« 父さんが夜なべをして・・・ | トップページ | 久し振りに2種目 »

2013年9月21日 (土)

焼き戻しは控えめに

09211 溶接機の部品を昨日の夜作ったので、今日はラクソー本体に組み込んで試運転をしてみた。結果はウンともスンとも言わずに無反応。
 これは外れだったか、輪っかにして売ってくれる業者から刃を買うしか無いかな?と思いながら溶接機とグラインダ部Assyを外してみたらこんな感じ。
 他の所も似たような感じだったけど、ここは今まで一回も開けてないからオリジナル状態を維持していたらしい。
09212  火が出なかっただけでも運がよかったと思い、コンプレッサからエアホースを引っ張ってきて掃除したら結構綺麗に成った。
 コンデンサが見えるけどグラインダのモータ用。溶接機は蓄電とか全くなくて、片手で持てるくらいの小さなトランスが有るだけだった。
 トランスの巻線抵抗を測ったら生きていたので、配線を追っかけて回路図を書きながら動作原理を考えた。
09213  今日のスペースに書けそうに無いので後で書くけど、通電して、発熱しながら押しつけられて、定位置まで来たら通電が切れる。別のつまみで押しつけ圧力の調節が出来る。こんな機構をメカと接点だけで実現してあった。こう言うのも好きだ。
 押しつけ量をどのくらいにするか解らなかったので、適当に調整したら0.6mmくらいに成ったのでそのまま組み立てた。
 今度は溶接が出来るようになった。そこで短い刃を切り出して何回も試行錯誤した。溶接は初めの頃から出来ていたけど焼鈍が難しかった。
09214  溶接した刃を焼鈍ポジションらしき場所に移動して再クランプ。溶接とは別の焼鈍ボタンを押してクランプ部を発熱させて焼鈍する。
 油断していたら赤熱してしまい、クランプ部品の性で急冷されてピキピキに焼きが入ってしまう。
 中途半端だと脆性がでるだろうなぁとか思いながら繰り返し、取りあえず解った結果は「控えめに2-3回暖かくする」だった。色が変わるほどやらない方が良い感じ。
 この後でグラインダで凸部を削ったら出来上がり。だいぶ安定して出来るように成ったので、リールで買った刃を輪にしてみた。これは一発で出来た。
 試してみたら3.2mmのSPCCがザクザク切れた。素晴らしい。保護メガネと革手までして恐る恐るやったのに切れなかった。たぶん安心して顔を近づけた時に切れると思う(笑)。

 今日の昼はスイミング。プールに行ったら車が少ないし先生の車が見あたらない。おかしいなあと思いながら受付に行くと、先生の都合で今日のレッスンは中止になったらしい。
 どうしようか悩んでいると、受付のオッサンが「せっかく来たならそのまま入りなさい」と言ってくれたので券を買わずにそのまま入って泳いだ。
 今日もキックを中心に、キックだけじゃなくて腕との関係とかを感じながら泳いでみた。両方を意識しながら泳ぐのは難しい。キックだけで出来ていたリズムが手を付けると乱れる。
 明日の昼は先々週の振り替えでレッスンの予定に成っている。先生は来るのか?朝一にバイキング練習会に行き、自転車だけ乗ってプールに行くか。。。寝る前に考えよう。

スイム 2.0km

|

« 父さんが夜なべをして・・・ | トップページ | 久し振りに2種目 »

コメント

ラクソー君の性格がつかめない。単なる帯鋸かと思ったら、焼鈍も出来るらしい? どんな性格をしているのだろうか?(o^-^o)

投稿: ラ・モート | 2013年9月22日 (日) 19時41分

 焼鈍は難しいです。一歩間違えると真っ赤になって焼き入れです。
 今は自分で溶接した鋸歯が活躍中です。気に入らないとポッキリと折られてしまうかもしれません。

投稿: みつやす | 2013年9月22日 (日) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 父さんが夜なべをして・・・ | トップページ | 久し振りに2種目 »