« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

カレラ ストライプ

1130 忙しい日々が続いていて、何となく気持ちが張り詰めているというか落ち着かないというか、ホッと出来ないというか、ダラダラ出来ないというか、朝起きたら仕事の事を考えないといけないとか、昼間っから仕事をしなくちゃならないとか(笑)。。。まあ、怠け者には厳しい今日この頃。
 ちょっと息抜きくらい良かろうと思い、今日の夕方から久し振りに白骨号を弄ってみた。燃料ポンプを交換するほどの時間は無かったので、サイドに定番のストライプを貼った・・・出来心で。
 出来心とか書いているけど、本当は以前から買って準備は出来ていて、単に時間が取れなかっただけ。高いのは何万円もするけど私のは数千円のヤツ。
 こんなに長いのを貼るのは初めてだったけど、台所洗剤を薄ーーく溶かした水をスプレーしながら貼ったら意外と簡単だった。小さな不具合は有るけど自分用なので問題ない。
 暗くなっていたけど嬉しかったので嫁さんを呼んで見せた。そしたら「これ以上弄らん方が良い」と冷静なご意見を頂いてしまった。彼女の美意識的に少し過剰な装飾だった様だ。
 その後で三男が帰ってきたので見せたら、「すっごく良い!!」と言ってくれた。男と女の違いなのか、精神年齢の低い者は格好良く見えるだけなのか。。。
 最初は色を赤にしてホイールも赤にしようかな?と思っていたけど、赤は還暦の時用に取っておくことにして今回は黒にした。カレラストライプが黒ならホイールは黒の方が良いかも?、ちょっと考えてみよう。

 5周目だけど振り替えでスイミング。仕事をやっていたので15分くらい前にしか行けず、付いたら直ぐに泳いだけど距離は泳げなかった。
 スクールの内容は背泳ぎのドリルと平泳ぎとクロール。背泳ぎのドリルでプルブイを付けたままでキックするヤツが難しかった。さらに太腿の内側が擦れて痛い。
 クロールのスイムは先週ほど良いイメージは無かった。25mを全部21秒くらいかかっていた気がする。イマイチだ。スーッと進む感じが全く無かった。

スイム 2.0km

| | コメント (3)

2013年11月29日 (金)

ポルシェ356のダイナモ

11291 本当は356のセルモータの事を書く予定だったのだけど、色々と作業が重なってしまって今日の夜に成っても組み上がらなかった。と言うことで以前にやっていたダイナモの紹介でも。
 このダイナモはセルモータと同じ車体の物で、空冷ワーゲンの90mmタイプと基本的には同じ。だから作業的にもほとんど同じ作業の繰り返しに成る。

11292  コンミュテータは旋盤で真円に削り直した後でマイカ深さを調整して研磨。状態は良かったのだけど何故か0.4mmくらい偏芯して摩耗していた。やはり紙ヤスリで磨くだけじゃなくて、旋盤か専用機で真円加工が必要だなあと実感。
 フィールドコイルは非常に状態が良かったけど、巻いてある紙がボロボロで触っただけでも破れる状態。そして端子に伸びる線を保護する絶縁チューブは崩壊してほとんど残っていなかった。
11293  と言うことでいつもの様に、ガラスクロス系のテープとチューブを使って保護テープの巻直しを行った。
 チューブを入れるには半田付けとカシメが併用してある端子を外す必要があるし、輪になったコイルにテープを巻くのは大変。自分の車ならやらないかも(笑)。
 後はベアリングを交換したり、痛んでいる部品を修理したり交換したりすれば作業は完了。
11294  このダイナモはベアリングにプリロードとまでは言わないけど、ガタを殺す為のウェーブワッシャが入って無かったので追加した。
 本体ケーシングをメッキしたら綺麗だけど、あまりにギラギラに成ってアメ車みたい?なので特に依頼が無いとやってない。ブラシ廻りが汚れていて良いことは無いのでピカピカに。
 組み上がったら基本機能の確認とブラシの馴染みを出すために、電源を繋いでしばらくモータリング。最後に外力で回して発電の具合を見たら完成。
 以前も同じような写真を使って同じような事を書いた記憶がある。。。だってセルモータが出来てないから仕方ないのよね。

 昨日走ったから今日は適当にエアロバイクを漕いだり、補強運動の真似事をしたらお終い。

| | コメント (0)

2013年11月28日 (木)

男前のノギス

1128 MonotaROからプライベートブランド15%引きの案内が来ていたので、買おう買おうと思っていたノギスを買った。もう半年くらい前から買うつもりで居たのだけど、毎回チャンスを逃し続けて居たヤツ。
 前回は何時買ったのだろう?と思って調べてみると、丁度1年くらい前に同じ物を買っていた事が解った。その3年くらい前に中国製の安物を買って後悔した事も書い居る。
 MonotaROのサイトのレビューでは悪い評価も数点有るけど、私の所では調子が良い。今日買った2本目が同じように調子が良いかどうかは解らないけれど、1本目は悪くない。
 どのくらい具合が良いかと言えば、安物好きの私が1,000円の中国製を使わなく成った程度と言えば解って貰えるかも?。1,000円の中国製はゼロ点や測定値がジワジワずれて来るのが気分が悪いけど、1年使ってこれはそんなことが一回も無い。
 そして気が向いたときにブロックゲージを測定してみるけど、誤差はゼロか1/100mmが出るか出ないか。絶対値もそれなりに出ていると思われる。
 一番の欠点は見えるところに大きく「男前MonotaRO」と書いてある所だろう(笑)。安物好きの私でも少し恥ずかしい。現実的な面では、電源ボタンがもう少し大きくて押しやすかったら更に嬉しいかも。

 メチャ寒かったけど夕方に時間が取れたので走ってみた。長いタイツに長袖ジャージは良かったけど、薄手の白い手袋では指先が冷たかった。
 コースも変えた。西中の裏の峠と倉久のゴルフ場の横は怖いから。もう何回も猪が目の前を駆け抜けて行ったり、直ぐ横の藪でガサガサ動いたりするから。
 お化けも怖いけどこっちは実害は無い(と思う)。でも猪は走るコースが2mくらいずれていたら衝突するわけで、そしたら脚を大怪我して1-2ヶ月は走ることが出来ないだろう。その前に仕事にも支障がでるかも。
 新しいコースは芹田から若宮側に抜けて、若宮ICの所を通って上倉線で帰ってくるコース。基本的に全部歩道が有るし、上倉線の一部を除けば猪が出そうな場所は無い。

ラン 12km

| | コメント (4)

2013年11月27日 (水)

パワーチャック仕様

1127 今日は仕事ネタでパワーチャックの話。開発コード「グルグル君」として極秘に(笑)開発が進められた小型CNC旋盤、現在は絶賛販売中?なのだけど、それの専用機バージョンでパワーチャック仕様が出来た。
 グルグル君は元ネタが中国製の機械なので大した精度は出ない。一般的な工作機械ほどの耐久性も無い。だから夢見がちな個人ユーザーには向かないかもしれない。
 ところが仕事となると話は別で、世の中の全ての仕事がミクロン台が必要な訳じゃないし、24時間10年間稼働させる訳でも無い。必要な結果を最低のコストで出せば良い。と言うことで意外にも仕事で使うユーザーが多くて、その流れで専用機への改造まで始まってしまったという訳。

 一般に専用機をその手のメーカに依頼すると、単品で設計して製作するわけだから直ぐに数百万の単位に成ってしまう。それがかなり単純な機能であっても数十万では済まない。
 そんな仕事ユーザーの思惑と、そろそろ儲かる仕事をしていこう?と考え始めた私の思惑が一致して、今回の専用機の話がスタートした。
 今回の2台は両方ともパワーチャック仕様。三爪のパワーチャックをテール側に付いたロータリシリンダが拡縮させる。シリンダはパワーも要らない事からエア駆動。
 写真では特殊な生爪を装着している。モザイクをかけているのは特定の客先向けという面も有るけど、自分なりに改善の余地がかなり有って公表したくない気持ちが強いから。
 そんな中途半端な物を売るのか?と怒られそうだけど、納期とかコストとか有るわけだし、従来型に比べたら恐ろしく低コストな専用機の1号機な訳で、それに完璧さを求めていたら何時までも世に出せない。と言う現実的な理由も有る。
 本当ならこれで冬のボーナス相当額くらい儲けるつもりだったけど(笑)、最初の見通しが甘くてえらく時間が掛かってしまった。それに主軸廻りに付くアダプタ類をまともな工場に頼んだのだけど、まともな精度で作ってくれた代わりに涙が出そうな請求が来てしまった。
 次の話がくるまでになんとか改善して、次こそは春のボーナスを獲得したい、ハハハ。

 色々と問題は有るし月末までの仕事があと2件残っているのだけど、取りあえずパワーチャックの最後の部品を発送したので一旦リセット。プールに行って伸び伸び泳いできた。
 あまり難しい事は考えずに泳いだ。とは言ってもダラダラ泳いでも飽きてしまうので、前半はドリルで後半は長めのスイム。後半のスイムは力が抜けて良かった気がする。

スイム 2.5km

| | コメント (2)

2013年11月26日 (火)

直流TIGは少し進歩

11261 今バタバタしている機械の部品で安全カバー。安全カバーとかセンサーブラケットとか、何となく補助的な適当な部品に思えるけど、取り合いとか干渉とか、検討する事が沢山あって意外と面倒。
 さらに、この手の部品は最後の最後に納期が迫ってきてから図面が出来て、発注して、頭を下げて急いで貰って・・・と言う流れになりがち。今回も予想通りの展開で、機械の神様ありがとう(笑)。

11262  このカバーも鈑金屋さんでは間に合わない事が解ったので、仕方なく自分で作ることに。他にやること沢山有るのだけどねえ。。。
 強度は要らないから何ミリでも良いのだけど、自分の技量を考慮してSPCCの1.0mmを使った。近所の鋼材屋さんの在庫がこれしか無いのも有るけど。
 バンドソーで切り出して、ベルトサンダで直線を出して、適当に点付けで仮組みして、歪まないように順番と量を考えながら溶接。
11263  2枚目の写真は1辺だけグラインダをかけていない状態。だいぶ調子が良くなってきたのだけど、まだこのままで塗装してOKとは言えない。結局全部の辺をグラインダで手入れ。
 3枚目は裏側。全体的に見れば裏波が出て溶け込んで居るけど、拡大して見るとムラというか波が有って一定じゃ無い。ほとんど溶け込んで無い状態と、2mmくらいまで広がった状態を行ったり来たりのイメージ。
 一つ感じたのは溶接面の明るさ。今回は25Aから30Aくらいで作業したけど、この位の電流だと暗すぎて溶融池が見づらい。自動遮光面で明るさ調節のヤツは高そうなので、従来の面の色ガラスを薄いのに変えて試してみよう。

 忙しいを言い訳に運動量が少なくなって居る。有酸素運動と海馬の大きさに相関が有る研究結果が出たらしいので、よい仕事をするためにも運動を心掛けたい。
 でも外を走ったりプールに行く時間は取れなかったので、晩飯の前後でエアロバイクを漕いで多少なりとも誤魔化した。気分が乗らなかったので一番楽な減量モードにしたけど。

バイク 25km

| | コメント (2)

2013年11月25日 (月)

ネチャネチャの汚れ

1125 本当なら白骨号の燃料ポンプとタンク内フィルタの交換をやりたいのだけど、纏まった時間が全然取れない。仕方ないので汚れていたドア開口部下のゴム板を取ってみた。
 簡単に取って、朝一の仕事前に掃除して再装着・・・と考えて居たけど甘かった。
 端っこの汚れている所はカサカサだけど、中央部は嫌らしいネチャネチャの糊がついていた。そしてそれが中途半端に生きている。
 とても10分20分で終わりそうな仕事では無いので、掃除もせずにゴムは横に投げただけで放置状態。ゴムは使えそうなので掃除して、両面テープかG17辺りで再接着したい。12月に成ってからかな?。

 今日、明日、明後日、辺りが山場なので、纏まったトレーニングの時間が取れない。こまめにエアロバイクを漕いで誤魔化そう。

| | コメント (0)

2013年11月24日 (日)

靴紐の効用

1124 やる作業が沢山あって今日もずっと仕事をしていた。そして靴は先日買った踝までの安全靴。うちは靴を脱いだり履いたりが多いので凄く面倒。1日に10回以上は有る。
 と思っていたのだけど、メチャ忙しくなってから考え方が変わってきた。靴紐を結んだりほどいたりする時間の間に、気持ちと脳みそがリセットというか開放されるような瞬間を感じるから。
 こういう感覚は今までにも感じたことが有って、急いでやらなければ・・・と感じながらやるよりも、ゆっくりゆっくり・・・と考えながらやった方が確実で終了時間も早かったりする。
 体内部の仕組みに関しても、ある事に対して抑制する物質が存在したりするし、単純な制御系に於いても、Pの倍率だけをガンガン上げたら制御性が良くなる訳じゃ無い。気持ちのコントロールに於いても何らかの抑制行動が有った方が良いかも?
 と言うのが安全靴を履きながら考えた暫定的な結論。

 平日のように仕事をしていたので、夕方になったら平日のように走りに行った。ちょっと休んだので脚の調子は良いと思っていたのに、走り始めて直ぐに左の脹ら脛が痛いことに気がついた。
 何故だろう?しばらく走ってないのに。スイミングのキックのせいだろうか?少しだけキックが出来るように成ったので、予想以上に無理してつま先を曲げて居るのかもしれない。無理はしない方針なので少し短めに西中で折り返して帰ってきた。

ラン 9km

| | コメント (2)

2013年11月23日 (土)

ほぼ予想通り

1123 今日は毎日駅伝の日。トヨタ九州の選手を見に行ったり、武友兄弟や高濱さんを応援したりで毎年行っていた。でも今年は仕事がたまっていたのと、数少ない体を動かす機会のスイミングと重なって居たので行かなかった。
 ただ興味だけは有ったので、森下さんがどんなオーダーを組んでくるのかな?と予想をしてみたりはした。
 先月だったか倉久の道で会ったときは「毎日で優勝しても仕方ないでしょ」と話していた。そして若手で行くような事も言っていた。それをベースに予想していたメンバーとかなり近い。
 外人はワロル、若手から渡邊、廣末、加藤、あたり。中堅どころで井手上、酒井、はこっちに使って正月は控えか調子次第。残りは小西、こんな感じを予想していた。
 小西が三津谷に変わってしまったのは、三津谷の調子がイマイチで正月は使わない流れなのか、小西の調子が更に悪いのか?と想像してみたり。
 目標としていた若手主体で3位には届かず4位だったみたいだけど、同じ身長の加藤君が安定して結果を出していたり、パッとしなかったワロル君が上がってきて外人の2枚看板に成ったのは心強い。
 正月はこれに温存していた選手達が加わるわけで、勝利の女神に見放されても去年に近い順位を得ることが出来そう。
 とか何とか、こんな事をグダグダ書くのは、原の采配についてしゃべり続ける田舎の爺さんと同じだ(笑)。

 上にも書いたけどずっと作業をしていたので、せめてもの運動として昼にスイミングだけ行ってきた。15分前に着いたのでとにかく距離を泳ごうと思って連続して泳いでスクールへ。
 最初がキック8本で死ぬと思ったけど、数年前に比べたら格段に進歩していて死ななかった。そして後続のオバチャン達に追い越されなかった。本当に凄い進歩だ。絶対値的にはまだまだ遅いけど。
 その後は前半はクロールのドリルで、後半はバタフライのドリル。バタフライはキックで悩みが出てしまって全く進まなく成った。今は訳が解らん状態。
 バタフライのスイムはそれなりに進んだけど、力で泳いだら持たないと指摘された。脱力して泳げと言われても、バタフライで脱力は出来る気がしない。難しすぎる。

スイム 1.6km

| | コメント (2)

2013年11月22日 (金)

ポルシェ・カローラ

11221 今日も色々と有ったのだけど、メインイベントはこれだろうと思う。大阪ででっかい鉄のリングを作っているヤツと古賀SAで会ってきた。
 ヤツとはグライダー繋がりで、35年以上も前に木曽川の河川敷や福井空港を這いずり回って居た仲。大学は違うけど。
 でっかいピストンが動いて居れば機嫌が良い男で、何時も汚いツナギでウインチの廻りをウロウロしていた。その流れなのか今日の愛車も車幅と車高の制限を超えそうなV8の違法(笑)改造トラック。
 若い頃は野口五郎に似た容姿で喋らなければカッコイイと言われていた。でも今は嫁さんによれば「おさむちゃん」の方が似ているらしい。

11222  本当なら私も高速に乗り、200km/h以上の速度差でぶち抜いて歓迎しようと思っていたけど、時間が取れなくてSA外の駐車場に止めて歩いてお出迎え。
 親が変なヤツだから子供も変わっていて、年頃の娘がトラックの助手席で付いてきていた。そして某大学理学部の院生とか。訳が解らん。でも愛想が良くて可愛かったので、うちの息子の嫁にしようと嫁さんと決めた。
 ちょっと問題なのが語学力で、白骨号の後のエンブレムを見て「カローラ?」だと。。。頭に来たので反省ポーズを写真に納めて公開処刑に処す(笑)。
 食堂のラーメンとチャンポンを食べながら話した。久し振りでメチャ楽しかった。でも、向こうはフェリーの時間が有ったし、私は残りの仕事が有ったので適当な所でお別れ。次はいつ会えるか解らない。そう言う関係も悪くない。

 ここ数日はフンギャーと言いながら仕事をしているので、トレーニングの時間がうまく捻出できない。空いた時間にエアロバイクを漕いでみたり、実益を兼ねて薪割りをしたりしてやりくりしていくしか無い。

| | コメント (2)

2013年11月21日 (木)

2冊目のカーグラフィック

1121 2冊目のカーグラフィックを買った。ヤフオクで140円の1984年1月号。29年前に24歳の私が買って貪り読んだ号その物だ。
 私のカレラは1985年式だけど、このタイプの発売は1984年。そしてその紹介記事が載っているのがこの号だと解ったので指名買い。
 予定通りにCGtestの221として1984年式カレラのテスト記事が有った。73カレラとの比較記事まで有ったのは嬉しい誤算。
 テスト記事中には「80Lタンクに無鉛レギュラーを満たして、忍耐の限りを尽くしておとなしくクルーズすれば、800km走り続けるのも理論上不可能では無い・・・」と言う文章が有った。
 以前書いたように白骨号にはレギュラーガソリンを入れている。これはポール・フレール氏の書籍などを基準に自分で判断したのだけど、今回のCG記事からもこの時代の日本仕様はレギュラーだった事が窺われる。
 ネットには「ポルシェはハイオク」とか「ハイオクも入れられないならポルシェなんか乗らないでください!」などの文章が氾濫しているけど、如何にネット民という人達が信憑性の無い情報を元に、強い思いこみで情報を発信しているかが解る。
 と言うよりも、オクタン価が高くて今の日本ではレギュラーよりも高価というだけの燃料を高級品だと思ったり、レギュラー仕様を蔑む様な誤解が有るんじゃなかろうか。機械としては同じパワーをレギュラーで出せたら、そっちの方が良くできた機械だと思うけど。
 まあ、書いているレベルは私も変わらんから信用せん方が良いけどね(笑)。

 ページをめくると更にオマケが有った。一つは長期テストにCR-Xが有ったこと。この時代は1.3と1.5しか無かったので1.5がテスト車両に選ばれていた。
 このときは2st並にオイルを喰う初代シャレードに乗っていて、1.5iを買おうかな?1.3の方がこの車らしいかな?と悩んで居た事を思い出す。
 結局、翌年だったかSiが出たときに買い換えた。非常に面白い車で気に入っていたのだけど、家族が5人に成ったので仕方なくランティスに買い換え。CR-Xは嫁さんも気に入っていて、この家に置いておけば良かったねえ、と今でも言うくらい。

 もう一つのオマケはマイレッジマラソンの記事が有ったこと。前年11月に開催された第3回の記事で、この年から私のチームが参加したのだった。
 この年はチーム名が「晴天乱流」で車名が「風子」。晴天乱流はCATの事で、航空情報誌の木村秀政氏のコラム名から持ってきた様な気がする。風子は平岩弓枝の小説と空力的で女性名詞的な語感から。
 リザルトを見るとリタイヤに成っている。確か鈴鹿の第1コーナーで左前輪のアクスルシャフトが曲がって止まった筈。完全に設計不良だ。ドライバーだった児玉君ごめんね。
 翌年は木製フルモノコックに当時としては珍しい”カバーじゃない”モノコック構造のディスクホイールの車で参加。これは完走したし、11PMのオープニングで大きく映ったのが嬉しかった。
 その時の題名が「女も興奮、あの一滴」みたいな感じだった。あの時代を生きた人なら雰囲気を解って貰えると思う(笑)。

 久し振りに昔の事を思い出して、色々とどうでも良いことを書きなぐってしまった。ちょっと仕事が忙しくて気持ちが切迫しているから、逃げたい気持ちが有るかもしれない。

| | コメント (2)

2013年11月20日 (水)

やっぱり違っていた

1120 先日買ったCOOLPIXのL28、コネクタがUSBとは違うかも?と書いていたけどやっぱり違っていた。今まで使っていた4100でもそうだったので予想はしていたけど。
 写真の左がUSBのミニB、右がNikon独自?なのかL28に使ってあるプラグ。形状は相似形だけど一回り小さい。そして内部の端子がNikonの方は8ピンくらい有る感じ。
 このサイズに8ピンも押し込んで有って、機械的な強度や耐久性は大丈夫なのかな?と言うのが不安でたまらない。L28は4100の用に簡単にカードの脱着ができないので、どうしてもケーブルによる転送の機会が増えて来そうなので。
 こういう部分には規格品のUSBコネクタを採用して欲しかった。まあ、エンジニアの端くれとして気持ちは解らんでも無いけど、好みだけで言わせて貰えば嫌いな思想だし設計者の怠惰だと思う。
 同じような流れで自動車の異形ヘッドライトも嫌いなのだけど、こっちは見た目のデザインも関係してくるので、更に標準品の採用は難しかろう。でも実用品の大型トラックくらいはJIS規格品で良いんじゃ無いの?とは思うけど。

 昨日のランで脹ら脛に軽い張りが有る。まだまだ復活はしてない証拠だ。と言うことで今日はプールへ。
 プルブイに顔上げのクロールで肩を回す意識を感じ、次は手のリズムが早くなったときに脚が変則8ビートみたいに成るのを自分なりに矯正して泳いでみた。
 凄く久し振りにウミウシ君に会った。元気に横のコースをブイブイ泳いでいた。アップ的に軽く泳いでいるのに相変わらず私よりも速い。
 でも以前より少しだけ変化を感じた。以前は1.5倍くらい違っていたけど、今日は5周で追い越される位の感じなので1.2~1.3倍位の差という事になる。彼が抜いていたのか私が速くなったのかは解らないけど。

スイム 3.0km

| | コメント (6)

2013年11月19日 (火)

障害って何だ?

1119 今日は朝一に古賀の特別支援学校に行って手伝い。えらく寒いと思ったら霰が降り出してびっくり。そろそろ白骨号のタイヤもスタッドレスに交換が必要かも。
 今は入学希望者の体験学習期間らしく、先生がそっちの対応で忙しいので、在学生の面倒を見るのが私の仕事。具体的には陶芸の仕上げ作業だった。
 ここに来始めた頃は目の前の事をこなすのに必死だったけど、最近は少し余裕が出来たのか色々な事を考えて生徒達を見ている。今日考えて居たことは「障害って何だろう?」と言う事。

 気持ちの悪い写真で申し訳ないけど、これは9月から使っている私の部分入れ歯。以前に書いたように水上スキーで折れた本数が多くて、さらに両端の柱も痛んで来たのでブリッジでは対応できなくなってしまったわけ。
 入れ歯の無い時代なら私の咀嚼能力は2/3くらいに低下しているはずだ。栄養の摂取状況が悪くなり、筋肉量や運動能力が低下したと思う。年代別で表彰台とか遠い世界の話になっただろう。
 そう考えると私も軽い障害者に成ったのかもしれない。難しい話とか、感情的な話とか、法的な意味とか無視して、純粋に動物的な意味だけど。そう考えると部位と程度が違うだけで膝から下の義足も入れ歯も一緒か?。
 幸いにも小さい頃から目は良いけど、メガネも同じように目の能力が低い人向けの補助具の様な物だ。射撃競技でメガネが許可されるのは何故だろう?。難聴に対する補聴器も同じだ。
 この学校の子供達は知的障害の様だけど、その子供達の中でも凄い差がある。同級生に居たような感じの子から、中学部でも言葉が難しい子まで。でも特別支援学校の教室に居ると、特別な障害がある子供達に分類された形に成る。

 子供達の面倒を見ながら考えて居たのはセンター試験の偏差値とかIQの事で、何点以下が知的障害で何点以上が天才なのだろう?。100mを何秒以下が身体的な障害で何秒以上がアスリートなのだろう?。そんなこと。
 法的な援助とかそう言った部分では線引きが必要だと思うけど、現実には富士山の様な偏差値グラフの何処かに、誰かの、何かの身体的形状や能力などがプロットされるだけなのかなあ?と。
 何時も通りの生活をしていると、機械のレイアウトとか、トランジスタの駆動能力とか、プログラムのフローチャートとか、カワイイ女の子の事とか、美味しそうな食べ物の事とか、そんな事を考えて居るけど、今朝は少しだけ違う事を考えた事が違っていた。

 学校から帰ってからは普通に仕事。ボランティアの依頼が有った時は何とか成ると思っていたけど、予想が外れて意外と忙しい。ちょっと後悔しているけど得る物も有るので良いか・・・と納得。
 夜はいつものコースをランニング。この週末は色々有って走ってないのでカロリー消費も兼ねて。寒かったので今まで以上に無理をしないように、軽めにくるっっと走って帰ってきた。どこも痛い所は無いし、気になる所も無い。この調子で春まで行きたい。

ラン 11km

| | コメント (4)

2013年11月18日 (月)

COOLPIX L28

1118 昨日注文していたデジカメがもう来た。ケーズデンキ早い、流石にドリフターズが宣伝しているだけの事はある。
 買ったのはNikonのCOOLPIX L28という機種。デザイン的にもカタログ上の位置でも、今までのCOOLPIX 4100の後継機・・・と言うかこのシリーズの最後の機種の様な感じ。
 注文の時に戸惑ったのが画素数で「2005万画素」と書いてある。誤植かと思ったくらい。8,000円位の機種に気狂いじみていると思うけど、このクラスは携帯とかスマホと競合しそうだから、誰でも解るスペックが必要だったのかもしれない。
 柔らかいのが高級品、甘いのが美味しい、脂身が沢山入っていたら高級品。。。そんな流れの中で営業的に要求されたんじゃ無かろうか?。携わった技術者の心の叫びを聞きたい。
 基本的には満足している機種の後継機種なので悪くない。細かい不満点はいくつか有るけど、一番不安なのがPCとの接続関係。
 今まではメモリーカードが単独の蓋付きスロットに入っていて、それをPCのカードリーダに差しかえて読み込んでいた。
 対してL28はカードが電池ケースの中に挿してある。これだと毎回開けにくい電池ケースを開ける必要が有る。ここの蓋が壊れると実用に成らないし、カード自体も電池の隙間に押し込んで有るので出し入れしにくい。
 別の方法でUSBケーブルでの接続も出来る。でもカメラ側のコネクタが小さなUSBのミニBなので耐久性が心配。いや今のと同じでミニBじゃ無くて独自規格かもしれん。
 いずれにしろ毎日5枚から10枚くらいの撮影をして、1回か2回はPCへ取り込んでいる訳で、今後10年くらいは使いたいのだけど持つかな?と言うのが一番の心配事。
 まあ、これしか無いのだから使っていこう。

 仕事と天気のタイミングで夕方に走ることが出来なかった。晩飯の前後もバタバタしていたので、寝る前にエアロバイクでもちょっとだけ漕いでおこうと思う。

| | コメント (6)

2013年11月17日 (日)

デジカメ不調

1117 明確な記憶は無いのだけど、何時からかデジカメの調子が悪くなってきていた。それが昨日の披露宴で顕著に露呈してしまい、1枚撮る毎に電源を切ってあれこれ・・・と大変なことに。
 隣に座っていた熊崎君は1,000円のデジカメをニコイチにしたらしい。カバーの中に細かい部品が隙間無く詰まっているのは嫌いだ。スイッチ系のような気がするけどやる気が起きない。
 物はNikonのCOOLPIX4100。アルパークの横にヤマダ電機?が出来た頃に買った記憶が有るので、9年か10年くらい使っている計算になる。
 そろそろ買い換えても良かろうと思い、宗像の電気屋を3軒回って驚いた。私が使い勝手が良いと思う単三電池仕様で低スペックの機種が1台も無かったから。
 家に帰って慌てて検索してみるとNikonとキャノンで1機種ずつ有った。使い勝手が似ているだろうと勝手に判断してNikonのL28という機種をケーズ電気で注文。最後の1台だった。
 画像は自分本体を撮ろうとして苦労した所。洗面所の鏡を使ってみたら、後にトイレットペーパーとかタオルとか、色々映って生活感満載になった(笑)。

 朝一は地域の一斉清掃の日だったので、雨の中を道路脇の缶拾い。練習会の日だけどやっているのだろうか?どっちみちこんな雨の中で乗る気には成らないけど。
 その後は飛び入りで入ってきた仕事をした。簡単に終わる予定がえらく大変で疲れ果てた。まあ自分の判断が悪いのだけどね。
 商売的には基板毎交換するべき作業なのだけど、コスト的になんとか改造で・・・と言う話を受けてしまったから大変。バージョンがだいぶ違っていたので本体側のフラットICを貼り替える必要が有ったり、何だかんだと半日くらいやっていた。
 まあ、何とか纏まったので救われた。

 夕方からはプール。白骨号の燃料を使い切ってしまわないので積極的に使う。ついでに作った荷物をヤマトまで持っていったりして。今日も行いが良いので無常の風に吹かれることは無かった。
 前半はドリル的な事、後半は連続したスイム。そんな感じで2時間弱泳いで来た。ちょっとマンネリ化してきた感も有るけど、肉体の変化はきわめて緩慢なのだから、マンネリと感じずにしばらくは継続する事も必要かな?

スイム 3.0km

| | コメント (2)

2013年11月16日 (土)

大分遠征

11161 今日はアヤちゃんの正式な披露宴。場所は大分の日出のホテルなので白骨号の耐久性と信頼性試験を兼ねて出掛けた。
 いざというときに一人では押しがけも出来ないので、プロストに似た児玉君を助手席に乗せて。さらに行橋でもう1台のまともな車と合流して安心感は倍増。
 日頃の善行と深い信心により、特にトラブルも無く目的地に到着。昔と比べて10号線はスイスイ進み、早く着きすぎたのでお茶を飲みながら時間つぶし。
 席次表に依ると我々は「新婦の知人」と成っている。不思議な気持ちと、それ以外に書きようが無いような気持ちで席に着く。

 元々綺麗な子だとは思っていたけど、特に今日は最後のドレスが似合っていたように思う。写真を見た嫁さんは最初の色打ち掛けが演歌歌手みたいで良いと言っていたけど、私はこっちの方が好みなのでドレスの写真を2枚。
11162  姉さん女房だけあって、始終余裕の表情で新郎をリードしていた(笑)。真面目そうな新郎は始終緊張しっぱなし。同じテーブルの伊東君の対極に位置するような人柄だ。
 良い人を捕まえたと思う。アヤちゃんの父親を自負する我々オッサン連中は、皆が祝福していた。

 帰りは乗員が1名増えてトータル3名で帰ることに成った。3名居ればもしもの時も心強い。船頭多くして・・・とも言うけど。
 帰り道も順調だった。安心院の辺りの有料道路のシケインでヒヤッとしたけど、トライアングルタイヤのおかげで無事に通過できた。
 小倉で2名をそれぞれ家まで送り届け、その後は私一人で家まで運転。故障によるトラブルも有るけど、事故によるトラブルも有る。「家に帰るまでが披露宴」と呟きながら、少し眠くなったので小泉今日子のボリュームを上げて帰ってきた。
 両家の皆さん、おめでとうございます。白骨号に付き合ってくれたみなさん、お疲れ様でした。

| | コメント (6)

2013年11月15日 (金)

理想的なキーホルダー

1115 15日の夜は翌日の準備でバタバタしていたのでアップ出来なかった。16日の夜も当日の結果を書くだけで寝てしまった。と言うことで17日の朝になってアップしている。

 白骨号のキーホルダーに付いて書いていた訳だけど、早速反応が有ってボロい(笑)TZR250に乗った変なオッサンが不法投棄に来てくれた。
 形状、材質、配色、に関しては理想通り。印刷の文字にスズキが無くて地方の零細モータース的な名前なら100%だったけど、これでも理想に対して97%くらいのキーホルダーが入手できた。ありがとうございました。
 やっぱり書いてみるもんだ。書く、言う、と言うことは他人に対しても自分に対しても、アピールというか決意表明というか何らかの将来に対する展望を示す事に成る。黙って考えているよりも、実現できる可能性がほんの少し高まってもおかしくない。

 と言うことでロータスエリーゼを買う・買うと言っている伊東君も、来年くらいにはMR-Sから買い換えていることでしょう。

| | コメント (2)

2013年11月14日 (木)

角を矯めて牛を殺す

11141 今日の作業じゃ無いけど、白骨号の補修作業で失敗した話でも。

 930のダッシュボードは劣化で割れやすいらしく、持病と書いてあったり、中古車の説明に「割れもなく・・・」と記載が有ったりするくらい。私のも例外ではなく中央よりも少し右寄りに1本のひび割れが出来ていた。
 優先順位的に低いので放っておいたけど、瓦止め用のシリコーンシーラントが似た色に見えたので割れ目を埋めて見ることにした。
11142  結果は見ての通りで、補修前よりもかえって目立つように成ってしまって凄く悲しい。
 強度的に良い方向なのは明らかだし、上でコーヒーをこぼしたりしても下の機器まで染みこんで行かないので安心できる。。。とか何とか屁理屈を考えて自分の心を慰めているけど、やらなかった方が良かったのは誰の目にも明か(笑)。
 たぶん塗料は乗らないと思うので、良く似た色のシーラントを見つけたら上から塗るくらいしか手はないと思う。

 土曜日のスイミングに行けないので、いつもは行かない木曜日の教室に顔を出してみた。こっちはコーチが違うので内容も少しだけ違う。爺ちゃん婆ちゃんがメインなのは一緒だけど。
 初っぱなからバタフライだった。25m単位で、キック、右手、左手、両手、を2セット。片手のドリルが一番キツかった。両手は最低限の形に成って来たかな?と言う感じ。隣のコースの知らない婆ちゃんから「お上手」と誉められた(笑)。
 こっちのコーチは必ずターンをさせる。それも個メの繋がりに成るように。バタフライで5m行って、ターンして、背泳ぎを25mと言う感じで。
 普段はやってないからこれが難しい。特に背泳ぎのドルフィンをやれとか言われたら、鼻に水が入りっぱなしで辛い。たぶん明日は1日中穴がズルズルだと思う。

スイム 2.0km

| | コメント (16)

2013年11月13日 (水)

気休め

1113 注文していた白骨号の燃料ポンプが来た。来たのが夜になってからと言う訳じゃなくて、燃料が満タンなので交換作業は後日の予定。
 結果的に今週末の大分行きは古いポンプで行くことになる。まあ深い理由は無いけど(笑)大丈夫だと思っている。でも念のために後部座席にポンプを積んでおこう。
 そして先日の悪いイメージを払拭するために、キーも交換してみよう。私は勝負師だからゲンを担ぐのだ。
 基本的にでっかいキーとか分厚いキーは好きじゃ無い。車検を取った後で宗像の鍵屋さんに作って貰ったスペアキーが平たいので、今後はこれを使うことにした。
 キーホルダーはこれでも良いけど、理想を言えば輪になったビニール紐みたいなヤツが好きだ。「山本モータース」と印字があって、反対側には「モシモシ 3-1234」とか書いてある。

 今日は初めてのお客さんが来た。割りと近所の鉄工所と言うか溶接屋さんの社長さん。仕事の話じゃなくて、古いオートバイとか古い車の話で。
 うちに来る人の中では普通っぽい感じがしたけど、バイクと車用の倉庫が有るみたいなので、やっぱり変な人なのだろう。今度はそっちを見に行こうと思っている。
 その時は会社にもおじゃまして、溶接の講習を受けてみたい。今日も何点かアドバイスを貰ったけど、最初からこの人と知り合いだったら今頃は溶接がかなり上手に成っていただろうと残念でならない。
 SUSとかアルミだけじゃなく、チタンでも色物でも何でも行けるらしい。ロー付けも。そんな話を聞いてしまうと、今後は自分で苦労せずに頼みに行きそうで怖い。

 なまずの郷の日だけど弛めに自主トレ。あと1ヶ月くらいは弛めにジョグだけで行こうと思う。明らかに筋力とか筋持久力が落ちているのだから。
 今日も弛めに行っていたけど、西中の坂道で猪の音がしたところで忘れてしまった。結構な強度で走り抜けてしまった。今日は姿を見せなかったけど絶対に横の草むらに居た。
 先日はガサガサ音がするなあ・・・と思って居たら、目の前の2mくらいの所を猛スピードで横断していった。気持ちが構えていたのでションベンはちびらなかったけど、当たっていたら大怪我してしまう。マジで怖い。

ラン 11km

| | コメント (6)

2013年11月12日 (火)

煙突掃除

11121 画像は煙突掃除の道具。本当は昨日の夕方、嫁さんを待っているときにやろうとしたのだけど、ボール状のブラシが錆で崩壊してしまって出来なかった。
 ナフコにグロメットを買いに行く用があったので新しいのを買ってきた。記憶では凄く高かった覚えが有り、鉄筋の廻りにワイヤーブラシを6本くらい括りつけて自作しようと思っていた。でも398円だったので専用品を買った。
 梯子は準備していたので、錘とロープを付けてゴシゴシしたらお終い。全然と言って良いほど煤は付いてなかった。広島の山奥の鉄工所が作っているストーブだけど、なかなか具合が良い。

11122  昨日、嫁さんを乗せるときにシートを弄っていて違和感を覚えた。それを確認してみたらマットが濡れていた。。。
 ボロ車のわりに雨漏りだけはしないから立派だ、と思っていたのだけど、お約束なのかやっぱり漏れてくれた。
 濡れ方は酷くない。触ったら解る程度に湿っている。今までも湿っては乾いてを繰り返して居たから気がつかなかっただけかもしれない。
 気がついてしまったので外して干した。そして原因を探ってみたけどマット以外に濡れたと所が無い。昨日の買い物とかお土産の中に濡れた物は無かった。。。
 辺りを触りまくって何となく得た結論は、ドアのシールの為に車体側に付いているパイプ断面のゴム。これの比較的下の方から染みてきた感じがする。助手席の右足の膝の辺りだけ、壁面のカーペットが濡れていたし。
 あまり酷くは無いので、しばらくはこのままで行こう。土地はあるから屋根付きガレージでも作ったら良いのだろうけど、それはそれで面倒だしコストもかかる。

 今日は自主トレのスイム。気温が急に下がった感じが有って足の指が冷たい。何となく長時間泳ぐ気分に成らなくて今日は1時間券にした。
 隣では武友組がガンガン泳いでいる。それに刺激された訳じゃないけど、1時間しか無いのでドリルの間に考える振りをして休んだりはしなかった。そしたら意外と体が温かくなり、この調子なら2時間でも良かったと思ってみたり。
 でも迷ったら楽な方が信条なので(笑)、1時間で切り上げて帰ってきた。

スイム 1.2km

| | コメント (2)

2013年11月11日 (月)

運試し

 ここ数日は嫁さんが大阪の実家に帰って居たのだけど、今日の夜に帰ってくるから駅まで迎えに来いとメールが入った。それで仕事が終わってからも遠くに行くことが出来ず、薪割りをしてエアロバイクで時間つぶし。
 19:30頃に在来線に乗った連絡が来たので白骨号で出撃。でも出る前にかなり迷った。例の停止事件から後は近所のローソンまで弁当を買いに行っただけ。片道400mくらいしかない。赤間までは片道で10kmくらい有る。でも日頃の善行と高級2stオイルにより悪いようには成らないと信じて出発。
 かなりドキドキしたけど何事も起こらずに赤間に着いた。嫁さんも乗り過ごさずに定刻通りに降りてきた。自由ヶ丘のサニーで買い物をした後も問題なく始動して、赤木峠の「いつものコーナー」も無事にクリヤして帰宅。
 自分の運を信じていたけど心の奥ではヒヤヒヤしていた。これで16日は何とか行けるんじゃ無いか?と言う気持ちが少し強くなった。

 1個ずつトラブルシューティングをしている訳じゃ無いので、今のところ原因は解らない。でも燃料ポンプは交換履歴も解らないので注文することにした、17,000円くらい。フィルタはフウフウしたので交換無し。
 ポンプは明日か明後日には来るみたいだけど、問題はガソリンが満タンと言うこと。どうせやるならタンク内のフィルタ(有るのか?)も一緒に確認と手入れをしておきたいし、そうなるとガソリンを全部抜く必要が有る。。。
 やっぱり16日は今のままで行くことに成りそう。もし止まって披露宴に遅れてしまったら、あの奥さんに死ぬまで言われ続けるネタを提供することに成ってしまう。まあ、それも悪くないか(笑)。

バイク 25km

| | コメント (2)

2013年11月10日 (日)

燃料フィルタとトラクタのダイナモ

11101 前日の記事に対するコメントで、ポルシェの燃料フィルタに関しての内容が有った。それが原因かどうか解らないけれど、簡単に確認できる不安項目は潰しておいた方が良い。と言うことでコメントを読んで直ぐにフィルタを確認してみた。
 整備記録にもフィルタ本体にも日付が無い。もしかして最初から?と思いながら分解してみたところ、取付バンドの下から02,10,01の文字が出てきた。印字の雰囲気からメーカの製造年月日の様だ。そんなに古くはない。
 中のガソリンを入り側に全部抜いてみたけど酷い錆などは無かった。目に見えない位の粒子でガソリンの色が黒っぽく成っている感じは有る。
 口で吹いてみると詰まりを感じる。これだったか!と思って更に吹いていると軽くなってきた。そうか、フィルタに液体が染みこんで居れば重く感じて、それが無くなるにつれて軽く成っただけかも、と思い直す。
 燃費が10km/Lの車を60km/hで走らせて居れば、1時間に6Lのガソリンを消費する。これは1Lを消費するのに10分かかる事を意味する。普通の道の流量はこんな物なのか。
 1Lを濾過するのに10分を要する程度の流量なら、最初の詰まった感じでも十分過ぎる。でも念のためにガソリンとパーツクリーナで内部を洗浄した。ふつうは新品に交換するとともうけど、取りあえず1-2年とか1-2万kmくらいは詰まらない安心感は得られた。

11102  仕事はこっち。先日納品したポルシェトラクタのダイナモだけど具合が悪いらしい。
 このトラクタは先日のPORSCHE 356 HOLIDAYに参加して自走している。でもその時は発電して無かったらしい。ごめんなさい。
 加熱する位まで回して試験したのにおかしいなあ・・・と思って帰ってきたダイナモを測定すると何かおかしい。
 リベットで固定してある分解困難な複数の部品が有って、そこが電気の通り道でも有る。その一部の導通が悪くなっていた。数Ωで有るべき箇所がMΩだったり150Ωだったり、コロコロ変わる。
 発熱する位まで試験して冷却して発送した訳だけど、その過程で上記の箇所の接触に問題が起こったとしか考えられない。対策としては配線の固定箇所を変更したり、別のダイレクト配線を追加したりして復旧した。
 今回の件では迷惑をかけてしまった。試験の時は問題なかったので行けると判断したけど、その判断に誤りが有ったわけだ。あの手のリベット部品やブラシホルダまで全分解して新規製作すれば良いのだけど、その為にはジグなども必要に成ってくる。下手したらダイナモだけで何十万もかかる。ランボルギーニ・ミウラの発電機なら許されるかもしれないけど。。。
 こういう部分は経験しか無い気がする。今回は廻りの状況から怪しいと判断して、最初の作業の段階でダイレクト配線などで対応するべきだった。

 変なオッサンが変なお土産を持ってきて、それをネタに面倒な作業をやれと脅して来た。怖かったので泣きながら作業をした。この関係はまた後日。
 夕方はランニングをした。短めの11kmコース。最初から最後まで軽く軽くと呟きながら走ったのが良かったのか、最後まで気持ちよく何処にも違和感を感じずに走り終えた。

ラン 11km

| | コメント (5)

2013年11月 9日 (土)

運だけで生きている男

1109 土曜日なので昼にスイミングの日。いつもの様に颯爽と白骨号で出掛けた。ガソリンが無くなっていたので農協のスタンドで満タンにし、1万を超した事にショックを受けながら。
 福丸の街を抜けて如来田の坂道に差し掛かった時に異変が起きた。ガス欠に成った感じでエンジンのパワーが無く成った。感覚的に2秒くらいだったろうか、指示器を出して左に寄せようとしたと同時にエンジン停止。
 落ち着け、と深く深呼吸してキーをひねり直したら簡単に再始動。???と思いながらスタートした。でも20mくらい進んだ所で同じ症状で再停止。流石にヤバイ気配が漂い始めた。
 今度は30秒くらい考えた後に再始動。今度も素直にかかった。しばらく空ぶかしをしたけど異常は無い。でも怖かったので家に戻ることにした。家までは順調で直ぐに軽トラに乗り換えてプールに行った。始まる1分前に着いた。

 古い機械なのでトラブルはつきものだけど、自力で家までたどり着けて良かった。そう言えばバッテリーが弱っていてセルが回らなかったのも自宅の庭だった。もし一人で高速道路上で止まったりしたら大変な事に成っていたと思う。JAFにも入ってないし携帯も持たないし。
 いや、常に善行を心掛けている人物には神は優しいはずだから、悪いことは起こらないだろう。いつもの様に脳内でシミュレートと言うか妄想をしてみると。。。
 運転席で呆然とする私のポルシェの後に1台の車が止まる。そしてその車から薬師丸ひろ子が降りて来る訳だ。私が携帯を持たないことを知って代わりに電話しようとするけど、古い車の話で盛り上がってしまう。 「私の車も17年乗ってるんですけど、税金が高くって・・・」
 しばらく話し込んだあとにふと気がつき、「そうそう、お電話しなくっちゃ」とJAFに電話。「もしもし、わたし、誰だかわかる?」・・・。
 どこかのオッサンから病気が酷くなったと言われると思うけど(笑)、妄想無くして実現無しなのだ。嘘だと思うなら5年前3年前の日記を見ておくれ。黒木瞳は実現出来てないけどね(笑)。

 止まったときの雰囲気から、点火系じゃ無くて燃料系じゃ無いのかな?と言う気持ちで居る。でもそれにしては変化が急で回復も一瞬だ。。。全ての想定が有っていれば燃料ポンプかもしれない。
 残り10Lくらいにガソリンをドボドボ入れたのでタンク内のゴミが舞い上がり、破れて穴の開いた?1次フィルタを通過してポンプに引っかかったか。それともブラシが限界に近いか。
 入手したときは燃料ポンプの音が大きかった。お祈りのつもりでガソリンに2サイクルオイルを入れていたら音が小さくなってきた。そう言えば最近は混合油にしてない。
 と言うことで残り物の安物のオイルを入れておいた。本当なら触媒対応のマリンジェット用が良いと思うけど、うちには無いし近所でも見たことが無いから仕方ない。
 来週には大分までアヤちゃんの披露宴に行くことに成っている。このポルシェで児玉君と。最初の話では止まる可能性が5%と伝えておいたけど、今日のトラブルで可能性が25%くらいまで上昇した気がする。
 まあ彼は知り合いの中で唯一、鈴鹿サーキットを2回も走ったレーサーなので心強い。見た目も何となくプロストに似ているし。。。なんとか成るだろう。

 ちゅう事でスクールにはギリギリ間に合った。最後の25mを6本頑張って泳ぐヤツは調子が良かった。最初の2本くらいは19秒くらいで行けたし、6本目も21秒くらいだったと思う。
 スクールだけでは1kmにも成らなかったので、終わってからしばらく自主トレしてから帰った。

スイム 1.6km

| | コメント (8)

2013年11月 8日 (金)

読書には肌寒い

1108 精密鈑金屋さんから品物を引き取って、メッキ屋さんに渡してきた。どちらかにトラックの便が有れば運んでくれるのだけど、今回は無かったので私が軽トラで運搬。
 その帰り道で図書館に寄って本を3冊借りてきた。最近は夜中に溶接機を弄ったりしているので、上限の5冊では期限までに読み終わらない恐れが有ったので減らした。
 「どうやら・・・」は晩飯のあとで読んだ。隙間風だらけの健康住宅なのでじっとして本を読むと寒い。次はエアロバイクでも漕ぎながら読んでみよう。内容は作者の二人から想像した通りの内容。暇な時に読むには肩が凝らなくて良い。
 「日本の空の・・・」は中を見ずに借りてしまった。この手の本は興味が有るので買ったり借りたりするけれど、この本はどうだろう?。先ほどパラパラ見た限りでは文体が読みにくいような気もする。
 「原発・・・」は話題だったか売れているだったか、そう言う紹介だったので借りてみた。最近の世相の中でこの手の本が評判になること自体が珍しいと思う。昔は時々見かけたのだけど。

 今日はプール。受付の所で武友さんと入れ違いに成った。中で監視員のお兄ちゃんに聞いてみたら、彼はほぼ毎日来てハードに練習していると言う。直ぐに練習してないとか書くけど嘘ばっかりだ(笑)。
 入ったときは人が少なかった。1レーンを独占状態で気持ちよく練習が出来た。隣は嘉穂高校の水泳部が2名。毎日来ているように思えるので聞いたらそうだという。プール代はOBの寄付から出ていると。羨ましいけどプレッシャーを感じるなあ、私なら。
 後半になって私のレーンに小柄な女性が入ってきた。今までにも何回か一緒のレーンに成った人。高校くらいまでスイミングに行っていた20代という感じ。まだ体型が崩れも細くも成ってない見事な競泳体型。そして速い。
 丁度私は25mを片手クロールで帰りを両手のドリルをやっていたので、邪魔に成らないように毎回彼女の後からスタートした。あとで考えると後から付いてくる嫌らしいオヤジに見えたかも(笑)。まあ一瞬で離されるので何も視界に入らない訳だけど。
 何故か今日は少し気持ちが違った。今までは高校生や速い女性を見たら違う世界の人だと感じて居た。でも今日は何時かついていける日が来るかも?と言う気持ちが少しだけ芽生えた。

スイム 2.8km

| | コメント (4)

2013年11月 7日 (木)

椎茸

1107 そう言えば椎茸が出てないかな?と思って山に行ってみたらポツポツ出ていた。全部で10個くらい、既に傷んだのが半分くらい有って綺麗なのは5-6本くらいだった。
 菌を打ち込んでから適当に横向きに置きっぱなしだったので、過度にジュクジュクに湿り気が有りすぎのような気がする。事実、並んだ気の中では一番乾いた部分から椎茸が出ていたし。
 と言うことで仕事が終わってから急いで竹の骨組みを作り、ほだ木を全部立てかけた。これで適度な湿り気にコントロールされて、ニョキニョキ出てくるかな??
 手前の短いのにはシメジの菌を打った。こっちは何も変化が無い。シメジの方が好きなのだけど、何時になったら出てくるんだろうか?

 最近は日が短いので直ぐに暗くなる。椎茸の作業を先にやったのでランニングの後半ははっきりと暗くなってしまった。そろそろヘッドライトが居る感じ。
 今日もリハビリというか補強というか、元のレベルまで戻すことを第一に考えて無理はしなかった。とにかくゆっくりと走った。調子が良いとペースが上がるので必死で気持ちを押さえた。
 今のところ良い感じで推移している。単純な筋力の問題としても、3ヶ月くらいはかかるような気がする。まあ来年の夏までにフルマラソンが走れるように成れば良いのだ。慌てないで行こう。

ラン 11km

| | コメント (0)

2013年11月 6日 (水)

半導体式DMEリレー 市販バージョン

1106 過去に何回か書いていたポルシェのDMEリレー。試験やら細かいところの煮詰めに時間が掛かってしまったけど、市販バージョンがようやく出来上がった。
 内容的にはリレーでオンオフしているのをFETに変更。そしてセルを回す前に燃圧を上げておく為に、キーオンで10秒間だけ燃料ポンプを回す回路を追加。

 箇条書きにすると単純だけど実際は凄い!(広告企画なので過剰表現に注意の事)。使っているFETは最新型の超凄いヤツで、35A時にオン抵抗が0.007Ω。Pchでこの性能はマジで凄いと思う。これによってコイルの発熱や多大な質量によるクラックなどから開放される。そして何よりリレーよりもFETの方がカッコイイ(笑)。
 もう一つの機能は始動性の向上。DMEリレーを使ったタイプはセルを回さないと燃料ポンプが回らない。完璧な車なら良いのだけど、普通に劣化した車だとセルを回す直前の燃圧は通常より下がっている。だから数秒間もキュルキュルとセルを回し続ける事になり、国産新車ユーザーの視線が気になったりする。
 チェックバルブやアキュムレータをきちんと整備するのが本筋だけど、それを補完するというか誤魔化すというか・・・そう言う機能がスイッチオンで燃料ポンプが動作する機能。
 調子の悪い車のユーザーは、スイッチをオンにして数秒間待つ、この操作は廻りの新車ユーザーには気付かれない。するとポンプが回転して燃圧が上がってくるので、おもむろにセルを回すと1秒くらいでエンジンがかかるというストーリー。
 この機能を実現するために米粒みたいなマイコンを使っている。機能的にはタイマICでも、ワンショットマルチバイブレータでも、上手く作れば抵抗とコンデンサでも行けるかもしれない。でもマイコン制御と書いた方がカッコイイ(笑)。

 そのほかの付加的な機能も有る。リレーの質量が無くなった事と基板の材料をガラスエポキシにしたことで振動に劇的に強く成った訳だけど、さらに安心のために基板先端の振動をスポンジゴムで減衰させる機能を追加した。
 基板先端の凸部がスポンジゴムの切れ込みに挿入される。これは素晴らしいアイデアと思ったけど、実際に使ってみるとケースの奥にスポンジゴムを押し込んで、基板の端っこをゴムに押しつける単純な方法の方が効果的な事が解ってしまった。次のロットから高い切り欠きは止めよう。

 こんな感じで初回の広告企画はお終い。日本では・・・いや世界中を探しても売ってない製品だし、相手はお金持ちのポルシェオーナー。1個10万円くらいにしてボロ儲けしようと思ったけど、根が貧乏人なので10万の値段は怖くて提示することが出来ない(笑)。
 取付とかはルフトさんにお願いしようと思っている。単品の販売は通販でやるしか無いと思う。それなりに試験はしたけどポルシェ様ほどの試験はしていないわけで、良くあるように「レース用」として逃げてしまおうか?とか考え中。それでも良いという人はコメントなりメールなり下さい。

 仕事が終わってからは飯塚のプール。なまずの郷の日だけど流石にキツイ練習は無理。いや今ならギリギリ走れると思うけど、またもや痛くなるのは目に見えている。
 今日もドリルを延々と繰り返した。たまにスイムに切り換えるとスイスイ進む気がする。でも隣のコースのオッサンと変わらない。うーん。

スイム 2.5km

| | コメント (8)

2013年11月 5日 (火)

2次側ドライブ基板

1105_2 少しずつしか進まないTIG溶接機の修理。2次側のドライブ基板を取り出してみた。トラブルシューティングとIGBTのゲート駆動への改造を兼ねて。
 回路図を起こしながら各部の抵抗値を測っていくと、4個有る回路のうち1個が死んでいることが判明。これは何時死んでいたのか解らない。
 トーテムポールの上側に2個、下側に2個、でっかいパワーモジュールがそれぞれ並列接続されて居るわけで、駆動回路が1個死んでいても1個で溶接できていた可能性が有るから。
 当初はトランスを手配して、IGBT用のドライブ回路を作ろうと思っていた。でもオリジナルの設計思想を尊重すると、4個の出力を持ったトランスが居る。しかも±15Vで中点タップ付き。入力は200Vで。。。直ぐに安価に入手することは難しそう。

 久し振りに走ったので脚が筋肉痛。プールは休み。風呂の前にエアロバイクでも軽く漕いで寝ようか。

| | コメント (2)

2013年11月 4日 (月)

電流フィードバック部は治った

1104 今日も少しだけ仕事をしたけど、だいぶ時間が取れたのでTIG溶接機の作業が進んだ。
 そして溶接電流を設定して、実電流を測定して、そいつを1次側制御回路に返して、グルグル回って・・・、と言う部分は正常に成った。
 回路図を起こす過程で基板上に沢山ある半固定VRの意味も或る程度解ったので、25Aでも150Aでも±5%くらいの精度で設定電流通りの制御が出来るように成った。後は腕だけだ(笑)。
 溶接機の試験と練習を兼ねて、廃材の上に各種の溶接棒で色々なビードを置いてみた。写真のは2.6mmのZ44を使って縦横に溶接した例。いや、溶接の世界で縦とか横と書いたら別の意味になるので、水平に置いた板の上に下向きの溶接で、右に行ったり、左に行ったり、手前に行ったり、向こうに行ったりした。とでも書けば良いのだろうか。
 いやもう劇的に使いやすい。60Aと70Aで感触が変わるのが解る。先日までは急に1.5倍位電流が変動したりして往生していた事が嘘のようだ。
 懸案事項としては、1次側IGBTのドライブを+15Vから-0Vでやっている部分の改善。今の0Vを-15Vか最低でも-5V位にしたい。その為には新しいトランスが要るかも。
 あとは直結して直流機にしている2次側の交流化。こっちも今はトランジスタ用のドライブ回路なので、コイツをIGBT用の回路に変更する必要が有る。こっちは別基板なので1次側よりはやりやすそう。

 満を持して走ってみた。とにかくソフトに、少しでも違和感を覚えたら歩いて引き返す強い気持ちを持って。その為なのか今日は何も問題は起こらずに帰って来られた。
 左のアキレス腱は一度痛めている。そこをかばって脹ら脛も直ぐに痛くなる。しばらく走ってないし、走っても強度が低かったので筋力的にも筋持久力的にも低下している。
 自分に言い聞かせる意味で何回も書いておこう。あとは中1日か2日置きながらすこーしずつ補強を始めようと思っている。来年の皆生までに間に合えば良い。

ラン 11km

| | コメント (4)

2013年11月 3日 (日)

意外と高インピーダンスなのね

11031 地道に回路図を起こしながら始めたトラブルシューティング。取りあえず電流設定用VRから入力切り替えのアナログスイッチまでを見ていった。
 回路はだいたい把握できた。そしてトラブルシューティング用と破損時の交換対策として4053はICソケット式にやり変えた。
 色々測定していくと電流設定用VRとアナログスイッチの間におかしい箇所が有ることが解ってきた。この間に有るのはローパスフィルタ?の抵抗とコンデンサ、それと0Vと15Vにクランプする保護用ダイオード。
 このうちのどれかと思って見ていくと、犯人はそれらの素子ではなくて基板上の汚れだった。汚れと言っても溶接機に付く汚れだから鉄粉などを高濃度で含んでいる。それが入力信号を15Vにクランプするダイオードと並列に入った形になり、中途半端に、不安定に、入力信号に15Vをミキシングしていたのだった。
11032  それにしても高インピーダンスというか敏感な回路だ。設定用VRは10kΩで直列に入った保護用というかローパスフィルタの抵抗は1kΩ。ここがもう少し低抵抗で構成されていれば、今回のトラブルも表に出なかったかも知れない。
 ああ、でもその先がアナログスイッチだから何か理由が有るのかも知れない。私はアナログスイッチを単純な用途でしか使ったことが無いから、こういう細かい設定の部分は解らない。
 今後の保護のために、基板をシンナーで洗って綺麗にして、その上に保護用と絶縁用を兼ねて塗料を縫った。写真の塗料は凄く具合が良い。サンハヤトなどのヤツよりも低価格だし、塗膜も強くて透明度も高い。そして水性なので筆洗いが楽。うるさい仕事じゃなければお勧め。

  6時前頃にトイレに起きたら雨が降っていた。バイクだけ練習会に出ようかな?と言う気があったのだけど止めて寝直した。起きたのは08:00過ぎだった。
 朝飯の後はゆっくりコーヒーを飲み、九州一周駅伝を見に行くことにした。トヨタ九州の押川君が直方-田川間を走るのでその区間だけを。
 直方市役所に行ったら直ぐに押川君に会った。調子を聞いたら悪くないという。宮崎に累計で3分以上差を付けられているし、2区の岩井選手は持ちタイムでは上。区間賞が取れたら良いねえ、とか話をして赤池に向かった。
 赤池の橋の辺りで待っていると宮崎が先に通過。ストップウォッチを押して押川君を待つ。見えているのだけどなかなか来ない。55秒後に通過した。大声で55秒と伝えた。後の車の窓が開いて森下さんが顔を出したので、そっちにも55秒と伝えて私の応援は終わり。
 後で結果を見たら区間賞を取っていた。45秒差で襷を受けて赤池で55秒差まで広がって、その後で追い上げたみたい。なかなか素晴らしい。モチベーションが上がったけどまだ走らない。今日はエアロバイクを漕ぐだけにした。

バイク 20km

****************************************************************
 そうそう、知っている人が居たら教えてくださいな。南関ICから長州の日立造船まで、高さが4.1mくらい有る超大型のトレーラが通れる道はどのルートでしょう?。
 大阪で化け物みたいなフランジを作っている知り合いが来週陸送するみたいで、高速を降りた後のルートで悩んでます。
 2回ほどハムフェアで造船所の近くまで行ったことは有るのですが、その時は三井グリーンランドの前を通って、その後は海沿いの道を通りました。この道は凄く細くてクランクみたいな場所まであったような気がしてます。

| | コメント (0)

2013年11月 2日 (土)

地道にやろう

1102 引き続き溶接機の修理ネタ。時間があまり取れないので集中して取り組むことが出来ず、イマイチ進みが悪い。
 そんな状況なので手っ取り早い方法を試したくなり、適当に交換しては駄目で次も駄目で・・・と成りつつある。他人や息子がそんなやり方をしているとそれでは駄目だと言えるのだけど、自分に対して的確なアドバイスをするのは難しい。
 それでもなんとか自分に言い聞かせて、真面目に回路図を起こして的確なトラブルシューティングをやっていこうと思い直した。
 何時になるか解らんし、もしかしたら解決しないかも知れない。でもその過程でナショナルの技術者の考え方とか色々と見えてくるのは楽しい事だ。

 昼はスイミングに行ってきた。先週は行けなかったので1週とばしになる。今日は時間が取れたので少し早めに行き、始まる前に1.5kmくらい泳いでおいた。
 スクールの前半はクロールのドリル。リカバリーの部分で肩を後から大きく回すように修正された。後は左手の軌跡が外に行きすぎて居たようで、体の中心をかくように修正された。
 後半は平泳ぎのドリル。手を掻き終わったときに体は上に上がりやすく成った気がするけど、今日はキックが全く進まなかった。

スイム 2.3km

| | コメント (0)

2013年11月 1日 (金)

4053

1101 TIG溶接機の続きでトラブルシューティング。弾けたツェナーをカンジニアリングで交換してみた。その後で組み込んで動作確認したけど完全じゃない。
 うーん、古い機械は悪いところが1箇所とは限らないから他も見る必要が有りそう。コンデンサは少しずつ交換しているけど、これは本命では無さそうな感じ。
 電流検出部を修理したので今度は指令側を見ようと思い、溶接電流とかクレータ電流の指令値を見てみた。すると溶接電流の指令値が安定して居ない事が解ってきた。
 VRの両端電圧は安定している。でのVRの出力というか摺動子の電圧がおかしい。位置は50%なのに電圧が70%出たりする。どういう事だ??。両端の電源は十分なインピーダンスと安定性が有るけど、摺動子に繋がっている回路が高インピーダンスじゃ無くて不必要に低インピーダンスな何かが入り込んでいる??
 そんな気持ちで軽く回路を追っかけていったら、CMOSのアナログスイッチで各種指令値を切り換えて居る回路にぶつかった。切り替えだからマルチプレクサというのだろうか。
 面倒なのと、時間が無かったのと、同じ型番の手持ちが有ったので4053を交換してみた。これが壊れて居ただけなら治るはず。それ以外の原因なら入力部だけでも回路を追っかけて行く必要が有りそう。ああ、面倒だ。

 今日も飯塚のプールに行ってきた。肩を回す意識のドリルは少なめで、足をしっかり打ったり足のリズムを乱さない事を頭に置いて泳いだ。
 途中で人が凄く多くなり、サークルで泳ぐことが難しくなった。コースを変わって長い距離を泳ぐのに切り換えた。前半はゆっくりのリズムで、一休みして後半は早めのリズムで泳いでみた。
 今までで一番腕や肩の力を抜いて泳げたような気がする。でも呼吸の時に体幹というか背筋というか、その辺りの筋肉は意識する必要が有る。これが良いことなのか無理しているのか今の私には解らない。

スイム 3.0km

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »