« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

偉そうなポッキー

1130_2 昨日か一昨日に届いた箱に入っていたお菓子。嫁さんの実家から送ってきた。大阪では並んでまで買っている??らしい。
 大層な箱に入って居るけど、良くみたら製造はグリコ。そして中身はポッキー。いや、ポッキーその物じゃない。最近よくある少し太めでチョコがエアーっぽい膨れたヤツ。
 何か凄い味がするかと期待して食べてみたけど、中身はルミエール辺りで売っているお菓子と変わらない。いや、こんな事を書くと向こうのお母さんから怒られる(笑)。
 私はオリジナルの方が好きだけど、それは両者を比べたらの事であって、無いと有るでは有る方が良いに決まっている。だから美味しく食べている。

 今日もXSでプールに行った。昨日は出るときは晴れていたのに小竹の辺りでは霧雨が降っていた。そして帰りは濃霧と小雨で凄く走りにくくて後悔した。でも今日は大丈夫。
 プールでは長濱が泳いでいた。どうして今日も泳いでいるのか聞いていたら「習慣付けないといけないから・・・」とか変なことを言う。コイツの方が手足も長くて誰がどう見ても水泳は速そうに見える。頻繁に練習に来られたら非常に困るのだが。
 今日は人が少なかったので前半はお互いに別のレーンに入ってそれぞれドリルをした。そして後半は一緒のレーンで50mを14本泳いだ。1分10秒サークルで。
 私はだいたい50秒くらいで帰ってきた。昨日言われた体の下をかく事を意識して、その意識が飛ばない程度の強度を保って泳いだつもり。昨日の指摘通りに左手が外を通りたがる。特にキツくなったとき。
 長濱が帰った後は、やはり昨日のレッスンで苦しんだドルフィンクロールをやった。何回ややっていると、意識してローリングしたら楽に出来る事が解ってきた。これが良いのかどうかは解らない。悪かったら次回の練習で修正されるだろう。
 隣の隣は競泳水着の女の子だった。横目で見ていると私たちが50mを70秒で回しているときに60秒で回していた。確かにそのくらいの速さの差があった。でもそのくらいの差なので選手的に速い訳じゃない。何時か追いつきたい。
 隣のコースは良くみる水泳的な体型じゃないのに速い人。初めて話しかけられた。アクアスロンに出ているらしい。短距離では明らかにあっちの方が速いように見えた。3kmくらいに成るとどうかな?と言う感じ。

スイム 2.6km

| | コメント (4)

2012年11月29日 (木)

貧能工具研削盤

1129 久し振りにゴチャゴチャした変な機械の話しでも。当初の予定では素晴らしい能力で万能工具研削盤に成る予定だったけど、製作者のセンスが無くて貧弱な能力に甘んじている可哀想な機械。
 最初はX軸Y軸に追加でA軸もNCで動かし、ドリルの溝だろうがエンドミルだろうが、何でも思い通りに削れる機械が出来上がる予定だった。
 でも世の中はそんなに甘くなく、さらに目の前にあるバイトを取りあえず削って使いたい、とか、ドリルの刃先だけでもちょっと研いで使いたい、とか、今欲しい機能が沢山あって、その度に小手先の小変更を続けていたらこんな形に成っている。
 取りあえず超硬バイトは綺麗に研げる。ドリルの刃先を円錐方式じゃなくて2段階に研ぐことも出来る。
 下のXYテーブルは単なる切削位置の大まかな決定にしか使ってないと言う豪華?仕様。そろそろ当初の予定通りに、NC駆動で変な形状を削り出すような方向に進めないと行けない。
 とは言っても実用的で安価な研削盤も悪くないから平行してやってみよう。

 今日のスクールは人数が少なくて4名だった。床屋のオバチャンは旅行だし、小学生は1名しか来てなかったから。隣のコースに若い女の子が泳いでいたので、引きずり込もうかと思ったけど直ぐに帰ってしまった。
 前半は平泳ぎのドリル。手1回足2回は今までにもやったことが有るけれど、その逆バージョンで手2回足1回は初めてだったような気がする。想像以上に難しかった。リズムが全然解らん。
 後半はクロールのドリル。今日はキツメだった。プルで50mを12本が有ったけど、何となく16本泳いだような気もする。途中で記憶が飛んでいたので解らない。
 ドルフィンクロールもリズムが合わずに無様な進まない泳ぎだった。最後の25m4本を全力では肩廻りが疲れていたにしてはタイムの落ちが少なかったような気がする。
 帰りの受付嬢は武友さんの知り合いのまりやチャンだった。まりやチャンとか書くと、何となく風俗系の源氏名みたいだ。かなりヘロヘロだったのでバカな話をする元気が無かった。

スイム 2.3km

| | コメント (2)

2012年11月28日 (水)

初氷

1128_2 昨日の夜プールから帰るとき、気温は低いし空がギラギラだったので今朝は寒くなるだろうな、と思っていたら予想通りだった。
 ガレージの外に置いている部品洗浄用のサンエスを溶かした水の表面に氷が張っていた。毎日チェックしている訳じゃないので定かではないけど、自分で確認した今期の初氷だ。
 家の廻りをプラプラ歩いてみると、先日書いていた山茶花が多くの花を付けていた。そして敷地内にあと2本、赤っぽい花を付けた山茶花?と思われる木を発見した。
 相当沢山の木を切ったと思うけど、山茶花だけで3本も有るのか・・・と、何時もの様に小さなショックを受ける。

 仕事を始める前にXSのオイルクーラを外した。作業的には簡単で直ぐにおわった。そしてエンジンを始動する前にプラグ座温を見たら3.6度だった。寒いはずだ。氷も出来る筈だ。
 昼間は仕事で外注先に行く用事があったので、オイルクーラの作業の結果が知りたくてXSで行った。すると確かに変化が有った。
 今までは10kmくらい走って140度くらいまで上がる感じだったけど、今は3kmくらいで140度くらいまで上がる様に成った。サチレートした後の温度も今までよりも10度から15度くらい高い。
 外気温を考慮した燃料噴射じゃ無いので、好調に走れるまでの時間が短くなるのは有りがたい。そして燃費もよい方向に行くだろう。本来はオイルクーラの系統にサーモスタットを追加するのが正しい機械屋の解決策だとは思うけど、それは面倒すぎる。

 出歩いたりしていたので仕事をおわるのが少し遅くなった。直ぐにプールに行ったけど既に長濱はアップも終わって自分なりのメニューをやっていた。「今日は遅いなあ、と思った」と言われてしまった。
 アップの後はキックの練習を軽くやった。明日のスクールが有るので疲れるほどやるのは止めといた。その後は長濱と一緒に姿勢とか呼吸前後のドリルをやった。
 後半は25mを45秒サークルで丁寧に泳ぐ練習。それが終わってからはプルで25mを30秒サークルでグルグル。キック練習をガンガンやっていた長濱は途中で脚が攣ったみたい。やっぱり頑張りすぎたら良くないと思う。だから私は頑張らない。
 長濱が帰った後は、気分を変えて平泳ぎの練習をしてみた。平泳ぎは難しいからあまり好きじゃ無い。

スイム 2.6km

| | コメント (6)

2012年11月27日 (火)

ベルトグラインダの基準面

1127 昨日くらいから新しいドリドリ君の試作部品を作っている。まだ考えながらなので鉄工所モードでは無くて、コチョコチョとした作業。
 その過程で最近購入したベルトグラインダを使う事が有るのだけど、どうも平面が出ていないような気がした。定規を当ててみると中央部が確かに凹んでいる。昭和30年代?みたいなデザインの機械なので摩耗していても不思議ではない。
 手っ取り早く組んだままでヤスリで削ろうと思ったけど、そう言う所が私の悪いところだと思い直し、分解してテーブル単体にしてドリドリ君で平面切削した。
 使ったのは大きい方のドリドリ3号だけど、フェイスミルは80mmくらいが限界。それでも16mmくらいのエンドミルでチマチマ削るよりは劇的に速くて綺麗。
 最終的に0.15mmくらい削った。摩耗量が酷かったら1mmくらい削ってSUSの板でも貼ろうかな?と思っていたけど、この位なら全く問題ない。
 組み立てて使ってみたらはっきりと違いが分かる。何でも基準面がしっかりしている事は大事だ。

 今日はかなり寒い。でもいつもの様にXSでプールに行った。そろそろ作業用のジャンパーでは厳しくなってきた。指先も冷たい。ハンドルカバーか?
 プールでは武友組が既に泳いでいた。今日は珍しくスカーリングのドリルをやっていた。何時もキツそうなインターバルしかやってないイメージが有ったので以外だ。
 私はいつものメニュー。今日は手を体側のキックをしばらくやり、そのイメージのままで片手クロールを左右とも繰り返した。
 そして仕上げの意味で普通のスイム。25mを45秒サークルで力まずにスムーズに遅くないように回す。22秒から23秒くらいが今の実力だった。これで20秒くらいで楽に進むと良いのだが。
 後半はプル。25mを30秒サークルで、こちらも力まない様に気をつけて回した。最後の方は肩から腕の後の方が怠くなった。先生が言う脇の下の筋肉は痛くならない。

スイム 3.0km

| | コメント (2)

2012年11月26日 (月)

大麻だけど大麻じゃない

1126 昨日は1日中家の仕事をしていたと書いたけど、正確に言うと近所の神社の新穀感謝祭と大麻授与式に参加する必要があったので、その他の時間に家の廻りの作業をしていた。
 行ったことが無かったし、大麻って何だ?と言う気持ちで行ってみた。予想ほど神々しさも恐れ多い感じも無い、ありがちな普通の式典に思えた。
 大麻は写真のお札の事らしい。伊勢神宮が発行する方が大麻。と言うことは近所の神社発行の方は大麻とは言わないのだろうか?
 終わりに紙袋を渡された。中には神社暦と大麻とお札が入っている。同封の用紙にはそれぞれ480円、800円、500円と値段が書いてあり、12月15日までに集金するようにと。
 これって俺がするの?、全戸数の枚数が有るけど??。今までもそうやって配布しているようなのでまあやるけどねぇ・・・。神様、ちょっと楽しすぎじゃ無いかい?と言う気持ちに成ったのは確か。

 組合長と神社総代が行くことに成っていたのだけど、総代の爺さんは来てなかった。後で解ったけど1泊の旅行に行っていたらしい。
 私自身はこの手の行事よりも個人の事情の方が重要と思っているので、事情で参加できない人が居ても問題ないと思うし、遊びで参加できないのだって問題ないと思う。でもこの人の場合は少し違う気分に成ってしまう。
 とにかく人のことをアーダコーダ言う人だ。部落の行事が・・・とか、誰それは**だとか、昔からこげえしちょると!とか。。。その当人が連絡も無しに旅行で不参加ですか、と言う感じな訳だ。
 アンタが旅行で休む事に文句は無いから、アンタは人のことを口うるさく指摘したり文句言ったりするなよ!と言う気持ち。
 同じような気持ちは先日の御神輿の時にも感じた。今後は部落の行事なんか適当でいいや。。。と書くと投げやりに見えるので、あまり重く考えすぎずに適当に流して行こうと思い始めている。と書いておこう。

| | コメント (4)

2012年11月25日 (日)

里山の一日

11251 語呂の良さから「里山」と言う言葉を使ったけど、実はあまり好きな言葉では無い。この言葉を多用する人達の中に、自然は人が手を入れてあげないと良い状態を維持できない、的な主張の人が散見されるから。
 それって、「自分が心地良いと感じる里山の風景を維持するには、誰かが常に修正を続ける必要がある」じゃ無いの?と感じてしまうのが、里山じゃ無くて田舎暮らしの私の気持ち。
11252  まあ、その辺りの事はどうでも良くて、ソーチェーンを新しいのに交換したのが嬉しくて書きたかった。古いのは定番のオレゴン製。新しいのはヤスリでは有名なバローベ製で刃の長いタイプ。
 少し安かったから不安感が有ったけど、オレゴン製と変わらずに良く切れる。私レベルでは値段とかその時の入手性で決めて良さそうな感じ。
 そして今日は家の廻りの仕事ばかりしていた。裏の方の更に奥の方に植えてある栗の木が立ち枯れ状態になっていた。これを2本倒した。バローベ様のおかげなのか、受け口と追い口が綺麗に切れたので気分がよくて写真を撮ってみた。
11253  勢いでキウイもちぎった。今年は割りと沢山実を付けている。去年は雄花と雌花のタイミングが悪かったのか全然駄目だった。
 そして今年はこの状態で既に美味しいのがポツポツ有る。もう少し置いておくと更に良くなるかな?とも思うけど、霜が降り出すと中が煮えたような感じになって駄目に成るから、今が限界かもしれない。
 専業じゃ無いので良く解らないけれど、年によってはエチレンガスで追熟しても腐った感じに成るだけで美味しく成らない時が有ったりする。今年は軽い追熟で美味しくなりそうで楽しみ。

 夕方からは嫁さんと恒例のプール。今日は空いていたのでそれぞれが1レーンを専有できた。嫁さんは隣でいつもの様に50m泳いでは駒を動かして続けて泳いでいる。
 私は昨日の続きで上下のドルフィン的な動きが呼吸動作を助けるタイミングに成るように、自分なりに試行錯誤しながら泳いでみた。まだ良く解らん。
 お菓子と低脂肪乳が無くなっていたので、帰りにルミエールに寄って沢山買って貰った。凄くリッチな気分だと喜んでいたら、「アナタは安く済んで良いわねえ」と誉めて?もらった。

スイム 1.0km

| | コメント (7)

2012年11月24日 (土)

ケレンは大事

1124 オキツモの耐熱塗料を塗った薪ストーブの煙突。初期の臭い時期を過ぎて具合よく使っていたのだけど、なんか変なゴミみたいなのが目立つように成ってきた。良くみると塗料が剥げていた。
 いやあ、これは施工の問題だろうなあ。使用温度300度の塗料が弱い可能性も少しは有るかも知れないけれど、うっすら錆びた鉄板を溶接して作り、そのまま使い、使った後は放置状態の表面にそのまま塗ったから。
 最低でも錆をワイヤブラシとかサンドペーパで落とすくらいはしておくべきだった。いや、やっぱり外してからディスクグラインダで磨いたり、入るならサンドブラストしてから塗るべきだった。
 昔々、仕様書には「サンドブラストの後、直ちに防錆塗装のこと・・・」とか偉そうに書いていた癖に、自分の作業となると急にいい加減になる。塗装の神様ごめんなさい。次は本気出します(笑)。

 少し仕事をして、少しXSを弄って、少し家の廻りの片付けをして、最後にプールに行って泳いだら1日がおわった。
 プールでは呼吸の時のリズムというか上下動というかドルフィンというか、上手く表現できないけどそんなのを意識して泳いでみた。
 バタフライみたいに上下にうねるつもりは無いけれど、少しのうねりであっても逆のうねりでは、只でさえ体が硬くて呼吸動作が苦しい私に取って最悪のリズムに成ってしまう。だから何とか呼吸動作が楽に成るタイミングのうねりを考えながら泳いでみた。

スイム 1.9km

| | コメント (2)

2012年11月23日 (金)

静かなる男のツイン

 天気がイマイチで悩んでいたけど、そろそろランのリハビリを始める自分への刺激入れにも成るかも?と思って毎日駅伝を見に行った。
 最初の観戦地点は小竹の辺り。ここはトヨタ九州は今井の区間で、直鞍クラブは武友弟の区間。田舎道なので早く着きすぎてしばらく待ったら選手が来た。
 旭化成の堀端がダントツの1位で走り抜けた。何度見てもデカい。今井はかなり遅れて6位で通過。結果を見たら順位を一つあげていたのであの後で一人抜いたのだろう。でもチーム的には前半でタイム差を付けられ過ぎという感じか。
 武友弟は繰り上げスタートの白襷で走ってきた。不甲斐ないようだけどトライアスリートが実業団の遅いクラスと競っているのだから、違う見方をすれば凄いことだ。
 ここから中間の中継地点に移動して、トヨタ九州の小西君と武友兄の顔を見る予定だったけど、川土手の反対側の道が予想以上に混んでいて断念。一気に八幡に向かった。
 中継所付近の止める場所を知らなかったので、桃園公園に車を止めて観戦。先頭はやはりダントツで旭化成。安川も強い。押川君は4位で通過した。通過の前にトヨタの車が通りすぎて、廣末君?が「何秒差か教えてあげてくださ~い!」と叫んで行ったので前のランナーとのタイム差を教えて声援した。
 しばらくしたら白襷の集団が来て、その中に丸刈りで私を一回り大きくしたような男(笑)が走っていた。彼もトライアスリートで高濱さんだ。こっちも声援した。
 結果を見てみると押川君も一人抜いて3位に順位を上げたらしい。小西、今井、と順位を上げたけど、ワロル君がまだ本調子じゃ無い事と、その他の中堅メンバーがイマイチの様で優勝は出来なかった。
 そう言えば帰ってきて夕方バイクに乗っていたら、家の近所を三津谷と中崎がジョグしていた。若手が順調に伸びていても、三津谷が戦力に成らないのは厳しいだろうなあ・・・。

11231  変なオッサンは気がついているかも知れないけれど、一時期エキパイを何回か交換して変化を見ていた。そして鈍い私にもはっきり解るくらい差があることが解った。
 左がリプロのエキパイで1重管。右が純正のエキパイで二重管。外径は一緒だけど内径が33mmと30mmの差がある。そして低中速のトルクははっきりと純正の方が高い。
 錆が酷いからリプロを買ったのだけど、乗っていて気持ちの良い方が良いので、私は純正のエキパイに戻した。これはかなり前の話。
11232  そしてこっちは最近の話しで耶馬溪ツーリングの後。現在進行形の作業はマフラーの詰め物の話。
 低中速重視のセッティングに持っていこうとしている中で、バルブオーバーラップを少なくする意味で、バルブクリアランスは最大まで空けている。
 本当ならカムプロフィールを変えて見たいところ。その代用としてやり始めたのが、マフラーの小改造による低中速での充填効率の向上。
 マフラーも同じくリプロなのだけど、中を良くみたら私のXS-1bに付いていたマフラーとは違っていた。XS-1bの方は良くある構造だけど、リプロの方は写真のスチールウールが並んでいる辺りまではエキパイの外径と同じくらいの穴がドーンと貫通している。
 もしかしたら初期型のXS-1はそう言う構造だったのかも知れない。取りあえず私の手元のリプロはそう言う構造なので、中に色々と詰め物をして低速時の排気の抜けすぎを押さえて、結果的に低速時の充填効率を上げようとしている。
 キャブ以上に明確な変化が有る。こっちはブラインドテストをされても見分ける自信が有ると言い切れるくらいの差が有る。音も少し静かに成った。まだ試行錯誤中なので何とも言えないけれど、時々書いていこうと思う。

 夜はスイム。キックによる体の保持を中心に練習した。途中で床屋のオバチャンが来た。

スイム 2.1km

| | コメント (2)

2012年11月22日 (木)

チッパーの操作盤

1122 ずいぶん前からうちに来ている凶暴な機械。空いた時間に少しずつやっているのと、重いので外にシートをかけて置いている関係で、天気の悪い日や夜間の作業が出来ない事の相乗効果で進みが悪い。
 今日の昼休みに操作盤の仮付けと、各部からの配線を引っ張ってくるまで出来た。あとはボックスの中で結線していくだけ。
 ああまだ有った。配線を保護材でくるんで見栄えが良くてトラブルを誘発しないようなルートで固定していかないと。。。もうちょっとかかるなぁ。
 この機械が動くように成ったら、しばらくは我が家の木の枝とか竹をバリバリ粉砕して遊んで良い事に成っているので、そう言う意味でも早くやっつけないと、と自分にプレッシャーをかけておこう。

 今日のスイミングは長濱は休みらしい。男は私一人だった。あとはオバチャンと元気のよい小学生の女の子達。
 前半はクロールのキックと言うよりも、息継ぎの時の姿勢とか体の軸とかのドリルだろうと思った。私が良く指摘される分野だ。でも最近は自主トレでしつこくやっているおかげか、この手のドリルで溺れそうな状態にはならない。
 後半はキック4本+プル4本+スイム4本、25mを45秒サークルのヤツがキツかった。好調でも出来るかどうか怪しいのに、今はキック練習のしすぎで右の腰の横が痛い。女の子2名を先に行かせて、何とか45秒サークルは終えることが出来た。
 最後の方でオバチャンと「たぶんもう1セットと言うよね」と話して居たのだけど、予想は当たってさらにタイムがキック40秒でその他は35秒に短縮された。。。
 40秒とか最初からでも無理っぽいのに、先の1セットで筋肉がパンパンに成った私の脚に出来るはずがない。なんとか食らいついて行ったけど40秒を守れたのは2本目まで。3本目は41秒くらいかかり、4本目は50秒くらいかかったと思う。先を行く女の子は12.5m以上進んでいたし。
 凄く悲しかったけど、始めた頃の25mを60秒サークルでも回せなかった頃に比べると進化している。この年で進化している事を素直に喜び、それを明日の糧として無理のない程度に練習しよう。

スイム 2.1km

| | コメント (4)

2012年11月21日 (水)

作業台

1121 総ステンレススチール製の作業台。作業台と書くと機械系のガンガン叩くような作業が出来そうだけど、そこまでは無理。せいぜいチェンソーを修理したり、キャブレターを分解するくらい。元々が調理場の調理台だから。
 実はこれ、私の趣味とか仕事用ではなくて我が家の家の備品としての購入。嫁さんが以前から外でバーベキューしたり、餅つきしたり、お茶飲んだり、色々するとき用のテーブルが欲しいと言っていた。
 本当は自然木で出来たいい雰囲気のテーブルが欲しかったらしいけど、出しっぱなしでは直ぐに腐ってしまうし、立派であればあるほど重くて移動が大変。コストコで売っているような白いプラスチックのヤツは我が家に似合わないし、紫外線で劣化してボロボロに成りそう。。。
 と、色々と悩んだり、エイヤッ!と買いかけたり、そんな状態が続いていた。で、私がガレージ用として下に収納のあるこの手の中古厨房機器を見ていたら、嫁さんがこれが良い!と成った。
 1台で4,000円で2台有るらしい。場所は芦屋というか岡垣。悪くなければ2台とも買って帰ろうと思って軽トラで行ってみた。面白そうなガラクタが沢山ある。自転車でよく通る道なのに知らなかった。
 高い所に置いてあったけど、中国人のチョウさんがリフトで下ろしてくれた。もう一人の日本人社員が電話で社長と価格交渉してくれ、2台を6,000円で購入決定。
 でっかい棚にはスポーツジムのランニングマシーンが10台以上置いてあった。電源プラグが三相みたい。筋トレマシーンもあった。数台欲しいけどこんなの買ったら離婚かもしれん(笑)。
 買いに行ったのは昨日の話。うちから芦屋までは時間的にかなり近く20分くらいしかかからない。変な道具とかも沢山あったので、暇なときにもう一度行ってみたい。

 今日のプールはいつものメンバーは居なかった。でも武友さんは5時前に泳いで帰ったのかも知れない。油断は出来ない。
 右の腰から脚が痛い。キック練習のしすぎと思うけど、もしかしたら左のアキレス腱をかばって右足が変になっているのかもしれない。どっちにしろよい気分じゃ無い。年とったらこんなのばっかりだ。
 真っ直ぐのキックだと痛みは無かったので、妙なドリルは止めて普通のスイムを中心に、速さとかリズムに変化をつけて泳ぐ日にした。
 だからあまりキツクは無かった。効果があったのか無かったのか解らない。でもキツいことをしたから満足・・・と言う思想は良くないと思うので、今日みたいな練習も良かったことにしておく。

スイム 2.9km

| | コメント (4)

2012年11月20日 (火)

ブースト比アップ

1120 以前に書いていたカセットコンロのパワーブースター追加。火口側の形状が解らないと書いていたら、同様の形状のコンロをお持ちの方から写真を貰った。有りがたいことだ。
 インターネットの黎明期に「情報は情報を発信する所に集まる」見たいな文章を見た覚えがある。大した情報は発信して居ないが、ブースターの先端形状で悩んでいるという情報は発信できていた訳だ。取りあえず書いて発信しておけと言うのが正しいのかもしれない。
 そのお方に感謝しながら、同じような形状の追加部品を作ってつけた。思想的には炎の中に金属を入れたら効き過ぎるのか、または酸化とか熔融の危険性からか、下の方に広く接触させて熱を貰う考えらしい。
 昨日は鍋だったので今朝の朝一に作業したけど、鍋の多い我が家であっても2日連続の可能性は低いので、効果を試験できるのは更に数日後に成ると思う。

 今日は悩みが多くて午後は仕事をせずに鉈とか鎌を研いでいた。嫌なこととか困ったことが有るんじゃなくて、ある機械の基本構想的な部分を悩んでいる。
 設計なので正解は無い、間違う事はたまにあるけど(笑)。どの辺りにターゲットを持ってくるのか、構造やコストの設定点を何処にするのか、そう言う基本部分の悩み。設計者にとって本望と言える悩みかも知れないけれど、一番深い悩みでもある。
 研ぐのにも飽きたので部屋に帰ってきたら電話があって、気分転換に適当に話をして、しばらくしたら見覚えのある謎のセールスマンが来たので、さらに適当に話をして、時間が来たので仕事は止めにしてプールに行った。
 いつものメンバーが既に泳いでいた。長濱と武友さんといつもの女性。長濱のコースに入って泳いだ。でも今日はお互いに違うメニューをしている事が多かった。
 武友組がキツそうなメニューをしていたのに刺激されたのか、彼らが帰った後は我々も少しキツいメニューをしてみた。25mを1分と楽なサークルだけど、1本1本を最高速目指して泳ぐヤツ。
 全部で20本泳いだ。そして今日は20本全部が19秒から20秒の辺りで回せた。20秒を超えたのは1本も無かった。割りとよい感じだと思う。もう少し楽にこの速度が出せたら嬉しいけど。
 長濱が帰った後は久し振りにプルをやった。最近はキックによる姿勢の制御ばかりやっていたのでプルは久し振り。こっちも少しきつめに25mを30秒サークルにしてみた。スイムだとキツいけどプルなら一人でも何とか成る。こっちはイマイチ進みが悪かった気がする。

スイム 2.2km

| | コメント (2)

2012年11月19日 (月)

Divoom調子よし

11191 今日の朝は古賀の特別支援学校の手伝い。当初のきっかけと成ったshinakoさんは居ないけど、まあ悪いことでも無いので続けてみようと継続中。
 片道に30分くらいかかる。と言うことはピンズラーの1レッスンが丁度入りそうなので、軽トラにDivoomのプレーヤを乗せて聞きながら行ってみた。
 なかなか具合が良い。機器もスピーカも小さいのに走行中の軽トラに対して十分な音量が出る。そしてその時でも変な音にならない。私の使用環境に対して具合の良い機械が手に入った。
 時間もピッタリだったので、行きと帰りで11章の勉強を繰り返した。30章で中学卒業レベルらしいので、今は中学2年の春くらいか?。階段を1段上がった様な気がしてちょっと嬉しい。

 今日は体験入学の日なので、普段は生徒5-6名くらいに2名居る先生が1名になる。その分の手伝いが今日の仕事。担当は1年1組だった。割りと素直な子ばかりで今日はやりやすかった。
 少し慣れてきたのか、音楽に合わせて手を叩いたり大げさな動作でお遊戯をする事に抵抗が無くなってきた。手を繋いで廊下を歩くのも上手に成ったと思う。役割的性格というか立場が人を作ると言うか、自分には絶対に出来ないと思っていた事も出来たりする。何でもやって見るもんだ。

11192  今日はプールは休み。その分は脚のリハビリを兼ねて裏山を歩いて少し整備し、枯れた竹とかを持ってきて栗の木の下の小枝と一緒に燃やした。そして朝一の時間を取り戻すために仕事をした。
 枝が燃え尽きたくらいの時にふと思い立ち、焼き芋を作ってみた。熾火の中に入れるのは面倒に感じたので、ダッジオーブンに入れて熾火の中にグリグリ押し込んでおいた。
 仕事が一区切り付いてから中をみたら良い感じ。晩飯の前後に1個ずつ食べた。食前に食べたのは空腹にもかかわらずあまり美味しいとは思えなかった。食後の方はまあまあ美味しかった。
 あまり動いてないのに御飯とは別に2個も食べてしまったけど、芋は野菜だから食べ過ぎには成らないと思う(笑)。

| | コメント (4)

2012年11月18日 (日)

小人閑居して不善を為す

11181 今日は変なオッサンが来るというので待っていたけど来なかった。で、暇だったのでガレージの片付けをしてみた。でも片付けは苦手なので直ぐに飽きてしまい、作業台の下に落ちていたSUSの薄板を切ってみた。
 片付けの時に古いTX650のシリンダヘッドが出てきたので、切り取ったSUS板を置いたらこんな感じに成った。この時点ではダルマみたいな形の頭の方を上にするつもりで居た。
11182  そして、XS650のヘッドに取り付けたのがこの画像。色々と考えて頭を下向きにしてみた。名付けてTSGP(twin swirl generating plate)、インテークマニホールド内に二つの渦流を発生させ、今よりも少し薄い混合気を具合よく燃焼させる。
 結果的にキャブセッティングが今より薄めでも同じ走行性能が得られるように成り、その分だけ1km/Lくらいの燃費向上と成る・・・かも知れない装置。
 まあ世の中はそんなに甘くないのは解ってきたけど、今の私はメーカとか欲張りなユーザーのように、全域での性能向上は望んでいない。欲しいのは低中速域で良いフィーリングを確保したままでの燃費向上のみ。
 メーカがやっているタンブルコントロールバルブとかを、低速モードに固定したままの状態を作ってやろうという訳。これくらいなら三流技術者の私にも出来るかも知れない。

 で、この板を装着してキャブまで組み上げ、エンジンを始動してアイドル調整くらいはやり直そうかな?と言うところで変なオッサンが来た。
 ビニール袋に手みやげが入っていた。キラキラ光る丸い部品と、赤い丸いお金みたいな部品。お返しに錆びて汚い鉄の箱と、角が2本出た握り拳くらいの部品を上げた。
 オッサンが帰ってからは近所に用が有ったのだけど、歩いていかずにXSで行ってぐるっと回って帰ってきた。取りあえず劇的に悪くなったり劇的に良くなったりした部分は無い。アイドル回転が少し下がった?、発進時のトルクが増えた?5速で60km/hから70km/h辺りのフィーリングが良くなった?と言う程度。
 上手く行っても燃費で1km/Lくらいが関の山と思うので、一発で効果のあるデバイスが出来たとしても、劇的に解るような変化は無かろうと思っている。 

 夕方からは嫁さんと飯塚のプールへ。嫁さんは別のレーンで50m毎に駒を動かしては一心不乱に泳いでいた。私はいつものアップの後で昨日までと同じドリルを繰り返した。
 手を体側でキックのみで進むドリルのせいだと思うけど、右の腰の側面が痛い。息継ぎの時に体を反らせ気味にして、そのタイミングで脚が止まらないようにキックを打つからだろうと思う。今日はその動作が痛くて辛かった。
 後半の25mを45秒サークルは割りと良かった。帰りに聞いたら嫁さんは1km泳いだらしい。今日の私は800mくらいしか泳いでない。帰り際に床屋のオバチャンが来た。出来なかった仰向けの腰掛け姿勢のキック練習をしていた。

スイム 0.8km

| | コメント (8)

2012年11月17日 (土)

ブートストラップ

1117 取りあえず切れるようにコンターマシンが仕上がってきたので、勢いの有る今日の朝一に最後まで仕上げた。
 やったことは上のガイド製作・設置と、テーブルのZ軸廻りの固定と、スイッチの設置。
 いずれの作業もこのコンターマシンで部材を切り出して部品を製作し、その自分で切り出した部品を自分に取り付けた。こう言うのもメカ的なブートストラップと言えるのだろうか?
 テーブルがグラグラしなくなったし、鋸歯が暴れなく成ったので一気に使いやすくなった。これで越前レーシングの面倒な部品も直ぐに?作れる。でも次のレースで壊すのだけどなぁ。。。
 一応スペック的な事も書いておこう。元ネタは新ダイワの普通のバンドソーで、能力はΦ120mmのタイプ。これを縦に固定し、45度捻ってある鋸歯を素直な配置に戻す。こうすることによりフトコロが120mmから135mmくらいまで増加するし、刃のラインが素直に成る。
 スペックだけ見ると135mmのフトコロでは何も出来ないような気がするけど、この手の機械は「有る」と「無い」の違いが劇的なので、「無い」よりはスペックが劣って居る機械が「有る」方が遙かに仕事が捗る。
 美人でスタイルが良くて性格の良い彼女を求めて何年も一人で過ごすより、取りあえず適当な彼女を見つけておかないと、人生の残り時間が無くなって来るのに良く似ている。

 残りの時間は仕事と家の廻りの作業をして、夕方からいつものプールに行った。昼過ぎには雨が上がったので今日もXSで行った。所々路面が濡れていて流れてきた砂や泥が有る。雨の最中よりもこんなタイミングの方が怖い。
 アップの後は前半は手を体側のキックで25mを泳ぎ、帰りはその姿勢というかキックで体軸を保持する意識を持ちながらスイムで帰ってきた。上手く出来たらスーッと進む時が有る。
 後半は最近よくやっている25mを45秒サークルで回すヤツ。今日は特に脱力に気を付けて泳いだ。頑張らない。力を抜く。たまに力を入れることが有っても、それは胴体廻りの筋肉くらい。そんなイメージで。
 今年の夏よりは明らかに脱力して泳げている。そしてその状態で夏よりも抵抗の少ない姿勢で泳げていると思う。腕の掻き方が緩くても夏と変わらないタイムで泳げているし。
 しばらくは頑張ってタイムを上げようと考えずに、力を抜いて泳ぐ練習を続け、その結果として自然にタイムが上がっていくようなイメージで行こうと思う。
 そうそう、オマケで水中ドルフィンも少しやった。

スイム 2.0km

| | コメント (4)

2012年11月16日 (金)

新コンターマシン

11161 越前レーシングの会長が五月蠅いので、なんとか新しいコンターマシンをでっち上げつつある。
 エイシンタイプの安物バンドソーには縦型モードがあり、コンターマシンとしてはそっちを使っていた。そしてバンドソーとしてはこの写真の新ダイワのジャンク品を買って修理して使い始めた。
 でも、いい加減な中国製とは言え、鉄のでっかいフレームを有しているだけ有って、バンドソーとしての能力はエイシンタイプの方が格段に上だった。
 と言うことで急所予定の役割を入れ替え、新ダイワをコンターマシンに改造することにした訳。
 空いた時間に少しずつ作業をしていたので進みが悪い。なんとか今日で切れるように成った。でも上側のガイドが未だついてないので、刃が共振的に振動する。この週末にそこまでやる時間があるかな?

11162  こっちは昼前にちょっとだけ取材に行ってきた、宮若市水泳協会がやっているリフレッシュ運動の一こま。何となく私がWEB担当に成ってしまったので、PR用の写真撮影に行ってきた。
 今日は平日の昼間なので、ほぼ全員がリタイヤした年代ばかり。夏の夜のアクアビクスの方は若い人の姿も見かけたので、リフレッシュ運動も夜の部は若い人が居るのかもしれない。
 ちょっと気になったのが運動の内容。「先生が肩を弛める」とかそう言った表現をしながら、ジワーッと関節とか筋肉の動きを感じながら動かすような動作をやらせていた。
 見ていて、藤原さんの言う「ゆる体操」と言うのが頭に浮かんできた。最後まで居て私も受講して見たかったけど、仕事を抜けて5分くらいしか居る時間が取れなかったので後ろ髪を引かれながら帰った。

 今日も何故か定時ピッタリに電話がかかってきたので出るのが遅れた。多分計画的な犯行だと思う(笑)。帰りが遅いと晩飯が遅くなってトータルの健康面でデメリットが多そうなので、今日は1時間券にした。
 SKPSで400mアップの後は、昨日できなかった半分潜水で残りを泳ぐヤツを延々と繰り返した。頑張って繰り返すんじゃ無くて、まずは力まずに半分まで余裕の潜水が出来るように練習。
 やっぱり水中に体を沈める事に力を使ってしまう。でも意識しないと直ぐに浮いてしまう。普通に泳いでいるときは体が浮かないで苦労するのに、こんな時は浮いてしまう皮肉。
 注意深く自分を感じ取ってみると、頭が低くて脚が高い。と言うことは脚の推力が下を向きすぎて居るのかもしれない。ならばアップキックが不足か?と思って意識してアップキックを強くというか大きく早めのストロークでやるようにしたら、今までよりも明らかに脚が沈むように成ってきた。
 楽に出来るようには成らなかったけど、1分くらい休んだら確実に半分までは潜水で行けるようには成った。ほんの少しだけど前進したので由とした。

スイム 0.9km

| | コメント (8)

2012年11月15日 (木)

クラッチスプリングの違い

11151 実は写真を取り忘れたので、場所ふさぎにメモをスキャンした物でもアップしておこうと。
 今まではクラッチハウジング関係はTX650を使い、クラッチディスクも7枚タイプのTX650を使っていた。でもスプリングはXS1の方が太くて強そうだったのでXS1のスプリングを使っていた。
 で、上記の状態でしばらく使っていたのだけど大きな問題は無い。MonotaROの四輪用全合成油を入れてもクラッチは滑らない。と言うことで、今回の作業は少し弱そうに見えるTX650のスプリングに交換し、少しでもレバーが軽くならないかな?と言う内容。
 或る程度使ったスプリングを、私が測定し、適当に作った表計算シートで計算した結果なので信憑性は乏しいかも知れない。
 簡単に纏めると、XS1は自由長35.2mmでk=24.79N/mmのバネを25.9mmまで縮めて230Nの力を発生させている。
 対してTX650は自由長43.3mmでk=11.77N/mmのバネを25.9mmまで縮めて205Nの力を発生させている。
 230Nと205Nの違いは誤差の範囲で設計的には同じ押しつけ力だったとも考えられるけど、ディスク6枚を7枚に増やしたのだから、押しつけ力も少し減らして良かろうとの考えかも知れない。
 上記は走行中の状態でクラッチを切ったときはもっと反力が増える。レバーを深く握った時に2mm余計に縮むと考えると、XS1は49.6Nの増加でTX650は23.5Nの増加になる。
 と言うことで、TX650のスプリングに交換すると、走行中の押しつけ力が今までよりも89%まで減少するので滑る可能性が出てくる。でも握ったときの反力の増加の割合が半分くらいなので、今までよりも少しくらいはレバーが軽くなるかな?と言うところ。
11152  で、組み立てて測定しているのが次の画像。結果は引き初めが6.5kgで最後まで引いたときが7.5kgくらいの測定値に成った。
 今までの推移を書いてみると、XSのクラッチを弄り始めた時の数値が12kg~13kg。ワイヤーを新古品に交換したら10kg~12kg。ボールネジに交換した後が6.8kg~7.2kg。アームを短くしてストロークを調整した後が7.0kg~8.0kg。そして今回が6.5kg~7.5kgと成った。
 私的にはずいぶん軽くなったと感じているし、あの時代の重い車種に比べても軽くなったと思っている。でも何処かのブログにSRのレバーが5kgで重いから対策品のスプリングに変えた・・・とか書いてあるのを見ると、まだまだ時代に追いついて居ないことを実感する。

 今日のプールはスクールの日。長濱もオバチャン達も来ていた。小学生は一人だけ。初っぱなから25mを8本、50秒サークル。楽かと思ったら個メだった。かなり死んだ。そしてそれをやり終えたと思ったら、もう1セットで45秒サークルだと。。。もっと死んだ。
 中頃はバックのドリルが入り、最後はスイムというのか何とも言えないメニュー。半分ま潜水で進んで残りはクロールのスイム。50秒サークルで16本だった。
 最初の3本は12.5m進んだけど後が続かない。水中に体を沈めることに体力を使ってしまい、10mくらいで苦しくなって浮上してしまう。死ぬかと思った。
 でもなんとか楽にこなそうと考えながらやっていたら、最後の方はキツいのに少し進むように成り、だんだんと潜水の距離が伸びてきて最後は12.5まで行けた。かなり死んだ。

スイム 2.5km

| | コメント (4)

2012年11月14日 (水)

プレッシャープレートの違い

11141 昨日の続きでクラッチ整備に関して、今日はプレッシャープレートの件。この部分は以前に作業をしていたので今回の作業では無いけど、比較写真を撮ったのでついでに。
 向かって左がXS-1bに付いていたプレッシャープレートで、右がTX650の2型に付いていたプレッシャープレート。表から見ると違いが分かりにくいけど、裏から見るとはっきり違う。
 基本構造的にプレッシャープレートはクラッチボスと一体で回転する。クラッチボスにはクラッチの金属板の方がはめ込まれており、これも一体で回転する。さらにそれらはミッションの1次側シャフトとも一体に成っている。
 と言うことは、クラッチボスの端っこの面と、写真に写っているプレッシャープレートの端っこの面も、金属板と同様の意味を持つ摩擦面と言うことになる。
11142_2  この部分に限定して考えれば、最外側の摩擦プレートとプレッシャープレートの写真の面が擦れ合い、摩擦力を発生してそのトルクはプレッシャープレート→クラッチボス→ミッション1次側シャフトと伝わる。
 で、問題はプレッシャープレートのトルクをどうやってクラッチボスに伝えるかだけど、XS1はクラッチスプリングを保持している6本の特殊ボルトの根っこを経由して伝えている。
 対してTX650の方は、写真で見えるようにクラッチボスの凹凸にはまりこむ凹凸がつけてあって、この部分でトルクを伝える。その為にクラッチスプリングのボルトは遊んでおり、写真でもかすかに解るけど穴が大きい。
 XSの設計時点では全トルクの1/12くらいだから、まあボルトの曲げで持たせても良いんじゃないの?と考えたけど、クラッチの切れとか耐久性とか、良く解らんけどコストをかけても変更したい問題が起こったから、TXでは凝った構造というか、基本に忠実な構造に見直されたと想像できる。
 と言うことで、わたしのXSにはTXのこの辺りの部品が組み込まれている。

 今日は色々とどうでも良いような雑用が有って、本来やりたかった新しいドリドリ君の構造を考える作業が予定通りに進まなかった。まあこんな時も有る。
 仕事がおわってからはいつものプールへ。一気に寒くなった気がする。泳ぎはじめの体の動きが悪い。後半に成っても悪いのだけど(笑)。
 今日も長濱が来ていた。でも人が多かったので最初から最後まで別のレーンで泳いだ。私は昨日と同じで手を体側のドリルとスイムを繰り返した。
 後半は25mを45秒サークルで回すのを30分ほど続けてやった。疲れずに息が上がらずに30分くらいは続くように・・・と考えながら。
 昨日よりは体の力が抜けていたような気がする。たまに進む気持ちの時がある。

スイム 2.7km

| | コメント (3)

2012年11月13日 (火)

クラッチ整備を始めよう

1113 以前からXSのクラッチ廻りを少し弄りたい考えが有ったけど、オイルを抜かなくてはいけないので躊躇していた。
 そして先日の耶馬溪ツーリングの後でふと気がついたのだけど、今は1タンクで250kmくらい走っている。と言うことは4回給油したら1000kmと言うことだ。これが3セットで3000km。。。なんか過ぎてない??
 と言うことでオイル交換しても良かろうという結論になり、右のカバーを開けてクラッチ廻りを分解した。オイルはかなり黒かった。で、今日やったのは写真のスリーブの追加工。
 この円筒部品の表面はクラッチを切っている時に摺動する。走行中は摺動せずにお互いに固定状態に有る。と言うことはこの部分が連れ回りしてしまうと、クラッチの切れが少しだけ悪くなる事になる。
 定量的にはどのくらいか解らないけれど、PLやSMに依ってはクロス型に油溝が切ってある絵が載っている。私のは単純な螺旋溝だったので、フリーハンドで適当に溝を切ってみた。
 クラッチの切れはニュートラルの出にくさに一番関係する。私のXSはエンジン外部からの対策で問題ない程度に軽く出るように成っているけど、更に良い感触が得られるかも?との追加工。

 定時丁度くらいに電話がかかってきたので出るのが少し遅くなった。こうやって書くとかけてきた人は明日は午後の開始前くらいにかけてくるかも(笑)。
 今日もいつものSKPSのアップの後は、両手を体側の状態でキックのみで進んで上体を捻って息継ぎの練習。そして帰りはその姿勢とかキックの維持を意識してスイム。
 これを半分くらい繰り返して、残りは力を入れないクロールの練習をした。姿勢の維持は体幹の筋肉とキックを或る程度使う。その他の筋肉や動きには力は入れない。
 腕は肩から軽く回す意識。水は軽ーく掻くけど後に押しやるだけ。息継ぎのために下に押したりはしない。
 考えは割りと纏まってきた気がするけど、考え通りに体が動かない。まあ動いたところで考えが正しいかどうかすら解らないのだけど。

スイム 2.5km

| | コメント (2)

2012年11月12日 (月)

山茶花

11121 家の廻りの木を切りまくって居るけど、いろんな所に変化が出てきている。日が当たるように成ったらブルーベリーが大粒で甘く成ったり、1本だけ残したミカンが調子よかったり。
 写真の山茶花もその一つじゃ無いかと思う。今までは両側から被さるように椿の木が生えていた。それを両方とも切ってしまった。
 そしたら花の数が全然違う。今まではこんなに沢山の花が咲いているのを見たことが無い。全部でせいぜい5-6個の花だったのに、廻りに何も無くなったらこんな調子で沢山花が咲くように成った。面白い。

11122  こっちはグッデイで買ってきた2サイクルオイルとチェンソーオイル。2サイクルオイルは別の銘柄にしようかな?と言う気持ちも有ったけど、ヤマハの船外機用が具合が良いので冒険は止めにした。
 ハスクバーナとかゼノアの専用オイルがその辺に売っていれば使って見たかったけど、近所の店には売ってない。
 JAのグリーンセンター辺りに行ったら有るかも知れないけれど、あそこは昔の農協様(笑)みたいな匂いが少しだけして相性が良くない。
 オオマチキハンまで行ったら有ると思うけど、オイルだけの為にあそこまで行くのはちょっと遠い。北九チェンソーの新店舗を見てみたかったけど、ホームセンターモデルと中国製を使っている人間が行ってオイルだけ買うのも・・・なんだかなあ。と言う気持ちもしたし。

| | コメント (2)

2012年11月11日 (日)

DIVOOMのMP3プレーヤー

1111 ピンズラーの中古CDと同時期に買ったMP3プレーヤー。イヤホン式は鬱陶しい時が有るのと、作業とかしているときは一定の範囲にスピーカーの音が欲しい場合が多い。
 と言うことでスピーカーが付いたMP3プレーヤーを買おうとしたら意外と種類が無かった。イヤホン式ならいくつでも有るのに。
 しばらく検索して見つけたのがこの商品。他に商品が無いので、ほとんど比較したり悩む事が出来ず即決に近い感じで注文した。
 で、来てみたら意外と小さい。後のキーボードは小型のタイプなので逆に参考に成りにくいかもしれないけど。イメージ的には5個入りで売っているホットドッグ用のパンくらいのサイズ。
 SDカードは付いていないのでルミエールで買った。2GBが399円。未だにデジカメでは64MBを使っている私にとって、この値段は何かおかしい。
 見た目で少し落胆したのは事実だけど、使ってみて逆に気分がよくなった。サイズから想像したちゃちな音ではなく、普通のラジカセくらいの音が鳴ったから。英会話の教材を聞いても聞きやすかったし、その辺の音楽を聴いても悪くない。
 これで送料込みで2,000円くらいしかしないのは脅威だ。嫁さんが私にも買ってくれと言うのも解る。でも直ぐに故障するかもしれない。いや、メカの部分がほとんど無いのだから、初期不良が無ければ機械式のラジカセみたいな判断基準は不要かもしれない。

 昨日は1日中遊んだので、今日は昨日やろうと思っていた仕事を少し片付けた。そして16:30頃からプールへ。今日も嫁さんが付いてくると言うので一緒に飯塚のプールへ。
 嫁さんと行くときは1時間券。そして帰りにルミエールに寄り、買い物をして荷物を持って家に帰る。面倒と言えば面倒だけど、嫁さんのスタイルが維持できてルミエールでお菓子を買ってくれるので、悪いことばかりじゃない。
 今日は隣に何時も武友さんと一緒に練習をしている女性が来ていた。私が嫁さん連れなら彼女は息子連れ。両方共にガンガン泳ぐ自主トレには成らないのでお相子だ。良かった。

スイム 1.0km

| | コメント (2)

2012年11月10日 (土)

オジサン達のもみじ狩り

11101 今日はラモートさんに誘って貰って耶馬溪へ。私自身は昔も今も集団行動が苦手な人だけど、たまには良いかと思って参加させて貰った。
 午後から雨が降る可能性も有ったので、手持ちの中で一番防水性の高いウエアを着ていった。と言ってもバイク用じゃ無くて作業服屋で買ったヤツ。手袋もスキー用のお下がり。あっ、ブーツだけはバイク用だ。
 集合場所の彦山駅へは予定より早く着いてしまった。コーヒーを飲み始めたら声かけ人のラモートさんが到着。じきに今日の参加者というか参加車両が集まってきた。
 手前からCL250、ウルフ125、CB500、XS650、CB500、CB550、だったか?。CB500と550の違いは素人には解らない、間違っていたらごめんなさい。ウルフは90しか見たことが無かった。でも見た目は125も90も大差ない気がする。
 駅には別のグループも集まっていて、そちらは九工大の学生さん達だった。こちらのオッサンみたいに着込んでいない。下はGパンとかチノパンだったりする。「流石に若さは違うなあ」と言ったら「寒いッス。失敗しました」とか泣き言を言っていた。
 そんな泣き言を言いながら、止まる度にシリンダで手を温めながら、鼻水を流しながら、誰かのバイクが故障したり、誰かがはぐれたり、誰かがガス欠したり、そんなことをしながらも行って帰ってくるのが若さだ。そんなことを思いながら先に出る彼らを見送った。

11102  野峠を越えて道の駅で昼食をとった。寒さと空模様から3名はここでさようなら。私は作業服屋のジャケットの防水性と防寒性に賭けて残る組に。
 よく知らない道とか、長いトンネルとか通ってぐるっと回って帰ってきた。写真は途中で止まった猿のなんとか・・・という場所。耶馬溪はこの手の奇岩と言うのか、変わった岩山が至る所に有って景色が面白い。
 紅葉も良い感じだった。日頃の行いが良かったので雨にも降られなかった。好天では無かったけど、そのせいか道も酷い渋滞とか無くて助かった。17:00頃には家に帰り着いた。
 ラモートさんと他の参加者の方達、良い一日をありがとうございました。

 酷い疲れは無いけれど、流石に肩廻りが凝っている感じがある。こんな時は(も?)スイムだろう。でもバイクで行く気分には成れなかったので、今日は軽トラで行った。
 肩廻りをほぐす目的しか考えて居なかったので、適当にスイムとプルで45分くらい泳いで帰った。45秒サークルで回したけど、軽くしか泳いでないので凄く楽だった。
 帰りの受付嬢は九工大の子。今日も勉強していた。そう言えば九工大のバイク乗りに会ったぞと話したら、「SR居ました?赤の」と帰ってきた。んん?あんた素人じゃ無いな?
 確かにSRが1台居た。赤だったような気もする。彼女の知り合いが乗っているらしい。でも今日、彦山駅で会ったSRは別のヤツかもしれない。
 いや、そう言うのはどうでも良い。問題は「知り合い」の部分だ。こういう場合の知り合いというのは、「彼」とか「彼に準ずる男」と言う意味だろう。クッソー、いいなあ青春は。

スイム 1.5km

| | コメント (7)

2012年11月 9日 (金)

ユーキャンで英語を学ぶ

1109 ガードン博士と山中教授の共同インタビューをテレビで見ていたときの事。山中教授の英語は全然流暢じゃ無かった。私でも喋れそうなくらい。
 昔から英語なんて単なる言語で手段だから、通訳でも目指さない限りそれだけを目的として勉強する必要なんか無い!と主張していた私の考えが裏打ちされた様な気がした。
 でも更によく考えてみると、彼は海外で研究をしたり発表をしたり出来るわけで、ネイティブが普通に話している内容を理解できて居る事は確実だ。
 そこで自分を見つめてみると、確かにチャールズとかマットとサイクリングに行ったりしていたけど、それは彼らが私だけを相手に平易な単語と単純な構文で繰り返し喋ってくれたからだ。
 それ以外のテレビとかラジオとか空港のアナウンスとか、不特定多数に向けて発せられた英語なんか聞き取れた試しが無い。これはかなり深刻な問題だ。
 言いたいことが有れば、繰り返し自分の知っている限りの単語を並べて行けば通じる。だから一対一の会話は下手くそな英語でも何とか成る。でもそう言う人はCNNのニュースを見て日本のメディアが報道しない内容を知るとか出来ないわけだ。

 で、リスニング能力だけでも鍛えたいと思った。調べてみるとコマーシャルの多いスピードラーニングは当然の事の様に高い。なら中古でも・・・と思ったけど結構な値段が付いている。
 その他の中古品を見ていくと、ユーキャンがやっているピンズラー英語というのが見つかった。これは知名度なのか内容なのか解らないけど安い。中古のセットとそれを再生する為のスピーカ式MP3プレイヤーと合わせても1万で買えた。MP3プレイヤーに関しては明日にでも書こう。
 で、その練習を始めた所。30章までやったら中学卒業程度のレベルに成るらしい。今は2章目だけど続いている(笑)。最終的にどのくらいのレベルに成れるのか楽しみだ。
 この手の勉強をしたことが無いので内容については良く解らないけれど、一つだけ期待はずれな事があった。それは聞き流すだけでは駄目なタイプの教材だったこと。30分間はしっかり聞いて、繰り返し発音して練習しないといけない。

 今日もプールだ。XSのライトを更に高めに調整し直して行った。今度は良い感じ。バイクの場合は車よりもピッチ変化が多いけど、定常状態なら水平よりも少し下の丁度よいくらいに成った。
 この状態で使ってみると、ロービームの遠くはあまり変わらない。ロービームの手間の方は中央部だけ明るくなった。ハイビームは全般にかなり明るくなった。こんな感じ。
 スイムは昨日のキックで脚が重かったので、キツいキックのメニューは止めようと思った。で、アップ400mのあとはチンタラキックの練習をした。
 特に左足の足首が固いので、左足のキックではつま先から先にドッポンと入り気味になる。これではどう考えても逆向きの推力にしか成らない。
 これをなんとか膝の曲がりとか太腿の先行動作とかでごまかせないか?と考えて1時間ほどキックばかりやった。少し変化が有ったような気がする。
 残りの時間はスイム。どんな体勢でも安定して脱力してキックが打てるように、それだけを考えて45秒サークルで延々と回した。残りの時間は昨日苦労した平泳ぎのキック。

 帰りの受付嬢は九工大の子だった。彼女は何時も勉強している。今日は何をしているのか聞いてみたら「SPI」の問題集みたいなのをやっていた。
 SPIとか聞いたことが無い。聞いて私なりに理解したのは、就職試験の共通一次みたいな物らしい。あとで気がついたけどセンター試験と言うべきだった。
 これだから年寄りは嫌だ。でも私の時代には共通一次すら無かったもんね(笑)。

スイム 2.6km

| | コメント (4)

2012年11月 8日 (木)

倫風を読む

1108 仕事をしていたらオバチャンが二人で訪ねてきた。オバチャンと言うよりもお婆ちゃんに近い年齢の二人。婆さんの関係の人かと思ったら宗教系の勧誘だった。
 手には「倫風」と書かれた小冊子を持っている。ああ、早起きの人達か、と直ぐに解った。広島にいた頃に何回も話を聞いたし倫風も何冊も貰った事が有る。でも筑豊ではそれほどでも無い。
 「良いことが書いてありますねえ」とか「私、早起きは全く駄目なんですよ」とか、適当な世間話をしていたら冊子をくれたので有りがたく頂いた。
 パラパラとめくって見た。内容は昔と変わらない。心が洗われるような良いことが書いてある。私的には少々自己犠牲的過ぎるというか、過度に自省的な気がするけど。このあたりはPHPにも繋がる物がある。
 上に自己犠牲的過ぎると書いたけど、それはあくまでも自分を基準に判断した場合。以前も書いたように私は、大学の頃に同期の女の子から「ミツヤス君はコレでも読みなさい」と「塩狩峠」を渡されたくらいの人間性なので(笑)、客観的に判断すると「倫風」の方が平均的なのかもしれない。

 今日もプールだけど今日はスクールの日。長濱はいつもの様に来ている。今日は床屋のオバチャンは来ない。もう一人のオバチャンも来なかった。二人は嫌だなあ・・・と思いながらアップを泳いでいたら、小学生が二人来たので安心。
 前半は平泳ぎのキックのドリル。ひたすらやらされるんじゃ無くて、結構細かく動きとか修正されながら泳ぐ。キツくないけどこう言うのは苦手だ。体とか動きの調和的な物が出来ない、小さいときから。要は鈍い子供だった、そして今もそう。
 ほとんど出来ないままに前半がおわった。でも今日のメンバーは誰もが平泳ぎのキックが苦手だったので、心情的には救われた気がする。
 後半はクロールのドリル。最後に50mを12本が有った。80秒サークルなので自主トレよりも5秒楽になる。その分は少し泳ぐタイムが速くなるかな?と思っていたら外れた。
 1本目こそ44秒とそこそこで帰ってきたけど、その後は47秒、48秒辺りで順調に遅くなり、最低でも50秒を切って泳ごうと思ったのに、最遅は50秒かかってしまった。

 帰りは例のお嬢さん。アナタは嘘ばっかり書いていると怒られた。今頃気がついたのだろうか。私の話したり書いたりしていることは半分以上出鱈目だ。昔からの知人ならよく知っている。そんなに簡単に人を信用していると悪い男に騙される。
 そう言えば昔のお嬢さんという表現は不満で、まりやチャンの方が良いらしい。でも勝手に「田舎の」を外してはいけないと思った。また適当な事を書いたので怒られる。

スイム 2.0km

| | コメント (8)

2012年11月 7日 (水)

万里の長城を修復する

11071 昨日の夜持ち込まれた部品。古いトラクタのロータリの軸受け部品らしい。百姓関係じゃ無い人には解りにくいと思うけど、トラクタの後に付いている田んぼとか畑の土をグルグル掻き回す装置の事。
 その装置は左右にシャフトが通っていて、そのシャフトに多数の鎌の刃のような部品が取り付けてある。その部品が土を掻き回すことで、人や牛が鍬や鋤でやっていたのと同じ効果を得ようとしている。
 そんな部品なので環境が過酷で、オイルシールも泥水用の特殊なヤツだったり、その手前にもラビリンスで泥とか草の進入を防止している。そのラビリンスの一部と思われる円筒状の部品の修復をして欲しいと。
 TIGならできんかねえ?との事だったけど、見た目は鋳物に見える。鍛造品ならなんとか成るかもしれないけど、鋳物でこの厚みでグリースが染みこんでいて・・・多分私には無理じゃ無かろうか?と思いながら受け取った。
11072  で、今朝一番にやってみたら予想通りに鋳物だった。そして焼肉が出来るくらい油が染みこんでいた。オレに出来るわけ無いわ、と思いながら取りあえずトライ。十分溶かそうと思うと油で弾きながらトロトロ溶けていくので、尖った縁の上に泥団子を載せていくような感じで取りあえず盛り上げた。
 今話題の?万里の長城が脳裏に浮かんだ。かなり急峻な峰に建造してある箇所が有る。その部分の修復をやれと命じられ、セメントと砂と砂利を手渡された様な気分だ。
 何回かやり直して、これ以上やるとオイルシールの圧入面まで溶けてしまいそうなので止めにした。母材と肉盛部の間に隙間が有るけど、これ以上やり出したら私の技術では収集が付かない。割れ無かっただけで良しとしたい。ラビリンスなので許して貰おう。

 今日もプール。XSのライトの接着剤が硬化したので取り付けてXSで行った。行きも点灯しているけど、まだ少し太陽の明るさが残っているのでライトの変化までは解らない。
 今日は知っている顔は見なかった。毎日来ている嘉穂東高校?の水泳部が居たくらい。いつもの感じで自分のペースでトリルを繰り返した。
 残り30分くらいの時にハイレグのお姉さん?が入ってきた。「おじゃましま~す」とか言いながら。ハイレグだし愛想が良さそうな人なので大歓迎だ。でも速そうな匂いがプンプンする。
 予想は当たった。全力では無いけど私がスイムで泳いでいたら、キックでアップ気味に泳いでいる彼女が追いついて来る。お先にどうぞと言ったら後で良いという。プレッシャーを感じながら何本か先に泳いだ。
 キリの良いタイミングで止めたら「次は何しますか?」と。向こうの方が圧倒的に速そうなので私が付いていくと言ったら、彼女の方が適当にメニューを決めて3種類くらい引っ張ってくれた。
 ハイレグの脚を鑑賞する余裕なんか全くなかった。なんというか水の女王様にSMプレイで弄ばれて居るような気持ちだった。キツくて楽しむ余裕も無かったけど。
 スイムキャップで解りにくいけど、それなりに美形で愛想もよかったので帰り際に少し話した。何処かのスクールの先生でもしているのかと思ったら、マスターズに出ている選手らしい。どうりで速いはずだわ。。。ありがとうございました。お腹いっぱいです。

 XSのライトは悪くは無かった。ハイビームは明らかに明るくなった。ロービームは少し下向き過ぎた。こちらも配光は悪くない。以前のムラが無くなった気がする。マーシャイトが使い物に成りそうで嬉しい。

スイム 3.2km

| | コメント (2)

2012年11月 6日 (火)

マーシャイト

11061 本当は今年の車検の前にでもやりたかった作業で、XSのヘッドライトの反射鏡の交換。やっと手をつけたというか、一気には進まない作業なのでボチボチやっていて、ようやく合体まで行った。
 私のXSのライトは早い時期にマーシャルの2灯タイプに交換していた。どうしてシビエじゃ無いかというと、確かマーシャルの方が少し安かったのと、シビエは凹面ガラスだったからじゃ無かったか?と忘れかけている記憶をさかのぼってみた。
11062  マーシャルの質が悪かったとは思わないけれど、30年近く前の話しだし、ポジション球も付いていたので、その辺りからメッキが傷んできていた。
 車検の度に麺棒を突っ込んで反射鏡を磨いたり、酷い部分にはアルミテープを貼って誤魔化したりして受験していた。でもそろそろ限界。と言うことでコイトの2灯と組み合わせてニコイチにする。

11063  最近のプラスチックレンズのように暖めたら取れるかな?と期待したけど駄目だった。そこでカッター等で地道に発掘して分解。
 でも結局はコイトの方はガラスを意識して破壊したし、マーシャルの方は反射鏡をガラスの近くから切断砥石でカットした。
 直径はほぼ一緒だけどマーシャルのレンズが少しだけ大きい。で、チップソーを研ぐダイヤモンド砥石でジャーンと径で0.5mmくらい小さくした。
11064  接着はいつものスーパーX。或る程度の弾性が有るので、この手の場所にはエポキシよりも良さそうな気がする。
 接着の前にガラスの内側をパーツクリーナとガラスクリーナで綺麗にし、反射鏡は触らないようにエアーガンで埃や接着剤のカスを吹き飛ばして施工。
 あまり圧着したら妙な応力が残るかな?と心配になり、ビニールテープで適当に固定して第一段階の接着剤硬化を待つ。
11065  この段階で見ても綺麗に成ったのが解る。光量の増加は微々たる物かも知れない。さらに反射鏡とレンズの微妙な関係で、凄く走りにくい配光に成っているかもしれない。まあ、その時はその時だ。
 あとはもう一段階必要で、リムの縁にシールがメインの目的と思うけど、隙間に充填するような感じで接着剤を流し込んで完成の予定。

 最後の流し込んだ接着剤が未硬化なのでXSは使えず、今日のプールは軽トラで行くことに成った。明日は固まっていると思うのでXSの試運転が出来るかもしれない。
 今日も長濱と武友さんと例の女性が来ていた。長濱は既に30分以上泳いでいるらしい。私も17:00から飛び出したので差がつくのはおかしい。ヤツは絶対に定時まで勤務していないと思う。
 今日もいつものドリルを長濱と一緒にやった。後半は25mを60秒サークルで20本。休みが多いので一生懸命に泳ぐのをやった。それなりのペースで泳ぐときのイメージやら姿勢を感じながら。
 ほぼ全ての本数を20秒から21秒で泳げている。時計の見方にもよると思うけど、23秒以上かかったのは無い。姿勢だけを強烈に意識し始めてから、タイムが少し上がったしタイムの落ちが少なくなった気がする。
 理由は解らないけれど、まあよい傾向だ。

スイム 3.0km

| | コメント (4)

2012年11月 5日 (月)

パワーブースター追加

1105 嫁さんからカセットコンロのつまみの修理を頼まれていて、少し放置状態だった。冬の我が家は鍋が多くてそろそろ鍋かも?と言う気がしてきたので慌てて修理。
 カセットボンベをロックする鉄製のレバーの、先端に付いているプラスチック製のつまみが割れていた。まともにくっつかない気がしたけど、面倒だったので5分間エポキシでつまみをベタベタにして修理完了。
 さらに追加で前々から追加したかったパワーブースターを追加してみた。火口からボンベの下まで伸びているアルミ板がそれ。
 パワーブースターはアウトドア系のコンロで呼ばれていた名前だけど、実際の機能はパワーが増える訳じゃなくて、気化熱で冷えてしまって気化が困難になり、ガスが残っているのに火が弱くなるのを防止する装置でしかない。
 この機種の上位機種?には付いているようで、明らかにそれ用のプレスの溝と固定用のボスとか穴がちゃんと有る。それに添って作ってみただけ。
 でも解らないのは材質と受熱部の形状。材質はコストの問題からオリジナルは鉄だろうと思うけど、加工のしやすさと熱伝導率からアルミにした。受熱部はアウトドア用は炎の中に出ていたけど、最初からそれは怖いのとアルミが溶けても困るので炎の下までにしてみた。
 この作業は昼過ぎにやったのだけど、私の予想通りに今日は鍋だった。何も言ってないのにピタリと当たる。私もカリスマ夫に成りつつある。
 何回かボンベの温度やボンベを外して追加したアルミ板の温度を確かめた。ボンベの表面は以前と変わらずに冷たい。ボンベを外してアルミ板を触ると、廻りの筐体の鉄板よりは暖かい。でもそこまで。
 この手のボンベの注意書きで良く見るのは「40度以上の環境に置くな」と言った内容。と言うことは40度くらいまでなら破裂しないと言う事だろう。実際に真夏の室内なら40度とか有り得るし。
 それから考えると今回のパワーブースターは生ぬるすぎる。アルミ板ははっきりと暖かいくらいで良かろう。若しくは少し熱すぎないか?と感じるくらいじゃ無いと効果を感じることが出来ない様な気がする。アウトドア用のパワーブースターは触るとはっきりと熱いし。
 次の段階として、先端に板を追加していき最適なブースト温度を見極めてみよう。失敗して爆死したら笑い者なので少しだけ気を付けて。

 今日は月曜日でプールは休み。そして丁度よいタイミングで組合長会議。と言うことで夜はどうでも良い会議で潰れた。そして今月の日曜日はほぼ全て部落の行事で潰れそうな事が解った。
 少々鬱だ。

| | コメント (2)

2012年11月 4日 (日)

力丸君のアクセルワイヤ

1104 樫の木を倒した家から力丸君を持って帰った。ここには既に倒してある杉や檜が沢山あるのでそれの運搬に使っていたのだけど、他の場所で使う予定が出来たので一旦引き上げ。
 家に持ち帰ってから軽く整備。使いっぱなしだったのと一部に調子の悪い所が出てきたから。一番悪いのはアクセルワイヤ。
 グリースでも注入しておけば良かろうと思って弄っていたら何かおかしい。良く見たら素線がブチブチに切れていて、繋がっているのは2本だけだった。
 これを見て見ぬふりをするほどの肝っ玉は無いので、自転車のワイヤを使って修理した。アウターは面倒なのでそのまま。インナーは太鼓のサイズが違っていたので真鍮棒に穴を空けて両端の太鼓だけ自作した。

 次はこれを使おうとしている別の家の裏山。業者に頼んで今年の春だったから冬だったかに、樫の木を数本倒している。太い幹は業者が持って帰ったらしいけど、20cmから30cmくらいの枝が多量に有るのを貰う。
 5mから10mくらいの枝が高く積んである。今日はとりあえずこれを玉切りにしていこうと思ったけど、全然作業が進まない。何故なら全ての枝が泥まみれだから。
 上の方から引きずり下ろして来たらしく、枝の半分くらいにしっかりとコーティングしたように泥がついている。このまま切ったら2-3本で切れなくなるのは見えている。
 で、仕方なく全ての切り口部分をワイヤーブラシで掃除してから切っていった。凄く時間がかかる。でも切れなくなってその都度目立てするよりは早いので仕方ない。
 結局小さい方のチェンソーでタンク3個分切ったけど終わらない。なんか巧いやり方は無いだろうか?と思案中。

 夕方からプールに行こうとしたら嫁さんも行くという。珍しい。1年くらい前はしばらく行っていたのだけどじきに止めた。またプールの気分に成ったのだろうか?体重が気になりだしたのなら、プールでは死ぬほど練習しないと痩せないと思う。
 帰りにルミエールに寄ると言うので1時間券。SKPSで400mアップの後は、両手を体側のキック練習をした。始めた頃よりはずいぶんスムーズに進んでいると思う。
 その後は昨日と同じで60秒サークルで25mを悩みながら泳ぐヤツ。体幹部に力を入れようとするとキックがぎこちなくなる。さらに呼吸を吸うのが浅くなる。いずれも必要以上の筋肉まで硬直させているからだろう。

スイム 1.0km

| | コメント (3)

2012年11月 3日 (土)

樫の木の伐採

11031 午前中に姪っ子を高速バスのバス停まで送っていった。連休のせいか渋滞表示が出ていてバスの遅れが予想されたけど、ベトナム?の空港で寝たとか言う娘なので、どうにでもするだろうと放り出しておいた。
 午前中は今日中に発送したい仕事が有ったので、その作業をやってヤマトまで持っていった。

11032  そして今日のメインイベントだった樫の木の伐採に出掛けた。近所の人が薪と椎茸のほだ木用に切りに来いと言っていた木。ちょっと手強そうで延び延びに成っていた。
 薪にするなら何時でも良さそうだけど、椎茸に使うなら今頃倒して春先まで寝かせて置いた方が良いらしい。今日は風も穏やかなので決行しようと。

11033  半分枯れた邪魔に成る栗の木?が有ったので、あらかじめそれを3本倒して段取りは完了。
 樫の木は根元から二股に別れて居る。それぞれ片側に枝が伸びているので、二度手間だけど倒す方向は見極めやすい。
 と言うことで慎重にチョークで線を引いてからチェンソーで倒した。ションベンチビリそうな位緊張したけど、死んだり大怪我をせずに倒す事が出来て一安心。
 唯一の失敗は受け口を切り終えた瞬間の事。スイカを1/8に切った様な形状の木片がソーチェーンに引っ張られて飛び出してきて、右の脛を直撃した。涙が出るくらい痛かった。5mmくらい陥没して血が出た。

 最終的には5mくらいに切って解体し、さらに薪用に玉切りしないと行けない。でも今日は倒すだけで疲れたというか極度の緊張感でヘロヘロに成ったので作業は止め。リフレッシュの為にプールへ。
 今年は基本的にXSでプールに行っている。そして服装はGパンに革ジャン。でもGパンが限界に近い。特にここ数日の夜は寒すぎる。若い頃は霙が降っていてもGパンだけでバイクに乗っていたのに、もうあの頃のように体温を維持する事すら出来ない。
 と言うことでshinakoさんに裾上げして貰った防寒ズボンを履いてみた。靴がブーツじゃなくて安全靴なので風が入るけど、それでもGパンに比べたら天国のようだ。もう戻れない。
 プールではいつものドリルを繰り返した。25mのキック8本を60秒サークルなら一人でも出来るように成った。次は55秒か50秒サークルで行ってみるか?
 後半は少し趣向を変えて、25mを60秒サークルで延々と繰り返した。何が悪いのか、何が不足しているのか、何を追加したら良いのか、色々と考えて泳いだ。
 だいたい24秒くらいで帰ってきている。その状態を基本に色々と試してみると、腹に力を入れて胴体を真っ直ぐに保つ意識を持ったらタイムが上がった。何回か試したけど全て具合が良い。同じキツサで22秒くらいで泳げる。
 体幹部のトレーニングが意味があるという事か??今晩からやってみよう。

スイム 3.0km

| | コメント (4)

2012年11月 2日 (金)

薪ストーブ点火

1102 今日の夜は近所の神社のお祭りというか、お水取りの神事が有るのでプールには行けない。長濱も同じ条件なのでアイツも行けない。でも二人のおばちゃんは泳いでいるかもしれない。
 仕事が終わってから集合時間まで少し有るけど、特にやることも無かったので仕事を続けた。そして晩飯を食ってから神社へ。
 長濱も来ていた。うちの三男も残業で遅れたけどなんとか間に合った。私は幟を持つ役目。長濱は天狗のお面のような物を持っていた。三男は御神輿を担ぐ。
 ワッショイワッショイ進む訳じゃなくて、太鼓と横笛の音だけ響かせながらぞろぞろと行列が進む。子供達がついて回る。家の前に婆さんが出てきている。前にも書いたけど柳田国男が好きそうなシチュエーションだ。見知らぬ外人の男女が写真を撮っていた。
 細い道を遠回りして川縁に到着し、そこでお水取りの神事。そこから別の道をぐるっと回って神社に帰っておしまい。あとはあっけない。道具を社務所の中に放り投げて直ぐに解散。

 家に帰ったら嫁さんが薪ストーブを点けていた。耐熱塗料自体は乾いていたけど、一回も燃やして無かったので最初はかなり臭かったらしい。昼間に燃やして置けば良かった。
 昨日くらいから寒くなったのも有るけど、写真の手前に写っている東村山の妹の娘が来ている事も要因の一つだろう。お菓子の量も普段より多いし。
 なぜ今頃娘を一人でよこしたのか解らない。今年の正月は家族で帰って来られないと言う意味だろうか?。現在の参勤交代である盆と正月の長男家への里帰りが出来なくなったと言うことは、藩の財政が緊迫しているのだろうか?。
 そう言えば旦那は、最近国営になった自動車用IC屋さんの技術者だ。トヨタ様からも正月までの米を分けて貰ったらしいので、正月が過ぎたら更に激しい年貢の取り立てが始まるのだろう。
 そう言う事情ならまあ仕方ない。事情を知らぬ娘をいつもの粗食でもてなし、夜は七尾のフレンチパピロとハーゲンダッツを食べさせてあげた。嫁さんはシロクマで、私と次男はスーパーカップだ。
 スーパーカップのマロンは結構美味しい。ストーブの上の段の土壁を塗らんといけんなあ。。。

| | コメント (3)

2012年11月 1日 (木)

竹を切るだけなのに・・・

11011 今日も部品を引き取りに直方に行った。ついでなので以前から気になっていた県道沿いの竹を切る作業について警察で相談。
 画像の山が問題の山で、学生の頃はこの山を売ってポルシェを買うと言っていたのだけど、実際には買い手は居らず売れてもフィットくらいが関の山。
 そこで考えを変えて、頂上にお城を建てて、その下には大きな文字看板で「HOLLYWOOD」と入れようと思っている。「ハリウッドまで行ったら行きすぎ」と道案内にも便利だ。
 まあ、その辺は良いのだけど当面の問題は県道に面した法面の竹。写真でもかすかに解るけど県道に覆い被さるようになっている。雪などで倒れたら県のオレンジの車が来て切ってくれるけど、本来は持ち主が切るべきだろうな・・・と。
11012  で、警察で相談したらルール通りなら道路の使用許可を取ってくれと言われた。そして看板とか交通整理はこちら持ちで、事故が起こったら責任が・・・と面倒くさそう。でも仕方ない。ルール的にはそうしか言えないと思う。
 で、先に県道事務所に行って許可を取ってくれと言われたので、違う場所に有る県道事務所に言って話をした。
 行ってから看板を見て気がついたけど、正式名は「県土整備事務所」だった。音が「けんどぅじむしょ」なので守衛に聞いた時も通じたらしい。
 奥の方から一人だけ違う向きに座っている人が来たので、多分この部署で一番偉い人なのだろう。話を始めると、そう言う場所には地権者が居て勝手に切っては駄目だよ。的な話をする。
 いやいや、私が持ち主で何時もお宅らに切って貰って申し訳ないから、この冬にでも或る程度切っておこうと思って、と話したら態度が一変。
 そんな話を持ってくる人間は稀なのか、倒木の処理によほど苦労しているのか、最後の方など「光安様の・・・ありがとうございます。」とお客様状態になってしまった。なんか変な気持ちだ。
 取りあえずルール通りやる場合の流れは解った。後はどのくらいルール通りにやるか、そして何時、どの程度の規模でやるか。うーん、悩ましいね。でも誰でもが経験できる事じゃ無いので、面白いと言えば面白い。

 今日のプールはスクールの日。話を聞いたら、長濱と、床屋のオバチャンと、もう一人のおばちゃん、の3名は昨日もプールに来たらしい。なんかおかしい。宮若スイムクラブは底までマジなクラブじゃ無かったはずだ(笑)。
 レッスンは死んだ。前半はキックの嵐。ドルフィン、クロールのキックとやらされて終わったと思ったら、さらにビート板キックを6本、速いペースでやれと言う。もうどうでも良いと思ってガンガンキックしたら、1本目だけ25mが28秒で行けた。これは自己記録。少しずつ進歩しているのは嬉しいけどキツい。
 後半はプルで呼吸制限とか50mを12本とかキツいのばっかり。ブリヂストンを見てから心を入れ替え、力で泳がないように心掛けたおかげか、今までよりはタイムの落ちが少なくて済んだ気がする。

スイム 2.5km

| | コメント (10)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »