« 鈑金屋さん | トップページ | コレットチャックのような物 »

2013年3月 6日 (水)

グッドバイ・ユニバーシティー

0306 時々、仕事場にピンズラー英会話を流しているのだけど飽きてきた。それと教材の性質なのか私の性格なのか解らないけれど、聞き流すだけでは覚える事が出来ず、覚えようとするには能動的に関わらないと駄目な気がしてきた。
 そこで今日は気分を変えて、竹内まりやの曲を聞き取る事にした。サビの部分が英語に変わるタイプが多いけど、それだと勉強に成らないような気がしたので全編英語のヤツから「グッドバイ・ユニバーシティー」
 何回か必死で聞いて全体の雰囲気的には8割くらい聞き取れた。でも書き取れと言われたら半分くらいかも。と言う段階で歌詞を検索して見ながら聞いた。こうなるとほぼ全て解る。当たり前か(笑)。
 聞いていると最後で変な所が見つかった。2番の最後の繰り返しの部分でネット上の歌詞では1番も2番も同じで「Look at the sky it's started to rain」と成っているのだけど、どう聞いても違って聞こえる。
 何回も何回も聞いた私なりの結論は「Look at my eyes I'm starting to cry」じゃ無かろうか?と言うもの。「I'm」の部分は単純に「I」にしか聞こえないような気もするけど、文法的に「I'm」なのかな?と言う気持ちが有ってそんな風に聞こえたような気がした程度。
 どうしてこうなるのだろう??私が調べた限りではネット上の歌詞データは全て「Look at the sky it's started to rain」と成っている。バージョン違いが有るのだろうか?

 歌詞の流れから考えてみると、1番も2番も同じ流れに乗りながらも少しずつ変えてあり、1番では「貴男が卒業」「夏にはフットボールに行った」「何時までも一緒と言った」「空を見て、雨が降りそう」と来る。
 そてに対して2番では「私が卒業」「冬にはフィライデーダンスに行った」「朝まで踊ったのは昔の話」と来るのだから、「空を見て、雨が降りそう」と来るよりも、「私の目を見て、涙が溢れそう」と来る方が、詞の流れとしても滑らかな気がするのだけど。うーん。

 今日は婆さん達が旅行に行っていて、例によって鍵を持たずに出ているので家に居るしか無かった。エアロバイクでも漕ごうと思っていたけど、作業場の整理的な事をやり始めたら止まらなくなって、ずっとそれをやってしまった。
 晩飯は珍しくスパゲッティーだった。我が家ではスパゲッティーは日曜日の昼が多い、理由は解らないけど。今日は大盛りだった。今日はカロリーを消費して居ないのに困った事だ。
 チビ・デブ・ハゲの三拍子揃ったら離婚と言われた事が有るけど、最初と最後のは本人の努力ではどうにもならない。特に最初のヤツは既にクリヤしているし(笑)。
 と言うことはデブに成ったらお終いという事だろうと思うけど、こんな大盛りが出てくると言うことは暗にデブの方向に誘導されているのかもしれない。
 恐ろしい事だ。寝る前にエアロバイク漕いでおこう、300Wで。

|

« 鈑金屋さん | トップページ | コレットチャックのような物 »

コメント

「Look at my eyes I'm starting to cry」って歌ってますね

投稿: | 2013年3月 6日 (水) 23時03分

 やった!賛同者が現れた。ありがとうございます。

投稿: みつやす | 2013年3月 6日 (水) 23時19分

飲む 買う 打つ
巨人 大鵬 卵焼き
ちび でぶ はげ
3拍子 揃った事を英語では、オールラウンド というとか・・・・・。3拍子を回避する為、デブは、治るのでそっちを狙う人が多いと思います。

卓球では、出場するクラスが異なるので面識がありません。たぶんラ・モートさんは平日開催される大会に出場されてると思います。こちらは、休日、祭日の旗日や土曜日、日曜日の大会をメインに出場してます。
今度の日曜日に試合があるので出場しようと思ったのですが、調べると申し込み締め切りに1日過ぎて気づいてしまったので、間に合わず出場を逃がしてしまい残念でしたー。

投稿: そクラテす | 2013年3月 7日 (木) 06時41分

 死去のニュースで初めて知ったのですが、大鵬はハーフだったんですね。
 年代的な物なのか地域的な物なのか解りませんが、相撲取りがヒーローだった記憶はなく、爺さん婆さんが見る番組でした。

投稿: みつやす | 2013年3月 7日 (木) 08時23分

私も同じように聞こえましたが,ずっと英語から逃げ続けていた私なので自信はありませんでした.

そこで,妻にも聞いてもらいました(国内で偏差値TOPの英米語学科卒).間違いないとのことです.安心してください.ちなみに,はっきりと「I'm」って言ってるそうです.

最近,彼女が聞いた日本人の歌の中で最もネイティブに近いのはRakeだったそうです.是非,チャレンジしてみてください.

投稿: とみかず | 2013年3月 7日 (木) 21時55分

 どんどん賛同者が増えてきたと言うよりも、そんなレベルの人が言ってくれるのなら確定ですね。ありがとうございます。
 そんな人が身近に居るなら、家庭内の公用語を英語にしたらどうですか?。羨ましいです、我が家では無理ですから(笑)。

投稿: みつやす | 2013年3月 7日 (木) 22時24分

大学時代,家庭内の公用語を英語にした先生(=先攻は英語じゃなくて情報工学)がいました.家族全員が無口になったそうです(笑)

うちの子供達は幼稚園に入る前から英語教育をしているので大丈夫だと思いますが,私はまったくダメです.おそらく私だけが無口になるでしょう.だって何かしゃべると発音が悪いとかですぐに笑い者になるんですから.

投稿: とみかず | 2013年3月 7日 (木) 22時36分

 小さい頃から接しておくのはよい結果に成るでしょうね。水泳のキックも(笑)小さい頃にやった方が良いと思います。

 うちでは次男が直ぐに発音の事でケチを付けてきます。ヤツは語学オタクです。「マルチリンガルなんて工具集めと変わらん」と反論はしますが、本心はちょっと悔しいです。

投稿: みつやす | 2013年3月 7日 (木) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鈑金屋さん | トップページ | コレットチャックのような物 »