« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

作業納め

 餅つきの機材を片付ける予定だったけど、天気が悪くて木製の機材が乾いて居らず、これらは邪魔の成らない場所に移動して年を越す事に成った。
 年賀状を作って出しに行こうとしたら、三男がMINIの練習から帰ってきた。そのまま助手席に乗り込んで宗像の郵便局まで連れて行って貰った。
 特に発進から加速のあたりにスムーズさが無いけど、そう言うのは数をこなせば誰でも上手に成るから1月もしたらスイスイ走るようになるだろう。

 彼は試運転に出掛ける前はブレーキペダルの位置を調整していた。マニュアルとネット上の情報を見て自分でやったみたい。調整前はブレーキだけが手前に来すぎていた。
12311_2  年賀状出しから帰ってからは、バックギヤに入れるときのボーキング機構が壊れて居たので修理をした。
 故障箇所が解らなかったので取りあえず下に潜ってみた。ミッション内部だと嫌だな・・・と思っていたけど、シフトレバー下の小さなボックスの蓋を開けたら原因が見つかった。画像の蓋の内側に着いているL型部品が取れていた。
 レバーを動かしただけでは、このL型部品が邪魔になってH型のパターンでしか動かない。レバーを引っ張ったら先端が凹み、L型部品を乗り越えてバックへの動きが可能となる。
 前のオーナーは女性との事だけど、通常の「干渉した」感覚を持ち合わせて居なかったか、平均以上の腕力を有していたかの何れかだろうと思われる。
 最初はロー付けで修理しようとしたけど上手く行かず、結果的にTIGで溶接して復旧した。L型部品の位置や角度が不安だったけど、一発で良い感じに修理できたので偉そうな顔が出来て良かった。

12312  次に変なオッサンが持ってきたLED電球を改造し、ポルシェのバックランプ球を作ってみた。夜中に家の坂道をバックで降りるのが怖いので、出来るだけ明るいバック球が欲しかった。
 電球でも何でも良かったのだけど、今回貰ったLED球がかなり明るかったのでそれを素材として使ってみた。
 口金は古い電球を割って部品取りした。製作中の画像や取り付け後の画像を取り忘れたので、代わりにユンボに熱中する女子大生の画像を貼っておこう。

 では、皆様よいお年をお迎えください。

| | コメント (2)

2013年12月30日 (月)

餅つきは人生の扉

12301 今日は餅つき。ここ数年は雪や雨ばかりだったけど、今年は良いとまでは言えないけれど悪くはない天候の元で開催できた。妹家族が居なかったのでそのせいだろうと思う。
 いつもの様に竈に火を入れて、せいろに餅米を入れて羽釜の上に乗せて、少しずつ蒸気が上がり始めたタイミングで人が集まりだした。
 理由は解らないけど今年は人が多かった。ピーク時は30名近く居たと思う。アヤちゃん夫婦とタケシ夫婦効果かもしれない。
12302  いつもの様に餅を搗き、あんこ餅や、きなこ餅や、おろし餅を食べた。数年前に詐欺を働いた伊東家が心を入れ替え、本当に牡蠣を持ってきたのでメニューに焼き牡蠣が追加されて豪華だった。
 ほぼ全ての作業は若い人達がやってくれたので、昔から来ているオッサン連中は火の廻りで昔話と嫁さんの悪口と若者の批判をするだけで済んだから楽だった。

 最初の写真は今から18年くらい前の写真で、餅を搗いているのはうちの次男と三男。正面の女の子は今年も来ていて、ユンボで蛎殻を埋める作業に熱中する普通の女子大生に成長していた。
12303  餅つきが終わったら軽く片付けをして昼食のカレー。人が多すぎて部屋に入りきらなかった。そして御飯が足りなくなってお代わりは若者限定に成ってしまった。みなさんごめんなさい。
 でも沢山のお土産が有ったので、それをどんどんテーブルの上に持ってくる事により、御飯が底を着いた事を誤魔化せたんじゃ無いか?と思っている。

 皆で騒ぎながら餅を搗いていた若者達は50歳を過ぎたオッサンとオバチャンに成った。小さな子供達は今風の青年とお嬢さんに育ち、それぞれの友達や結婚相手を連れて来た。うちの爺さん婆さんは依然として生きているけど、その間に親が亡くなった家庭も有る。

 I say it's fun to be 20
 You say it's great to be 30
 And they say it's lovely to be 40
 But I feel it's nice to be 50

 以前にこの歌は同窓会ソングだと書いたけど、同世代だけが集まる同窓会よりも、こんな感じで複数の世代が集まった場にこそ相応しい様な気がした。

 I say it's fine to be 60
 You say it's alright to be 70
 And they say still good to be 80
 But I'll maybe live over 90

 ここまで来て不意に笑ってしまった。この歌がBGMとして流れ、木漏れ日の中を山下達郎と歩く75歳に成った竹内まりやの姿が浮かんだから。そう、この歌は20年後の健康食品CMを睨んで作られたのだ。
 70台になった我々も今日のように集まり、走り回る孫たちを眺めながら、どの健康食品が効くか、新しい成分はいかに優れているか・・・どうでも良い話を延々と続けているのだろうか?

| | コメント (2)

2013年12月29日 (日)

単独試運転完了

1229 今日は基本的に明日の餅つきの準備をしていた。やることは機材を出してきて洗って配置する事が大半だけど、一部で面倒な作業も。
 その一つが竈の補修と試運転。餅つき用の竈は屋外に設置していて屋根が無い。だからタケノコの季節に使ってからは風雨に曝されっぱなし。表面や隙間を覆っている土が流れてしまう。
 その部分に新しい粘土質の土を塗り込んで補修するのが今日の仕事。今日は漆喰を練った残りが有ったので、それを適当に上から塗りたくってみた。凄く汚らしくなって失敗。
 やるなら全部を塗るべきだ。でも餅つきが終わったらやる気が失せるので、次に使うタケノコの時までにはやっておきたい。
 もう一つ予定外の作業が有った。それは石臼を載せている台の補修。息子達が運んでいたところ、台を組み合わせていた「ほぞ」の部分に打ってあった木のピンが剪断で切れてしまった。太めのポンチで叩き出して、折れた鍬の柄からピンを削りだして打ち直した。
 写真は補修した竈の単独試運転中の画像。特に異常なく燃えることが確認できたし、火室の下にはうっすらと灰が溜まったので終了とした。

****************************************************************
 明日の連絡とビッグニュースを一つ。明日の30日は例年通りに餅つきを行います。雨天決行です。08:30頃からグダグダと準備を始めて09:30か10:00頃から搗き初めの予定。
 駐車場は早く来た人から出来るだけ家の上まで上げて止めてください。あとは家の前の坂の下の空き地と、裏の坂の途中。裏の坂は急なのでギヤを入れて歯止めを忘れずに。
 そしてビッグニュースですが、中村家の二人がそれぞれ配偶者を連れて2+2=4名で来ます。中村夫人は家でお留守番です。正月は例年通りに2日との事。
 以上でした。

 さらに追加情報を。伊東家から牡蠣の差し入れが有るそうです。数年前に「牡蠣牡蠣詐欺」を働いた、あの伊東家なので信憑性は??ですが、一応期待して待ってみようと思います。

| | コメント (5)

2013年12月28日 (土)

ホイールだけ来た

1228 三男のMINIに使うホイールが来た。オークションで買ったヤツで4本が3,000円だった。送料がかかるけど全部でも6,000円程度。小径ホイールは安くて素晴らしい。
 一応、三男が金を出した彼の持ち物なので開けてないけど、写真では純正の8本スポークだった。オジサン達には初代シビックのワタナベみたいなヤツと言ったらイメージが湧くかも?
 でもスタッドレスタイヤが来ない。本当ならクリスマスの日に靴下に入って配達されてくる筈だったのに、島根は雪に閉ざされているから来春に成るまで無理かもしれん。
 マジな話タイミングが悪い気がする。履き替えの時期が既に過ぎており、月にウン千万とか豪語していたけど廃棄タイヤは捨ててしまって居るだろうし。。。新品でもいいぞ(笑)。

 草を燃やしたり裏山の竹を燃やしたり、今日は1日中環境破壊をやり続けた。二酸化炭素に対しては成長過程で吸収した物を開放しただけと言う屁理屈も有るけど、PM2.5に関しては中国以上に大気中に放出した事になる。
 ごめんなさいという気持ちと、車の排気ガスにまみれて暮らしている人間にアーダコーダ言われたく無いわ、と言う気持ちが半々くらい。
 もっと切実な現実問題としては、あれだけの量をゴミ袋に入れて出すことなんか不可能だし、回収しろと言われた自治体も困ってしまうだろう。
 近所の人も警察も消防署も役場も、誰も文句は言わないし言えない環境だけど、出来るだけ完全燃焼させるから見逃してね、と言うのが現時点での最大限の妥協点。

| | コメント (5)

2013年12月27日 (金)

下の段は終わった

1227 今日まで仕事の予定だけど、明るいうちに家の廻りの作業をして夜に仕事をするように数時間だけシフトした。そのおかげで?下の段の草刈と生垣の剪定までは終わった。
 写真は翌日の昼間に撮影したけど、向かって左側の方とかは暗くなってから良く解らん状態での作業に成ってしまった。
 あとは家の裏の方が残っている。明日と明後日は家の廻りの作業をするつもりなので、もう少しスムーズに進む物と期待したい。
 この手の作業をやっていて思うのだけど、自然に生えてくる草を刈って、自然に生えてくる竹を切って・・・。何のためにやっているのか解らない行為を毎年繰り返している訳だ。
 やらなければ家の廻りが草ぼうぼうに成って歩くことすらままならなく成るけど、その方が自然だろう?と言われたらその通りのような気もする。そもそも自然破壊じゃ無いのか?と言う基本的な疑問も有る。
 とかなんとか、やりたくないから色々とやらない理由を見つけながら作業をするわけだ(笑)。

 暗くなるまでやって疲れたのでトレーニングは無し。カロリー的にはプラマイゼロくらいでは無かろうか、と思う。
 夜になって次男から連絡が有った、今から新幹線に乗るから赤間まで迎えに来てくれと。今年は帰らないと言っていた筈なのに訳が解らんヤツだ。彼女に振られたか?
 MINIで迎えに行こうか?と思ったけど任意保険が28日の0時から有効でギリギリ早すぎる。仕方なく白骨号で赤間まで迎えに行ってきた。

| | コメント (3)

2013年12月26日 (木)

作業が終わらん

1226 日暮れが早いので、予告通りに昼間に2時間ほど家の作業をして、夜中に半田付をしてみた。でも家の廻りのやりたい範囲が膨大で、全然やった感じがしない。
 入口の坂道横の生垣だけは何とか終わった。そしてその横に繋がる下の土地をぐるっと回る生垣も1/3ほど終わった。明日は残りの生垣と草刈。
 あとは家の廻りと家に近い裏山の周辺くらいまでは整理したいけど、仕事も有るし天気も不安定なので全部終えることは出来ないだろうと思う。
 写真の坂道、実際の幅はあるのだけど両側の圧迫感が有るみたいで苦手な人が多い。ミスミの営業の人とか脱輪させてしまってこちらが恐縮したくらい。今は少しだけ広く成ったので、三男がMINIを当てる確率も少しだけ下がったかも。

 予想通りに天気が良くないので夜はプールに行ってきた。いつもの様にドリルをして後半はまとめ的な意味でスイム。基本的に人が少なめではあったけど一人では無かった。
 私のコースに居たのは年配のオッサンというかお爺ちゃんに近い人。途中で止まって「遅いですから抜いてください」と言ってきた。泳ぎも洗練されているとは思えなかったので追いついたら抜こうと思って泳いだ。ところが、この人はかなり速かった。と言うか私が遅いわけだが(笑)。
 真反対の位置から爺ちゃんに合わせてゆっくり泳ぎ始めた。最初はこっちが体一つくらいリードしたけど、直ぐに向こうが追いついてきた。それでこっちもペースを上げてイーブンに持ってきて位置を守った。
 お互いの位置を真反対にキープしながら泳いでいたのだけど、徐々にきつくなってきた。持久力の問題じゃ無くて明らかにペースが上がっている。横を泳いでいた床屋のオバチャンよりも明らかに速いし。
 私が出る予定時刻の5分位前に成って、爺ちゃんのスピードが明らかに上がった。50mで2秒ずつくらいリードしていく。こりゃヤバイと思ってこっちもスピードを上げたけどキツイ。早く予定時刻に成ってくれと思いながらも、リードされ始めたから止めた様に見えたら格好悪いなあ。。。とか思って泳いだ。
 あと50mで終わりと言うところで3mくらいリードされていた。向こうの方が相当速いわ、と打ちひしがれて最後の1本を泳いだら、爺ちゃんはキック練習に切り換えていた。向こうも60の所で終わりにする予定だったみたい。
 帰りの車で、なんか悔しい様な悲しいような何とも言えない気持ちに成った。

スイム 3.0km

| | コメント (3)

2013年12月25日 (水)

クリスマス

1225 今日はクリスマス。10年以上ぶりに息子にプレゼントをあげた。ヘインズから出ているMINIのサービスマニュアル。
 MINIの購入が決まったときに、今後の整備で必要になるだろうと自分用に買っていた本。自分の本棚に入れてめくっていたのだけど、丁度よいタイミングなのでプレゼントだと言って渡しておいた。
 息子達は高校時代からバイクを弄っている人ではないので、マニュアルが有っても直ぐに何かが出来る訳じゃない。最初の頃はほぼ100%私の資料に成ると思う。
 MINIは日本でも人気が有るからか日本語版も出ていた。でも英語版にした。英語版の方が安いのが大きな理由だけど、翻訳時の誤訳やニュアンスの違いを避けたい気持ちが少し有ったから。
 それとは別に英語版を使えば英語に接する機会を増やす事にも繋がるわけで、これは私にとっても三男に取っても悪い方向では無いと思う。
 英語が出来れば全てが上手く行くとか、ネイティブ並みに使いこなせないとこれからの時代は駄目だとかは思わない。でもマニュアルの簡単な文章を読むとか、海外通販で物を買うとか、外人のオネエチャンに挨拶するとか、そう言うレベルの事が出来ないのは駄目だ。生き方の可能性を著しく狭めてしまう。
 でも息子達がオッサンに成った頃、「ヒュンダイスポーツのマニュアル、ハングルで訳わからんわ」とか、「中国語が使えるからハイアールの部品が買えて良いねえ」とか、そんな世界に成っているかも・・・その時はハングルと中国語を勉強すれば良いだけか。

 そろそろ家の廻りの整備もやっておこうと思い、少し早めに16:00頃に仕事を切り上げて生垣の剪定を始めた。今年は高さ方向も切ろうと思って切り始めたら凄く大変な作業だった。
 小さな杉みたいなのが植えてあって、横を切るだけなら剪定ばさみでも良いのだけど縦を15cmくらい切ろうとしたら鋸が要る。あまりに面倒なのでチェンソーで切った。胸元で安定しない物を切るわけで、かなり危ない作業に感じる。
 直ぐに暗くなって捗らないので、明日以降は明るい時間に作業をして暗くなってから仕事をしようと思う。土日が無かったり色々あるけど逆が出来るのも零細社長の特権だ(笑)。

 暗くなって作業が出来なくなったので走った。本当は昨日行けなかったプールの予定だったけど、明日以降の天気が悪いみたいなので雨の降っていない時に走っておこうと思って。西中往復の短いコース。

ラン 8km

| | コメント (10)

2013年12月24日 (火)

11/16のクロスレンチ

1224 昨日はストレートでインチサイズの駒を買ったけど、ホイールナット用の11/16だけは2個買っておいた。そのうちの1個がこうなった。
 クロスレンチ本体は今まで使っていた物。シャレードの時に馬場山の「とみやま」で買ったような気がするけど、CR-Xの時に南松本のビッグバーンの前身の店で買ったような気もする。まあどうでも良いけどそれを改造した。
 オリジナルのサイズは14-17-19-21だったけど、14を使うホイールに出会った事が無いので14を切断。そして軸を四角形に削ってソケットの駒を差し込み、ぐるっと隅肉で溶接し、銀のスプレーを塗ったら出来上がり。
 早速使ってみたら普通に使えた。でもMINIのホイールナットは変な構造に成っている。普通のナットの外側に化粧カバーがかけてある。10トン車の運転手は時々後付でやっている人が居るけど、これはどう見てもメーカ純正。
 さらに面倒なのは1個だけ盗難防止の特殊ナットに成っている事。車載工具の筒型の特殊工具を使ってカバーを外し、さらに車載の特殊工具を上に被せて11/16に変換して初めて回すことが出来る。

 今日は少しだけゆったりと仕事をした。午後からはモータ屋さんの営業が来たのでいつもの様に仕事じゃ無いどうでも良い話をした。
 定時になったので準備をしてプールへ行った。火曜日なので武友組が来ているだろうなあ。。。と思いながら。そしたら駐車場に車が無くてガラッガラ。ラッキーと思って入ろうとしたらチェーンが張ってあった。
 この段階でやっと解った。今日は火曜日だけど祭日あけなので月曜日扱いで休みだと。こんな事ならエアロバイクでも漕いでいれば良かったと文句を言いながら家に帰った。でも既にやる気が無くなっていたので何もしなかった。

 今日はクリスマスイブ。子供が減ったのに何故かケーキが2個に成ってしまった。どうしようかと悩んで電話をしたら、エイミーの家が買ってないと言うので無理矢理1個を押しつける事にした。
 あそこは子供が誰も居なくなって夫婦だけ。1個ずつ分けるのは面白くないので、2個を半分に切って交互に組み合わせてから持っていった。夫婦でこれを食べるのはきつかろう(笑)。
 私も夕食の後で2種類食べた。

| | コメント (4)

2013年12月23日 (月)

アレック・イシゴニスへ愛を込めて

1223 今日までに発送しておきたい物が有って、ずっとではないけど週末はその作業をしていた。そしてそれがなんとか終わったので、夕方から千早のストレートに行ってインチサイズのソケットを10個くらい見繕って買ってきた。これで最低限の整備は出来る予定。

 中央に有るのは二玄社の「THE MINI STORY」の初版本。私が若い頃に買って読んでいた本で、何となく捨てずに持ち続けていた。そして今、三男がMINIを買った訳で不思議な縁を感じる。
 何となくMINIという車に興味を持って本を買ったのだと思うけど、読んだ後はアレック・イシゴニスという人物に強烈な興味を持つように成ったのを覚えている。
 フェルディナンド・ポルシェも凄いけど、理詰めで別の世界の人のような気がする。コリン・チャップマンも凄いけど、設計者と言うよりも天才的なアイデアマンじゃなかろうか。
 その点アレック・イシゴニスのパッケージング能力とか妥協のポイントとか、これこそが真の設計者の姿じゃ無いのか?と感じていた。と言うか彼のことが好きだったのだ。
 そうやって彼の姿に憧れた私は、マイレッジマラソンの車を作ったりソーラーボートを作ったりして彼の真似事をし、設計の仕事をするように成ってからは好んでフリーハンドの検討図を書いた。
 事務所に居るときはフリーハンドで出図する訳にも行かず、渋々?ドラフターやCADの図面を出図したけれど、ひとたび現地工事に出掛けたら、不具合対策の検討図から部品図まで全部フリーハンドで書いて指示を出した。
 その頃はそこまで意識していなかったけど、今にして思えばレオナルドダビンチとかアレック・イシゴニスの構想図に憧れていた様な気がする。

 ここまで書いて思ったのだけど、私がフェルディナンド・ポルシェで930。三男がアレック・イシゴニスでMINI。そうなると長男と次男が買うべき車は??
 長男がヘンリー・フォードで次男がコリン・チャップマンに成ってしまうのだろうか。こうなると価格的な面で車種の選定が難しい。T型フォードと初代エリートでは山を売っても買えそうに無いので(笑)、ボロボロのマスタングと怪しいエランかエスプリくらいなら何とか成るんじゃ無かろうか。
 あっ、駄目だ。伊東君が来年エリーゼ買うんだからチャップマンと違う人にしないといけない。。。本田宗一郎でS800くらいにしておこう。

 

年内に最低限出すべき荷物が終わったので気持ちが楽になった。ストレートから帰ってきたのは遅かったけど、気分が楽で自由だったので軽く走った。
 西中往復の8kmコース。気楽に走って帰ってきたので辛くない。これからカロリー過多の期間に突入するので、少しでもカロリーを消費しておかねば成らない。

ラン 8km

| | コメント (3)

2013年12月22日 (日)

モンテカルロ仕様

12221 久し振りに雨が上がったので、白骨号のタイヤを冬タイヤに交換した。これで原田知世とスキーに行くことに成っても大丈夫だ。
 前にも書いたけどホイールはポルシェ関係者が「クッキーカッター」と呼ぶタイプで、サイズは前が6Jx15で後が7Jx15。タイプは違うけどサイズは85年カレラの標準ホイールと同じ。
 タイヤは越前会長が持ってきて組み替えまでやってくれた中古品。前がブリヂストンで後がヨコハマと違うけど、サイズは前後とも205/65R15で同じ。
12222  ポルシェにとって一般的じゃないサイズの挙動が不安だったので、交換後は直ぐ試運転に行った。チュリニ峠ならぬ赤木峠から見坂峠を経由するコースへ。
 霧雨が上がって直ぐなので、路面は嫌らしい感じに濡れている所と乾いた所が点在している感じ。怖々運転してみたけど意外な感じに驚いた。
 夏タイヤから冬タイヤに交換した場合、多かれ少なかれグニャグニャ感みたいな物を感じていたけどそれがほとんど無い。注意深く感じてみると舵角が少し多めに必要かな?と感じるくらい。
 良く解らんけど悪い感じでは無いのでこのまま行こう。ただ限界は明らかに低くなっていると思うので、その点だけは注意して運転しないといけない。

 2枚目の写真は新たに装着したホイールキャップ。クッキーカッターの方にはキャップが付いてなかったので新たに買った。外し品が安かったので何も考えずに買ったのだけど、現行用みたいで内部の固定爪の寸法が違っていた。
 何かスペーサでも作ろうかと考えたけど、面倒だったので接着してしまうことにした。接着してしまうと普通のホイールバランサには乗らなく成ってしまうけど、試運転で80km/hくらいまで出しても違和感は無かったのでバランスは無しでOKとした。

 久し振りに天気が良かったので、残っていた仕事の補修塗装をやっていた。そしてその合間に家の廻りの整理とか草刈とかの作業をやった。夜も真っ暗に成るまで枯れた竹を燃やしていたのでトレーニングは無し。運動量は足りているから良かろうと思う。

| | コメント (4)

2013年12月21日 (土)

福島安正

1221 国防のことに関して一家言有るわけでもなく、日本の情報管理を憂いている訳でもなく、自衛隊や防衛庁に入らなかったことを後悔している訳でもない。でも福島安正の本を買ってしまった。
 この人のことが我が家ではプチブームに成っていて、日本史とか興味は無いけど人物像には興味が有ったので調べてみた。すると本が数冊出ていたことが解り、その中の1冊はアマゾンで250円だったので気軽に注文してみた訳。
 この本自体は何となく読みにくくて全部読んでないけれど、福島安正さんが有能で、思いっきりが良くて、どんな時代に生きて何をしたとしても、それなりに結果を出す人だったんだろうな、と言うのは伝わってくる。
 いや、それだけ。車ネタが続いたので違うことを書いてみた。

 昼はスイミング。今年最後のレッスンに行ってきた。今は元気のよい中学生は居ないし、長濱は諸般の事情で来られない。だから廻りは爺ちゃん婆ちゃんばかりで競うような相手が居ないのが残念だけど、毎回得る物は有るので来年も行く事に成りそう。
 今日は平泳ぎとクロールのドリル。手を掻く軌跡を確認するのか修正するのか、その手のドリルをやらされた。これは自分一人でやっても確認できるので、今後はやってみようと思う。
 平泳ぎのキックでプルブイを鋏んでやるのが難しい。これは何回やらされてもスカスカで進まない。特に2回連続キックとか言われたら駄目だ。
 先生とシャワーを浴びながら、酒井志穂チャンの事とか上田春佳の事とか話した。上田春佳はファンだっただけに残念だ。結婚して子供産んで戻ってくるのもカッコイイかも。

スイム 1.5km

| | コメント (2)

2013年12月20日 (金)

カエルの子はMINI

1220 白骨号に子供が出来た。ちっちゃいけど大英帝国製で貴族やビートルズまで乗ったらしい。購入したのは我が家で一番自由な金を持っている?三男。今日はこれに決めた経緯でも書いてみようかと。

 三男が車を買おうか、と言う時期に成った。挨拶に来たマツダのセールスに10万のロードスターを持ってきてくれと頼んだけど、何時まで経っても持ってこない。
 仕方ないので一緒に中古車サイトやオークションを見たりしていた。本人は早い段階で「MINIがいいかも」「新車ならアクア」と言っていたけど、私は19万のロードスターとか、64万のカマロとか、そう言うのばかり勧めていた。
 で、そろそろ免許が取れる時期に成ってしまい、真面目に探してピックアップしたのが次の数点。22万km走った32万のMINI、何となく怪しい17万のアルファスパイダー、5万の田舎に良く有る軽、12万の田舎の若者が買いそうなターボ付き軽、等々。
 アルファは左ハンドルだから本人から強固に否定された。残るは軽が数台とMINI。三男が悩んでいたので「お母さんにも聞いてみろ」とアドバイス。そこで嫁さんが登場してきた。
 MINIに対しては「カワイイし悪く無いんじゃない」と。その他の軽に対しては「私は要らない」と一言。これで全てが決まった。悩んでいる時に脳天気に感情だけで喋る彼女の意見は貴重だ(笑)。

 場所は山口、見に行った方が良いけど金額的にそこまでするか?と言う距離。22万kmにも引っかかるけど、22万km動いたなら直ぐには止まらないだろうと言う気持ちも有る。そして何より背景を含めた写真にビビッと来たので、私自身も納得して入札した。22万kmに怖じ気づいて?誰も入札せず、MINIは簡単に私(三男)の物に。
 簡単なスペックは、2000年式で旧ミニクーパーとしては最終型、1300ccのインジェクションなのでエンジンルームはキチキチで整備性が悪そう、本革シートなどの豪華装備がクーパーの名前に対して違和感。
 現物を見た感じだけど、距離が信じられないくらい内装の程度が良い。これが真の22万kmなら中古車屋の8万kmとかどれだけ走っているわけ?と言う感じ。乗ってみると「ウッホー、これおもしれー」と叫びたくなった。
 昨日は無事に家までたどり着いて、途中で止まらなかった事に家族全員が大喜びした。ポルシェの車検が取れたときもそうだった。自分の事でもあるのだけど、オマエらもっと普通に車が買えないのか?と呆れてしまう(笑)。

 仕事で小さい部品の補修的な塗装が有って、天気が悪いのでなかなか乾燥せずに能率が悪い。まあ仕方ない。ボチボチやろう。
 トレーニングも同じようにボチボチと。西中往復の短いコースを行って帰ってきた。距離が8kmと短いので体の負担が軽くて良い。今の年齢ならやり過ぎるよりもやり足りない方が良さそうな気がする。いやマジで。

ラン 8km

| | コメント (12)

2013年12月19日 (木)

出張

12191 今日は頼まれ事があって、朝一番から列車に乗って出張に出掛けた。最終的な話は追々書いていくとして、今日の所は出張その物に関してだけ簡単に。
 写真は2回目の乗り換えの時、駅の連絡通路から見えた面白そうな店。中古車屋なのか、整備工場なのか、チューニングショップなのか、良く解らんけど興味津々。

12192  そこから先はこんな感じの単線に揺られて更に山奥に向かった。中国の紀行番組じゃなくて、日本の日常にこんな景色が残っている事に驚く。
 車両は当然ディーゼル車。1両だけでサイズは路線バスと変わらない感じ。変速機は3速の様な感じだけど、もしかしたら4速とか5速まで有るけど使ってないだけかもしれない。

12193  それでも最高速は58km/hくらい出ていた訳で、遅いなあと思っていたけど速度計見てから少し怖くなったりして。
 こんな感じの駅で降りて後は歩く。3.5kmほど歩いたところで目的地に到着した。そこで簡単な話をして帰るだけ。

 帰り道はこんな感じで淡々と時間だけが過ぎる。こんな時は例によって色々な妄想が頭の中を駆けめぐる。今日は大学中退直後の竹内まりやになってみた。

12194_2 授業終わると走り出る、校舎の横の parking
猫背で乗り込むあなたの背中、一人見つめる私が居た
錆びたマフラー揺らしながら、走り去る赤レンガ通り
誰が座るの your passenger seat、私にもチャンスは有る
かじかむ手で編む argyle sweater
急がなきゃ間に合わない Christmas

小雨降る火曜の朝、横を走り去る緑の車
いつもの場所に止まるまで、じっと目で追う私が居た
あなたの傘に潜り込む人は誰、握りしめる dictionary
サイドシルの錆びた穴、一人眺めてたら涙が落ちた
   ・
この辺りまで考えたら到着した。

| | コメント (9)

2013年12月18日 (水)

2014年はT-1B

1218 例年通りFHIのカレンダーが郵送されてきた。米田君ありがとう!。毎年書くけど、こっちから何もしてあげることが無くて申し訳ない。
 送ってきたときは丸い筒状になっていて、ほどいて平らにのばす過程で「来年はセイバーか・・・」と思っていた。でも良く見たらT-1Bだった。
 これってスバル1000を見て「初代カローラですね!」と言うくらい失礼な事だ(笑)。重ねて申し訳ない。
 私は詳しくないけれど、芦屋で岡崎君が乗っていたのはこれだろうか?確かジェットの過程まで進んでエリミネートされて輸送機に進んだ様な話だったはず。

 私と米田君は左京区の若王子に下宿していた。私の方が上の方で若王子神社に近く、彼はもう少し下の方。大学の偏差値は彼の方がだいぶ上の方だったけど(笑)。
 そして若王子神社のさらに上の方、山道を少し登ったあたりに大河ドラマでやっている新島襄の墓が有る。嫁さんの墓までは当時は気がつかなかったけど、横にあるらしい。
 今は人が多くてそんなことは出来ないと思うけど、私はその墓の前で走り幅跳びの練習をしていた。下宿の近くで下が土の場所は哲学の道とここ位しか無く、哲学の道は人が多すぎたので消去法的にここに成った。
 何故そんなことをしていたかと言うと、体育会登録というのをしていたから。これをしておくと体育の授業に出なくて良い。その代わりに年に1回だけ体力測定があり、一定の水準以上を出さないと単位が貰えない仕組みだったから。
 1500m走とか綱登りとかは得意だったけど、瞬発系は駄目で特に走り幅跳びがやばかった。だから体力測定の前に成ると新島先生の墓の前に行き、一人で幅跳びの練習に励んだ。

 何とか今日中に出したい荷物が有ったのでギリギリまで仕事をしていた。その為に出るのが遅くなって今日は1時間券のプール。
 アップの後はドリルを4本、スイムを4本の繰り返しで1時間泳いで帰ってきた。

スイム 1.0km

| | コメント (0)

2013年12月17日 (火)

冬は0Wだなあ

1217 白骨号を買ってから5500kmくらい乗った。そしてMonotaROの5W-30に交換してから5000kmくらい過ぎた。その間というかその後の今の段階で感じていることなど。
 最近は気温が下がったのとエンジンの調子が落ち着いてきた事も有って、油温が低めに推移している。特に外気温が10度を下回った時の始動直後なんかは、3kmくらい走るまでは2000rpm以下でも油圧が4.5barあたりに張り付いたままに成る。
 これは内部動作的にはポンプ直後のリリーフバルブがブーッと吹きっぱなしに成っていて、過剰な圧力をオイルパンに戻して居る状態を示す。当然のことながら末端まで行く油量は減少する。
 何故そんな事が起こるかというと、粘度が高すぎて想定した油量を末端まで送り込むにはポンプ側の圧力が過大に成ってしまうから。ここだけを見れば低温側を今の5Wから0Wに変更するのが良い事は明白。
 高温側は温度が定常状態になった時の温度で判断しないといけない。前にも書いたように今の使い方はグッデイに行ったり、ナフコに行ったり、プールに行ったりが大半を占めている。この様な時は行って帰った段階で、ようやく油温が85度に到達する位。
 と言うことは使用ゾーンの大半を、かなりドロドロした状態で過ごして居るわけ。やっぱり下は5Wよりも0Wの方が、フリクションロスの面からもオイルの循環の問題からも好ましい。
 そして今回の大阪行きで冬期の連続走行時の油温が検証できた。目分量で読んでいるからはっきりしないけど、80℃~85℃の間辺りで落ち着いている。130km/hくらい出しても全然油温は上がらない。大阪の渋滞でも88℃くらいまでしか上がらなかった。
 と言うことで、今の使用状況では上も30で全く問題ないだろうと言うのが、今の私の使用状況を基準にしたオイル粘度に関する考察。

 次に使うのは0W-30あたりが面白そうだ。と言うか今よりも良い方向に行くと思う。安物のMonotaROには0W-30は無かったと思うので、何処か他のメーカから探す必要が有る。
 モービル1なら0W-40がポルシェの空冷用認定オイルに成っている。これを入れておけば谷田部で最高速アタックをしても、峠道で全開を続けようが問題は無い。それならそれより一つ柔らかい0W-30を、油温が上がらないぬるい走り方をするユーザーが使うのは理に適っている。
 でも問題は価格で、20Lで20,000円くらいしてしまう。必要な物にコストをかけるのはやぶさかでは無いけれど、これにMonotaROオイルの4倍近い価値が有るのだろうか?と言うのが今の気持ち。

 腹の廻りがだぶついている感があるので、今日も軽くランニングをしてきた。雨が降るからプールに行こうと思っていたけどギリギリで降られない感じだったのも有る。
 でも予想は軽く外れてしまい、3kmあたりから軽く濡れ始めてしまった。無理してはいけないのだけど、少しだけ頑張って4km地点まで行き、往復して8km走って帰宅した。

ラン 8km

| | コメント (5)

2013年12月16日 (月)

ガソリン? or 電気?

1216 昨日の大阪からの帰り道、佐波川だったかSAの中に設置して立った電気自動車用の充電スタンド。
 妙なところに車が止まっているので見ていると、リーフがスルスルと発進していった。後にはこんな景色を残して。
 気になったのは料金のこと。黄色のボックスの何処にも料金の事が書いてない。もしかして今は只なんだろうか?それとも実際に稼働させたら液晶画面に金額が出るとか?。でもお金を入れる口も無かったけど。

 昨日は疲れていたので帰宅後にガソリンを入れたりしなかった。でも高速道路単独のデータに興味が有ったので、まだ残っていたけど今日の昼間にいつものJAスタンドまでガソリンを入れに行ってきた。
 53.87L入った。走行距離は611.1kmなので帰路の燃費は11.34km/Lと成る。守口のあたりのスタンドで満タンにして、吹田まで下道を通り、吹田から若宮ICまで高速を走った。
 100km/h~110km/hを目標に走ったけど、妙な流れに掴まった後とかは130km/hくらいまで出したりした事も有った。あとは前日と同じように強い北西季節風を受けていたので、帰りに関してはこの風がマイナスに働いたと思われる。
 この速度域で11km/h台が出るとなるとランティスと大差ない感じになってしまう。ランティスの2000ccがイマイチなのか、ポルシェの3200ccが良くできているのか?。
 その前に乗っていたCR-XのSiは130km/h巡航で13km/hは走っていたので、それには届かないけれどポルシェも良くできている。当時のカタログに「ポルシェ911カレラは、一段ととパワフルで燃費性が優れていることを主眼に開発されました」と書かれているだけの事はある。

 ここで距離計の誤差について計算してみた。プロアトラスで昨日のコースを測定すると586kmと出る。それに対して距離計の表示は611.1kmなので4.3%過大表示という事に成る。
 CGのフルテストでは、84年式のカレラに215/60VR15を履いた状態で4.1%過大表示と成っていたので、プロアトラスの精度は解らないけど4%くらい過大表示の癖が有るのかも知れない。
 と言うことで往復のデータを4%補正してみると、行きの燃費が10.05km/Lで、帰りの燃費が10.90km/Lと成る。JAスタンドと守口のスタンドでオートストップの精度が違っている可能性が有るので、往復の差に関しては精度が悪いかもしれない。
 行く前と帰ってからは同じJAスタンドの同じ給油機で入れているので、オートストップの精度は近いと思われる。この間の総合燃費は1270.9kmを116.98Lなので10.86km/Lと成る。これを4%補正すると10.45km/Lが最終的な今回の大阪往復燃費と成る。
 と言うことで、カーグラが書いているように80km/hで我慢の走りを続けなくても、廻りの流れに乗って走っていても満タンで800kmを走ることは可能だと思われる。

 週末は全く動いていない。それなのに食う方は通常以上に食い続けた。寒いし体全体を運転の疲労感が包んでいたけど、仕事が終わってからは軽く走ることにした。
 体をほぐしたりカロリーのバランスを取るだけなので、軽めに西中往復の8kmを走ってお終い。故障の気配も無いのでこの位の距離が良いかも。

ラン 8km

| | コメント (8)

2013年12月15日 (日)

大阪から福岡へ

12151 大阪行きの計画が始まった段階では、八尾の鉄工所の姉妹を見に行く話も有った。でも具体的に病院の行き帰りなどを積算したら無理だと解ったのでこちらは次回。
 翌日の朝は門真にあるレンコン田を見に行った。ここは嫁さんのお兄さんがやっている。脱サラしてレンコン農家を始めたわけで、やっぱりこの人も変な人だと思う。
 行ってみて驚いたけどシュールな景観だ。写真の背景は第二京阪とバイパス。背景側には少し離れて団地が有る。こんな場所が残って居る事に驚く。
 この後は老人ホームに移動した。途中で道を間違えたりしたけど何とかリカバリー出来た。
12152
 昼頃まで色々話したりして過ごし、一緒に行った妹とも別れて我が家は福岡に向けて出発した。
 行きは前半が100km/h~110km/h、後半が120km/h~130km/hの速度ゾーンで走った。帰りは燃費の変化を見たかったのと疲れを考慮して100km/h~110km/hを維持することにした。
 この速度域は意外と走りにくくて、変な車と絡む事が多い。いっそ90km/hとか120km/hを維持した方が楽に走れる気がした。
 嫁さんが宮島SAに寄ってみたいというので寄ってみた。広島時代は五日市に住んでいたので、丁度このSAの前は通らない訳だ。初めてと言っていた。日暮れ時で大鳥居は双眼鏡でギリギリ確認できた。

12153  日頃の行いが良いので帰りも何事も起こらず、割りと早い時間に帰り着いた。私たちの晩飯は佐波川で食べた。
 帰り着いたら知らない軽が止まっていて、家に入ったら女の子が居た。三男の晩飯を持ってきてくれたらしい。私は佐波川で牛丼の並を食っただけというのに、えらく待遇が違うじゃないか(笑)。
 次男に比べたら三男の組合せの方が続くかもしれない。いや、若い頃は色々と心が動くからどっちも解らん。
 取りあえず大事なことは、ビビッと来たらそのまま突っ走ってしまうことだ。考えすぎると直ぐに30歳、40歳に成ってしまう。悩んでいる期間を時間は待ってくれない。
 これはグライダーの着陸に似ている。悩ましい判断が有った場合、それは今の自分にとって期待値が等しいと言うこと。別の言い方をすれば判断する能力が無いと言うこと。それなら直ぐにどちらかに着手した方が良い。最悪なのは悩んで高度(時間)が無くなることだ。
 そう言ったことは、手遅れになってから解るんだけどね(笑)。

| | コメント (0)

2013年12月14日 (土)

白骨号で大阪へ

12141 ちょっと前の話になるけど、嫁さんの父親が脳梗塞で倒れた。場所がイギリスだったので大騒ぎになったけど、最悪の事態には成らず、帰国の手間や費用も許容できる範囲で処理できたみたい。
 ”みたい”と書いた様に私自身は何か出来る訳でもなく、妙に口出しするのも変な感じがして傍観者で居たから。
 しばらくはイギリスの病院で過ごし、帰国後は国内の病院で過ごし、病院的な処置の期間が過ぎて先日から介護付き老人ホームに移った。リフォームが済んだら家に帰るらしい。
 で、「あなたも一回くらい顔を出したら?」と言われてしまった。解りやすく言うと「直ぐにお見舞いに行かないと、娘婿として最低のランクに確定よ!」と言う意味だ。そこで今回の大阪行きに繋がる。
 未だ暗いうちに福岡をスタート。冬型の気圧配置で天気がよくない。小雨がぱらついて走りにくいし、中国道は数カ所が冬用タイヤ規制中。片道600kmは白骨号に取っても初めての経験だし、私自身もこの車をこんなに長い時間運転した事は無い。
 そんな雰囲気でスタートしたけど、日頃の行いが良いので嘘のようにトラブルは発生せず、小気味よい排気音と共にスムーズに600kmの行程を走り終えた。摂津南で降りてから市内の渋滞では少し苦労したけど。写真は老人ホームの駐車場に止めてホッとした瞬間。

12142  お父さんは右半身が麻痺でリハビリ中。言葉も正常では無いけど何とか発声は出来ている。慣れてきたら面と向かって喋った言葉の8割から9割は聞き取れるように成った。でも電話は無理だと思う。
 病室でしばらく過ごした後、嫁さんとツイン21の喫茶店に移動した。神戸にいる次男が女の子を連れて来ていると言うから。
 半分以上はこれが楽しみで来たような物なので、ワクワクしながら茶店に入ると彼女が居た。「見た瞬間に即決した」と言いたくなるくらい第一印象は良好。
 ちょっとぶっ飛んだ感じが有るけど、私の廻りの女の子達はみんなそんな感じだからこの点に関しては諦めるしか無い(笑)。
 ただ一つだけ問題が有って筋肉量が少なすぎる。モデルさんをするなら今のままでも良いけど、一つの動物として生きて行くにはひ弱すぎる。「もし次に会う機会が有れば55kgまで体重を増やしておきなさい」と話した。
 変なオヤジから変なことばかり言われて、何となく次に会う事は無いような気がする。息子よゴメン、でも筋肉は大事だ。ハハハ。

 アトランタに居る嫁さんの妹も合流したので、3人で交野の実家まで移動した。暗くなった大阪市内を、田舎者が筑豊ナンバーのポルシェで走るのはキツかった。でも何とか無事故で到着。
 翌日にガソリンを入れて計算したデータでは、63.11Lで659.8kmを走っていた。トータルで10.45km/Lの燃費になる。高速は100km/hから130km/hくらいで走った。摂津南から京橋、京橋から交野、翌日の交野から京橋、京橋から大日、この辺りは全部下道で渋滞気味。
 北西の季節風に押された事がプラスに働いたのか、予想以上に良い燃費に驚いている。

| | コメント (4)

2013年12月13日 (金)

勲章が来た

1213 今日の朝、爺さんが役場に行くと言うから何のことかな?と思っていたけど、昼に勲章?を持って帰ってきた。
 ネット基準で行くと極左(笑)の我が家に何故勲章なんか贈るんだろう?と思って調べてみたところ、88歳に成ったら貰えるヤツだと解った。
 良く見ると日付が11月1日に成っている。それがどうして今頃来たんだろうか?連絡を貰っていたけど爺さんが忘れて居たのかも。
 若い頃なら「そげなモンは好かん!」とか「取りに行くくらいなら要らん、貰うて欲しいなら勝手に持ってきてどっかに置いちょけ!」と言いかねない人だったけど、今日は嬉しそうだったので良かったのかもしれない。
 借金が沢山あって子供が少ない国なんだから、こんな事せずに子供達にお金を使うべきだと思うのだけど、経済力にしても投票数にしても、年寄りの方が力を持っているのだから仕方ない。

 明日と明後日は嫁さんの実家に行くことに成っている、白骨号で早朝に家を出て。無常の風に吹かれずに帰ってこられるか、こうご期待と言ったところ。

| | コメント (2)

2013年12月12日 (木)

ガススプリング

12121 寒くなってきて白骨号のボンネットが上がらなくなった。夏の間はギリギリ上がっていたのだけど、気温が15度を下回ったあたりで重力に負ける。
 純正品は高そうだし、市場に出回っている互換品でも2本で5,000円~10,000円くらいする。海外の通販だともう少し安いけど、これだけ買うと送料がバカらしい。
 と言うことでドリドリ君の試作で買い集めたガススプリングを引っぱり出して、それっぽいのを探してみた。同じのが2本は無かったので結局買ったけど、今付いているヤツより長さで15mm位短いのが準備できた。
12122  ピン径が6mmだけど新しいガススプリングの穴径は8mm。ブシュをPOM材から削りだそうと思ったけど、時間が無かったので8x6のアルミパイプを切ってスペーサを作った。
 1個だけ仮付けして試験していたので反力はピッタリ。長さが短いので開口部の寸法は少なくなっている筈だけど、言われなければ解らない位の開口は得られたのでOKとした。
 ゼロから買えば2本で4,000円くらいなので、少しは安いけど無理してこれを買うほどの物じゃ無いと思う。ただこっちの方が直径がでかくてガスの量も多そうなので、多少は長持ちするかな?との期待感は有る。

 土曜日は用があってスイミングに行けないので、いつもは行かない木曜日のコースに入ってみた。こっちは人が多いのと土曜日以上にぬるいことが多いけど仕方ない。
 予想通りに緩い練習だった。今日はほぼ全てが平泳ぎのドリル。伸びたときの時間を変えていって、リズムの変化を感じるような内容が多かった。
 木曜のコーチは必ずその泳法に合ったターンをさせる。私はいつもは真面目なターンをしていないのでこの部分が難しい。

スイム 1.0km

| | コメント (2)

2013年12月11日 (水)

LEDの効果なのか?

1211 先日ふと気がついた。風呂場の電球をLEDにしてから虫が1匹も入って居ない事に。
 施工が悪いのか元々の設計思想なのか知らないけれど、この照明には天井裏に数個の穴が有る。そしてその穴から多数の虫が入ってきて下向きドーム状の部分に溜まる。
 明かりの廻りを飛び回る小さな虫だけじゃなくて、たまには蜘蛛とかゴキブリまで入ってくる事が有る。それが今は全く入っていない。2個有るけど2個ともクリーンな状態にある。
 確かに交換したのは10月の初めだけど、今までの例では十分虫が入ってくる時期。実際にそれ以外の炊事場の照明の廻りなんかには虫が沢山寄ってきていた。
 じゃあ何が違うのか?最初は形が違っていて隙間が殺された?と考えたけど白熱電球と大して形は違わず、穴の位置はずっと外側なのでこれは違う。
 もしかして、と思いついたのはLED化による波長の偏り。自転車で夜の峠道とか通ると良く解るけど、LEDだと緑っぽいヤツが見にくい。データ的にも太陽光や白熱電球や蛍光灯に比べて波長が著しく偏っている。これが何か虫の気持ちに影響を及ぼしているとか。
 もう一つ考えたのは電子回路。AC100VでLEDを駆動して居るわけで、何らかの電子回路は絶対に入っている。一部の自動車ユーザーとは違って一般的にLED化は消費電力低減が目的なのだから、或る程度凝ったスイッチング回路とか入っているのでは?と考えた。そしてその周波数とかが虫にとって嫌な周波数とか。
 今のところ想像だけだけど、もしかしたら虫以外の動物や人にも何らかの影響が有るのかも?とか考えてみたりしている。

 寒かったのと昨日走った実績を尊重して(笑)、今日は家の廻りの作業をやってお終いにした。年寄りは無理しちゃいけない。

| | コメント (8)

2013年12月10日 (火)

野蛮な構造だ

1210 こないだお好み焼きをしたときに気がついたのだけど、ホットプレートのコントローラが凄く熱かった。この機器は設計がギリギリみたいで配線も暖かいを通り越して少し熱く成るのだけど、コントローラがここまで熱いのは故障かな?と思っていた。
 嫁さんに片付けずに置いておくように言っておいたのだけど、何時までも私が作業をしないから今度は逆に怒られた。慌てて作業に着手。
 中の電熱線・・・と言うよりも「電熱棒」に接続する電極部分が見事に焼損している。廻りに燃える物が無いから火の手が上がらなかっただけで、綿埃でも有れば十分発火可能な温度に成っていたと思う。
 この部分はこちらに帰ってきてから2回ほど磨いている。ここまで酷くは無かったけど同じように加熱して色が変わっていたから。でも今回は今までで一番酷い感じ。
 最大消費電力が1500Wなら電流は15A流れる事になる。そして接続しているのは上記の電熱棒の末端。自身の発熱で接触抵抗がなくても十分に加熱している場所。確かにキツイ環境ではある。
 簡単に改善する案を思いつかなかったのと、仕事もたまっていたので簡単に片付けてしまった。適当に内面をヤスリで磨いて綺麗にして、焼き鈍しされて根性が無くなったバネを作り替えた。今度は少し太めの0.8mm径のSUSのバネ用線材で。
 ちょっとやりすぎたみたいで最初は挿入に苦労したけど、グリースを塗って何回か抜き差しをしたら許容範囲の上限くらいまで緩くなったのでOKとした。
 直したから晩飯は焼肉にしようと提案したけど却下された。

 ちょっとサボったので今日はランニング。2日ほどサボると腹の廻りが緩くなった気がする。気のせいかもしれないし、動かないからウンコが溜まりがちに成っているのかもしれない。
 今日も猪を避けて若宮方面のコースにした。手が寒いので手袋だけ少し分厚いヤツに交換してた。そのほかは長いタイツに長袖ジャージで今までと変わらない。
 2日ほど休んだからかペースが遅かったからか、最後まで良いイメージで脚が動いた気がする。特に腰回りから太腿の付け根の動きが良かったように思う。

ラン 12km

| | コメント (2)

2013年12月 9日 (月)

キウイとリンゴ三昧

1209 ビニール袋の中に入っているのはキウイとリンゴ。仕事の荷物が入って居る箱の横で、収穫したキウイの追熟中の画像。
 買ったキウイしか知らない人は解らないと思うけど、収穫したままのキウイは追熟する必要が有る。商売の人はエチレンガスを使うらしいけど、うちは素人なのでバナナとかリンゴを入れてしばし待つ。
 今年は一気にリンゴの数を増やしてみた。嫁さんが調べてきた文献によると、最初の数日間だけ数十だったか数百ppmの濃度が有れば良いだけでその後は不要と書いてあったらしい。
 今年はそれを試して見ようと考えていたのだけど、素晴らしいタイミングで松本の暴走族の従姉妹が爺さんの米寿の祝いに一箱送ってくれた。数は確保できたので1袋に5-6個くらい入れてみたのがこの状態。
 今まではどうでも良いリンゴを捨てるつもりで入れっぱなしにしていた。でも短期間で良いのなら傷まないので、将来的に食べる予定のリンゴも惜しみなく入れることが出来ると考えが変わった。
 昨日2個ほど食べたけど悪くない感じ。これで行けるなら来年からはこれで行こうと思う。最初に沢山入れて十分なエチレンガス濃度を確保して、まずリンゴを食べてから追熟が進んだキウイを次に食べれば良い。

 天気予報通りに午後から雨が降り出した。仕事が終わった頃はかなり強く降っていた。プールも休みだし補強運動をやるかエアロバイクを漕ぐくらいしか無い。
 まあ、ボチボチやっていこう。

| | コメント (2)

2013年12月 8日 (日)

井戸ポンプの交換

12081 今日は色々あって慌ただしい1日だった。メインは井戸ポンプの交換作業。本当は自分でやってみたかったけど、時間が無かったのと井戸自体に不安が有ったので業者に頼んだ。
 写真は鉄気と言うよりも粘土質の泥が主成分と思われる不純物がまとわりついたジェット。ジェット方式の井戸ポンプに関しては、興味のある人は調べてみたら良いと思う。凄く単純だけど興味深い仕組みで10m以上の深さの井戸から水をくみ上げている。私も知らなかった。
12082  そしてこちらが新しいポンプで水中ポンプ方式。こっちは興味深い仕組みは何も無くて、単純に井戸の底に水中ポンプが沈めて有るだけ。こちらは真空とか考えなくて良いので、圧さえ有れば10m以上でも問題なく陽水する。
 最近の機械なので三相モータで、地上のボックスの中にはインバータが入っている。そこから3本の線が井戸の中まで延びている。どちらかというと力技の方向かもしれない。
 工事の後は濁り水が出るので、透明に成るまで出しっぱなしにして置いたり、それでも各部に残ったヤツが温水器とかトイレとか洗濯機とか・・・各部のフィルタに詰まるので掃除して回った。かなりくたびれた。
 井戸自体は掃除が必要みたい。でも専用の機械が空いてないので洗浄作業は年明けに成りそう。今日の濁りに関しては数時間の放水で落ち着いた。元をただせば土の中を通ってきた水だから、土の微粒子が混じっていても死にはしない、でも新しい水中ポンプの目詰まりとか摩耗は嫌なのでやって井戸の掃除はやって貰おう。

12083  昼には長男が友達を2名連れて帰ってきた。昨日の夜遅くになって飯も要るとか言うので、嫁さんがぶち切れ気味に成っていた。
 カワイイ女の子を2名連れてきて、どちらを嫁さんにしたら良いか?と相談する気だと期待していたのだけど、良く似た感じのオタクっぽい男子学生が2名来て、3人で自転車を整備して持って帰った。

 夜になって走ろうと思っていたら、京築地方の不良公務員が変な部品を持ってきた。妙なボルトと特殊なナットと変なスペーサ。
 熱帯魚みたいな名前のグライダーの入れ物を壊したみたいで、同じ部品が作れないか?と言う相談。構造すら解らん機械の壊れた部品を目の前に出されても困ってしまうけど、想像力を駆使してそれっぽい構造を頭の中で構築し、少しだけ改善した案を提示したら納得したみたいで”えびせんを”くれた。
 名前は誤表記で中身はブラックタイガーの殻が入っていると思う(笑)。

| | コメント (4)

2013年12月 7日 (土)

リーマボルトなのかな?

12071 燃料ポンプ交換作業の時に気がついた、ステアリングギヤボックスをフロントのサブフレームに固定しているボルトの件。時間が出来たので交換してみた。
 私が持っているマニュアルによると、このボルトはM10x20で締め付けトルクは47Nmと成っている。47Nm締めると成ると4.8のボルトでは心許なく、8.8以上が必要と思われる。
 と言うことで強度区分8.8で耐蝕性を考慮してクロメートのボルトを入手した。マニュアルではM10x20と成っていたけど、現物はM10x45だった。
12072  デブのオネエチャンから買おうと思っていたけど、それより前にグッデイに行ったら有ったのでそっちで買ってしまった。こんな物を置いているとはグッデイ恐るべし。
 交換作業の時に嫌な感じがした。高強度のネジロック剤を使っているようで、外すのにM10の4.8が折れるんじゃ無いかと思うくらいのトルクが必要だった。
 この時点でなんか嫌な予感がしたのだけど、マニュアルの20mmに対して45mmのボルトがなんかおかしい。
12073  穴の中を良く見るとこんな感じに成っている。これでは20mmのボルトでは届かない。でも何のために手前のねじ山が無いのだろう?。
 オリジナルは20mmのボルトだったけど、なめてしまったので奥にネジを切り直して長いボルトを使い、安心のためにネジロック剤を使ったのか?。
 いや、力の方向から考えるとこのボルトには剪断力が加わる訳で、まともな設計者ならリーマボルトにするはず。手前のねじ山の無い部分はリーマボルトの円筒部がきっちり入る部分では無いのか?。
 色々な事を想像したけど決定には至らなかった。と言うことで8.8区分のボルトを使い、それなりのトルクで締め付けて今日の所は完了とした。ただ、バカ穴のガタは摩擦力でしか持ってないわけで、なんか気分がスッキリしないなあ。。。と言う感じ。

 昼前にスイミングに行ってきた。30分位前に着いたのでSKPSのアップの後は100m単位のスイムで距離を稼いだ。今日は前半はバタフライのドリル。そして後半はクロールのドリルとスイムだった。
 バタフライはキックのタイミングを色々やらされた。このクラスはキツサは緩いので余裕が持てる。結果的にドリルの内容を考えながら泳ぐことが出来て悪くない。出来る出来ないは別だけど(笑)。
 後半のスイムは25mを12本で50秒サークル。直前のしっかり水を押す意識を持ちながら、余裕のある人は頑張って泳げと言われた。そのつもりで泳いだら最初から最後まで21秒くらいだった。

 夜は部落の忘年会。去年に続いて焼肉だったので私的には嬉しい。腹がパンパンに成るまで喰えた。アルコールを少しだけ飲んだので、今日の文章は誤字脱字がいつも以上に多いかもしれない。
 部屋から出たら塩川さんが居た。そっちは宮若ランナーズの忘年会らしい。子供や若いお母さんとかも居て、少しだけ羨ましかった。

スイム 2.2km

| | コメント (2)

2013年12月 6日 (金)

0.1sq も無い?

12061 今日はランの予定だったけど、なんか寒くてやる気が出なかったので止めにした。代わりに割り終えた薪を薪棚に納めて、残りは白骨号のブロアの修理をした。
 前にも書いたけど1985年式のカレラにはヒーター系に3個もブロアが付いている。1個はエンジンルームで、残り2個は乗員の足元に有るアディショナルブロアと呼ばれる左右の対。
 そのうちの左側の回転が悪くて専用のヒューズが飛んでしまっていた。これは以前に修理していたのだけど、その時も右に比べたら電流が多いし起動時の回転が渋くて始動できない事が偶に有った。その延長で何れかのタイミングでヒューズが切れてしまった訳。
 分解してみたら軸の回転トルクが若干高め。そしてコンミュテータの溝が埋まっていた。軸は前回も注油したのだけど駄目かもしれない。溝は前回ノーチェックなので今回はきちんとマイカ深さを確保した。
12062  そこまでやって慣らし運転で電源装置に繋いで回していたのだけど、なんか妙な感じがする。でも気のせいだろう(笑)と考えて電圧を上下していたら、みの虫クリップのコードがヘナヘナに成っていた。
 電源をオフにして良く見ると被覆が溶けている。5Aくらいしか流して無いのにおかしいなあ?と思って詳細に確認したらとんでもない代物だった。
 これはナフコだったかグッデイだったか、近所のホームセンターで最近買った物。サイズ的には中型のサイズ。今まで使っていたのが錆びてきたので買い換えた。
 溶けたところから素線を出したらえらく細い。太さが解った線材と比べてみると0.1sqも無いんじゃなかろうか?と言う細さ。被覆はかなり太いのにどういう事だ。もしかして線材も銅じゃなkつえ鉄に銅メッキじゃ無いだろうなあ。。。
 良く見てみると更に恐ろしいことがクリップの所で起こっていた。なんと素線が半田付されて居らずカシメて有った。カシメ自体は悪くない、でも本来は被腹部を軽く保持する部分を使って、芯線と被覆を一緒にペンチか何かで潰して有るだけ。。。。。。。。
 こりゃ駄目だ、こんなんでは信号用としても信頼性がなさ過ぎる。作り替えるしか無いけどクリップ自体の性能も悪そうな感じ。捨てるしかないかも、高くは無かったけど普通の値段はしたから気分が悪いなあ。

| | コメント (2)

2013年12月 5日 (木)

ポルシェ356のセルモータ

1205 本当は先月末までの予定だったけど、色々あって完成が5日ほどずれ込んでしまった356のセルモータ。既に完成していたダイナモと並べて記念撮影。
 使ってあるボルトナット類が全部と言って良いほど特殊品なので、それの清掃とチェックと再メッキなどで以外と時間が掛かってしまった。
 面白いのは軸先端のサポート。モータ本体には先端のサポートが無く、クラッチハウジングなのかエンジンブロックなのか解らないけれど、相手の穴に挿入されて芯が出る構造に成っている。
 そんな構造なので今回は界磁とアーマチュア部を単体で電気的に試験して、組合せ試験は一瞬だけ回ろうとする所までしか確認出来なかった。
 このモータに限れば程度が良かったので問題には成らないと思うけど、次が入ってきたら仮の軸受けブロックでも削りだして総合試験が出来るようにするべきかもしれない。
 そこまでやっても無負荷回転試験が出来るだけで、拘束試験をするにはトルクや電流が馬鹿でかくて今の設備では無理だし、出力特性を取ることも出来ない・・・でもやらないよりもやった方が良いか。

 昨日は走ったので今日はプールへ。自転車は寒いので偶にエアロバイクを漕ぐだけで良かろうと軟弱な判断。
 今日もいつもの様に前半はドリル主体で、後半の前半分は100mを3分サークルでグルグル回した。あまり必死に成らずに脱力して綺麗に効率よく泳ぐことを意識して。
 後半の後半分は連続して泳いだ。最初はゆっくりで終わりの方に向かって少しずつリズムを速めてみた。でもハアハア言うほどは回転は上げずに。ハアハア言ってしまうと途端にフォームが汚く成ってしまうから。
 今日もウミウシ君が来ていた。100円返せと言われそうなので、先手を打って「もう無い!もう無い!アイス食べた。」と言っておいた。

スイム 3.5km

| | コメント (2)

2013年12月 4日 (水)

竹ちまき

1204 今日も広告企画?的な記事だけど、うちの製品じゃなくて近所の工場が作っている「竹ちまき」と言う食品に関して。
 エイミーの家から宗像側に2kmくらい進んだ山の中に「アルファー」の工場が有る。私も中がどんな具合なのか知らないけど、道から見た感じは田舎の倉庫か、立派な農機具小屋?みたいな感じ。
 そこが作っているのが写真の「竹ちまき」で、今月号の宮若市の広報誌で取り上げられて居た。全国区で人気が有るらしい。
 どうして私がこの事を書いているかと言うと、この容器の竹はうちの山の竹を使っているから。以前の記事に書いたと思うけど、離れた所に有る山で県道に竹が倒れて来て困っている所。
 この山の竹は孟宗竹ではなくて真竹なので、竹細工とか今回のような容器に適しているらしい。使わせてくれないか?と話が来たので適当に切ってくれと答えて居た。
 サンプルというかお礼というか、うちも一通り製品を貰って食べた。味は悪くないと思うけど食感がベタベタしていてそこに関しては好みじゃ無かった。
 竹は只であげているので、これが売れても我が家が大富豪に成る訳じゃない(笑)。興味のある人は買ってみてください。そしてあの変なオヤジの山の竹かぁ。。。と想像しながら食べてください。

 今日はランニングにした。薄手の手袋では寒いかな?と思ったけど、厚手にするほどでも無い気がしたので白い薄手で走った。少し寒かった。
 今日も猪対策のコース。日が長くなるまではこっちを使おうと思う。こっちのコースだとヘッドライトが無くても走れるのも気楽で良いし。
 可もなく不可もなし。速くはないけど痛いところとかは無い。これは年寄りアスリートに取って素晴らしい事だと思う。無理せずにこのまま行こう。

| | コメント (3)

2013年12月 3日 (火)

燃料ポンプ交換

12031 ようやく、念願と言うか懸案の燃料ポンプ交換作業をやった。配管のナットが回らなかったらどうしようとか、サクションのゴムホースが破れたらどうしようとか、ガソリンをかぶって逃げるときに静電気で火だるまに成ったらどうしようとか、色々考えた割りに簡単だった。
 バッテリー端子を外して作業を開始し、作業が終わって端子を付けた。その間はアナログ式の時計は止まっているわけで、所要時間は55分だった。チャージ8,000円なら約8,000円の仕事。プロなら30分で終わるとすれば4,000円の仕事か。
12032  ポンプ以外に嫌な物を見つけてしまった。ステアリングのギヤボックスを車体に固定してるボルトだけが赤く錆びている。良く見ると頭に「M」の文字がある。
 「M」の文字は高級なボルトでは見たことが無く、ホームセンターとか適当な店で良く見る。強度区分とか材質とか書く事が無くて、メートルねじの「M」マーク位しか書く事が無い品物かな?と思ってみたり。
12033  まあ、ボルトのサイズも太いし、2本有るし、サーキットを走る訳じゃないので、4.8以下の強度でも「鉄」なら切れることは無かろうと思って放置。今度デブのオネエチャンの居るねじ屋に行ったら、買って交換しよう。
 もう一つはタンク下の塗装の剥がれ。厚みが2-3mmは有るので塗装と言うよりもコーティングとでも言った方が良いかもしれない。上に有る丸いのはサクションフィルタ。今回はこれも外して掃除した。面白い構造なので別の機会にでも書いてみたい。
12034  コーティングの剥がれはワイヤーブラシで掃除し、昔買っていたアンダーコートのスプレーが有ったので塗った。スプレーは出なかったので缶の側面に穴を開けて、筆を突っ込んでベタベタの液を塗った。
 普通はこんな所を擦ったりしないと思うけど、入手した時はベタベタに車高を落として有ったのでそれが原因だろうと思う。
 私は車高を落としたポルシェが好きじゃ無い。なんかミニチュアダックスフントみたいで美しく感じない。この部分は個人の好みなのでどうでも良いのだけど、タンクの下を擦るのはやり過ぎだろうと思う。ブツブツ文句を言いながらタッチアップした。

 走ろうかな?と思っていたけど飯塚のプールに行ってきた。嫁さんに初期不良とか故障曲線の話をしたら、「じゃあプールに行って確認してきなさい」と言われたから。
 前半の1時間はドリル主体で、後半の1時間は長めのスイムにしてみた。後半は今までのように25mとか50mではなくて、今日は100mを単位にしてみた。1分40秒から1分45秒くらい。古賀さんは400mを6分で泳ぐらしいけど、それだと100mが1分30秒ペースに成る。うーん。。。
 帰りに隣のロッカーに100円玉が残っていた。私も慌てて退出した時に2-3回は忘れた事が有る。過去に遡って貰っておこうと思ったけど、お小遣いを握りしめた小学生のお金かもしれない・・・受付に届ける事にした。
 「美味しい物でも食べなさい」と言って渡すつもりだったけど、話したこともない知らないオバチャンだったので気持ちが萎えてポケットに入れたままで外に出た。お金の神様ごめんなさい。女性の年齢による差別をしてしまいました。

スイム 3.2km

| | コメント (4)

2013年12月 2日 (月)

自動車ガイドブック

12021 新車を買う予定は無いけど、東京モーターショーの事を検索していて見つけた本。今まで見たことも買ったことも無かった。
 それを今さら何故買ったのか、と言うと付録にDVDが付いていたから。そしてそのDVDには1号から2012年までの全号のデータが収録されて居るという。半分くらいはガセネタじゃないのか?と言う気持ちで注文していたのだけど、到着して見てみると想像以上の内容だった。
 確かに1号からの内容が(ほぼ)全部入っていて見ることが出来る。これで1200円なら買うしか無いだろう!と言う感じ。そして嬉しい誤算として、オートバイとトラックまで収録されていた。さらにフォークリフトも有る。流石にユンボは無かったけど。
 もう一つ良いところは各号毎にpdfデータに成っていること。説明には閲覧用のソフトを起動するように成っていたので、専用フォーマットだと嫌だなあ、と思っていたのだけどpdfなら環境が変わっても読めなくなる事は無い。素晴らしいじゃないか。
12022  ここを見ている人が気になるかもしれないページを、サービスで2ページだけ掲載して見ようと思う。
 1枚目はXS650が掲載されているページで、写真から判断するとドラムブレーキにフロントフォークにブーツが付いているので初代かな?と思われる。
 2枚目はベレットのカラー写真。うちのオヤジが乗っていた赤いコルト1000Fも有ったけど、どう見てもこっちの方が格好良かったのでこっちにした。
 モデルの顔が消してあるのは全部のページに共通している。今回の掲載にあたり、権利関係の確認が出来なかったのか?と思う、良く解らんけど。
 そう言えば家に外車まで乗っているオールカタログみたいな本が何冊も有った。オペルGTとか格好いいなあ・・・と見ていたのを思い出す。あの本は何処に行ったのだろう。もう捨ててあるか。

 仕事の方は徐々に通常モードに戻ってきた。この調子で通常モードに戻し、トレーニングの方は軽めに継続するイメージで年を越せたら最高。
 今日も走る時間が無かったので、寝る前にエアロバイクでもブンブン漕いでおこう。

| | コメント (13)

2013年12月 1日 (日)

びしょ濡れ

1201 天気がイマイチだったけど、久し振りに練習会に行ってきた。一人なら行かなかったと思うのだけど、嫁さんの後任のオバチャンの旦那の変な外人が参加するというので行くことに。
 寒いと外で全然乗ってないので不安だったけど、エアロバイク効果と廻りのメンバーもガンガンには行かなかったので最後まで付いていく事は出来た。
 少しだけ余裕は有ったので、何回か前に出ようかな?と思ったのだけど、年寄りは無理をしてはいかんと思い直してずっと後で楽をさせて貰った。変な外人さんは初めてなのと完全なロードバイクだったので千切れていた。帰ってから怖い?嫁さんに怒られて居るんじゃ無いかと、少し心配(笑)。
 出発時点で天候が不安だったのだけど、予想通りに途中で雨が降り出して酷いことに成ってしまった。もう最後はびしょ濡れで前は見えないし寒いしやる気は出ないし。
 着替えを全く持っていって無かった。何名かはランもやっていたけど裸で走るわけにもいかず、ベンチコートだけ羽織ってヒーターをガンガン効かせて帰ってきた。

 帰ってから仕事で356のセルモータの作業をやりながら、こっちは自分の白骨号のドア廻りの掃除をやった。ゴムモールが両面テープかゴム系接着剤で付けてあった跡で、ネチャネチャに埃や砂が染みこんでメチャ頑固。
 剥ぎ取った跡はタッチアップ的に再塗装して一応は完成。数日置いて完走したらモールを貼り付ける予定。作業は夜中にライトを点けながらに成ってしまったので、掲載の写真は翌朝撮影したもの。

バイク 80km

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »