« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

シバウラの次はメグロ

0731 結局、今日は練習会には行かなかった。疲れとか気分とかそう言う物じゃ無くて、靴で擦れた皮が治りきらずにグチュグチュを繰り返して居るところを完治させようと思ったから。
 先週の時点でそういう風に考える事が出来ない部分が、私の中途半端というか弱いところだと思う。あと一息なので無理はしない。

 代わりにガレージの整理とか仕事の後でやりっ放しに成っていた所を片付けた。予想通りに土日では終わらなかったけど、やらなければ酷くなるばかりなのでやるしかない。
 近所の人でチェリーの充電がどうのこうの・・・言っていた人が居るので、その人のガレージに出掛けてレギュレータを外して持って帰った。
 このガレージは凄い。チェリーのセダンに加えてX1Rクーペだったか、後のデザインが特徴的なヤツも有った。ヨタハチとか他のもあるけどチェリーの個性の方が輝いている気がした。
 壁には河合奈保子とか麻丘めぐみとか天地真理のポスターが貼ってあり、なんかタイムスリップしたような不思議な気持ちで話をした。

 で、お土産に貰って帰ったのがこのエンジン。こんな物をもらって良いのか悩むけど、人様がくれるという物は基本的に有りがたく頂く事にしているので、今回も有りがたく頂いて来た。
 メグロのオートレース用のエンジンらしい。場所的に飯塚オートのヤツだろうか。展示台が有るから見本とか新人の整備練習用じゃ無いか?との話だったけど、私も詳しくないので良く解らない。
 私の時代の筑豊では、普通科には真面目なヤツが行く雰囲気が合ったけど、私自身は不真面目な普通科の生徒だったので、休みはバイク屋でバイトしていたし、友人と一緒に飯塚オートに行ったりしていた。
 その頃は仁田水とか吉田とかがトップ選手で、一番後のハンデ無しの所から追い上げていくのを見るのが楽しみだった。速い選手は二気筒のトライアンフに乗っていたような気がする。その頃も確かにメグロは走っていたけど、メグロのエンジンの記憶は全くない。
 展示台の足が腐っていたのでその部分だけ直ぐに補修した。力学的にかなり無理をした構造だけど、オリジナルにならって大きくオーバーハングした支持方法に成っている。
 全体を見ていくと面白い。点火はチェーン駆動の別体型マグネット。1/2に減速してあるから捨て火無し。
 カム駆動は驚きのOHC。と言うことは割りと新しいモデルなのか、レース用は早い時期からOHCなのか。そのあたりも整備しながら調べていこうと思う。
 右側面の補機類はオイルポンプ臭い。下の方がオイルの戻り口で太めのホースでオイルタンクに行くのだろう。上の四角い箱がオイルポンプで、クランクシャフトの端に一箇所だけ給油している。
 コンロッドの小端部まではクランク内のオイルホールだろうか?それとも跳ねかけだけだろうか。カムの潤滑はカムチェーンにつられて上昇したオイルを使うのか、カバーを開けたらクランクから分岐したオイルラインが有るのか。
 なんか色々と想像しながら外側を掃除していると、一瞬だけでも幸せな気分に成ってくる。何となく病気かもしれない(笑)。
 せっかくもらったのだからエンジンに火を入れて、可能であればミッションと車体を用意して走らせて見たい。でも今時チェーン駆動の別体ミッションとか安価に入手できそうにない。
 かといって、現行のやつはほとんど右側のギヤ駆動なので、エンジンをぶった切って分離しても素直には使えない。。。うーん、悩ましい。

| | コメント (7)

2011年7月30日 (土)

コンプレッサ仮復旧

0730 やっとコンプレッサが動き出した。予定では3,600円で買った古いインバータを使う予定だったけど、実物はかなり大きくて現状のブラケットに付きそうに無かったので、予定を変更してダイナモ試験機のインバータを引っ張ってきた。
 まずAC100Vを倍電圧整流して直流の280V程度を得る。この安川のインバータには直流入力と思われる端子が有るので、そこに繋ぎ込んで使っている。
 壊れた三菱電機の100V入力のタイプは、制御用電源はACから取っている様だったけど、この安川のヤツはDC280Vを入れるだけで動作すると言うことは・・・高圧DCから制御電圧も取っているという事に成るのだろう。
 整流ユニットはインバータのブラケットの下に付けようと思ったけど、振動が結構あったので取りあえずインバータ本体の上にビニテで括りつけた。一応「仮」と言う事にしているけど、いつもの様にこの状態で次のトラブルまで使いそうな気がする。
 いやいや、ビニテとかガムテは振動に一番強いんだぞ!とか、適当な屁理屈を自分に言い聞かせてテーブルの下に押し込んで完了とした。

 今日は色々と片付けをした。仕事の分とか家の分とか色々と。トライアスロンの練習とか納期に終われた仕事とかが続いてきたので、いろいろな所がやりっ放しのほったらかしに成っていたから。
 やり出したら切りがない。切りがないと言うよりも全然進んだ気がしない。それなのに暑くてダラダラした中途半端な作業で心身共に辛い。
 先週は練習会に行ったけど、足の皮がむけたところが少しだけ悪化した。左はほとんど治ったのだけど、右は丁度の所で表面がパックリと割れてリセットされてしまった。
 肉体的に無理しても良くないし、ちゃんとした生活という意味では家の事もやる意味が有るだろう。。。明日の練習会は止めにするかね。うーん起きたときに決めよう。

| | コメント (0)

2011年7月29日 (金)

シバウラエンジン復活

07291 シバウラエンジンの点火ユニットが出来た。トランジスタ式のフライホイールマグネトとでも言うのだろうか。良くあるフライホイールマグネット方式のポイントをトランジスタでオンオフさせる方式。
 点火のタイミングはフライホイールの外側にコイルと磁石を組み合わせたピックアップユニットが追加してあり、そこからのパルスを拾って点火する。4stなのにタイミングがクランクからなので2回に1回は捨て火になる。
 見直した回路をケースに入れて隙間を樹脂で充填し、キルスイッチを新たに用意して配線をしたら出来上がり。銘板を作ろうかと思ったけど面倒なのでマジックで書いた。ちょっとカッコワルイ(笑)。御免なさい。
 1.5時間くらい連続運転したけど不調は感じない。ガス臭さも始動性も我が家のエンジンコンプレッサのロビンよりも具合がよい。プラグは6番が燻っているというかオイリーなので手持ちの4番にした。無負荷の空転ならこれでよい感じ。負荷をかけたら5番くらいの方が良いかもしれない。メカ部分は今回は範囲外なので、依頼者さんにやってもらおう。
 ちゅうことで出来上がりましたので、適当な時期に取りに来てください。あまりに放置していると勝手にVベルトとか手配して田んぼとか栗の木の下の草刈に使ってしまいます(笑)。

07292  関係ないけど、ミスミのカタログ誰か要りませんか?2011年度版が本社と福岡営業所からだぶって送られてきたので、1セットあまってます。
 あとは去年のヤツとかモノタロウのヤツとかRSのヤツとかベアリング屋さんのとか、色々と古いのがたまってしまうのですが、何時も古紙回収に出してます。
 欲しい人には差し上げますので、コメント欄に書くかメールを下さい。
 メカ好きの若い人とか見るだけでワクワクすると思うし、若い技術者なら物の平均的な構造とか値段が解って勉強に成ると思います。そのまま使えることはあまり無いとは思いますが。

 今日はスイミング。3000m泳げとの言葉を思い出してレッスン前に自主トレで泳いでおいた。アップ200にパドルとプルブイで200x4。あとは200x5で合計2000m。
 レッスン自体は小さな子が居たのも有ってガシガシ泳ぐ感じじゃ無かった。その代わりに途中で柔軟とか入ってきて、こう言うのは私にとって苦手な分野なのでちょっと苦しかった。
 最後は平泳ぎとクロールで25mを交互に12回。今日は最初に2000mを泳いでいたのに、帰りのクロールは20秒から21秒で安定して帰ってくる事が出来た。何故か解らない。割りと調子がよかったみたい。

スイム 3.0km

| | コメント (2)

2011年7月28日 (木)

プリミティブなバッテリーレスフルトラ

 朝一番にVISAカードから電話がかかってきた。旅行の予約をしたか?とか**のバッグを買ったか?とか変なことばかり言う。なんか怪しいな?と思いながら話を聞いたら、なんと私のカード情報が漏れて悪用されているらしい。
 びっくりした。ニュースの世界の出来事と思っていたけど、急に自分の身に降り掛かってきたから。ずいぶん前に作って海外通販とかにもよく利用していたので、冷静に考えたらあり得ない話では無いのだけど、話を聞いてからしばらくは動揺していた。
 今回は不審な利用と言うことでカード会社側が気がついてくれたけど、これが自分だけが主張する事案だと認めさせるのは難しいのかな?とか、急に色々と考えてしまった。
 事故が嫌だから車に乗らないのも一つの選択肢で有るように、この手の犯罪が怖いのでカードを使わないのも一つの選択肢では有る。でも毎回T/Tで送金するのも面倒で割高だから、これからも使わざるを得ないのだろうな・・・と言う感じ。

07281  シバウラのエンジンが動き出した。最初はコイルが生きているかどうかの試験。自家製の点火コイル試験機にかけてみたらバチバチ火花が出たので良しとした。
 1次側の電圧がどのくらいか不明だったけど、12V系でもそれなりの火花が出るのでメチャ高くは無さそう。

07282  コイルは正常で有ることが確認できたので、空いた時間にメモ用紙に書き留めていた回路を作って接続してみた。
 メイン電源の発電電圧は、ロープを引っ張る程度の回転数では4Vくらいしか無かった。正弦波と考えてもピークで5.7V位しかない。ゲート駆動の事を思えばFETじゃ無くてバイポーラTrにすべきだろうな・・・とは思ったけど、点火系に使って壊れない事が確認できたTrは手持ちに無かったのでFETにした。
 いつものパナソニックのヤツ。メールで問い合わせが有る度に譲ってしまったので、古い基板から外さないと自分用が無くなってしまった。

07283  割りと簡単に始動した。最低でもメイン電源の極性と点火時期パルスの極性のプラマイで1/4の確率だったけど、1/4を見事に引き当てた。ちょっと気分がよかった。
 回転さえすれば後はデータが安定して取れるので、データを取って各部の定数を見直していき、他人が使っても壊れないような保護回路を適当に追加していったら出来そうな気配。
 あとは、点火コイルもあるていど劣化している可能性があるので、長時間の運転もやってみる必要が有ると思う。
 ああ、キルスイッチが壊れているのでそれは新設しないといけない。良さげなのが手持ちには無いので、マルツにでも買いに行くべきか。それなら昨日の帰りに行っておけば良かった。

 トレーニングとまでは言えないけれど、鞍手町のコースをゆっくりとサイクリングしてきた。普段着のTシャツに短パンで。
 帰ってきた姿を見て嫁さんjから、「その格好で行ったと??」と怪訝そうな顔で聞かれた。ピチピチのトライウエアだと何も言われないのが変な感じ。

バイク 42km

| | コメント (4)

2011年7月27日 (水)

増産命令

0727 午前中は回収されてきた"良かろうもん1号"を引き取りに春日の九大へ。ちょっと問題が有って悩み中。
 持って帰って調べていたら想定外の状態になっていたことが解った。うーん。困ったけど今までの不調の真の原因が掴めるかもしれん。災い転じて福となるのだろうか?

 帰り道はしょうけ越えから力丸に抜ける事が多いのだけど、今日はなんとなく久山から犬鳴経由で帰ってきた。その帰り道の久山のあたりの事。
 赤い車が道端に止まっていた。横目で見て通り過ぎたら運転席に見慣れたシルエットが。???と思ってその先のコンビニに軽トラを止めて行ってみたら池形夫妻だった。
 池形さんの脚も調子が良さそうだし、奥さんのお腹も絶好調みたいで安心した。予定日はカボス君とほとんど被っているみたいなので、九州の東西で優秀なアスリートの卵が同時に誕生すると思うと興味深い。

 夜はフィンガーパドルの量産をした。火曜日に先生から増産命令が出されたのでそれに応えるためにサービス残業。板は仕事で使った残りが有ったけど、ゴムが無かったのでナフコで買ってきたヤツ。小さい頃にこんなゴムが入手できて居たら凄く強力なゴム銃が出来たろうに・・・と思うと残念で成らない。
 今でも金曜日のクラスには十分な数が有るのだけど、土曜日とか火曜日のクラスにも使いたい気持ちがあるみたい。色々と世話になっているので自分が出来る部分は協力しようと思う。
 そして、オリンピック選手監修のパドルとして勝手に売り出して大儲けしよう(笑)。

| | コメント (0)

2011年7月26日 (火)

皆生のバイク写真

0726 花屋の小娘から写真をもらったので眺めている。どのあたりか解らんけど、後の森の雰囲気からジェットコースターのあたりだろうか。
 意外なのは肩の柔軟性で、スイムでは苦労しているけどバイクのDHポジションの方向に関しては許容範囲の柔軟性が有るような感じ。
 ヘルメットはエアロ。暑くてもエアロ(笑)。クソUCIにもヘルメットのサイズの規定は無かったと思うので、私的には極力デカいエアロヘルが欲しい。そして可能であるなら肩まですっぽりと覆って欲しい。いやマジで。
 子供の学費とかでしばらくはこのフレームで行くしかないけど、ハンドルとかブレーキレバーとかフロントブレーキとかフロントフォークとか、先端で最初に空気に突っ込んでいく部分くらいは来年までに何か改善をしたい気がする。3Wくらい稼げるんじゃ無かろうか。
 もしフレームを買えるなら、でっかいエアロフレームにしてみたい気がする。私的には小さなフレームに流線型のシートピラーを長く突き出すより、股間ギリギリの水平パイプの方が空気抵抗が低そうな気がするから。
 そうなると必然的にハンドルが遠すぎるけど、それはステムを逆に付ける。するとハンドルの支柱廻りの空気の流れも一層綺麗に成るだろう。ステムが短いとハンドリングが・・・とか言うのは、ハンドルを握る位置まで考えたら意味がないことは直ぐに解るのだから気にしてない。
 とてつもなくカッコワルイ自転車に成りそうだけど、仲間内でカッコイイ自転車とか自転車屋の前でカッコイイ自転車が欲しい訳じゃ無いのでどうでも良い。今よりも早くゴールできる自転車ならそれで良い。

 フィンガーパドルの残りが出来ていたので、それを持って行きがてらB&Gに行って軽く泳ぐことにした。
 先日のスイミングで先生から「そろそろ3000くらい泳いでも良いね」だったか「3000くらい泳がな」とか言われた事を思い出した。日曜日に来ていた小学生の女の子は週に5日、4000から5000泳いで居ると言っていた。それで今日は3000mくらい泳ぐことにした。
 まだ回復中なので強度は低めでも良いことにして3000m。アップで200を泳いだ後はパドルのプルで200mを4回。これで1000mになった。
 次はスイムの200mx5で1000m。何分サークルになるかな?と思いながら泳いだら、200mが4分近くかかってしまい、それからさらに次の60まで休んだので5分サークルに成った。ハハハ情け無い。これで2000m
 この辺りから火曜日のクラスの人が増えてきたので少し混み合ってきた。同じような調子で200mを泳ぐけど3本でスクールが始まったので別のゾーンへ。
 そこでは手を体側に付けたままでキックのみで進みながら左右で息継ぎをしてゆらゆらと進んだ。これをやると息継ぎが楽に出来るような気がする。
 結局これを200mくらいやったのでトータルで2800mで終了。まあまあか。

スイム 2.8km

| | コメント (4)

2011年7月25日 (月)

世代交代と火の国バーガー

07252 割りとよく使うポケット型のテスターが壊れた。今までに何回も壊れて修理したけど、今回はスイッチを切ったら表示は消えるけど回路は動いていて電池が無くなると言うイヤラシいヤツ。
 これは川鉄千葉のC1Pの打ち合わせの頃、初めて秋葉原に行きだしたときに買ったヤツ。ラジオデパートだったか、オバチャンが一人の店に1,000円でぶら下がっていたから衝動買いした。あのときの1,000円は衝撃的で秋葉は凄いなと感心したので今でも覚えている。
 川鉄の工事はPOSCOの前だから15年以上経っている。もしかしたら20年近いかもしれない。このくらい使ったら世代交代させても電気の神様は許してくれると思う。
 で、新しいのは秋月の1,000円のヤツ。なんとなく1,000円の後釜は1,000円だろうという気がしてこれにした。昔の1,000円に比べたら秋月なら280円くらいじゃ無いと同等の衝撃には成らないけど。
 取りあえずHPの34401Aと電圧だけ比べてみたら十分な精度が有る。反応も三和の中途半端なヤツよりも早い。まあ悪くないけどテストリードがちゃちなのと、箸入れみたいなヤツが邪魔。テストリードは蓑虫に変えた。これはあと何年使うのだろう?

07251  昼飯は「火の国バーガー」を作った。レタスの上には馬肉の薄切りを焼いた物と辛子レンコンが乗っている。名前は私が適当に考えたので、使いたいお店へはバーガー1年分と引き換えにお売りします(笑)。
 まあ本当は辛子レンコンとレタスしか無かったので肉は豚肉だったりする。レタスの下にはマヨネーズが塗りたくってあり、レンコンの上にはケチャップがかけてあるだけの下品な食い物。でも意外と美味い。かすかな辛子の風味とレンコンの食感が良かった。
 2個目は肉が無くなったので目玉焼きと辛子レンコンにしてみた。こっちも悪くは無いけど、最初の火の国バーガー程じゃ無かった。

 朝から酷い筋肉痛で動く気はゼロ。今痛い筋肉は走るだけじゃ鍛えることが出来てなかった訳で、やっぱり意識した補強運動とか必要なんだなと気がついた。
 人にやらされると言う行為も時には必要と言うことか。。。明日は治ってますように。。。歳だから2日はかかるか?

| | コメント (2)

2011年7月24日 (日)

Journey Without Maps

07241 午前中はFTUのラン・スイム練習会。ただ一緒に走って泳ぐだけじゃなくて、指導とか有るらしいので何らかの変化を期待して参加してみた。
 ランは普段やらない陸上部的なドリルを数種類やらされた。皆生後とか関係為しに筋肉がピクピク言って死にそうだった。
 スイムは悪い予感が見事に的中した。私よりも遅いのは大和青藍の生徒2名と小学2年生が1名だけ。悲しいというか気合いが入るというか、来なきゃ良かったというか(笑)、まあよい経験が出来た。来年は古賀さんのグループに入る!
 佐賀のガバイオイサンからお土産をもらった。塗装の事で質問をしていたら、使ってないのをあげるという話になって持ってきてくれた。IWATAと書いてあるから本職用だ。まだ綺麗。私には勿体ないような機材で申し訳ない。
 本当に私は貰い物で生きているなあと思う。ありがとう御座いました。恥ずかしくない程度に吹けるように練習します。

07242  家に帰ったらテレビが変になっていた。どのチャンネルもこんな感じの画面が出てきて番組が写らない。クソ番組ばっかりと文句ばかり言っていたから罰が当たったのだろう(笑)。
 BSは写るのでそれだけでも良いけどね。ニュースもBSの方はワールドニュースとかまで放送してくれるし。
 ここまで来たなら明日になったら本当にこの画面すら無くなっているのか確認してみよう。とか家族で話をした。なんかオバカな一家だ。

07243  昼飯の後でコーヒーを飲んでいたら外に車が止まる音がした。出て行ったらチョロQが止まっていて、その中から変な親父が2名降りてきた。
 至る所にYAMAHAとか音叉マークが有るから聞いてみたら、ヤマハが作って3台しか売れなかったAMIと言う車らしい。どうしてうちには変な車ばかり来るんだろう???
 ボディーが微妙に波打っているので聞いてみたら予想通りにFRP。ダイハツのミラ?をベースにチョロQの実写版を作ってみたけど、全国で3台しか売れずに困ったなあ・・・らしい。会社なんだから困ったじゃ済まんよね(笑)。
 ランティスと並んでいるところを写真に撮ったけど、発売当時のランティスのカタログみたいな感じに成った。なかなかよい感じで気に入った。

07244  そして極めつけがこのオッサン。お世話になった先輩なのでオッサンとか書くと失礼なのだけど、まあ今日の所は許してくれると思う。だって昼過ぎの予定が九州に入ってから道に迷ってしまい、来たのは17:00を過ぎていたのだから。
 うちに来たことは無い。カーナビは付いてない。地図は持たない。有るのは前日に作った交差点のコマ地図だけ。そのルートは地元民しか通らないような鞍手町のマニアックな道が選択してある。何というチャレンジャー(笑)。
 彼が首から提げている板が面白かった。Boogie Boardと言う電子メモ帳なのだけど、書いた物を一瞬で消して何回も書き直すことが出来る。スペック上は5万回消せるらしい。記憶は出来ない。
 普通のメモ用途なら少しピントがずれた仕様に思えるけど、今回のシチュエーションにはピッタリすぎて唸ったほど。彼は難聴で会話は筆談に成ってしまう。今までは紙とペンで何枚も書いては捨てを繰り返して居たけど、このボードが有ればそれだけで済んでしまう。既に導入されているのかもしれないけど、その手の学校とかには良さそう。
 何回も書くけど(笑)、予定通りに到着していたら一緒に何か喰いながらもっと沢山話が出来た。でも時間が無かったし迷走で疲れた息子達がブツブツ言っていたので早めのご帰宅と成ってしまった。
 まあ、親父達の会話に付き合わされるのは面白くないし、「俺のこと覚えとるか!?」「お前が小さい頃は**やったぞ!」と言った類の話題が少しだけ見覚えのあるオッサンの口から出るのも良い気分では無かろう。私がそうだったし。
 ということで、まあ今日の所は仕方なかったですね。。。またお話ししましょう。

スイム 1km?
ラン 2km?

| | コメント (5)

2011年7月23日 (土)

モアのエンジン

0723_2  朝一番にメッキ屋さんに部品を取りに行った。軽いトレーニングを兼ねて自転車で行ったら既に暑くて汗が出た。
 仕事の部品が数点と自作の工具と言うか治具とお友達依頼の部品がちょびっと。この辺りだけ自営業の小さな特権か?

 午後からやって来た変な機械がこれ。モアと聞いていたので肩掛け式の草刈機では無かろうと思っていたけど、予想通りにそれなりの大きさの「機械」と言えるサイズの草刈機だった。
 エンジンから火が出ない事が解って買ったらしい。変な親父だ。まあ気持ちは分かるけど(笑)。概略の話を聞いて修理の方向性を聞いて別れた。帰り道で鞍手町の怪しいガラクタ屋に寄っていくらしい。
 エンジンはロビンかと思っていたらシバウラ製だった。松本のシバウラでしばらく働いた事が有るだけに何か懐かしい。その時はエンジン技術部じゃなくてトラクタ技術部だったけど。
 ファンシュラウドに電子エンジンと書いてある。でも高圧コードはフライホイールの中から出ていてフライホイールマグネトーのイメージ。エンジンの横に小さな箱とキルスイッチが付いている。過渡的な時代だろうか?
 確かに火は出ない。カバーを外すとピックアップコイルが出てきた。抵抗はそれなりに有る。電池式のオシロで波形を見るとそれなりのパルスは出ている。
 もう一本の配線は多分メインの電源線。これが小さな箱に入っているので、コイツを箱の中のトランジスタがオンオフしているのだろう。この茶色からもそれなりの交流波形が出てくるので取りあえず生きている。
 頭の中で配線図を想像しながら残りをチェック。高圧コードとアース間は10kΩくらいはある。これは2次側としては悪くない値と思えるので、問題は小さな箱かな?
 確認の意味でフライホイールをはぐってみた。適当に爪式のプーラーを使おうかと思ったけど、急がば回れで廃材で専用のジグを作った。一瞬でパコーンと抜けた。
 中には干し草の綿が溜まっていたけど異常はない。一つ前のモデルまではポイントが付いていたであろう取付座が見える。1次側を兼ねた発電コイルと高圧の2次コイルが一体で中に付いていた。
 ここまで確認したら後は小さな小箱の確認。何となく想像通りの正常な動きをしているように思えるけど、オンの時の抵抗が高すぎる気がするし実際にコイツでは火が飛ばない。と言うことは中途半端に出力トランジスタあたりが死んでいるのだろうか?そう言うのが一番イヤラシくて嫌だなあ・・・とか考えた。
 さて、小箱以外が生きている事を簡単な回路を作って確かめるか、一気にシンプルな点火ユニットを作って試験するか。。。後者かな?
 構成的にはどうなるのだろう。コイルのエネルギは電流^2に比例するので、点火の瞬間は電流が最大のポイントに成っているのだろう。そこまではトランジスタをオンにしておけばよい。
 点火のタイミングでプラスかマイナスか解らないけどトリガが入ったら、今までオンにしていたトランジスタをオフにする。基本的にはこれだけか。
 細かい問題は、マグネットの配置的に点火前にも2個くらい電源のピークが来そうだけど、そいつをコンデンサに溜めて活用したりする必要が有るのか?とか、バッテリー電源が無い状態で上手に各回路を動かせるのか?とか、まあそのあたりだろうか。
 取りあえず回っていればその状態で波形が取れるのだけど、今は回らないし回路のお手本も無い。適当に想像してでっち上げて行くしかない。こう言うのは面倒くさいけど面白いから嫌いじゃない。

バイク 26km

| | コメント (4)

2011年7月22日 (金)

寺川さんの呪いか?

0722 落雷の被害がまた一つ増えてしまった。今度はドリドリ1号の主軸モータドライバ。制御盤から命令を出しても反応が無いので、色々調べていたらここにたどり着いた。
 最初の被害者のPCと同じコンセントに繋いでいた機械。そしてこれも今日まで気がつかなかったけど、電源スイッチがオンに成っていた。と言うことはパソコンとセットで落雷の瞬間には通電していた事になる。
 落雷の後でパソコンもドライバも死んでしまったので、雨が上がってガレージに入っても何も気がつかずにそのままにしていたらしい。うーーん。。。
 これで3個目。流石に少し気分が落ち込む。そして仕事にも支障が出てくる。私が雷様に何か悪いことをしたのだろうか?「こんばんうぇぁ~」とか言って寺川さんの真似をしているのが悪いのだろうか?取りあえず次回からは「くわばらくわばら」と呟いてみよう。

 画像は500SSのレギュレータの最終セッティングの様子。以前に初期型マッハのレギュレータという事で中身の入れ替えをしたことが有るけど、その時は薄いアルミケースの中に樹脂で充填された電子式だった。
 でも今回のは純粋な機械式レギュレータ。遣り取りから想像すると今回のお客さんの方が全体を把握されているようなので、こっちの方が正解のような気がする。
 いつものダイナモ試験機のダイナモをオルタネータに交換して試験している。オルタネータは四輪用の良くあるタイプだけど、3相、中間点、フィールドコイルの両端、のそれぞれから端子を出してあり、接続を変えることで各種のフィールド制御方式のレギュレータを試験できる。
 何時も写真を撮ってから気がつくけど汚いなあ。。。こう言うところが信頼感に繋がるのだから、もう少し掃除をしてから写真を撮るようにしよう。

 今日はスイミングの日。リカバリーの意味で軽めに行こうと思って参加した。始まる前に先生と話をしていて、「来年は50分を目標。色々あって52分」とか言う発言が出た。なんか嫌な予感がした。
 嫌な予感は当たってキツい日だった。「先生、気分が盛り上がりすぎですわ」と喉まで出かかった(笑)。自作したフィンガーパドルも早くも登場した。
 圧巻は最後。30秒サークルで25mを6本、それを3セットというヤツ。流せば25mを30秒なので泳げない訳は無い。でも一生懸命泳げと言う。さらに今まで50分くらいはドリルをやっている。
 無理やろうなとは思ったけど、取り合えず笑って行こうと思って笑いならがスタート。最初は21秒くらいで帰ってきたけど、徐々に遅くなって25秒とかに成る。
 2セット目の4本目くらいに成るとさらにタイムが落ちてきて、タッチして振り返ったら2-3秒しか休む暇がない。横を見ると長濱も死んでいた(笑)。
 何とか18本をサークルアウトせずに終えることが出来た。ムラはあるけど息継ぎが良いときが出てきたと誉められた。朝から気持ちが落ち込んでいたので最後に盛り返して良かった。先生ありがとうね。

スイム 2.5km

| | コメント (2)

2011年7月21日 (木)

ハムでも喰って回復しよう

0721 やっぱりコンプレッサが無いと便利が悪い。たいそうなエアツールを使うとかじゃなくて、95%はエアブローの用途だけど。
 もう一回見直したけどやっぱり制御部分が死んでいることが確定したので、モノタロウのカタログを見たりヤフオクを見たりして悩んだ。
 取りあえず数日はこの状態で仕事をするしかないので、エアが必要なときはエンジンコンプレッサを回した。数回ならちょっと楽しい。けど、このロビンエンジンは温間始動性が悪いなあ。

 仕事が終わってから軽く泳ぎに行った。練習という気持ちは全く無くてリカバリーというか軽く体を動かし始めたい感じで。こう言うときにスイムは良い。ランだと幾らゆっくり走っても衝撃が有るので。
 B&Gに行ったら軽く音がしていた。誰か泳いでいるな?と思いながらプールに行くと見慣れたスイムキャップの長身の男が泳いでいた。「もうやらん」みたいな事を言っていた筈なのに、長濱が一人でドリルをしていた。
 その横のコースに入ってユルユル泳ぎ始めた。キツいこととか難しいことを考えずに泳ぐと凄く楽で楽しい。以前は楽に泳ぐことが出来なかったけど、最近になってようやく楽して泳ぐことが出来始めた。フォームは汚いし速度は激遅だけど。

 晩飯の時にハムを喰った。例のリタイヤばかりしている山陰のレーシングチームが送ってきたハムを。普通のハムだと思っていたらちょっと違って骨付きだった。
 骨とか筋とかが有るので、本当に脚をぶった切ってハムにした感じ。骨の太さと本数からハムストリングスと大腿四頭筋の部分じゃ無いかと想像した。というか、ハムにする場所だからハムストリングスと言うんだろう。多分。
 包丁でそぎ落とした残りを見ていたら沢山肉が残っていた。犬が居たらメチャ喜びそうだけど犬は居ない。仕方ないから自分で囓った。囓っていたら気分が高揚してきたので嫁さんに写真を撮って貰った。
 後で見直すと悲しいけど(笑)、その瞬間は何故かワクワクした気持ちで一杯だった。これは原始のDNAが反応しているのかもしれない。

スイム 1.5km

| | コメント (10)

2011年7月20日 (水)

やっぱり落雷かもしれん

0720 仕事でエアガンを使おうとして変な感じがしたので圧力計を見た。0.4MPa位しか無い。この圧力なら再起動しているはずなのにおかしい??
 コンプレッサを引っぱり出して確認してみると、インバータの表示が全点灯状態で死んでいた。エラー表示とかそう言ったレベルではなくて、全ての単体LEDと7セグ表示の全セグメントが全て点灯。
 単体にして見ていくと直流で283Vとか来ているので、倍電圧整流の出側までは生きている。制御用電源はこれとは別にトランスが有ってそこから供給されている。その辺も生きている。と言うことは制御回路その物か・・・。
 ここでパソコンの故障を思い出した。そう言えばこのコンプレッサを使ったのは皆生の前のさらにドキュメントをやり始めた前。と言うことは落雷の後は使ってない。
 このコンプレッサも常時電源を入れていて、落雷の瞬間も電源は入っていた。モータが起動中だったかどうかは解らないけれど、それには関係なく制御回路は普通に動いていたはず。
 落雷で壊れた可能性がますます高くなった。ガレージの側に置いていて、落雷の瞬間に起動中で、何らかの電子回路が入っていて、アースをきちんと設置していた。こんな所が共通点になる。
 「ギャーン」と言う感じの音で何処に落ちたか見に行こうと思ったくらいなので、何らかの影響を受けた可能性がゼロとは言い切れない。関係のない故障がほぼ同じ時期に起こった可能性も否定できないけど。
 さて困った。機械系の仕事にはコンプレッサはよく使う。新品を買うと2万とか3万くらいするだろう。怪しげな中古で100V入力は少ないし、自分で倍電圧整流回路を作るにもダイオードとそれなりのコンデンサが要る。
 あっ、そうか。今のコンバータ部分は生きているのだから、これの後に怪しげな200V入力のインバータを括りつけたら良いのか。ちょっと手間だけど仕方ない。

| | コメント (2)

2011年7月19日 (火)

唯一の失敗

0719 今年の皆生に関しては、大会前後で大きな失敗は無かった。何か挙げるとしたら靴の慣らしに関してだろうか。
 今年は7月に成ってから新しい靴に変更した。基本的な方向性とか形状は外れでは無かった様だけど、大会までに履いた回数が5回以下と少なすぎた。
 その為にロングの大会で濡れてむくんだ足で走った結果、写真のように表面の薄い皮の数カ所に損傷が起こってしまった。
 翌朝の朝食時に痛々しいから何とかしろと言われたけど、傷は凄く浅いので怪我としての程度は大したことはない。風呂の最初とか靴を履いて移動の際にピリピリと嫌な感じが続く程度。

 記憶が薄れないうちに今年の反省とか今後の方向性とかを考えておこうと思った。そしてここに書いておけば自分の心の中でこそっと思うよりは強い動機付けに成るし。
 まずは反省というか結果の分析。大会前の気持ちとしては、去年の自分と対決したらどの種目でも勝てると感じていた。その程度には練習が出来ていたと言う感じなのだろう。
 結果的にその気持ちに近い感じでレースを終えることが出来た。ランだけはあまり変わらなかったかな?と言う部分も多少有るけど、まあ自己評価なので許容範囲内(笑)。
 あと1分。305番に付いていって先着すれば年代別で3位に成れた訳だけど、彼は最後の3kmくらいで1分の差を付けている。キロ20秒はスパートしたわけだ。今の私にはロングの最後でキロ20秒あげる力は無かった。その時の気持ち的にも後で考える客観的な分析的にも。
 レース直後は根性が足りんなと思ったけど、「やるときはやる」とか「ど根性」とか、アニメみたいに都合の良い力が出るもんでも無いと思う。地道に積み上げてきた物をレースで出すだけ、ただそれだけ。
 と言うことで、結果の総括的には1年間の練習結果は出せた。そして去年に比べてそれなりに伸びた1年でも有った。そんな感じで纏めたい。

 さて来年はどう考えるのか。詳細はその都度考えたら良いけど、基本的な考え方を変えようと思う。というか今までがおかしかった。
 今年は72位。この位置は割りと激戦区で、全てがうまく行ったら50位くらいには成れるし、少しうまく行かなかった部分が有ると直ぐに100位くらいに成る。複数がうまく行かなかったら150位くらいに成る。そんな人達のゾーン。
 その誤差というか微妙なずれの範囲内に総合50位とか年代別2位とか3位が全て含まれている。と言うことはその程度を目標にして達成できていたとしても、当日の微妙な何かの加減で100位くらいに成ってしまう可能性もある訳だ。
 ちゅうことは今のゾーンから明確に抜け出すしかない。その為には河村さんに勝とうとか、そう言ったイメージの目標を持たないと駄目なんじゃ無いかと思い始めてきた。
 可能性があるのか?とか、具体的にどう動くのか?とか、そんなのは良く解らんのでまた後で考えよう。

 仕事を始めたけど、なんか色々とやっていたら直ぐに1日が終わってしまった感じ。やりたくなかったけど夜も少しやった。
 夕方に広島から変なオバサン天海祐希の様な素敵な女性が来た。嫁さんの知り合いというか子供を通した親同志というか、そんな人。
 このオバサン素敵な女性は広島の時から私のことを「センセイ!セン~セイ!」と呼ぶ。路上とかでもそう言うので凄く恥ずかしい。理由は解らない。
 だいたい人のことを「センセイ」と呼ぶ場合、二通りのシチュエーションが有ると思う。本当に教育の仕事に携わって居る人を呼ぶ場合と、軽い批判や皮肉を込めた揶揄的な表現の。彼女の場合は明らかに後者で使っていると思うわけだ。ねえ、カジさん。(笑)
 そうそう、おみやげありがとう御座いました。

 脅しのメールが来たので、一部の表現を修正致しました。

| | コメント (0)

2011年7月18日 (月)

帰り道

 朝は腹が減って目が覚めた。朝食までは時間があったので昨日は入ってない風呂に入り、時間を潰してから1階の朝食会場へ。
 宿泊しているホテルの朝食はバイキング方式。それほど沢山の種類が有る訳じゃ無いけど普段から粗食の(笑)私には十分すぎる質と量がある。
 結果的に3皿おかわりして食べた。もうちょっと喰えそうだったけど胃腸に無理をかけてはいけないのでそのあたりで止めた。

0718  表彰式前に成績表と完走Tシャツをもらう。今年のTシャツは前にジッパーが付いていて色も白。去年までのよりも良いねと言う声が多い。
 総合でカボス君とか武友さんが壇上に上がる。年代別で古賀さんが上がる。私は上がるタイミングがない。でも何故か去年ほど悔しさが無かった。
 去年は故障明けと言うことも有るけど、総合順位が100位と期待値よりも悪かった事があり、その足りない気持ちをせめて年代別の表彰に求めている様な所が有ったのかもしれない。
 それに対して今年の順位は72位でザイマさんの指し値の70位にほぼ等しかったし、自分の感じていたトレーニングの仕上がりにも近い値だった事が有りそうな気がする。
 年代別の表彰は逃してしまったけど、総合的な位置的に或る程度の満足感が有ったのでは無いかと自分の気持ちを分析してみたりした。

 帰りも庄原経由で来た道を帰った。正確に言うと武友さんが運転する車に乗せて帰ってもらった。はい、済みません。御免なさい。お疲れ様でした。ありがとう御座いました。
 広島の手前の山陽道と中国道の分岐点のあたり、二人の話が盛り上がっていて何も考えずに道なりに通り過ぎてしまった。一瞬ヒヤッとしたけど山陽道でも問題ないのでそのまま直進。
 ついでなので宮島SAへ入ろうとしたとき、後の佐賀組の車との間に変な車が割り込んでいた。宮島SAに入るのが解るかな?困ったな?と思っていたらその車が横に並んだ。同じ福岡から来ている見月家の車だった。
 宮島SAでお土産を買い、展望所で廿日市トライアスロンのコースの話をしてから出発した。去年はめかりで晩飯を食べたけど、武友さんが時間が無かったので今年はそのまま帰ってきた。
 いや、本当に武友さんお世話になりました。そして面白い話しを沢山ありがとう御座いました。良かったら来年も一緒にどうですか?

| | コメント (2)

2011年7月17日 (日)

朱に交わればピンクくらいには成る

0717 皆生の朝。03:50に起きて朝ご飯を食べた。今年は食事的にも無理をしない事を心掛けて居て普通に近い食事。助六寿司、味噌汁、いちごヨーグルト、コーヒー、ビタミンB剤2粒、カルシウム剤8粒。
 最後の錠剤は普段は服用してないけど。例年のように無理矢理にアップルパイを食べたり羊羹を追加したりはしなかった。
 ウンコは花林糖くらいのが2本しか出なかったけど、昨晩沢山出たしあまり気にしても仕方ないのでなすがまま。
 いつもの様にホテルからスタート地点までバイクを押していく。これが丁度よいウォーミングアップに成る。受付をしてバイクをセットして荷物をかけて・・・とやっていると直ぐにスタート。
07171  スイムは一番右端からスタート。自分の泳ぎをするためにバトルを避けて常に外側を泳ぐ作戦。でも消極的に後からスタートしたりはしない。先頭からスタートして自分のコースをしっかりと泳ぐ。
 スイムに関しては全てが予定通りに行った。多少のバトルは有ったけど、全て落ち着いて対処できたし鬱陶しい相手に対しては多めのキックと強い泳ぎで前に出る事も出来た。スイムの能力は確かに向上している。
 ほとんど疲れていない状態でスイムアップ。岸近くのうねりで1回転けたけど怪我とかは無かった。時計は58分台で上出来。これなら花屋の小娘が出ていても勝てたかもしれないのに残念。

07172  トランジットも落ち着いて出来た。エアロヘルの耳当ての中のクッション材が取れていて定位置に固定し直すというマイナートラブルは有ったけど。
 バイクはあまり必死に成らずに軽めに終わることを心掛けた。結果的に帰路の上り坂で予定以上のスピードロスが有ったけど、まあ考えていた事の85パーセントは出来たと思う。
 バイク中の補給は薄皮アンパンにした。本当は小豆のあんこが良かったのだけどチョコレートしか無かったのでそれにした。環境に流されるのも必要な生き方だから。
 そのままでは塩分などが不足しがちなので、指で割って中に塩化ナトリウムと塩化カリウムを2:1に混ぜた粉を混ぜ込んだ。通常時は不味くて喰えないけど非常時はそれなりに喰えるから人間の味覚は状況に応じて変化するのだと思う。
 補給食も4個きちんと食べることが出来た。もうちょっと有っても食べられたけど、私の胃腸は弱いのでここで無理をしたらよくない結果に成るので調度良かったと思う。
 帰路の坂は脚の筋持久力が限界を超えそうな気がしてきて、廻りに抜かれて悲しかったけど緩い坂でもインナーに落として軽めのトルクで登るように心掛けた。そのおかげか最後まで痙攣したり痛くなったりは無かった。

 バイクを終えて時計を見たら06:01くらいだったと思う。10時間を切るにはランで3時間59分を出せば良い。通常なら出せるタイムだけどこの天候ではかなり難しいと思った。潰れるよりは少し落として4時間+αを狙おうという、堅実というか消極的というかそう言う感じの判断をした。
 日差しはキツかったけどランの前半はそれほど暑くは感じなかった。折り返し地点のあたりまでは女子の147番の選手と前後して走ることが多かった。彼女は女子の有力選手で松本華奈選手。帰路もペースが落ちずに総合55位でゴールした。
 ランの後半は305番の選手と前後して走ることが多かった。彼は見た目から同じエイジグループじゃ無いかな?と想像していた選手。のこり10km地点くらいから陸橋くらいまでの間に間を拡げて安泰と思っていたけど、その後に私のペースが落ちて残り3km地点で並ばれた。そして彼が明らかにスパートしてゴールした。そして年代別で3位に入った。
 私は特別にペースが落ちた感じは無かったけど、最後の10kmくらいは徐々に落ちてきた感じは有る。そして最後に305番のスパートに全く付いて行けなかったのは事実。
 結果的にランは4時間15分かかった。去年とあまり変わらない様な気がする。ランは特別に強化とかしていないので、まあこんな物かな・・・と言うところ。そして総合タイムは10時間17分。こちらも10時間は切れなかったけど、自分の年代と今日の気温を考えたらこんな物かな?と言う気持ち。

 ゴールしたら一緒に九州から来ている仲間は既に着替えてきた。招待選手の武友さんは6位で初参加の古賀さんは13位と二人とも雲の上の成績。
 まあ、普段の練習の時の速さから想像はしていたけど、やっぱり普段から速い人は試合でも速いという、ごく普通の結論が証明された。
 私はと言うと、普段から中途半端に弱いオッサンであって、今日の結果も総合72位で年代別5位という中途半端に弱い結果が付いてきた。滅茶苦茶弱い訳じゃ無いけど強いとは言えない。赤じゃなくてピンクくらい(笑)。

 割りと早めにホテルに戻ったけど、戻ってから一歩も部屋から出ることが出来なかった。いつもの様に胃腸を中心にへばってしまったから。
 今年は胃腸もそうだけどションベンがヤバかった。帰ってから全然喉が渇かないので水はほとんど飲まなかったけど、トイレには優に10回以上は行った。しかも毎回それなりの量が出る。際限なく尿が作られている感じ(笑)。
 そんな症状と胃腸の全体的な疲労感が有ったので、武友さん達に焼き肉に誘われたけどそのまま一人で寝ていた。結果的に競技が終わってから食べたものは、魚肉ソーセージが2本と落雁みたいな塩饅頭が1個と、オーストラリア?土産の飼料みたいな味のバーが1本だけだった。
 こんな事では筋肉がどんどんやせ細って大変なロスだと思ったけど、どうすることも出来ずに一人でベッドの上でゴロゴロ転がってはトイレに行く事を未明まで続けていた、

 結果とか今後について色々と考えたことが有るけど、それについては明日以降に書いていこうと思う。
 一緒に練習してきてくれた皆さん、私の駄文にコメントとかアドバイスを書いてくれた皆さん、当日に応援してくれた皆さん、一緒に競技しながら声を掛け合ってくれた皆さん、そして何億年も前から生活を続けてDNAを維持し、今の私という人間を存在させてくれている祖先とかその廻りの地球の人達、みんなみんな、ありがとう。

 写真を頂いたので追加しました。みょんみチャンありがとう。

スイム 3km
バイク 145km
ラン 42km

| | コメント (8)

2011年7月16日 (土)

皆生へ移動

 後からだけど記録的に書いておこうと思う。来年とか意外なところで役に立つから。

 去年と同様に武友さんと一緒に行くことにした。05:30に我が家まで迎えに来て貰う。招待選手に送迎をさせたら花屋の小娘に怒られるのだけど・・・まあ、許してちょうだい。
 積み込んで直ぐに出発。初物だからと宮田インターを通って高速に進入。県道からは入りにくい道だけど、トヨタの通用門?からは10mくらいの距離。と言うかトヨタの門の横にインター造っただけでしょ、と言う感じ。
 小倉東ICのあたりで佐賀ナンバーの車が追い越していった。全然打ち合わせとかしていない佐賀組の車だった。同じ様な人間は同じ様な事を同じ様なタイミングで考えるという事か?それからは2台でつるんで皆生まで移動した。
 高速1,000円が無くなったので米子道は止めて庄原で降りて下道で米子を目指す。特に渋滞もなく素直に11:00前には米子駅前に着いた。
 いつもの様にサティーの中の食堂で昼食を取ったけど、いつもの様に武友さんは足りないようで横の店で焼きそばを追加で食べた。仕方ないから私はソフトクリームを食べた。
 古賀さんの所は若い嫁さんと一緒だったけど、選手登録と開会式の間はお洋服の買い物らしい。明日は退屈な1日に成るのだから、精々沢山買い込んでストレスを発散してもらわないと(笑)。
 何時も溌剌として美しい広島の花屋の看板娘様が手配してくれたホテルにチェックインし、晩飯は広島組と一緒にこれまたいつものうどん屋に行って食べた。ここでも武友さんは足りないからと五目ご飯を追加して食べた。
 後は各自の部屋に戻って準備して寝ただけ。武友さんは近くのローソンに行って何か追加で食べたと思う。
 21:00には寝ようと思っていたのだけど、TVを付けたらSLの復元の話が有っていて、思わず見入ってしまって寝たのは22:00に成ってしまった。
 特別に調子の悪いところは何もなく、体調面では全く言い訳の出来ない状態。結果が悪かったときに困るなと思ったけど、上手に調整できたとプラス方向に考えておこうと思った。

| | コメント (0)

2011年7月15日 (金)

塩饅頭は失敗

 昨日はどうなることかと思ったけど、なんとか復旧して追いついてギリギリ許容範囲くらいで仕事にはケリを付けた?。
 午後からメッキ屋に小物を持っていき、直方の図書館に本を返し、帰り道にルミエールに寄って補給食を物色した。
 いつものチョコレートシロップに塩饅頭と書かれた小さな饅頭を買ってみた。ついでに安物の靴下とかパンツとかも買った。
 晩飯の後で塩饅頭を1個食べてみたら大失敗だと解った。どちらかと言うと塩落雁だった。これが塩饅頭という固有名詞なのかもしれないけれど、塩気のある小さな薄皮饅頭みたいなイメージを持って買った私の負けだ。
 仕方ないから明日の夜にでもコンビニで薄皮アンパンを買おう。いつもの練習会では薄皮アンパンで走っているのだから、大会だって何時も通りで行こう。
 そう言えば今年の目標は「頑張らない」だった。これは特別なことはしないとか、平常心を失わないとか、そう言った言い換えも出来よう。そう言う意味でも薄皮で行くべきだ。

 チェーンに油もさした。持っていく物の準備も出来た。風呂も入った。あとは目覚ましをかけて寝るだけ。寝過ごしても武友さんが起こしてくれるだろう(笑)。

| | コメント (4)

2011年7月14日 (木)

えらい目にあった

0714 えらい目に遭ってしまった。先日4,800円だったかで購入した作業場のパソコンが壊れてしまった。物は何時か壊れるのだけどタイミングが悪い。ちょうどドキュメントをまとめる仕事をしているところで、その元ネタになるデータ類は全てこっちに入っていたから。
 まあ、諸行無常というかマーフィーの法則というかこれが人生というか、なんとも言い様のない疲労感というか諦めというか必死というか、良く解らん1日だった。

 ウンともスンとも言わないので、たぶん電源廻りだろうと予想は付いた。と言うことはデータは活きている。でも今日中に仕上げたい仕事が沢山有るんだけど・・・。
 電源ユニットを外すとATXみたいな感じ。ただメーカ製なので余計なお世話の規格にない配線がいくつか付いている。
 最初は何も電圧が出なかった。弄っていたら電圧は出るように成った。でも軽く負荷をかけたらドロップが酷い。特に3.3V系が。これは使えんなあ。と言う感じ。
 ガサガサ漁っていたら普通のATX電源が出てきたので繋いでみた。オンに成るときが有るけど成らない時もある。MB側も壊れてしまったか?
 強制的にオンにして繋いでも起動しない。その状態で電源ボタンを何回も操作したら何かの拍子に起動する。もう訳解らん。標準的じゃ無い設計をする人は嫌いだ(笑)。
 取りあえずこの状態でデータだけ吸い出しながら仕事をした。でも移動できないのでドリドリ君を動かして・・・とかの作業は出来ない。はぁ。。。。である。

 何だかんだで寝たのは24時を過ぎてしまったし、ブログなんか書く気にも成らなかったから15日に成ってから書いている。
 今にして思うと、2日ほど前に家の近くに雷が落ちた事が有った。今使っているパソコンは電源を抜いたりしていたけど、作業場のはそのままにしていた様な気がする。ひょっとしてそれが原因だろうか?もうどうでも良いけど。
 本当の復旧は皆生から帰ってきてやろう。

| | コメント (6)

2011年7月13日 (水)

ラテックスだよ人生は

07131 ♪買えと言われて素直に買~った♪、♪変わると言われてその気に成~った♪
 ラテックスという位なので飴色の懐かしいような色合いを勝手に想像していたら、まあミシュランさんの考えることは良く解らんです。しかもキャップまでご丁寧に緑色にしてあるし(笑)。
 取りあえず交換して外で乗ろうとしたけど、ここ数日は夕方から夕立が降る天気が続いていて今日も例外では無かった。仕方ないから3本ローラ。
 これは多分新品のタイヤの離型剤のせいだと思うけど、ほんの少しだけ蛇行しただけで「キュッ、キュッ」言うし挙動もキョロキョロして安定しない。新品タイヤを3本ローラで使うもんじゃ無いと学習した。
 30分くらい乗ったら雨が止んだので外に走りに行った。家の前の坂でいきなりスリップ。これは想定の範囲内なのでやっぱりね・・・と言う感じ。
 いつもの鞍手町のコースをユルユルと走ってきたけど、極端に軽いとか重いとかは感じなかった。それよりもウェットな路面と新品タイヤの相乗効果でグリップ感が気迫なのが心細い。
 怪我してもいかんのでユルユルと帰ってきて、家の坂を登るところで後輪がスリップ。ハハハ。これも想定内。ここは雨の日は良くスリップするから。でもちょっと程度が酷い気もする。
 タイヤを見てみると中央の整形のひだみたいなヤツが完全に残っている。40km位じゃ全く減らないらしい。接地面だけは離型材が取れているけど、少しバンクさせた部分はまだ濡れ具合が違う。
 取りあえずパーツクリーナを吹きかけてウエスで拭く行為を繰り返したら触った感触が激変した。これでグリップ力は確保できたと思う。
 あとは中央のヒダヒダを毎回変形させていることが気になりだした。いくら微小とはいえエネルギーを使うから抵抗に成るはず。ヤスリとか紙ヤスリで削ってみたけど夜が明けそう。
 ガレージの前に持っていってディスクグラインダでギャーンと削ってやった。あたりは暗いけど田舎なので問題ない。ヒダヒダがほぼ無くなって両側が少しザラザラくらいの状態まで変化したのでお終い。これで大山の下りでも問題なく行けると思う。

バイク 52km

| | コメント (15)

2011年7月12日 (火)

海老と風車とチェリオとパドル

07121 今日は演歌の題名に成りそうな一日だった。始まりは朝一の訪問者。車関係でお世話になっているお客さんだった。発泡スチロールの容器から大きな袋を取り出し「今すぐに醤油で煮ろ」と。
 良く解らんままに(笑)大きめの鍋に水と醤油と酒とみりんを入れて煮立て、適当なタイミングで海老を入れた。予想以上に量が有ったので1/4位は冷凍した。
 軽めに煮てつまんでみるとメチャ美味い。煮海老とか冷えた海老臭いのしか食べたことが無かったけど、新鮮なヤツの茹で立てだとこんなに美味いのかと感動した。そう言えば数日前も直前まで活きていたようなイカをもらって食べたばかりだった。ここ数日は海鮮に満ちあふれている。
07122  昼はよかろうもん1号の放流実験のために春日の九大へ。出てから短パンにTシャツ姿だと気がついたけど、あそこの先生達はみなさん変な人ばかりだから・・・と良いことにした。
 先生の部屋は開けっ放しで、中には短パンと言うよりもステテコとかデカいパンツに見えなくも無い代物をまとった先生が居た。予想通りで安心した。きちんとした格好の秘書がアイスコーヒーを持ってきてくれた。ちょっと怖くて肩身が狭かった(笑)。
 帰りに気になっていた風車を見に行った。変な形の覆いで囲ってある。外側へめくれた縁の効果で後の圧力がより低くなり、プロペラが良く回るらしい。真似して屋根の上に上げてみようか?
07123  帰り道で喉が渇いたのでコンビニに寄って飲み物を買った。動いてないから適当なお茶でも・・・と思って眺めていると「チェリオ」を見つけた。
 チェリオとかミリンダとかセブンアップとか、子供の時以来見てないような気がしたので、懐かしい気持ちで買ってみた。
 容量200mlアップで700mlも入っているらしい。昔は500mlでホームサイズと言っていたのに偉い変化だ。日本人は大量消費に慣れすぎヤナ・・・とか呟きながらチェリオを飲んだ。気の抜けたソーダフロートみたいな味であまり好みじゃ無い。量も多すぎて帰るまでに400mlくらいしか飲まなかった。
07124  帰ってから残りの仕事をして、17:00からプールに行くまでの時間はパドルを削った。
 今のノーマルパドルからフィンガーパドルを2枚取りたいらしいので、今までに聞いた形のイメージをエイヤッと線にしてみたのがこれ。
 線の通りに削って穴を空けてゴムチューブを付ける。出発するまでに6組しか出来なかった。プールで先生に見せたらかなり気に入ってくれた。量産バージョンもこの形にして大儲けしよう(笑)。
 金曜日は泳がないつもりなので、火曜日のレッスンに入ってきた。60代の人とか競泳じゃ無い小中学生がメインなので楽なクラス。
 唯一頑張ったのはクロールのキック。直前に隣の中学生の女の子が「トライアスロンやりようんですか?」と聞いてきたので、格好良く「ちょっとだけね」と答えていた。負けるわけにはいかないのでマジの全力でキックした。2本。
 そして2本とも勝った。「速いです」と言ってくれたので少しだけ格好がついた。良かった。

スイム 0.5km

| | コメント (2)

2011年7月11日 (月)

休養の始まり

 皆生に向けてテーパーのスタート?と言う訳でも無いけど、日曜日にそれなりに動いたときは月曜日は休むようにしている。とりあえず今日の分はその一環としての意味合いの方が強い感じ。
 ゆったりするつもりだったけど、週末に忘れた振りをしていたドリドリ君のドキュメント関係とか、久し振りに放流が決まったよかろうもん1号の微修正とかが有って忙しかった。
 本当はフィンガーパドルを削って明日の火曜日のレッスンに持っていってやろうと考えて居たのだけど、お金のからむ本業の方が優先されるのは仕方ない(笑)。
 あまりじっとしていても心身共に良いことはないので、郵便局まで歩いて行ってきた。かんかん照りの中を往復3kmはなかなかの物。でも小学校の校庭では子供達が普通に走り回って遊んでいた。

| | コメント (0)

2011年7月10日 (日)

バースト

0710 午前中はいつもの練習会へ。1週間で皆生なので今日は調整というか確認というか、そんなイメージで走るつもり。
 バイクは調子が解らなかったのもあり、最初の1レグ目までは武友さんの後を走った。どうも彼も調整しているようでいつもほど飛ばさないでレースペースで行っている感じ。
 津屋崎までは割りと軽くついて行けたので、ここでパターンを変えて単独走行モードへ。さらに休まないモードも。全員が揃って隊列が整うまでは基本的にゆっくり行く。でも今日は勝手に一人で走り続けた。休まない雰囲気を体に覚え込ませるために。
 しばらく走ったら後から集団が追い越していった。後に付けば楽なのは解っているけど、それでは単独走行の力加減とか気持ちの持ちようとは違ってくる。ぐっと我慢して今日は最後まで単独で走り抜けた。
 まあ、悪くない感じでバイクを終えることが出来た。本番はもう少し強度を落とした方がトータルでは速そうな気がする。

 バイクでゴールしたら直ぐにトランジット。去年の皆生の袋にランニングシューズを入れて用意していたので、そのまま履き替えてユリックスのコースを1周してきた。これは先々週にやろうと思っていたら武友さんに先を越された練習。
 今日も宗像大社の往復。この暑さで給水が8km離れているのは厳しい感じがあるけど、ボトルを持って走るのも大変なのでそのまま手ぶらでスタート。
 やっぱり武友さんは調整モードで後の方でチンタラ走っている。私は少し落とした感じで走る予定にしていたのでそのくらいで走った。ちょうど酒見さんが近くに居たので前後して走ることが多かった。
 行きの6km地点くらいから喉が渇いてきた。やっぱりこの気温で8kmごとのエイドはキツい。帰りものこり3kmくらいから喉が渇いてきた。
 ちょうど酒見さんと二人で並んで良いペースに上がってきた所だったけど、このまま脱水気味にへばってしまうのも馬鹿げて居ると感じたので、サイロがある信号まではペースを維持したけど、それ以降はジョグに切り換えた。これは正解だったと思う。

 事件は帰ってから起こった。バイク関係の友人のMASAさんが鉄板で出来た部品と生のイカを持ってきて話をしていたとき、裏の方から「パシューン!」的な音がした。???と思って裏に行ったら、軽トラの上で自転車の前輪がバーストしていた。
 このタイヤもずいぶん使っているけど、まあ大丈夫だろうから皆生まではこれで行こうと思って居たところだった。こんなタイミングでバーストするなよ。というか本番中じゃ無くて良かったというか、まあ自転車の神様ありがとう御座いました。
 写真を見ていくと2008年の皆生前に交換していた。ストラディウス・エリート・ライトの20C。ちょうど3年間使った事になる。カボス君と比べると恥ずかしいから書きたくないけど(笑)。でも冬は別の自転車に乗っているし、普段のプールとかも別の実用車なので実質は1/3位の計算になる・・・と言い訳。
 さて、早急にタイヤを買わないと行けなくなった。チューブも。タキザワのカタログを見ていたらパナレーサーはシリーズが変わったらしい。レースタイプLと言うのが相当品に成るのだろうか?
 耐パンク性2倍とか書かれたコンチネンタルの4000Sにも少し引かれる。いっそ、タキザワオリジナルの安物でスピードプロレースの2,300円にしてしまおうか。。。明日の朝までに決めて注文しておこう。

バイク 78km
ラン 17km

| | コメント (7)

2011年7月 9日 (土)

スペーサ

0709 ガーッと忙しかった仕事の分は取りあえず品物は発送してしまった。この週末にドキュメントが残っているけど、取りあえず心の健康のために忘れる事にした(笑)。
 昼間にねじとか小物を買いに宗像のナフコまで行く用事があった。トレーニングがてら自転車で行ったら暑い暑い。こんな事で皆生はどうなるのだろうかと一瞬不安になる。この自転車で懲りたので今日はもうトレーニングはお終い。

 空いた時間にはグラインダの砥石を交換してみた。向かって左側には灰色の生材を削るようなヤツを付けていたのだけど、最近は目詰まりが酷くてイマイチ削れが悪い。ドレッシングはしているのだけど、モノタロウの安物が悪かったのだろうか?
 次は近所の大きな会社に勤めている知り合いからもらっていた廃棄品の砥石に交換してみることにした。用途的にどうしても側面を使わざるを得ないので、直径は新品なのに一定の時期が来たら廃棄に成るらしい。これを3枚くらいもらった。
 雰囲気的に焼き入れ材とかを削るタイプの砥石と思う。穴径が31.8mmくらい有って大きいのでスペーサを作った。インチ系で5/4インチだろう。軸は15.8mm位有るのでこちらもインチ系で5/8インチと思われる。
 穴は鉄と鉄なのでH7位を狙って。軸は砥石の相手がプラスチックのブッシングなのでg9位で良いかな?と言う感じで削る。
 でも作業性から軸がh7位に。穴がH8くらいに成ってしまった。まあ、固定した後で外周をドレッシングしてから使うから良いでしょ。。。
 カバーを付けて念のために5分くらい空転させ、外周をドレッシングしてお終い。試しにスクレーバを削ったらイイ感じに削れた。

バイク 20km

| | コメント (0)

2011年7月 8日 (金)

非対称化

0708 先日のフィンガーパドル、スイミングに行く前に思い出して慌てて削った。今回は片側だけの修正なので速い。そして角が怪我しそうなので面を取った。
 先生と話したらだいたい良い感じらしい。そして少し欲が出てきて?今の1枚から2枚が出来ないかなと言う話になった。確かに今のは四角い板なので、このサイズなら2枚が取れそう。
 数が増えれば人数が多くて今までパドルとか使ったことが無い火曜日のメンバーにも使える可能性が出てくる。
 それでも足りませんねえ、と話したら片手で練習すればさらに倍になると言われた。確かに動きの練習だけなら片手でも良いのかもしれない。
 さて、とりあえず宮若スイムクラブの分だけでも量産しようか。

 今日のレッスンは3名だった。私と床屋のオバチャンと小学生の女の子。始まるまでにフィンガーパドルでかなり泳いだので、キツい練習だったら嫌だな・・・と言う感じでスタート。
 楽では無かったけど丁度よい感じにキツかった。やっぱりハイポとかキックでタイム制限が有るのが一番キツくて死にそうになる。今日のキックは平泳ぎのキックだったで助かった。これだけは小学生の女の子に勝てる(笑)。
 来週が大会と話したからか、最後は珍しく200m。着いてから20秒休みで3本だった。200mとかやったことが無いので強度の目安が解らなかったけど、何となく雰囲気でスタート。
 1本目は3分30秒。20秒休んで2本目は3分40秒。20秒休んで3本目は3分42秒くらいだった。2本目で落ちすぎのような感じか。
 3分30秒は50mが52.5秒ペースなので3000mなら52.5分。3分40秒だと55秒と55分ペースに成る。皆生を55分で泳ぐにはこんなペースで泳ぐ必要が有るのか!と言う感じ。でも昔感じていた別の世界の事ではなくて、最近は具体的な数値として感じることが出来るのは進歩?
 自分でも気がついていたけど、キツくなってくると息継ぎのタイミングが遅くなってくる。すると口を水面上に出すために次の腕を下に押して顔を出そうとする。その行為自体がキャッチの所の動きを変にするし、抵抗が激増する・・・。ほぼ同じ事を指摘された。
 息継ぎ側の手のプッシュのタイミングで息をする位の感じ。これを頭に置いて泳いでいこう。でもキツくなったら出来んのよねえ。。。

スイム 2.6km
バイク 20km

| | コメント (0)

2011年7月 7日 (木)

脚が怠いのは靴のせい?

 今日はどうしようかな?と思いながら仕事をしていたら17:00を過ぎていたので慌てて仕事は終了。左の尻は今以上に酷くは成らない感じなので、この日曜日までは軽めに運動を続ける事にした。
 尻にとって自転車よりはランの方が楽そうな気がしたので、新しいスカイセンサーの裸足の慣らしを兼ねてランニング。今日で3回目なので少し伸びたというか馴染んだ感じがあり、スタート前に少しだけ紐を締めた。
 走り出して直ぐに右のアキレス腱の所が擦れる感じが有ったので、止まって指でグイグイ押してから再スタート。その後はそんなに気にならなかった。
 今日は特に靴のクッションを感じた。今までの靴はソーティー以上に薄くなって居たのだから当たり前と言えば当たり前。なんかフニャフニャで楽なのか進まないのか解らない感じ。
 ゆっくり走ったら凄く楽で尻も今以上に痛くならない。結局いつもの22kmのコースを走ってきた。靴と足の相性は悪くないようで、初めての素足ランなのに何も問題は起こらなかった。
 トヨタグランドでトイレと給水をした。グランドで西中の陸上部が練習をしていたので少しだけ見に行った。「最近は西中に寄らずにルミエールに行きようとやろ?エイミーに聞いたよ」と顧問の先生に怒られた?ので、御免なさい、今度寄りますと謝っておいた。

 走り終わって直ぐは何時もと変わらなかったのだけど、シャワーを浴びて晩飯を食べていたら偉く脚が怠い。痛いとかそう言う系統ではなくて、距離的に2倍くらい走ったような怠さが有る。
 無意識に尻をかばって変な動きに成っている可能性もあるけど、靴が変わってクッションとか反発が激変した影響の可能性が高いような気がする。
 どうしよう・・・もう古いスカイセンサージャパンは捨ててしまったし、脚の形的には今の靴の方が合っている。これで行くしかなかろう。多分ランニングの神様は私に味方してくれて、折り返しを過ぎた辺りから想像以上に脚が残っている事に驚く展開に成るだろう。ハハハ。

ラン 22km

| | コメント (0)

2011年7月 6日 (水)

軽量化

0706 実は左の尻が痛い。ちょっとだけ。今までも何回か痛くなっている左の尻のデカい筋肉の奥の方がすこーしだけ。

 昨日プールに行って泳いでいたら、確か火曜日のクラスだったと思う小学生の女の子が来て「オジチャン、バタ足競争しょう」と戦いを挑んできた。
 3年生くらいの女の子に負けるのは恥ずかしいけど、戦わずに逃げたらバカにされそうな気がしたので挑戦を受けた。
 1回目は私が勝った。今までで一番必死にキックした。25mが30秒くらいしかかかってなかったのでタイムも今までで一番速い。でも心臓がバクバク言って2分くらい何も出来ない状態になった。
 女の子がもう一回とせがむので数分待ってもらってから再度戦った。今度は負けてしまった。情け無いけど脚がもう動かなかった。
 その後でフィンガーパドルとプルブイで泳いでいると女の子がもう一回来て、今度はクロールで競争になった。これは明らかに勝てるので1m位の差に成るように調節してやった。
 悔しかったのか今度は平泳ぎにしろと言う。脚はプルブイなので平泳ぎの手だけで進むことになる。女の子は普通にクロール。今後は負けた。満足したのか「2勝2敗」と言いながら女の子はあっちに行った。
 このときの最初のキックで尻がちょっと痛かった訳だけど、それが今朝になってもう少しだけ痛くなったという次第。なんかバカらしいことをしてしまった気がする(笑)。だから今日のトレーニングは止め。

 代わりになんかやることが無いかな?と考えたら、数年前に作ったときからの懸案事項であったDHバーの肘置きの軽量化作業を思い出した。
 3mmのアルミ板で自作したこれは、いつもの様に取りあえず・・・と思って装着してから3年以上使っているような気がする。こいつに穴を空けて大幅??に軽量化した。
 ついでにスポンジのパッドにも穴を空けた。こっちは水とか汗が表面に溜まってヌルヌルに成るのを防止する目的。
 両方で約40gの軽量化を達成した。1時間以上ゴソゴソやって40gは割りに合わないような気がする。空気抵抗を減らす小細工でもした方が良かった。

| | コメント (0)

2011年7月 5日 (火)

フィンガーパドル

0705 先週金曜日のスイムの時、先生からパドルを削ってくれと頼まれていた。手のひら全体のパドルを削って小さくして指先用にするらしい。
 元ネタの手のひら用は宮若スイムクラブとして所有しているヤツで、アクリルっぽい四角い樹脂板に穴を開けてゴム紐を通しただけのヤツ。これの前後を円弧状に削って指先だけに水圧がかかる仕様に改造したいと。
 プールの中でだいたいの話は聞いていたけど、イマイチ不安が有ったので取りあえず1個だけ削って見てもらう事にした。今日はプールに行こうと思っていたので、仕事が終わってからドリドリ1号にパドルを付け、G02とG03を駆使して(笑)前後の円弧を削りだした。
 B&Gに持っていってしばらく自分で使ってみたらイイ感じ。と言うか今までこんなの使ったこと無いのでどれが良いのか悪いのかとか解らないのが正直な感想。
 しばらくしたら火曜日のレッスンのために先生が来たので、パドルを見せて色々と意見を聞いてみた。ほぼイメージ通りに成っているらしいけど、工作が面倒で無ければ左右を非対称にして小指側をもう少し削り込んで欲しいらしい。ドリドリ君ならそう言う作業は得意なので問題ない。
 今日の話で形が決まったので、残りのパドルも空いた時間に最終形状にドリドリ1号で削ってしまおう。それと今の材質は少し硬いので、ナフコで柔らかめの材料を見つけたらそっちでも試作をしてみよう。
 そしてそして、山崎重樹(モスクワオリンピック自由形代表)監修の製品として大々的に売り出し(笑)、宮若スイムクラブの経費の一部にしよう。ハハハ。いいぞ。
 それにしても短い指だ。。。指だけじゃない、手も脚も短いぞ。。。こんな武器で長濱とかウミウシ君みたいにデカい奴らと戦わないといけないわけで、うーん、皆生ではデカい選手は少し手加減しろよ!と今のうちに叫んでおく。

 上にも書いたようにB&Gで泳いだ。レッスン前の先生から色々と個人指導をしてもらった。以前はロボットが泳いでいると言われていたけど、今日はワニが泳いでいるみたいだと言われた。
 ロボットよりは動きが滑らかに成ってきて、水上に存在していても違和感は無いレベルまで到達したと言う誉め言葉だと受け取っておいた。
 先生も言っていたけど肩が固いのが一番の原因だろう。これは一朝一夕には修正できないと解っている。だから2年前くらいからタオルを使わずに手だけで背中を洗う努力をしている。手の届く範囲は全然広がらないけど。
 後は身のこなしというか動きの改善によって、泳ぎの上手いワニに変化していく位しか思いつかない。うーん、今年の皆生には間に合いそうに無いけど、去年はロボットで今年はワニと考えると凄い進歩のような気がしてきたぞ。

スイム 2.5km

| | コメント (2)

2011年7月 4日 (月)

背中が怠い

 朝起きた瞬間から体が怠かった。脚に関しては普段の練習会の翌日と大差なくて、平日よりはちょっときつめの練習をしたな?と言う程度。違っていたのは背中の怠さ。水泳の先生お勧め?の背中から脇の下にかけての筋肉がメチャ怠い。
 今までの練習会とか大会とかで、この部分が怠くなったり痛くなった事は無かった。ところが今回の芦屋ではこの筋肉が凄く怠くなっている。初めてスイムをしっかり泳げた感触が有ったことと関係が有りそうな気がする。先生の言うクロールに必要な筋肉を使い始めたのでは無かろうか?とか考え出すと、体は怠いのに気分は少しだけウキウキして来る。

 とりあえず昼間は普通にやる仕事が有ったから普通通りにに仕事をした。背中の怠さは昼過ぎくらいがピークの感じで段々と怠さが増していった。これ以上に成ると嫌だな・・・と感じ始めた頃、午後のお茶の後くらいから急速に引いていったので安心した。
 今日はトレーニングは無しの予定だったので、仕事が終わってからは昨日の自転車を整備してみたり、工具を片付けたりした。晩飯を食べる頃になると背中の怠さは更に引いていった。なんか気分がいい。
 このまま待っていても速くは成らないけど、このイメージでスイムの練習を続けて行って、1500mで安定して28分を切れる位に成ったら嬉しいなぁ。。。と想像中。

| | コメント (0)

2011年7月 3日 (日)

芦屋トライアスロン 7割くらいの出来?

 朝起きる時刻も食事とかも毎週の練習会と全く同じだった。途中でトイレに行きたくなったのでコンビニに寄り、ドリンクと薄皮アンパンを買ってついでにウンコをした。かなり多量のウンコで軽量化された気がしてちょっと嬉しかった。

 第一の目標はスイムを頑張ること。その為に目標を決めることにした。トータルでは強いのだけどスイムはそれほどでもない古賀さんをターゲットに。とは言っても私よりは相当速いので、500m地点までついて行けたら良いな・・・程度の気持ちで。
 いつもはバトルが怖くて後とか時間差でスタートするけど、今日は古賀さんの斜め後ろから早いグループに混じってスタートした。多少の接触は有ったけど気にせずに行った。
 数m先に古賀さんのキイロのキャップが見えている。その廻りに2名くらいの選手が泳いでいて小さな集団になっている。私はその後に付いた。
 最初の苦しさも無くて普通に泳ぐことが出来た。500m地点までは上記の集団の後に付けた。でもそれから徐々に遅れ始めて黄色のキャップはたまにしか見えなくなった。
 1kmから2kmまでは広幸さんを目標にした。近くにスイムキャップ無しのデカい選手が泳いでいた。こんなのは多分広幸さんしか居ないと思ってなるべく離れないように頑張ってみた。
 最後のブイを回ってから、ここでダッシュしたら勝てるんじゃ無いかと思って力を込めた。そしたら彼も同じようにペースを上げたので上陸したのは2mくらい負けてしまった。
 凄く悔しかったのでその後のビーチランで抜いた(笑)。

 支給の袋にウェットを綺麗に入れて、薄皮アンパンを1個食べて落ち着いてからバイクスタート。バイクは最初から軽めに行く予定だったので気持ちが凄く楽。
 垂水峠のあたりで長濱が追い越していった。去年はバイクだけで10分以上の差を付けられて完敗している。でも今日はしっかりとした練習メニューを考えているので動じない。と言いたい所だけど、やっぱり気持ちが揺れて少しだけ力が入った。
 長濱はもう一人の選手と2名で走っていた。そのうちに別の選手を吸収して3名に成った。ピッタリではないけど3名で走れば単独走よりは楽に走れるので、その数百メートル後を一人で走る俺と力は変わらんな・・・とか思って漕いだ。
 私がバイクゴールしたら長濱達がランのスタートのタイミングだった。この位なら射程距離か?とチラッと考えた。

 ランの目標は2周を頑張って走ること。昨日の夜の段階では1周目からガンガン行くつもりだったけど、走り出すと意外に暑くて苦しい。ガンガンでは2周も持たない感じなので、2周は持つくらいに調整。
 古賀さんが先頭で折り返してきた。この位バイクが速いと気持ちがよかろう・・・とか考えてしまう。給水所では水とドリンクを4-5杯は飲んで氷をウエアの中に流し込んだ。
 2周目で古賀さんとの距離が縮まった。自分のペースはそんなに速くないと思っていたけど、この暑さでは彼でもこの程度のスピードしか出ないのか、と安心した。箱根を目指していたというランの速い人にピューッと抜かれた。ついて行こうという気分も起こらない。
 意外なことに野崎さんが私の後に居た。スイムとバイクで彼に勝っていることが信じられなかった。でも差は縮まって来ている。3周目までは持たない感じ。
 2周で力を出し尽くすみたいに書いていた癖に、足がだんだんと怠くなってきて2周の最後で倒れ込むほど追い込むことが出来なかった。その影響も有るのか2周目の最後で野崎さんに抜かれた。
 スピードに関しては満足では無かったけど、今までのどの年よりも考えていた通りのレースが出来た。予定通りに3周目はジョグで流しながらダウンの周にした。
 所がこれが面白いことに2kmほど走ったら体が凄く楽になってしまい、最後の2kmくらいは軽快なジョグみたいな感じで軽やかに走り終える事が出来てしまった。良く解らんけど一旦は潰れてもしばらくしたら復活するというランニングの神様のお告げかもしれない。

 自分で時計は持ってなかったし、周回でゴチャゴチャに成って順位も訳解らん状態になっていた。雰囲気的に5位より良くは無くて10位より悪くは無いあたりのゾーンだと思うけど。
 考えていたことの7割くらいは出来た感じが有ったので、帰りにコンビニに寄って爽のバニラ味を買って食べた。久し振りでメチャ美味しかった。

スイム 2.0km
バイク 60km
ラン 16km

| | コメント (6)

2011年7月 2日 (土)

ジョニーは干物になった

0702 昨日のことになるけど、発泡スチロールの荷物が届いた。蓋を開けるとこんなのが沢山入っていたので、取りあえず冷凍庫に放り込んでプールに行った。帰ったら嫁さんが勝手に焼いて晩飯のおかずに成っていた。
 送り主は山陰の黒男だった。あんな事とかこんな事をしたけど、他が忙しくて材料代を何時まで経っても請求しなかったので気を使ってくれたのだろうか?なんか逆に高く付いた様で申し訳ない。電話しても出ないのでここに書いてお礼の代わりにしておこう。
 ありがとう芳川君。そういえば前回は漢字を間違えていた(笑)。

 季節の変わり目だからか、トレーニングの負荷のせいなのか、凄く体が重い。でも朝から半田付みたいな作業ばかりしていたので身体を動かしたくなり、自転車でぐるっと走ってきた。
 泉水越しを超えて室木線跡の道に出た位で、少しだけ体の調子が戻ったような気がしてきた。単純に体温が低くて暖機運転が出来てなかっただけだろうか?でも十分気温は高いけど???
 そのまま真っ直ぐに芦屋の海水浴場まで行ってみた。明日は芦屋トライアスロンなのでそんなことを考えていたらここまで来た感じ。
 トイレに寄ってから帰りかけたら、玄海トライアスロンクラブの人達が看板の準備をしていた。ちょっと話してから来た道を戻った。小規模で練習会形式では有るけど、3種目の準備とか食事とかボランティアの段取りとか、実際にやるには相当の力量が要ると思う。歴史の有るクラブだから出来るのだろうな・・・と言う感じ。

 帰り道で明日のことを色々考えた。今まで皆生の前の調整として何回か参加させてもらったけど、全ての回で中途半端にまとめたというか、無難な感じで終わっている。せっかくの練習会なのだから、今年こそははっきりした目的を決めてそれを実際にやってみよう。
 とにかくスイム。毎回書いているけど結果的に頑張って泳ぐことが出来ない。原因の大半は泳力不足で頑張る事すら出来ないのだけど、心の何処かにバイクとランの事を考えて押さえて居る部分も有ると思う。
 今年はスイムが終わったら休憩する。そのつもりじゃ無くて本当に休憩する。そのくらいやらないとスイムの限界を試す事は出来ないだろう。
 バイクは道路を専有する大会でも無いし、信号も有るし、もともとそんなに強い訳じゃ無いので軽めに流す。スイムも頑張るしバイクも頑張るとか出来るわけ無いから諦める。
 バイクが終わったら素直にランに移る。ランは3周だけど2周で終わる。これは最近感じる「無意識に調節してしまう」事を打破するため。2周だけ精一杯走る。そしてそこで止めて良い。もし少しでもやる気が残っていたらゆっくりと1周して形だけでも完走するだけ。全体の2/3で潰れた時の感触を体に覚え込ます。
 よし、今年は今までで一番解りやすい目標が出来た。スイムの全力が一番難しそうだけど、取りあえず気持ちだけは2000mのスイムレースと思ってスタートしよう。

バイク 45km

| | コメント (4)

2011年7月 1日 (金)

スカイセンサー ネオ2-WIDE

0701 昨日初めて履いた久し振りの新しい靴。アシックスのスカイセンサーシリーズのネオ2WIDEと言うモデル。
 一つ前に買ったのが向かって左から2番目のスカイセンサージャパンで、その前に買ったのが左端のゲルフェザー。と言うことで私は2-3年に1足しか買ってないことになる。そのくらいしか走ってないからそれで良いという事だろう。
 古い2足はどちらも拇指球の下あたりがすり減っていて、タイヤで言うトレッド面が全て無くなってその下の層まで行っている。ちょっと使いすぎたかもしれない(笑)。
 新しいゲルフェザーと悩んだけど、裏のパターンがこっちの方がカッコイイ気がしたのでこっちにした。いずれにしてもスポンジ底でのっぺりしたタイプの同じ系列。
 足の形に合うかどうか不安だったけど、1発目に小雨の中22km走をしても豆とか出来なかった。これは多分合っているという事だろう。ランニングの神様ありがとうございます。
 左端の古いゲルフェザーにかなり近くて、その横のスカイセンサージャパンよりも明らかに広い。ジャパンは少し窮屈でたまに豆が出来ていたので、今回のWIDEタイプは私の足には丁度よいのかもしれない。フフフ。

 仕事の関係が少しだけ先が見えてきて、気持ち的にずいぶん楽になった。まだ終わった訳じゃ無いのだけど。
 雨が降るかもしれないけど、何となく気分がよかったので自転車でB&Gのプールへ。昨日と一昨日の負荷が強すぎたようで、太腿を中心に脚が怠いこと怠いこと。
 泳いでいたら長濱が来た。五島のランでコースを間違えた話を聞いた。よくよく聞いたら彼が悪い。お前が悪いと言ったら他の人からもそう言われたらしい。うん、当然だと思う(笑)。
 久し振りのB&Gのレッスンで気合いが入っていたのか、パドルが出てストローク制限が有ったり、半分潜水でその後も息継ぎ1回だけと言う殺人的なメニューが出たりした。特に潜水のヤツは死ぬかと思った。
 ターンの時に息をしても良いのか解らなかったけど、あまりにキツかったので勝手に息をした。バカとか言われなかったのでそれで良かったのか、またはアイツはこれ以上は無理だな・・・と思われて居たのか。取りあえず終わったからそれでいいです。
 帰りも如来田越しで帰ってきた。先週までは蛍が1匹くらい居たのだけど、今日はとうとう1匹も見つける事は出来なかった。代わりに車に轢かれた狸を見つけた。

スイム 2.1km
バイク 20km

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »