« 3種目目は作業 | トップページ | ありがとう »

2012年7月 9日 (月)

日本人の住まい

0709 こないだナフコに行ったついでに、宮若市の図書館に寄って借りた本の1冊。今日の朝食後と昼食後と夕食後で読んでみた。
 借りたときの気持ち的には、家本体というか建築物というか、そう言った感じの箱物に対する興味とか資料として考えて居たのだけど、読んでみると住居を軸にした民俗学的な内容だった。そしてそっちの方面の記述の方が面白く感じた。
 それもそのはずで、私は知らなかったけど著者の宮本常一という人は有名な民俗学者だったらしい。理系は柳田国男くらいしか知らん。
 出版社も怪しげな名前で「社団法人農山漁村文化協会」と書いてある。調べてみたら「現代農業」の発行者だった。田舎者なので「家の光」と「現代農業」は知っている(笑)。
 実はこの本、書架に平積みというか表紙が正面を向いて見えるように置いてあったので手に取ってみた。要は司書のお薦めという事だと思う。そして私はその策略にまんまとハマってしまった訳だ。貸し出しの手続きをしてくれたお姉さんが本人だったら、してやったりと心の中でニヤッとしていたと思う。

 今日も家の廻りの草木の片付け作業をやった。昨日からの好天で下が硬くなって歩きやすくて助かる。ブルーベリーが植えてある廻りも草ボウボウだったので刈った。ここもナイロンコードで刈ったけど、ゴーグルだけだったので頬とか唇の辺りにいろんな物が飛んできた。
 蛇とかミミズの残骸だと嫌だけど、そんなことを気にしていたらキリが無いくらいゴミみたいな飛沫が多量に飛んでくる。前掛けみたいな物が欲しい。
 体調維持的な感じで、風呂前にちょっとだけエアロバイクを漕いだ。

バイク 5km

|

« 3種目目は作業 | トップページ | ありがとう »

コメント

*司書嬢は、光安さんの為にとっておいたそうですよ? 図書館ネタに便乗し、八幡西図書館が7月1日開館しました。黒崎の旧年金病院の跡地に建設。30数万冊の蔵書。新しい建物、新しい本は気持ちの良いものです。お金も使わず一日中弁当持参で楽しめそうです。昼寝の場所があれば満点なんですがねぇ(^J^)

投稿: ラ・モート | 2012年7月10日 (火) 09時40分

 どうせ北九州市だけだろうな・・・と思って見てみると、宮若市も図書カードを作れる様になってました。素晴らしいです。
 うちからだと南海部品か湯佐部品の帰りに寄るパターンですね。

投稿: みつやす | 2012年7月10日 (火) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3種目目は作業 | トップページ | ありがとう »