« 理由は解らんけど変わる | トップページ | モータ屋さん »

2012年7月 5日 (木)

少し木を切った

0705 今月からスイミングが木曜日に変わっていた。それは知識として知っていたのだけど頭は金曜日で動いていた。今日は木曜日。そして5日なので月例の組合長会議の日。と言うことでスイミングは急遽行けなくなった。
 早めに行って少しだけ泳ごうかな?とも思ったけど、家の廻りのやることが沢山あったのでそっちを片付ける事にした。
 チャンピオンは、理想的な練習時間は取れないけど運動指導の中で何かを掴んでいるような事を書いていた。それなら私は百姓やら林業やら造園業の真似事の中で何かを掴もう。
 槇の木の下の木を3本切った。その横の小さいのも2本切った。だいぶスッキリした。そう言えば子供の頃はこの窓から下の県道が見えていた。やっとその段階に近づいて来たと言える。
 一番ガンなのは視線を半分以上遮っている物置。田舎の年寄りは物を溜め込んだり買い込んだりするだけじゃなくて、余った土地に物置を増築したり建てたりするからたちが悪い。
 この物置は同居していた伯母さんが建てた物置。その段階では爺さん婆さん(私の両親)は文句を言って非難していた。でも伯母さんが惚けて入院したくらいから中の荷物を自分らの物と入れ替えていき、今は全て爺さん婆さんの物が入っている。
 横にあった蔵を壊したとき、この物置も壊してもらおうとしたら猛反対された。そして蔵の中の荷物をこの物置やブルーシートの物置に移したりした。
 強行して壊そうかとも思ったけど、お金は持っているし電話も出来るので追加で建てるに決まっている。その時の事を想像したら人生のやる気が全て削がれてしまいそうだったので、この物置はそのままに残した経緯がある。
 ああ、でもそろそろ潮時かもしれない。爺さん婆さんが変化したように、私もあと数年したら物置を自分の物として使い始める可能性がある。それが正しくて普通の行為だと信じて。老いとはそう言う物だと思う。
 苗に関しては気持ちが決心できた。木を切ったところに新しい苗が植えてあったら直ぐに抜く。全部抜く。
 でも、古い物置を壊した後で新しい物置を業者が持ってきたら・・・それをユンボでたたき壊す強い気持ちが私に有るだろうか?

 夜は組合長会議で少しだけ疲れた。でも小組合の集会よりも若い人が多いので話が通じるしお互いの理解が早い。

|

« 理由は解らんけど変わる | トップページ | モータ屋さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 理由は解らんけど変わる | トップページ | モータ屋さん »