« 人を見かけで判断してはいけません | トップページ | 直結 »

2013年10月28日 (月)

交流モードの調子が悪い

10272 これは今日じゃなくて週末にやった作業だけど、昨日は沢山書いたので今日に回した。
 仕事で使いたい部品は来ないし、脹ら脛は痛いし、なんか人生のやる気が1/3くらい消滅した。気晴らしに溶接でもしようと思って空いた時間に1個ずつ作業した。
 ところが溶接機の調子が悪い。先日は1次側をIGBTに変更して絶好調と思っていたけど、よく考えたらあの後で交流モードは試験して無かった事に気がついた。
 もしかして2次側の片側のトランジスタが死んでいるのかな?と思いながらも、悪あがきで調節用の半固定VRを弄ったらアークが連続するように成った。
 でも何となくおかしい。直流の時と設定値に対する実電流が相当違う感じだし、使い始めと後半でも極端に電流が違う。うーん。
 そんな機械を使って素人が溶接するわけで上手く行くはずがない。しかもアルミだし、板厚が違うし、片方は変形パイプだし。。。
 それでもなんとかくっつけて屋根に乗せてみた。まだ下側のクランプを作ってないので乗せただけ。眺めていたら気分が高揚してきたのでサイクルキャリアも2個乗せた。割りと良い感じだと思う。
 心配していた強度・・・と言うよりも剛性の方だけど、側板とビッチリ溶接したら格段に向上した。やっぱりピンよりもラーメンの方が高剛性だ。そうか、下の方のクランプも追加したら車体との結合に関しても軽いラーメンと考えられる。最終的にはもう少しだけ剛性が上がるかも知れない。

 脹ら脛は少しだけ痛みが少なく成ったかな?と言う程度。それとは別に太腿の筋肉痛が始まった。これは昨日のスイムでキックをバシャバシャやったから。
 特に息を吸うときに背筋で顔を引き上げながらキックしたのが効いた。意識して数回呼吸しただけで脚が攣りそうに成ったし。
 寝る前にエアロバイクでも漕ごうかな、脹ら脛に負荷をかけないように踵でペダルを踏んで。

|

« 人を見かけで判断してはいけません | トップページ | 直結 »

コメント

溶接は全く出来ませんが溶接機は職場で時々診ます。直流アークがほとんどですがたまに交流TIGが調子悪いと言われます。ラインが往復で2ターンもしているとZが上がり調子悪いときがあります。

投稿: riki | 2013年10月28日 (月) 22時02分

 エアロバイク漕いできました。でもお菓子食べたし±0かも。

 ぜひうちの溶接機も見てください。クリーニング幅に比例してトータル電流が変わるし、出力波形を見たらプラマイで電圧が対称じゃ無いし、凄くノイジーだし、また分解かなあ。。。と気が重いです。

投稿: みつやす | 2013年10月28日 (月) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人を見かけで判断してはいけません | トップページ | 直結 »