« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

新作ホルダの調子がよい

0331 グルグル君も嫁さんが名付けた開発コードだけど、こっちは旋盤のシリーズになる。そのまんまだけど(笑)。
 その中でも小さいサイズは特に剛性が低いので使いこなすのが難しい。小さいからお手軽で簡単じゃなくて、低剛性だから高剛性の機械よりも使い方にノウハウが必要に成ってくる感じ。
 最近は適した刃物の事が少しだけ解ってきた。機械本体もボトルネックに成る部分を少しずつ改良して完成度も高くなってきた。そんなこんなの相乗効果で、自作のチップホルダを作って、それをつかって適当にサラッと削っただけでこの位のテストピースはできるように成ってきた。
 材料はホームセンターで売っていたΦ16mmの「鉄」と書かれていた丸棒。たぶんSS400の様な物かと思われる。それを14mm、12mm、10mm、と3段に削り、10mmの所だけ6度のテーパにして、12mmの所にピッチ1.0mmのネジを切ってみた。
 外形切削の部分は周速を100m/min.程度まで上げられるので綺麗だけど、ネジの部分はZ軸の送り速度がネックに成ってそこまで周速を上げられない。その為に切削面が汚い。
 これはこの価格帯のモデルではどうしようも無い感じがする。もう一つ上の価格帯に成るとボールネジを使っているのでZ軸の送り速度がかなり高くなる。それに比例してねじ切り時の周速も上げられるので、構成刃先の問題とかも良い方向に向かって比較的綺麗に成る。ミニCNC旋盤のねじ切りに関しては、切削油とかで試行錯誤の世界かもしれない。

 今日は部落の総会の日。部落と言っても複数の総会があって今日はその最小区分の小組合と呼ばれる区分。議事とかほとんど無くて単なる飲み会だったりする。時間が勿体ないのであまり嬉しくないのだけど、まあ部落の一員でも有るので参加してきた。
 来週の日曜はその上の区分の総会がある。その次の日曜は水泳協会の総会がある。まあ、色々あるなあ・・・としか言えない。

| | コメント (2)

2012年3月30日 (金)

治具作り

0330 今月中に発送しておきたい物が出て行った。ホンの一瞬だけどホッとしたので頭の中に有った作業をやった。
 画像は別の物を加工するための治具。試験を兼ねてこれもドリドリ君で削ってみた。材料はSS400の切れっ端。4面を軽く削って面を整えた後で、一つの角をL型に削る。ここに本来の被切削物が押しつけられて位置決めされるという仕組み。
 本当は長手方向も位置決めの必要が有るのだけど、こっちは物によって位置が違うのでボルトかピンを複数取り付けることで対応の予定。
 本職用のフライス盤なら1回で済む加工だけど、ドリドリ君は小さくて剛性が低いので8回に分けて削る必要が有った。この事自体は酷く効率が悪いけど、図面を書いて外注に出したりするよりは早くて効率がよい。
 そう言えば治具は英語でもjigだ。英語が起源なのだろうか?それとも異なる国で同じような音の言葉が生まれたのだろうか?驟雨(しゅうう)とshowerも良く似ている。

 今日は5周目なのでスイミングのレッスンは無いのだけど、自主トレとしてプールに行くことにした。昨日の夜に長濱と走りながら自主トレに行こうと話したから。でも長濱は来なかった。床屋のオバチャンは来た。
 今日はクロールのドリルで感じる物が有ったので、それとそれを意識したスイムを重点的にやってみた。
 キックと息継ぎと反対側の手だけを使って泳ぐドリル。私はこれが苦手。どうしても手で掻いていない時に顔を上げて息継ぎをする事が難しい。
 息継ぎの所はできないままだけど、その後の伸ばした手をキャッチに持っていく所が何となく感じた。無意識だと肘が先に落ちている。これだと抵抗が発生するわ、水を後にはかけて無いわ、で宜しくない。と言うことでここ修正しながら泳いだ。とうふの中に丸く深く指先を突っ込んでいくイメージで。
 その後はプルブイを付けて左手だけを意識して泳いだ。少しだけトレーニング的な色もつけて25mを30秒サークルで回した。25秒くらいで帰ってきて5秒休みくらいのペースならキツクは無かったので、これで60本泳いでみた。何となく今までよりもよい感じがした。
 キックをつけたらどうなるか解らないけど。

スイム 3.6km

| | コメント (0)

2012年3月29日 (木)

何個目だろう?

0329 かなりの頻度で使っているポケットトーチが壊れた。透明のヤツが新しく買ってきたヤツ。下のが今まで使っていたヤツ。もう一つはその前に壊れたヤツで修理したいな・・・と思いながらも面倒で放置状態のヤツ。こちらに帰ってきてからだけで3個目に成ってしまった。
 広島時代も入れたらかなりの数になる。1割は趣味的な事だけど9割は仕事で使っているので仕方ないと言えば仕方ない。新品で買っても1,000円位だし。
 今回初めて気がついたことがある。今までずっと「ポケットトーチ」と思いこんでいたけど、商品名は「ポケトーチ」と成っていた。
 頻繁に使っているとノズルが詰まり気味に成るのか、ガスの出が悪くなって最終的には加速度的に火が着かなくなる。今までの故障は全てこのパターン。ノズルを掃除しようと思うのだけど、バイクのスロージェットとか比べものに成らないくらいの極々細穴なので掃除の良い案が無い。
 しみじみ見るとこの穴だけで1,000円くらいの価値は有りそうな気がしてきた。どうやって開けるのだろう??

 今日は少し出るのが遅れた。それで短い距離で刺激を入れようと思ってトヨタグランドに行ってみた。なんか見覚えの有る車が止まっているな、と思っていたら予想通りに長濱が走っていた。
 書かなかったけど、この間ルミエールの先でも有った。これで私が走ったときは3回連続で有ったことになる。しかも走るコースの約束をしたり予定を教えたりしていないのに。
 しばらく話をしながら外周路を一緒に走り、最後は私だけトラックで400mを5本ほど走った。感覚的に3分40秒くらいのペースでフォームだけに気を付けて。
 トラックを走っているときは何も感じなかったけど、家まで帰る途中で何とも言えない不思議な絶好調の感覚が出てきた。ほんの少しキツいだけで普段ならハアハア言うようなペースで走れている。
 単純に走った距離が短いからかもしれない。帰り着いてから気がついた。

ラン 15km

| | コメント (4)

2012年3月28日 (水)

プローブの補正はやっておきましょう

0328 昨日のオシロを見てみた。取りあえず電源を入れたら輝線はでる。先端のないプローブが1本だけ付いていたので、そのままキャリブレーション信号の端子に繋いだら教科書みたいな波形が出た。
 壊れているのかと一瞬思ったけど、調整ねじを回したら真っ直ぐに成ったので調整ができていなかったのだと思われる。
 輸送中にずれたのかな?と思いかけたけど、あのねじがずれることは考えにくい。あまりAC的な波形を見るチャンスは無かったのかも知れない。
 アッテネータは全手動式。昔のテレビのチャンネルみたいで嫌いじゃない。CH2の倍率の低いあたりが少し接触が悪い感じ。軸にモーメントとトルクを加えながらガチャガチャ5分間くらいやっていたら少し落ち着いた。
 明日の発送が済んだら中を開けてみよう。接点にアクセスできるか解らないけれど、掃除したらもう少しは良くなりそう。軸のブッシュにガタが多いけど、それはいくら何でも面倒すぎるから止めにしよう。

 天気が良いので本当に動く自転車に乗ってみた。ポジションを変えたりワイヤー類を変えたりしているので、確認の意味で一通りぐるっと乗ってみたかったし。
 ポジションは悪くない感じ。でも脚力が劇的に落ちているので実際の変化は悪い方に出ていると思う。まあ仕方ないね。秋以降の全然踏め無くて全然乗る気分に成れない時期に比べたら劇的に良くなったし。
 一昨日だったか泉水越しの先の方でねずみ取りをやっていた。今もやっていたら面白いなと思いながら、40km/h制限の短い直線を必死で漕いで走ったけど今日は警官は居なかった。
 風が強い。でもこの2週間の日曜日に比べたら弱くて安定しているので走りやすい。行きは向かい風で帰りは追い風。向かい風は意外と良く踏めていたような気がする。

バイク 30km

| | コメント (2)

2012年3月27日 (火)

箱の奥から変な物が

0327 割りと大きな箱で仕事の荷物が来た。インボイスみたいな明細が張り付けてあったので、ふーん、とか思いながら品物を少しずつ出していったら、一番下からこんな物が出てきた。
 ちなみに相手はオシロ屋さんじゃない。アッテネータがどうたらこうたら・・・と書いてある。うちもオシロ屋さんじゃ無いけど、どうしようか。
 全体を見るために引きずり出してみたら、プローブの線がACコードと一緒に裏面の4個の脚に巻き付けてあった。こんな収納は初めてみた。いや、これはいかんだろ。プローブの同軸の芯線はすっごく細いので、緩く巻いてプチプチの封筒に入れるくらいの気遣いが必要かと思いますわ、某社長さん(笑)。

 最近の常でフォームとか動きを意識して走った後は筋肉痛が酷い。ランとか自転車はできる気がしないのでプールへいった。とうぜん軽トラで。
 前半は抵抗の少ない姿勢を感じながら泳いだ。どうしてプルブイを付けたら楽に速く泳げて、キック有りにしたら遅くてキツくなるのだろう?そんなことを思いながら。
 後半は手の力を本当に抜いてしまって、腹の下だけとか最後のプッシュだけとか、力を入れた時と入れないときが明確に解るようなかきかたをしてみた。
 このくらい極端にやると鈍い私でも解る。当たり前だけど凄く速度の増減を感じる。スクリューとか外輪船みたいに連続じゃ無いのだから、当たり前と言えば当たり前かもしれない。
 この速度が増減している感覚は良いことなのだろうか?もっとスムーズに連続して進むべきなのだろうか?それとも力を意識する瞬間に加速するのが良いのだろうか?今度のレッスンで聞いてみよう。

スイム 3.5km

| | コメント (0)

2012年3月26日 (月)

専用ケースだぜ

0326 新しいドリドリ君の制御盤が届いた。いや届いた訳じゃない、自分で軽トラに乗って取りに行ったのだ。
 今までは市販のケースを使っていた。でもこれだけの追加工をしようとすると自分でやるには凄く時間がかかる。外注したらメンタマが飛び出るような費用がかかる。まあ当然だ、自分でやっても時間がかかるんだから。
 相当悩んでいたのだけど、じっくり考えてゼロから製作をすることにした。当然コストは発生する。でも自分の時間がケースの追加工に取られてしまう事のデメリットと比較して発注を決めた。
 今の自分の仕事は穴開けを正確に綺麗にやる事じゃ無くて、何か面白そうな事を思いついて、頭の中のイメージを一つの物としてまとめ上げる部分じゃ無いのか。と言う気がしたから。
 専用設計と言っても失敗が怖かったので、今までの市販ケースのサイズと今までの追加工データをそのまま使った。冒険の出来ない無難な男だ・・・。
 まだ大した数量じゃ無いけれど、自分の所の製品に専用設計のケースが使えるように成ったのは少しだけ嬉しい。子供が小学校に入学したくらいの感じ。

 今日はモータ屋さんの訪問も有った。筑豊の田舎の取引量も少ない会社なので来て貰うのは恐縮なのだけど、直接会って話をしたことは無かったのでお会いする事に。
 「社長のブログでは会社の業務内容は解りませんなぁ」とか言われてしまった。会社の業務に関しては積極的に書いていないので仕方ないけど、そう言う目で見てくれている人も居る事を改めて認識した。仕事に絡む部分はもうちょっと真面目に書こう。ハハハ。
 上記のようにケースを新作して原価が上がってしまったので、良い見積を期待しております(^^)。そうそう、O社さんは全品納期1週間以内とか言っておりますよ。

 昨日はスイムとバイクだったので今日はランニング。刺激を変える意味でNBの赤い靴を履いて走り出した。下はタイツにしたけど走り始めは少し寒い感じ。何時になったら春になるのだろう?
 速くなくても良いから良いフォームを心掛けた。良いと言うよりも見苦しくないフォームと言った方が適切な気がする。スイムで言えば何時までもプッシュで押し続けるイメージでは無くて、腹の下あたりからスッと抜くようなイメージで脚を運ぶ。自分で書いていてもイマイチ解ったような解らん様な気分だけど。
 お彼岸も過ぎて日が長くなって後半も明るい。峠を越えて23kmのコースにしようかと一瞬迷ったけど、今はフォームに気を付けているのだから負荷はデメリットと思って短めに帰ってきた。

ラン 21km

| | コメント (0)

2012年3月25日 (日)

ヘッダの選定は失敗したなあ

0325 先日のICD3を注文するとき、先生から話があって型番を言うまでに時間がなかったのでヘッダの型番は割りと適当に答えてしまった。あるページに載っていたのを上から下まで・・・みたいな感じで(笑)。
 チョコチョコと使い始めているけど、少ピン数で書き込みに必要なピンと機能的なピンがダブルやつ程必要な機器な訳で、ずらっと頼むなら「各ピン数を一通り」ではなくて、「8ピンのヤツを全部」といった頼み方の方が良かった。来ている8ピン用は12F629用だけなので少し寂しい。

 明け方に目が覚めて外の様子を見たけど、えらく寒いし風がメチャ強い。先週も練習会に行こうとして挫折して自主トレに成ったけど、風が強くて練習に成ったのかどうか解らなかった。と言うことで今日も風が止んでから自分で乗ることにした。
 朝から山の竹を倒して処理してを繰り返した。緩いトレーニングくらいは体力を使う。強い風は一向に止まない。どうしようかな・・・と悩んでいても始まらないので昼過ぎに自転車でプールまで行くことにした。
 最近は自転車でプールに行くことは少なくなった。あるときにオバチャンから「自転車で来て疲れて中途半端に泳ぐよりも、泳ぐだけに専念した方がよくない?」と言われたから。普段オバチャンの言うことはあまり聞かないけれど(笑)、なんかその通りのような気がした。
 でも今日は自転車に乗ることも同じくらい重要な目標だったので自転車で行った。やっぱり風が強かった。でも基本的に山の方を通る道なので海沿いよりは楽だったと思う。
 動かない自転車の効果なのか、なんとなく漕いでいてよい感じがした。本当かどうかは解らないけれど、悪い印象よりも良いことだと思う。
 プールでは何となくユルユルと泳いだ。今日はあまり考えずに、出来るだけ長時間の運動をする日にしようと思って。朝からの山仕事とトータルすれば、かなり長時間の緩い運動に成っているはず。ウルトラマラソンとかロングのトラにはこう言うのも必要だと思う。

スイム 2.5km
バイク 28km

| | コメント (0)

2012年3月24日 (土)

バンドソーも隗より始めよ

03241 どっちのバンドソーを縦型のコンターマシンに改造するか迷ったけど、エイシンタイプの方に目の細かい刃を付けている事から、こちらで試してみることに成った。私が縦型で切るのは3.2mm以下が大半なので。
 最初からフレームをぶった切ってしまうと、その後の作業が5年とか10年かかるかもしれない(笑)。と言うことで最初はガイドの向きを変えるだけにした。
 この機構を最初に考えた人は頭が良いなあと思いながら、その機構をさらに無効にするための小部品を追加した。これで理論上はフトコロが1.41倍に成るのだけど、フレームの形状とかが良い方に効いてきて、改造前の65mmに対して130mmのフトコロ深さに成った。
 65mmの時代はかなり苦労して切り出して居たけど、130mmくらい有ると小型の部品だとそのまま行けそうで嬉しい。

03242  こっちは例の変なレーシングチーム?のオーナーからの依頼品。汎用の電気式タコメータをレーサーのインナーローターCDIで使えるようにしろと言うヤツ。
 いろいろやったけどコイルの1次側とかキルスイッチの所は電圧が低めなのと、こちらに変な物を繋いでトラブルがあるとエネルギーを奪い取ってしまう事が気になった。
 あと、元々が汎用品でハイテンションコードから検出に成っていて同軸ケーブルが伸びている事とかもあり、ハイテンションコードに簡易的な検出コイルを追加してそこからパルスを拾うようにした。
 電源は色々と五月蠅い注文をつけてきたけど、レース時間は短いのだし実績的には数周でリタイヤするのだから(笑)数分でも持てば良かろう。と勝手に判断してアルカリの006Pにしてやった。
 面倒なのでスイッチも無し。出走前にメカニックが新しい電池を付けてスナップの端子をパッチンとはめたら良かろう。固定は輪ゴム。レースにはビニテとかガムテとかゴムとかの固定の方が短期の信頼性は高い・・・とか、これは半分マジの言い訳。
 山陰の山村なので、4月の終わり頃になって雪が溶けて郵便配達の人が歩いて行けるようになったら届くだろう。

 筍の季節に成ってきたのもあり、山の倒木とか竹の片付けをやった。竹は燃やしてしまおうと思っていたのだけど、風が凄く強くて火事が怖くなってきたので途中で止めた。

| | コメント (0)

2012年3月23日 (金)

クッキーよりも浅田飴に近いな

0323 午前中は久し振りに春日の九大に行ってきた。来期の打ち合わせと買って貰った機器の引き取りに。
 一つはPIC用のICD3で、もう一つは温度計。ICD3の方は本体が予想よりも安かったそうで、専用のアダプタ類も一緒に買って貰った。
 問題が起こったときに「特殊な機器なのでデバッグが上手く行かなくて・・・」とか言い訳ばかり言っているので、逃げ場を無くすために買ってくれたのだと思う(笑)。もう言い訳は出来ない。
 温度計はガラスの二重管タイプを予定していたら、パソコンに繋がる電子式が来た。これだと自分で読まなくて良いので、自作の温度センサの検定作業が半自動化できるかもしれない。これは凄いと思う。
 ICD3は変なケースに入っていることは知っていた。でも写真でしか見たことが無かったので大きさの感覚が分からなかった。デンマークのクッキー缶を想像していたのだけど、現物は浅田飴に近かった。これから使い方を勉強しないといけない。

 九大の近くにハンズマンの大野城店が有ることを知ったので、ついでにちょっと寄ってみた。確かに凄かった。でも土地柄かガーデニング関係がかなりの面積を占めており、私が面白そうと感じるようなゾーンは感激する程では無かった。
 少なくともボルトナット類に関しては宗像のナフコの敵ではなかった。ここのハンズマンは色々な種類が有ったけどサイズが適当だ。宗像のナフコは在庫している種類に関しては、太さと長さがずらーっと揃えてある。私には後者の方が有りがたい。
 取りあえずM3.5のタップが1本売りで300円位だったので、それだけ買って帰った。もう行くことは無いかも知れない。今度は曽根に行ってみよう。
 帰ってからもドリドリ君の部品の関係でウロチョロしていたりして、なんか今日は慌ただしい1日だった。分身が欲しい感じ。

 夜はスイミングに行ってきた。長濱は来てなかった。たぶん時期的に歓送迎会だろう。これで一歩リードだ。ハハハ。
 最初の200mキックで死んだ。ゆっくりでも良いと言われたけど、ゆっくりでも200mは私にとって激務だ。腰を下げるようなイメージでとアドバイスされた。自主トレの時に復習してみよう。
 あとは平泳ぎとクロールのドリル。平泳ぎの息継ぎの上体を上げる部分で変化が有った。今までは一生懸命背筋を使っていたけど、腕を持って指導された時にふと違う感触を持ち、そのイメージで行ったら割りと楽に上がるように成ってきた。
 背筋で上げるのではなくて、胸の下に拝むような形で手が入ってきて、その手の上に上体が乗っかかる様なイメージで持ち上がる・・・と。
 終わってからの更衣室でも先生からこの部分が良くなったと言われたので、自分の意識通りに変化が有ったのだと思う。たまには進化や良いことも有る。フフフ。

 帰ってから晩飯でも食おうとしたら、どこかの製薬会社の車がうちの山の方の土地に落ちたから・・・と人が来た。懐中電灯を持って見に行ったら道の法面にタイヤがすっぽり落ちたくらいで、土地とかほとんど関係なかった。
 凄く狭い道だし前には何も入らない。手伝って出るような状況でも無かったし、既にJAFを呼んだとの事なのでそのまま帰った。土地の中には好きに入ってよいからと言い残して。

スイム 2.0km

| | コメント (0)

2012年3月22日 (木)

2台目のバンドソー

0322 何処かに書いたけど、エイシンが売っていたのと同じタイプの怪しいバンドソーを使っている。エイシン時代ほどバカ安じゃ無かったけど、それでも信じられないような値段だった。
 少しは手を入れる必要が有ったけど、その後は凄く便利に使っている。鋼材の切断にも使えるし、立ててテーブルを付けるとコンターマシンにも成って、3.2mmくらいの鉄板で簡単な部品を作ったりするに重宝する。
 こんなに便利で仕事の効率が上がるなら、本物のコンターマシンでも買おうかと思うのだけど、流石に桁が違うし中古でも今のヤツの何倍もする。と言うことでジャンクのバンドソーを買ってアイドラホイールを追加してフトコロを増やし、自分なりのコンターマシンを作ってしまおうという計画。

 買ったのは新ダイワのΦ120mmタイプ。モータと減速機とホイール部分でも使えれば良いやと思っていたけど、意外と程度が良くてそのままでも使えそうな雰囲気。ただホイールに巻いてあるゴム?がボロボロなので巻き替えることにした。
 オリジナルはかなり硬い。本当はライニング屋に頼んでゴムかウレタンでも巻いて貰う必要が有るのだと思うけど、そんなお金は無いのでホームセンターの材質不明のゴム板を巻いてみた。
 接着剤はこれまたホームセンター定番のG17で。ホイールがアルミなので接着が上手く行くか不安だけど、まあ今のままよりも良かろうと思うし、駄目ならやり直したら良いだけだ。
 これで上手く行ったらどうしよう。こっちから部品取りを考えていたけど、こちらの方が小型軽量でエイシンタイプよりも完成度は高い。エイシンタイプは設計が古いのか各部が独立したユニット的な構成なので、これを切り離してオリジナルフレームに載っける方が楽じゃ無いか?と思い始めた。
 今はここまで。

 夕方から雨が降り始めたのでトレーニングはどうしようかな?と思いながら、裏に行って太い丸太を抱きかかえてスクワットをやってみた。10回を3セット。
 そしたら大腿四頭筋がピクピクし始めて痙攣の一歩手前に成ってしまった。おかしいなあ?予定では尻の後の方に効かせたかったのだけど。。。
 寝る前に自転車でも漕ごうかと思っていたけど、この太腿の状態ではやらない方が良いかもしれない。うーん。

 風呂の前に結局自転車を漕いだ。時間は短かったけど負荷を上げたので汗でダラダラに成った。

バイク 10km

| | コメント (2)

2012年3月21日 (水)

周山街道とでも名付けようか

03211 ユンボが動くように成ってから昨日の成果。凄く捗ったような気がしていたけど、写真で客観的に見たら大したこと無かった。
 5mくらい先にコブがあって高くなっていて、その先は谷になって低かった。それを均してユンボが通れるくらいの起伏にし、その先の出っ張りを削っていこうという所。
 こういう写真を撮るときは、気分を出すためにも黒板にチョークで日付とか入れて現場っぽくするべきかも。
03212  休んだのに滅茶苦茶太腿が筋肉痛だなと思っていたら、こっちの道も少しだけ整備した事を思い出した。こっちは歩き。そして先に椎の木の太い枝が落ちていたので、チェンソーで切って10往復くらいした。たぶんそのせいだ。
 最初の道が周山街道ならこっちの道は佐々里峠、あっちは京見峠で手前は山中越え、横の方は将軍塚か。。。とか全部勝手な名前でも付けて行こうか(笑)。

 筋肉痛が酷いのでプル主体のスイム自主トレ。水に浸かってみるとそれほど筋肉痛は酷くない。スイムのキックとは部位が違うようだ。ちゅうことは、山の整備はバイクやランには効果が有っても、スイムには効果が薄いと?
 脚も使えたので普通にキックの姿勢のドリルとかも入れて練習した。今日も競泳水着のお姉さんが来た。今日は隣のコースに。前回のように入ると同時に1,000mくらい一気に泳ぎ、その後は適当に色々な泳ぎで帰って行った。
 選手じゃ無いと思う。息継ぎの時の姿勢が崩れがちで伸ばした手で必死に顔を上げる傾向が有る・・・とか何とか、最近は人の泳ぎの差が見えるように成ってきて困る。
 昔は「自分より遅い人」と「メチャ速い人」の差くらいしか解らなかった。でも最近はもっと細分化されて解るし、自分と同じくらいのペースの人であっても、「ここがあれだ・・・」とか細かい所が見えるように成ってしまった。
 この目が外部に付いていて自分の泳ぎが見えたら良かろうと思う。その判断が正しくなくても、全然自分の姿が見え無いのと見えるのとでは雲泥の差が有ろう。B&Gに成ったら皆でビデオ撮影会でもやってみたい。

スイム 2.2km

| | コメント (2)

2012年3月20日 (火)

ホース交換はキツい

03201 日頃の行いがよいので、油圧モータが駄目になっているという最悪の事態は避けられた。ユンボの神様ありがとう。
 新しいホースは前回と同じで福岡空港の近くのホース屋で作ってもらった。オリジナルはブリヂストンだったけど、ここはヨコハマ。
 90度に曲がった金具が有るかな?と思ったけど問題なく直ぐに作ってくれた。ストレートの方は3,000円しないのに、90度金具の方は4,000円を少し超えていた。この金具が高いらしい。
03202  こちら側は良いけれど、スイベルジョイント側が肘から先しか入らない状態での作業だったので苦労した。外装スプリングを止めておけば良かったと酷く後悔した。
 この写真は最低限の動作が出来るようになり、ガレージの前に持ってきてジェットタガネで油圧モータを発掘した後の状態。
 良く見たら奥の下にある減速機を止めているボルトの頭が、スパナ2サイズ分くらい小さく成っているのが解る。
03203  こちらは左側。これは購入したときに既にホースが交換されていた。この時点で右も自分で交換しておくべきだった。
 ちょっとはそんな風に思ったのだけど、空間全てに錆びた砂が充填されていて、軽く発掘したけど袋ナットが回る雰囲気じゃ無かったので見て見ぬふりをした記憶がよみがえる。この性格は死ぬまでには治しておいた方が良さそうだ。
 こちらもジェットタガネでモータやボルト類を発掘した後の状態。ホース交換されているだけ有って、右よりもずいぶん掘り出すのが楽だった。
03204  さび止めを塗った状態。普通のさび止めは無くて、上塗り兼用の黒という何となく中途半端なヤツしか無かった。買いに行くのは面倒だったのでこれを塗った。やっぱり赤茶色のヤツの方がそれっぽい様な気がする。
 ここまでやってばらまいてしまった作動油の買い出しにナフコまで。トラクター用の20L缶が安かったような記憶が有るので。
 高くは無かったけど安くも無かった。6,980円もした。千円札が7枚しか無かったので全部取られてしまった。危ういところだった。
 帰ってからタンクに補充してみると15Lくらい入った。正確じゃ無いけど±2Lくらいの精度は有ると思う。これだけの量を山にばら撒いた訳で凄い環境汚染をしてしまった。

 昨日のランニングで力の入れ方を変えてみたところ、今日は朝から酷い筋肉痛に悩まされている。この状態でユンボの下に潜ったりしたので辛かった。
 筋肉痛も酷いしユンボも直ったと言うことで、今日は残りの時間は裏山の作業をずっとやっていた。納屋の裏の竹を倒すだけじゃなくて、起伏を均してMTBとかモトクロッサーとかランニングとか出来る周回路を作ろうとしている。
 その作業の課程で小さな筍を3本掘った。サッと茹でて晩飯の時に食べたけど美味しかった。数年前にユンボで掘った筍は筋っぽくて不味かったのは何故だろう?

| | コメント (5)

2012年3月19日 (月)

ゴムは意外と強かった

0319 朝一にユンボの下に潜った。廻りに作動油の嫌な臭いが充満している中で、土の上にベニヤ板の寝板を敷いてモゾモゾと。
 カバー類は買って直ぐに折れたボルトとかを全部やり直してある。だから気持ちよく外れる。外したら予想を覆す光景が待っていた。
 ホースのゴムは何ともないのだけど、油圧モータのポートからホースが離れていた。ニップルが折れたと思ったけど違っていて、ホースの袋ナットがカシメた様に成っている部分から破断していた。
 破断と言ったら凄い力がかかった様に思えるけど、錆で断面積がほぼゼロに近かったので簡単に離れてしまったのだと思う。

 とりあえず袋ナットが普通のナットみたいに残っているので取らないといけない。ホースが無いから普通のメガネでもボックスでも入るから楽だわ・・・とか思っていたけど、予想通りに緩まない。さらにオリジナルでは17mmの対辺寸法が16mmくらいまでやせ細っている。
 探したけど16mmのボックスは無かった。場所が場所だけに焼くわけにはいかず、タガネとハンマーを持ってきてコンコンやり始めた。
 本当はこう言うのは好きじゃない。綺麗な緑の床の工場でコスワースDFVを組みながら、「色気のないエンジンだなあ」とか文句を言うのが理想だったのに。。。何処で間違ったのだろう?
 油をかけてはコンコンを繰り返していたら何とか緩んだ。それが上の薄いナットの残骸の様な部品。ユンボの神様ありがとう。私に試練とちっぽけな達成感を与えてくれて。
 反対側のホースも外すことにした。こっちはまだ破断していない。でも錆で一体化されている。袋ナットは緩んだけどカシャカシャ空回りはしてくれないので、ホースの部分を金切り鋏でぶった切ってグルグル回して外した。
 疲れたよ。。。

 仕事が終わってからはランニング。今までで一番気温が高いような気がしたので、冬用のグローブを止めて葬式用の白い手袋をはめて行った。少し冷たいけどギリギリ許容範囲という感じ。
 長めの21kmコース。日が長くなってヘッドライトが要らなくなったのは嬉しいけど、川沿いの道では既に小さな虫が飛び回っている。次回からは透明のサングラスが必要だ。
 今日も途中で長濱に会った。私が走っているときにはかなりの確率で会う。と言うことはヤツは私以上に頻繁に走り回っていると言うことかも知れない。

ラン 21km

| | コメント (3)

2012年3月18日 (日)

ユンボのお漏らし

0318 昨日に続いて裏山にいく道の整備をした。最初は邪魔になる竹を数本倒し、次は出来るだけなだらかな斜面が得られるようにユンボで凹凸を均していった。
 孟宗竹の根はミニユンボにとって強敵だ。廻りを少しずつ掘っていって最後に何とか掘り起こせる。太い根だと掘ることすら出来なかったりする。
 ああ、ミニ旋盤とミニユンボは似ているな。期待して買うけど思ったほどの作業は出来ずにがっかりする。でも諦めずに触っていると出来る範囲が解ってきて作業も少しずつ進むように成る。大型機との差が把握できて使いこなせるように成ると、何となく可愛らしくなってくる。やっぱり有ると無いとでは大違いだ。とかおもう。
 そんなことを思って作業していき、もう暗くなったから止めて帰ろうと思ったときのことだった。前進が出来ない。それも右だけ。最初はキャタピラになにか引っかかったと思ったけど後退は出来る。???と思っていたら作動油の嫌な臭いがしてきた。
 嫌な気持ちになって右下を見たら濡れていた。触ってないけどほぼ確実に水じゃなくて油。。。。斜面の上に居たのでバックだけで何とか平坦な場所まで下ろした。前進側のホースから油がダダ漏れだろうな、ポンプがいかれたりしないかな、色々と不安なことが有ったけど、変なところで動かなく成るより100倍ましなのでそのまま後退した。
 止めてみると右の走行モータのあたりから油が漏れていた。ホース交換で済めばよいけど、買ったときからかなり錆びていたので金具が緩むか不安だ。

 真面目に仕事をして夕方から家の廻りの整備をしていたのに、どうしてこんな酷い目に遭わないといけないのだろう?とか思ったけど、平地まで戻って来られたのは凄く幸運なんじゃないか?とも思う。
 こう言うのは宗教の世界なのでどっちでも良かったりする。日常を否定的に捉えていれば運が悪かったように感じるし、肯定的に捉えていれば運がよかったと感じる。物理的にはホースのゴムが破れているだけだろう。
 ハハハ。困ったね。

 ユンボの件でちょっと落ち込んだけど、気を取り直して少しだけ動かない自転車を漕いだ。

バイク 8km

| | コメント (0)

2012年3月17日 (土)

斜めの斜めは訳が解らん

0317 むかーし、勝倉の小型旋盤を貰ってきたときに手作業でチップ交換式のバイトを作ったけど、今はドリドリ君が有るのでもう少しスマートに作ってみよう・・・と思いながら2年くらい放置したままだった。
 去年の年末くらいから少しずつ削ってみているけど、試せば試すほどメーカ品の形に近くなってくる。まあ当たり前か。加工の自由度が増えてきたので性能的な妥協点が少なくなって来たのかもしれない。
 この写真のはTP**系列のチップ。最初は勿体ないからとTN**系を使うことが多かったけど、剛性の低い機械になればなるほどネガチップでは満足な切れ味に成らずポジチップを使わざるを得ない様な感じ。
 ポジチップの場合は座面がバイトの底面と平行で良い事が多いけど、側面がテーパに成っているのが嫌らしい。さらに平面配置的にも1度くらい傾けたいな・・・とか思い出すともっと面倒。全体を傾ければ良いネガチップのホルダの方が楽な気がする。

 筍の時期が近くなってきたので山に行ってみた。倒れた竹が多いので何とかしたい。その為にはアクセスが容易に成るように道を整備する必要が有る。と言うことで今日は道を少し整備した。
 山の中は竹の根が多く、前日の水泳で疲れた肩廻りにとって厳しかった。トレーニングとしてやるのなら、中1日は休憩してからやれば良かったと後悔。
 夜はオマケ的に動かない自転車を漕いだ。ほんのちょっとだけ。でも負荷をかけたのでかなり汗が出た。

バイク 10km

| | コメント (2)

2012年3月16日 (金)

圧倒的な存在感

0316 三男がアマゾンから荷物が来るから受け取ってくれと言う。何か聞いたら「アーケードスティック」と言う物体らしい。ゲームパッドの大きなヤツでゲームセンターの操作盤に近いイメージとか。
 話を聞いてピーンと来た。試験用のドリドリ君には簡易「手パ」として息子達が捨てたゲームパッドを使っている。ダイヤル操作じゃ無いけど最初の位置あわせとか適当な切削送りには便利。
 ただゲームパッドは小さいので、小回りが効いて便利なときも有ればケーブルに引っ張られて動いたり、何処かに隠れたり、ボタンの機能が低いのでXとYが意図せずに同時に動いたりと弱点も有る。これが解消できそうな感じ。
 で、ワンクリック注文で頼んだのがこれ。来るまではゲームパッドよりも少しだけ大きいくらいと思っていたら全然違った。圧倒的な存在感がある。これが送料込みで2,545円とは全く理解できない世界だ。それだけ市場がデカいという事だろう。
 使ってみたら全然違う。置く場所があるならゲームパッドよりも良い。表面に「Z+」とか「M05」とかシールでも貼ったら専用操作盤に成る。良いものを知った。いろんな世界に接しないといかんなあ。。。

 ドリドリ君と並べて写真を撮ってみたけど、ドリドリ君のデーブルよりもこっちの方がデカくてイメージが悪い(笑)。と言うことで新製品のデカいテーブル仕様と並べてみた。
 ノーマルテーブル版と基本部分に変化は無いのだけど、テーブルやストロークの増加に伴って細かい改良も有る。A型エンジンが排気量の増加に伴い、クランクベアリングの見直しとかコチョコチョやったような感じかも。

 スイミングの日。今日も始まる前は肘を使って泳ぐイメージとか脱力の後で最後だけ一瞬力を入れるイメージとか、そんな感じのドリルをやってみた。
 始まったら前半はキック主体のキツい練習だった。クロールのキック+平泳ぎの手で呼吸を4本、クロールのキック+手は体側の片手回しで4本、クロールのキック+手は前の片手回しで4本、普通のスイムで4本、を45秒サークルで2セットだった。書くだけでも大変だ。
 私にとって最初の4本がキツい。平泳ぎの手は苦しくなって息継ぎの時だけなのに、頻繁に手を回して誤魔化して何とかクリヤした。45秒は死ぬかと思った。長濱も死にかけていたので会話がない。
 後半は平泳ぎのドリル。どうも腰の使い方というか背筋と腹筋の使い方というか連動というか、そのあたりが出来てない。これは全く出来てない感じ。
 あとは手の最初の所。ここもキャッチというのか、この部分で手のひらをもっと後に向けないと行けないらしい。毎回手を持ってグッと修正される。
 まあ、キツかった。

スイム 2.8km

| | コメント (0)

2012年3月15日 (木)

六角穴付きボルトの座ぐり径

 気になりだして調べたら解らなかった話し。六角穴付きボルトの頭を沈めるための座ぐり径。加工の面から言えば沈めフライスの直径とも言える数値のこと。
 昔から使っていた資料を元に図面を書いたり、最近では加工をしてみたりしていたのだけど、沈めフライスの値段を見ていてメーカによって直径が違うことに気がついた。
 特に差があるのはM6の座ぐり径で、10.4mm、10.5mm、11.0mmと私が簡単に探しただけでも3種類のカッタ径がある。
 もし私が11mmの径で図面を書いた場合、10.4mmを持っている工場ではどうするんだろう?電話してくるのか、そのまま10.4mmで加工するのか、11mmのエンドミルを使うのか、MCで円弧補間で調整するのか??
 JIS規格(指摘されても使ってしまう・・・)があるだろうと探したけど見つからない。ネットでも調べると京大の資料では「JIS B 1176」に規格が有るように書いてある。でも手元のハンドブックではB1176は単なる六角穴付きボルトの規格でしかない。
 手元のハンドブックは1998年なので日本工業標準調査会のデータベースで確認したけど、やっぱりB1176には座ぐり径までは載ってなかった。京大の教授か技術職員か知らないけれど、何処から探し出して来たんだろう??

 走るか自転車にしようと思っていたけど、なんか全体的な倦怠感を感じた。気分転換に家の裏に転がっている木を割って薪にすることにした。
 今は太いのとか二股の部分とか、嫌らしいのしか残ってない。今日もかなり苦労して割った。あとで良く見てみると2時間くらい作業したのに6個くらいしか割れてなかった。1個をバラバラにするのに平均で20分近くかかっているという事か(笑)。
 このままでは体幹部と上腕部のみに集中しすぎているので、少しだけ動かない自転車を漕いでみた。油断して適当に着込んだまま漕いだら全ての衣類がビチャビチャに成った。

 寝る前に嫁さんが見ているテレビを見て思ったこと。あと20年くらいしたら小泉今日子が赤いスポーツカーの中から、「何時までもアイドルで居たいから、やっぱり私はパンパース」とか言う時代が来るんだろうな・・・と。

バイク 15km

| | コメント (4)

2012年3月14日 (水)

ペースメーカー

 予想通りに脚が筋肉痛だった。それも特定の筋肉が。どちらかというと体の後ろの方がメインの感じ。故障とか筋肉痛以上の痛みでは無いのでしばらく続けてみよう。
 山に芝刈りに行くかプールに行くか迷ったけど、山は脚に厳しそうだったのでプールにした。軽くアップをした後はプルブイ主体で手のドリルを延々とやった。
 時々手を握ったりして肘のあたりの水流とか動きを意識してみて。出来るようには成ってないけど、最近は肘のあたりの水流は感じるように成ってきた。これは出来るように成る前の初期段階じゃ無かろうかと密かに期待している。
 1時間ほどドリルをしてトイレに行って帰ってくると、隣の隣のコースに競泳水着のお姉さんが来ていた。シリコーンのキャップの後が髪の毛で流線型に尖っている。
 でもマグロみたいな体型じゃ無いし動きも選手じゃ無さそう。素人の速い人だろうか?マラソンで言えば3時間20分くらいで走る女性のイメージか?そんなことを考えながらプルブイを外して手足を使って泳ぎ始めた。
 お姉さんとペースが近い。これは良いペースメーカーだと思い色々と考えたり試したりしながら泳いだ。意識の持ち方でペースやキツサがずいぶん変わるのが面白い。
 私の方がほんの僅か速いようで、最初に10mくらい差が有ったけど10分くらいで並んだ。この辺りでそろそろ止めたくなってきたのだけど、追いついたところで止めたら何か嫌だ。
 さらに10分くらい泳いだら10mくらいリードした。この辺りで相当止めたくなってきたのだけど、ちょっとリードして止めるとか悔しい。最初からそう言う予定であっても、そういう風に取られているかも知れないと考えると悔しい。完全に自意識過剰だ(笑)。
 そのまま泳ぎ続けたらお姉さんが先に止めてくれた。良かった。正直言ってホッとした。あと8分くらい泳いだら19:00丁度になる。「最初から19:00まで泳ぐ予定だったんだよ。アンタなんか全然気にして無かったからね」と言う雰囲気で19:00まで泳いで止めた。
 その後は平泳ぎをしたりしていたけど、足の裏が軽く攣ったりし始めた。これは水分とかカルシウム不足じゃなくて、昨日の酷使に依るものだと思う。ちょっと時間が残っていたけど止めて帰ることにした。
 何方か存じませんが、隣の隣のお姉さん、ありがとうございました。

スイム 3.2km

| | コメント (0)

2012年3月13日 (火)

走り方を変えよう

 トヨタ九州RCの人と走って己のフォームの汚さに落胆し、しばらくしたら伸びしろが有ることに嬉しくなった事は書いた。今日はその対策のつもりで走り方を変えてみた。
 シルエットで比べてみるまでは、自分の走りは遅いだけでテレビで見るランナーと変わらないと思っていた。でも何か変で体が開いているというか、足の裏が何時までも接地しているというか、ケリ脚が流れているというか、何か変だった。
 今日は取りあえず短く接地することを意識してみた。足の裏で地面を後に押しやるんじゃ無くて、短くタンタンと接地していき、その反力の垂直成分が体重を支えて、水平成分が前方へ少しだけ向いている。そんなイメージで。
 かといって長距離なんだからジャンプみたいに成ったら良くないのは解る。野口みずきだって上下にはそんなに跳んでない。スタンプを押すようにタンタンと足の裏を点くだけ。
 なんか難しかった。そして当然のことだけど足の裏の衝撃は今までよりも増えたようで足の裏が早くから怠くなってしまった。でも心肺とか脚の全体としてはそんなに変わらない感じがした。
 もしこの動きというかドリルが良い方向に進めてくれるとしたら、足の裏の疲労感だけ克服したらなんとか前に進むかも知れない。そんな気持ちで走った。

ラン 21km

| | コメント (5)

2012年3月12日 (月)

このブラシホルダは懲りすぎじゃ無いか?

0312 1,000円のドリルを買ってきた。ドリル自体が欲しかったと言うよりも、その他の物とかそこの工場に興味が有ったので情報収集代金みたいな物か?
 場所は意外と近かったしどんな所なのか解った。1,000円の価値はそれだけでも十分なのだけど、ドリルも動きそうなので少し弄ってみた。
 雰囲気的に現行の13mmの一つ前の型らしい。さらに前の型になると丸っこいデザインに成るし。意外とまともできちんと使えそう。でもブラシだけは限度以上に減っていたので交換。減っていて怪しいけど番号は106番に見える。
 宮田のナフコには日立のブラシが一式有ったので行ってみたら、全ての品番は無くなっていて41番のブラシが1種類だけおいてあった。マキタは数種類有ったので日立は仕入れないようにした感じ。
 やむなく41番を買って帰ったらサイズが違う。付いているのは4.7x8.0くらいなのに41番は6.5x7.5。6.5を4.7まで削り、7.5は仕方ないのでそのまま挿入した。
 コンミュテータは少しだけ段が有った。分解して旋盤で削るのは面倒だったので、チャックを手で回してロータを回転させ、ヤスリと紙ヤスリでそれっぽく修正した。あとはヘッドのギヤボックスにグリースを追加し、廻りの汚れを適当に落として完成。
 ブラシの0.5mmのガタが気になるけど、1,000円の本体に大して400円も使ったので今さら調べて正規品を注文するのもバカらしい。それにガタは軸方向なので大きな悪さはしないと思う。減るまで待ったら私の寿命の方が先に終わりそう・・・。と言うことでこのまま使うことに決定した。

 分解の時にホルダが少し欠けた。この設計者はブラシホルダのガタとか位置精度に拘りが有ったみたいで、テーパの座に楔によってホルダが押さえつけられる構造に成っている。
 テーパの座も単純なダイキャストの型で成型できるし、凄く良いアイデアとは思うのだけど、テーパの角度が緩いためかしっかりと締まりすぎて分解が難しい。汚い現場とか戦場とかには向いていない纏め方のような気がした。
 欠けたところはエポキシで補修したけど、ベークライト的なオリジナル材質に対して耐熱性が不足していると思う。でも私が使うのは数分間だけと思うので良いことにした。

 昨日の強度がそれなりに有ったので、今日のトレーニングはお休み。

| | コメント (4)

2012年3月11日 (日)

名古屋国際見逃した

 日差しが暖かく成ってきたので冬眠から覚め、今日から久し振りにバイキングの練習会に参加しようと思っていた。その為に昨日の夜は遅くまでワイヤー交換とか自転車の整備をした。
 ところが、去年の皆生が終わってから整備とかしていないわけで、各所に問題点が出てきた。一番嫌らしかったのはシフトのアウターを受ける金具。ここにはM5の雌ねじが切ってあり、特殊な調整ボルトを回すことで走行中でもシフトの微調整が出来る様に成っている。
 この部分がゴミとか汗とか諸々の不純物でジャリジャリに成っていて、カジリ付きの一歩手前の状態だった。慎重に外してタップを通そうとしたけど上からでは通らない。仕方ないから下から貫通させてなんとか修正。
 そんなことを色々とやっていたら、12時までにシフトとブレーキのワイヤー交換が終わらなかった。ここで無理したら良くないのは解ってきたので素直に就寝。

 今日の朝に成って作業の続きをやった。ハンドルのポジションとかも弄ったので2時間くらいかかってしまった。でも気持ちは少しだけ残っていたのでバイクに出発。
 メチャ風が強い。強いだけなら良いけど息が有って時たま大きく振られて怖い。久し振りのバイクがこれでは少し厳しかった。これで集団走行は難しかったかも知れない。
 帰りにユリックスに寄ってみたら数台の見慣れた車が止まっていた。ガバイおいさんの車も有ったので、中で渋井陽子似の嫁さんが寝ているかとノックしたけど反応は無かった。
 そのまま帰って直ぐにテレビをつけた。マラソンは何チャンネルかな?と探しながら。でも何時まで経ってもマラソンは見あたらずに震災の特別番組ばっかり。そこでネットで調べてみると既に終わっていて結果が出ていた。。。かなりショックを受けた。
 実は今日のマラソンは少しだけ楽しみにしていた。麻丘めぐみと山口百恵とキャンディーズと太田裕美が出て特別ゲストにアグネスラムが来る位のメンバー構成を感じて居たのに(笑)。

 まあ終わったものは仕方ない。時間は誰にもコントロールできないのだから。潔く昼飯を食べてぼーっとし、自転車のハンドルを少しだけ弄り、15:00過ぎからプールに行くことにした。
 自転車で脚を使ったのでプールでは手のドリルを主体にした。先週言われたプッシュにかけて手の動きが速くなっていくイメージを持ってのドリル。
 物を投げる行為とか想像すると、私にでも手の動きが徐々に加速するべきで有ることくらいは解る。運転していて気がついたのだけど、水泳の場合は体も手のかきによって加速している。
 と言うことは体の加速分は水がもっと速く後に流れて居るわけで、物を投げるよりも更に加速して行かないと駄目なのかも知れない。徐々に加速じゃなくて、脱力→ゆっくり→ビュッくらいのイメージで。まあ良く解らんけどそれなりにドリルをやった。

スイム 2.3km
バイク 45km

| | コメント (0)

2012年3月10日 (土)

ロングのタップハンドル

0310 何回か奥まったところにタップを立てる必要があり、その度に小さなスパナでコクコク回して作業したのだけど、流石にイライラしてきたのでタップハンドルを作った。
 ストレートが1割引の葉書を送ってきていたので、予定ではラチェットの四角穴が開いたのを買おうと思っていた。でもナフコに行ったら普通のハンドルが800円位で売っていたので、これを棒で延長しようと考えを変更。
 延長する棒の無さで悩んだけど、とりあえずその辺に落ちている棒を削ったらそれっぽい長さに成ったのでそのまま溶接した。まあ使えそうな感じではある。
 それにしてもオリジナルのタップハンドルの材質はなんだったのだろう?えらく柔らかかった。先端の爪のことを思うとS50Cくらいに先端だけ焼き入れかと予想していたけど全然違う感じ。S15CKに先端だけ侵炭とか、そんな感じなのかもしれない。

 夕方からはランニング。時間はあったけどいつものワンパターンではいかん様な気がしてきて、西中経由でトヨタグランドへ行ってドリル的に走ってみることにした。
 ちょうどトヨタRCの人がペース走をしていた。タイムを取っている年配の人に聞いてみると20000mとのこと。ペースは3分30秒。
 フォームを考えながら100mの流しを数本入れた後、ペース走の後で走らせて貰うことにした。私が3分30秒ペースで走れる訳がないので1本とばしのインターバルとして。
 400mを83秒くらいで走っていた。これならなんとか付いていける。1周だけ。そして1周休んで再び付いていく。何本繰り返したか忘れたけど、7本くらいで限界が来た。
 脚が付いていけなくなったのも有るけど、向こうも終わりに近くなってペースが上がったのも有る。80秒とか出だしたのでかなりキツい。
 そしてタイムとかキツサ以上に気になったのは自分のフォーム。影でRCの人と自分のフォームが何となく解るのだけど、私のフォームは何とも見苦しい汚い走りだった。
 非常に情け無かった。走っているうちに治そうとしたけど直るわけが無かった。悲しい気持ちに成ったけど、家まで帰る途中に有ることに気がついた。
 ランはもう大して速くならない様な気がしていたけど、今がこんなに汚いフォームなら改善の余地がかなりあるんじゃ無かろうか、と。
 こう考えるとかなり気分がよくなってきて、さて、どうやってフォームの見直しとか練習をやっていこうかと楽しみに成った。

ラン 16km

| | コメント (2)

2012年3月 9日 (金)

ボール盤の整備

0309 今年になってからだと思うけど、中くらいのボール盤から異音がするときが有る。使えないことは無いので使っていたけど、一番使用頻度の高いヤツなので早めに修理を。
 広島時代から使っている安物のボール盤。今でも良くある13mmで9,800円とかそんなタイプのヤツ。そのままでしばらく使い、改造しつつ今まで来ている。
 今までの改造点は、テーブルがあり得ないくらい歪んでいたので、ヤスリと砥石で平らに修正。プーリ外周で1mmくらい振れていたので、ボスを圧入して真ん中に穴を開け直し。コラムが薄肉パイプの為に剛性が低く長さも短かったので、1.5倍くらいの中実の丸棒に交換。コラムの差し込み部が浅かったので、穴を深くして接合部の剛性を上げた。。。このくらいか。
 本当はアシナとか吉田とかの中古に買い換えたいのだけど、色々と手を入れていることとなかなか壊れないから捨てるわけにもいかない。
 そんな時の異音なので、少しだけ期待して(笑)分解した。主軸にはスラスト受けは無くて深溝玉でスラストも受けていた。6201Zが2個使ってある。6201LLUが有ったのでそれに交換。
 プーリの受けは6203Zが2個並んでモーメントも受ける様に成っている。これは手持ちが無かったのと、条件が軽いせいか痛みが無かったのでそのまま組んだ。
 あとはクイルというのか、上下に動く部分の回転止めの爪が痛んでいたので硬そうな穴付き止めネジの先を削って再製作。M8と思っていたらオリジナルはUNF5/16の様だった。無理矢理M8のタップを立て直してM8に変更してやった。
 これでお終い。何となく直ったので中古を買う気分が少し薄らいだ。

 今日のスイミングは前半は平泳ぎで後半はクロール。平泳ぎではキックのみで息継ぎをしながら進むドリルが辛かった。でもこれの後は普通の平泳ぎが楽に感じる。今までは手を主体にリズムを取っていたけど、脚を主体にして伸びて上体が浮きたがるタイミングに手を合わせる方が良いような気がしてきた。
 後半のクロールはプッシュのあたりをしっかりと押すドリルと、その後のスイム。当然その後のスイムでは直前のドリルを意識した動きじゃ無いと怒られる。その辺はだいぶ解ってきたので、それっぽい手の動きをしてみたら怒られなかった。
 ずいぶん上達した。スイムじゃなくて対応が(笑)。

スイム 2.1km

| | コメント (0)

2012年3月 8日 (木)

さすが中国製

0308 先月の始めに不具合も有るけど小型機では使いやすいと書いたマグネットスタンド。使いやすいので2個目も買って使っている。
 どちらも小型だからマグネットの吸着力が弱い。マグネットだけノーマルサイズに変えようかな?とか思いながら使っていた。でも気を付けてみると吸着力だけじゃ無くてカタカタしていることに気がついた。
 裏を良く見たらびっくり。普通は研磨までやらなくてもフライス加工くらいはすると思うのだけど、どう見てもヤスリで削ったとしか思えない加工の後が有った。そして定盤においてみるとはっきりカタカタする。斜めに削れているわけだ。
 フライスで削ろうかと思ったけど、中国人の仕上げ工に挑戦しようと私もヤスリで削ってみた。それだけでずいぶん良くなった。仕上げにオイルストーンで擦ったら私のレベルには十分な平面度が得られた。
 俺の勝ちだと思いかけたけど、仕上げ工じゃ無くて田舎から出てきた時給50円の女の子がやっているのかも知れない。そう考えたら何となく微妙な気分になって、定盤の上にピタッと張り付けてそのままにして置いた。

 今日は色々と変則的な動きや時間になってしまったので、トレーニングとか夕食とかその後の仕事とか、そのあたりが妙な感じでずれ込んだ。あまり健康面では良い事じゃ無い。
 とは言っても昨日は休んだので今日は走った。長い方のコースを。でも暗くてお化けが怖いので、四郎丸のところの峠は止め。
 体に対して刺激を与えようと思い、ずっと履いていたゲルフェザーを止めてNBの赤いヤツにしてみた。こっちの方が踵のクッションがずいぶん硬い。スカイセンサーと比べても硬い。でも拇指球の下あたりはあまり変わらない感じ。

ラン 21km

| | コメント (0)

2012年3月 7日 (水)

テンプレートが役に立つなんて

0307 内径用のねじ切りバイトを成型していて、ふと思いついて探し出してきたのがこれ。むかーし使っていた製図用のテンプレート。
 私はコンパスで小さな円を描くのが苦手で、ボルト穴とかねじ穴とかはほとんどテンプレートで誤魔化していた。しばらくしたらCADに移行していって、そんな悩みも無くなって行くのだけど。
 メーカに依るとは思うけど、内径ネジ用として買ったバイトの断面が四角かった。これではバカみたいに大きな雌ねじじゃ無いと切れない。
 と言うことで角が干渉しないように成型していたのだけど、想像で削らずに何か模範に成る物・・・として思いついたのがこれだった。各種のサイズが有るので便利に使える。でも樹脂なので熱いままで当てたら溶けるだろうな。

 昨日は長い距離を走ったので今日は休み。裏に溜まったままに成っていた薪を割っていった。最近は雨が多くて薪割りすら予定通りに進んで居なかった。

| | コメント (0)

2012年3月 6日 (火)

対称にはならん

0306 加工の方じゃ無くてドリル研磨の話し。加工はドリドリ君をNCドリル的に使えば楽だけど、ドリルを研ぐ方がなかなか進歩しない。
 それでもディスクグラインダ用のダイヤモンドカッタを使った平面が使えるグラインダを作り、虫眼鏡で拡大しながら研磨するように成ってからは切れるようには成ってきた。
 ただ左右対称は難しい。ハンドドリルの時は操作に必死なので切り子の状態まで見ていないけど、ボール盤とかフライス盤で開けると余裕が有るのでよく見える。
 私が研ぐとどうしても片側からだけ切り子が出たり、両方から出ても切り子のサイズや状態に差がついて出てくる。対称に研げて居ない事は明らかだ。
 ただ、切れるようにさえ研げて居れば意外と持つ。意外と持つからそのまま次も使い、何時まで経っても研磨が上手くならないと言う悪循環。

 天気はあまり良くなかったけど、雨続きだったので走ることにした。ちょっと出るのが遅かったけど久し振りなので長いコースを。気温は少し高めに感じたのでタイツに長袖ジャージで。
 タイム的にはまあまあのペースで走れたのだけど、走り終わってから脚がえらく怠かった。久し振りだから怠いのだろうか?回復のためには休む必要が有るけど、あまり休みすぎると久し振りに成って付いていけない?
 うーん、難しい。

ラン 21km

| | コメント (0)

2012年3月 5日 (月)

良いことも有る

0305 週末は色々とお疲れモードだったけど、よく考えたらデータは全部生きていたのだし、パソコンも買い換えずに軽く動くように成った。結果オーライかも知れない。
 たぶんパソコンの神様がギチギチに成りすぎた環境に対して、警鐘を鳴らしてくれたのだと思う。疲れたけどありがとうね。

 例の中国娘はだいぶ調子がよくなってきた。写真は色々とやりながら削ってみたサンプル。最大径で14mmくらいの材料。ねじのピッチは1mm。鉄系がこのくらい削れたら、私くらいの用途には十分実用に成ると思う。
 実際のサンプルはもう少し表面粗度に気を付けて加工し、面取りも見栄えの良い程度に処理し、オマケでドリドリ君でキー溝でも掘ったら機械の部品に見えてくると思う。
 晩飯の後はコイツを撫でながら色々と考えた。

 風呂の前に動かないバイクをちょっとだけ漕いだ。

バイク 10km

| | コメント (2)

2012年3月 4日 (日)

必要最低限の環境は速い

 PCは取りあえず動くように成ったので、あとはデータを元に戻して必要なソフトを再インストールしていく必要が有る。
 気がついたけどスッピンのOSだとメチャ速い。装備てんこ盛りの車から全てを外してダートらマシンでも作ったらこんな感じだろうか?
 と言うことで作業をする度にそのソフトをインストールすることにした。今までは便利そうと言うだけで沢山のソフトを入れすぎていた気がするから。少し前に流行った断捨離のパソコン版みたいなヤツだ。

 マラソンを見ながら動かない自転車を漕いだ。飯の後だったので負荷は軽くして。今井も堀端もプレッシャーが凄いんだろうな。。。とか思いながら。
 PCの復旧作業をしていたらイライラしてきたので、連チャンで泳ぎに行ってきた。今日は自分なりにドリルの日。肘で泳ぐような意識を持って色々やった。
 隣のコースに元園長先生のオバチャンが来て自主トレしていた。温泉に行こうか迷ったけどこっちにしたとか。元気すぎて宜しいのか宜しくないのか解らん。

 夜も復旧作業をした。WinCDRを入れようとしたらバージョンアップ版なので素直に入らない。旧ディスクもバージョンアップ版なので最初の元ネタを入れたらこれは違うという。
 そう言えば前回もそうだった。最初のを入れて次々にバージョンアップを繰り返さないと最後まで行かなかった。ずっと買い続けた客に酷い仕打ちだ。流石にそこまでやる元気がでなかった。
 どうしようか悩んでいると腹が立ってきた。そして吹っ切れた。今までバージョンアップをしてはずっと取っていたWinCDRを箱ごと全部薪ストーブの中に放り込んで燃やしてやった。取説とCDが燃えた。スッキリした。
 ちょっと病気だ。でもお疲れなのでこう言うところでバランスを取るのは大事だ(笑)。作業は止めて寝ることにした。

スイム 2.2km
バイク 40km

| | コメント (2)

2012年3月 3日 (土)

再インストール

 色々やったけど駄目で、修復インストールも何回やっても青画面が出て駄目で、CD-ROMから起動してインストールしようとしても駄目で、結局は別の所にWindowsをインストールしてデータとか色々回収した。

 昼前にプールに行って土曜日のスクールに参加。珍しく長濱とあしが君と3人が揃った。でも土曜のメニューなのであまりキツいのは無い。でもこの手のドリルを正確にこなせないと速くは成らん、と言うことが2年くらいして解ってきた。

 取りあえずは記録のみ。

スイム 1.8km

| | コメント (0)

2012年3月 2日 (金)

KERNEL32.DLL

I have a trouble in my PC about KERNEL32.DLL.
So I can't type Japanese now.

Today, my wife's parents came to my home.
My wife said to me 'Eat dinner with them' thus I couldn't go to swimming schooll.
I ran only 1 hour before dinner.
Thanks god.

run 11km

| | コメント (3)

2012年3月 1日 (木)

うれしきもの

0301 うれしきもの。その辺に有った鉄板を自作の金型で曲げたら綺麗に曲がり、ケガキとボール盤とハンドタップで立てた4-M4に4本のボルトがスッと全部入ったとき。

 全部を図面で確認するほど頭が良くないので、節目節目で現物をその場所に置いて目視確認したい時が有る。
 それ以外にも計算に乗らないトルクとか概略の性能を測定し、それを元にもう一段階完成度の高い設計に反映したい時も有る。
 丁度そんな段階の作業の一こま。ボールナットのバカ穴は4.5mmらしい。適当に作業したら相手が同等のバカ穴であってもボルトがスッと入らない事が有る。まあ作業が低レベルと言われたらその通りなのだけど。。。
 今回は更に難易度が高くて相手はタップ穴。ちょっとだけ嫌な予感がしたけど精神を集中してポンチを打って作業したら全てが上手く行った。なんか気分がよい。清少納言なら自慢げにこんな風に書くだろうな?とか思ってみたりして。

 小雨の中を走りに出たのだけど、想像以上に雨が降っていて途中で気分が折れた。西中経由で短めのコースにしてすごすごと退散。
 それなのに今日は三男の卒業式。さらに長男が帰ってきているからと晩飯の後でケーキが出た。モンブランタイプのロールケーキ。
 嫁さんは長男が帰ってきたからか機嫌がよくて、どんな厚みで何枚切って食べても文句を言わない。おかげでずいぶん食べ過ぎた。予定通りに21kmを走ってもオーバーするくらい。少し反省。

ラン 11km

| | コメント (4)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »