« 7mmのボックス | トップページ | 迷ったら楽な方 »

2013年2月 3日 (日)

π型アッテネータ

02031 ここの所仕事が忙しくて、昨日も今日も仕事をしていたりする。でも今日は日曜日なので半分くらいのイメージで、後は自分のしたいことをしたり。
 以前に買っていたsdr-kitsのVNWAだけど、ドリドリ君のコントロール用PCと共用だったので使いにくかった。こないだ配置を変えて1台を専用PCにしたので今までよりは使うことに成ると思う。
 今日はマラソンを見ながらアッテネータを作ってみた。π型で減衰率が6dbのヤツ。でも私は機械屋さんなのでデシベルというヤツが何とも馴染めない。単純なLogならまだ良いのだけど、20倍とか10倍とか変なのが付いてくるから更に嫌いに成りそう(笑)。取りあえず自分の中では1/2という理解で進めた。
 入出力が50Ωで1/2なら150.5Ωが2個と37.4Ωに成る。この位なら抵抗の並列と直列計算が出来れば機械屋でも解る。でも手持ちにピッタリの抵抗が無いので、150Ωを2個と39Ωを1個で作ったのがこれ。
02032  測定したらこんな感じだった。計算上の減衰率は1/2.04で-6.19dbのあたり。周波数が低いところならそれっぽい値に成っている。
 インピーダンスの計算値は50.7Ωで、VSWRの計算値は1.01くらいの筈。どちらも200MHz以下くらいならだいたい合っている感じ。
 適当な同軸と生基板の切れっ端で実験しているので、精度とか再現性には多いに難があるのは解っている。でも数式だけで理解が難しい人間は、こうやって目の前で実験して見ないと理解が難しい。そういった用途なら大変面白いオモチャだ。

 マラソンと実験が一息ついたので泳ぎに行くことにした。川内の最後の給水所でのスパートは上手かった。中本は給水が取れずに一瞬「アッ」と言う気持ちに成ったと思う。その瞬間を逃さずに、と言うか川内はその瞬間を意識して作ったのだと思う。
 プールでは今日も長めの距離を泳ぐことにした。SKPSでアップの後は1000mのセットを4本泳いだ。3本目までは力を入れずに泳ぐことを意識して泳ぎ、最後の1本だけは少しだけリズムを早めにしてみた。
 ドリルばかりしていたので久し振りに長距離を泳ぎ始めた時はきつかったけど、急速に慣れてきて今日はそれほどキツサは感じなかった。
 脱力して泳ぐのはまだ出来ていない。どうしても息継ぎの時に体や腕に力が入ってしまう。どうしても脱力して息継ぎ動作が出来ない。難しい。

スイム 4.5km

|

« 7mmのボックス | トップページ | 迷ったら楽な方 »

コメント

定期的に読んでいるサイトにありましたが,お役に立ちますか?
http://118.243.179.248/VNWA1.htm
httpは全角です.

投稿: ROM | 2013年5月23日 (木) 22時09分

 ありがとうございます。見てきましたが、この方は本職のようですね。そのレベルの方が同じようなキャリブレーションキットを自作されていたので少し嬉しかったです。
 でも、私が思っていた以上に精密な工作が必要みたいで、暇が有ったら作り直そうかな、と言う気分に成りました。

 他のページも読んでみます。なんか文章も用語も機械屋には難しいですけど。

投稿: みつやす | 2013年5月23日 (木) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7mmのボックス | トップページ | 迷ったら楽な方 »