« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

新年は最新OSで

1231 ほとんど不満無く使ってきたWindows2000のメインマシンだけど、ネット関係を中心に目に見える不具合が出始めた。
 このまま我慢して使うか、不具合の有る関係だけを別マシンにするか、全部を新しいシステムにするか、しばらく悩みながら使っていたのだけど、新年を契機に新しいシステムを導入することにした。
 CPUは強力なCore2 DuoのE8500にOSは最新のWindowsXP。ビデオカードはCADを考慮してQuadro FX1700を奮発した。メーカは名門HPでワークステーションモデルのxw4600。初期不良のトラブルを避けるために、数年をかけて他のユーザーの元で試験済みである・・・ハハハ。

 Windows2000は出たときに直ぐNT4から乗り換えて使い始めた。だから12年くらいずーっと使い続けた計算に成る。そしてその頃からパソコンへの関わり方に疑問を感じ始めた。
 幾らハードを強力にしても、OSとその上で動くソフトも新しくしてしまうと速さは大して変わらない。出来ることは少し増えるけど、その大半は装飾的な見栄えや動作であり、本当に本質的な部分はDOS上でやっていた頃と変わらない。。。
 DOS上の一太郎で書いた文章よりも、最新のWordで書いた文章の方が感動的な訳じゃない。Solidworksで設計した機械が、ムトウのドラフターで設計した機械よりすぐれている訳じゃない。
 色々調べて色々悩んで、強力で、コストパフォーマンスが高いシステムを作ってみても、数年したら、いや下手をしたら数ヶ月でそいつは陳腐化する。
 インストールとか、設定とか、新しい使い方に慣れるとか、便利になるTipsとか、そんな行為に深夜まで時間を費やしても、それは作業の本質的な事にはほとんど影響せず、そのくせ自分の人生の大事な時間だけは多量に食いつぶす。
 そんなのはもう止めた!。そして今のシステムで十分じゃないか!。そう思って12年使った。まあ、Windows2000が安定していた事も有るけど。

 ただ最近は小さな問題も出てきたので、今使っている仕事用のソフトの互換性なども考慮してXPにしてみた。そしてXPがなんの問題もなく動きそうなPCの中から、比較的新しくて値段が高く無いヤツをヤフオクで捜した。
 入札して競合するのも面倒なので即決価格が程々のヤツをピックアックし、13,000円で買ったのが写真のヤツに成る。
 パソコンに対しての情熱?が覚めてしまったとも言えるし、本来の道具としての的確な選択と使い方の段階に到達したとも言える。
 元々私は道具に対して「何か」を期待するタイプじゃ無い。きちんとネジが締まれば、アサヒのレンチでもスナップオンのレンチでもどちらでも構わない。値段が違っていれば安い方を買うし、触って感触が違えば好みの方を買う程度。
 女の子は、若くて、綺麗で、スタイルが良い方が良いけど。

 2000からXPへの変化よりも、セレロン1.3GからE8500への変化の方が大きそうなので、新しいPCにしたら少しは速くなるんじゃないか。でも仕事の効率は変わらないだろうな。。。そんなことを思いながら今年最後の文章を書いている。
 向こうの部屋から紅白の音が聞こえて来る。KARAが出てない事と、AKB48の前座にキンタローが採用されなかったこと。それだけが残念な2012年の大晦日だ。

| | コメント (10)

2012年12月30日 (日)

餅つき

 今日は餅つき。天気予報通りに朝から雨が降り続いた。午後から止むかな?と期待していたけど、少し雨粒が小さくなるくらいで止んだという感じは無いままに終わってしまった。とりあえず無事に終わって良かった。そして来て貰った皆様ありがとうございました。
 用意していた薪とか竹が濡れてしまい、最初の火の着きが悪かった。でもこれは時間が解決したので大きな問題にはならなかった。
 一番の心配事のハイテク杵だけど、こちらも大筋では上手く行った。でも改善点もいくつかある。今回は2本の杵に加工をしたけど、材質的にはPOMよりもポリエチレン系の方が餅の付着が少なくて好感触だった。でもPOMでも木くずの混入を防げたので改善度合いは大きい。
 形状的な改善点も浮かび上がった。今は厚みが25mmとか30mmくらいの円形の板をネジ止めしているけど、これだと餅の付着範囲に対して狭すぎる。理想的には厚み方向に50mmから100mm位の寸法が欲しい。
 と言うことで来年度は、テフロン系の材質で厚みが100mmくらいで試してみたい。でもテフロンは高いので、厚み100mmを2個とか買えないかもしれない。

 作業自体はいつものメンバーに加えて息子達の友達が4名来てくれたので、オッサン連中は口を出すだけで(笑)作業はスムーズに進んだ。こうやって世代交代が進むのは良いことだ。
 でも問題もある、若い女性が少なすぎる!。知った顔の女子大生が1名と、10年後に期待の若いお嬢さんが1名居ただけ。息子達の友達は全部男ばかり。。。来年はこの部分を是非改善したい。と毎年言っている(笑)。
 餅つきが終わってからはいつもの様にカレーを食べて、お菓子を食べて、お茶を飲んで、話をした。どの子も違った世代や違った環境の人ともきちんと話が出来るしっかりした子だった。その点は凄く良いのだけど、女の子が少ないのが良くない。
 夜は中村家へ餅を持っていった。トヨタが休みなので道を走っている車の量が劇的に少ない。昔はこんな感じだった。そしてトヨタが出て行ったら?こんな感じに戻るのか?。
 奥さんとアヤちゃんが居た。2日の新年会の話を少しした。アヤちゃんは婚活のため2日は居ないらしい。オッサン連中からアーダコーダと弄られるのは嫌だろう(笑)から正解だ。
 とりあえずお約束で、早く結婚しろと言っておいた。

| | コメント (3)

2012年12月29日 (土)

一夜竈

1229 仕事もひとまず終わりにしたし明日は餅つきなので、今日はほぼ1日中明日の準備をしていた。
 とは言っても大した作業が有る訳じゃなくて、片付けていた餅つきの道具を出してきて洗って並べるくらい。唯一作業的なのが竈の補修。
 古い竈は場所が悪かったので今の位置に数年前に移設した。その時は翌年にはしっかりしたのを作ろう・・・と思っていたのだけど、いつもの様にそのままで数年が過ぎた。まるで人生のようだ。
 基本骨格はコンクリートブロックとかレンガとか瓦のかけらとかで出来ているので、1年間風雨にさらされても溶けて無くなる訳じゃない。でも隙間とか表面に塗っていた泥は流れる。
 と言うわけで隙間にその辺りの泥を塗りつけて補修する必要がある。適当に補修が終わったら羽釜を乗せ、水を入れてせいろを乗せて試運転。
 最初は下が濡れているのと全体が湿っているので火の廻りが悪い。でもしばらく燃やしていたら具合よく燃えるように成ってきた。その様子を嫁さんが見て「一夜竈」と言った。確かに毎年毎年やっつけ作業で情け無い。
 そう言えば秀吉も背が低くて猿みたいな男だったらしい。彼はお城を作って天下を統一したけど、私は竈を作って正月の餅を搗く位が似合っている(笑)。
 夕方から走ろうと思ったのだけど、山の枯れた竹を明日燃やそうと思い立ち、山から枯れた竹を引きずり出して居たら暗くなってしまった。そして2本目の杵の先端に樹脂を付ける作業をしていたら夜になったのでお終い。

 明日は足元が悪いです。そして午前中は雨の確率が高いです。昔のお嬢様達は頑張ってよそ行きの服は着ずに、汚れても良い服とベチャベチャに成っても良い靴でお越しください。将来のお嬢様は転けてパンツまで濡れる可能性が有りますので、換えのパンツまで用意しておいた方が良いと思われます。
 では、また明日。

| | コメント (3)

2012年12月28日 (金)

タッパー

1228 タッパーと言っても残った料理とか小物を入れるヤツじゃなくて、雌ねじを切る刃物であるタップを上手に使う道具の方。
 タップ自体は趣味でも仕事でもよく使う。そして作業は基本的に手回しで立てていた。たまに数が多いときとか有るので、電動ドリルみたいなタイプの電動タッパーを買って使ったりもしていた。
 この電動タッパーは巧妙な仕組みが内蔵されていて、本体を押しつけるか引っ張るかで正転と逆転が自動的に行われる。確かに凄いし数が多いときは便利なのだけど、トルクリミッタが内蔵されていないので何時もヒヤヒヤだった。8mmのポイントタップとかなら安心できるけど、4mmのスパイラルタップとかだと本当に怖かった。
 で、割りと良さそうなヤツが出ていたので買ってみたのがこれ。汎用ボール盤用なので上記と同様に上下動に連動して正逆転が出来る。そしてタップ径に応じてトルクの設定が出来る。能力はM3からM6程度と、私が常用する範囲にほぼ一致している。
 試しにM4のスパイラルタップを試してみた後がこの画像。調子に乗って何回か繰り返して操作したので、スパイラルタップ特有のネジネジで上がってくる切り子がからまって団子みたいに成ってしまった。
 取りあえず修理しなくても使えた。結果的に内部構造を見て先人達の知恵に感心する機会が失われてしまった。

 プールは今日が最後の日。取りあえず行っておこうと思って行ってみた。同じような事を考える人が多いのか、いつもよりも人が多かった。そのほとんどが60歳代と思われる男性。
 アップの後はクロールのドリル。今日はキック系が多め。それが終わってからは25mと50mのサークル練習を始めたけど、人が増えてきてタイムを見て泳ぐのは難しくなったので再びドリルに変更。
 後半はバタフライのドリル。こちらも知らない人と同じコースなので腕の方は難しく、ドルフィンキック系のドリルばかりやっていた。最後に少しだけ一人になったのでバタフライのスイムを数本。
 受付の九工大の子は就職の勉強をしていた。開いていたページは行列。「もう忘れてます」と言っていたけど、私も忘れた。掛け算って行と列をかけるんだったか??

スイム 1.8km

| | コメント (2)

2012年12月27日 (木)

栗の木は割りやすい

1227 翌日に写真を撮ってから載せようと思っていたけど、翌日は朝から雨で昨日の文章とイメージがだいぶ違う。

 最近は朝一番の体をほぐす運動とか、じっとしている作業の合間に体を温め直す為に薪割りをすることが多い。ここ数日はかなり寒くて朝は霜で一面真っ白に成っている。
 特に今日は気温が低い上に上がらなかったようで、昼前くらいまで溜まった水の氷が溶けなかった。じっとしている作業は辛いけど、薪割りをしたら身体が少しは温まるし、燃やしたら更に暖かい。薪は偉大だ。
 でも、今割っている栗の木は楽すぎて体が温まりにくい。素直な所は斧を当てただけでパカーンと二つに吹っ飛ぶ。節が有ってもほぼ問題なく割れる。二股になっていても丁寧に割れば二股の状態で二分割される。
 それに比べたら枝打ちしていない杉とか檜は割りにくい。特に枝が沢山出た状態で直径が40cmくらいまで育っていると、同じくらいのサイズの栗の木の20倍くらいの労力が居る感じがする。

 久し振りにプールへ行った気がする。2日以上休むと水の感触が違うね・・・と書こうと思ったけど、あまり違いを感じることは無かった。
 いつものアップの後はクロールのドリルをして、少しだけ25mとか50m単位のドリルをやった。50分くらいそんなことをやっていたら人が少なくなってきた。
 1コースが自由に使えるように成ってからはバタフライの練習。1キックのバタフライで疲れないように素直に軽く進む練習から始めて、途中から帰りは2キックにしてみたり色々とやってみた。
 先週よりは力まずに出来るように成った気がする。でも依然として力んでいるのか、急にやったから体が悲鳴を上げているのか、左の肩と両方の腰の横が痛い。

スイム 1.8km

| | コメント (2)

2012年12月26日 (水)

ソデイカ

1226 でっかいイカをもらった。貰ったのはイカの一部なので全体像は解らないけれど1m以上有ったらしい。それを解体した一部を貰った。
 とても我が家だけで食いきれる量ではないので、近所の家とか長濱の家に持っていった。そして残りは冷凍した。冷凍したら味が変わって美味しくなるらしい??。
 今日の分は小さく切って天ぷらに成った。悪くはないけど味が大味だ。もっと小さいイカのゲソ天の方が好きだ。こいつはステーキとか、八宝菜やパスタの具にしたら良いかも。刺身は美味しくない様な気がする。
 名前はソデイカ。津屋崎の海岸で拾ったとか(笑)。これは本当らしくて、マジの人は道具を用意して海中に漂っているのを引っ掛けて取るらしい。そこまで必死じゃ無い人は散歩しながら打ち上げられるのを拾うとか。

 夕方に成って荷物の配達が有ると連絡が入ったので、プールの予定だったけど行かずに仕事をして待っていた。でもなかなか来ない。結局19:10頃に成って配達された。
 仕事で使う部品だし、まあ待っていた品物なので配達自体は嬉しいのだけど、中途半端な時間はなんとか成らんのか?と思ってしまう。でも神様が休んでおけと言っているのだと信じておこう。

| | コメント (2)

2012年12月25日 (火)

クリスマスは餅つきの準備

1225 今日は祭日あけでプールは休みだけど、昨日走って連続で走るのは少し怖い。と言うことで年末に向けて餅つきの準備をした。
 もう10年以上前から息子達とやってみたいと話していた作業、杵の先に業務用杵搗き機械の様な粘着性の低い材質を付けてみようと言う話。
 先日も三男から未だやってないのか?と催促されたので、今年こそはやってみようと思い立って無理矢理取り付けてみた。
 付けたのはドリドリ君の試作樹脂ナットに使った残りのPOM材。模型をやっていた人にはジュラコンとかデルリン系の材料と言った方が通じやすいと思う。
 最初は旋盤で丸く削ろうかと思ったけど、杵自体がフリーハンドで綺麗な円筒形じゃ無いので却下。先端を切った杵にPOMの板を押し当てて、鉛筆で型どりしてからバンドソーで切り出した。
 固定は75mmのコースレッドを4本。ネジの頭と臼が接触しないように、頭は座ぐりで沈めておいた。うちの餅つきに来る連中は五月蠅いので、こんな部分を手抜きしていると直ぐに文句を言う。
 ただ、材質的にPOMが良いかどうかは解らない。POMだと少しだけ接着が効く。と言うことは餅も付着する可能性が有ると言うこと。理想的にはポリエチレン系とかテフロン系の方が良さそうに思うけど、こんなサイズは手持ちに無かったので取りあえず今年はPOM。
 まあ、搗いているうちに杵の角が崩れてきて、木くずが餅に入ってしまうことは防止できると思う。もしPOMが割れて餅に入っても、同じ白色だから知らんぷりして居ればOK(笑)。

 と言うことで、今年の餅つきはハイテク杵で行われます。日時はいつもの通りで12月30日で雨天決行。たぶん09:00頃から燃やし始めて、10:00頃から搗き初める感じです。
 作業に参加した方には、漏れなくご希望のサイズの鏡餅をプレゼント。作業中におろし餅ときなこ餅の食べ放題。作業後にカレーと誰かが持って来る?お菓子食べ放題の特典があります。
 三男と長男が友達を連れてくると言うので、二十歳前後の高スペック?イケメン??男は十分確保しましたが、二十歳前後の可愛らしい女の子が不足しております。皆様のご協力をお願いいたします。

| | コメント (4)

2012年12月24日 (月)

axe handle

1224 うっすら雪が積もっているし、ほぼ1日中雪がちらついてメチャ寒かった。でも切り倒した栗の木を持って帰る予定にしていたので、凍えながら作業した。
 軽トラ2台分運んだら玉切りにした分がほぼ無くなったので運搬は終わり。足場が悪い中で軽トラまで運ぶのが意外と疲れる。
 栗の木は取りあえず下ろすだけで、先に貰ってきた樫の木を割ってしまおうと思って薪割りを開始。試しに700円の斧を使ってみたら悪くない。
 樫の木は割りやすい。枝打ちしていない杉や檜に比べたらかなり簡単に割れる。栗の木はもっと簡単。軽く斧を当てただけでパカーンといく。。。調子に乗って割っていたら怪しかった柄が折れた。

 斧の柄は意外と高い。あまりに高かったら薪用の樫の木から削りだそうと思ってホームセンターへ。1,000円台だったので労力と比較検討の上、購入することにした。
 帰りにエイミーの家の様子を見に寄ってみた。なんかメチャ忙しそう。私が行ったときは昼の時間帯が終わってホッと一息の時だったけど、それ以降だけで20枚くらいオーダーが溜まっているとか。テレビの影響力は凄い。
 パパも出てきたので今後は英語しか喋らないと宣言し、先日の牡蠣のお礼を言った。取りあえず伝わったと思う。一緒にいた婆ちゃんは「通じちょるばい」と喜んでいた。
 斧の柄を買いに行った話になり、「斧の柄」が解らない。stem of axeとかwood bar of axeとか苦労していたら「ハンド」と言う。手で持つところ?と確かめたいのかと思い、聞き直したら今度は「ハンドゥ」と聞こえる。2秒くらいして「ハンドル」の事だと解った。
 難しい。カタカナとローマ字を覚える前に英語と出会っておきたかった。

 今日はプールが開いているけどリズム的にはランの日。リズムを優先して暗くなる前に走りに出た。今日も脚は痛くない。そしてゆっくり走っているからキツクもない。こういう練習が好きだ(笑)。
 少しだけコースを変えて、西中から引き返さずにワンジルロードを通ってトヨタグランドに行き、トヨタ工場の外周路をぐるっと回って帰ってきた。
 良い調子だ。でも無理はしない。無理と言うよりも頑張らない。年とったら限界を超えた感覚が鈍くなるので、迷ったら楽な方を選択する。まあ若い頃から楽な方ばかり選んで来たけどね(笑)。

ラン 10km

| | コメント (0)

2012年12月23日 (日)

小径木にクサビを打ち込む

12231 一日中天気が悪かったけど、離れたところにある栗の木を切る作業をやった。面倒なヤツが残っているので、先週に続いて三男にロープを引っ張らせた。
 今日はロープを引っ張って切ったのが3本で、くさびだけで倒したのが1本。これで20本有った栗の木は残り4本だけになった。
 倒した木は少しずつ玉切りにしているけど、搬出は始めていない。直ぐ横まで軽トラが入るから楽ではあるけど、細いとは言え20本もの栗の木を解体して運び出すのは大変そう。。。まあ、来年の話だ。
12232  初めての倒し方を試してみた。例の「伐木造材術」の本の3章、「難しい木を伐る」の中の「小径木にクサビを打ち込む」と言う項で紹介されていた方法を。
 受け口から突っ込み切りでクサビの入る溝を作り、追い口側からクサビを打ち込みながら、クサビの両側を切っていくやり方。
 全体としては成功したけど細かいところではミスもあった。一つは「つる」のサイズが左右で相当違っていること。もう少し細かく交互に切っていくべきだ。
 そしてクサビを少し切ってしまったこと。プラスチックで安いとは言え、1個が700円くらいするので使い捨てには出来ない。こんな用途なら沢山貰っている樫の木でクサビを作ったら良いかもしれない。

 昼頃から雨が雪に変わってきた。流石にヤバイのでランティスのタイヤをスタッドレスに交換した。交換の後は嫁さんとプールへ。途中でかなり強く降っていたけど積もるほどじゃなかった。
 嫁さんはいつもの様に淡々と泳いでは駒を動かして1km泳いでいる。私は別のコースでアップの後はバタフライのドリルをやってみた。
 小さい子でも50回くらいやると言われた、体のうねりを主体にしたようなバタフライ。力で処理しようとするから疲れると言われるけど、力を入れないと思った動きには成らない。途中から嫌になってきて力でバッシャバッシャとやってしまった。少し反省。

スイム 0.8km

| | コメント (4)

2012年12月22日 (土)

まゆつば屋

1222 半田付系の仕事が有ったので、昼過ぎまではその作業をやっていた。そして少しだけ速めに仕事を切り上げてプールへ。プールに行くときに少しだけ寄り道して、ヤフオクで落札した斧を引き取ってきた。
 改造する予定なので程度はどうでも良く、安いのを探していたら福岡から出品で700円のヤツを発見。見た目が悪かったので競合もなく素直に落札。そして住所を聞いてみたら飯塚だった。
 現住所が飯塚と言っても私的には頴田町。小竹から遠賀川を越えて直ぐの所だった。良く通る場所なのに今まで気がつかなかった小さな店。「アンティークショップ まゆつば屋」と書いてある。
 偏屈な親父が出てくるかと期待?していたら、品のよい奥さんが対応してくれて肩すかしをくらった感じ。元は街の電気屋だったらしい。代金の700円を払って店の中を見せて貰う。
 店内にはあまり多くの商品は無い。メインはオークションで品物を回しているらしい。小さなアクセサリー類に混じって、メグロの2気筒のオートレースエンジンとか、もの凄く古いスチールのチェンソーとか、物欲をそそられる物が見つかって足が止まる。
 博物館に有るようなスチールのチェンソーはかなり興味が有ったけど、値段を聞いたら買いたくなるので聞かなかった。斧だけを握りしめてプールへ向かった。

 プールはいつものドリル中心のメニュー。ビート板キックは昨日で飽きたので、キックだけで進んで息継ぎをするヤツにした。それが終わってからは片手クロールを左右交互に。
 後半は45秒サークルで腰の位置に注意しながらクロールのスイム。それが終わってからはドルフィンキックからバタフライの練習をしてみた。
 バタフライはトライアスロンには関係が無いけど、バタフライが出来たらカッコいいから、たまには練習することにしている。

スイム 3.0km

12222  気になって眠れなくなると困るので調べてみた。記憶と照合するとコイツのような気がする。STIHL Lightning と言う機種らしい。
 何処かのページに1959と言う数字が有ったので、あの店に有ったモデルが多少前後していても、私とほぼ同い年という事になる。
 あの時代にこんな物を買うとは、嘉麻峠の辺りの林業家か、山を越えて日田の方の人か?。そんなことを考えながら今日は寝よう。

| | コメント (4)

2012年12月21日 (金)

スライドクランプ

1221 ちょっと前に運良く安価に購入できた品。前から欲しかったのだけどメチャ高い。何回も自作しようと思って図面を書いたりしたけど、先端の焼き入れをどうしようか?とか悩み始めるときりがなくて前に進まなかった。
 たまたまシャコ万が何個か欲しくて「クランプ」でオークションを検索していたら、「不明?クランプ」みたいな名前で出ていたのがこれ。誰かが気がついて結構な値段まで上がるだろうな・・・と思って初期価格の2,500円で入札していたら落札できた。機械の神様ありがとう。
 左の2個に入れているワッシャがM8用。本来ならM16用なのでドリドリ1号では大きすぎて使えない。ドリドリ3号ならなんとか使える。開発中のさらにデカいヤツなら問題なく使える。

 脚の調子は悪くなかったけど、雨も降っていたし急に無理をしても良くないので今日もプールへ。何故なら私はスイマーだから(笑)。
 アップの後は45分くらいずっとキックばかりしていた。必死でキックしていると「回数で誤魔化すな」と怒られるので、ゆっくり目にキックしても進むように私なりに試行錯誤してみた。でも特に左足は足首が固いのでマイナスの推力が発生している様に思える。
 後半は50単位でしばらくスイムをして、最後の方は少しだけバタフライのドリルをやった。隣にかなり速いお兄ちゃんが来てガンガン泳いでいた。ここでは男で速い人は珍しい。女の速い人は結構見るのだけど。
 帰りの受付は綺麗どころが3人もそろい踏みで豪華だった。アクアビクスの先生と、ハイレグのインストラクターと、九工大の女の子。アクアの先生は話した事が無いので会釈だけ、
 ハイレグのインストラクターには、何時も綺麗な水着姿をありがとうございますとお礼を言っておいた。九工大の子は最近は何時も何処かの会社案内を見ている。海外で勤務できる会社が希望らしい。しっかりと話が出来る良い感じの子なので、たぶんそれなりの会社に入れそうな気がする。

スイム 2.6km

| | コメント (0)

2012年12月20日 (木)

高校入学

1220 ピンズラーアメリカ英語の1が終わったと書いたけど、最後の方が少し心許ない感じが有ったので20課からやり直していた。それが昨日終わったので今日からは晴れて2に移行。やっと高校生だ。
 この教材は本当に少しずつしか進まないので、2の1は1の30とほとんど差が無い。でも反応速度は少し速めが要求されているようで、解っているのに間に合わない事が1の後半よりも多い気がした。
 朝1番に1回やって、プールの行き帰りに1回と半分くらいやって、晩飯の後で残りの0.5回をやった。合計で3回やったことに成る。こういうやり方が良いのか、1日に30分は守って解らない時は翌日にもう一回した方が良いのか、その辺りは解らないけど細かい事を気にしても仕方ないので、その時の気分で前に進める。
 やっていて思うのだけど強制されない勉強は楽しい。お勉強としてやる勉強は気が乗らない。材力も学校ではほとんど解らないままで、卒業してからチモシェンコの問題集を3冊自分でやったら解るように成った。電気・電子関係の学科じゃ無かったけど、やりたい事が有ったのでオシロを入手したり本を買い込んだりして自分で勝手にやったら前に進んだ。
 まあそう言う性格なのだろうから、それはそれで仕方ない。でも学生時代にやっていれば、もう少し効率的な人生に成ったと思う(笑)。

 今日は今年最後のスイミング。以前は延々と泳がされた記憶が有る。今日も何か違うメニューかな?と思っていたら予想通りに少し違っていた。
 アップの後はスイムで25mを16本、40秒サークル。ストロークを数えて最後まで同じストロークで泳ぐように指示。そして多くないストロークの方が望ましいと。
 私はほぼ全部が21ストロークだった。長濱は18とか言っていた。それだけ私の方が効率の悪いかきなのだと思う。でも身長とか手足の長さの差がそのくらいは有るので、勝手に同等であると決めつけて納得した。
 次は100mを全力で3本。1人ずつ泳ぐので1回泳いだら次までしばらく休むことが出来る。今日は幸いにも6名の参加だったので5名分が休みと言うこと。
 1本目は1分33秒。前半が44秒で後半が49秒らしい。後半の落ちが激しい。少しバシャバシャした泳ぎだったような気がした。2本目はそれを修正しようと思ってスタート。
 2本目は1分28秒。前半が43秒で後半が45秒だったか?。泳ぎの修正のイメージが上手くいったのだと思う。疲れが有るのにタイムが上がった。同じイメージを持って3本目に臨んだ。
 3本目は1分27秒。42秒と45秒だったか、キツかったので記憶が少しあやふや。2本目と変わらないタイムで泳げた事が良かった。気持ち的には2本目よりも2-3秒は遅くなったような気がしていたのだけど。
 今まで100mを全力で泳いだことが無かった。1分40秒くらいかかるんじゃ無いか?と思っていただけに、特に2本目と3本目のタイムは嬉しい誤算だった。1分28秒なら25mを22秒のペースで泳ぎ続けた計算に成る。これは私的にはかなり速い。
 やはり毎日泳ぎ続けた事が良かったのだと思う。先は長いけど取りあえず目の前の小さな丘を乗り越えられた様な気分に成った。次は100mを1分20秒くらいで泳げるように成ろう。
 でも、100mを1分20秒に拘って練習するよりも、今の私のレベルなら姿勢とか基本的な部分の修正を続ける方が効果的だろうと感じている。

スイム 1.4km

| | コメント (5)

2012年12月19日 (水)

そろそろ交換

1219_2 最近は山の仕事を真面目に?しているので手袋の消耗が激しい。この手袋は1月ちょっとしか使って無いのに、親指と中指の所に穴が空いた。
 もう少し長持ちして欲しいけど、あまりに固くてゴワゴワだと感触が悪い。こいつはトータルで適度な妥協点に有るので次もこれにすると思う・・・と言うか常備してある。
 シモンの背中が青い布のヤツで近所のグッデイで売っている。3組が1,000円弱なので、まあリーズナブルな価格だと思う。冬でも夏でも荒っぽい作業用はこればっかり。

 少し迷ったけど今日も走ってみた。筋肉痛は消えたように感じていたけど、走り出してみると少し残っていることを実感。でも止めようと思ったり走り出した事を後悔するような痛みじゃ無い。
 アキレス腱は今日も痛くならなかった。ここで調子に乗らずに、休んでいた期間よりも長い期間をかけるくらいのつもりで戻して行くことが重要だろうと思う。
 ただ、数ヶ月ぶりに8kmを中1日空けて走ったにしては、筋肉痛とか脚の疲労感は無い。これはたぶん水泳のキック練習をしているおかげでは無いかと思う。それと家の廻りの山を歩き回っている事。

ラン 8km

| | コメント (2)

2012年12月18日 (火)

意外な補給食

1218 最後に残っていた貰い物のお菓子を食べた、猫の形をした最中。最中はあんこの割合が多すぎるのと、皮が口の中にへばりつく感じが嫌なのでランクがかなり低い位置にある。でも食べないよりはまし(笑)。
 一口目に裏切られた。皮の感触が予想と違う。相当固い。せんべいと言うと言い過ぎだけど、最中の皮とせんべいの間くらいの硬さが有る。皮の固いシュークリームの皮より固い。
 そして中身でさらに裏切られた。あんこじゃなかった。ナッツの入ったヌガーというとか、色々な素材を砂糖で固めたバーというのか、ポソポソのパワーバーというのか、まあそんな感じ。
 作っているのは宮田のお菓子屋で瀬川という店。昔からオリジナルのお菓子を数種類売っていたと思う。私はここの饅頭よりも千鳥饅頭の方が好きだったけど。
 宮若市が「追い出し猫」をPRし始めたので、その流れでこういうお菓子を作ってみたのだろう。最中だったら興味を示さなかったと思うけど、ちょっと変わっていたので記憶に残ってしまった。来年の大会では宮若市の代表として?この猫型補給食を食べながら走ろうか?と考え中。

 昼頃に成って昨日のランの筋肉痛が少し出始めた。脚の各部が少しずつ痛い。でも軽い感じなので日常生活にもトレーニングにも影響は無い範囲。
 と言うことで飯塚のプールへ。ピンズラーの2を買ったけど、1の20課以降が少し不安だったので復習している。それをやりながら軽トラで行った。今日で28課まで終わったので明日で30課まで復習が終わりそう。そしたら次に行ける。
 今日は普通のスイムを50mにしてみた。距離以上にキツくなった気がするのは、呼吸動作が十分に出来ていないからだろうと思う。
 最後まで押すこと、抵抗の少ない姿勢を維持すること、推力に成らなくて良いからキックで姿勢の維持だけはしっかりすること、そんなことを頭に置いて泳いだ。
 左足のキックが進まないと書いたけど、まず動きも少ない。そしてリズムもおかしい。取りあえず動きとリズムだけでも右と同じように矯正してみようと考え中。

スイム 3.2km

| | コメント (7)

2012年12月17日 (月)

痛くない

 午後からの雨は少し弱まったけど、仕事が終わった時は小雨が降って居た。でも気分的に走ってみたい気分だったのでウインドブレーカに着替えて外に出た。
 日常生活的には1月くらい前には治っていたと思う。でも小走りに横断歩道を渡ったりしたら軽い痛みを感じていた。山で踏ん張ったりしたときも同じ感じ。
 最近は朝一の仕事を始める前に山をぐるっと1周しているけど、その時に軽い作業をしても違和感を感じることが無くなった。そして2周連続して西中までの8kmウォーキングに成功した。そしてその延長線上に今日が有った。
 コースは取りあえず西中往復の8km。少しでも違和感を感じたらそこで引き返す。例え1km地点で有っても。そんな覚悟で走り始めたけど何ともない。ペースが遅くて衝撃が少ないせいも有るけど。
 ペースが速く成りすぎないように、アキレス腱に極端に負担をかけたりしないように、かといって庇いすぎて他の場所を痛めたりしないように、かなり注意して走った。そして8kmを無事に走って帰って来れた。
 かなり嬉しい。でもここで喜びすぎて無理をしたら意味がない。気持ちを抑えながらサボるくらいの気持ちで、来年の皆生までにマラソンを走れるように成れば良いや、くらいで行こう。

ラン 8km

| | コメント (0)

2012年12月16日 (日)

ギリギリセーフ

1216 今日は長男が帰ってきているし、珍しく三男も家にいる。こんなチャンスは滅多にないので難しい栗の木の伐採を決行した。
 最初は比較的簡単そうな納屋の裏の木。こっちは生きているので予定通りに事が進むはずなので、危なくないようにだけ気を付けて作業した。予定通りに作業完了。
 問題は枯れて居るうえに重心がかなり反対側に偏っている山際の栗の木。錘を入れた袋を長男に何回も投げさせて上の股に通し、太いロープに交換して準備完了。
 本に載っていた欧米式?の受け口を作ろうとしたけど、下から斜め上に切り上げるのが難しくて中途半端に成った。幅と位置だけは何回か修正して予定の形状に仕上げた。
 根本の木は腐ってはないけど枯れて死んでいる。くさびは効きそう。上の方は枯れていて一部は折れている。これが頭に落ちてきたらかなりヤバイ。ヘルメットで頭蓋骨陥没は防げても、頸椎損傷で下半身不随くらいは有り得るかも。
 なんとかギリギリ予定通りに倒すことが出来た。幹の方角は悪くなかったけど、上の枝がハウスの骨組みから30cmくらいしか離れて無かった。よその家のハウスなので壊さなくて良かった。
 長男は朝食後にニコニコしてプリキュアを見ていた。かなり絶望的な気持ちに成ったけど、三男と二人でロープを引っ張ってくれたおかげで今日の伐採は成功した。質が期待できない時は量で勝負。子供は多い方が良い。

 倒した木を玉切りにしたり、この横にある橙?の木を2本とも切ったりしたらヘロヘロに成った。家に帰って一休みして嫁さんとプールに行った。
 SKPSで400mのアップの後、最後までしっかり押すイメージで連続して泳いだ。廻りのオッサンがちょっとだけ速かったり、ちょっとだけ遅かったりして気になったけど、自分のやろうとしている事だけに集中するよう心掛けた。
 腹の下から最後の方だけ力を入れようとしているけど、どうしてもそれ以外の時も力を入れてしまって肩廻りがパンパンに疲れてしまう。どうもその辺りが難しい。

スイム 1.0km

| | コメント (0)

2012年12月15日 (土)

木村拓哉と言ったのに

1215 1月くらい前だったと思うけど、床屋のオバチャンの電気ストーブを修理してあげた事が有る。お金を払うと言うから断ったら技術の物々交換として散髪してくれる事に成った。
 スイミングの時にそろそろ正月前なので来いと言われた。午前中は暇な年寄りで込むから午後が良いらしい。
 広島にいるときに家庭用のバリカンを買い、それからずーっと自分で丸刈りにしている。たぶん10年以上床屋に行ってないと思う。小さい頃から床屋は嫌いだったので、今後も今回のような事が無い限り行かないと思う。
 椅子に座ったら「5mmで良かろう?」と聞くので、「木村拓哉にしてくれ」と言ったらしばらく会話が途切れた。その後はスイムクラブやら地域の話が色々と出てきて、たまにはこの手の田舎の社交場にも行かないと駄目だな・・・と考えてみたり。
 自分で切るときは襟足の所のカールした産毛の処理が上手く行かない。でも誰かに見せる訳でも無いので何時も適当に刈り上げてお終いにしていた。流石にオバチャンは本職だけ有って上手だ。
 最後に髪まで洗ってくれた。洗って貰うときにどんな体勢にすればよいのか忘れていて、「座ったまんまでいいと!」と怒られたりした。
 出来上がりを確認したら、キムタクというよりは高濱さんに近いオッサンが鏡に映っていてショックを受けた。しばらくはこれで行くしかない。

 明日の選挙の為に?長男が帰ってきていて晩飯を一緒に食べるらしい。と言うことで今日のプールは1時間券で短期集中型。
 昨日と同じようにスーッスーッと進むイメージを実現しようと悩んだ。まずは抵抗を減らさないと話しに成らないだろう。GBレーサーも良いけど、マスタングとかスピットファイヤーの方がカッコいい。
 あとは推力を出す時間が短いような気がしてきた。特に最後の方。プッシュが押せて無いという感じか。キャッチの所は劇的に悪くは無い。あくまでも自分の感覚だけど。
 と言うことで、抵抗の少ない体を最後までしっかり押す意識で連続して泳いだ。途中で色々とリズムや速度を変えて様子を見ながら。
 一番最後の方でプッシュの最後の所が変わってきたような気がした。追加カードでもう少し泳ごうと思ったけど、怒られそうなので止めて帰った。
 長男が帰ってくるのが臭いで解ったのか、晩飯前にエイミーの家から殻付きの牡蠣を貰った。急遽焼き牡蠣がメニューに追加され、今日の晩飯はかなり豪華で嬉しかった。
 エイミーのパパにお礼を言っておかないと。そうだ、今後は彼と全て英語だけで話すことにしてみよう。これは名案だけど、TVで紹介されてから最近は忙しいみたいなので、今後はあまり遊んでくれないかもしれない。

スイム 1.7km

| | コメント (10)

2012年12月14日 (金)

卒業祝

1214 今日でピンズラーアメリカ英語の1が終わった。毎日1課をやれば30日で終わるのだけど、20課以降は急に難しくなって翌日も繰り返したりすることがあって余分にかかってしまった。
 1は中学卒業程度の会話力と書いてあったと思うので、今日で私も中学卒業だ。3年の2学期以降は少し危うい所が有ったりするけど、完璧を追求したら前に進まないので勝手に卒業にした。
 卒業祝いに高校1年?相当の2を自分にプレゼント。1と同様にこれも中古。今からMP3に変換して例の安物プレイヤーで聞こう。
 30課までやって感じたけど、この教材は絶対に聞き流すだけでは前に進まないし、製作者が期待した成果も得られないと思う。1日に30分間、今までのどの英語の授業よりも集中して取り組む必要が有った。
 そして意外と難しい。これは私の会話能力が無いことに主たる原因が有るのだけど、リアルタイムの会話の難しさを実感させられた。紙の文章なら絶対に解る内容なのだけど、0.5秒から1.0秒くらいの反応時間内に口から出て来る必要がある。これが難しい。
 難しいと言うことは自分にその能力が不足している訳だから、まあ私に取って悪くない教材だったと言うわけだ。と言うことで2も買ってみた。
 ただ、最近は少し問題もある。私がピンズラーで勉強をして、頭の中にチャールズとメアリーがボストンに行くイメージを構築して食道に行くと、嫁さんが韓国ドラマを見ている。そっちではサムスンとジノンがチェジュドに行く話。
 必死で英語に慣れてきた私の脳みそが、一気にチャールモラヨと根を上げる瞬間だ。

 今日は雨が降っていたので軽トラでプール。外注先の鉄工所に行ったり色々とやっていたので出るのが遅くなった。プールに着いたら長濱の車が有った。そして更衣室では武友さんに会った。みんな泳ぎすぎ!!
 今日は人が少なかったのでコースが複数空いていた。一番端っこはハイレグのインストラクターが子供向けのスクールをやっていたので、迷わずにその隣のコースに決めた(笑)。
 昨日のレッスンで「そんなガシガシ泳ぐんじゃなくて、もっとスーッスーッと進むように」と言われた事を思い出した。それで今日はその為に何を為すべきか、何を改善すべきか、そう言う意識で色々やった。
 最近は姿勢のドリルをやることが多かったので、今日は久し振りにプルを長めにやってみた。そしてその後で連続したスイムを。
 スーッとは進まなかったけど、呼吸のタイミングというか息を吸う動作が良くなったような気がした。気のせいかもしれない。

スイム 3.2km

| | コメント (0)

2012年12月13日 (木)

来年の表紙は深山改

1213 今年もF社の米田君からカレンダーが送ってきた。いつもありがとう。マニアの人なら取っておくのかも知れないけど、我が家では何時も実用品として、予定を書き込んだりして使わせて貰っている。
 先日の笹子トンネルの事故で彼の事を思い出した。正確に言うと可能性の一つとしてケミカルアンカーの接着剤の劣化が話題に上ってきて、その流れで思い出した。
 愛工大にアステアが入ってきた頃か、名大にASW-19が入った頃だったと思う。木製のKa-6Eに乗るしか無かった私は、苦し紛れに「木製が一番、プラスチックなんか信頼性が無い。FRPの法隆寺が有るなら見せてみろ!」と嘯いていた(笑)。
 京大がKa-6Eの中古を買うと言う話が有ったからだったか、彼ともそんな話をした。そしたら彼は「お前の機体は"ほぞ"で組んで有るのか?合成樹脂の接着剤が使ってあるだろう?」みたいな反論をしてきた。
 こんな事を言うヤツは初めてだった。そして正論過ぎて反論できなかった。コイツの方がだいぶ賢そうだなあ・・・。と感じたのを覚えている。

 表紙は深山の改。良く言えば過渡期の不幸な機体というか、悪く言えば悪い見本を能力の不足した者がコピーしたと言うか、機体に責任は無いのだけど可哀想な機体だ。
 紙の癖を取るために今から部屋の中にぶら下げて居るけど、この絵を見る度にこの機体に関わった技術者達の事を考えてしまう。
 これは無いやろう?と考えて作業をしたのか、流石アメリカさんは違うわ!と考えて居たのか、単純にこんな納期で出来るわけ無いやろ!だったのか、試験飛行の後で背筋が凍り付いたのか、エンジン駄目なんやから飛んだだけでも誉めろよ!なのか、考え出したら切りがない。

 今日はスクール。寒さが厳しいので防風性の高い上着に代えた。でもこっちも作業服屋のジャンパー。でも防水と書いて有って風は通さない分暖かい。
 何故か今日は話が多くて距離が短かった。その分だけは楽だった。バタフライと平泳ぎのキックのドリルはキツかった。そしてその他のドリルでもはっきりと怒られる事は無かったけど、「うーん。。。」と悩ましい顔をされる事が多かった。
 今日も隣にSMの女王様が来た。せっかくなので宮若スイムクラブに勧誘しておいた。入ってくれる可能性は低いと思うけど、何事も種をまいておかないと実は生らない。下手な鉄砲も数打ちゃ当たる。だ。

スイム 1.8km

| | コメント (9)

2012年12月12日 (水)

鍋蓋にヘリサート

1212 嫁さんから鍋蓋のつまみのネジがバカになったからなんとかするようにと命令が有り、ルミエールなら98円くらいで売っているだろうな?と思ったのだけど、なんか行くのが面倒に思えてヘリサートで修理。
 オリジナルは1/4インチの感じなので、近いサイズでM6にしてみた。廻りに障害が無い環境なら、挿入治具を使って何も考えずにクルクル回すのが一番速い。でもそんな環境は稀なので実際の修理では苦労する。

 夕方に成って親戚から面白い電話がかかってきた。「オマエ、ニワトリさばききろうが?(あなたは鶏の解体をすることが出来ますよね?)」と。
 確かに昔は家で締めてバラして居たけど、もう30年くらい前の話なので手が覚えていないと思う。でも既に処理して首を落として内蔵を抜いたヤツなら、適当に包丁入れて引き裂いたら行けるだろう・・・と思いながら聞いていると違っていた。
 生きた烏骨鶏を九羽貰ったので二羽やるから取りに来いと。えー生きているわけ?。首絞めて羽根をむしって産毛を焼いて、首を落としてぶら下げて血を抜いて・・・。
 食べて見たい気分と面倒な気分が半々で話を聞きながら、そう言えば卵巣の廻りから卵管の辺りを煮たのが好きだったとか思い出し、貰おうかな?と言う気分が53%くらいに成った。
 でも良く話を聞いたら二羽とも雄鳥。この段階で貰う気持ちが45%くらいまで低下し、手が油でギトギトに成るから写真とか取れず、ブログのネタにも成らないなあ・・・と考えたら40%まで落ちた。
 で、結局もらうのは無しにした。すこし後悔したけど今回は面倒くささの方が勝ってしまった。

 今日は自主トレのプール。珍しく長濱は来てなかったので最初の1時間は一人で淡々とドリルを繰り返した。そして1時間くらい過ぎたとき、ハイレグの結構綺麗な女性が私のコースに入ってきた。「こんにちは、お久しぶりで~す」と言いながら。
 真面目に生きているから、私にもやっと運が回ってきたな。と喜びかけたけど、直ぐにいつぞやのSMの女王様だと気がついた。
 個メのスイムを一通り泳ぎ、次は個メのキックを一通りこなしてアップ完了。今日の最初はキックらしい。50mをハードとイージーの繰り返しで1分30秒サークル。流石に無理なので25mで止めて次の途中で合流させて貰った。
 次はバタフライで行ってクロールで帰る。これも1分30秒サークル。これならなんとか行けそうな気がしたので、彼女の後を必死で付いていった。
 キツかったけど良い練習に成った。長濱と泳ぐよりもハイレグの若い女性と泳いだ方が100倍は楽しい。でも毎日ではキツすぎるので(笑)、1週間に1回くらいで丁度よいかも。水泳の神様よろしくお願いします。

スイム 2.8km

| | コメント (6)

2012年12月11日 (火)

だんだん難しくなる

12111 家の廻りとか山の木を切ったり整備をしている話だけど、だんだんと作業が難しくなってきた。簡単な物から片付けているせいだけど。
 一つの例は納屋の斜め後ろの栗の木。写真の左側のヤツは日も当たって勢いが良く実も良く生る。でも右側の竹山に近い方はヒョロヒョロで、去年・今年と観察したけどほとんど実が生らない。
 で、邪魔に成るだけなので切ってしまおうと決めて手前の切り株のヤツは切った。これは傾きが小さかったので、邪魔になる方の枝を落として重心を偏らせてから切ったらOK。
 でも奥の方に残っているのが厄介。素直に木の倒れたい方向に倒すと納屋の屋根が壊れる。少し左に倒せても生きている栗の木を直撃する。と言うことで写真を撮影した方向に倒すしかない。
12112  もう少し離れた所の写真。これも栗の木だけど枯れている。この写真に写っている地面の範囲だけで6本の切り株が有る。全部がヒョロヒョロで生育が悪くて生らないか、途中まで大きくなった段階で枯れた。
 当たり前だと思う。相互の距離が3mから4mくらいの間隔で栗が植えて有るのだから。
 手前の6本は全部切ったのだけど、写真の1本だけが手強い。素直に倒すとビニールハウスに当たる。すでに別の木の枝が落ちて変形しているけど。
 この木も写真を撮影した方向に倒すしかない。そしてこの木は中途半端に枯れているので、作業の途中で妙な倒れ方をしたり折れたりするかも知れない。
 この写真の奥は杉山。半分くらい竹に浸食されていたけど、だいぶ処理して2/3くらいまで回復した。もう少し。
 そして杉山の向こう側の斜面は檜山。こちらは竹の浸食が速かったようで、8割から9割の檜はやせ細って枯れつつある。こっちはほぼ全滅だと思う。薪にするしかない。
 植えるだけ植えて後は知らない・・・。我が家だけの問題じゃない、日本の縮図の様だ。今は未だ作業自体に興味を感じているから続いているけど、疲れた時は愚痴も言いたくなる。

 仕事の終わるくらいのタイミングで、かなり悩ましい相談の電話がかかってきた。うーんとか唸りながら話していたらプールに出る時間が遅くなってしまった。
 武友組は既に練習の後半でキツいメニューの最後の辺りの様だ。こそっとタイムを見てみると、一緒の女性は50mを55秒サークルで回していた!!。これは困った。でも焦っても自分が速くなる訳でも無いので、地道に練習をしよう。
 とは言っても心は揺れるわけで(笑)、なんとなく今日は力で処理してしまう私の悪い癖が全面に出ていたような気がする。
 うーん、心が弱いなあ。

スイム 1.0km

| | コメント (2)

2012年12月10日 (月)

伐木造材術

1210 仕事の関係で近くを通ったので、少しだけ寄り道をして北九チェンソーに寄ってみた。以前はオオマチキハンという名前で合馬の峠の向こう側でやっていたチェンソー屋さん。
 オオマチキハンの時代に1回だけ行ったことが有り、その時はスチールの大型の薪割り斧を買った。万能では無いけど特定の用途に便利に使っている。
 そして今日は本を買った。全林協が発行している伐木造材術という本。こんな書き方をすると良く知って居るみたいだけど、全林協が何者かすら知らない。
 最初は写真入りのカラフルなムックの伐採のコーナーをめくっていたのだけど、店主がこの本の方が面白かったと言うのでそっちもパラパラと。確かにこっちの方が今の私には適している様な気がする。ムックの方は日常的に林業に従事している人の刺激入れみたいな感じか?
 邪念に取り付かれない程度に(笑)展示してあるチェンソーも触ってみた。スチールもハスクバーナも小型の廉価版はかなり重く感じた。これなら今使っているタナカのホームセンターモデルの方が軽くて使いやすい感じ。パワーとか耐久性は知らんけど。
 でもスチールのプロ用の小型軽量モデルは軽かった。お金持ちだったり仕事で使うならこれを買うかもしれない。ああ、でもソーチェーンが専用品との事だったので、お金が剰っていても買わないかもしれない。実用の道具に専用品を使用する設計思想は好きじゃ無いから。
 あとはスチールのデュロチェーンだったか、刃先に超硬が付いているらしいチェーンが気になった。立ち枯れとか放置状態が長くて泥や砂で汚れた木材を切ることも有るので、そう言った状況で長持ちするなら素人で有っても意味がある。

 今日はプールが休みの日。先週もそうしたように懐中電灯を持ってウォーキングに出掛けた。同じコースで西中往復の8km。靴下も靴も同じ。
 今日は脚が何ともなかった。やはり徐々に慣らして行かないと駄目なのだと身をもって理解した。もし先週に無理して走っていたら、本当のマメが出来て破れて今頃はモチベーションが下がって居たと思う。
 前回は用心してウォーキングで済ませたので、マメの一歩手前のピリピリする状態で済んだ。そして今日はトラブル無しで8kmを歩けた。次は走ってみたい気分。
 或る件に関して前向きな気持ちの時は特に注意だ。そう言うときに私は頑張りすぎたりムキに成る傾向が有るから。

ラン (8km)

| | コメント (0)

2012年12月 9日 (日)

木の解体

1209 今日は1日中、生らない栗の木を処理した。遠くに20本有ると書いたけどそっちじゃなくて、家の裏で栗拾いをしている場所の更に奥の方の木。
 この場所の栗も全く生らない。全部切ろうと思って作業をやっているけど簡単には終わらない。一部は枯れてかかっているので危ないし、接近しているので簡単に倒れない。
 切った後の処理も大変で、大きいのはチェンソーで切って運び出して割って薪にする。中くらいのもチェンソーで切ってそのまま薪にする。さらに細いのは適当に解体して燃やしてしまう。
 その細いのを解体するのが面倒。鉈だと相手が宙ぶらりんなので効かない。竹の枝は本体に或る程度の剛性と質量が有るので払いやすいけど、こう言うのは相手も同じくらいの剛性と質量なので切りにくい。
 悩みながらやっていたけどホームセンターで太枝切り鋏というのを見つけて少しだけ解決した。買うときに触ってみるとしっくり馴染まなかったので、グッデイとナフコとコメリを3店舗回ってから悩みまくって決めた。
 これで少しは作業が効率化されたけど、それでも栗の木を1本倒して処理して抜根までするには1日ではとうてい終わらない。爺さん婆さんはどういう気持ちでこんなに沢山の木を植え続けたのだろう?

 今日の夕方の組合の人事に関する相談。結局行かないことにした。どう考えても私が行く仕事じゃない。2年前に決めたのは全く別の人達で、さらに組合の明文化された規則と違う事を勝手な判断で進めている。
 それが表面化する年になって、今の組合長のお前も言って話をしろは納得できない。と言うか、そこまでお人好しじゃ無いわ。数人で勝手に決めたなら、その数人が説明して回ったり、総会で釈明なり理解を求める話をしたらよいだけの話し。
 ちゅうことで、行かんと連絡して嫁さんとプールに行ってきた。勝手にやってくれと考えたら気が楽に成って楽しく泳げた。

スイム 1.1km

| | コメント (2)

2012年12月 8日 (土)

おバカな掃除機

1208 木だけじゃなくて家の中も少しずつ整理していこうと思い、廊下にある棚を壊すことにした。
 この棚の荷物は歴史があり(笑)、私が物心ついたときからほぼ変わってないと断言できる。でも捨てて婆さんが発狂しても困るので、納屋の中に荷物は移して棚だけを破壊した。
 かなりスッキリした。そして跡を掃除し始めて掃除機に対しての不満が爆発した。これは私たちが帰ってくる前に爺さん達が買った掃除機。日立のその時代にしては高級機種だったからか?保護機能が充実している。そしてその保護機能が過剰というか、ヤワな機械を過剰な保護機能で護っているというか・・・まあ使えない。
 今回のように酷く埃っぽい所を掃除すると、1分くらいで1段階パワーが弱くなる。さらに続けているとさらに1-2分で最弱まで弱くなる。その度に一旦オフにして再起動するけどきりがない。広島で使っていた三菱の6,000円くらいのヤツを捨てずに持ってきたら良かったねえ、と嫁さんと何時も話していた。
 でも、今あるのに買い換えるのは本意では無いので使い続けて居たのだけど、流石に今日の掃除で限界に達した。掃除機は放り出して1万円札を握りしめて電気屋に直行。
 保護機能の無い一番バカな掃除機をくれ!と店員に言う。でもどの機種にどのような保護機能が有るかは彼は知らなかった。仕方が無いので広島で使っていた三菱の安物のライン上に有ると想定できそうな、同じく三菱の8,000円弱のヤツを買って帰った。
 正解だった。凄く小さいけど必要十分な吸引力があり、埃とか漆喰の欠片とか粉を吸い込んでもパワーダウンしたりしない。機械というのはこうじゃ無いと駄目だ。ひ弱な高機能はオモチャだ。今回に関しては嫁さんと完全に意見が一致した。彼女は私よりもはっきりとした性格なので、日立の高機能なヤツは2分後には外に放り出されて居た。

 夕方から部落の会合が有るらしい。新しい役員の選考とかで通例に則って数名だけで話をするとか?良く解らんけど来いと言われるので行く。
 直ぐに終わるとの事だったけど大嘘だった。まあ半分以上は予想できていたけど。必要な話は少しだけで、あとは鍋と酒が用意してあって飲み食いが始まった。
 飲むだけなら良いけど、どこそこの水利組合は1,000万貰ったとか、その手の妬みを過剰に含んだ田舎っぽいうわさ話みたいなのばっかり。いつもの様にうんざりだ。
 どうしてこんな事で自分の人生の時間を消費し続ける事が楽しいのだろう?私には解らない。いや解らなくても良い、他人なのだから。でもそれに俺を巻き込まないでくれ!
 部落の用事はそれだけで済ませて、酒が飲みたいなら自分だけで飲めば良いじゃないか。この辺りなのか、筑豊なのか、飲酒運転で有名な福岡全体なのか知らないけれど、その辺の区別が全くないのが不愉快だ。
 明日の夕方からは自治会長の家に言って話をするらしい。2年前に別の爺さん達が決めた私には理解できない内容を、私たちがお願いに行くのだとか。これも訳が解らん。
 夜中までかかった。やりたいことも有ったけど出来なくなった。モチベーションが劇的に下がって翌日の早起きも難しくなった。これは私自身の心の弱さに起因するのだけどね(笑)。

| | コメント (3)

2012年12月 7日 (金)

NTT西日本は仕事が早い

1207 離れたところに有る栗林を切る話の中でアドバイスを貰ったので、九電とNTT西日本に相談してみた。どちらも凄く対応が良くて電話をした当日に現地を確認に来てくれた。
 そして今日、NTTの方は高所作業車で作業に来てやっつけて帰って行った。素早い作業で感心する。
 私は仕事も有ったので作業完了の時しか立会に行ってないけど、電話線を一旦外して干渉する枝を切っていき、最後にもう一回引き直したらしい。
 電話線は2本引いてあり、うち1本は劣化して駄目になったので平行して新しいのを張っていた様だ。と話していた。こう言うところでは木の枝に擦れて断線するらしい。うちの栗の木が原因で迷惑をかけてしまったようで申し訳ない。。。
 作業は珍しいチェンソーを使っていた。マキタの充電式のチェンソー。10cmくらいまでしか切れないと言っていたけど、片手で使えるしエンジンを始動する必要も無いし、この様な用途にはピッタリだと感じた。
 カタログを見ただけでは、電池パックを流用するために無理矢理作った商品だろうなあ、こんなの使い道が無いし、売れないだろう。と考えていたけど明確に否定された。
 想像力の乏しい人間は、自分が経験した範囲でしか想像が出来ないと言うことだ。歳を取るとこういう傾向が更に加速されるのだろう。困ったねえ。

 今日はヤマトによる用事もあったり、雨がかなり激しく降っていたので軽トラでプールへ行った。軽トラは暖かくて楽だ。でもコーナーを抜ける感覚が無いので退屈でも有る。
 今日の前半はいつものクロールの姿勢系のドリル。続いて25mを45秒サークルで30分間泳いだ。前半は手のかきを考えながら。後半はキックで上手に姿勢を維持することを考えながら。
 最後の方は昨日のスクールで苦労したバタフライのドリル。手を1回にキック1回。入水の時に尻を上に出す。たったこれだけの事が出来ない。そして帰りは普通のバタフライで帰る。何も言われないけど行きの動きを意識して泳がないと行けないのだろう。
 これを50回!?。今のところ絶対に無理。1回やったら30秒以上、可能なら1分は休みたい気分に成ってしまう。先生の言う力で処理している証拠だろう。
 ヘロヘロになった。帰りの受付はお気に入りの九工大の女の子だったけど、挨拶をして帰るのが精一杯だった。彼女的には変なオッサンに絡まれずに嬉しかっただろう(笑)。

スイム 2.5km

| | コメント (6)

2012年12月 6日 (木)

ロールクラウン

1206 ラインの蛇行が止まらないとき、直ぐに「ニレコ呼べ!」と騒ぐ担当者の元では本当の原因が見つかり難くて解決も遅かった。そんな記憶を思い出しながらベルトグラインダの蛇行を眺めていた。
 先端のステアリング機構はちゃんと動いている。そして調節した通りにベルトは動く。でも凄くセンシティブで中央に安定してくれない。つまみで10度くらい回すだけで反対側にツツーッと移動してしまう。
 古いから仕方ないと思って使っていたけど、こう言うのって腕のないバイク屋とかが言う台詞だ。技術者としては恥ずかしい言葉でもある。でも古いしねえ・・・と考えながら眺めていてふと気がついた。
 先端のロールには目視で解るくらいの円弧状のクラウンが付いている。でも駆動側のゴムローラを良くみてみるとほぼ円筒形で、さらに一番端っこは少しだけ飛び出ている様に見える。これが原因じゃ無いか?
 ベルトを外してモータを回して空運転させて、ディスクグラインダで左右の1/3ずつくらいをテーパに削ってみた。良くみたらテーパと解るくらい。偉そうな事を書いているけど定量的には把握してない(笑)。
 その状態でベルトを掛けて回してみたら、今までが嘘のようにピタッと安定して回転した。調節つまみも効く。でも適度に鈍感で凄く調節がしやすい。
 これがオリジナルの状態だろう。予想に基づいた作業が的中したら気分がよい。でも仕事なら蛇行したら怒られるだけで、真っ直ぐ走っても誰も誉めてくれない。それが普通だから。

 今日はスクールの日。雨か雪が降りそうなので軽トラで行った。受付で長濱に有ったので話をしながら入場時刻を調整して一緒に入った。
 最初はバタフライ。ドルフィンクロールから始まって、キック1回のバタフライからキック2回のバタフライへ。キツい。そして1コースでは泳ぎにくい。
 ハアハア言っていたら、1-2年の女の子でも50回くらいこなすと言われたけど、そりゃ選手コースの子供達でしょ?と言う感じだ。でも力で処理してはいかんのだろうなあ。。。
 次は平泳ぎ。太腿にプルブイを鋏んでキックをやり、その流れでプルブイ無しの平泳ぎへ。自主トレで平泳ぎのキックは少しやっていたせいなのか、他の生徒の方が指摘することが多かったのか、ここでは何も言われなかった。
 最後はクロール。SKPSをそれぞれ25mで4本ずつ4セット、サークルは45秒で。問題はキックの45秒サークルで4本。今の私にとってギリギリの線。しかも今日は先頭。後には長濱が居る。
 かなりのプレッシャーの中でスタートした。スイムの4本目は意識してキックを少し抜いて次に備えた。35秒から40秒で帰ってきたら楽かな?と思っていたけど、1本目に飛ばしすぎて30秒ちょっとで着いてしまった。
 そのせいで2本3本目がかなりキツクなり、今日はサークル落ちするか?とヒヤヒヤだった。でも何とか4本目まで回せた。
 今日はキックでサークル落ちしなかった事が一番の評価材料。自分的には。

スイム 2.5km

| | コメント (2)

2012年12月 5日 (水)

冬支度

1205_2 夜のXSがかなり寒くなってきたので、仕事のネジを買いに行くついでにハンドルカバーも買ってきた。グッデイで1,000円弱のヤツ。1,000円強のヤツも有ったけどほとんど同じに見えたので安い方。
 仕事が終わってから装着した。RZに付けていたのはもう少しテラテラ光った分厚い材質だったけど、コイツはカブとかに付けている人が多い柔らかいタイプに思える。
 専用じゃないのでピッタリは付かないけれど、そう言うのが汎用という物だろう。何となく納得しながら装着完了。
 今日は組合長会議の為にプールには行けない。でも1時間くらい時間が有ったので走ってみることにした。気温は7度。こんな時に走る必要は無いのだけど、何となく嬉しがりなので仕方ない(笑)。

 薄いグローブにしようか?と思ったけど、比較の意味で今までと同じグローブにした。上のジャンパーも1,980円の作業用。コースも同じで飯塚のプール往復。コースまで一緒にする必要は無かったのだけど、距離的に丁度よかったので。
 効果は有った。指先が冷たくなったりはしない。でも暖かいという程でも無い。RZに付けたときはもっと感動したような記憶があるけど、記憶違いか又は感受性が鈍っているのか。
 ブレーキとクラッチの操作性は問題ない。ウインカーとかライトのスイッチはグローブとカバーが当たって操作しづらい。ハンドルカバーへの手の出し入れは普通に面倒。
 こんなもんかなあ?と思いながらぐるっと回って30kmほど走って帰ってきたけど、よく考えたらこれはプールの往復分。いつもなら半分しか走ってないわけだし、ハスラーで通学していた時もRZで通勤していたときも、どちらも距離は20km以下だった。
 そう考えると、今の気温で30km走って凍えていないのは悪くない結果だと思えてきた。これで着る物もそれなりにレベルアップしていけば、正月くらいまではXSで動き回る事が出来るかもしれない。

 帰ってきてから組合長会議に行ってきた。慣れないエアコンの効いた部屋だったので、目と鼻の穴の中がカサカサに成って困った。
 そうそう、昼間に少しだけエアロバイクを漕いだ。全くダメダメだけど、漕ごうという気分に成っただけでも嬉しい進歩だ。

バイク 5km

| | コメント (13)

2012年12月 4日 (火)

ミシンが来た

1205 嫁さんがミシンを持って帰ってきた。先日から広島の知人に相談したりして動いていたようだけど、ようやく購入して現物を入手したらしい。
 蛇の目のD200と書いてある。良く解らんけどゴチャゴチャした機能満載の機種では無さそう。私的には作業ツナギの裾上げが出来たらそれで良い。
 ああ、でも分厚いヤツとか固いヤツは、今後も工業用ミシンを持っているshinakoさんに頼まないと駄目かもしれない。愛想よくしておこう。

 今日は昼間に30分ほど、離れた所に有る栗の木を切りに行った。ここは狭い場所に20本も植えて有り、ほぼ全てが成長不良みたいに成ってしまって、全部で籠1杯くらいしか実が採れない。全部切るか2-3本だけ残して切るか、と言う所。
 このゾーンに関しては珍しく婆さんが諦めていて、今になって「アンタがどげえかせないかんとばい」とか言い出した。それはそれで頭に来るのだけど、好きにして良いと言っている間に切ってしまおうという訳。
 でも甘かった。先の家に行く電線とか電話線に複雑に枝が絡み合っていて、無造作に切ると電線を切断して大騒ぎに成りそう。よくまあこんな状態まで放置したもんだ・・・。
 切れる木と切れる枝だけ切ってみたけど、このゾーンを処理するのはかなり大変な仕事になりそうだ。

 夜はプール。XSでの寒さが限界に近づいてきた。上は3枚しか来てないので追加すれば暖かく成りそうだけど、指が冷たい。グッデイでハンドルカバー買ってこよう。
 武友組は既に泳いでいた。今日は人が多くて彼らのレーンにも他の人が入ったりして少し泳ぎにくそうな感じ。でも専有じゃないプールだから、状況に応じたメニューを考えてやるしかない。
 私の方にも人が入ったり出たりの状況。人が居るときはその人のサークルに合わせたドリルにして、一人になったらタイムを決めたインターバル的なメニューをやった。
 最近は自分の体が斜めに成っている感覚とか、伸ばした手のどこら当たりに水が当たっているかの感覚が解る。力を抜いて泳ぐことの効能の一つかも知れない。

スイム 3.0km

| | コメント (5)

2012年12月 3日 (月)

鉈の柄

1203 仕事を始める前に鉈の柄をすげかえた。作業したのは手前の鉈でこの地方では見かけない形状をしている。この地方で良くみるのは奥の方のタイプ。
 手前のは1,000円で京都の業者から買った。オリジナルの柄は今の1/3くらいしか無くて短かったのと、かなり傷んでいたのでやり変えることにした。
 今の私が鉈を使う用途の大半は、倒した木や竹の枝を払う行為。特に竹の場合は曲がった刃の鉈鎌と呼んでいる刃物の方が払いやすかったりするけど、すこし華奢で軽いのでメイン使用には至らなかった。
 そんな気持ちでオークションを見ていると、刃先が曲がった大きめの鉈が出て居たので買ってみた次第。買ったままの形状で使ってみたけど、私の用途には使いにくかった。特に柄が短いと手が枝にあたって鬱陶しかったり痛かったりしたので延長することに。
 刃が金工用のままだけど、先日自作したコンターマシンのような物を使ったら楽勝だった。今までの柄のすげ替え作業の中で一番速く出来た。30分くらいしかかかってない。
 ホームセンターのダイヤモンドヤスリで簡単に刃を付けて使ってみたら悪くない。柄の長さはもう少し短くても良いかも?太さはもう少し削り込んだ方が握った感じが良さそう。

 足の調子が良くなってきたせいだと思う。走る程じゃ無いけど歩いて見たくなった。今日はプールが休みの日なので、作業服をウインドブレーカに着替え、安全靴をジョギングシューズに履き替えて出発。
 凄く好調だった。でも大人なのではしゃいで走ったりはしなかった。少し急ぎ足で淡々と歩いた。芹田で折り返して来た道を帰った。
 往路は何とも無かったけど、復路は少し異変が有った。脹ら脛に軽い張りを感じ始めたのと、マメの初期段階みたいなのが両足の複数の箇所に発生した。
 ゲルフェザーに靴下まで履いているのに、複数のマメが出来かけるなんて初めての経験だった。いや、3ヶ月くらいこんな事をしていないのだから、足の形も変わっているだろう。当然のことだ。少しずつ慣らして行こうと思う。

ラン (8km)

| | コメント (4)

2012年12月 2日 (日)

色々貰った

 昨日の夜の疲れのせいなのか、今朝は珍しく8時まで寝ていた。体が欲していたのだから無理に早起きする事も無いと思う。
 そして今日は、例の大麻を売り歩いたり、家の裏に倒れてきている竹を処理したり、切った木の根をユンボで掘ったり、していたら1日が終わった。
 適度に体を動かして良い1日だったような気がする。特に山を歩き回って作業をしたときも、左のアキレス腱は痛みも違和感も感じなかった。走ったら少し痛みというか違和感が有るけど、ほぼ完治したと思う。

1202_2  昨日今日と短いお客さんが複数有り、色々な物を貰った。列記していくと、レモン、大きなギヤプーラ、大きなヤスリ、海苔、いりこ、お菓子。
 色合いが良かったのでレモンの写真にしようかと思ったけど、でっかいギヤプーラの方がインパクトが有りそうなのでそっちにしてみた。
 かなりデカい。自転車とかバイクでは使い道が無さそう。車のブレーキドラムとか、ユンボの部品くらいなら使えるかも?と言う感じ。取りあえずねじ軸にグリース塗って手入れしておこう。

 今日は嫁さんが用があってプールは一人。一人ならランティスよりも燃費の良いXSで行くことにした。でもこっちの方が圧倒的に五月蠅い。
 いつもの感じでメニューをこなし、細切ればかりでは飽きるので今日の後半は15分くらい連続で泳いで見た。ゆったり泳ぐ方が息が苦しくて、或る程度早めのピッチの方が楽に感じた。1回の呼吸の吸入量が少ないのかもしれない。
 途中で横のレーンのオッサンと勝負?になった。最初は位相がずれて居たけど徐々に追いついていき、並んだところで向こうも速度を上げた。負けたら悔しいので私もさらに速度を上げた。
 そしたら一人目のオッサンは25mくらいで平泳ぎに切り換え、そのまま25mくらい泳いで止めた。勝手に勝ったことにした(笑)。
 2番目のオッサンは少しゆったり目に泳いでいるときに追いついて来たので、こっちも速度を上げて応戦した。向こうもターンを素早くしたりして応戦した?。さらにスピードを上げたらそのオッサンは止めた。こっちも勝手に勝ったことにした(笑)。
 取りあえず「過去に水泳教室に通ったことは無いけど泳ぎの達者なオッサン」レベルとは勝負が出来るように成ってきた。私にとっては大きな進歩だ。
 次の目標は「水泳をやっていたけどブランクが有ったり、体がブヨブヨに成ってしまったオッサンとかオバサン達」だ。彼らは見た目は悪い?けどかなり速い。50mを50秒以下で泳ぎ続けるくらい出来るように成らないと、同じ土俵には上がれないと思う。次の目標が出来た。

スイム 2.8km

| | コメント (3)

2012年12月 1日 (土)

バローベは35度

12011 今日は1/3仕事で2/3は家の廻りの木の処理と薪割りをしていた。その時に気がついたチェンソー関係の話でも。
 一つはバローベのソーチェーン。交換した時に何となく感じたけど、研ぎ直すときにオレゴンの91VXとかVXL用に作っていた角度ゲージが合わない事に気がついた。
 で、測定してみるとオレゴンの30度程度に比べて35度くらい。バローベの方が上刃(と言うのか?)の角度が5度くらい寝ていた。
12012  そして、まだ1回しか目立てをしていないからはっきりとは言えないけれど、バローベの方が長切れするような気がする。そして研ぎにくい様な気もする。
 下の写真は非常に具合の良い追加部品。マッカラーにも最後の方は付けていた。これを付けると宙に浮いたような枝を切るときに、ソーチェーンの両側から支えられるので枝が安定する。
 これは劇的と言って良いほどの差がある。本来の目的?の大木を切るときにはまた別の意味があるのだと思うけど、小さなチェンソーに付けても非常に便利。

 今日の夜は部落の忘年会でプールには行けない。昼間に十分肩廻りの運動をしたから良いか?と言うところ。さらにメニューは組合長の独断で焼肉にしてやったので蛋白質の補給も十分(笑)。
 昼過ぎに問題児の爺さんの所に、集合場所の公民館まで車で迎えに行くから・・・と話をしに行った。すると途中でこの爺さんと仲が良いオッサンに会い、俺が連れて行くから行かんでも良いと言われた。何となく不安感も有ったけど、面倒でも有ったので頼んだ。それが悪夢の始まりだった。
 公民館で送迎のバスに乗って待っていると、問題児の爺さんはいつもの様に車で来た。そして俺が連れて行くからと言っていたオッサンは遅れて一人で歩いてきた。。。
 宴会は大きな問題もなく終わった。焼肉に対して年寄り連中が文句を言うか?と思っていたら問題が無かった。良かった。
 そして帰り。俺が連れて行くからと言ったオッサンは他の数名とスナックに行ってしまった。問題児の爺さんと私と他の数名で公民館まで送迎バスで帰った。
 予想通りに爺さんは車で帰るという。飲んでないとか、酔ってないとか、この部落の人間が飲酒で捕まった事が有るとか!!と叫んでみたり。
 予想通りの行動だったけどだんだんと腹が立ってきて、このまま蹴倒して車のキーを川に投げ捨てて帰ってしまおうと何回も考えた。でも相手が元気な大男なら許されるかも知れないけれど、ヨボヨボの爺さん相手ではカッコいい行為ではない。
 なだめたり、怒鳴ったり、肩を掴んだり、しながら何とか車から引き離して歩き出した。ションベンすら満足に出来ないのに、それでも酔ってないと主張だけは続けている。なんか情け無い。気がついたら他の奴等はみんな帰ってしまった。
 ヨボヨボで酔っているので歩みは遅い。1歩が靴のサイズ以下しか出ない。相当時間がかかって家まで連れて行き、家の鍵を探し出した所で一息つけた。
 爺さんも安心したのか観念したのか、庭の日当たりが悪い話とか、息子が遠くで就職して跡継ぎが居ないとか、ありがちな田舎の爺さんの話を始めた。
 面倒だったけど、このまま別れたら爺さんは一人。正月は息子は帰ってくるのか?とか差し障りの無い話を、月明かりの寒い庭でしばらくした。
 家に帰ったら会が終わってから1時間も経っていた。流石に疲れた。疲れたおかげで当初の激怒に近い気持ちは収まっていた。取りあえず爺さんを蹴倒さなくて良かったわ・・・と思いながらコーヒーを飲んで寝た。
 神様、今日一日のご加護をありがとうございました。

| | コメント (4)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »