« 新作ホルダの調子がよい | トップページ | 堀北真希チャンの旋盤は古い »

2012年4月 1日 (日)

ブームシリンダはクッション付き

 朝は久し振りに練習会に行ってみた。暖かくなって来て気持ちが盛り上がってきたのと、秋からの絶不調から少しは回復してきた印象が有ったから。
 佐賀のがばいオイサンから「どなたですか?」とか虐められたけど、泣かずに自転車の用意をして皆と一緒にスタートした。
 本当に久し振りなのでアップの神湊までも着いていけるか不安な位だった。動かない自転車の効果で筋力は戻っていたのか、神湊までは問題が無くてほっとした。
 次は津屋崎まで行けるかどうかだけど、これは正直言って無理だろうと思っていた。練習会みたいなハイペースで乗ってないから。でも何とか津屋崎までもついて行けた。でもそこまでだった。
 まあ、無理をしたらもう1本の半分くらいまでは行けたかも知れないけれど、復帰後の1回目で無理をする必要は無い。と言うよりも急に戻そうと負荷をかけすぎるのは良くないだろう。そう考えて後は自分のペースで単独走に切り換えた。
 単独走の間に色々と考えた。若い連中と一緒に練習をすれば刺激には成るけど、奴らと同じメニューをやっていては、加齢による衰えとか回復力の劣化で永久に奴らに勝てるわけが無い。
 と言うことは彼らとは違った何か、量ではない彼ら以上の何か、そう言った取り組みをしない限り勝てないだろう。。。
 取りあえず1本くらいは力試しの意味で集団に付いていくのも良いけど、それ以外は後で単独走の方が良いかも知れない。第一集団の中で遅れないように必死でもがくよりも、第二集団の先頭を走る方が単独走のトライアスロンに於いては効果が有るんじゃ無かろうか?
 レベルがちと落ちるけど、今の第一集団のトップの人達と同じ様な質のトレーニングに成りそうな気がする。もうちょっと考えてみよう。

0401_2  帰ってから昼飯を食い、気になっていたユンボのブームシリンダの油漏れを修理した。キットはバケットシリンダの時に2組買っていたのでそれを使って。
 何も考えて居なかったけど、ブームシリンダはクッション付きだった。手持ちのキットはクッション無しのキットなので、クッションの所のOリングとバックアップリングが無い。これは再利用した。
 ブシュも入っていたので交換。古いのが抜けずに苦労した。壊すつもりで叩いても出てこず、旋盤で簡単な治具を作ってプレスで抜いた。簡単に抜けずにバーナーで炙っていくと「バンッ!!」と音がした。この手の音は何時聞いてもびっくりする。
 作業をしていたらVWのK氏が変な部品を持ってきた。これを分解してくれと。今さっきやっていた作業と同じような作業だった。何処かで見ているのだろうか(笑)。

 一通り作業が終わったのでプールに行った。自転車で行って距離を稼ごうかと思ったけど、年寄りは無理をしがちなので軽トラにした。どちらかに転ぶなら頑張りすぎるより頑張り足りない方が罪が軽い。
 アップの後はキック200m。進まなくても良いからとにかく力を抜いて水流を感じるように心掛けている。そのあとは片手クロールのドリル。苦手な呼吸と反対側の手回しのヤツ。続けてスイムをやるとしばらくは息継ぎのフォームが良くなる。
 大和青藍の先生と生徒が来て練習していた。天草にエントリーしたらしい。高校の頃から練習していたら強くなるだろうなと思った。でも大人になっても興味が続いているかどうかは解らない。

スイム 3.2km
バイク 78km

|

« 新作ホルダの調子がよい | トップページ | 堀北真希チャンの旋盤は古い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新作ホルダの調子がよい | トップページ | 堀北真希チャンの旋盤は古い »