« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

30km走

 某大学に納入したドリドリ君の制御盤にトラブルがあり、午前中はその修復作業で過ごした。急ぐという事だったので原因解明のために写真とメモを取りながらも修理を急いだ。
 今の段階では原因が解らない。そこがそんな感じで壊れるかなあ・・・と言う壊れ方をしている。取りあえず壊れた所よりも少し広範囲に部品を交換し、放熱版を追加して返送した。

 家の廻りの事を少しやり16:00頃から走った。蒸し暑い上に雨が降ったり止んだりで安定しない天気だけど、ランニングの神様が皆生に向けて最後の長距離練習をしろと言っているように感じたので。
 いつもの長めのコースに更に距離を追加した。途中で脚が怠くなった。本番ではこれにバイクの疲れが追加されるわけだから、とんでも無く情け無いタイムしか出ないんじゃ無いか?と不安になる。
 でも今さら仕方がないわけで、今日のランニングでは自分の脚の状態を把握しておき、本番ではどの程度の強度でバイクを終えて、どの程度の強度でランに突っ込むかの判断材料にしたい。
 脚は順調に怠くなったけど、心肺的にはそんなにキツくなかった。マメのトラブルも無かった。でも久し振りに暑い中で走ったので胃腸が疲れた。
 帰ったら直ぐに晩飯だったけど直ぐには喰えずに半分だけ喰ってから休憩。しばらくして残りを食べた。その頃から腹が生き返ってきて、無性に色々な物が食べたくなって困った。

ラン 30km

| | コメント (0)

2012年6月29日 (金)

二冊の本

0629 WiMAXの調子が悪くて、画像をアップして文章を書いていたら切断されていたりして、なんかインターネットなんか無くても良いや。モードで1日ほど過ごしていた。

 右側はDAN杉本さんの所謂「カシミール本」の新しいヤツ。内容的には改訂版なので前のを持っている人は買わなくても良いと思うけど、半分以上の目的(笑)と思われるデータが新しい。
 この分に付いている詳細データは東日本方面が中心。記憶に依れば一つ前に出たのが西日本中心で、その前のが関東中心だったと思う。3冊買うとかなり高いので、そう言う用途の人は山旅倶楽部の方が良さそうな気がする。
 なんか久し振りにGPS関係の事を書いた。一般向けに市販品を沢山売る方向性は縮小してしまったけど、へんな特注品関係は変わらずに入ってくるのでカシミールには引き続きお世話に成りっぱなし。

 左側はEMC2の解説本。最近の呼び方ではLinuxCNCと呼ばれているソフトの解説本。今の日本ではかなりユーザーが少ないと思う。でもカシミールだって最初の頃はそんな感じで、FYAMAPとかFGPSとかに反応する初期のユーザーの数は同じような物だったかも。
 私の場合は関連書籍として見てみようと思って買ったけど、既にその段階ではLinuxCNCを使ってフライスを動かして居たし、旋盤ではねじ切りをしていたし、良く理解はしていないにしてもhalファイルとか弄ってタコメータを追加したりしていた。
 本書の内容はその辺りまでを日本語でサポートしていく感じに成っているために、既にその過程を修了していた私にとって、この本の内容は必要の無い物だった。
 違う言い方をすれば、今からその辺りに取り組もうとしている人にとっては役に立つ。資料自体はネット上に多量に有るので、英語を読もうと言う気があれば何とか成るのだけど、俺は英語は絶対に駄目!!と言うタイプの人は買った方が良いかも。

 5週目なのでスクールは無いけど自主トレでプールへ。今日もB&Gはがらがらで、小学生と入れ違いで入ってずっと一人だった。出る直前にお姉さんが一人入ってきただけ。
 前回の練習で感触の良かったキック練習をやってみた。底を蹴って勢いの有るうちにバタバタやるヤツ。前回ほどの感動は無かったけど、漫然とやっているよりは進歩しそうな気がする。
 後は肩の後の筋肉を使って腕全体を回すイメージを持ってみた。イマイチ良く解らなかった。良く進んでいる感じが有ったので測ってみたらそれほど速くなかった。

スイム 2.0km

| | コメント (2)

2012年6月28日 (木)

そろそろヤバイ気がする

0628 家の廻りの草が伸びてきたので、今日はトレーニングは無しで草刈をすることにした。
 草は秋になったら枯れるのだし、二酸化炭素を固定化するメリットも有るのだから必死で刈る必要は無いと考えて居るけど、これは流石に駄目だろう・・・と言う状態の場所がどうしても出てくる。仕方ない。
 草刈機のギヤの所を開けてみた。刃を止めているナットのかかりが限界に近いけど、なにか良い対策は無いかな?と思って。でもよい考えは浮かばなかった。
 数日前に書いたけど、このボルト以外は極端に悪い場所はない。キャブレターは珍しくフロート式なので劣化しにくい。排気量が22ccくらいなのに棹はΦ25mmも有って丈夫そう。出来るだけこのまま使いたいのだけど、そろそろ限界かも。
 嫁さんに話したら「必要な物なら買えば?」と言われた。彼女はこう言うところの判断は素早くてばっさりと切る。でも私は、何CCにしようかな?、中古で良いんじゃない?、山とか法面も有るから背負い式?、4万も5万も出せん、ジャンクを3台くらい買ったら1台出来るかも?、ギヤだけ拾って来たら?、ネタ的に4stが面白いかも、実用なら実績の2stだろう、ホームセンターの1.5万が軽くて良いかも?、etc...。等と何時までもグダグダどうでも良いことを考え続ける。
 就職とか転職とか起業とか結婚とか、世間一般的に重要な判断に関しては雰囲気で一瞬で決めるのだけどねえ(笑)。

 ギヤボックスを組み直して、酷いところの草刈を2タンク分刈った。そして下の土地の廻りの生垣を電動のトリマで刈っていった。電源は誰かが不法投棄していった赤い発電機。定期的に投光器を付けて回しているので調子が良い。
 ちょっと傾けたらオイル警告が出るように成った。オイル量が少なくなってきたのかも知れない。そう言えばオイル量は全然見てなかった。これもMonotaROオイルを入れておこう。

| | コメント (6)

2012年6月27日 (水)

せんばん、せんばん

06271 まずは昨日の続きで変なスプロケット。セットまでしていたので空いた時間に内径の拡大だけして置いた。
 この穴がハブの凸部とハメアイに成っているので、スプロケットのピッチ円に対して同心度が必要に成るし、凸部とのハメアイの公差が必要に成る。公差は参考用に純正品を借りているのでそれに倣った。
 でも今は生地の状態なので少しだけ不安は或る。この後でユニクロのメッキを掛けるから。とくに角の部分はメッキが多めに付くのでどうなるか?まあ適当にカンジニアリングで大きめにしたので、メッキが上がったらピッタリに成っている・・・はず。
06272  こっちは別の旋盤で、上記の小型旋盤よりもさらに小さいヤツ。でもこっちの方は賢いタイプで自動で動く、しかもLinuxで。こう書くとWindowsよりもレベルが高いような気がするのは、私がPCの素人だからか(笑)。
 表面粗度が悪いのは、敢えて低速で切削しているから。低速で比較的長いネジを切り、主軸とZ軸の送りの乱れから来るピッチ誤差とか山の"痩せ"とかのチェック中。
 或る程度の慣性とトルクを有する主軸系に、それなりの応答性のサーボ系を組み合わせれば比較的楽に「電子ギヤ」が構成できる。でもそれじゃミニ旋盤として市場に問える価格には成らない。
 ミニ旋盤と言える範囲の価格で、実用的な電子ギヤとねじ切りを実現させたい。。。そんな目標を持って某社さんとアーダコーダやっていたけど、ほぼ技術的な目処が立った。
 ロケットを飛ばす民間企業とはレベルがだいぶ違うけど(笑)、難しいと思っていた目標に少しずつ近づいていくのは悪い気分じゃない。

 昨日に続いて天気が悪い。しかも大臀筋の筋肉痛は治ってない。足裏のマメも完全にはくっついて居ない。どうしようか悩んだけど軽く走ることにした。念のために靴下を履いて。
 靴の改造が上手く行ったのか、靴下の御陰なのか、マメで皮膚と神経が死んでしまったのか、とりあえず今日はあまり痛みを感じることが無かった。
 でも大臀筋の筋肉痛はかなり感じたので、長い距離は止めにして短いコースで簡単に帰ってきた。雨は降ったり止んだり。でも汗で濡れる量の方が多いくらい。丁度よい。

ラン 11km

| | コメント (4)

2012年6月26日 (火)

正体不明のスプロケット

06261 ちょっと前に我が家に来ていたのだけど、なんか色々とやることが有って手が出てなかった。今日もやることが有ったけど少しだけ時間が取れたので少しだけ作業。
 作業的には下穴付きのスプロケットの中心の穴を拡大し、4本の取付ボルト用のバカ穴を開ける。さらにボルトの頭の回り止めを兼ねた?段付き加工をしてお終い。
 大きめの旋盤なら面板の外側からクランプ出来ると思うけど、我が家の旋盤はどれも小さいので固定段階で一工夫。軽量化を兼ねて面板への固定穴を最初に開けた。
 ジャンクのボール盤だけど、腐っても吉良?でΦ16のキリが気持ちよく進む。この部分の位置決めは大まかで良いので、けがいて、ポンチ打って、Φ4.5のキリで下穴開けて、Φ16で開けた。
06262  旋盤のチャックを面板に交換し、先ほどの穴を利用して面板にスプロケットを固定する。これから加工する穴がインローに成っていてボスとの同心度の基準に成る。
 たぶん今の下穴が基準だろうと予想して、ダイヤルゲージで芯を出して取り付けた。スプロケットなので適当でも良いとは思うけど、五月蠅いオッサンなので1/100程度まで追い込んで固定。
 今日は時間が無いのでここまで。

 昨日の踏み台昇降の影響が既に出てきた。大臀筋からハムストリングスの上の方が筋肉痛。こう言うのを想定してやっただけに「効いてるなあ」と嬉しかったりする。大腿四頭筋の内側にも効かせたいのだけど・・・もう一回筋トレの本を借りてこようか。
 自転車は無理そうなのでB&Gでスイムにした。人が多くは無いと言っても飯塚はそれなりに人が居る。でもこっちはガラガラなので気兼ねが無い。今日はキックの脚の動かし方を思いっきり確認した。
 何かを掴めそうな気がしたのは25mを4分割してキック練習したとき。底を蹴って進む勢いが有るうちに、軽い意識で脚をブラブラ振ってみた。するとたまに良いときが有る。しばらくこれを続けた後で12.5mとか25mのキックを試すと良く進む。イイ感じだ。
 50mを60秒サークルを今日もやってみた。最初は50秒くらい。3本目くらいから52秒くらいで帰ってこれた。でもプルブイ付きのインチキ。さらに15本でキツくなって止めて締まった。
 これを1時間出来るように成る日は遠い。

スイム 1.8km

| | コメント (4)

2012年6月25日 (月)

靴底の幅

06251_2 今年の皆生はゲルフェザーを使おうかな?と考え中だけど、先日試してマメが出来たので対策中。
 左足の拇指球の右端というか、土踏まずの一番前側というか、アシックスのラインが一番沢山集まっている所というか、その辺りが足裏に当たらないようにクランプ中。
 さらに中敷きのスポンジ部分もディスクグラインダで薄く削り、少しでも足裏への局部的な面圧が減るようにと改造。
06252  理由は解っている。左図のように靴底の幅と私の足裏の幅が合って居らず、さらに最近の靴は布地との境界面が高くせり上がって来ている。その部分が局部的に土踏まずの前を押してマメになる。
 数年前のゲルフェザーだとこんな事は無かったけど、最近は目で見て解るくらいに靴底の幅が狭くなって布だけが広い感じのワイドに変わって来てしまった。
 面白いのはソーティージャパンの様に素っ気ないレーシングモデルだと、端に靴底が貼ってあるだけだったりして縁の盛り上がりが無いので具合が良かったりする。
 私の足裏に合うような幅自体が広いモデルも有るけど、ほぼ全てが5,000円くらいの最下位グレード。この手のヤツは底が硬いし布の部分の感触が合わないから日常用には良くてもランニングにはちょっと厳しい。
 と言うことで、盛り上がりを削ったら靴が崩壊しそうなので、その下の辺りにドリルで5個ほど横穴を開けた。さらに癖を付けようとクランプで加圧中なのが最初の画像。
 上手く行くだろうか?

 小雨が降っているので遠くまでランやバイクの気分に成れない。丁度よい台があったので踏み台昇降的にバイク用の筋トレをした。自重では軽かったので家にあった5kgの鉄アレイを持ってやったけどもう少し欲しい感じ。
 その後は家の前の坂をMTBで上り下りした。隣の幼稚園児が自転車で来て真似をし出した。最初は1/3も登れなかったけど、勢いを付ける事を覚えてからは2本ほど頂上まで行った。そして飽きた。子供は凄い。
 晩飯の後でエアロバイクを漕ぎたくなったので少し漕いだ。300Wを30秒で2本やったら嫌になった。子供に倣ってやめた。頑張らないのが目標で有ることを思いだした。
 やりたい事を、やりたい時に、ガーッとやる。飽きたら止める。腹が減ったら食う。疲れたら止めて動かない。眠たくなったら寝る。ここ数日はトレーニングの原点を幼児に求めているように思う。

バイク 5km

| | コメント (2)

2012年6月24日 (日)

ボールが出てきた

0624 朝は神社の草刈。雨が降っているのでどうしようか悩んだけど、カッパを着ていても中が汗でビチャビチャに成るのでツナギだけで行った。他の人はカッパを着ていたけど、終わったときはほぼ同じくらいの濡れ具合だったので引き分けか。
 草刈機の刃を固定するナットが限界に近い。うちのはギヤボックスからボルトが出ていて、刃物はナットで固定する。摩耗したナットは交換できるけど、中心のボルトが短くなってくるとどうにも成らない。
 スペーサを旋盤で加工して誤魔化して居るけど、もうそろそろ限界に近い。3種のナットよりも薄くなって来た。他は悪くないだけに勿体ないなあ。

 写真は仕事中に不注意でエンドまで行ってしまったボールネジ。なんかおかしいなと思いながら手で回していたら手応えが変わり、あっと思って指で触ったらボールが出ていた。
 ボールネジを機械から外し、ナットのシールみたいな部品を外して中を見た。これは駒式と言うタイプらしい。軸のネジ溝の中に入った爪みたいな部品がボールをすくい上げて循環させる。と言うことは、ボールはこの部品の内側に挿入しないと意味がない。意外と難しかった。先の細い一番スマートなピンセットを駆使して復旧した。

 夕方に成って何故か猛烈な睡魔が襲ってきて、無理して仕事したりトレーニングするのもバカらしかったので素直に寝た。
 幼児のような生活パターンで、これが一番強くなる生活パターンじゃなかろうか?

| | コメント (0)

2012年6月23日 (土)

宮島トラの写真

0623 宮島トライアスロンの写真を貰っていたのを今頃に成ってアップしている。言い訳をさせて貰うとスキャナーの電源を入れるのを何時も忘れてしまうから。
 我が家のスキャナーは未だにSCSI接続で、起動時に電源を入れておかないと認識がイマイチ悪い。データで貰っていたら当日の投稿に入れることが出来たけど、筑豊の田舎にはカラープリンタなど無かろうとの配慮から(笑)印刷してくれたのでこうなった。
 場所は看護大の裏の辺りの登りの最後の所だったか?、なんか見た覚えの有る人が居るなと思っていたら、広島時代の知り合いの夫婦だった。
 向こうも通り過ぎたときに気がついたようで、貰った写真には後ろ姿しかない。ありがとうございました、来年は前か横から撮ってください。

 普通に仕事をして、少しだけオートバイで遊んだ。カブのエンジンオイルをMonotaROの10W-30にしたところ、変速のショックが減った気がしたから。特に私の苦手な減速側が。
 これは話に出るけど経験したことが無い、四輪用オイルによるクラッチ滑りでは無いか?と興味津々。以前はカストロールの四輪用で5W-40を入れていたと思うけど、MonotaROの方が摩擦係数が低いのだろうか?
 だとしたら緩い走り方しかしないXS650の場合、エンジンが軽く回ったり燃費が解らないくらい向上すると言う、メリットだけが残るんじゃ無かろうか?と考えてXSもオイル交換。
 交換したら直ぐにその辺りを40kmほど走ってみた。気分の影響とは思うけど軽く回る気がする。20W-40が指定のエンジンに上が30のオイルは少し怖かったけど、アリゾナで全開走行する訳じゃないし、一番距離を乗っていた学生時代は日産とかカストロの10W-30を使っていたので今さら気にしても遅い。
 少なくとも悪くは無かった。シリンダ温度計の値が今までよりも低めだった。力丸とか涼しげな所がメインだったからか?でも春よりも今日の方がシリンダ温度が低いなあ。

 17:00からは普通に走った。宮島が終わったので平地のルミエール経由のコースで21km。最初は調子が良かったけど最後の方は脚が怠くなった。皆生を想定して裸足でゲルフェザーを履いたら3個くらいマメが出来た。
 最後にエイミーの家に寄ったらお母さんと二人でバドミントンをしていた。プールにはゴミが浮いていると言われたけど、気になるほどでは無かったのでしばらく泳がせて貰った。
 パパがダイエットして良い体になっていた。グローバルに通って15kgも落としたらしい。なかなかやるなあ。

ラン 21km

| | コメント (2)

2012年6月22日 (金)

オイル交換の続き

0622 ユンボのオイル交換をしたとき、軽トラも6,000kmを超えたので一緒にやっておきたかった。でもオイルが残り1Lくらいしか無かったので断念。
 すると絶妙なタイミングで昨日、モノタロウから15%引きのクーポンが来て、同じオイルとオイルフィルターを注文していたら今日来た。
 プールに行く前に少しだけ時間が有ったので、軽トラのエンジンオイルとオイルフィルターを交換した。リフトもピットも無いけれど、カバーが無いから何とか自分でやろうという気になる。
 意外と直ぐに終わってしまったので、勢いでスーパーカブのオイルも交換した。こっちは既にゲージに付かないくらいまで減っていた。そして真っ黒だった。
 古いエンジンをいつもフルスロットルで使っているのだから、まあそんなものかも知れない。少しオイル消費が多すぎるような気もするけど、只で貰ったんだから文句は言えない。

 オイル交換の確認という意味ではないけど、なんとなくそのままカブでプールに行った。短パンに半袖で行ったらかなり寒かった。
 長濱が年代別3位の報告をしていた。「そっちのオイサンは?」と聞かれたので、苦しい言い訳をしておいた(笑)。でもスイムは明らかに速くなっていたので水泳の先生的には合格ラインか?
 今日も殺人的なメニューだった。先週と同じような感じでクロールを中心としたキツいメニューと言った感じ。トータルで1,950mらしい。でも1本だけサークル落ちしたので私は1,900mとなる。
 サークル落ちしたのはキック&スイムの25+25のやつ。1分15秒サークルで12本。これの6本目で間に合わずに7本目はスタートさせて貰えなかった。何故か8本目以降はキツかったけど間に合った。
 トライアスロンではキックは余り打たないけど、普通のスクールで練習を続けるつもりならキック練習もやっておかないと着いていけない。私にとって厳しい現実だ。
 この夏は最終的に1分サークルまで追い込むとか言っていたので、秋頃は今よりも少しだけ速くなっているか、くたばっているか、どっちだろう(笑)。

スイム 2.5km

| | コメント (0)

2012年6月21日 (木)

ランティスのパワーウインドウのガタ

06211 普段は軽トラばかり乗っているので気がつかなかったけど、先日の広島往復でランティスのパワーウインドウがガタガタに成っている事が解った。
 この場所は福岡に帰ってきてから1回は修理しているのだけど、今回は別の所が壊れていた。
 今日の作業は運転席側のドアで、前回壊れていたローラは車両の後方のローラ。今回の修理は車両の前方のローラ。本来なら1枚目の写真の赤丸のピンを軸にしてガイドするヤツ。
06212  鉄のガイドレールの中に落ちていたローラがこれ。前回のは飴色のウレタンと思われる材質だったけど、今回のは黒でゴム系?と言う雰囲気。
 何故種類も形状も微妙に違うのか疑問だけど、前回のローラはガラスと一体部品でガラス屋が手配。今回のは昇降機構と一体部品なのでパワーウインドウ屋が手配。こんな図式だろうか?
 もっと丈夫な材質にしてくれたら良かったと思うのだけど、車両の試験をする人から「カタカタ音がする」とか指摘されて、柔らかめの材質を選定したのかもしれない。
06213  前回はオリジナルと同じ形状の部品を削りだしたけど、よく考えたらローラにする意味は薄い。他の部分の摺動抵抗の方が大きいわけで、それならここは丈夫なブロックで摺動させたら良かろうと考えた。 
 奥まった所で測定が面倒だったので、POMの廃材を現物あわせで手加工で削りだして作った。
 ピンは構造部材に圧入?で固定して有るし、頭が付いているので素直には入らない。小雨が降っているし夕方から初めて暗くなり始めていたので、ドアの中でピンの頭を削ってストレートにし、あらかじめガイドの中に入れたPOMのスライダの穴に挿入する方式にした。
 なかなか具合が良くなった。適当に調節して置いたら、後のストッパの調節が1mmくらいずれていた。でも暗くなっていたのでそのままで今日はお終い。
 あとドアが3枚分。ローラで6個分の作業が残っている。なんか面倒だ。ドライブシャフトもガタガタだし、周期的な異音はもしかしたらハブベアリングが死にかけかもしれない。ああ、作業が沢山ある。

 上記の通りで、今日はトレーニング無しで夕方からランティスを弄った。昨日のランで何となく脚が怠くなった気がしたので。
 晩飯の後でエアロバイクを漕いでみた。感覚通りに早めに怠さを感じたので直ぐに止めた。300Wを30秒とかやってみたけど、こっちはキツすぎて4本で止めた。

バイク 5km

| | コメント (0)

2012年6月20日 (水)

ユンボのオイル交換

0620 タイヤチェンジャーの荷下ろしの為に庭に移動していたユンボ、そのままだったので裏の方に移動することにした。シールの日付が約1年前だったのでついでにオイル交換も。
 私のように田舎に住んで、気筒数が多くて、適当な性格の人間にはモノタロウのディーゼル・ガソリン兼用油が使いやすい。怪しい合成油で値段もナフコより安い。
 適当にジョッキで3杯弱入れたら入れすぎた。良く見たらシールに2.5L弱と1年前の自分がメモをしていた。抜くのも面倒なのでそのまま。でもこのエンジンはオイルが減らんのよね。

 昨日からやっている仕事のプログラムがイマイチ進まない。いや進んではいる。どういう部分が悪いのか、どういう方針に問題があるのか、そう言うのは解ってきた。あとは最善と思われる妥協点を見つけてまとめ上げるだけか。

 夕方は走ってみた。筋肉痛が普通の筋肉痛くらいまで治まってきたから。途中で車で帰宅中の長濱に会って立ち話。年代3位のお祝いを言ったら、タイム的に1位くらい成れてないか?と期待したから少し残念だったらしい。
 うん、その気持ちは良く分かる。でも1位かな?と思ったくらいの出来の時は3位とか4位くらいで、3位に入ったかな?と思ったときは5位とか6位だったりするから悲しい(笑)。水泳の先生も52分目指して練習し、色々あって55分かな?とか言う。自分が自分に期待するほど結果は出ないと言うことか。
 西中で陸上部の先生と話をした。砲丸が3名とエイミーが次に進んだらしい。エイミーはギリギリに成って通信の記録も突破したとか。本番に強いヤツだ。
 今日も「引退したらプールに行くよ~」と話していたので、どうやら本気で復活するらしい。以前より縦も横も立派に成っているので、迫力有る泳ぎで圧倒してくれるんだろう。。。嬉しいような悲しいような。
 晩飯を食っていたら変なオッサンが来た。作業場でタップを立てたりヘリサートを入れたり、なんか色々と苦労して作業を終えて帰って行った。ヘリサートの打率が低いと嘆いていた。確かに柔らかい金属で雌ねじの最初が崩れてしまうと極端に難しくなる気がする。
 風呂の前にエアロバイクを漕いだ。練習と言うよりもカロリー消費と神経系に対する刺激に成るかな?と思って。ペダリングで少し感じる物が有った。

バイク 14km
ラン 11km

| | コメント (0)

2012年6月19日 (火)

1kpで1時間

0619 攣ったところは局部的に痛みが残っているけれど、その御陰で?体全体はあまり疲れは無い様な気がする。
 でも脳みそに疲れが出ているのか、仕事でちょっとした小さなプログラムを作って小さな問題を処理しようと考えて居たのだけど、夜中までかかっても出来なかった。最初の基本方針が良くなかったような気がしている。

 脚を激しく使うことは避ける意味で、B&Gに行ってプルブイ主体で泳いできた。アップの後は50mを60秒サークルでグルグル。先生は50秒で戻ってきて1時間くらい続けろと言うけれど、そんなのは今の私には出来ない。
 続けられそうな強度で泳いでみると54秒で帰ってくるのが丁度よい感じだった。それでもキツクは無いけど5分くらいで嫌になってきて、なんとか耐えてみたけど25分が限界だった。
 あとは片手クロールとか軽めのドリルをやってお終い。その間ずっとプールは私の貸し切り状態だった。いつか潰れるかな・・・ここも。

 家には広島から嫁さんが貰ってきたお菓子類が沢山ある。運動量が少ないのに食べてしまうので何とか消費しないと行けない。と言うことで晩飯の後はエアロバイク。負荷はかけたくないので一番軽い負荷で1時間回してみた。
 うちのエアロバイクは定出力と定トルクの二つのモードが有るけど、マニュアルトレーニングだと定トルクになる。範囲は0-6.0kpまでで0.5kp刻み。回転数は40rpm-110rpmらしい。だいたい不満は無いけど0.5kp刻みが0.1kp刻みならもっと良い。
 前から疑問だったkpという単位について調べてみた。例によってネット上は玉石混合の混沌とした世界なので、他の資料とかも見ないと勘違いすることが多い。少し疑問が残っているけど今の時点で一番それっぽいと思えるのは以下の通りだと思う。

 1kpは力の単位で、重力単位系で私が知っている1kgfとか1kg重の別名である。キロポンドと読むらしい。どうしてポンドとか紛らわしい名前にしたのかは解らない。基本的に重力単位系とか美しく無いので嫌いだ。キロは1000倍の意味なので拘れば小文字で書くべき。

 kpだけでは力なので回転数をかけても仕事やら仕事率には成らない。この部分にはペダル1回転で6m進むと言うコンビ暗黙のギヤ比が有るらしい。

 機構的な物を要約すれば、競輪選手がペダル1回転で6m進むギヤ比を持ち、全くロスの発生しない自転車の後にタイヤを引いて練習していると考えたら良い。そしてそのタイヤの発生する水平方向の抵抗を、Nではなくて重力単位系で考え、さらに呼び方をkgfでは無くてkpと呼んでいる。

 これからエアロバイクが吸収しているパワーP(W)を負荷F(kp)ペダル回転数N(rpm)から算出するには、P=Fx9.81x6xN/60=0.981xFxNとなる。運動中のバカ頭用に0.981≒1と考えれば、出力は負荷のkpの値に回転数を掛けたら良いと考えて置いても大きな間違いには成らない。

 実際もだいたい合っている。0.5kp設定で80rpmで漕いでいると、出力の値は40Wを示している。
 仮に最大負荷の6kpで100rpmを回した場合を想定すると600Wに成ってしまうわけだけど、この機械は最大の計算とか表示が300Wまでなので300W以上は何ワットなのか解らない。感覚的には300W以上もリニアに増えている感覚は有るけど。

スイム 2.0km
バイク 28km

| | コメント (4)

2012年6月18日 (月)

はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン2012・・・長い

 今日になってリザルトが公表されたので、それを見ながら昨日のレースを振り返ってみたり、反省してみたり、言い訳してみたり。

 朝は04:00に起きた。コンビニでOLが食べるような小さな弁当と野菜ジュースと菓子パンとコーヒーを買い、弁当だけ食べて後は飲みながら現地に向かった。菓子パンは結局食べなかった。
 この大会はワンウェイの為に荷物を預けたり、宮島に渡る必要が有るので朝は意外と早い。08:30スタートなのに05:00頃には駐車場に居た方が良い感じ。特に問題なく受付や荷物の預託も住んでスタートを待つ。
 何回か書いたけど50代のトップのタイムは女子総合のトップに近い。そして50代のオッサンはパッと見では解らないけど、女子選手は遠くからでも直ぐに解る。と言うことで私は何時も女子のトップクラスを注視しながらレースをしている。
 何回か同じ大会に出て知っている選手の顔が確認できる。坂根さん、斉藤さん、北野さん、小椋さん、あたり。ハワイのオネエチャンとおてんば娘さんは初めてでよく知らない。
 で、二人の所に無理矢理近づいていき、知っているのに「去年のウィナーか?」「いいえ、2位なの」みたいな会話をしたり、「同志社ですよね?」と話しかけたりし、体格とかウエアとか髪型をチェックしておいた。
 本人達や廻りの選手達にはエロ親父的な行為にしか見えていないと思うけど、レース中の自分のポジションを確認するための大事な作業なのだ。断じて不純な目的では無い。

 スイムは落ち着いてスタート出来た。バトル的な時にも落ち着いて居たし、ゴーグルが取れたときも慌てずに水を抜いて付け直す事が出来た。
 泳ぎはプールで試して調子が良かった左右への3回に1回呼吸。波がなかったので最初から最後まで基本的にはこの呼吸で行けた。呼吸動作が下手な私の場合、毎回呼吸よりもこっちの方がタイムが良い。
 唯一の失敗は4台目のヨットで右に90度旋回をした後。しばらくそのままで泳いでいて気がついたら大竹側に大きく流されていた。これは広島側からの流れがかなり有るな?と感じて右に偏流を取ってみたけど、時既に遅しで大きく膨れた軌跡に成ってしまってかなりのロスをしてしまった。
 条件の差は有っても、2008年の0:57:39で219位に対して、今年は0:47:36で80位なので大きく進歩していると言って良い。

 バイクは数年前もそうだったけど最初で心拍を上げすぎた。最初に激しい起伏があり、その辺りは住宅地なので両側から大きな声援が有る。どうしても冷静な気持ちで居られずに一気にハアハアと成ってしまう。
 住宅地ゾーンを抜けたら安定する。いつもの様に平地は速いけど登りでは遅いの繰り返しで距離を稼いでいく。
 順番は忘れたけど途中でおてんば娘さん、ハワイのオネエチャン、斉藤さん、坂根さんを抜いた。この時点でたぶん女子のトップに立ったことに成る。スイムのタイムが相当良かった事を感じた。
 前年度チャンピオンのおてんば娘さんはイマイチ調子が良く無さそうな感じ。斉藤さんと坂根さんはパワーを感じた。ハワイのオネエチャンはセクシーだった。
 所山の坂を今までに抜いた男子選手に抜かれながら登っていると坂根さんが追いついてきた。ヤバッと感じると同時に体が彼女にだけは負けたくないと反応して少しパワーアップ。女子の1位を死守したかったらしい。
 登りでは彼女の方がはっきりと力が上だった。必死で追いつくと離されるを繰り返し、鬱陶しかったのか「先に行ってください」とか言われたりしたけどそんな力が残っている訳が無く、抜けるなら抜いとるわい!とか付きまとってゴメンね、とか色々考えながら必死だった。
 坂根さんは女子トップなのでマーシャルが近くに着いていて、何回も彼に「これで頂上?」と聞くけど違っていた。10回くらい落胆を繰り返した後で「次が頂上ですよ」と言ってくれたので少し力が出て坂根さんよりも先に頂上に到達した。
 この時点で両方の太腿は痙攣の一歩手前まで行っていて、自分なりにバカな事をしたと気分が鬱になりかけていた。追いつかれたと言う事は自分の力が劣っている事の証明。なら彼女を先に行かせてイーブンペースを保つべきだった。。。クレーバーな男なら。
 2008年のタイムは2:31:24で96位に対して今年のタイムは2:23:46で50位なので、バイクの能力も向上していると言える。でも後半は少し無理をしすぎた。

 取りあえず女子の総合1位を保ったままでランのトランジット。女子高生が自分の番号の袋を持って渡してくれる。オッサンはこれだけで嬉しい。
 一応靴下も入れていたけどスカイセンサーは裸足で履いた。履くときに脚が攣りそうに成るので慎重に履いてスタート。このときの袋も女子高生が受け取ってくれる。やっぱり嬉しい。
 脚が攣りそうなのでペースが上がらない。なんとか騙して負担のかからない走り方は無いかな?と探りながら走る。平地のエイドまでは何とか持ったけどその先の登りがやばい。登り初めて直ぐのエイドで決定的に攣ってしまった。
 スポンジの有るところまで脚を引きずって行って太腿を冷やした。止めようかな?でも位置は悪くないから走ろうか?色々と考えて居るとTVカメラが直ぐ横に居た。
 「どうしました!」「脚が攣ってしまって」、「大丈夫ですか?」「いや、大丈夫じゃ無いです」とか間抜けな会話をしながらも、カメラはどアップで私の横から撮影を続ける。
 その時に女子選手が走り抜けた。「あっ抜かれた」と呟いたけど為す術が無い。脚を冷やしていると2位の女子選手にも抜かれた。そしてさらに3位の選手にも抜かれてしまった。この辺りは気持ちも焦って頭も混乱していたので彼女達の順位と名前の記憶が無い。取りあえずこの時点で女子総合4位に転落。
 テレビも鬱陶しいし、カッコワルイ所が放映されるのも嫌だったので走る事にした。坂の上に向かってトボトボと走り出すというか歩き出した。
 その後は氷が効いたのか強い痙攣は止まって来て、痙攣の一歩手前の状態をずっと維持しているようなギリギリの状態までは収まり、なんとかジョギングくらいの速さでは走り続ける事が出来た。
 そんな状態で何とかゴール。女子4位はキープできたとは思うけど、何とも言い難い情けなさというか微妙な気分のゴールだった。
 こちらは2008年の1:39:36で58位に対して、今年は1:45:28の52位とタイム的にはかなり落として締まった。まあ仕方ない。ラン能力が大幅に落ちていると言うよりも、大差ないラン能力が始まる前に、バイクで大幅な無理をしたのが原因だと思う。
 ゴールしてからは風呂に入ったり、知り合いのゴールを見たり、うどんを食べたり、ソフトクリームを食べたり、表彰式を「見たり」して過ごした。そして応援に来てくれた変なオジサンに送ってもらってちゅーぴーパークに戻った。

 今日になってリザルトを見てたまげた。2008年は総合83位で50代の3位でギリギリ表彰された。この年の女子の順位は7位。
 それに対して今年は総合で47位と進化しているにもかかわらず、50代は6位でしかない。女子の総合では4位。その理由は50代の1位と2位がそれぞれ総合の7位と10位に入る様なひとだから。。。
 これは来年からが大変だ。50代で上位に入ろうとしたら河村さんとか鳥越さんと戦わねば成らない訳で。なんかもう嫌になるような脱力感漂う雰囲気だけど、まあそればっかりでは進化しないので何か対策を考えて挑戦していくしかない。

 自転車とウエア類を引き取ってレースは終わった。あとは吉見園に戻って嫁さんを拾った。うちの隣の部屋に住んでいて息子達がお世話になった方の家に嫁さんは泊めて貰ったらしい。その方の家で私もコーヒーとケーキを出して貰ってしばらく懐かしい話をした。
 嫁さんと二人で、宮内交差点が無くなってしまったバイパスに驚きながら高速に乗り、途中で晩飯を食べたりしながらゆっくりを帰った。
 心配していた中国製のタイヤは帰りもバーストせずに持った。依然として臭いけど初期不良の可能性は激減してきたので、明日以降は長期の耐久性に着目して見ていこう。

 大会の名称が長いから、レポートの文章も長くなったぜ。ハハハ。

| | コメント (8)

2012年6月17日 (日)

とりあえず報告

 夕方に広島を出て22:00頃に福岡の家に帰り着きました。久し振りの広島では色々な方にお世話になり、ありがとうございました。
 ○位に成れたのも皆様のおかげと感謝しています・・・とか書けるとカッコいいわけですが、現実は総合44位で年代別もパッとせず、レース内容もランの前半で脚が攣ってしまってその後はジョグモードに成るという、なんとも中途半端で情け無い物でした。皆生に向けて修正出来るところは修正したいと思ってます。
 取りあえず、もう寝ます。お休みなさい。

スイム 2.5km
バイク 55km
ラン 20km

| | コメント (6)

2012年6月16日 (土)

広島へ移動

 大会の受付が前日の土曜日なので、今日は朝から広島へ移動の日。数年前に参加したときは一人だったので軽トラで早朝から下道を通ったけど、今日は嫁さんが一緒なのでランティスで高速。ランティスを使うのは中国タイヤの高速走行試験の意味もある。
 嫁さんが一緒だけど、たまにみかけるトライアスロンファミリーみたいな感じではなくて、昔の友達に会いたいから行きと帰りは乗せていって、と言う話し。まあ、その方が私は気が楽で良い。
 ずっと雨が降っている。明日の天気よりも取りあえずは雨の高速走行が心配の種。中国タイヤはきちんと走ってくれるのか?と。
 排水性は悪くないことを昨日の夜に確認していたけど、その通りで水たまりに乗っても浮くような不安定感は感じることは無かった。この辺りはパターンがそれなりならそれなりの性能が出るだろう。少し接地感が希薄に成るのはこんなものか。
 基本的に最初は80km/hから90km/hくらいで走った。最大でも100km/hしか出してないのでそれ以上は解らないけれど、特に変なところは無い。唯一走り始めに周期的な音が出ることが有るけど、これはトルクのかけ具合とか左右のコーナーに相関が有りそうな感触なので、ガタガタに成っているドライブシャフトの方だろと予想している。

 まず大竹で降りてお世話になっているウエキサイクルに顔を出してみた。店長も奥さんも全然変わらずに元気そう。次が有ったので早々に店を出た。
 次は嫁さんを以前住んでいた吉見園まで連れて行って下ろした。廿日市の辺りが偉く混んでいて時間がかかってしまった。そのせいで昼飯は手早く済ませて受付へ。途中なのでエアロネロを買ったNOKOにも寄ったけど締まっていた。
 会場には懐かしい顔が沢山来ていた。絞り過ぎじゃ無いのか?と思うくらいの蕎麦屋の旦那とか、適度に痩せて今が遅れてきた旬?の花屋の小娘とか、M重工時代のお友達の変なオジサンとか。
 他の皆からも言われていたけど花屋の小娘の変貌には驚いた。以前は愛嬌の有る丸顔でお尻と太腿はパンパンで、太っているほどでは無いけど決して細目では無い感じの可愛いお嬢さんだったのだけど、今日はなかなかよい感じに変貌していた。
 髪型もなんかそれっぽく弄ったりして売り出し中(笑)みたいなので、九州地区の営業所長を引き受けておいた。興味のある方は私までご連絡ください。かなりイイです。今は。。。

 夜はミョンミちゃんの家に泊めて貰った。ミョンミちゃん自身は結婚して出て行っているのだけど、親父もトライアスロンをしたりオートバイに乗ったりと何となく気があって、厚かましくも泊めて貰うことに。
 色々と興味深い話をして寝るのが惜しいくらいだった。そっちのことを書きたい気もするけど、たぶん正確に受け取れて無いと思うし、正確に伝わらないとも思うので止め。
 高級ホテルのような部屋に泊めて貰って快適に眠りについた。嫁さんは友達のオバサン連中と大騒ぎをしている事だろう。

| | コメント (0)

2012年6月15日 (金)

オイルミストの影響は?

0615 バラック配線の状態でタイヤを組み上げてしまったのでタイヤは片付いたけど、チェンジャーの方が片付かないのでインバータの設置とか配線をやった。
 内蔵するには写真の位置しか無いのだけど、直ぐ横にエアーバルブが有って操作の度にブシュプシュ排気が出てくる。それだけなら良いけどチェンジャーの空気取り入れ口にはオイラーが付いているので、ここの排気はオイルミストを含んでいる事になる。
 実際に筐体の内部はオイルを噴霧した上に埃が積もった状態になっており、こんな場所にインバータとか設置したら良くない事は誰でも解る。
 でも、次に使うのは何ヶ月後か解らないくらいの使用頻度なので、外に付けて引っ掛けて壊すよりもこちらの方が安全側じゃないかな?との判断。

 今日のスイミングはどうするか悩んだけど、通常に近い感じのテーパーに刺激入れと考えていくことに決定。酷い雨が降っているので新タイヤのテストを兼ねてランティスで。
 雨自体は少し小降りに成ってきたけど、直前に相当降っていたので道にはかなり大きな水たまりが有る。好き放題に突っ込んだり横断歩道の白線の上でブレーキングしてみたり、ここぞとばかりに色々と試した。
 パターンから想像出来るように排水性はたいしたものだった。スリップマークが出たT1Rよりは劇的によい。まあこれは当たり前のこと。
 ウェットグリップも悪くない。当然ながら直前のスタッドレスに比べたら劇的に良いけれど、その前のすり減ったT1Rに比べても良い。T1Rの新品とは記憶が曖昧なので(笑)比較できない。
 後は明日の連続高速巡航を持ちこたえれば短期的は使えるという評価が下せる。その後は突発的な問題発生の確率は徐々に下がってくると思うので、今度は長期的な耐久性とか性能の劣化具合が興味の焦点になる。

 スイミングが始まる前に先生と話した。明後日は大会なので疲れたくない。長濱は今日は泳いでない。等と今日はキツいの嫌だアピールしておいた。でも逆効果だった。
 最初からキック&スイムで50mを12本、1分20秒サークルとか言い出す。前半の25mキックで既に心臓がバクバク。でも何とかサークル落ちせずにこなせた。
 次も50mを60秒!?サークルで4本と、1分15秒秒サークルで4本と、1分30秒サークルで4本と2分サークルで4本とか信じられんメニューを言う。
 それっぽく泳いでいたら、レストが長くなったらタイムを上げないと意味が無いだろ!と怒られた。必死で泳いでは居るけど、それまでに40分以上練習をしているわけで、1分くらい休んだくらいでそんなにタイムが上がるわけ無い。
 でも最後は40秒くらいで帰ってきて欲しかったとか言われてしまった。。。そりゃ選手コースの若者の場合でしょ、と言いたくなったけど、歳を言い訳にすると自分の進化を否定してしまいそうな気がして黙っておいた。でも40秒は難しいと思うわ。。。
 結局、1時間のレッスンで1950m泳いだらしい。私の記憶に依ればこの距離は宮若スイムクラブに入ってからの最長レッスン距離だと思う。

スイム 2.3km

| | コメント (2)

2012年6月14日 (木)

Sagitar P607 と軽点マーク

06141_2 タイヤとか副資材的な物も揃ったので、今日はホイールとタイヤを組んだ。外す方は一瞬だったけど、組む方は少しだけ苦労というか工夫が必要だった。
 最新の剛性の高いチェンジャーを使い、経験の有る作業者がやれば組むのも一瞬だろうとは思うけど、かなり古いチェンジャーを初めての私が操作するのだから仕方ない。
 外すときのように引っ掛けてぐるっと回すだけではハマらなかったので、手組の要領でタイヤレバーを使ってサポートしてやったら上手く行った。
 作業以上に不安だったのは中国製の安物タイヤ。サジターという聞いたことが無いブランドの205/50-16。送料込みでも1本が4,000円しない。。。
 取りあえず100円ショップの商品みたいに見ただけで安っぽい感じはない。素人が組んでビードを上げるために空気を充填しても破裂する事も無い。トーヨーのT1Rでは最大40gだったウエイトが、サジターP607だと20gで済んだので質量バランスが悪い事は無い。でもこれによって寸法や剛性のバランスまで保障される訳じゃない。ただゴム臭が強烈。

06142  組むときに実験して思ったこと。バルブと軽点マークを合わせる意味って何だろう?
 まずホイール単体でアンバランス量を測ってみた。どれも5gとか10gが出るか出ないか。アルミで外周が機械加工だから当たり前と言えば当たり前。
 そしてそのアンバランスのピーク点は、ホイール4本ともバルブ位置とは関係が無い位置だった・・・。で、今回はバルブ位置を無視してホイールの実測値に応じて組んで見ることに。
 写真の5時の位置のマジックの黒丸がホイール単体での軽点。10時の位置の黄色の丸がタイヤ単体での軽点。11時じゃ無いのは私の組み方が悪いから(笑)。そして1時の位置がバルブ。と成っている。
 裏面には赤点も有った。質量アンバランスはウエイトで修正できるのだから、ダイヤルゲージでホイールの振れを測って赤点基準で組むべきでは?と最初は思ったのだけど、工場で機械加工されたホイールの外周を、スライドするコーンで位置決めされたバランサのシャフト上で測定する事に意味を見いだせなかったので、この案は却下した。

 タイヤ一つ組むだけでも、自分でやってみると色々と考えることが有る。コストだけを考えるとバカらしい行為だけど、何事も当事者に成ってみたい私にとってなかなか面白い経験だ。
 バランサの芯出し方法に疑問を感じたのでちょっと計算。ホイールとタイヤで16kgくらい有る。バランス取りをする位置は半径で210mmの位置。ここで5gのアンバランスを逆算すると、16kgの偏心量は0.0656mmとなる。
 測定まではしていないけど、コーンで芯出しをするバランサの場合、5g以下の数値をこねくり回しても無駄な気がしてきた。そう言えばうちのバランサの分解能も5gしかなかった。

 夜になってランティスが帰ってきたので、今まで履きっぱなしだったスタッドレスからサジターの夏タイヤに交換した。見た目はT1Rほど派手じゃなくてイイ感じ。でも臭い(笑)。
 夜中に赤木峠とか鞍手町の辺りとか、グルグルッと走ってきた。走り出すまでは不安感でいっぱいだったけど、取りあえず最初の夜は何も起こらなかった。
 当たり前だけどスタッドレスに比べて、圧倒的な剛性感と接地感。ノイズは対スタッドレス比では無くて絶対値でも静かだと思う。乗り心地も悪くない。でもサスがベコンベコンなので何とも言えない。

 サジターP607は見ただけで解る安っぽさはない。見ただけで解る欠陥もない。組むときに4k弱では破裂しなかった。初日の夜は国産の新品タイヤみたいな感じで好印象。
 取りあえず現時点での評価はこんな感じ。土曜日は広島まで高速で行く予定。トレッドが剥がれたりしませんように、雨でスリップしたりしませんように、タイヤの神様よろしくお願いします。

| | コメント (14)

2012年6月13日 (水)

一瞬で外れた

06131 昼前くらいにインバータが来た。いつもの様にNCNRの中古品というかジャンク品。1.5kWで4,800円ならその手の商品しか無いわ。
 モータは以前書いたように8Pと4Pのポールチェンジモータ。出力は0.9/1.2kWと成っている。これよりインバータは1.5kWにした。我が家には単相100Vと200Vしか来ていないけど、単相用のインバータは高いので3相用を買った。これのR相とS相に単相200Vを突っ込む。単相によるリップルの増加は余裕の有る1.5kW仕様が吸収してくれるだろう。欠相検出とか高度なエラーが出てしまったら、T相にコンデンサかコイル経由で適当にR相でもぶち込もう・・・と、いつもの適当なカンジニアリング。
 ポール切り替えのスイッチはそのまま使いメカ式の2速、ペダルに付いている正逆のスイッチの一部を使ってインバータに正逆の指令を出すことにした。周波数は60Hzでは慣れぬ私には速すぎる気がしたので50Hzセット。加減速はオリジナルの直入れに近いイメージで0.1sにした。
 ここまでは昼飯の後で一瞬で出来たのだけど、インバータの設定モードから通常運転モードに戻すのが解らずに時間がかかった。日立の技術者の頭の中は私の感性に合わない(笑)。

06132  回ったらうれしくて使ってみたくなる。バラック配線のままでホイールをセットしてタイヤを外してみた。
 案ずるより生むが易しというか、手組の経験が有る人なら最初の一発から一瞬で外す事が出来ると思う。
 こちらも時間がかかったのはメイン部分じゃ無くて枝葉の部分。ホイールを最初にセットするところが難しかった。
 4個の爪が同時に狭まって来るのだけど、リムをガードするようにゴムの縁が付いていて、それが邪魔して爪が直ぐに逃げる。ホイールを上から押すのだけど、今は台に乗せていることや背が低い事も有って力が入らない。
 でも手組に比べたら本当に一瞬と言っても良い時間で作業が終わるので、そのまま4本とも分解してしまった。ここまで昼休みをほんの少しだけオーバーしたくらいの時間。これだけでも島根の山奥まで取りに行った甲斐があったと言うものだ。
 時間も無いし、ビードクリームも無くなったので今日はここまで。

 順番的に今日は自転車。軽く坂道の刺激を入れようと思い、赤木峠を登ったり降りたりしてみた。疲れたくは無かったので4往復で止めた。
 最初は脚が怠い感じが有ったけど、動き出してからは普通に動くことが出来た。去年よりも明らかにトルクが増えていると思う。でもそう思って無理をすると後半バテたりランに悪影響が有るので、増えたと感じる分は余裕に回すような乗り方をしようと思う。

 夜は客人が2名も有った。一人は金のノギスを忘れたMASAさん。今日はXSでの登場だった。ノギスを持って帰った変わりに変なスプロケットを置いていった。
 その後で長濱。かなりせっぱ詰まったような声で電話をしてきての訪問。金曜日の朝に五島に向けて出るのに、今日になってウェットのマジックテープが全部剥がれたらしい。
 自分だったら顔面蒼白に成るところだけど、他人の事なのでニヤニヤしながら冷静に話ができる(笑)。必死で乾燥させてG17で張り付けてみて、それでも駄目なら明日の夜にshinakoさんに泣きついて工業用ミシンでガーッと縫ってもらうくらいか・・・。
 とりあえず余り物のG17と、余り物のマジックテープをあげた。今日は徹夜で修復作業だろう。

バイク 12km

| | コメント (0)

2012年6月12日 (火)

虫回し

0612 午前中は苦手な仕事だった。美的感覚が必要なやつ(笑)。どうも思わしくない。力をかける箇所が良くないと思う。これって水泳と似ている。ハハハ。

 タイヤチェンジャーが来た関係でタイヤ自体を弄ることが増えた。虫を取り出そうとして虫回しが無いことに気がついた。
 バルブキャップの頭に付いているのを利用して、バルブに相当する部分に真鍮パイプを半田付けして作っていたのに。。。探しても出てこないので新たに作った。
 下手に熱処理とかしてあると加工性が悪いので、一番安っぽい感じの6本組ドライバセットの残骸に追加工。
 予定では旋盤とフライスを使う事にしていたけど、軸の部分が短くて治具を作らないとチャッキングできない。ちょっと悩んだけど諦めて全て手加工でやることにした。
 軸の先端を金ノコで切り、端面をヤスリで整え、2.5のキリで中心に穴を開け、金ノコで縦に溝を切り、ヤスリで溝の幅を整えて、バリを取って外径を整えて完成。
 普通に使えた。簡単な構造だし買っても200-300円くらいと思う。買った方が効率的とは思うけど、何となく作ってしまう。運動しなさいとか言われなくても、子供が走り回る様なもので仕方ない。

 昨日は脚を使ったので今日は上半身。B&Gに行ってプル主体のスイムにしてみた。アップの後に少しだけ普通のスイムで泳ぎ、その後はずっとプルブイで泳いでみた。200mを5分サークルで。
 腕を動かすイメージを色々と変えてみた。意外にも?近くに入水して小さく泳いだ方がタイムが明らかに良かった。そして呼吸も楽。そしてその楽な呼吸を左右の3回に1回の呼吸に注ぎ込んだらもっとタイムが良くなった。
 良く解らん。自分としては小さな良くない動きのような気がする。でも今の私の状態ではこっちの方が明らかにタイムが良い。同じキツサで200mで10秒くらい変わってくる。
 ただ自分の姿は見えていないので、実際は良いフォームで泳いでいる可能性もある。この辺りが水泳の嫌らしいというか難しいところ。
 取りあえず宮島はこの速かった時のイメージで泳いでみよう。

スイム 2.5km

| | コメント (4)

2012年6月11日 (月)

これは何だろう?

06111 昨日のタイやチェンジャーの続き。アームが前後と上下に動くように成っているけど、上下の動きに関係しそうな部分に有る機構の意味が解らない。
 左手で持っているカバーが割れていたので簡易的に修理して見たけど、中の機構はどう見てもバネでワイヤーを巻き取るタイプのバランサー。
 直ぐに思いつくのは上下に動くアームの自重キャンセルだけど、これは写真の右上にも写っているようにピッチの荒い圧縮コイルばねが受け持っている。
 じゃあ、この巻き取り式のバランサ?は何を受け持つのか?右上のコイルバネと併用するのが正しいのだろうか?それともオリジナルは巻き取り式だけど、今回壊れていたようにタフじゃ無い機構なので圧縮バネ式に変更されたとか??知ってる人は教えてください。

06112  週明けで忙しくは有ったけど、ちょっとだけ使用に向けての整備もやった。ホイールをクランプする爪の内側にゴム板を貼った。
 うちに来たとき、この部分には破れた布製のガムテープが巻き付いていた。オリジナルは何らかのカバーが付いていて、それが破損したからガムテープを巻いたのか、鉄ホイールの時代は要らなかったけど、アルミの時代に成って応急処置をしてみたのか?
 G17でゴム板を貼っただけなので耐久性は期待できない。でも自分の興味の範囲内で脱着をするだけなので、まあ大きな問題にはならないと思う。剥げたら貼り直したら良い。

 次の日曜日は廿日市。特に意識して調整まではやらないつもりだけど、疲労が残っているのは避けたい気持ちが有る。それとは反対に土日と動いて無いのでカロリーは消費したい。。。そんな葛藤を持って走り出した。
 久し振りに西中経由で短いコースにしようと思った。西中は来年閉校になる。今は1学年しか居ない。その1学年の陸上部が練習をしていた。
 エイミーも居たので少しだけ話を聞いた。来週から地区の大会が始まるらしい。何処まで勝ち進めるか。負けたらそれで彼女の中学陸上生活は終わる事に成る。
 引退したら体型維持の為に宮若スイムクラブに帰ってくると言っていた。これはずいぶん前にお母さんが言っていた事。彼女のお母さんは彼女の体重増加を異常に?気にしているから、半ば強制的に勧められたんじゃなかろうかと思う。
 お母さんの脳裏には、昔可愛かったけど今は酷いデブのアメリカ娘が浮かんでしまうようだ(笑)。
 刺激入れに室木に抜ける峠を経由して帰ってきた。登りも下りも調子がよかった。

ラン 13km

| | コメント (4)

2012年6月10日 (日)

ポールチェンジモータですか

06101 今日は何となく気分で、画像中心で行ってみよう。

 朝起きたら作業場から音がしていて、こっそり見に行くと恰幅の良い男が旋盤でアルミ材を削っていた。
 私に気がついた男は「見てはいけないと言ったのに・・・」と言い、お詫びに?チェンジャーを下ろすお手伝いをしましょうと申し出てくれた。
06102  チェンジャーはユンボで吊れるか不安だったけど、恰幅の良い男にサポートして貰いながら何とかハンドリフトの上に下ろした。
 そう言えばこのハンドリフトも貰い物だった。ありがとうございました。メチャ活用してます。
 男は延々と旋盤で作業をしている。相手をして貰えないので私は一人でチェンジャーの確認と整備をしていった。

06103  各部の消耗が少ない雰囲気だったけど、それは中を開けてから確信に変わった。アルミ製のプーリとVベルトが新品みたい。
 インバータを入れようとモータの仕様を見てびっくり。4Pと8Pのポールチェンジモータだった。こんなの古い製鉄所の改造工事の時にコイルカーに使ってあったのしか見たこと無い。
 配線がちょっと面倒だ。ああ、でも何とか成りそう。そんなことを考えながらエア系統も整備していった。
06104  テーブルの回転以外は動くように成ったので、ランティスのタイヤのビードを落としてみた。400Wのコンプレッサでも何とか成る。これは実際に使ってみての新たな発見。
 テーブルのクランプが4個同時に締まってくるので、綺麗にセットするのが難しかった。上から押すのか??タイヤをシャコ万で締めたら良いかも知れない。
 インバータが無いのでテーブルが回らない。今日はここまで。
06105  面白半分でXSのホイールを乗せてみた。と言うのは嘘で、実際はSR500の18インチフロントドラムホイール。
 クランプだけ自作すれば、フトコロの深さ的にはオートバイのタイヤも交換できそうな感じ。
 まだ回してないから解らないけれど、タイヤを外す方の向かって右側の爪が変形しているような気がする。でもこの形が本物かも知れない。使ったこと無いから解らん。

| | コメント (9)

2012年6月 9日 (土)

山陰フリーウェイ

 山陰フリーウェイ
 益田川を追い越し、大田に向かって行けば
 霧雨が、フロントグラスを染めて広がる

06091  2年前に疲れ果てて懲りたはずなのに、記憶力の欠如からまたもや山陰の山奥まで往復してしまった。
 小郡から津和野を経由して益田、浜田、江津、更に山奥へ・・・と言うパターンで。雨で運転が辛い。
 さらに益田の辺りが良く解らん。自動車専用道路とか山陰道とか無料区間とか好き放題に看板が有る。取りあえずお金は取られなかったのでフリーウェイという理解で良いのだろうか?。
 画像はトイレ休憩した三隅の道の駅、前回は少し先の浜田で休んだ。浜田は目の前に市街地や橋が広がるけど、こっちは空と海と線路が広がる。女の子と夕陽を見に来たら良いのだろうけど、写真を撮った展望台の後はレストランのガラス。
 食事中のオッサンとかオバサンがこっちを見ているわけで、こんな状況で彼女の手を握ったり肩を抱いたりは出来んだろう。展望台を2mくらい掘り下げて、レストランから見えなくする配慮が必要だと感じた。
 あと、直ぐ先にあるラブホがみすぼらしすぎて宜しくない・・・。などとどうでも良いことを考えていたら目的地に着いた。いつもの様に軽トラでも尻込みするような細い道をくぐり抜けて。

06092  "くまもん"のお土産が良かったのか、山陰の変なヤツは天井クレーンで軽トラに積み込んでロープまでかけてくれた。仕事中の制服のままで(笑)。
 さらに制服のまま家に帰り、ひまし油の臭いのする混合油で五月蠅いエンジンをかけてタコメータの調子が悪いとかなんとか、しばらく遊んでいた。大丈夫か??
 帰りは後が重くて行きよりも大変だった。でもクッションは良くなって乗り心地的には改善された。空気圧を3kgf/cm^2も入れてきたから、こんなもんか。
 家に着いたら暗かったので荷物はそのまま。明日は変な客人が来るので、下ろすのを手伝ってもらおう。丁度よかった。ハハハ。

| | コメント (6)

2012年6月 8日 (金)

やれば出来る 事も有る

 九大の仕事の分で不具合があって、昨日の夜に必死で?修正したブツを持って春日まで配達してきた。いつもの様に先生はニコニコして落ち着いていた。
 なかなか腹の据わった人で見習うべき所が沢山ある。致命的な不具合が見つかって今回は駄目かも?と言う時も、「プロジェクトなんとかなら、直ぐに研究所に引き換えした・・・」とか言う所ですな。とか言いながら笑っていたし。
 帰ってからは新しいドリドリ君関係の最終的な形状を煮詰めて、寸法測ってスケッチして、簡単な図面にして工作方法の検討して・・・とかやっていたら直ぐに定時になった。

 定時からはスイミング、仕事よりも大事(笑)。と言うのは冗談だけど、生活のリズムは直近の仕事より大事だとは思っている。というか最近になってから思うように成ってきた。仕事をトレーニングに置き換えても一緒だけど。
 アクアスロン百道の副賞の焼酎を先生にもっていった。2種目のうち半分は先生の御陰でもあるから。本当は自分では飲まないからだけど。
 焼酎をプレゼントしたからか、今日のメニューはサービス満点で死にかけた。アップの後はいきなり連続ドリルで1200m。
 キック50mを8本で1分45秒サークル、続けてプル50mを8本で1分30秒サークル、続けてスイム50mを8本で1分15秒サークル。
 キックは絶対に駄目だと思ったけど、どうにでも成れと思って泳いでみたらサークル落ちせずに8本こなせた。出来ないことも有るけど、やってみたら出来ることも有る。
 プルは楽だった。ちょっとタイムが長すぎたと先生が言うので、今さら短縮したら駄目!!と強く主張して1分30びょうで行かせてもらった(笑)。
 スイムは普通にキツいくらい。最初のキックが死ぬほどキツかったので、後のメニューのキツサが軽く感じてしまった。
 続いてスイム25mを16本で30秒サークル。これもキツかった。最初は10秒近く休みが有ったけど、最後の方は2-3秒しか休みが無かった。
 久し振りに家に帰ってからぐったりした。

スイム 2.8km

| | コメント (0)

2012年6月 7日 (木)

理系には 数値の脅しがよく似合う

0607 新しいエアロバイクの画面。新しいと言ってもいつもの様に中古品だし値段的にはジャンクに限りなく近い代物。
 冬にコンビのEZ101の中古を買って漕いでいた。これはかなり程度が良くて、中を開けてみてもほとんど使ってないんじゃ無いの?と言う感じだった。表面の経年的な変化は有るけど。
 そんな感じだったのでそのまま使おうと思っていたけど、最大吸収パワーが200Wというのが少しだけ物足りない気分になり始めた。有酸素オンリーなら私にとって十分すぎるけど、たまに無酸素的に頑張ろうとしても応えてくれない。
 で、オークションを見ていたら業務用の400と言うのが出ていて、出せる値段で入札していたら1万とちょびっとで落札できてしまった。さらに程度の良い方のEZ101を出していたら、買った値段より僅かに高い値段で買い手が付いた。
 と言うわけで、溶接機の時のようにわらしべ長者までは行かないけれど、差し引きしたら業務用の400を1万円で入手した様なイメージに成ったわけ。
 こちらは最大吸収パワーが300Wまで行けるので、無酸素領域でも私の体格ならほぼ問題ないと思う。将来的に不満が出るほど強くなってきたら現行の75XL2というタイプの中古でも探そう。こちらは400Wまで行けるし、定トルクも定ワットも自在に設定できる。
 調べてみると75XL2の中古は5万出す気なら直ぐに買える。何時の日か300Wが物足りなくなって、75XL2が欲しくてたまらない日が来ないかな?と淡い期待を。

 この画面は今日の仕事が終わった後、いつものコースで室木線跡から海老津に出て、地蔵峠を越えて平山口経由で帰ってきたあとで、直ぐに裸に成ってからさらに追い込むために漕いでみた時のデータ。
 今の私にとって、このシチュエーションで200Wで20分は限界に近い。特に最近はおやつを食って無いのでヘロヘロに近く、最初の2分も持たない様な感覚に襲われた。
 でも数値とかグラフを見ているともの凄いプレッシャーというか、自分の能力に対する冷静なヘタレ宣言というか、反論のできない辛い物を感じて頑張れた。
 漕ぎながら思った。頑張れ!とか、あとちょっと!とか、いけー!!とか、死ぬ気で漕げ!!とか、そんな言葉よりも、理系の人間にとっては冷酷な数値の方が心にぐさっと来る。

バイク 55km

| | コメント (4)

2012年6月 6日 (水)

A is for AEROBIKE

0606 レイ・ブラッドベリが死んだらしい。文学少年でも無いしSF好きでも無い私がどうして彼の死に反応するのか?自分でも不思議だけど、一時期集中して読んでいた。
 理由は、なかなかカワイイと思っていた女の子が「ブラッドベリが・・・」とか話していたので、これは読むしか無かろうと思って読み始めた訳(笑)。
 そう言えば三島由紀夫もそうだ。私が何かを始めるのは、何時もこんな感じで不純な動機からだったりする。動物的で素直に生きていると言えばその通りだけど、後から思い返すと情け無い生き様だ。
 写真は新しいエアロバイク。業務用の中古品。これに関しては追々書いていこうと思う。

 今日はランニング。廿日市対策で清水寺の起伏の有るコースにした。こんな直前に走ったところで意味は無いと思うけど、気持ちの弱い人間は何かにすがりたくなる物。
 良くもなく悪くもない感じで走り終えた。数年まえからケニア人に成ろうと思い、膝から下の細い脚を後に大きく振り上げるようなイメージを持とうとしている。
 でも現実の体型は全く違っているわけで、どちらかというと太ったときの渋井陽子のイメージ。太い大腿四頭筋を使いながら比較的体の下から前の方にかけて脚をさばいてしまうイメージ。

 帰ってから晩飯を食いながらクローズアップ現代を見て、自分には今の日本人の平均的なメンタリティーよりもフランス人の方が合っている気がした。この手の感情は以前から感じていて、10代の頃に気がついていて強力な行動力が有ればヨーロッパに行くべきだったなあ・・・とか今にして思う。
 若い頃にこうしておけば良かったと思うこと自体、典型的な年寄りの思想だ(笑)。
 その後はAKB48の総選挙を見ながらエアロバイクを少しだけ漕いだ。どのお嬢さんも可愛らしいけど違いが良く解らなかった。俺も投票できるのか嫁さんに聞いたら、何か買わないと駄目でしょ、と言われた。そう言うシステムなのか。よく考えて有るなあ、と感心。

バイク 10km
ラン 21km

| | コメント (6)

2012年6月 5日 (火)

変化はしたけど進化は??

 日曜日のアクアスロンの結果が出た。当日は表彰だけで廻りの順位どころか、自分のタイムすら解らなかった。今日になってやっと確認できて見てみると酷いタイムだった。
 スイムはそれほど荒れていた訳でも無いのに30:44は無いだろう。浮きやすい海水でウェットまで着ているのに。。。それ以上に酷いのはランの45:31だ。このペースでフルマラソンを走っても3時間12分にしか成らない。。。
 自分だけ見ていると鬱に成りそうだったので、データを持っている2009年の結果を引っぱり出して来て比較することにした。自分のデータと比較用に上位で両方に出ている選手のタイムを。

    総合        スイム        ラン
2009年
武友    0:59:48    2位    0:20:56    2位    0:38:52    3位
中園    1:02:48    3位    0:20:01    1位    0:42:47    15位
光安    1:15:29    30位    0:32:23    83位    0:43:06    18位
2012年
武友    1:02:59    1位    0:23:30    2位    0:39:29 2位
中園    1:06:20    2位    0:20:50    1位    0:45:30 16位
光安    1:16:15    26位    0:30:44    47位    0:45:31 17位
こんな感じ。
 これを見ていくと3人とも2012年の方がランのタイムが相当悪くなっている。距離は変わってないように感じたけど、気象条件的に今年の方がキツかったのだろうか?それとも3人とも順調に劣化した(笑)とか。
 スイムは武友さんが少し落としてしまった感じか?逆に私はタイムが良くなっている。とは言っても依然として速い人の1.5倍かかっている事に変わりはない訳で、この部分を何とかしない限り今より上には行けないと思う。
 総括してみると、悲観するほど悪くなってはいないけど、スイムが速くなったぶんだけランが遅くなっているわけで、能力のバランスが変化したけどトータルで進化した訳では無い。唯一評価できるのは勝つべきメンバーの中できっちりと勝てた事くらいか。
 うーん。。。

 ちょっとバタバタした仕事が続いているけれど、昨日の反省に則って仕事が終わってからは泳ぎに行った。久し振りに6月1日からオープンの宮田のB&Gに。水温が低いと思うので少しでも体温を上げようと自転車で。
 寒いのは嫌なのでドリルとかは止めにして、今日はずっと泳ぎ続けようと思った。でも夜は組合長会議があるので1時間くらいしか泳ぐ時間はない。そんな気持ちでプールに入ったら見覚えの有る顔が。
 T之島のチャンピオンが泳いでいた。若くは無いけど(笑)奥さんとは違う女性と一緒に。これは不味い所に出くわしたと思ったけど、お互いに大人なので離れたコースで気付かないふりをして静かに泳いだ。
 チャンピオンは彼女に熱心に指導中だった。距離とかタイムを調整しながら一緒にサークル練習をしている。私が飯塚のプールで一緒になっても挨拶だけなのに、女性が相手だと偉い違いだ。彼もまともな男の子だったようで安心した。
 あまり書くと皆生に連れて行ってくれないので、このくらいにしておこう(笑)。

スイム 3.0km
バイク 16km

| | コメント (0)

2012年6月 4日 (月)

色々あるなあ

0604 今日は1日中、この写真のGPSに振り回されていた。まあ午前中はGPSとは関係の無い私の初歩的なミスというか確認不足が原因のトラブルだけど(笑)。でも午後から深夜まで悩まされたのは違う原因。
 この画像はネットでも時々見かける型番のGPSデータロガーで、価格と、受信感度と、ログ容量のバランスがよいので今回使ってみた。
 英文のスペックを見ると対応電圧が3.8V~8.0Vと成っている。これなら6Vの鉛蓄電池を直結で行ける。レギュレータで回路が複雑に成ったり効率を落とす必要も無い。素晴らしいなあ・・・と思って直結駆動にして試験。
 予定通りに上手く行ったので満足し、製品用に数を揃えて見ると認識しないトラブルが発生。GPSは動いているようだけどUSB機器として認識しない。
 それで色々と悩んで見つけた結論は、GPS側にはレギュレータが入っているけど、USBチップにはレギュレータが入って居らず、PL2303へはUSB端子から直結されていたと言う落ち。
 試験の時は適当に放電したバッテリーを使っていたことや、たまたまの運がよかったことでPL2303が死ななかったらしい。で、最終的にバッテリーを十分に充電して繋いでみると、PL2303がお亡くなりに成ってしまったと。
 GPSとして動作を示すLEDはチカチカしているけど、USB機器として全く反応しないという状態に陥った。で、調べて行ってそう言う回路でPL2303が死んでいる所まで見つけた。
 価格的に非常に安いのだから、お前が十分に気を付けて周辺機器の準備をしろよ!と言う気にも成るけど、この回路で8.0Vまでと書く神経が信じられない。PL2303の最大は5.5Vだし。
 でも途中で回路が変わったのかも知れない。それは下側タイプの基板が出てきたから。こっちにはGPS用のレギュレータすら入っていない。GPSの電源はどうしているかというと、PL2303がオマケ的に出している3.3Vを貰って動くように成っている。
 と言うことで、初期の設計段階ではUSBチップにもGPSチップにもレギュレータが入っていたけれど、最初の設計者とは別の人の手で、あまり感心の出来ないコストダウンが進められたのかも知れない。
 そんなことを思いながら風呂に入って寝ることにした。代わりのヤツは間に合うのかね??

 翌日に成るくらいまでゴチャゴチャやっていたので、全然からだを動かす時間が無かった。でも、こう言うのって良くないよね。この考えで忙しい商社とかに勤めたら、毎晩午前様のデブが出来上がる。
 知恵も精神も肉体の上に構成されているわけだから、今後は忙しくても生活のリズムとか運動とかは忘れないようにしよう。

| | コメント (4)

2012年6月 3日 (日)

髙島君に賞状もらった

0603 今日はアクアスロンINシーサイドももちの日。05:30に起きて荷物を軽トラに積んで近所のローソンへ。そこで弁当と野菜ジュースを買って軽い朝食。食べたら出発して百道浜へ07:10頃に着いた。こうやって書いておくと翌年に悩まなくて済む。
 一昨日の夜にエアロバイクで300Wを3本とかしてみたら、その後遺症で脚はかなりの筋肉痛。でも会場に着いてすぐにしっかりしたウンコが出たので基本的なリズムは悪くない感じ。
 参加者名簿をザーッと見た感じでは、去年負けた大分か長崎のスイムの速い人の名前が見あたらない。もしかしたら後のウェーブから出る戦略かも知れないけれど、出ていない可能性が高い感じ。
 彼よりも強い人が新しく参加する可能性もあるけど、取りあえず彼が出ていないのなら勝たなければ成らない。それを第一の目標にした。そして目に見える目標としては、私よりも数段早くて目立つウミウシ君との差をどのくらいまで詰める事が出来るか。に決めた。

 毎年寒い思いをするので、入水の前に自分としては多めのアップをした。その御陰で体温が上がっていて今年は寒く感じなかった。
 1年間の練習の成果を見てくれ!と言う気持ちが少しは有ったけど、自分でも感じるくらいの下手な泳ぎで悲しくなった。そしていつもの様にガンガン追い込めない。これは歳のせいで仕方ないのかも。だからこそ技術を向上させないと速くならないのに。。。
 第2ウェーブの選手からもずいぶん抜かれてランのスタート。トップの中園選手がすぐ前を走って行った。既に周回遅れだ(笑)。武友さんはこの時点では後に居た。
 筋肉痛の割りには脚は良く動いた気がする。でも10kmのレースに対応したような強度まで上げられたか?と問われると答えに窮する。。。やっぱりアドレナリンの出が悪くなって居る様な気がする。
 途中で武友さんに抜かれた。そして彼はそのまま総合の1位に成った。ウミウシ君とは橋の上辺りですれ違った。周回を重ねる毎に少しずつすれ違う位置が奥に移動したので、ラップは秒の単位で勝ったかもしれない。でもスイムの速さが違いすぎる。
 最終週で50mくらい先に100番台=第1ウェーブの選手が3名くらい固まっていて、奴等を抜けば順位が3個上がると思ったけど、どうにもからだが反応しなかった。

 何となく不完全燃焼のような、でも今の段階の力は出せたんじゃ無いの?と言うような、次に繋がる刺激入れには成ったでしょ?と言う気持ちとか、色々と複雑な気持ちが心を駆けめぐった。
 武友さんは奥さんと赤ちゃんを連れて来ていたので、しばらくはそこで話をしたり赤ちゃんと遊んだりして過ごした。赤ちゃんがメチャ可愛い。私が抱いていたら子供じゃ無くて孫だよなあ・・・とか思った。
 この大会は年代別は1位しか表彰されない。半々くらいかな?とか思いながら待っていると名前を呼ばれた。福岡市のスポーツ大会という位置づけらしくて、髙島市長名の賞状だった。
 副賞は肘置き付きの折りたたみ椅子。このタイプは持ってないのでうれしい。そしてマクドナルドの只券と焼酎。焼酎は飲まないので水泳の先生にあげよう。

 帰りにラーメンを食べた。帰ってからは少しだけホッとして、片付けをしてからカブで図書館に行った。今日は時間が十分あるので、全ての書架を見て回った。筋トレの本とケニア人の事を書いた本を借りてみた。
 晩飯は何故かパンが沢山あって、何となく食べ過ぎてしまった。普段よりも運動量は少ないのにね。

スイム 1.5km
ラン 10km

| | コメント (5)

2012年6月 2日 (土)

蛇とミカンの木を切った

0602 普通に仕事をした。5月末のプレッシャーに追われる感じが無くなったからか、のびのびとした気持ちで仕事が出来る。結果的に集中して考える事が出来たのか、ずっと悩んでいたドリドリ君のLinux用の設定ファイルが出来てしまった。
 何事も集中して取り組まないと駄目だな。と、毎回同じ事を思う。

 今日は天神で長男の誕生日をするという。長男は博多に住んでいるので直行。嫁さんと三男は買い物を兼ねて昼飯後に出て合流。あなたどうする?と聞かれたけど、夕方になって博多に出て、天神の駐車場に止めるのは苦痛に感じた。
 それに明日はアクアスロン百道。練習の一環で刺激入れの位置づけと考えては居るけど、前日に変わった食事をしたり寝るのが遅くなったりは避けたい。
 父親としてどうなのか?とはちょっとだけ感じたけど、二十歳過ぎた息子の誕生日ならどうでも良かろうと思ってキャンセル。罪滅ぼしに夕方から山の筍倒しと家の廻りの草刈をした。

 家の廻りの草刈をするといつもの様に腹が立つ。どうしてこんなに石をおくかね!。どうしてこんなに沢山木を植えるかね!!。ああ、ここにもミカンを植えている!!!。てなぐあい。
 腹が立つのは私の徳が低いのが原因だけど、草刈の能率が悪くて仕方ないのは事実。これからどんどん歳をとってきて動きが悪くなってくるのに、今の調子で苗を買って植えられたら死活問題。
 そんな気持ちで草刈をしていたら草藪から出てきた蛇を切ってしまった。申し訳ない。御免なさい。殺気立っては居たけど、お前さんを殺そうとは思っていなかったのだよ。。。と思っても遅い。そして仕方ない。これも自然の営みの一つだ。なんか無理矢理だ。
 木の下に入ってしゃがんで草刈機を動かして、たまに木の幹に接触して驚いて、木の周囲に置いてある石に刃が当たって火花が出て、チップが飛んだなと悲しくなって、首の後がモゾモゾしてきて、顔の廻りに蚊がまとわりついて、なんか色々と鬱陶しい事が積み重なってぶち切れてしまった。
 ミカンの木というか正確には何なのか分からないけど、竹を切って広くした場所に爺さん婆さん達が植えて居た柑橘系の苗木を切った。1本切ったら吹っ切れて4本切った。それでもまだまだ沢山植えてある。。。
 明日にでも婆さんが見つけたら気狂いみたいに騒ぐと思う。「あんた達が食べると思って植えちょうとに!」と叫ぶと思う。そして悲しむと思う。私も悲しい。でも今のままで10年とか経過した後の姿を想像すると、もう手が着けられなく成っていると思う。悲しいけど今の方が悲しみの量は少ない。
 基本的に親がしてやりたい事と、子がして欲しくない事が一致していた場合、どう頑張っても双方が幸せには成れない。これは私の息子達も同じ事を感じる事が有るだろう。まあ、人生とはそう言うものだ。
 しばらくは気分が鬱で寝付きが悪くなるとは思うけど仕方ない。都会に住んで「両親は田舎で元気にしています」と言う生活の代わりに、田舎で同居していがみ合う(笑)生活を選んだのだから。

| | コメント (0)

2012年6月 1日 (金)

無知は怖い

0601 バランサーの修理に関連して、ジャンクで多量にあるバランスウエイトの整理をやり始めた。
 物を溜め込むだけで、有効に活用せずに朽ち果てさせて行くだけ・・・。いつもは爺さん達の言動を批判しているけど、自分が一番出来ていないのを反省して。でも一気にやると疲れるので少しずつ。
 まず、打ち込むところの形状が色々有るのに驚いた。新品ではなくてジャンク品だから多少の変形は有ると思うけど、それでも明らかに3種類は確認できる。
 そして材質が色々ある。これは環境問題から鉛が使えなくなり、それに対応するために各社が各種の材質を使い始めたからだろう。比重が違うから同じ重さのウエイトでもサイズが違うのが面白い。
 そして最後にアチャーッと成ったのが5gと7.5gのウエイト。画像では左上の方の板だけのヤツ。最初は鉛が取れた破損品だと思って捨てていた。でも形状が綺麗だったので途中で掃除して良く見ると、5の文字が有ったという話し。
 5gのウエイトがこんな形状をしているとは知らなかった。よく考えれば相似形で小さくしていくだけでは限界が来るので、何処かでプレートだけに成ってもおかしくは無いのだけど、知らないと捨ててしまう(笑)。

 今日のスイミングはトライウエアを着てみた。明後日のアクアスロンで着ることに成るので予行演習。大会ではさらにウェットを着るからどうでも良いと言えば良いのだけど、急に上半身も締め付けられるウエアを着ると違和感を覚えるので少しでも慣れておこうと。
 最初にこのウエアでプールに行くのは勇気が要った。皆が自分を見ているような気がした。でも数回行ったら気にならなくなってきて、外のランニングでも着てみたりしている。今日も何ともない。慣れればメイドさんの格好で歩くことも出来そうな気がする。
 前半は平泳ぎの脚とか体幹の使い方?のドリル。そして後半はクロールのドリル。最後はクロールで50mを10本で1分15秒サークル。
 1分15秒は私にとって少々短い。本当は良くないのかも知れないけど少しだけ抜いて泳ぎ始めた。最初は46秒で先生からは怒られなかったので良いことにした。次は48秒でその次は49秒と順調に落ちていったけど。
 これ以上落ちたら怒られそうな感じだったので、何とか持ちこたえて残りは49秒と50秒で纏めた。50秒の時は声が少し怖かったので、本当は48秒前後で帰って来ないと行けないのだろう。
 5本目くらいからキツサが増していったけど、今日は頑張ろうと考えずに軽く腕を回し続けて楽にフォームとリズムを維持するように心掛けた。その方がタイムの落ちが少ないような気がした。

 帰り道で蛍が沢山飛んでいるのに気がついた。今年は自転車で行ってないので気がつくのが遅れた様だ。家の前の川は宮若市の蛍の名所として指定されている場所だけど、今は工事中で駐車場に重機が置いてあって車が止められない。
 見に来た車は鋪装を剥いだ道路に止めて見ているけど、何となく落ち着かない感じで可哀想ではある。

スイム 2.2km

| | コメント (4)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »