« 「ヂ」と「ジ」 | トップページ | キツツキの穴 »

2012年10月29日 (月)

賢すぎる電気ストーブ

1029 数日前に修理したと書いていた、スイミングの世話人のオバチャンの電気ストーブ。結果的に完全な修理は出来なかったけど簡単に内容でも。
 症状は電源を入れても何処もLED表示は点灯せず、毎回きちんと5回の「ピーッ、ピーッ・・・」音がするだけで暖まらない。
 分解してみるとNECのマイコンを使った基板と、スイッチ基板の2枚の制御基板が入っていた。マイコン基板の方には出力調整用のSCRも乗っている。
 圧電素子みたいなブザーなので、コイツを毎回5回鳴らすにはマイコンが生きていると思われる。でもLEDは何も点灯しない。
 各部の電圧をあたってみる。回路図が無いから部品を見ながら想像で。マイコン用の5Vは100Vを絶縁無しで半波整流し、6個の抵抗とツェナーダイオードを使って作ってある。感電しそうで測定が怖い。
 5Vと思われるところに2Vくらいしか出てなかった。2VでNECのマイコンは動いていたけど、抵抗+LEDの部分はVfに達せずに点灯しなかったらしい。
 片面基板でジャンパだらけなので好都合。各ブロックへ行く5Vのジャンパを外して電圧を見ていくと、マイコンの1本の端子が死んでいることが解った。この足を浮かせると2Vまで落ちない。
 良く解らんけどこの状態で組んでみたら基本機能は動く。フォトカプラ方式の転倒時のシャットダウンも働く。ただ状態表示のLEDが全部点灯したまま。あの端子は状態表示関係の出力か、その関係の内部レギュレータの入力とか、そんなピンだったのかもしれない。
 自分用の趣味ならさらに追いかけて、同じ機能を外付けの回路で作ってみようか?とか考えもするけど、オバチャンが客待ちの間に手を温めるだけのヤツなので止めた。
 オンオフや出力制御は生きているし、安全装置も生きている。これで家を燃やすなら正常品でも燃えるだろうと思ってオバチャンの店に配達した。
 状況を説明したけど解っているのかどうか疑問。でもストーブの前を離れるときは今までもコンセントまで抜いていたと言うので、まあ半分くらい安心しておいてきた。
 と、ここまでが先日の話。損得とか効率を考えたらやる意味の無い作業だけど、何となく興味からやってしまう。運動の得意な子供が始終動いて居るのに近いかもしれない。

 今日は芦屋の方に仕事の用があった。天気は良いし荷物も無かったのでXSで行くことにした。うちから芦屋と言えば、3号線を通って黒崎バイパスを抜けて戸畑に出て、新しく出来た若戸トンネルを通って若松に出て、コスモス街道を通って海沿いの道で遠賀川の河口に出るのが普通のルートだ(笑)。
 ついでに変なオッサンの所に寄って、SUSの袋ナットを不法投棄してきた。オッサンは深夜までキャブを磨いていたみたいで寝ぼけ眼でフラフラして出てきた。

 今日はプールは休み。広背筋を中心に疲労感が有るので丁度よい。新しく買った防寒ズボンの裾上げをshinakoさんに頼むために、なまずの郷までXSで持っていってお願いした。
 彼女の股関節が痛い話を聞きながら、私はアキレス腱が痛い話をした。病院の待合室の年寄り同士の会話だ。ハハハ。

|

« 「ヂ」と「ジ」 | トップページ | キツツキの穴 »

コメント

変な オッサンは フラフラしてても、
世のため人の為に 悪と戦っているのだ!!
この歳で 夜なべやぞ~~~~!!
殆ど 徹夜やぞ~~!!
やれるものなら やってみろ~~~!!
(笑)
キャブなんか 洗っとらんワイ!今日は。。。(汗)
今から 少し 夜なべじゃ!!!(怒)

投稿: MASA | 2012年10月30日 (火) 00時26分

 はいはい、もう洗う行程は終わったから、あとは磨きと組立だけでしたね(笑)。
 若戸トンネル、拍子抜けでした。大きめの下を通る立体交差と言った雰囲気で、洞海湾って浅いんですね。

投稿: みつやす | 2012年10月30日 (火) 08時03分

☆最近の家電は確かに賢いようで、便利で何よりなんですが、反面壊れやすいようだ。無論もっとコストを無視すれば良いものができるのだろうが。コストを押さえて何でも出来る多機能とすると、やはり壊れやすくならざれを得ないのかな。☆そんな家電を修理出来る人はエラい、リスペクトでぇ~すぅ「(^。^)♪

投稿: ラ・モート | 2012年10月30日 (火) 09時18分

 今回は修理できてないんですよね。喉のでっかい腫瘍を治療できなかったので周辺と一緒に摘出したら、呼吸は出来るように成ったけど、声を失って胃瘻も必要に成ったくらいの不完全さを感じてます。

 あんな難しいことをせずに、ヒータが2本なので、オフ、1本、2本、位のスイッチによる制御にしておけば、もっと長く使えたのに・・・と言う気はします。
 でも、そう言った「低機能」な製品はウケないのかもしれません。若しくは、そういった製品は駄目で付加機能が沢山ついた製品を買いましょう、的なプロパガンダが浸透して居るのかもしれません。

投稿: みつやす | 2012年10月30日 (火) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ヂ」と「ジ」 | トップページ | キツツキの穴 »