスと、等速ジョイントと、フロントホイールベアリングの劣化。サスはフワフワだし、ジョイントとベアリングは誰にでもはっきり解るくらい異音が出ている。
 良くこんな状態で乗っているなあと感心すると同時に、全部を修理するには結構な金額がかかる。やるのかやらないのか、やるとしたら何時やるのか、自分でやるのかディーラーに頼むのか、なんか悩ましい事が増えてしまった。

 寒くて走る気分に成れなかったので、薪割りと廃材の焼却処理をやっていた。暗くなってからは廃材を燃やしながら暖を取っていただけだけど。

| | コメント (7)

2014年1月13日 (月)

女流コラムニスト

01131 今日中に発送する荷物が有ったので、基本的に仕事の1日だった。少し早めに終わったので久し振りに宮若市の図書館へ。
 何となく流れで?酒井順子と林真理子の本を4冊借りてみた。司書のお姉さんが若い人で、借りるときに彼女の前に出すのが恥ずかしかった(笑)。
 酒井順子は「負け犬」の人。今の時代に融合した女性版の泉麻人と行った感じか。林真理子の女性誌コラムは好きで良く読んだけど、小説家先生になってからはほとんど読んでない。どの本も字が大きくて文字が少ないから読みやすそう。

01132  三男の成人式を祝って晩飯は外で食べるらしい、エリサがバイトしている店で。私は面倒なので外食は好きでは無いけど、ネタとして見てみたい気がしたので行くことにした。
 ファミレスと思っていたら少し高めのステーキ系に特化した店だった。入店したら直ぐに彼女が見つかった。ひときわ背が高くてスタイルも良く目立つ。
 手慣れた感じで愛想よく注文を取る姿にはある種の貫禄すら感じられた。私の気持ち的には、動く度に脚の筋肉がピクピク動くような洗練された肉体美が失われつつ有るのが残念だったけど。
 赤みの肉が好きなのでオージービーフの300gを頼んだ。肉を食いに来て脂肪たっぷりの”肉のような物”を食べる人が理解できない。ガシガシ咬んで肉の味がする固まりが好きだ。
 彼女が従業員割引の2割引券をくれたので、デザートまで追加してしまった。少し食べ過ぎた。ありがとうと言うべきか、俺を太らせたなと言うべきか、まあ・・・ありがとう。

| | コメント (2)

2014年1月12日 (日)

MP3カセットアダプタ

01121 白骨号のオーディオ用にカセットアダプタを買ってみた。外部入力でステレオミニプラグが出ているタイプは良くあるけど、これは本体がMP3プレーヤに成っていて線が出ない。
 送料込みで2,200円位なので動くかどうかが不安だったけど、取りあえず動く。リチウムイオン充電池の入った本体と、リモコンと、ACアダプタと、シガレットアダプタまで付いて。やっぱり中国は怖い。

01122  取りあえず使ってみたら内部のギヤが擦れる音が気になる。分解してバリを取って、グリースを軽く塗って再組立。起動トルクが増えてしまったのか最初はエラーが出たけど、数回繰り返したら静かに動き始めた。
 説明書がこの機種用じゃ無いとか、装着した後でリモコンはどうやって使うの?とか、B面だと左の音が出ないとか、充電表示LEDの意味が解らんとか、使った後で電源を切るのが面倒とか、、、細かい問題は色々有るけど音が鳴ったので良しとした。

 

世の中は成人式。我が家は三男が二十歳なので友達と行ってきたみたい。私も行ってないし長男と次男も行ってない。と言うことで2代にわたって初めての出席者という事になる。目出度いことだ。
 成人式と言うことで、近所の白バイの乗りの家に大勢が集まって、新成人のお母さん達もパーティーが有るらしい(笑)。良く解らんけど我が家が会場じゃ無くて良かった。
 夕方から近所をランニングしてきて、一人で静かに晩飯を食い、薪ストーブの前で読みかけだった福島安正の本を読んだ。

ラン 11km

| | コメント (4)

2014年1月11日 (土)

秘密基地偵察

0111_2 今日は午前中に秘密基地の偵察に行ってきた。溶接機関係で知り合った人の知り合いで、古いオートバイの電装品が・・・と言う話が舞い込んで来たから。
 行ってみて驚いた。天井の高い建屋の中に、面白そうなオートバイやら、車やら、発動機やら、工作機械やら、私が興味が有りそうな物が散りばめられてあったから。
 画像左端のボール盤、凄く古くて平ベルト駆動の枝型。大学の資料館に置いてありそうなヤツが実用品として動いている。奥の棚にずらっと並んでいるのは汎用の発動機。メグロも何台かあった。バラバラに成ったXS650SP?も有った。
 右側の黄色い車体は毛布で覆われていて、「もしかしてエランですか?」と聞いたら毛布をはぐって見せてくれた。プアマンズエランと呼ばれているらしいジレッタだった。
 バッテリーが弱っていてジレッタのエンジンはかからなかったけど、手前のR69?はキックでかかって安定したアイドリングを続けた。これら大半の車体にきちんとナンバーが付いている事が更に凄い。
 本当は1日でも2日でも居られる自信が有ったけど(笑)、仕事も有ったしスイミングも有ったので後ろ髪を引かれる思いで引き上げた。やることが有るのでこれからはちょくちょく?遊びに行かせて貰おうと思っている。

 上に書いたように秘密基地の偵察の後はスイミング。今年初めてのレッスンだった。時間がギリギリだったので車から走って行き、慌てて入場券を買っていたら受付のお姉さんに笑われた。
 何とか間に合ってレッスン開始。爺ちゃん達は誰も来ていないので廻りはかつての乙女達ばかり。まさに両手に枯れた花状態(笑)。
 正月休みが有ったのでレッスンは意外とキツク感じた。特にキツかったのは12.5mをキックだけで行き残りをクロールのドリル。普段は25mで1本だけど今日は2セットを組で50mが1本だった。2セット目の12.5mキックが死にかけた。

スイム 0.8km

| | コメント (2)

2014年1月10日 (金)

伊都会議

01101 今日は午後から伊都に有るお城の様な建物に行ってきた。「○○航空機に関する研究打合せ」と先生がメールを出してくれたから駐車場代が只だったけど、2時間以上雑談をしただけで帰ってきたのが実情。
 行きに白骨号を運転しながら考えた、35年以上も前にここの試験を受けて「来なくて良い」と判定された事を。人の人生は神がお決めになっていると信じているけど(笑)、私の人生は航空機に薄く絡みながら生きていく事に成っているのかもしれない。
 米田君の同僚だった准教授一人と話をするつもりで行ったのだけど、親玉の教授と院生まで出てきて少しびっくりした。でも話し好きの教授だったのでビビらずに済んだ。
 教授が流体力学的な事や機体の事を話さずに、日本に於けるジェネラルアビエーションの発達の必要性を語って居たのが面白かった。頭の中には家の前からメーヴェに乗って買い物に行く姿でも有るかの様に。
 具体的な部分は准教授にまかせて、教授は全体的な環境を整えるのが仕事なのだろうか?トップの人の仕事はそんなものかもしれない。

01102  ある機体の平面図を見て前進翼の翼端失速が起こりにくい話になったとき、「定性的にはそう言えるけどこの程度で定量的に解るほど変化があるかなあ・・・」と言われた。
 画像はASK13だけどこの機体も前進翼。私は翼端失速が起こりにくいと思って乗っていたけど、定量的に大して差が無いとしたらシュライハー社の設計者は何を考えて前進翼を採用したのだろう。
 帰りの運転で色々と考えてみた。前席と後席を図面的に配置して、後席の後に主桁を配置して、お尻の方に尾翼をくっつけて、重心を計算したら前寄りに成りすぎた。後部胴体を重くするのはバカらしいので、翼端でも前に出すか・・・と考えた?
 いや、練習機の性格を考えると復座と単座で性能が大きく変わるのは好ましくない。翼面荷重は仕方がないにしても、重心位置は変えたくない。そうなると後席の重心と機体の重心は極力一致させたい・・・と考えた?
 大学5年生の時はずーっと後席に乗っていたので、ソロでも重心位置が変わらない事のメリットは良く解る。でもシュライハー社の設計者が同じ事を考えて居たかどうかは解らない。

 雑談の中でそれとなく?ドリドリ君のPRをしておいた。伊都には既に1台は入っていてダリウス型?水車模型の翼を削りだしている。こっちも買ってくれて風洞模型でも削りだしてくれたら良いPRに成る。
 そして全国の旧帝大に数台ずつ入り、地方の国公立にも数台ずつ入り、高専にも纏まった数が入り、工学系の私立がバンバン買い、私がウハウハに成り、ボロボロのナローと怪しいLP400を買って夜な夜な修理する毎日を妄想している。ハハハ。

| | コメント (8)

2014年1月 9日 (木)

再びヤングSSのタコメータ

0109 年末から預かっていたのだけど、なかなか時間が取れなくて今日になってやっと終わった作業。スバルヤングSSのタコメータ修理。なんかうちの定番作業に成りつつある。
 今回はそれに追加で燃料メータの修理も頼まれた。こっちは出来るかどうか解らなかったので、その旨伝えていたのだけど何とか動くように成ったので良かった。
 タコメータの方は周波数カウンタを使って校正しているので、目視で使う計器としては十分な精度が出ていると思う。でも燃料メータの方は甚だ不安だ。何故なら表示器側だけでタンク側のセンサが無いから。
 この手の表示システムはセンサと表示器の特性が合っていて初めて精度が出る。そしてスバル360の場合は複数のセンサが有るという噂?が有ったりする。困った事だ。
 と言うことで今まで入ってきたメータのデータが有るので、それの平均値あたりに合わせて出荷する事にした。バイメタル式のバカっぽい表示器に見えるけど、短期的な液面の上下動に左右されない適材適所の方法だと思う。

 このブログを見たという依頼が結構あるので書いておきます。今回の費用はタコメータが10,000円程度で、燃料メータの方が6,000円程度でした。
 これだけを日に数台やっているなら平均的な統一価格を提示できますが、そこまでの数はやってないので固定価格の提示までは出来ません。その為に恐ろしい「時価」と成ってしまいます。
 それではあんまりなので今までの例を挙げると、ヤングSSのタコメータ修理なら5,000円から20,000円位でした。当然のことですが故障が重症だったり痛みが酷いほど価格は上がります。
 文字盤を綺麗にやり変える事は出来ません。パソコンでシールを作って印刷したら良いかな?とは思いますが、耐久性が不安なので当面は対応する予定は無いです。
 ヤングSSの場合ですが、基板の材質がベーク?で痛み始めている物が有ります。次回あたりからガラスエポキシで同一寸法・同一回路のリプロ基板を作る予定です。これが出来れば基板がボロボロにふやけたメータでも、メータ本体が生きていれば修理が出来るように成ります。

 再び日記に戻って今日のトレーニング。仕事が終わった段階でメチャ寒かったけど、腹回りがタプタプなのでカロリー消費の為に走ることにした。
 少し暗くて猪が怖くなり、西中の下を通って少しだけ21号線バイパスを経由して新笠松から倉久のルートで走ってきた。
 去年の秋くらいから尻や太腿で走る意識が出来てきたのだけど、これが良い方向なのか悪い方向なのかは解らない。何となくスイムのキック練習の効果ではないか?と言う気はしている。

ラン 11km

| | コメント (0)

2014年1月 8日 (水)

ユンボのグリースアップ

0108 餅つきの時に遊んだままだったので、ユンボの位置を少し変えておいた。その時に右のキャタピラが緩んでいたのを発見。
 運搬車の力丸君は小型だからか、バネとボルトナットの組合せで張力を加えている。これは少し大きいので油圧で張る構造。油圧と言ってもシリンダの中に入っているのはグリース。
 中央部に見える穴の奥にニップルがあって、そこにグリースガンを当てて数回クチュクチュやるとロッドが伸びてキャタピラが張る仕組み。
 左は何ともないのに右だけ緩んでいる。普通に考えたら右のシリンダに漏れがあると言う事だろう。あまりよい考えではないので(笑)考えないようにしよう。

 予想通りに仕事が終わっても雨が降り続いている。そこで予定通りに飯塚のプールに行って泳いできた。でも何となく気分が乗らなくて1時間券にした。疲れが有ったのか寒くて気持ちが萎えていたのか。
 受付が武友さんの知り合いの女性だった。年末年始で太ってしまって・・・と話したら「駄目じゃないですか!」と怒られてしまった。確かにその通りで返す言葉がない。
 特に今使っている海パンはビキニの小さいヤツなので、腹が出たオッサンでは見苦しいことこの上ない。直ぐは無理だけど1-2ヶ月かけて戻していこう。

スイム 1km

| | コメント (0)

2014年1月 7日 (火)

バックランプ

0107 晩飯の後、三男がMINIに乗りに来いと言うので外に出て乗ってみた。家の前の坂をバックで下りて登っただけなので50mくらい。先日交換したバックランプが相当明るくて驚いた。
 ポルシェの方も交換してから乗ってないので乗ってみた。でもこっちはほとんど違いが解らなかった。まあ予想通り。
 この2車では平面的な光学系の配置が全く違う。MINIは広く特に車体の側方を照らすように考えられて居るけど、ポルシェの方は両側を壁に鋏まれていて、明らかに真後の車に意思表示出来たら良いとしか考えられていない感じ。
 使ったLEDもMINIの方は80W相当とか書いてある明るいヤツだったし、側面も長くて側方の光が多そうだったのも功を奏した感がある。
 見た目のデザインは変わらずに、車検の時もそのままOKで、三男のMINIと同じくらい斜め後方が明るいバックランプ・・・。うーん、難しい。

 仕事が終わってから泳ぎに行こうかと思っていたけど、明日は雨の予報だったので降っていないうちに走ることにした。
 少し日が長くなって猪の出る時間帯がずれたかな?と思い、西中の裏の峠を抜けるコースでぐるっと1周。予想通りに?猪は出てこなかった。怖いから峠の間中は大声を出していたことも有るけど。

ラン 11km

01072  追加画像です。

| | コメント (7)

2014年1月 6日 (月)

STIHLの含水率計

0106 昨日・一昨日と薪割りばかりしていて、頭の中が薪モードだったりする。PCでもその関係を調べてみたりして、スチールから安価な含水率計が出ている事を知った。
 うちみたいな田舎だと通販で買うのが手っ取り早いけど、スチールなら北九チェンソーが持ってないかな?と思って聞いてみたら在庫が有った。
 ねじ屋さんの少し先なので、ついでに寄って買ってきたのが画像の小さな機械。内部は換算表を持った抵抗計だろうから大きく複雑な機械には成らないと思う。でも換算表のデータにノウハウが有るのでは?と言う気がする。
 実験器具として汎用的な製品よりも、薪に特化したチェンソーメーカの含水率計の方が私の用途には有っているような気がしているけど、実際の所は良く解らない。
 帰ってから直ぐに色々な薪に差し込んでみた。割って直ぐのヤツは高めが出やすいし時間が経ったヤツは低めが出やすい。まあ傾向は解る。
 半年くらい地面にべったりと置いていて、割ったヤツも明らかに重いのはレンジオーバーしてしまう。最大は40%くらいだろうか?。まあこれ以上の表示が有っても薪には意味がない。

 今日はヤマトのB2サーバーがダウンしていたのか、午後一番に荷物を作っていたのに伝票が何時まで経っても印刷出来なかった。うちの問題かな?とも思ったけど、サポートの電話が何回かけても話し中なのでサーバー側のトラブルだろうと思う。
 ギリギリまで待ったけど繋がらないので、営業所まで荷物を持っていって手書きで伝票を書いて発送した。初荷がこれでは出鼻を挫かれたようで少しモチベーションが下がる(笑)。
 B2のせいで少し時間が狂い、晩飯の前に少しだけエアロバイクを漕いだ。でも後では薪ストーブが燃えているわけで、直ぐに汗が出て止めてしまった。冬はバイクの位置を変えた方が良いかもしれない。

バイク 5km

| | コメント (0)

2014年1月 5日 (日)

MINIの燃料センサ

0105 今日も正月モードからの脱却を目指し?、ほぼ1日中薪割りとかその廻りの整理をやっていた。そのほかの作業としてはMINIの燃料センサの修理をした。
 完全な修理じゃ無いので再修理が必要だけど、取りあえず原因が解って方向性も掴めたので8割は終わったような物だと思う。
 オークションの説明の段階で燃料計は壊れていた。具体的には最初の5Lくらいは反応するけど、それ以上減ったら一気に「E」まで針が下がって後は動かない。
 たぶんセンサ側の故障だろうな、と思っていたけどガソリン量が多くて外せなかった。今日は息子もやる気だったので、タンクからガソリンを抜いてから作業をしてみた。
 写真がピンぼけで解らないけれど、細いニクロム線?を巻いた抵抗体がタンク内に有り、その上を先端にフロートがついたアームが駆動する摺動子が滑る構造。
 そして細いニクロム線が5Lくらいの位置で4本ほど切れており、それ以下だとオープンに成って指針が動かなかったと思われる。

 細いエナメル線かSUS線が無いか探したけど0.8mmまでしか無くて、グッデイに買いに言ったけど0.29mmまでしか売ってなかった。
 オリジナルは直径0.12mm程度の抵抗線が使ってあり、2mくらいで300Ωの抵抗値が有る。抵抗値は切れた部分の左右の抵抗値を算術合計した値なので確かでは無い。
 取りあえず今日は直径で0.12mm0.29mmを巻いてみた。太いので巻数が少ない。そして当然のことながら2乗で抵抗が低くなり、全部でも25Ωくらいにしか成らなかった。
 その結果としてタンクが空でも指針は上から1/5くらいの位置までしか下がらない。でも全部の量にわたって指針がきちんと動くように成ったので、5L以上はゼロを示すよりは参考に成る・・・と思う。
 晩飯の後で調べてみると、0.12mmのニクロム線は2m巻が80円だったので注文しておいた。これに巻き替えれば今よりは表示のレンジが広がって実用的になる。問題は抵抗体のカバーの爪が折れてしまいそうな事。

 今日も真っ暗に成るまで薪割りをしていたのでトレーニングは無し。2日も続けてかなり手強い薪割りをしたわけで、肩廻りと腰回りだけが補強されてしまったかも。

| | コメント (0)

2014年1月 4日 (土)

薪割りの1日

0104 今日はほぼ1日中薪割りばかりしていた。近所の人が業者を使って切った樫の木。素直な部分は業者が持って帰ったみたいで、やると言われたのは枝分かれしたような部分が大半。
 面倒だったので裏におきっぱなしにしていたけど、地面に接している部分が腐りかけた様な感じになり始めたので仕方なく作業開始。
 全てを斧で割ろうとすると効率が悪すぎるので、或る程度以上はチェンソーで切り落として燃やす事にした。これだけの事で効率がかなり上がって楽になった。でもなかなか進まない。素直な木の数倍の時間が掛かる感じ。
 割りながら思ったけど、そろそろ薪棚を大きくしたい。この薪棚を作ったときはストーブも小さかったし、どのくらい使い物に成るか解らずに試験的に廃パレットで作った。
 でも今はストーブも大きくなって薪の消費量が増え、メインの暖房器具として安定して使っている。1年で使う薪の量も相当増えた。大きな薪棚が欲しい。
 でも今はシーズン中なので弄るのは難しい。シーズンが終わってから今の棚を一旦崩し、2-3個を連結して高さも少し高めなヤツを作ろう。

 流石に疲れたのでトレーニングは無し。食事に関しては少しだけ平常に戻ってきている。

| | コメント (0)

2014年1月 3日 (金)

MINIのブレーキランプ

01031 数日前に三男がブレーキペダルの位置を調節した話を書いたけど、その関係で問題が発生している事に気がついた。ブレーキランプが点きっぱなし。
 クラッチペダルに比べてブレーキが手前に来すぎて居たので、マスターシリンダとの間のロッドの長さでペダル位置を奥に引っ込めたらしい。
 それはそれで良かったのだけど、ペダル位置を検出するタイプのスイッチだったのでランプが点きっぱなしに成っていた。この状態で2日ほど走っていたわけで、事故とか違反に成らなくて良かったと思う。
 で、ペダルの上に付いているスイッチの位置を少しだけペダル側に動かし、ノーブレーキの状態でランプが消灯するように調節していた。

01032  私は適当にプラプラしながら、餅つきの片付けとか家の廻りの細々した事をしていた。正月は気楽で良い。
 嫁さんがアトランタに居る妹夫婦とスカイプで話すと言うので、家族全員でPCの前に集まって通じたか通じないか解らない話をした。
 頭に鏡餅を乗せて登場し、日本の伝統的なしきたりだと話したら少しだけ受けた。でもそこら中に片栗粉が落ちて困った事に成った。
 語学オタクで靴フェチの次男が靴が汚れているとか手入れが悪いと文句を言う。それならお前が靴磨きをしろと言ったら割りと喜んで磨いてくれた。ミドリ安全の安全靴を。
 彼に依ると悪くない革で作りも良いらしいけど、どうせ直ぐに汚くなるし1年くらい使ったら駄目に成って買い換える必要が出てきそう。まあ、でも手入れしないと行けないのは確かだ。たとえ安全靴で有っても。

 昨日の21kmが効いたので脚が怠い。今日は休みにした。その代わりに薪割りをかなりやって、空いていた薪棚を1個半くらい埋めた。

| | コメント (0)

2014年1月 2日 (木)

コルクのガスケット

01021 午前中はMINIのヘッドカバーからのオイル漏れ修理をした。三男は錆のタッチアップとブレーキペダル廻りの調整。
 カバーの左側から軽いオイル漏れが有り、オイルの筋がシリンダヘッドとブロックを伝ってオイルフィルタまで到達していた。
 「さび止めに成って良い」とか「これはイシゴニスの取り分だ」とか言おうとしたけど、三男に取っては最初の車なので出来るところはやっておこうと作業開始。
 開けてみるとコルク?と思われるようなガスケットがカチカチに硬化していた。スクレーパで削ったら粉になって砕け散るくらい。
 手持ちのNBRはどれもサイズが足りず、色々探したら薄いコルクのシートが有ったのでそれから切り出した。厚みが薄すぎて交換にはいたらず、今の硬化したガスケットと2枚重ねで使ってみた。念のためにスリーボンドの1215を塗って。

01022  午後からは恒例の中村家の新年会。脹ら脛に軽い張りがあったけど、運動量が足りないので私は一人で走って行った。
 いつものメンバーでいつもの様にどうでも良い話をしながら飲み食いをして、適当な時間にパラパラと散会。
 子供達は勝手に横の方で盛り上がっていた。毎回思うけど不思議な関係で、子供達にしてみれば親以上に不思議な関係だろうと思う。
 当日は写真を撮るのを忘れていたので、大昔の写真を代わりに掲載しておこうと思う。この二人も今や女子大生。立派に大きく(笑)成長しました。

ラン 21km

| | コメント (2)

2014年1月 1日 (水)

英国車の洗礼

 朝はいつもの様に、ニューイヤー駅伝を見ながらお正月的な料理を食べて始まった。食べ過ぎだと解っていても、朝から昼まで延々と食べていた。
 トヨタ九州は去年と同じ2位だった。優勝こそ出来なかったけど、「全ての運に見放されても3位」の実力は持っている事が証明された訳で、去年の「全ての運が味方して2位」から大きく進化した事が解る。
 私的にはチーム力の向上よりも、贔屓にしている押川君が順調に力を付けている事が嬉しい。

01011_2  変なオッサンが五月蠅いので(笑)、MINI用のバック球も作った。MINIのバックランプは側面方向も積極的に照らすように、後方と側面に開口部というか白レンズの面が有る。それを有効に利用するには球の方も側面に発光体が有った方が良い。
 ポルシェのバックランプは左右を拘束されたような狭い空間なので、ほぼ正面向きの照射しか利用できない。だから側面に発光体が有っても活用が難しい。
 と言うことで写真のタイプを作って三男のMINIに組み込んでみた。まだ少しだけ明るさが残っていたけど、はっきりと明るく成ったのが確認できた。特に側方への照射が増えている感じで好ましいと思う。

01012  私がバック球を交換している間、三男は天井と側板の合わせ目あたりの錆処理をしていた。
 錆を落として錆止め塗料を塗っていく予定だったけど、下まで貫通している小さな穴が2個出てきた。
 程度が良い方だと思っていたけど、英国車ならこの位の補修箇所は有るだろう。さび止め塗料とエポキシ系接着剤で穴を埋めた。さび止めが乾燥したら、仕上げに近い色の塗料を塗っておけば良かろう。
 仕上げ用の塗料だけど、最初はポルシェの塗料を共用したら良かろうと思っていた。でも良く見たら見にのMINIの色の方が赤みがかっていた。

 年末からずーーーーーっと食べてばかり。しかも休むときが無いくらいバクバク食べ続けている。基本的にカロリー過多だし、栄養のバランス的にも良くない感じ。天気もよいので対策的に走る事にした。
 まだ明るかったので西中裏のコースにした。途中でトヨタグランドに出て、色々考えながら1周してから帰ってきた。

ラン 13km

| | コメント (4)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »