« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

せいくらべ

0331 今日はお昼にトヨタ九州の陸上部後援会の総会が有ったので、朝の間だけ仕事をして赤間から電車で博多に行った。
 これは何時も部落の総会と重なる。でも最初の頃は宮田工場で有っていたので、部落の総会が終わってから急いで移動したら間に合っていた。でも博多に変わってからは間に合わないので行ったことが無かった。
 今年は3月に開催されたので、久し振りに行ってみようと思って参加。

 受付を済ませて入口で後援会グッズを見ていたら、普段と違う恰好のshinakoさんと会った。どうしてこんな場所でも会わなければ成らないのか?と思ったけど、これも運命と考えて同じテーブルに行った。
 各テーブルには選手が1名と所属部署の課長か部長辺りが強制的に?配置されていた。我々のテーブルは廣末君。新卒ながらニューイヤーの6区を走った期待の新人だ。
 各選手は「今日はお前達はホストに徹しろ!!」とでも言われて居たようで、誰もがビールをついで回ったり気を使って大変そうだった。人によっては練習よりもキツかったかも?
 途中で加藤君が回ってきたので呼び止めて背比べした。私が家で「1hyde」と言われている事は以前に書いたけど、ほぼ同じスペックの彼とどちらが背が高いか勝負をしておきたかったから。
 公正を期すためにshinakoさんに写真を撮って貰った。微妙に加藤君の方が勝っているような気がする。しかも彼はソーティーみたいな薄い靴だけど私はNBの初心者用。裸足だとさらに5mmくらい差が広がりそうだ。全体の清潔感も全く違う。残念ながらこの勝負は私の負けのような気がする。
 背比べの後は「小さくてカワイイ感じの女の子にはモテないから、でかいモデルみたいな女の子の方が受けが良いぞ」とか、「そうですねえ、子供のことを思うとその方が・・・。」とか、陸上とは関係のない小さいオッサン同士(笑)の話をした。
 酒井君は意外と良く喋る人でびっくりした。押川君はあと1ヶ月くらいで走れそうとの事で安心した。新しい外人のカレミ・ズクは強そうな顔つきで期待できそう。
 天気がよいのにトレーニングを休んで総会に行ったけど、それなりに楽しい時間でモチベーションも上がったので良かったと思う。

 かえってから例の巨木の処理をした。玉切りは全て終わっていて巨大なヤツは縦にさらに2分割まではしている。でもその状態でも全然持ち上がらない。そこで今日は更に半分の4分割にしてから軽トラに積み込んだ。
 この状態でも軽トラの荷台に持ち上げるのがやっと。直径が60cmくらいのヤツは2分割でも何とか上がるけど、80cm以上の部分は4分割してギリギリ上がるくらい重い。
 これを2回やった。背筋がピキピキに成ってしまった。でも故障だけは絶対に避けたかったので、腰回りの筋肉に力を入れて注意しながらやった。おかげで故障までは行かなかった。
 どんな体幹トレーニングよりも効果が有ったと思う。いや、科学的なヤツの方が効果はあるかもしれない。でも、相当キツかったので効果があったと信じたい。
 今日は長男も帰ってきていて、久し振りに家族5名と爺さん婆さんの7名が揃った。ちょっと豪華目の夕食が出た。昼もそれなりの物を食べたので幸せな1日だ。

| | コメント (2)

2013年3月30日 (土)

ドリルチャック

0330 今日はドリルチャックに感心した。写真全部で1,000円のジャンク品を買ったけど、1個だけ痛みが激しかったので分解してみた。
 ピッタリのリングを旋盤で作り、その上にチャックを乗せてプレスで軽く押すと簡単に分解できた。
 構造自体は色々な書物やWEB上の資料にも有るので知っては居たけど、現物を自分で分解組立したのは初めてなので嬉しかった。
 リングナットが割れているのには驚かなかった。コンロッドの大端部ですら、こんな風に割ってあるタイプが有ることは知っていたから。
 解らないのはカメラの三脚のように三方に向けて開けられた穴。たぶんH7くらいの精度は有るだろう。これをどうやって開けるのか?
 頭の方に予肉を付けておき、その先端を開けたい穴と直角の斜面に仕上げておく。そこから三方に途中でクロスする穴を開けて、後でクロスの辺りで予肉を切り取る??
 どうだろう。

 午前中はやる仕事が有ったのでそれを片付けて、昼にタケノコを見に行った。雨が降って少し暖かくなったので出ているかな、と思って。予想通りにポツポツと発見できて全部で10本掘った。
 自分の家で初物として食うには多すぎたので、直ぐに茹でて中村家に持っていくことにした。アヤちゃんのお腹がどのくらいに成ったか(笑)確認も兼ねて。
 奥さんとアヤちゃんが居たので結婚について根掘り葉掘り聞いた。写真も見せて貰った。相手の歳と名前も聞いた。仕事も聞いた。実家の住所も聞いた。長男かどうかも聞いた。年収と身長・体重は聞き忘れた。アヤちゃんのお腹は大きくなって無かった。
 で、ここからは業務連絡で集まってお祝いしようという話だけど、今のところ入籍して新居が決まった後の夏頃はどうだろう?という感じ。メンバーは子供も含めて全員集合で、面倒だから?アヤちゃんの友達関係の綺麗どころも??一緒にやろうという話。
 奥さんが私が招待して金を出すというので、それだと出席者がお祝いを持ってくることに成ってかえって高くつく(笑)。とか色々話したけど、費用の面は会費制とどちらが良いか要検討と思われる。
 書いていて思ったけど、子供も全員集合とか言うとお盆くらいじゃ無いと難しいかも?と言う気がしてきた。大人でも遠くの人も居るし。

 昨日の深夜というか今日になって次男が帰ってきた。ずーっとEU何とかと言うシステムでオーストリアに行って居て、25日に神戸に帰ったばかりらしい。
 それだけなら良いのだけど、どうもインフルエンザ?的な症状で熱が出てきて辛そうにしている。せっかく体調が良くなったのに風邪とか引きたくない訳だ。今日はトレーニングで免疫力を落とすことはせずに、ドリドリ君と静かに遊んで普通に晩飯を食べ、食べ過ぎない程度にお菓子もつまんで寝ることにした。
 神様、私を病気にしないでください。1回体調を崩すと数週間のトレーニングがパーです。

| | コメント (0)

2013年3月29日 (金)

オイル量はロードセルで量る

0329 今朝運び込まれてきた変な機械。トルコンのオイルを交換する機械らしい。書いていて気がついたけどトルコンとか言うと爺さん臭い。ATトランスミッションと書くべきか。いや、ATのTはトランスミッションだから日本語的に変か?等とどうでも良いことが妙に気になる。
 本題はこれの故障を修理できないか?と言う依頼。前回のホイールバランサの修理の話が伝わり、他の修理工場から持ち込まれた。
 朝は一通り話を聞いて受け取り、夕方に成って裏蓋を開けてみた。圧送用ポンプと油量の計量のためにポンプの様な物が有るのかな?と思っていたら予想を覆す構造だった。
 油量を量るのはロードセルだった。そう、単純に重さを量っているだけ。風袋の重さはゼロセット操作でキャンセルするように成って居る。成るほど、簡単で信頼性の高そうな構造だ。これを見ただけでこの装置を開けた価値があった。

 こういう事をやっていると、何をやっているか解らないと言われる事が有るけれど、自分的にはドリドリ君と同じ内容の仕事だと思っている。機械と電気が融合した製品の開発をしたり修理をしたり。
 一昔前の言い方をすればメカトロ機器。設備屋さん的な言い方をすれば機電一体品。その手の機器は複合的な構造に成っているので、マイコンソフトの天才が居ても全体の設計は出来ないし修理も出来ない。その機械に使われている技術を薄く広く把握しておく必要がある。
 そう言う意味ではドリドリ君の開発の為にホイールバランサやトルコンオイルチェンジャーの修理をしながら、構造に感心をするのは非常に意味がある。。。と私は思う。
 異論は、沢山あると思うけど(笑)。

 今日はバイク。水泳のドリルのように考えながら乗ってみようと思い、家の前の坂道とか昨日草刈をした土地とか、その辺りをグルグル走り回った。
 筋トレを兼ねて重いギヤを選んでみたけど、あまりに重いと無理に全身の筋肉を使ってしまうので良くない気がしてきた。そこで1段だけギヤを軽くして力の入れ方を把握できる位のトルクで走ってみた。悪くない気がする。
 上体をしっかりと固定し、腹筋もガチガチに固めてみると大臀筋辺りの筋肉が意識しやすい気がした。今日のような乗り方も悪くない。

バイク 12km

| | コメント (2)

2013年3月28日 (木)

春なのに草刈ですか?

0328 スーパードリドリ君のコラムとZ軸関係と主軸関係が纏まってきたので、最終試験を兼ねて先日と同じ穴を拡大する加工をしてみた。
 一目瞭然と思って写真を撮ったけど、なんか全然違いが分からん。しかも先日の方が切削油で濡れているせいか綺麗に見えなくもない、なんか悲しい。
 しかし前回と今回は切削条件が全く違う。前回はハイスのエンドミルを使い、切削油をかけながら慎重に削った。それでもかなりビビリが出たというか、主軸廻りがブルブル震えた。
 それに対して今回は、超硬の4枚刃の8mmを使い、この機械の最高回転数である1700rpmでドライ切削している。Z軸は5mmずつの2段階。半径方向は刃物径の5%で0.4mm。送り速度はF250にした。主軸が3500rpmくらい回ればF450くらい行けるかもしれない。
 これはかなり凄いことだと思う。どのくらい凄いかというと、38歳でメタボ予備軍のオッサンが走り始め、マラソンで2時間52分を出したくらい凄い。
 実業団から見たら話にならないタイムだし、ネットに多数居る評論家達に取っても凄くない。でも実際に走っているオジサン・オバサンなら少し驚く。そのくらい。
 そんな事を試せたり書いたり出来るくらいにスーパードリドリ君のZ軸廻りはしっかりしてきた。動画を撮影してアップしたいのだけど、照明とか背景とか色々と面倒で始まらない。
 ただ、XY軸の方には問題が残っていて、写真の背景に測定値が少し見えるけど真円度が悪い。うちの貧弱な機材で測定してもはっきりと楕円だと解ってしまう。
 もう少しは何とか成りそうなので、明日からはそれをやる予定。

 今日はバイクの予定にしていたし天気もよかったのだけど、何となく脚が怠くてやる気が湧かなかった。これは運動の神様が休養が足りないと言っている?と判断して止め。
 変わりに例の巨木の玉切りと家の廻りの草刈をした。下の土地の草が30cm以上に伸びて居たから。3月に草刈をしたのは初めてじゃ無かろうか?
 気温が少し上がっただけで植物の変化は凄い。基本的に化学変化だから当たり前の事なのかも知れない。ああ、でもタケノコは未だ出てこない。いや、有るのだけど全部猪が食べてしまう。

| | コメント (2)

2013年3月27日 (水)

素人研削盤に駄目出しされるようでは。。。

03271 中学校の学習用旋盤に、高速電機の棒グラインダを取り付けた研削盤のような物。今日はこれで中国製のコレットチャックを削った。
 ドリドリ君の改良版であるスーパードリドリ君が良い感じに成って来たので、刃物の振れを測定していたときのこと。MT3-ER25のコレットチャックに付けたエンドミルがP-Pで0.05mmくらい振れていた。
 うちのドリドリ君は当たりなのか、主軸テーパのMT3の内側は0.01も振れていない。だからその先に原因が有ると踏んで測定していくと、上記コレットチャックのMT3のオスの部分と、ER25のメスの部分が0.05mmくらい偏芯している事が解った。
 ERコレットは6.6mmとかの中途半端なドリルでも掴むことが出来て便利に使っている。ただ、コレットまでセットで1万円くらいの中国製なので質は期待できない。そして私のヤツはその通りで外れだった訳だ。
03272  このまま使おうか悩んだけど、何事も経験なので自作の研削盤のような物で削ってみることにした。
 テーパはオリジナルに合わせて複式刃物台をセット。その状態でチーンと削ったのが2枚目の写真。
 削る過程で偏芯が体感できた。そしてしばらく削って95%くらい偏芯が解消されたとき、入口の方だけ偏芯が残っているようなチラチラした見え方に成った。回転を止めてみたらこんな風に成っていた。
 全体が偏芯しているだけじゃなくて、入口の3mmくらいは更に妙な削り方に成っていたと思われる。ダイヤルで測定したら削り残しの部分は0.03mmくらい凹んでいた。
 これまで削ると全体の軸方向の位置が狂いすぎるような気がしてきたので、他で把握されることを期待してこの部分は削らずに残すことにした。
 これで削った部分はP-Pで0.01から0.02くらいの振れに収まった。0.02は表面粗度が悪くて引っかかりがちに成っている様なので、後で摺り合わせみたいな事をしたら全体的に0.01くらいに収まりそうな感じ。
 この後コレットとエンドミルを付けて見たら、今度はコレットの精度にも問題が出てきたのだけどそれはまた後日。
 素人の研削盤の様な物に駄目出しをされるようではいかんと思うけど、工作機械屋さんでER25の10mmとか買うと、コレット1個でこのセット全体と同じくらいの値段がするわけで、安い値段で楽しませて貰ってありがとう(笑)、と考えるしかない。

 ランで脚が疲弊しているわけで、その状態でバイクは良くないような気がして今日はスイム。別の見方をするとスイムでキックを使わないつもりだな?とも言える。
 SKPSのアップの後は3000mを泳いでみた。とにかく無駄な力を入れないこと。後半になってもよい姿勢を維持すること。それだけを考えて泳いだ。今までの3000mの中で一番力を使わずに泳げたと思う。
 後はプルで色々なドリルをしておしまい。かなりの距離を泳いだので血糖値が下がってフラフラだった。帰ってから大手を振ってお菓子を食べた。

スイム 4.2km

| | コメント (2)

2013年3月26日 (火)

電力計の交換

0326 1週間くらい前に通知の紙が入っていたけど、今日の昼間に電力計の交換作業が有った。これは九電の持ち物なのか?九電(九電工)から人が来て無償で作業をしていった。
 通知の紙には「不在の時にも作業する」「通常通り電気は使い続けていて良い」と書かれていたので、どんな作業をするのか興味が有った。
 最初の方だけ見ていたら、あらかじめ電力計の入力側と出力側を活線状態で短絡しておき、その状態で電力計を交換するように見えた。
 短絡する配線の途中には小さな小箱があり、それがどんな仕組みでどんな動作をするのか興味があったけど、こっちにも仕事が有ったし向こうも仕事で見られるのも鬱陶しいだろうから、適当に切り上げた。
 あのオッサンが失敗したら停電に成るよなあ、PCだけでも落としておくか、とか少しだけ考えたけど直ぐに忘れた。しばらくして見に行ったら既に作業は終わっていた。

 ここ数日に比べたら今日は少し寒い。タイツと長袖ジャージでランニングしてギリギリの感じだった。これ以上寒くなるとペースを上げるかウインドブレーカになる。
 最近の日常化してきた18kmのコースを走った。今日も長濱に会うかな?と思っていたらやっぱり会った。アイツは本当に毎日走っている感じ。錦帯マラソンとバラモンに出るからマジでやっている。
 今日は何故か脚というか腰の動きの感触が良かった。腰から動きが始まって上手に推進力に成っている気がした。まあ、気分だけかも知れないけれど、悪い気分よりも良い気分の方が良いに決まっている。

ラン 18km

| | コメント (7)

2013年3月25日 (月)

エンドミルも行けるかも?

0325 再研磨したドリルの具合が良いので、調子に乗って貧能工具研削盤で欠けたエンドミルも再研磨してみた。
 向かって右がハイスの11.4mmで左が超硬の6mm。物によるとは思うけど、この二つのエンドミルは対になった刃が対称ではない。これはドリルのようにチゼル部が有ると突っ込むことが難しく成るので、敢えてずらして有るのでは?と思う。
 再研磨もその思想を尊重して非対称にしてみた。11.4mmの方は刃を振り分ける溝が残っていたので問題には成らなかったけど、6mmの方は大きく欠けて居たので溝が無くなった。新たに溝を掘ったけど、草刈機用の1,000円位のダイヤモンドディスクなので厚すぎた。もう少し小さいサイズだと刃がなくなってしまいそう。
 ドリルは切れ刃の部分と後の逃がしの2箇所を研磨すれば行けたけど、エンドミルはそれに加えて反対側の刃のフトコロと言ったらよいのか、3箇所目も研磨しないとそれっぽい刃形状に成らない事が解ってきた。
 ドリルに比べて芯の部分が太い感じがする。これは横剛性を出すためにこうなっているのかもしれない。
 適当な再研磨方式だけど、最初の切れ刃の部分さえ研げていればそれなりに切れた。左右の刃先位置はずれていると思うので、カットは1刃だけだろうと思う。それなら送りを半分にすれば良いだけだ(笑)。
 横から見た刃先も軸に直角では無いと思う。でも平面を出すには全体が凹形状で、刃先が少し出た感じにする必要があるのかもしれない。フライカッタの事を思えば。
 いや、あまりに気にすることも無い。逆に全体が凸形状になったとしても、ラジアスエンドミルと思って加工すれば良い。。。うーん、そんなことは無いだろうなあ。

 晩飯の直前まで止めにくい仕事をやっていて、そのまま晩飯に突入したので夕方のトレーニングは無しになった。食べ過ぎさえ無ければ、休養もトレーニングのうち。と言うよりも休まないと成長(回復)しないんだよ。
 と、屁理屈ばかりの毎日だ。

| | コメント (0)

2013年3月24日 (日)

キツイ筋トレ

0324 朝起きたら予想通りに脚が怠い。特に足の裏が痛怠い感じがあるので走るのは止めにした。と言うことで仕事と家の廻りの事をする1日に。
 一番大変だったのが写真の玉切り作業。奥の方に見えているのが今日切った部分で平均的な直径で60cm有る。20インチの中国製チェンソーでも両側から切らないと届かない。
 それよりも大変なのが田んぼの中にべったりと置いてあるので、土を切らないように玉切りしていくのが一苦労。長さが40-50cmくらいに切ったヤツでも転がすのがやっとだから、5mくらいの幹が動くわけがない。。。
 更に大変なのが手前のヤツ。測ったら80cm有った。二股に別れている所は80x100cmくらい有りそう。こんなものどうして切ったら良いのだろう?

 切り口を見ると驚く。これを倒した本職は長いチェンソーで片側から切っている様に見えるから。80ccくらい有ったのだろうか?作業を少しだけ見に行ったけど、この部分を切るときは見てなかった。
 道と家の横という事も有ったけど大がかりな作業だった。大型のクレーン、高所作業車、掴みの付いたユンボ、予備のユニック、作業員が7-8名に交通誘導が2名。クレーンだけで時間1万の8万くらい掛かるんじゃ無いか?と思っていたら、全部で30万くらい掛かったらしい。
 大きな木を見上げるのは気分がよいけれど、家の近くに植えるのは考え物だ。後世に負担ばかり残してしまう。朽ちて自然に倒れても誰の邪魔にも成らない位置に植えるべきだ。そして、そう言うシチュエーションこそ大木が絵になる様な気がする。

 仕事と作業で疲れたのでトレーニングは止めにしようかと思ったけど、こう言うのはカロリー的にはあまり消費していないのも事実だし、トレーニングしないとお菓子が食えないのでエアロバイクだけ漕ぐことにした。
 晩飯の前に1時間。御飯3杯くらいの表示が出たので晩飯の後で食卓の籠に入っていたお菓子を食べた。アスリートとは言い難い生活だ。

バイク 22km

| | コメント (2)

2013年3月23日 (土)

1段+手動逃がし

03231 最近はドリルの研ぎ方を変えている。最初は普通の両頭型のグラインダを使い、普通の手首を捏ねるような動きでやっていた。次の段階で自作の貧能工具研削盤を作り、ダイヤモンド砥石の平面を使って上記と同じような研ぎ方をし始めた。
 この二つのやり方は出来上がりはほぼ同じだけど、円筒砥石の場合は切削「線」に成るので目測で削る位置や量が調整しにくかった。それに対して平面砥石の場合は「面」になるので作業が格段に楽になった。このメリットはドリルよりもバイトを研ぐときに顕著。
 そして次の段階として、貧能工具研削盤に円錐研削ユニットのような物を追加し、手研ぎよりは綺麗な円錐形のドリル研削が出来るように成った。
03232  そして今、バイト用に作った角度保持台を使って簡単にドリルが研げることが解ってきた。
 第一段階として切れ刃の部分を、バイトと同じように保持台に沿わせて研削する。
 このままではぐるっと回った先の部分が被切削物の円錐面に干渉してしまうので、今度は台から外して手研ぎの要領で逃げを削るだけ。
 バカらしいやり方だけど私の手研ぎよりは良く切れる。切れ刃の状態が安定するからだろう。そして自作の円錐研削ユニットのようにセッティングに時間が掛からないのも良い。

 日曜日は希望者のみでバイク練習をやるように書いてあった。でも天気予報は雨っぽいことも言っている。と言うことで今日の種目はランで、距離は明日が雨でも後悔しない程度の距離とした。
 ルミエールを回る長めの距離。室木の峠はどうしようか迷ったけど、夜の町内会の決算会に遅れそうな気がしてきたので行かずに帰った。ほぼ正解だった。
 そしたら長濱から電話が掛かってきて、バイクは今日乗ったから明日はランで30km走ですとか言う。えーっ?!だ。今の体力で12時間後くらいに30km走は難しい。バイクなら行けるかな?と思って今日はランにしたのに。。。
 仕方ないので明日の朝、脚の怠さで決めることにした。でも人と一緒だとどうしても無理をしてしまうので、30kmは止めた方が良さそうな気がする。

ラン 18km

| | コメント (2)

2013年3月22日 (金)

こころの体温計は訳解らん

0322 昼のニュースで、北九州市がこころの体温計というサイトを始めたと報道していた。アドレスまでは言ってなかったので検索してみたら見つかった。
 その過程で感じたのだけど、複数の自治体が同じ事をやっていた。何処かの会社がチェックプログラムを作り、自治体に営業して回ったのか?、厚生労働省辺りが作らせて使いなさいと言ってきたか?、同じのが沢山出てきて変な感じ。
 やってみたけど全く解らん。金魚やら水草やら猫やら水の色やら、色々な物に意味があるみたいだけど、説明を読んで絵を見て・・・面倒なだけだった。これを作った人や採用した人と私の感性は合わない事だけは解った。
 小さい頃からこの手の心理テストとか性格テストみたいな物は苦手だった。設問を読んでいくうちに、ああこんな風に答えたらあんな分析結果が出るんだろうなあ・・・、と思えてしまい、どの程度の答えを選んでおくべきか、等と要らぬ事ばかり考えてしまうから。さらに保健の教科書とか心理学の本とかで、色々な症状が書いてあると全てに当てはまる。
 そんな子供だったからか、小学生の頃の性格テストで異常(笑)が有ったからと一人だけ再テストを受けさせられた事も有る。

 それに比べたら結婚力診断とかのヤツは解りやすい。画面の右端にオネエチャンの写真が有って「そろそろ婚活しようかな」とか書いてあるヤツ。
 こちらは入力も定量的な物が多いし、結果もぼかしたような表現は無くて点数が出る。こないだやったヤツは188点だった。たぶん満点は1000点だと思うのでかなり低い(笑)。
 こころの体温計と違って定量的で結果が解りやすいけれど、これの活用の方法が解らない。188点以下の女性にアタックしたらOKが貰える訳でも無かろうし、街中の女性の額に点数が書いてある訳でも無い。
 これなら代ゼミの偏差値の方が何倍も意味が有りそうな気がする。どちらとも今の私には縁がないけどね。

 夕方になって予想外の雨。筋肉痛が8割くらい治ってきたので軽いジョグでも、と思っていただけに少し悲しかった。仕方ないのでエアロバイク。
 今日は55歳の一般トレーニングモードで漕いだ。その時の気分でモードとか年齢を適当に入れて居ては意味が無いかもしれない。
 時間は90分。これには理由があって最近は動いた後しかお菓子を食べないようにしている。少しは体重を落とそうと思って。だから沢山動いてお菓子を食べようという魂胆。
 めでたく90分を漕ぎ終わり、消費カロリーも御飯4杯半と出た。これなら安心して晩ご飯を食べて、さらにお菓子が食える。ああ、幸せだ。

バイク 38km

| | コメント (2)

2013年3月21日 (木)

曇り止めは意外と高かった

0321 水泳用ゴーグルの曇り止めが無くなった。今回は本当に無くなってカラッカラに成ったので諦めた。
 去年の秋頃だったか?、一度無くなったけど買いに行くのが面倒で、上を開けて中に少しだけ水を入れて使っていた。効果は変わらずに使えたのだけど、流石に2回目は駄目だろう。
 スポーツ用品屋は宗像のサンリブまで行かないと駄目だし、ナフコとかグッデイは夏にならないとゴーグルとか出してないし・・・プールの売店に有るんじゃ無いか?と思って聞いてみたら有った。
 でも値段が630円もしてびっくり。こんなの精々200円位だと思っていたので、デイパックの横に残っている小銭で十分と思って気軽に聞いたのが甘かった。かき集めたら700円有ったので買えた。でも少しだけ動揺した。まだまだ青いな(笑)。
 受付が武友さんの知り合いの女性で良かった。この人は世代が近いので弱みを見せても緊張しない。若い女の子だったら緊張してしまう。いい歳をしてどんな脳みそなんだ?

 今日は新しいコーチで2回目のスクール。メンバーが同じなので前回と同じ雰囲気だろうと思い、今日も始まる前に出来るだけ距離を泳いでおいた。でも時間が30分くらいしか無かった。
 スクールの方は人が多すぎる。1レーンに18名居た。待ち時間が長すぎる。土曜日の方が少し少ないらしいので、次回から土曜日に変更しようかと考え中。
 いや、解らんなあ。人生でもそうだけど、全力で取り組めた充実感というか満足感の有った事が、最終的によい結果に結びつくとは限らない。今のスクールだって待ち時間に色々と考えたり、オバチャン達の泳ぎを見ていて何かを感じたり、ガシガシ泳ぐのとは別の効果が有るかもしれない。
 水泳の神様が与えてくれた変化と受け止めて、しばらくは気楽に参加してみようと思う。

スイム 2.0km

| | コメント (0)

2013年3月20日 (水)

収穫

0320 猪がグチャグチャにしてしまうかな?と思っていたけど興味が無い様で、小さな椎茸は順調に生育してめでたく収穫と成った。
 最初に見つけていたのは直径が100mmくらい有る。別の木の裏側にも見つけたので、それもついでに取ってきた。今は三男しか居ないし、居ても長男は椎茸が嫌いなのでこの位で丁度よい。
 このタイミングで出てくるなら、もう少しちゃんとした置き方にしておくべきだった。今は地面に竹を置き、その上に平らに並べているだけ。冬の間に椎茸っぽく?縦に置き換えておけば、もう少しガンガン出てきたかも?と少し反省。

 今日は祭日だけど期末までの納品の仕事が有って、ゴリゴリしたり半田付したりしていた。個人的には春分の方が正月よりも1年のスタートの意味があると思うので、本当は休みにしたかったのだけど仕方ない。
 そして脚も相変わらず痛い。今頃になってランをやらなければ良かったと後悔している。バイクの途中で2回ほど脚が攣りかけた訳で、その状態でランをやったら過負荷に成るのは見えていた・・・バカだ。
 バカは仕方ないので諦めて、今日もトレーニングなしでゆったり過ごした。それなのに小さなおはぎが有ったので食べてしまった。

| | コメント (0)

2013年3月19日 (火)

不満な事は叩いて潰す

0319 MonotaROの挿入工具だけど、どう考えてもゴムのOリングが劣化したり抜けたりしそうなので、ハンドルの抜け止めの為に末端部を叩いて潰した。
 硬いヤツだろうな、と思いながら叩いたら直ぐに変形したので柔らかい材質だったらしい。これで抜けなくなった。取説に有るタップハンドルを使うような事は無いからこれでいい。
 不満な事が有ったら力ずくで叩いて潰す。そしてその行為が最も正しくて正当な行為で有ったと主張する。アメリカ合衆国方式だ(笑)。
 中のシャフトが直ぐに落ちてしまうのも不満だけど、これを改善するには本体の横に駒を入れる窓を開けないといけない。そこまですると安物を買った行為自体が否定される様で気が重い。

 脚の筋肉痛が治らないのでプールに行くことにした。火曜日なので武友組の日だ。予想通りに来ていたけど女の人は居らずに武友さんが200mか400mくらいのインターバルをガンガンやっていた。
 いつものアップの後はプルで泳いだ。脚が痛いからキックはしたくない。途中で人が多くなってコースを変わったりしたけど、トータルで60分くらい泳いだ。
 脚の筋肉がほぐれたのか、痛みが軽くなったので残りは25mとか50mの単位でドリルっぽくスイム。でもしばらくやっていたら脚が攣り始めたのでこれも中止。平泳ぎに切り換えたら痙攣が治ったので最後は平泳ぎでお終い。

スイム 3.9km

| | コメント (2)

2013年3月18日 (月)

挿入君は微妙な感じ

0318 近所にリコイルオジサンが居るので自分で工具を買う必要性は無いのだけど(笑)、MonotaROがオリジナルブランド15%引きとか色々と言ってくるので買ってしまった。
 この手の挿入工具は高い。サイズにも依るけどメーカ純正だと5,000円近くしたりする。それに対してMonotaROのオリジナルブランドの工具は2,000円位。M5を持ってなかったので買ってみた。
 この手の挿入工具は取りあえず意味はある。コイルを直径方向に少しだけ縮めた状態で直前まで保持してくれるので、最初が掛かりやすいしその後も比較的スムーズに進む気がする。でも廻りに障害物が無い場合だけなので何時も使える訳じゃない。
 基本は純正と一緒だけど細かい所で違いがある。まず横に穴が無いのでコイルの挿入は中のシャフトを抜いてから落ちないように上向きにして入れる必要がある。あとはハンドルの固定が2個のOリング!。いくらコスト重視でもこれは無かろうと思う。あとで叩いて潰して抜け止め突起を作ろう。
 この違いをどう感じるかだけど、安いとは言っても2,000円位するハンドツールな訳で、その価格に対しての満足感は十分とは言い難い。それならいっそ丸棒にすり割りを入れた自作工具だけで行くか、本当に必要なときは高めでも純正品を買った方が良いかな?と言う気がする。
 でも、どっちかなあ・・・。次に別のサイズが欲しくなったとき、どちらを買うだろう。今のところ半半の感じ。

昨日の負荷が高かったのと、軽く攣った状態で動いてしまった事の相乗効果で筋肉が酷い。流石に今日は動けない。

| | コメント (4)

2013年3月17日 (日)

変なオジサンが3人

0317 今日の昼食後の話、変なオジサンが3人もうちにやってきた。「変な」と書くと怒られそうだから(笑)、「過度に趣味的な」とでも言い換えておこう。
 1人目は風防を付けたから高速走行の試験をしに来た。とか言いながら220kmの距離をタンデムで走ってきたオジサン。
 確かに新しい部品を付けたら走りたくなるけど、普通の人は200kmの単位で走ったりせんわなぁ。。。
 話をしていたら2人目のオジサンが坂を登ってきた。今度は2stのレーサーレプリカ。普通に考えたらメグロの単気筒が似合いそうなお方が降りてきた。
 最初はCB500だったと思う。次はCD125だったか、その次がDT250で、そして今回がTZR250ですか。。。次は何だろう?
 皆で話していたら3人目のオジサンが来た、今度の人は常識人が乗るような普通の車。近くで葬式が有ったので寄ってみたらしい??。
 そして古ーいVWのフォグランプのステーの曲がり取りの話とか、再メッキの為にリベット外して・・・と言う話をしてから帰って行った。黒ネクタイの葬式の恰好で。
 天気予報よりも早めに雨が降り出してしまったので、話す時間は短かったけど濃い時間だった。TZRは今度のせてもらおう。ツナギは入るかな?

 午前中は久し振りに練習会に行ってみた。もう何ヶ月ぶりなのか忘れるくらい行ってない。体力も限界まで落ちた。でも何処かで行き始めないと始まらないから今日スタート。
 バイクは神湊までのアップはついて行けた。でも最初の津屋崎でちぎれてしまった。情け無いけどこれが今の実力。
 次の波津までは慎重に漕いでみたら何とかついて行けた。ここからは垂水峠のぐるっと回る個人TT。最初からこれかよ・・・と思ったけど、女の子と若い人の言うことには従う事にしているので走った。
 思ったよりは登りが走れた。1分後で出た野口君に追いつかれなかったのは良かった。そしてそのまま帰った。帰りの最後で脚が攣りそうに成った。
 ランはまずユリックス内を3km。先頭はキロ4分くらいで走り始める。とても付いていけないので4分30秒?位で付いていく。でも2周目の途中で脚が軽く攣ったので2周で止めた。
 次は外でダウンの12km。絶対にダウンじゃ無いことは解っていたけどついて行ってみた。私よりも遅い組は別コースに逃げてしまったので、12kmを走る中では私が一番遅い感じ。かなりのプレッシャーを感じながら走った。
 こっちも思ったよりは走れた。特に登りの走りが良くなった。これは脚の後側を使う意識で走り始めてから調子が良い。

バイク 75km
ラン 14km

| | コメント (9)

2013年3月16日 (土)

卒業写真

0316 午前中は中学校の卒業式に行ってきた。自分の息子の時は行かなかったけど、今年は我が家の妄想上の娘(笑)であるエイミーの卒業なので行くことにした。
 と言うのは嘘だけど、卒業式に引き続いて閉校式も行われることになっており、閉校式に出るなら卒業式も出てみようと思った次第。
 卒業生は壇上の18名だけ。そして2年前から新入生の受け入れはして居らず、送り出す在校生は居ない。そんな理由も有って卒業生や父兄に参加の呼びかけというか依頼があった。
 ここは私の母校でもあり、妹の母校でもあり、3人の息子達の母校でもある。まあ長男は3年の3学期しか行ってないけど、書類上はここの卒業生。
 そうやって書くと勝手に長い歴史を想像してしまうけど、それほど歴史が有るわけでも無い。炭鉱で人が増えた事や笠松村が宮田側と合併した事により、宮田町の西の端の中学として新たに作られたのが西中。私が生まれる3年前の出来事らしい。
 しかし炭鉱の閉山と地域の高齢化のせいで人口、特に若年層の数が減ってきて学校として機能しない状態に成ってしまった。それで今度は同じ行政区分に成った若宮中学に吸収合併される事に成った。この間は60年も経っていない。
 うちの近所、すなわち旧笠松村の西の方の爺さん達は吸収される若宮中学に行っていたらしいので、そんな人達は60年前の状態に戻っただけと感じているかもしれない。
 そんなことを考えていたら式は終わった。エイミーは少しだけ涙ぐんだ顔で退場していった。彼女はこの春からアメリカに渡る。地域の高校に進学する廻りの友達とは、少しだけ違った感情を持って卒業して行くのかもしれない。

 昼からは仕事と家の作業をやった。仕事はドリドリ君の改良作業。簡単にできそうな所は初号機で既に完了しているわけで、今になってやらないと行けない部分は、面倒だったり、難しかったり、コストがかかったり、嫌らしいのばっかり。だからなかなか進まない。。。
 家の関係は薪割り。玉切りの材が溜まって居たのでそれを割っていった。薪割りに関してだけは、体の中心から動きが起動して末端が動きの終点に向かって最高速で加速して行く意識が解る。
 そんな時は力は入って居らず、最後に斧の柄をキュッと握りしめる位のイメージ。実際は腹筋も背筋も力は入っていると思うし、肩廻りの筋肉も使っていると思う。でも上手く行ったときはそんなイメージ。
 明日は久し振りに練習会に行こうかな?と言う気分なので、今日の夕方は足腰は使わないようにした。だって前日に動くと翌日の午前中は疲労感が強くてトレーニングなんかやる気が起きないし。

| | コメント (2)

2013年3月15日 (金)

二つの中国

03151 ここで政治的な話を期待した人は居ないと思うけど(笑)、その通りで二つの中国製の機械に関しての話。
 最初の機械はドリドリ君。これはベースの機械が中国製で、それを改造したり部品を追加したりしてNCフライスに仕立て上げている。
 今日の作業は国内の鉄工所で作った部品の追加工。SS400のブロックにΦ28mmのバカ穴が空いていて、それを深さ10mmだけΦ40mmに拡大した。カバーが入る穴なので+0.5、-0も出れば良い。これくらいなら行ける。
 Z軸は5mmずつ2段階で加工したけど、かなりビビッたので2.5mmの4回とかにした方が無難だったような気がする。色々と苦労しているけど、少しずつ能力が向上してきている。「円弧補間でもH8くらい出ますよ」と言えるように成りたいけど、まだまだ先の話だ。

03152  2個目の機械は中国製のチェンソー。先日の樫の木?を解体しているときにオイルが出なくなった。早く修理して続きの作業をしたいのだけど、忙しくてずっと出来なかった。やっと少しだけ時間が取れたので分解した。
 原因はピニオンとカムが分離して空転してしまった事だった。写真では解りづらいが、ピニオンの右側面のカムは別部品が圧入?して有ったらしい。今は回転するけど。
 悩ましい故障だったけど、軸の方をポンチで荒らして凹凸にして、位置を決めてカムを圧入し直して修理した。また何時か空転するかも知れないけれど、その時はロー付けでもしようか。
 驚いたのはその他の部分。ピニオンは全く傷んでないし、プランジャも摩耗してない。カムの曲面も相手の円筒面も普通に使ったくらいの跡が有るだけ。これは適切な材質や加工法や熱処理が為されている事の証明に成る。なかなかの脅威だと思った。
 今回の空転部分と、溶けていたピストンカップ?の部分さえ改善できれば、普通に使えるオイルポンプに成るだろう。いや、これは数年前の製品なので、今は既に成っているかもしれない。

 天気が良いのでランニング。気温が高いのでタイツに長袖ジャージで十分だった。でも今朝は霜が降りていたしバケツの水は薄い氷が張っていた。明日も朝は寒いかも。
 今日も少しだけ長めのコース。でも強度は低めでフォーム意識のランニングを心掛けた。今日は特に腕の振りの時に肩が怠く成らないように試行錯誤した。
 水泳の時もそうなのだけど、私は肩の関節廻りの筋肉ばかり使ってしまう。ランニングの時でも腕を前後に振るなら、脇の下とか胸の筋肉あたりを使いそうな物だけど、何故か肩の関節の廻りばかりが怠くなる。
 今日はそうならない様に、そのほかの筋肉を使って腕を振るにはどんな意識が必要なのか?そんなことを考えて走ってみた。

ラン 18km

| | コメント (4)

2013年3月14日 (木)

椎茸が1個だけ

0314 朝起きてから山を歩いて居るとき、椎茸が1個だけ生えてきている事に気がついた。打ち込んだのが遅かったのでこの冬は無理と思っていただけに驚いた。
 それに時期的にも遅いような気がする。この辺りで作っているのは11月頃に生えてきているような気がするのだけど、形的にも椎茸に見えるから椎茸だろう。
 もう少し大きくなってから食べてみようと思うけど、時期的に大きく成らないかもしれない。それに猪が荒らし回っているので、奴等に先にグチャグチャにされるかもしれない。1個なのに悩ましいぞ(笑)。

 今日は変則的なスクールの日。新しい先生の都合で1時間しかレッスンが出来ないので、前半組も後半組も一緒のレッスンに成る。15人以上に成るし、明らかに爺ちゃん婆ちゃんの人達も居る。でも最初なので出てみた。
 体力的には緩い内容になることは予想できたので、始まる前に連続して距離だけは泳いでおいた。予想通りに緩い内容だった。技術的に易しいわけでは無いけど。
 前半は平泳ぎ。後半は背泳ぎのドリル。目新しい内容も有って出てみて良かったと思ったけど、それ以上に感じたのはしゃべり方とか教え方の違い。前の先生とギャップが有りすぎて笑ってしまうほど。
 前の先生は怖いスポーツのコーチという雰囲気で、しゃべりも怖いし指導も頭を叩きながらタイミングを取ったり、脚の動きが悪かったらグッと捕まれて修正されたりだった。
 ところが、今回の先生は高齢に成ってから始めた人とか、選手コースの前の子供達とか、そんな人を対象にしたような雰囲気で接してくれる。「2本目まではお顔を上げて、3本目からはお顔をつけて・・・」「はい、おじょうず!」等々。本気で調子が狂う(笑)。
 何時も「暴力コーチ」とか文句を言っていた床屋のオバチャンも、「頭掴まれてグッとか捻られんと物足りんねえ」とか言っていた。まあ、追々慣れていくと思うし、2クラスに別れた後のキツイ方は怖いのかもしれない。
 いやあ、優しい声で「10ストロークの間はお顔を浸けたままで泳いで下さ~い」とか言われるのも嫌だなあ。。。

スイム 2.0km

| | コメント (0)

2013年3月13日 (水)

ミニ旋盤のチップ

0313 写真はグルグル1号でSS400の丸棒を削った所。所謂、中華旋盤の心間350mmクラスをベースにしたミニNC旋盤に成る。もう一回り大きな心間550mmのヤツも有るけど、刃先の選択に関しては大きな違いはない。
 結論から書くとミニ旋盤の場合、メーカの用途とか全く無視して「微小切り込み」「仕上げ」等と書かれて居る物から、刃先が尖ったヤツを選んだら良いと思う。結果的にネガチップのほぼ全てが候補から外れる。
 もう少し定量的に書くと、メーカの想定する切り込み量で片側0.5mm以下の想定が有る物、理想を言えば0.1mmとか0.05mm位まで行けるのがよい。刃先Rは0.2mmくらい。低切削力と書かれていると更に良い。
 何故ならミニ旋盤の場合、片側0.5mmくらいの切り込みすなわち直径で1.0mmくらいが安定して削れる限界になるから。心間が550mmのヤツはもう少し行けるけど、それでもプロ用の機械みたいに片側5.0mmとかは無理。
 それに対して今のスローアウェイチップは、「仕上げ~中仕上げ」等と書いてあっても、切り込み量の想定は片側で1.0mmから5.0mmだったりする。機械の剛性が全く違うのでメーカの言う「仕上げ」「中」「荒」等の言葉を基準にしても意味がない。
 剛性の問題なのでモータパワーだけでは解決しない。一見ガンガン削れている様に見えても、弱い機械が切れ味の悪い刃物を押しつけて居る状態なので、切削条件によって直径が0.05mmくらいは簡単に変化してしまう。また、仕上げ面も悪い。
 写真は京セラのTPGH080202R TN6020を使い、切り込み片側0.2mm、周速100m/min.、送り0.05mm/rev、ドライ、で削った物。このチップは0.1mmから0.5mmくらいまでの切り込みで使えるので、このクラスの機械の万能チップとして具合が良い。
 微小切り込み専用チップだとさらに小さな切り込みでも安定して切削できるけど、実売でも10個が1万円を超えたりするので価格の面で少し厳しかったりする。お金がある人は京セラで言うと、CFとかFSFブレーカのチップも追加で用意したら良いと思う。
 ミニ機にはハイス・・・と書かれているのを偶に見るけど、周速が得られるならコーティングやサーメットのチップを使った方が具合が良いような気がしている。

 脚の疲労感が酷い。休もうか悩んだけどダウン的に泳ぎに行くことにした。でも目的が目的なので1時間券にした。
 SKPSでアップの後は、適当にスイムで連続して泳いで帰っただけ。3/4くらいはクイックターンをしていたけど、最後の方の1/4くらいは目が回り始めたのか?タイミングが出鱈目に成ったのでタッチターンに変えた。

スイム 2.2km

| | コメント (0)

2013年3月12日 (火)

重大ニュース

0312 ミニ旋盤用バイトの事を書こうと思っていたけど、寝る前に成って児玉君から重大ニュースが飛び込んできたので内容を急遽入れ替え。写りの良い写真は翌日の朝に必死で探した。

 アヤちゃんが結婚するそうです。相手が誰なのか、既に子供が生まれているのか(笑)、その辺りは全く解りません。仕事で行く精密鈑金屋さんが近いので、近いうちに寄って確認してきます。
 披露宴に乱入するほど皆さん若くないし、やるかやらないかも解らないので、いつものメンバー+αくらいで集まってお祝いと言うか、弄り大会みたいな物が出来たら良いな?と思います。良い案が有りましたら宜しく。
 後は、オタクを絵に描いたような兄貴とO場君か。

 朝起きたら昨日のランの疲労感が酷い。でも痛くは無いので故障ではなくて回復が遅いだけだろう。救いは午後になったらかなり楽になって夕方になったら別のトレーニングをやる気分に成れること。
 今日は自転車にした。気温も上がってきているので外で実走。エアロバイクをこぎ始めて思うのだけど、精神的にも肉体的にもエアロバイクの方がキツイ気がする。でも実走も必要なのでたまには外を走ろう。
 パンク修理道具はHARPに積んだままで長男が持って行ってしまった。と言うことで今日も家から近い赤木峠の往復を繰り返した。前回は3回でギブアップしたけど今日は5回までいけた。
 少しだけ漕ぎ方が賢くなったというか、強度が低めだったというか、回数を伸ばすために1本1本を手抜きして締まった感は・・・正直言って有る。
 歳なんだから無理して故障するよりも良かろう。

バイク 26km

| | コメント (2)

2013年3月11日 (月)

バイトよりも刃物台

0311 別のことを書こうかと思っていたけど、バイトのことを書く事にしていたような気がしたのでそっちを書こう・・・と思ったけど、それより先に刃物台の事を書いておくべきだと思ったのでそっちを。

 写真の旋盤本体は良くある心間が350mmタイプのミニ旋盤。ただ刃物台の部分が違っていて複式刃物台を撤去して削り出しのブロックに変更してある。
 XZ軸をNCで制御するのだから、ゼロから設計するなら複式刃物台は必要ない。でも最初から付いている場合は撤去したり交換すると余分な費用がかかってしまう。それなのになぜ交換してあるかと言えば、剛性が全く違うから。
 機械の設計者じゃなくても、段々重ねの構造やスライド機構が間に入っているのを見ると、何となく「弱そう」と感じると思う。手動のテーパ削りのために必要な機構とは言え、実際に剛性が低いし変位の方向が良くない。
 剛性が低いだけなら切り込みを少なくすれば或る程度はカバーできる。でも切削中の変位の方向が、被切削物に対して近寄るような倒れ方をするのが良くない。
 何故ならバイトの刃先が食い込む方向に成るから。これは切り込み量に正のフィードバックが掛かって居るようなもので、きっかけが有れば振動を始めたり振幅が増大してしまう事を意味する。実際に突切りとかねじきりなどの厳しい作業時にはそのような状況に成る。
 これをバイト側で対処しようとしたのがヘールバイトで、切削力に依って刃先位置は被切削物から遠ざかるように動く。トータルの変位量は機械側との総合的な物になるけど、ビビリとか食い込みが軽減される方向に改善される事が多い。

 今回のミニ旋盤でもヘールバイトの試作品を作ったりしていたけど、機械側の改善が先だろうと思って複式刃物台に変わる高剛性刃物台を作ってみた。
 効果は劇的で・・・と書くと大げさだけど(笑)、誰にでもはっきり解るほどの効果が有った。特に大型の心間550mmのタイプは改善の度合いが凄かった(悪い言い方をすればオリジナルの複式刃物台の剛性が低い)。こちらはトータル価格が高めという事もあり、最初から高剛性刃物台を標準にした。
 心間350mmの方は低価格路線なので、標準にして価格が上がる事のデメリットを考慮してオプション扱いに成っている。でもはっきりと解る変化が有るので、変な物を買う位ならこの刃物台を最初に買うのが良いと思う。単純な外径切削で有っても仕上がり具合がはっきり解るくらい変化するから。
 ああ、それともう一つメリットが。このタイプは刃高が8mmのバイトしか使えない事が多いけど、高さを下げることで10mmのバイトが使える様に成っているので、選択肢が相当広がる。

 今日も気温がかなり上がっていたので、タイツと長袖ジャージで走りに行った。気温が高いと気分も盛り上がるのか?、長い方のルミエール経由のコースにしてみた。
 全般的な体調は良いのだけど、何故か脚の疲労感が抜けない。負荷が掛かりすぎて居るのか、栄養とか休養的な問題なのか、年齢的にどうにもならない事なのか?。
 去年まではこのコースをよく走っていた。ここを走ると長濱に良く会うんだ・・・と思っていたら今日も会った。アイツは毎日走っているのかもしれない。錦帯マラソンにも申し込んだみたいだし。困った。
 少し疲労感が有ったのと暗くなってきたので、室木に抜ける峠道は止めにした。「迷ったら楽な方」だ(笑)。そのまま平地で倉久の方をぐるっと回って帰ってきた。

ラン 18km

| | コメント (0)

2013年3月10日 (日)

ねじ穴ピッチゲージ

0310 今の仕事は改造とかオプション作製とかそう言った内容が多く、その為にはベースになる機械のスケッチが必要と成る。
 その際に意外と面倒なのが雌ねじのピッチの測定。「ねじ」の「ピッチ」とか書くとねじ山の間隔の事を思い浮かべ勝ちだけど、今回のは部品に加工してある複数タップ穴の中心と中心の距離の事。
 やってみると解るけど直定規とかノギスを当てただけでは精度が出ない。私のセンスが無いのかも知れないけれど、ねじの径が大きくなると平気で0.5mmとか1mmとかずれたりする。
 そこで色々と考えて最初は寸切りボルトの片側を鉛筆みたいに尖らせて、尖った先端と先端の間隔を直定規で測っていた。これだと1mmもずれる事は無い。ただ作業性が悪い。
 次にやったのは六角ボルトの頭を旋盤で丸く円筒状に削り、円筒と円筒の距離をノギスで測定してボルトの頭の直径を引く様にした。デジタルノギスだと直径を測ってゼロセットをして測定すれば簡単。ただ、普通のボルトを使ったのでしばらく使わないと錆びる。
 そう言う下地が有る状態でミスミのカタログをめくっていると、ほとんど同じ物が製品として掲載されていた。そしてステンレススチール製だと書いてあった。なるほど、SUSにしてしまえば錆の問題はクリヤ出来るわけで、早速真似してみた。
 ホームセンターのSUS製六角穴付きボルトをM3からM10まで買ってきて、前回と同じように旋盤で頭を円筒状に削ったら完成。サーメットチップを使ったら割りと綺麗なに仕上がる。このバイトの事は、また何時か書こうと思う。

 昨日の夕方の試運転で心が折れてしまったのと、予想通りに脚の怠さがかなり有って練習会は行けなかった。これではいかんなあと思うけど、今の状態で行っても練習に成らんのも事実。うーん。
 夕方にプールに行った。嫁さんは会計ソフトのバージョンアップをやっていたので行けなかった。と言うことで今日は日曜日だけど2時間券。
 SKPSのアップの後はクロールのドリルを繰り返した。これで1時間ほど練習し、その後は1500mを一気に泳いだ。疲れずに最小の力で泳ぐイメージで。
 途中で変なオッサンが入ってきた。共用のプールなのだから誰が入ってきてもよいのだけど、この人は少し変な癖が有って一緒に泳ぎにくい。
 ターンしようとすると直ぐ直前に泳ぎ出す。脚が1m前に有るくらいのタイミングで。前回もこうだった。そして25mをガシガシ泳いで少しリードし、50mくらいで1mくらいまで詰まり、75m辺りで脚に触りそうに成ったらエンドで急に止まる。そしてしばらく休む。これを何回か繰り返して別のコースに行く。何がしたいのか良く解らん。
 まあ大会のゴチャゴチャの中よりは泳ぎやすいのは明かなので、あまり気にせずに自分のフォームだけ考えて泳いだ。
 残りはビート板でのドルフィンキックの練習。ビート板無しでは少しだけ進むように成ったのだけど、ビート板を持つと進まない。先生に理由を聞いたら腰が動いて無いからだと言われた。
 ビート板が無いときは上体を動かして、その反動とかうねりを利用して脚をクネクネやっているらしい。ボート版が有ると上体が規制されるので、腰を使えていないヤツは進まないと。
 そんな話を頭に置きながら、残りの時間はそればっかりやっていた。腰回りが重たくなるくらい疲れた。
 そう言えば最近は受付でお気に入りの子を見ていない。風の便りでは止めるという話だけど、もう止めモードに成っているのだろうか。息子の嫁さんの約束も取り付けてないのに(笑)困った事だ。

スイム 3.1km

| | コメント (11)

2013年3月 9日 (土)

樫の木?

 日曜に写真を撮ってからアップしようと思っていたけど、他のことをしていて思いだしたときは暗くなっていたので諦めた。写真は覚えていたら月曜日にでも追加しよう。
03091  少し時間が取れたので、裏の方に倒してある木を玉切りにしていった。これはうちの山の木ではないけど、倒すだけ倒したから持っていって良いと言われていた分。
 簡単に考えていたけど大変な作業だった。中国製の20インチのチェンソーでギリギリ切れる位の太さの幹が、畑の横の斜面に縦向きに倒れたままに成っている。
 長さも相当あるからメチャ重い。足場も悪いし縦向きは面倒なので横向きに倒してから切りたい。その辺に落ちている枝では話にならなかったので、梃子にする棒を作っていって何とか向きを変えて切った。
03092  腰が痛くなった。そして畑の境に張ってあったイノシシ除けの網が5m以上駄目になった。まあ仕方ない。そこの爺さんに言ったら全然気にして無くて、木が動いたことの方を喜んでいた。もしかして自分で動かせないから持って行けと言ったのか(笑)。

 三男が耐パンク性の高そうなタイヤに交換していた。天気もよい。明日くらいから練習会に参加してみようかな?垂水峠なら無理かな?とか思いながら、私もスペシャ号を組み立てた。
 試運転で赤木峠に行ってみた。あまりに気温が高くてレーパンにTシャツ1枚で十分だった。1本目の最初で力が相当落ちていることを認識した。2本目で今日はこれで止めにしようと思い、3本目でこれ以上やると明らかに無理に成ると思った。
 想像以上に力が落ちていた。いや、エアロバイクを漕いでいたからこの位で済んだと言うのが正しい考え方かもしれない。いやあ・・・困ったぞ。
 その後で少しだけ平坦路を走ってみたら、こっちの方はそれほど変では無かった。でも一人で走っているから好調に感じるだけで、速い人に交じったら10秒でちぎれそうな気がする。

バイク 17km

| | コメント (0)

2013年3月 8日 (金)

little mouses

0308 作業場のパソコン用に新しい光学マウスを2個導入した。一つはエレコムでもう一つはバッファローだったか。
 思ったよりもサイズが小さく、普段使っているようなサイズを基準にするならば今の表記では大型を買う必要が有ったみたいで、その件に関してだけは失敗したかな?と言う感じ。
 小さなマウス。この場合はsmallなのかlittleなのか?と考え始め、まずは2個有るからmousesと複数形にしないと駄目だろ・・・と考えが進み、ネイティブはsmallとlittleでどんな違った感情を持つのだろう?とか考えて、しばらく経ってから複数形は「s」じゃ無かった事に気がついた(笑)。英語って変なルールが一杯有って美しく無いなあ。
 私は光学マウスはもっと高価な物だと思っていた。ところが今は安いのは380円とかで売っている事を知ってびっくり。それを2-3個買おうと思ったけど、ケーブル途中に継ぎ手が入るようなので1本物にした。それでも1個が500円位。
 今までに比べたら劇的に操作がしやすくて確実に成った。汚れた机とか作業台の上なら赤色LED?方式の安いヤツで十分だった。汚れとか耐久性に関してはこれから。
 ケーブルは2社とも硬い。かなり細くて見た目は柔らかそうなのに、ホイールのないマイクロソフトマウスの古くて太いケーブルよりも硬い。これが使っていて一番気分が悪いところ。でもこういう部分は高いのを買っても良くなっているとは限らないので難しい。

 今日は太陽が出てから気温がガンガン上がった。仕事が終わってからランニングに出たけど服装を悩んだ。結局、下は膝下までのスパッツと上は半袖Tシャツにしてみた。大正解だった。でも後2-3回は寒くなると思う。
 軽装になると走りも軽くなる気がする。でも今日は体が重い感じがずっとしていた。昨日のスイムのキックのせいかもしれない。久し振りに脚が攣ってしまったし。
 天気も良いので少しコースを変えてみた。各所で梅系の花が咲いている。本当に一気に咲き始めた。桜の花はすでに廻りが春になった後で「ドヤッ!」と言う感じがするけど、梅の花は静かに春の訪れを告げる感じがして悪くない。
 体温が上がってきたら脚の怠さが少しだけ軽減された気がした。最近はアキレス腱が痛いことは全くない。長距離を走ると少しだけ違和感が生じるくらい。そろそろジョグ以外の練習がしたくなってきた。

ラン 13km

| | コメント (7)

2013年3月 7日 (木)

コレットチャックのような物

0307 性格がいい加減なので、私が作る物には「ような物」シリーズが多いのだけど(笑)、今日もそのシリーズで「コレットチャックのような物」の話。
 取り付けてあるのは開発コード「グルグル君」の小型NC旋盤。こいつを安価な専用機に仕立て、お金のない中小企業とかコスト意識の高い大企業にバンバン売り、大儲けして中古の空冷ポルシェを買おうという計画(笑)。
 内径が20mm程度のリング状の部品を多量に加工する話があり、保持の為には内側から掴むコレットチャックが必要に成った。探せば世の中に有るとは思うけど直ぐには見つからない。そして見つかったとしても納期や取付の為の改造とかと考えると初期の試験には間に合わない。
 と言うことで簡易的に同等機能を実現して試験をするために、引きねじでテーパ面を引くだけの単純なコレットチャックを作ってみた。
 初めて作ったにしては上手に出来た。いや、上手かどうかは解らないけど目的の性能を満足する物は出来た。そこまで出来れば工学的には満点と言って良い。。。?

 これから先は自画自賛と宣伝に成るので話半分に聞いて欲しいけど、オモチャであっても手元に工作機械があるメリットは凄いと感じた。朝から構想を練って図面を書き、昼前から部品の加工を初めて4個の部品を作った。そして15時の休憩の後には被加工物をクランプして実際の試験切削を行う事が出来た。
 各部品の形状は単純だけど、他人に依頼する為のまともな部品図を4枚書き、外注先に依頼して納品を待っているやり方では、とてもこんな時間では済まない。まあ奴隷のような外注先を持っている大企業なら可能かも知れないけど。
 ドリドリ君とかグルグル君を購入してくれるお客さんとして、大まかに二つの層を想定していた。一つは教育用で高専とか工業高校で実際に使う教材としての用途。そしてもう一つが大学の研究室とか小規模な企業の開発部署。こちらは単純な部品を自分たちで作るという用途に成る。
 今日は第三の用途として専用機の可能性を探る実験をしながら、期せずして自分が想定していた第二の用途として使っていたという落ちになった。

 今日はスイミングの日。先生の都合でしばらく来られなくなり今日が最後に成るらしい。でも宮若スイミングクラブが止めに成るわけではなく、次回からしばらくは代理の先生に成るらしい。
 話によると次の先生も、オリンピックの強化指定とか、日本記録とか、恐ろしげな情報が伝わって来ている。名選手が必ずしも名指導者では無いと思うけど、楽な練習では無さそうだと容易に想像できる。。。
 今日は何となく身体が重かった。そして進む感触が無かった。特に最後の50mを75秒サークルで12本の時。最初から45秒くらい掛かっていたし、数本泳いだら直ぐに50秒くらいまで落ちてずっとそのままだった。
 慣れないクイックターンをしているので2秒くらいは落ちている感触は有るけど、それでも48秒はイマイチな気がする。始まる前に連続して泳いだからだろうか?

スイム 2.8km

| | コメント (0)

2013年3月 6日 (水)

グッドバイ・ユニバーシティー

0306 時々、仕事場にピンズラー英会話を流しているのだけど飽きてきた。それと教材の性質なのか私の性格なのか解らないけれど、聞き流すだけでは覚える事が出来ず、覚えようとするには能動的に関わらないと駄目な気がしてきた。
 そこで今日は気分を変えて、竹内まりやの曲を聞き取る事にした。サビの部分が英語に変わるタイプが多いけど、それだと勉強に成らないような気がしたので全編英語のヤツから「グッドバイ・ユニバーシティー」
 何回か必死で聞いて全体の雰囲気的には8割くらい聞き取れた。でも書き取れと言われたら半分くらいかも。と言う段階で歌詞を検索して見ながら聞いた。こうなるとほぼ全て解る。当たり前か(笑)。
 聞いていると最後で変な所が見つかった。2番の最後の繰り返しの部分でネット上の歌詞では1番も2番も同じで「Look at the sky it's started to rain」と成っているのだけど、どう聞いても違って聞こえる。
 何回も何回も聞いた私なりの結論は「Look at my eyes I'm starting to cry」じゃ無かろうか?と言うもの。「I'm」の部分は単純に「I」にしか聞こえないような気もするけど、文法的に「I'm」なのかな?と言う気持ちが有ってそんな風に聞こえたような気がした程度。
 どうしてこうなるのだろう??私が調べた限りではネット上の歌詞データは全て「Look at the sky it's started to rain」と成っている。バージョン違いが有るのだろうか?

 歌詞の流れから考えてみると、1番も2番も同じ流れに乗りながらも少しずつ変えてあり、1番では「貴男が卒業」「夏にはフットボールに行った」「何時までも一緒と言った」「空を見て、雨が降りそう」と来る。
 そてに対して2番では「私が卒業」「冬にはフィライデーダンスに行った」「朝まで踊ったのは昔の話」と来るのだから、「空を見て、雨が降りそう」と来るよりも、「私の目を見て、涙が溢れそう」と来る方が、詞の流れとしても滑らかな気がするのだけど。うーん。

 今日は婆さん達が旅行に行っていて、例によって鍵を持たずに出ているので家に居るしか無かった。エアロバイクでも漕ごうと思っていたけど、作業場の整理的な事をやり始めたら止まらなくなって、ずっとそれをやってしまった。
 晩飯は珍しくスパゲッティーだった。我が家ではスパゲッティーは日曜日の昼が多い、理由は解らないけど。今日は大盛りだった。今日はカロリーを消費して居ないのに困った事だ。
 チビ・デブ・ハゲの三拍子揃ったら離婚と言われた事が有るけど、最初と最後のは本人の努力ではどうにもならない。特に最初のヤツは既にクリヤしているし(笑)。
 と言うことはデブに成ったらお終いという事だろうと思うけど、こんな大盛りが出てくると言うことは暗にデブの方向に誘導されているのかもしれない。
 恐ろしい事だ。寝る前にエアロバイク漕いでおこう、300Wで。

| | コメント (8)

2013年3月 5日 (火)

鈑金屋さん

0305 何時もこのブログで書く「鈑金屋」が示すのは、金属の板をタレパンとかレーザーとかでカットして、正確に曲げたり溶接したりして機械の部品とか電気の制御盤とかを作る仕事を指している事が多いけど、今日は違う。
 今日の「鈑金屋」は普通の人が思い浮かべる方で、自動車のボディーの凹凸を均して塗装して・・・と言う方。
 ドリドリ君関係のメチャ忙しいのが少し通り過ぎたので、少しずつだけど他の事も始めた。その一つが古い農業用トラクタのダイナモとレギュレータ。良く解らんけど複雑な生い立ちの車種らしく、イセキとかカワサキとかポルシェの名前が出てくる。そして充電系は三菱電機だった。
 中身は3個のリレーが並んでいるタイプだけど、過電流で溶損してしまっているので適当なヤツと入れ替える必要がある。そしてケースの角には穴が空いて居る。まずはケースの穴を塞いだのが今日の作業。
 小さな板をTIGで付けて大まかに穴を塞ぎ、残りの部分は半田で埋めた。下の方にもへこみが有ったので、ついでにそっちも半田で埋めた。そしてヤスリで大まかなラインを出したのがこの状態。
 ケースは何とか成りそうだけど、中身はかなり手強そうだ。

 今日はかなり暖かかったのでタイツと長袖ジャージで走ってみた。最初はこれでも暑すぎる気がしたけど、日が陰ってからは丁度よいくらいになった。それよりも虫が沢山飛んでいたのには驚いた。啓蟄は伊達じゃない。
 リハビリ的な気持ちはほとんど無くなってきたので、最近はトレーニング的な気持ちが少しずつ芽生えてきている。無理をしては元も子もないけど、無理のちょっとだけ手前くらいを維持する感じで伸ばして行こうと思う。

 夜は組合長会議。今期も終わりに近づいてきて気が楽になってきた。後は総会だけ・・・と思っていたら違っていた。総会の前に決算会が有って、総会の後にお別れ会が有るらしい。
 お別れ会は4月の後半の日曜日。最初は夜という事だったけど昼が良いと言う話に成った。その頃は休みに長時間の練習をしておきたい頃だったので、昼なら行けないと言ったら揉めてしまった。
 晩飯を食わずに来ていたのに腹が減って死にそうだった。

ラン 13km

| | コメント (3)

2013年3月 4日 (月)

油温計

0304 例の芸術的なエンジンを少しだけ触った。オイルレベルゲージが社外品の油温計に替えてある。でもガラスが割れて中にゴミが入っている。外して分解してみたらこんな感じだった。
 円盤状のガラスと思っていたら、縁の有る成型品のプラスチックだった。そしてそいつの耐熱性か耐油性が不足していたからか、割れて割れ目が1mmくらいまで広がる様に変形していた。
 中身は良くある天ぷら温度計みたいな感じ。それをアルミの削り出しのホルダに入れてある。値段の大半はアルミのホルダの値段だろう。大量生産の台所用品よりも、少量生産の削りだし部品の方が何倍も高い。
 ガラスの円盤を作って修理するよりも、温度計を買ってホルダだけ生かした方が安くて耐久性も有りそうな気がする。でも、それじゃ作業としてつまらん様な気もする。

 夜にお客さんの予定が有ったので、晩飯前に少しだけ短めの時間でエアロバイクを漕いだ。脚の筋肉痛は無くなったけど疲労感は取れていない。去年は21kmを毎日走ったことも有るのに・・・。
 まあ、歳を取っているのに過去のことばかり思い出して比較していても仕方がない。今出来ていることを基準に、そいつを少しだけ変化させるにはどうすればよいか、そういう風に考えるしか無い。
 今日はほぐすような意味で55歳男性の減量トレーニングモードにした。心拍数は105拍くらいに成る。20歳男性の一般トレーニングに比べたら楽だ。でもやらないよりは何倍もキツイ。

バイク 20km

| | コメント (0)

2013年3月 3日 (日)

クランクを買った

0303 長男は段取りが悪くて、BBが駄目とか言いながらも準備して居なかったのでこの週末も治らなかった。だから今日も夕方までゴソゴソやっていた癖に、結局はHARPに乗って帰った。
 三男の友人の方は小さなトラブルは有ったみたいだけど、2人で2日かけてコンポの組み替えが完了したらしい。こちらもバーテープが無かったらしいけど、赤間の自転車屋まで裸のハンドルで行って買って来て巻いていた。
 剰った部品が土間に置いてあった。クランクがコンパクトタイプでインナーが小さい。今年の廿日市は三保ちゃん対策として後にMTBのカセットを付けようと思っていたけど、こっちでも良いかな?と言う気がしてきたので交渉して買った。
 彼らは晩飯の後も外でゴソゴソ作業を続け、21時過ぎごろに成ってやっと終わったのか友人は自転車で帰っていった。下宿は山口らしいけど今日は実家に帰るのだろう。

 昨日の21kmランのせいで脚の筋肉痛が酷い。今まであまり使わなかった後ろ側を酷使したのだから当たり前だ。ランと自転車はできそうに無いのでプールへ行った。
 SKPSでアップをしてみるとキックの時はそれほど脚が痛くは無かった。スイムのキックとランのキックでは使う筋肉がかなり違っているらしい。
 今日は途中で小柄な競泳水着の女の子が入ってきた。「いいですか~?」とか言いながら。女の子に対して私が「NO」と言うわけがない(笑)。
 この子とは今まで話した事は無かった、何回も見たことは在るのだけど。今日は少しだけ話したら、勝手に想像していた年齢よりも話し方が大人っぽかった。
 彼女の背面のゆったりしたキックと、私のかなりマジのプルが同じくらいだった。体型も動きも小さい頃から競泳を続けてきた人にしか見えないのでショックは受けない。ただただ感心して見とれるだけ。
 彼女が帰ってからは脱力して1500mくらい一気に泳いでみた。いつもは肩廻りが疲れてしまうので、極力肩廻りの力は使わないようにして、腕は胴体の中心から振り回すようなイメージで、推力は最後の最後で脇を締めるような気持ちでスッと押すだけ。
 そんなイメージでやってみたら今までで一番疲れない1500mに成った。タイムは遅いけどそれなりに得られた物が有ったように思う。

スイム 3.4km

| | コメント (2)

2013年3月 2日 (土)

うちは自転車屋じゃねえぞ

0302 夜になって急に人が増えた。三男が同級生と一緒に自転車で帰って来て整備を始めた。5分くらいしたら長男が同じように自転車で帰って来た。彼は先週の日曜日に整備が終わらずに、私が乗っているHARPを借りて帰っていたので残りの作業をしに帰ってきた。
 一緒に晩飯を食べて各自が作業開始。私はドリドリ君の制御盤を作る作業が残っていたので作業場で作業していた。
 三男は友人のコンポの入れ替えを手伝っているらしい。「シフトワイヤーは?」とか聞きに来る。「それは変速機を操作するための鉄の撚り線だ!」と言おうとしたけど止めて「ガレージの2階のワイヤー類と書いた箱の中」と言ってしまった。
 うちでは自分の自転車は自分で組むルールに成っているので手がかから無い。来ている友人もロン毛だけどまともな好青年だ。嫁さんは嬉しそうだけど私の理想の生活とはちょっと違う。
 私の予定ではソコソコかわいい娘がメチャ美人の友達を連れてきて、「パパ、オーブンが点かない!」とか「おじ様、オレガノはどこですか?」とか、そういう会話が飛び交うはずだった。
 あ~失敗した。4人目と5人目にかけてみるべきだった。

 今日もずーっと仕事があったけど、土曜なので早めに一旦切り上げて走りに行った。最近はだいぶ調子が戻ってきた感があるので、久しぶりに清水寺往復のコースに行ってみた。
 久しぶりに長い距離なので強度は低目を心がけた。でもフォームは最近の理想と思っている状態を心がけて。
 このコースはアップダウンがきつい。特に最後の清水寺ののぼりがきつい。去年まではここで大腿四頭筋がパンパンになる所。でも今日は違っていた。ハムストリングスと大殿筋のあたりがジワーッと痛くなっただけ。
 あまりにも予定通りの結果に一人でニヤケてしまった。嫁さんの影響か、トッコ・ジンに成った気分で「クッポーック」と叫んだ。
 でもペースは戻ってないから、錦帯マラソンに出るかどうかは・・・考え中。

ラン 21km

| | コメント (6)

2013年3月 1日 (金)

圧着ペンチの分際で・・・

03011 問題のある圧着部が発生したのでモレックスの圧着工具を買い換えた。買ったのは一番手前のヤツで4万5千円!もした。
 今回のトラブルは工具の問題と言うよりも、一時的にストッパ部が変になっていたとか、動きが悪かったのでは無いか?と言う気がしている。
 でも何となく気持ちが悪いのと、0.3sqくらいが丁度工具の切り換え点に成っていて、次のゾーンを受け持つ方の工具も使ってみたくなったと言うのも理由の一つ。
 何時も思うのだけどこの手の純正工具は高すぎる。たかが圧着ペンチの癖に5万とか10万とかざらにある。普通の人に話してもまず信用してくれないけど、本当の事なので困る(笑)。
03012_2  メーカは純正以外は保証しないとか言うし、端子と素線と被覆が違えばダイの形状は微妙に違うのも事実。だから必要なら買うしか無いのだけど、数台の試作とか採用前に試して見るような時は困る。
 と言うことで一般的な圧着ペンチも沢山有る。2枚目の写真が一般的なヤツで1枚目の方がメーカの純正品。電子系の作業机の引き出しの中だけでこれだけ出てきた。
 写真では解りにくいけど、一般的なペンチは刃先を修正しているのが多い。これは試作とはいえ純正品に近い状態を作り出すには、市販状態のままでは上手に圧着出来ない事が多いので苦肉の策。

 今日は開始が遅くなったので室内でエアロバイク。前回は年齢を30歳と偽って見たけど今回は20歳に偽ってみた。初めて5分くらいして負荷が160Wくらいまで上がった時に電話が鳴った。
 最近よく掛かってくる太陽光発電の勧誘だった。頭に来たので直ぐに叩き切ってエアロバイクに戻った。でも心拍が低くてエラーに成っていた。その為に負荷が最大まで増えていて250Wだった。
 直ぐに耳たぶにセンサを付けて漕いだけど、直ぐに心拍は設定まで上がらない。その間はずっと250Wのまま。きつかった、3分くらい掛かった。そして145拍で定常状態になった。
 20歳なら145拍くらいらしい。変な電話が無ければスムースにここまでいって維持できそうだ。今日は最初がきつかったけど、取りあえず60分は行けた。次も20歳で行ってみよう。

バイク 25km

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »