« ボールが出てきた | トップページ | 正体不明のスプロケット »

2012年6月25日 (月)

靴底の幅

06251_2 今年の皆生はゲルフェザーを使おうかな?と考え中だけど、先日試してマメが出来たので対策中。
 左足の拇指球の右端というか、土踏まずの一番前側というか、アシックスのラインが一番沢山集まっている所というか、その辺りが足裏に当たらないようにクランプ中。
 さらに中敷きのスポンジ部分もディスクグラインダで薄く削り、少しでも足裏への局部的な面圧が減るようにと改造。
06252  理由は解っている。左図のように靴底の幅と私の足裏の幅が合って居らず、さらに最近の靴は布地との境界面が高くせり上がって来ている。その部分が局部的に土踏まずの前を押してマメになる。
 数年前のゲルフェザーだとこんな事は無かったけど、最近は目で見て解るくらいに靴底の幅が狭くなって布だけが広い感じのワイドに変わって来てしまった。
 面白いのはソーティージャパンの様に素っ気ないレーシングモデルだと、端に靴底が貼ってあるだけだったりして縁の盛り上がりが無いので具合が良かったりする。
 私の足裏に合うような幅自体が広いモデルも有るけど、ほぼ全てが5,000円くらいの最下位グレード。この手のヤツは底が硬いし布の部分の感触が合わないから日常用には良くてもランニングにはちょっと厳しい。
 と言うことで、盛り上がりを削ったら靴が崩壊しそうなので、その下の辺りにドリルで5個ほど横穴を開けた。さらに癖を付けようとクランプで加圧中なのが最初の画像。
 上手く行くだろうか?

 小雨が降っているので遠くまでランやバイクの気分に成れない。丁度よい台があったので踏み台昇降的にバイク用の筋トレをした。自重では軽かったので家にあった5kgの鉄アレイを持ってやったけどもう少し欲しい感じ。
 その後は家の前の坂をMTBで上り下りした。隣の幼稚園児が自転車で来て真似をし出した。最初は1/3も登れなかったけど、勢いを付ける事を覚えてからは2本ほど頂上まで行った。そして飽きた。子供は凄い。
 晩飯の後でエアロバイクを漕ぎたくなったので少し漕いだ。300Wを30秒で2本やったら嫌になった。子供に倣ってやめた。頑張らないのが目標で有ることを思いだした。
 やりたい事を、やりたい時に、ガーッとやる。飽きたら止める。腹が減ったら食う。疲れたら止めて動かない。眠たくなったら寝る。ここ数日はトレーニングの原点を幼児に求めているように思う。

バイク 5km

|

« ボールが出てきた | トップページ | 正体不明のスプロケット »

コメント

*私も、アシックスの卓球シューズを愛用しております。社会人だった折の通勤靴もアシクッスでしたよ。足のこと、靴のことを一生懸命研究しているようで気に入ってます。社長は、電子工学から人間工学に、ご専門を変更されるのでしょうか? 気になります。本日の拙ブロブにて、遅ればせながら、リテーナー回しSSTをご紹介させて頂きました。バッチグーでした(^J^)

投稿: ラ・モート | 2012年6月26日 (火) 21時15分

 SSTの写真、拝見しました。自分が作ったのを"拝見"とか、なんかおかしい気もしますね。具合よく使えたようで嬉しいです。

 純粋な興味だけなら、精神科とか心理学とかに興味が有ります。自分の行動を見つめてみると何処かおかしいんじゃ無かろうか??と思うことが多々あるからです(笑)。

投稿: みつやす | 2012年6月26日 (火) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボールが出てきた | トップページ | 正体不明のスプロケット »