« 宿の手配は上手くなった | トップページ | 非常用発電機の試運転 »

2011年3月11日 (金)

胃が痛くなってきた

 昼過ぎに津波のニュースを見ていた。NHKのヘリからの生中継映像を。映画みたいに泣き叫ぶ人は居ないし、もの凄い波しぶきも無い。静かに水とゴミと車と舟と家と火が押し寄せてくる。
 道路には車が走っている。必死に逃げている訳じゃなくて好き放題な方向に走っている。仕事のこととか買い物の事とか、そんなことでも考えて居るのだろうか。
 汚い水の舌が車を飲み込んでいく。ゆっくりと。。。人の死はあっけない。

 この人たちはどうして逃げなかったんだろう?地震の速報から車で数キロを走る時間は十分に有った。
 でも自分だったら逃げただろうか?海から数キロ離れているから大丈夫、またどうせ1mも行かない、もうちょっとだけ仕事をやってから、上司が逃げないから俺だけ逃げるのもカッコワルイ、買い物がもう一件ある・・・。色んな気持ちが交錯して、自分がその場にいても逃げてないような気がする。
 そんなことを考えながら生中継の映像を見続けていると、なんか一気に食欲が無くなって胃が痛くなってきた。
 動物的とか野性的という言葉は、荒々しいとか粗暴とかの意味ではなく、野生の動物のように臆病でビクビクした行き方なのだろうか。
 なんか数分間で色んな事を考え過ぎた。

 スイミングの日なのでプールに行った。割りと好みの受付のお姉さんが話しかけてきた。やったね!とか思ったら「今日は休みらしいです」と、只の伝言。
 せっかく来たのだから2時間券を買って入った。長濱も直前に入ったようで既に泳いでいた。今日はなんとなく長時間を連続で泳いでみたくなり、1時間30分泳ぐことにした。
 途中で止めたくなるかと思ったけど、隣には長濱も居るし別のレーンも割りとマジなオッサンばかりで止めづらい。そんなことを考えていたら1時間30分持った。
 最後の方は左の脹ら脛が攣りかけたけど、だましだまし泳いでなんとかゴール。最後は平泳ぎでダウンして今日の練習は終わり。

 帰ってから東京のオバチャンから電話が有った。帰宅不能者とか色々有るみたいだけど全員の生存は確認できているらしい。広島でお世話になった方の仙台の実家とか知り合いも問題ないらしい。
 東京の某社さんとか、宇都宮のY氏とか、etc...大丈夫か?と思うけど、本当に大変なときに連絡されても困ると思うので、放っておいた。
 次男の試験は予定通りに行われるらしい。論文だけで3時間くらいとか、なんか変な試験で面白そう。

スイム 4.7km

|

« 宿の手配は上手くなった | トップページ | 非常用発電機の試運転 »

コメント

帰宅不能者、本日夜ゆばを持って無事帰宅。バイト先が閉園になったため穴をあけずに済んだ様子。無謀運転者、午前3時神奈川県より何とか帰宅。ご心配をおかけしました!

投稿: 東京のオバチャン | 2011年3月12日 (土) 21時04分

 意外と早いお帰りで(^^)。車のドアミラーは引っ込んだままなのか!?と、我が家ではその話題で持ちきり(笑)。
 嫁さんの弟の家は、多少の物が壊れたくらいで済んだみたい。
 そう言えば後の地震で長野に被害が出ているけど、あっちの親戚は生きているんだろうか??

投稿: みつやす | 2011年3月12日 (土) 21時41分

従姉妹です
報告が遅れました
広島より帰宅しました

厳島神社にて友人より電話があり大災害を知りました。その時同時に俊介よりのメール「生きてますか?」も届きました。

それから関東地方とは連絡取れなくなり厳島神社を早々に引き上げ、ホテルに戻りました

翌日は帰ることもできず、原爆記念館などを見学しましたが、原爆投下後の広島の写真と今回の東北の津波被害の映像が、頭の中をぐるぐると廻りました。

今日は予定を返上して朝の新幹線にて名古屋→松本に帰宅しました

関係者はとりあえず生きてます

川崎の俊介の職場では、川崎駅の帰宅困難者を会議室などに受け入れ、備蓄食料を配って対応したらしいです。
くたくたで土曜日の午後自宅に帰宅してみたら、テレビが棚から落下していたらしいです。

液晶は大丈夫だったので助かったらしいです

皆とりあえず無事ですが、これからの事を考えると心配です。

日本はどうなってしまうのでしょうか。。。

投稿: 長野だより | 2011年3月13日 (日) 22時06分

 旅行の最中でしたか。あなご飯を堪能する暇も気持ちの余裕も無かった事でしょう。
 後の長野地方の地震の方を心配していましたが、あまり被害は無かったようで安心しました。

 日本は・・・ずっと前からこんな感じで爆発したり揺れたりして過ごして来たわけですから、このまま変わらずに続くんでしょう。
 不謹慎な気持ちではなくて、火山灰層位学とか少しだけ囓ってしまうと、この手の事象に自分の寿命とか今の国家という尺度を当てはめることの無意味さを感じてしまうんです。

投稿: みつやす | 2011年3月13日 (日) 22時23分

あなご飯は初日に宮島へわたる前に食べましたので、十分に満喫しました。
オバチャンの焼いてくれるお好み焼きが、食べられなくなって、残念でした。

投稿: 従姉妹 | 2011年3月14日 (月) 23時00分

 そりゃ不幸中の幸いでした。お好み焼きは"おたふくソース"をキャベツたっぷりの焼きそばにかけたら、だいたい同じ様な物が出来上がるので(笑)、家で作ってください。

投稿: みつやす | 2011年3月14日 (月) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宿の手配は上手くなった | トップページ | 非常用発電機の試運転 »