« 色々来た | トップページ | ランニング断念 »

2012年2月21日 (火)

40ノットの消防艇

 盗んできても怒られないような画像が無いかな?と思っていたけど、イマイチ見つからなかったので画像は無しで。

 ローカルニュースで福岡市に新しく導入された消防艇を紹介していた。最高速度が40ノットらしい。お金持ちが持っているモーターボートとか密漁船なら解るけど、実用的な船で40ノットは凄いなあと思って見ていた。
 消防艇と呼んでいたけど、現実の任務は離島の救急艇に近いらしい。今回のヤツは中身もそんな感じで陸を走る救急車に近いような装備。
 アルミ船体にディーゼルの2機がけでジェット推進とか。どこのエンジンだろう?最近は水泳で苦労しているだけに、船の速度とか構造とか以前よりも気になってしまう(笑)。

 消防艇の事を思いながら飯塚のプールへ。今日は少し思うところが有ってドリルというかドリル以前の試験みたいな事を繰り返した。
 最終的な目的は手のかきを効率的にすること。前回のスクールで背が低いのに効率の悪いかきでデカい選手に勝てるわけ無いだろ・・・と言われた。確かにその通りで何かで勝てる部分を作っていかないといけない。
 自分なりに考えた第一歩は、肘を使うこと。又は肘から手首までを使うこと。動きを中心に考えれば肘中心の回転から肩中心の回転にすること。上腕部の筋肉から体側部の筋肉に移行すること。こんなイメージ。
 まずは肘の当たりの水流を感じるために、手はグーで肘は30度くらいに曲げて、肘から先が無い人のイメージで水の中でバシャバシャやった。
 傍目には溺れているようにしか見えないと思うけど、ここの監視員は一応顔見知りに成ったので「変なオッサンが変な事を始めたなあ。」的な雰囲気で素通りしてくれた。有りがたい。
 延々とやっていたら水流は感じることが出来た。でも効率的に水を押すことは全然出来ていない。直ぐには出来ないと思うのでしばらくはこれでいこう。
 帰ってから風呂でも新たなドリルを思い付いた。今までは脚の動き、特に左足首の動きを良くするために、お湯をかき混ぜるときは左足でかき混ぜていた。これに今後は両方の肘を使ってかき混ぜるドリルを加えよう。

スイム 1km
バイク 2km

|

« 色々来た | トップページ | ランニング断念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 色々来た | トップページ | ランニング断念 »