« 帰り道 | トップページ | やっぱり落雷かもしれん »

2011年7月19日 (火)

唯一の失敗

0719 今年の皆生に関しては、大会前後で大きな失敗は無かった。何か挙げるとしたら靴の慣らしに関してだろうか。
 今年は7月に成ってから新しい靴に変更した。基本的な方向性とか形状は外れでは無かった様だけど、大会までに履いた回数が5回以下と少なすぎた。
 その為にロングの大会で濡れてむくんだ足で走った結果、写真のように表面の薄い皮の数カ所に損傷が起こってしまった。
 翌朝の朝食時に痛々しいから何とかしろと言われたけど、傷は凄く浅いので怪我としての程度は大したことはない。風呂の最初とか靴を履いて移動の際にピリピリと嫌な感じが続く程度。

 記憶が薄れないうちに今年の反省とか今後の方向性とかを考えておこうと思った。そしてここに書いておけば自分の心の中でこそっと思うよりは強い動機付けに成るし。
 まずは反省というか結果の分析。大会前の気持ちとしては、去年の自分と対決したらどの種目でも勝てると感じていた。その程度には練習が出来ていたと言う感じなのだろう。
 結果的にその気持ちに近い感じでレースを終えることが出来た。ランだけはあまり変わらなかったかな?と言う部分も多少有るけど、まあ自己評価なので許容範囲内(笑)。
 あと1分。305番に付いていって先着すれば年代別で3位に成れた訳だけど、彼は最後の3kmくらいで1分の差を付けている。キロ20秒はスパートしたわけだ。今の私にはロングの最後でキロ20秒あげる力は無かった。その時の気持ち的にも後で考える客観的な分析的にも。
 レース直後は根性が足りんなと思ったけど、「やるときはやる」とか「ど根性」とか、アニメみたいに都合の良い力が出るもんでも無いと思う。地道に積み上げてきた物をレースで出すだけ、ただそれだけ。
 と言うことで、結果の総括的には1年間の練習結果は出せた。そして去年に比べてそれなりに伸びた1年でも有った。そんな感じで纏めたい。

 さて来年はどう考えるのか。詳細はその都度考えたら良いけど、基本的な考え方を変えようと思う。というか今までがおかしかった。
 今年は72位。この位置は割りと激戦区で、全てがうまく行ったら50位くらいには成れるし、少しうまく行かなかった部分が有ると直ぐに100位くらいに成る。複数がうまく行かなかったら150位くらいに成る。そんな人達のゾーン。
 その誤差というか微妙なずれの範囲内に総合50位とか年代別2位とか3位が全て含まれている。と言うことはその程度を目標にして達成できていたとしても、当日の微妙な何かの加減で100位くらいに成ってしまう可能性もある訳だ。
 ちゅうことは今のゾーンから明確に抜け出すしかない。その為には河村さんに勝とうとか、そう言ったイメージの目標を持たないと駄目なんじゃ無いかと思い始めてきた。
 可能性があるのか?とか、具体的にどう動くのか?とか、そんなのは良く解らんのでまた後で考えよう。

 仕事を始めたけど、なんか色々とやっていたら直ぐに1日が終わってしまった感じ。やりたくなかったけど夜も少しやった。
 夕方に広島から変なオバサン天海祐希の様な素敵な女性が来た。嫁さんの知り合いというか子供を通した親同志というか、そんな人。
 このオバサン素敵な女性は広島の時から私のことを「センセイ!セン~セイ!」と呼ぶ。路上とかでもそう言うので凄く恥ずかしい。理由は解らない。
 だいたい人のことを「センセイ」と呼ぶ場合、二通りのシチュエーションが有ると思う。本当に教育の仕事に携わって居る人を呼ぶ場合と、軽い批判や皮肉を込めた揶揄的な表現の。彼女の場合は明らかに後者で使っていると思うわけだ。ねえ、カジさん。(笑)
 そうそう、おみやげありがとう御座いました。

 脅しのメールが来たので、一部の表現を修正致しました。

|

« 帰り道 | トップページ | やっぱり落雷かもしれん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰り道 | トップページ | やっぱり落雷かもしれん »