« キツイ筋トレ | トップページ | 電力計の交換 »

2013年3月25日 (月)

エンドミルも行けるかも?

0325 再研磨したドリルの具合が良いので、調子に乗って貧能工具研削盤で欠けたエンドミルも再研磨してみた。
 向かって右がハイスの11.4mmで左が超硬の6mm。物によるとは思うけど、この二つのエンドミルは対になった刃が対称ではない。これはドリルのようにチゼル部が有ると突っ込むことが難しく成るので、敢えてずらして有るのでは?と思う。
 再研磨もその思想を尊重して非対称にしてみた。11.4mmの方は刃を振り分ける溝が残っていたので問題には成らなかったけど、6mmの方は大きく欠けて居たので溝が無くなった。新たに溝を掘ったけど、草刈機用の1,000円位のダイヤモンドディスクなので厚すぎた。もう少し小さいサイズだと刃がなくなってしまいそう。
 ドリルは切れ刃の部分と後の逃がしの2箇所を研磨すれば行けたけど、エンドミルはそれに加えて反対側の刃のフトコロと言ったらよいのか、3箇所目も研磨しないとそれっぽい刃形状に成らない事が解ってきた。
 ドリルに比べて芯の部分が太い感じがする。これは横剛性を出すためにこうなっているのかもしれない。
 適当な再研磨方式だけど、最初の切れ刃の部分さえ研げていればそれなりに切れた。左右の刃先位置はずれていると思うので、カットは1刃だけだろうと思う。それなら送りを半分にすれば良いだけだ(笑)。
 横から見た刃先も軸に直角では無いと思う。でも平面を出すには全体が凹形状で、刃先が少し出た感じにする必要があるのかもしれない。フライカッタの事を思えば。
 いや、あまりに気にすることも無い。逆に全体が凸形状になったとしても、ラジアスエンドミルと思って加工すれば良い。。。うーん、そんなことは無いだろうなあ。

 晩飯の直前まで止めにくい仕事をやっていて、そのまま晩飯に突入したので夕方のトレーニングは無しになった。食べ過ぎさえ無ければ、休養もトレーニングのうち。と言うよりも休まないと成長(回復)しないんだよ。
 と、屁理屈ばかりの毎日だ。

|

« キツイ筋トレ | トップページ | 電力計の交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キツイ筋トレ | トップページ | 電力計の交換 »