« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

1歩進んだ

 今日は1日中仕事だった。かなりストレス溜まったけど、やった分だけは前に進んだ。1歩前進した感じで気持ちは少し明るくなった。
 18:00頃に最後の荷物をヤマトまで持っていってお終い。まだやるべき仕事は残っているけど、一旦リセットして仕事場を片付けて、完了した分の書類というか資料を纏めておこう。
 歳のせいもあるけど、後になると絶対に忘れている。時間が勿体ないような気がしても、その時に時間を費やして資料とかは纏めておかないといけない。これは広島の某社で現地SVをしていた時の教訓。

| | コメント (0)

2010年10月30日 (土)

ちょっとリズムが崩れがち

 ちょっと不味い。仕事が重なっているのは自営業的には良いのだけど、物が入って来る納期がギリギリだったり間に合わなかったりが数件有る。
 こう言うのが1個でも有るとそれに振り回されて他が滞る。そしてその余波で順調な部分まで追い立てられてバタバタしてしまう。悪循環だ。
 自営業だと定時とか残業とか無いに等しいので、自分で強い意志を持ってコントロールしていかないと、特に忙しいときは生活のリズムが滅茶苦茶に成る。人間は所詮動物なのでリズムが崩れると動きや思考面で最大出力を出すことが出来なくなる。そして更に無理をする。
 今日はちょっとそんな雰囲気に成ってしまった。間に合わない物を北九州まで買いに行ったり、遅れて入ってきた物に合わせて夕方過ぎても仕事を続けたり。。。

 と言うことで今日はトレーニング無しになった。仕方ないけどあまり良くない。しかも明日もこんな感じの流れに成りそう。少なくとも練習会に半日を費やす事は無理っぽい。

| | コメント (0)

2010年10月29日 (金)

ボーッとしていた

 仕事が重なってちょっと忙しかった。でも生活のリズムはしっかりと維持していこうと考えて、夕方には仕事を切り上げてプールに行った。死ぬほど寒くも無いので自転車で。
 そう言えばオバチャンが開始時刻が30分早まると言っていたけど、あれは今日からだったか来月からだったか思い出せない。まあ早まっても十分間に合う時間に来ているから大丈夫。
 始まるまでの時間はゆったりとクロールで泳いだ。効率的に水を掻く。走るときに何時も考えているように、並走する選手よりも自分の方が楽に走っているように気持ちとか動きとかをコントロールするイメージで。
 開始時刻が近づいても誰も来ない。長濱は文化祭かなにかだったか?でも他のオバチャンとか小学生は来てもおかしくないのに。。。でも確率的には私一人という確率も有り得る。
 そんなことを考えて泳いでいたらふと気がついた。今日は5回目の金曜日じゃ無かったか?トイレに行くついでにドアに張ってあるカレンダーを見たら5回目だった。
 はぁぁ。ボーッとしているな。5回目と解っていても泳ぎには来たと思うけど、気付かずに開始を待つとは老化なのか不注意なのか情け無い。
 罰としてきちんと1時間を泳ぐことにした。丁度よい具合に隣のレーンに元競技者的な女の人が入ってきたので、彼女に刺激を受けながらサボらずにきちんと泳ぎ続けた。

スイム 3.5km
バイク 28km

| | コメント (0)

2010年10月28日 (木)

ここが干渉するんよね

1028 回りのランナーの協力のおかげで直鞍一周駅伝のメンバーが決まったので、朝一に申込書を持っていった。今年は小竹が当番なので小竹の体育協会まで。
 飯塚のプールとほとんど同じ道を通るので、自転車で行くのが良いトレーニングに成るのだけど、このままではXSのサスを試す時間が無いのでXSで行くことにした。
 スプリングの下の方が干渉するのでチェーンカバーは外してある。具合がよければXSのサスからスプリングとカバー類を移植する予定。
 乗ってみて驚いた。劇的に違う。減衰力の「無し」と「有り」なのだから違うのが当たり前だけど、とにかく違う。
 下有木のところの凸凹道でも尻がシートから浮かない。脇野の先のゼブラマークがある深い右コーナーでもリヤが暴れないしトルクをかけても滑らない。
 なんか凄い。正常品からオーリンズに変えたってここまで劇的には変わらんと思う。こんなに凄い変化を体感できるなんて俺は幸せ者だ。。。でもメチャ寒かった。
 明日が締め切りだと言うのに、申し込みチームは10チームに満たないらしい。このままなら自動的に10位以内に入れる(笑)。でも例年ならギリギリに多数のチームが駆け込みで持ってくるらしいので、10位以内は夢かも。

 昨日はイマイチ運動量が少なかったので、今日は多めと考えて22km走にしてみた。あまりに寒いので長いタイツに上も長袖で。これで丁度よかった。
 ライトを持って出たけどボタン電池の小さなヤツだったので、前回までで電池が弱っていて暗かった。ランニングに良さそうなヤツが欲しい。
 帰って飯を食ってメールを見ていると、某氏が中国に赴任するというニュースが飛び込んできた。中国と言っても広島とか岡山じゃ無い方。
 たぶんそうなるだろうとは家族で話して居たけど、そうなったと聞いたら何となく複雑。でも人生なんてそんなもんで、何処かで神様が適当に決めているだけだったりする。その時の環境を楽しんで生きた者が勝ち。誰に対して勝ちなのか解らんけど(笑)。
 面白そうで良いなぁ、でも嫁さんと娘は付いて行かんのだろう。。。もしかしたら一生会えないかもしれないので、11/7は瀬の本経由で滑空場まで行って顔を見ておくか。

ラン 22km

| | コメント (2)

2010年10月27日 (水)

間違い探し

1027 なんか色々バタバタしていて、自分の為の時間がなかなか取れない。そんな中でちょっとだけ作業したのがこの画像。
 五月蠅い人達から(笑)間違いを指摘される前に書いておこう。メッキとか塗装の違いは多すぎるから置いといて、物として違うのはリヤサス。近い長さの中古が見つかったので付けてみた。
 今のサスはスカスカに抜けていて単純なバネにしか成っていない。乗り心地が悪いし、凹凸のあるコーナーとかでアクセルを開けると、明らかにリヤが滑るのが解るから怖い。
 少しでも減衰力の残ったサスなら、今よりもマシだろうと思って交換してみた。これで少しでも改善するなら、カバーとかの見た目を同じにする方法を考え、それが上手く行ったら純正の新品を取って交換しよう。
 でも15分くらいしか時間が無かったので、乗って変化を確かめる事は出来なかった。残念。

 夜は夜で自転車に乗ろうかと思っていたら、嫁さんから鹿児島本線が止まったから・・・と電話が入る。
 嫁さんは天神に行ってから高速バスで帰ることに成ったけど、その連絡を待つ間とか、バスが着く時間に車で迎えに行くために自宅待機。仕方ないから久し振りに3本ローラ。
 なんか回し方が上手くなったのか、楕円じゃない普通のチェーンリングではローラの丸ベルトが上下に振動する事が多かったのに、今日のベルトは比較的静かに落ち着いていた。
 回し方が上手くなったと思いかけたけど、載る前に空気を入れてなくて漕ぎが少し重いのに気がついた。これで前輪の抵抗が少し変わり、ベルトの共振域が変化しただけかもしれない。

バイク 35km

| | コメント (2)

2010年10月26日 (火)

地道に種をまいておいて良かった

 メチャ忙しい1日だった。それでも地球の自転の周期は変わらずに定期的に夜はやってくる。自転が止まったら夜は来ないけど時間は過ぎるのか。なんか不思議だ。
 とか思いながら晩飯の後でボーッとしていたら電話だと呼ばれた。意外な相手で数年前に西中陸上部に居たヤツ。次男と三男の間くらいの学年だったような記憶がある。
 何の用件なのか全く訳が解らなくて、私と同級生の親父に何か有ったのか?とか、就職したんですけど布団を買ってくださいとか言い出すのか?とか、悩みながら話を始めると、「直鞍一周駅伝ですけど、オジチャン達のチーム空いてたら走らせて貰えませんか?」と言い出した。
 先日の鞘が谷の記録会では5000mを16分07秒で走ったらしい。100年早いわ!14分切ってからおいで!と言おうかと思ったけど、私とか長濱が走るよりは4分近く速いので(笑)、順位に目がくらんで参加をお願いしてしまった。
 彼とはじっくりと話した様な記憶は無く、グランドで走っているときに声をかけたり、西中で水を飲むときに大会の結果を聞いたりする位の関係だった。
 一陸上部員と近所の変なオッサン。それが今度は駅伝のチームメイトに成る。彼が西中のグランドを走っているときに声をかけなければ、こんな電話はかかってこなかった。
 種をまいておいて良かった。一つ一つの確率的には非常に低いわけだけど、どれかの種が育ってくる。自然というか人生というか、まあ、なんか面白い。

 あまりに寒い。外に出て走ったり自転車に乗る気分に成れない。炬燵もストーブも出していないので、仕方なく室内のプールに行くことにした。
 今日は細かいドリルは止めにして、なるべく長い距離を続けて泳いでみることにした。その過程で先日から指摘されている、肩を怒らせた姿勢の矯正、肘から下だけを使って最後にピュッと掻く癖を直す、この二つに注意して。
 スイムとプルブイでのプルを半分ずつくらい泳いでみた。プルだけの時は確かに腕の動きを意識しやすいけど、それからスイムに変えると最初の方はリズムが合わない。さらにキックをサボリ勝ちになって脚が沈む。10分おきくらいで切り換える方が良いかもしれない。
 今日も楽に泳げた。1レーンに2名くらいの混み具合だったけど、一緒になった人よりも少しだけ速く泳げていたので気持ちが楽。相手は反対にプレッシャーに感じたのか、しばらくしたら出て行った。
 最近はこういう事が時々ある。水泳部とか競技者的な人を除いて一般人相手なら、途中で止まって譲ったり、気後れして出て行ったりする事が無い。少しは速くなっているのだろう。ちょっと嬉しい。
 でも最終的には競技会で上に行こうとしているわけだから、水泳部とか競技者的な人に勝てるように成らないと始まらない訳で。。。まあ先は長いですわ。

スイム 2.5km

| | コメント (0)

2010年10月25日 (月)

GPS60系の強化?ボタン

1025_2 GPS60系のホルダへの固定は裏面にねじ止めされた「ボタン」を利用してある事が多い。他にとりつく島が無いからかも。
 そのボタンが欠けてしまったとの連絡を貰い、じゃあ強度アップした金属製のボタンでも作りましょう、と安請け合いしたのがいつもの悪い癖(笑)。
 手持ちのアルミ材で作ったらイマイチ脱着時の滑りが悪い。面取りを弄っていたら純正の自転車ホルダで外れやすくなってしまった。形状を正確にトレースする為に、簡易的な習い装置を試験していたら、試験機のボタンを壊してしまった・・・ハハハ。
 新にボタンの付いたオプションを手に入れて、材質も自己潤滑性とか表面の腐食とか考慮して真鍮にしてみた。今度はなんとか上手く行きそう。
 不安点としてはGPS60系は内部の基板のホールドの仕方で筐体のバージョン違いが有り、このボタンの取付部にも何らかの違いがあったりしたら困るな。と言う部分くらい。これは後で削り直せば良い。
 はあ、お客さんには時間がかかって迷惑をかけてしまった。申し訳ありませんでした。今後は簡単そうに見えてもじっくりと考慮してから返事します。でも何もしない方向へ向かってしまうと、自分の興味的にも会社的にも面白く無い方向に行ってしまうので、その方向性はキープしよう。

 何となく身体と脚が怠い。プールの翌日はいつもこんな感じだ。でも軽くでも走っておこうと思って雨が上がったばかりの道を走り出した。
 久し振りに直接トヨタグランドに行ってみた。いつものインターバルをやろうかと思うけど、どうにも怠い。なんか頭もスッキリしないけど貧血系かな?
 取りあえず1本走ったら何とか成るので5本走ることにした。何とか走れたけどイマイチ良いイメージが湧かないので、今日はここで止めて帰ることにした。
 まあ、こういう日も有るわ。そして加齢と共にこういう日の割合が多くなってくるんだろう。まあ良いけどね。

 夜になって福津の手配師から直鞍一周駅伝のメンバー表が送られてきた。ありがとうございました、これで何とか成りそうです。でも今年はshinakoさんが無理らしいので、何処かで可愛い女の子を引っ掛けて来ないといけないな。。。

ラン 9km

| | コメント (0)

2010年10月24日 (日)

福士と野口を見に行った

1024 いつもの時刻に目が覚めたけど、外は雨の音がしていたので寝直した。07:20頃に起きてきて朝飯を食べた。コーヒーを飲んでちょっとゆっくりしてから駅伝を見に出発。
 時間が早かったのでコース沿いを走りながら観戦ポイントを探したけど、3区の2.8km地点付近にしてみた。あんずの里からガーッと下がって、登って、下がって、平地を延々と走って、少し登りですか?と言う地点。
 最初に福士が来た。バカっぽくも無いしピグモンみたいな口でもない。凄く普通の女子選手だった。走っているときは当たり前か。。。次に大塚製薬の伊藤の直ぐ後で野口が来た。
 オリンピックの時は小さい小さいと言われていたけど、そんなに小さくは見えなかった。そして映像ではオバサン顔と思っていたけど、可愛いらしい感じで意外だった。
 雨が凄く強い。腰から下はビショビショに成ってしまった。復路は見なくて良いやと思って帰ったけど、私はコースを誤解していて、もう少し先で待っていたらヘロヘロに成った福士と野口をもう一回見ることが出来たのだった。ちょっと残念。
 でも女子トップが走るのを間近で見て気分が高揚した。二人とも故障明けでイマイチ調子がよくなかったらしい。でもそんな時の方がその人の魅力的な部分が見えたりする。

 気分が高揚していたので、帰ってから直ぐに仕事の残りを旋盤作業をやっつけた。SUSで変な油圧金具を作るヤツと、GPSの小さな部品を作るヤツ。今日は集中力が有る。
 昼飯を食った後は家の作業をした。三男は壁の漆喰塗りをして、私は薪ストーブの炉台と防火壁の部分を作業した。三男の漆喰塗りは下の1層目が終わった。私の方は古い化粧ベニヤを剥いだだけ。
 古くてボロな家を少しずつ修理していく。大きなプラモデルみたいな物でなかなか面白い。ポンッと新築してしまっては、こんな楽しみは得られない。。。と負け惜しみ(笑)。

 家の作業が一息ついた頃には雨が上がっていた、少し身体を動かしておきたかったので飯塚のプールに行くことにした。XSにしようか迷ったけど、自転車にした。機械を弄るのは好きだけど、自分の身体をチューニングするのも面白い。
 金曜日に言われた手のかきの部分。そして私の悪い癖で肩を怒らせる格好。その辺りだけを注意して泳いでみることにした。
 いつもは同じコースの人が気になるけど、今日は自分の泳ぎに集中していたので気にならなかった。それと私の方が微妙に速かったので気持ち的に優位に泳げた。これが逆だと凄くプレッシャーに感じてしまう。まあ、気持ちが弱いと言う事ですわ。

 帰ってからはこれまた仕事のアイソメ図を書いた。数日前から書いている。アイソメ図は構想の段階では良く書くけど、全部手書きのマンガばかり。仕事として書いたのはドラフターと楕円定規の時代で25年以上前に成る。
 元データが2Dなので、CADは使うけど手書きで書いている。楕円のデータを準備しておき、それのサイズを尺度修正してコピーしていくと結構使える。慣れてきたら手書きよりも速そう。
 最初から3Dでデータを作るという、物の本筋からは離れているけど、世の中のかなりの物は本筋とは違う、理屈に合わない物が沢山ある。今回も自分自身に疑問符を投げかけながらも、CADで手書きのアイソメ図を書く。

スイム 1.8km
バイク 28km

| | コメント (2)

2010年10月23日 (土)

野口みずきが走る!?

 今日は土曜日なのに17:00まで仕事をしていた。明日の練習会は垂水峠を3周らしい。それを見据えて今日は軽めに行っとくか、あくまでもロングの選手として今日もガツンと行くべきか、走り出してからもしばらく悩んでいた。
 結局そのまま走り続けて、玄海の前に走っていた22kmコースをぐるっと走ってきた。手には小型のライトを持っていたので、深層心理的には22kmを走るつもりで出たのだろう。
 意外なほどに調子がよかった。走り始めは昨日のスイムの影響でいつもの様に足というか腰の回りが重かったけど、その重さは最後まで増えてこなかったので助かった。それ以外の脚の動きが良かった。

 帰ってから晩飯を食い、軽トラのガソリンがスッカラカンだったのでガソリンを入れに行った。ついでにルミエールでドリンクを買って家に帰った。
 ネットをパラパラと見ていると明日の駅伝の事が出ていた。野口みずきがエントリーしているらしい。最終決定は今日の監督者会議で決まるとか。無理なんだろうな・・・と思いながら福岡陸競の速報ページを見に行ったら、3区にエントリーされていて驚いた。福士も3区。
 3区はあんずの里から軽いアップダウンの道を津屋崎側にずーっと走り、津屋崎で左折してもうちょっと先まで行くらしい。距離が10kmでスーパー大栄と成ると、玄海のコースの近くの旧3号線沿いのところだろうか?
 まあ見に行くなら7-11から先の唯一の上り坂か、その先の延々と続く田んぼの中の道か、その辺りが良さそう。天気予報では未明から雨とか言っているので、夕方の気持ちがドンドン萎えてきて福士と野口を見たいモードに成ってきた(笑)。
 がむしゃらに身体を動かすだけがトレーニングじゃ無い。トップの人の話を聞いたり、走っているのを見るのも勉強になる。それが例え一瞬であっても、その世界でトップに上り詰めた人からは何かが出てきている。
 とかなんとか自分の気持ちに言い訳の理由を詰め込み始めた(笑)。明日の朝、起きてから気分で決めよう。頑張るのは悪くないけど、無理は心身共に良くない。

ラン 22km

| | コメント (0)

2010年10月22日 (金)

珍しい皿ビス

1022 以前に書いたかもしれないルーカス製の古ーいダイナモ。壊したら後が無いので怖々作業しているせいで遅々として進まない。御免なさい。
 写真はそのダイナモの界磁用鉄心を固定するビス。現物の寸法を当たってみたら、5/16-22でBSF?と言う感じでねじだけでも簡単には手に入らない。さらに皿の角度が45度か60度と一般的な90度に比べたら小さい。
 45度か60度と曖昧な書き方しか出来ないのは、現物のねじも相手の当たり面も、長い年月と度重なる作業で傷んでしまって判別不能だから。
 以前の作業者も苦労したみたいで、一部のねじは普通のボルトを入手してきて、それを手加工で皿ビスにした感じ。マイナスの溝が明らかに機械ではあり得ないくらいずれているし。
 旋盤で作ろうか、でも結構面倒なのでコストかかりそう。。。とか悩んでいたら、お客さんが該当部品をイギリスから?取り寄せてくれた。
 ところが良くある話で、ねじ山は合うけど皿の角度が90度で合わない。角度だけならごまかしで締め付けても良い(ホントは良くない)けど、角度に応じて直径もでかいので座ぐり径に入らない。
 掴むところが短いうえにねじ山なので苦労したけど、なんとか皿の部分を追加工して今は再メッキ中。なんとか成りそうでホッとした。

 金曜日でプールの日。雨は降りそうに無いので自転車で行った。力が付いてきた感じは無いけど、加齢による衰えが無くて現状維持で推移してくれれば有りがたい気持ち。
 今日は大人ばかり4名。キツいメニューだろうなと思っていたら、意外と間に話が入ったヘロヘロ系とは対極のメニューだった。その分は難しい指導とか話が入って苦手な雰囲気も有ったけど。
 スカーリングとかキャッチ、今よりも早いタイミングで水を掴む感触、そんな難しげなレッスン。例によって解ったような解らん様な感じ。
 最後は顔を上げたままのクロール。左手を伸ばしたときの我慢が足りんと言われた。そう言われてもそのまま我慢していたら顔が沈んでしまい、水を飲んでゲホゲホ言ってしまう。
 速い小学生が居なかったので、キックは2番目でスタートして2番を維持して帰ってこれた。クロールのキックで有る瞬間だけ速く進むときがある。

スイム 2.0km
バイク 28km

| | コメント (2)

2010年10月21日 (木)

整地はキツいぞ

1021 裏の薪棚が取りあえず一杯に成ったので、以前から気になっていた凹凸を修正し始めた。トレーニングには成らんけど、せっかく買ったのでユンボで。
 ユンボを使ってもなかなか平らには成らない。基本的に写真の右側が下がっているのは仕方ないので、局部的な凹凸だけでも均そうとしている。でもそれだけでも結構大変。
 ユンボの排土板は位置が悪いのか操作が悪いのか解らないけど、薄く削ぐように土を削って移動することが難しい。しかも何個も石が出てきて、その度に穴を掘って埋める必要があるし。。。
 ガレージからランマーを持ってきたけど、引きずって持ってくるだけで一仕事だった。エンジンは直ぐにかかったけど、下の固さによって飛び跳ね方が変わるし、起伏の具合で進み具合が変わる。初めてモトクロッサーに乗ったときくらい腕がパンパンに成った。

 夜はランニング。最近の日課の400m+αを10本のインターバルで、今日から繋ぎをジョグにした。今までは歩きなので心拍数的にはかなりキツくなりそう。
 でも実際にやってみたらそれほどキツくは無かった。理由はタイムを測ってないので、気持ち的に400m走の部分のペースが落ちていたのだと思う。ウルトラモードからの脱却の意味で始めたのだけど、そろそろタイムを意識しても良いかもしれない。
 ランマーのせいだと思うけど、腕振りの腕がいまいち動きが悪かった。明日はスイミングだけど、それまでに治るだろうか?

ラン 15km

| | コメント (0)

2010年10月20日 (水)

薬物まで不法投棄が始まった

1020 今日は打ち合わせとかで外に出ている事が多かった。ウロチョロして走り回って、時間が来たら飯塚のプールに行った。夕方テーブルの上に包みが置いてあるのは気がついたけど、何かは解らなかった。
 後で婆さんが言うには、変な形のオートバイに乗った男が坂を登ってきて、いきなり包みを不法投棄して帰って行ったらしい。ロータックスのエンジン音だと話していたので、かなり絞り込める。
 包みからは小箱が沢山出てきた。箱には怪しげな社名が書いてある。私はブランド志向なので田辺三菱とかファイザーとかしか知らないけど、取りあえず箱を開けてみる。
 キャップが金色でいかにも怪しい。黄色のプレス品の方が薬らしいのに・・・。74歳くらいの婆さんは喜ぶのだろうか。「美宝骨」と書いてある。"いかにも"のネーミングでますます怪しい(笑)。
 説明を読むと、基本はカルシウム製剤で、それにコラーゲンとアカモクのエキスが添加してある。コラーゲンは流行りだろう。アカモクは年寄りの骨量減少に効きそうな謳い文句が書いてあるので、少しだけ期待してしまう。。。俺も年寄りか、ハハハ。
 取りあえず1日の最大量と書いてある6錠を飲んだ。エビオスみたいな食感で大した味も付けてないので、あまり効いた感じは無かった。明日から人を追い越すときは「アカモクパワー!」と叫んで追い越そうと心に誓った。

 半井さんの言うとおりに夕方になったら空模様が怪しくなった。夜の雨に自転車は嫌なので軽トラで飯塚のプールへ行った。無駄にガソリンを使った罰として2時間券にした。
 今日の目的は反対側息継ぎの片手クロールのドリルを洗練させ、その動きを普通のスイムに繋げていくこと。なんか難しそうに書いたけどいつものドリルをやっただけ。
 後半は同じレーンにバタ足ばかりする女の子が居たので、彼女の後をついてバタ足の練習をした。速度が約2倍違うので、追いかけてスタートしてゴール後に1回休んだら丁度よい。
 途中で隣のレーンに場違いに速い人が来た。凄い勢いで泳いだかと思ったら、止まって脈を測っている。スイムキャップにシジミのマークが入っている。"おおとうスイムマラソン"の参加賞か何かだろうか?速い人には巻かれろで、帰り際に少しだけ話をしてから別れた。

スイム 3.1km

| | コメント (2)

2010年10月19日 (火)

S301のレギュレータ完成

1019_2 主要部品の欠品が無かったので、素直に予定通りに作業が済んだラビットS301のレギュレータ。一番端っこにはスタータリレーが入っているので、レギュリレーか?
 ラ・モートさんにアドバイスを頂いたM3の旧JISねじだけど、在庫が無かったので新JISのプラス頭のねじに、旧JISの0.6mmピッチのねじを切り直して対応した。
 右端の1個だけ頭の色とドライバの種類が違っているけど、機能的な修復という路線での依頼なので、まあ、こんな感じじゃ無いかな?との勝手な判断。
 本体の雌ねじは旧JISのままなので、将来的にマイナス頭で長い旧JISのねじが入手できたら交換してください。
 VWベースのDCダイナモに繋ぎ、最終的に1時間ほど試験して修理完了。いつも思うけど電流制限抵抗の発熱は凄い。この熱は空気中への放熱以外にかなりの割合が筐体に逃げ、さらに空気中に放熱されたり車体へ流れたりする。電気的なアースの面以外でも、放熱という意味でもしっかりと取り付ける必要がある。

 何かの魔法で自転車が速くならないかな?とか思いながら、取りあえず乗るしか無いような気もしたので乗っておくことにした。ライト付きのロードで走り出す。
 プールに行く道を通って飯塚の自衛隊まで往復する。この道は適度なアップダウンが有って練習しているという気分になる。
 プールの日はこの往復に加えて水泳もしている。それに比べたら運動量が少なすぎるよな・・・とは思うけど、暗くて肌寒い中で2時間も3時間も乗るのはちょっと辛い。だから強くなれないのかもしれないけどね。

バイク 30km

| | コメント (2)

2010年10月18日 (月)

ラビットS301のレギュレータ

10181 こないだ送られてきたレギュレータ。ラビットS301に付いていた物らしい。古い車体の付属品は他車用とかが付いている事が多いので、現物の動作を検証しながら確認する必要があるから慎重に。
 錆とか細かい破損は年代を考えたら普通の感じ。欠品はねじが数個くらいで後はほぼ揃っている。
 機能的にはカットイン電圧が大幅に狂っていて、ボルテージリレーの接点は滅茶苦茶に曲げられていて機能していなくて、写真右のフィールド電流制限用の抵抗は取付部すなわちアース接続が浮いているので全く機能していない、状態だった。
10182  一気に飛んで完成後の画像。調整は滅茶苦茶だったけど、物として失われて居る物がほとんど無かったので、基本的に現状維持ベースで修理した。
 絶縁体がブラストしても削れない材質だったので、錆が取れるまでブラストした。パターンとか部品が判別できる必要がある部分に関しては、透明のさび止め塗料を塗布。
 それ以外のフレームとかに関しては、下塗りと上塗りが兼用できるタイプの塗料を塗ってある。オリジナルは黄色のクロメートなので、さらにクリヤーイエローとかを上塗りしたら雰囲気が出るかもしれない。でもコストの関係でやってません(^^)。
10183  上側からみたところ。右端の端子はねじが錆で固着していた。相手が端子で脆弱なので、取り外しは結構苦労した。
 ラビットの車体は基本的に旧JISねじだけど、悪い予想は当たってレギュレータの各ねじも旧JIS規格だった。
 M5の端子ねじは入手できたので交換。マイナス頭かと思ったけど、右端の固着したねじがプラス頭のなべ皿だったのでそれに習った。
 カバーを固定するM3の長いねじも旧JIS。これは未だに入手先が見あたらない。ねじ部だけ旧規格のM3を継ぎ足そうか?とか考え中。

 昨日は3種目やったので今日は軽め。取りあえず走ることにした。こうやってどちらでも良いときに自転車に乗らないと、何時まで経っても自転車が強く成らない様な気がする。
 西中経由で水を飲んだ。陸上部が練習中でエイミーが手を振っていた。大会で予選落ちばかりで落ち込んでいるかと思ったけど、まあ普通の状態らしい。「だから強くなれない」はお母さんのお言葉。
 トヨタグランドに言って先日の続きでスピードの刺激入れ。ちょっと速めのペースで約400mを10本走った。レストは100mの歩き。
 割りと調子よく走れるように成ってきたので、次からは繋ぎを100mのジョグにしてみようか?そうすると一気にキツくなってインターバル的に成ってしまう。ちょっと嫌だなと言う気持ち。

バイク 4km
ラン 14km

| | コメント (4)

2010年10月17日 (日)

学校で習った「理科」をおもしろく読む本

1017 以前「JIPMソリューション」と言う会社から、チョコレートのスパナのページの写真を引用させて欲しいと言う依頼メールが来ていた。
 名前がなんか胡散臭そうだったけど(笑)、私のページの内容も胡散臭い訳だから、いつもの様に「どうぞご自由にお使い下さい」と返事を出しておいた。
 忘れた頃に成ってそれが掲載された本が送られてきた。まともな会社だったようだ。胡散臭いとか思って御免なさい。
 どういう切り口で取り上げられて居るか興味が有ったので、息子達と一緒に該当ページを探して愕然とした。単にスパナでねじを締める行為の例として写真が掲載されていた。これなら他に幾らでもページが有るだろうし、自分で写真を撮ったら一発じゃ無いの?
 良く解らんけど、せっかく貰った本だから一通り読んでみた。割りとおもしろい。技術に関する内容を、興味を持てそうな題材をネタに、極力平易に広く浅く説明してある。
 院まで出た設計室の新人に読ませて、広く浅いセンス的な物を把握して貰うとか、手を動かすのは得意だけど、勉強は好きじゃ無かったと言う保全課の彼に読ませて、学問的な事だって面白いだろ?と感じさせるとか、まあそんな市場というかターゲットが思い浮かんだ。
 ああ、そうか。自分で写真を撮らずに私の写真を引用して本を無償で送れば、私は調子に乗って宣伝してくれるだろう。。。はい、まさに貴方の読み通りです。参りました。

 朝からバイキング練習会。放射冷却でメチャ寒かった。途中で暑くなるのは見えていたけど、我慢が出来なかったので長袖に手袋までした。手袋は途中で脱いだ。
 前回よりも着いていける距離がちょびっと伸びた。この調子で伸ばしていこう。筋肉量で劣るのだから、こうやって少しずつ追いつくしかない。
 垂水峠2周のタイムトライアルは、スタート前の順位基準でタイム差スタート。後から出た全員に抜かれて傷心の一人旅。まあ、良いけどね。
 ランはユリックスのコースを、5周、3周、2周、の合計10km。黒服の人とかなりよい勝負が出来た。聞くとハーフが1時間19分らしい。最近走っていないらしいけど、そのレベルの人と絡むことが出来たのは評価したい。
 最後の2周のスタート前に気分が悪かった。取りあえずユルユルと出たけどイマイチ気分が治ってこず、1周が終了時点でリタイヤした。
 帰ってから多量のウンコが出た。しばらくしてもう一度トイレに行ったら、今度は少量のウンコと多量の屁が出た。これでやっとスッキリした感じ。これが原因だったのだろうか?

 ホッとしてからXSのバルブクリアランスを確認した。4個とも0.02mmから0.04mmくらい増大していた。バルブシートの落ち着きなら少なく成る筈なので。カムシャフトとかロッカーアーム系が落ち着いたのだろうと思う。タイヤの空気圧も調整した。
 再調整して走りに行った。トラブルが怖いので昨日と同じで登り坂を登る。割りと調子がよいので鞍手町に出て、いつもの自転車コースで帰ってきた。好調好調。その勢いでXSに乗って飯塚のプールに行った。
 プールは前半クロール、後半は平泳ぎのドリルを一人で繰り返した。同じコースの人が同じくらいの速さの人だったので、今日は割りと泳ぎやすい日だった。疲れなのか何なのか解らないけど、全てが上手く行った感じは無かった。
 帰りになかなかエンジンがかからなかった。ちょっと焦った。でもしばらくキックしたらかかった。キャブとか全然調整していないので、そろそろ修理後の状況に合わせて調整をしてやろう。

スイム 1.8km
バイク 80km
ラン 9km

| | コメント (0)

2010年10月16日 (土)

一気に出庫

10161 朝のうちにちょっとだけ仕事をして、残りは全部XSの作業を片付けて行った。久し振りに整備的な事を集中してやった気がする。
 もうちょっとボチボチやっても良かったし、その方が仕上がりは良さそうな気もするけど、性格的に作業中の物が転がっている環境で、良く似た仕事の作業をするのは我慢が出来ない。
 おかげさまで?夕方には何とか組み付けまで終わって、無事に出庫と相成った。長い間占有していたバイクリフトを掃除したら気分がよい。回りも片付けんといかんなぁ。
 10162 写真は変わり映えがしない。シリンダとヘッドが白っぽく見えるだけ。クランクケースとか特徴的なタペットカバーすら磨いていないので、なんかちぐはぐで変な感じ。
 まあ、色合いからして世間のXS系から浮きまくっているので(笑)、エンジンの綺麗さがちぐはぐで浮いていても悪くないかも。
 カムチェーンとカムベアリングに不安が有るので、取りあえず上り坂を上に向かって走る。止まっても押すのが楽なように。
 赤木峠の頂上まで行っても止まらなかったので、そのまま下って農協のスタンドでガソリンを給油してきた。
10163  作業前は何回もアイドリングをしていたので、プラグは真っ黒に燻っていた。それが8kmくらい乗っただけでこの位まで回復している。バルブクリアランスしか調整して居ないにしては調子が良さそう。
 ちなみ圧縮圧力は、温間時に右が10.2kgf/cm^2で、左が10.4kgf/cm^2だった。抜いていたベースパッキンを復活させたのに、数値もキックの反力も向上している。
 乗っていて気がつくのは2200rpm前後のシャクリ感が薄らいだこと、それとアイドリングが安定したこと。今日は気分が高揚しているので詳細は後日検証しよう。
 左の排気?から音が聞こえる。しばらく使ったらクリアランスを再調整しよう。右のカムベアリングから、転がり軸受け特有のシャーッという音が聞こえるような気がする。気のせいで有って欲しい。
 カムチェーンはテンショナーが不要なくらいに張っている。8kmでは全然伸びたり落ち着いたりはしなかった。切れさえしなければ普通に耐久性が有るかもしれない。
 こんな感じで1日が終わった。取りあえず動いたので2年間入れっぱなしのオイルを交換した。ちょっと奮発して4Lが3,400円くらいした5W-40のSM。デメリットも有りそうだけど、今の私の使い方だと、新しくて高性能なオイルのメリットの方が上回りそうな気がしている。
 新しいオイルではまだ乗ってない。明日の練習会が終わったら乗ってみようと思う。操縦性に違和感が有ったので、乗る前に空気圧をチェックしておかないと。。。

| | コメント (4)

2010年10月15日 (金)

カムチェーンを繋いだ

1015 今日は作業的な仕事が忙しくて、外の作業場で1日中ウロチョロしていた。朝飯の後は薪割りをしたし、夕方からは自転車でプールに行ったのでXSを弄る時間がほとんどなかった。
 今日はカムチェーンを繋いだ。280円で買ったチェーンだけど、ちょっとヤバイかもしれない。テンショナー未装着状態なのに、ジョイントをはめるのに相当苦労した。穴用のスナップリングプライヤを使ってチェーンの端と端を近づけてやっと繋いだ。
 長さがほんの少し短いのか、ローラの直径がほんの少し大きいのか、その両方か、良く解らないけどテンショナー無しでピッタリの状態になっている。安物だからしばらく使ったら伸びる事を期待しよう(笑)。

 もっとヤバいところが有る。それはカムシャフト両端のベアリング。静音化への期待とか入手の容易性とかから標準隙間にしてみたけど、それ以上に不味いところが出てきた。それは軸と内輪とのハメアイ。
 ここは内輪回転荷重なので、普通の設計なら軸側を締まりばめにする。バルブを駆動する変動荷重なので少しきつめに。すると内輪は膨張するので標準隙間ではキツくなることが有り、少し広めの隙間を指定したりする。温度が高いので尚更。
 ところが、大前提の軸と内輪とのハメアイがスカスカに成っていた。回っていた形跡が有る。良くある「錆っぽくて少し回ってました」たとかじゃ無くて、スムーズにするすると回っていたレベル・・・。
 取りあえず新しいベアリングを入れてみたら少し固い。塩ビのパイプで打ち込む程度の固さ。まあ良いかと入れてから気がついたけど、ねじロックの永久固定用とかを塗ってから圧入すれば良かった。このままじゃ何時か内輪が回ると思う。
 やり直すには外輪に力を加えて抜く必要があり、そうすると小さなボールのこのベアリングは圧痕が付いてしまうかもしれない。あーあ、やっちまったよ。標準隙間の試験以前に、軸と内輪が回り始めて異音が出たりするんじゃ無かろうか。。。はあ。

 今日は肌寒さを感じたので、長袖長ズボンでプールまで行った。途中の如来田越しで少し汗ばんだけど、帰りは冷えてきて丁度よいくらいだった。
 今日のメニューは前半が平泳ぎで後半がクロール。平泳ぎのドリルは他のメンバーよりはよい感じでこなせた。いくつか指導は入ったけど。
 手のかきの一番最後のところ、ギュッと拝むようなポーズに成ったとき、背中を反らせる感じでもっと肩を水面上に出す。でも顎を上に上げる訳じゃない。なんか難しい。
 クロールのメインは25mを40秒サークルで12本で、これを2セット。1本目は21秒くらいで帰ってきたと思ったけど、段々と肩とか腕が回らなくなり、最後の方は26秒くらいかかるようになってしまった。
 終わってから5秒落ちたことを先生と話していたら、もうちょっと頑張って欲しかったね、と言われてしまった。心肺的にはもう少し余裕が有っただけに悔しい。
 それともう一つ、この冬で身体の柔軟性を上げたら良いと言われた。泳いでいるときも全ての部分に力が入りすぎていると言われた。もっとしなやかな身体を得て、必要なときだけクッと力を入れて、今よりも速くスイスイ泳ぐ。。。来春の私はそうなっている予定(笑)。

スイム 2.2km
バイク 28km

| | コメント (2)

2010年10月14日 (木)

ヘッドまで載せた

1014 今夜はちょっと頑張った。ヘッドにバルブを組み込んで、コンロッドにピストンを付けて、上からシリンダを入れて、その上にヘッドAssyを載せた。
 カムチェーンを繋ごうかと思ったら、嫁さんから高速バス停まで迎えに来いコールが入ったのでそこで止めにした。
 高校生なら2時か3時頃までかかって組み上げると思うけど、年寄りなんだから無理は止めて早寝することにした。
 XSの場合はヘッドを載せただけでは締め付ける事が出来ず、ロッカーアームとかが組み込まれたヘッドカバーAssyを上に載せ、その上から全部をクランクケースから生えたスタッドボルトで締め付ける構造に成っている。
 ヘッドを載せたままで置いておくと、シリンダのベースパッキンとかヘッドガスケットが中途半端に浮いた状態になっていそう。それはイマイチ良くない気がして、まだブラストも済んでいないカバーを仮置きしてナットで軽く締めておいた。
 写真では強調されるのも有るけど、ブラストした部分としていない部分の差が激しい。どうして下までやらないのか?と言われそうだけど、取りあえず動いているから・・・開けるの面倒くさい(笑)。

 XSの作業をやりたかったのも有って、今日は少し短めに自転車に乗ってきた。出発から薄暗いのでライト付きのクロモリで、飯塚の自衛隊の近くまで行って帰ってきた。基本的にプールに行く道。
 適度にアップダウンが有るので良い練習になる。今はペダリングの技術というか、どういう動きが良いのかを考えて漕いでいる。動きはクランクで規制されるので、実際は荷重のかけ方に成るのだろうか。
 まだ良く解らん。でもこの気持ちで冬の間を乗っていけば、春頃には何らかの成果が現れて居ると思う。。。たぶん。

バイク 30km

| | コメント (0)

2010年10月13日 (水)

意地で修理した

1013 山の中で試験中のGPSMAP60CSX、こいつは意地で修理した。かかった時間を積算したら、新品を数台仕入れる事が出来るくらい。商売的にはバカらしいけど、何となく悔しくて。。。
 この個体は別の業者経由で某大学に納入されて、アフリカだったかニューギニアだったか忘れたけど、ジャングルの中で調査に使われる。
 国内では良かったけどジャングルの中では衛星を見失う。と言うのか不具合の内容だった。試験しても症状が出てこないので、納入業者さんと新品を入れようかと相談をし始めたくらい。
 でも新品を入れることは修理が出来ませんでした。原因が解りませんでした。と先生に言うようなもので、何となく気分が晴れない。ちょっと悔しい。と言うことで必要以上に追いかけた次第。
 原因は内蔵アンテナと外部アンテナの切り換え回路が不安定に成っていて、あるタイミングで外部アンテナに勝手に切り替わっていた事。外部アンテナは接続されて居ないのに。
 当然、そうなると受信は出来ないし、そのような状態を行き来すると不安定になる。この症状がなかなか出なくて、出てきても何処に問題が有るかが直ぐには解らなかった。
 ああ、でもこれで気分がスッキリした。何回も有りそうな故障じゃ無いので、この経験が生かせる事はほぼ皆無とは思うけど、それまでの過程で得られたことが何時か役に立つかもしれない。当然、拘りすぎて失った物も有るけどね(笑)。

 ちょっとスピード練習のつもりで走り出した。西中経由でトヨタグランドまではアップのつもり。グランドに着いたら何となく人が多い。しかもいつもとは種類が違う。社内駅伝だなと直ぐに解った。
 勝手にインターバルを始めた。6レーンなので400m以上有るけど、取りあえず400mを10本で100mのレスト。最初なのでタイムは気にせずに軽く軽快に走ることだけを気にした。
 割りとよい感じ。軽く力まずに走ることだけを考えていたら、後半も良いフォームと良いリズムで走ることが出来た。
 こういう意識や身体のコントロールが出来るように成ったのは、水泳のレッスンのおかげだと思う。それまでの私は「力」とか「頑張り」で押し通せばよいと考えていた節がある。水泳のレッスンを受けていくうちに、それとは違った意識のトレーニングも必要である事が解ってきた。
 距離は極端に減らさずに、スピードの刺激を入れていこうと思う。

バイク 10km
ラン 15km

| | コメント (4)

2010年10月12日 (火)

将来のレベッカ・ソニに会ってきた

1012 流石に平日はXSの作業が進まない。まあ当然か。代わりになかなか原因が解らなかったGPS60CSXの感度低下の糸口が掴めた気がする。詳細はまた別の時に書こう。

 我が家には不法投棄(笑)が多いと書いたことが有るけど、今回は宅急便で送りつけてくると言う新たな手口が加わった。
 ヤマトの運転手が申し訳なさそうに「リフタが有るんですけど・・・」と言う。リフタが有るなら便利じゃないか?とか思いながら付いていくと、重いリフタを降ろすのを手伝ってくれと言いたかったらしい。
 取りあえず手伝って降ろした。誰が送りつけたか知らないけれど、コイツが来たせいで下をコンクリかアスファルトで舗装するはめになるかもしれない。。。困った。
 取りあえずコンクリートミキサーを載せて動かしてみた。タイヤが埋まって全く動かないだろうと思っていたら、良い方に期待が裏切られた。庭の土とか砂利の上を引きずり回して動かすことが出来てしまった。
 かなり感動した。そして車輪という物を改めて見直した。凄い発明だと思う。逆の方向で「ねじ」の発明も凄い。どちらも「誰か」が発明したわけじゃなくて、自然と各地で洗練されて来たような気がする。

 夕方は直鞍一周駅伝のメンバー確保のために、買収用の栗を袋に入れてU氏の家に行ってきた。怪しいブローカー的な彼は、袋の中の栗を確認して人員の確保を約束してくれた。
 彼の家には将来のレベッカ・ソニが居るらしい。この時間帯ならプールでハアハア言っている筈だけど、今日は体調不良で家にいたのでご対面。
 "いかにも"の体型と風貌でカッコイイ。肩幅が広くてセーラー服が似合わないと話すけど、水着とかウインドブレーカが似合うから良いじゃ無いか、と思う。
 良い人に会えた。数年後に彼女がオリンピックの舞台に立ったとき、「彼女の家に行ったこと有るよ」と回りの奴らに自慢できる。。。しまった、Tシャツにサインでもして貰えば良かった。
 家に帰ったら暗かった。でもハイレベルなアスリートの顔を見た事でモチベーションが上がっており、直ぐに着替えて走り出した。距離は短いけど家でボーッとしているより数十倍も良い生き方だと思う。
 西中に寄ってみると、真っ暗な中で陸上部と野球部が練習していた。やっぱり走ることにして良かった。暗い裏の峠を越え、倉久経由でトヨタを横切って帰ってきた。
 最後の方は冬の駅伝対策としてペースを上げてみた。ウルトラ対策で長い距離でも疲労感は薄くなったけど、反動として短い距離のスピードが落ちている。これからはそっちも強化しよう。

ラン 11km

| | コメント (2)

2010年10月11日 (月)

バルブフェイスカッタ

10111 そのまま組むにはちょっとだけ段差が有りすぎな気がする、XSのインテークのバルブフェイス。
 フェイスカッタに載せて軽く削ってみるとこんな感じになった。やっぱり削るしかないか。。。と重い腰を上げてフェイスカット。
 バルブシート側は20代の頃と思うけど、前回ヘッドを開けたときに修正している。ドライバの軸にアルミのブロックを取り付けて、ヤスリを加工したバイトで削っている。こっち側は大丈夫。
10112  加工後のインテークバルブの状態。研磨の筈なのに表面が粗い気がするのは、我が家のフェイスカッタの砥石軸の剛性が若干低いから。
 でもこのままで使う訳じゃなくて、現物あわせで摺り合わせをしてから使うから実害は無い。。。私の環境なら。
 でも鏡面加工をするような人なら、摺り合わせ前のフェイス面もピカピカの研磨面で有って欲しいと思う人が居るかもしれない。
10113  これが我が家のバルブフェイスカッタ。砥石はチェンソーの目立て用ダイヤモンド砥石。砥石軸の剛性が低めなのは、私の腕が細いから。
 ただ、グラインダは刃物台の角にも当てているので、角度関係は実用上問題の無い程度に調整は出来るし再現性も得られる。
 剛性が低いことは現状のフェイス面に習ってしまう事も意味するけど、これはステムの固定精度が多少悪くても、現状のフェイス面に習ってそれなりに削ってくれると言うメリットも有る。。。かもしれない。取りあえずこんな感じで4本のバルブフェイスを修正した。

 摺り合わせでもしようかと思ったら、タコ棒の吸盤がひび割れて使えない。ストレートの葉書が来ていたので、様子見がてらストレートまで行ってみた。
 1/2のくせに700Nm近いトルクで11,000円のインパクトが面白いと思ったけど、エアの消費量が多くΦ10のホースが必要とか。LとRの切り換えも好みじゃ無かった。
 ショックドライバ用のロングビットが有ったのでそれを買い、サンエスだったか粉の洗浄剤を追加して帰ってきた。XSのバルブはオートバイにしては大きいので、タコ棒は大きい方にした。
10114  摺り合わせ後の画像はヘッド側。まあこの位で良いんじゃ無かろうか?と言う程度には仕上がった。
 今回の作業でバルブコンパウンドは昔に買ったのを1/1000くらい使った。この調子なら孫の孫の・・・ずーっと先の100世紀くらいまで使えそうな感じ。誰か欲しい人はチャック袋に小分けしてプレゼントします。

 背中の調子が戻りつつ有る。朝の薪割りも軽くだけど再開した。そしていつもよりも少し早めに自転車で飯塚のプールに行った。今日は半袖短パンでも快適。
 薪割りの時に気がついた事が有る。薪が割れるには割ろうとする力よりも、斧の軌跡とか速度曲線とかの方が支配的。スイムの腕の掻き方も似ている。自転車もそう言った視点が必要なんじゃ無いか。
 筋肉量に関しては増大を考えていかないと駄目だけど、それとは別の視点でペダリングの洗練も必要だろう。ランとかスイムに関しては考えた事が有ったけど、ペダリングに関しては、回転数とかそんなレベルでしか考えた事は無かった。
 スイムはクロール系の自主トレをした。最後の方で50mのインターバルをやるつもりだったけど、1分10秒サークルで3本やった所で止めてしまった。

スイム 1.3km
バイク 28km

| | コメント (5)

2010年10月10日 (日)

栗拾い、いろんな人達編

1010 午前中はバイキング練習会。腰というか背中の疲労感が有ったけど、ヤバかったら強度を下げようと思って参加。結果的に酷くは無かった。
 今までよりはほんの少しだけ先頭に付いていく距離が伸びた。でも先頭を引くのが武友さん1名だけだったから、その影響がほとんどかもしれない。
 でも最後の方での余力は今までよりも有ったような気がする。本当に少しずつだけど、進化していると信じておこう。
 ランは昨日の22km走の疲れが有ったけど、走ってみると意外に脚が動いてペースは維持できた。嘘つきの武友さんが「キロ5分位で行きます」とか言うのでついて行ってみたら、予想通りに4分近くまで上げた。でも今日はついて行けた。何故か解らないけど脚が良く回った。
 2kmを5本の予定だったけど、3本目の最後の方で目に虫が入った。ブトの大きいようなヤツ。痛くて一気にやる気が無くなり、片目でゴール後にトイレに駆け込んで必死で虫を出した。4本目はDNSでサングラスを取ってきて、5本目を走ってお終い。

 帰ったら嫁さんの関係のオバチャン達が騒いでいた。しばらくしたら静かに成ったので息子達と昼飯を食った。しばらくしたら家庭を顧みない不良親父の一家が来た。日頃の罪滅ぼしのつもりらしい。
 栗が残っているかな?と心配したけど、風のある日だったので小さな子供が楽しんで拾うくらいは有った。拾っている最中も風で落ちてきたりした。
 嫁さんが作った「モンブランのようなもの」とかを食べていたら、3組目から電話が入った。広島時代の知人夫婦で、旦那は自らを木工の巨匠と名乗る怪しい二人。去年も来たはずなのに道に迷って到着した。
 お土産に貰ったチョコレートケーキを食べながら、何とも言えないバカらしい話しに花が咲く。午前中しか動いていないのに、この調子では少々食べ過ぎに成ってしまった気がするけど、楽しい時間を過ごせたから、まあいいか。

 実は今日は部落の道造りの日。昨日の午後回ってきた回覧板に10月10日の15:00からと書いてあった。「毎年この時期にしよろうが!」と言いたいのだと思うけど、前日の午後に回すか!?と流石にカチンと来た。
 取りあえず回覧板を回し、「明日はお客さんが来るから出られない」とは伝えたけど、追加で「書いてないけど、公民館の草刈もする」と言われる始末。。。みんな悪い人じゃ無いのだけど、なんかこの手の事のリズムは何時まで経っても合わない。
 夕方からジョギングかプールに行きたかったけど、隣の家の軒下で作業後の宴会が始まっていたので、前を通って出て行くのもヤナ感じで家で燻っていた。
 まあ、田舎はこんなもん。。。気にしたらきりがない。

バイク 77km
ラン 8km

| | コメント (2)

2010年10月 9日 (土)

この位で十分じゃないかと。。。

1009 今は無きエイシンブランドの洗浄剤に昨日から漬けて置いたシリンダとヘッド。ブラシでこすったらカーボン関係は綺麗に落ちた。
 でもアルミの表面には針状の結晶みたいな変な物質が生えてきていた。なんかやな感じ。水洗いしてエアブローして軽く乾かした。
 そのままでも十分な気がしたけど、誰かに「ブラストしなかったんですか!?」とか言われそうな気がしたので、適当にマスキングして砂でブラストした。
 さらに綺麗には成ったけど、ネズミ鋳鉄みたいな完全なつや消しの金属面に成ってしまった。これはちょっと駄目かもしれん。あとで纏めてガラスビーズでつや出ししないと駄目か?
 他の部品を砂で吹く予定が有ったので、合わせ面の平面出しだけやっておいた。オイルストーンで適当にゴシゴシやってみたら、ヘッドのシリンダ側の面がかなり歪んでいた。今まで1回も面研していないので当然かもしれない。フライスで削ろうかと一瞬思ったけど、段取りが面倒なので砥石でゴシゴシやっていたら割りと簡単に面が出た。
 それ以外の合わせ面は割りとよい状態で、ほぼそのままでも問題が無い程度の平面度を維持していた。
 洗浄して、ブラストして、その間に何回かエアブローしたところ、シリンダとかヘッドの中央部にある「溝」が綺麗に通った。今までも貫通はしていたけど、長年の油とかゴミとかが固まって狭くなっていた。そこをエンジンコンプレッサと強力で口の長いエアーガンでガンガン吹かしたら、多量のゴミが飛び出してイイ感じ。これで冷却性能がちょっと上がったと思う??
 今日はこれだけ。

 昨日のスイムのせいだと思う。腰の後の所が痛い。いつもそうだ。新しいメニューをやったときは何処かが痛くなる。水泳の身体が出来ていないか、無駄に力んでいるか、はたまたその両方か。朝一の薪割りは止めにした。
 夕方になっていつもの時間からどうしようか迷ったけど、強度は低くても良いから動いておこうと思って走ることにした。ゆっくりのペースで長めの距離を。
 いつものコースをゆっくり目に走り、腰の具合が悪くなったら直ぐに引き返すつもり。違和感は数回有ったけど、引き返すほどの痛みは無かったのでいつものコースを回って帰ってきた。
 明日はどうしようかな。行かなかったらその時間はダラダラ過ごしてしまうので、取りあえず練習会には参加して、調子がよくなければ強度で調整しよう。

ラン 22km

| | コメント (3)

2010年10月 8日 (金)

ステムの頭を削ろう

1008 シリンダから上をバラバラにしてしまったXSだけど、纏まった時間が取れなくてなかなか作業が進まない。
 今日やったのは吸排気のバルブステムの先端を削ったことだけ。先端という呼び名が正しいかどうか解らないけど、傘の反対側で、コッタが付く方で、カムとかロッカーアームで叩かれる側。
 写真では良く解らないけど、アジャストボルトに叩かれて0.05mmくらい凹んでいた。測ってないので感だけど、0.01mmよりは確実に大きく、0.10mmよりは確実に小さい。
 このままでも動作には問題は無いけれど、シックネスゲージで調整するときにこのへこみの分が誤差になる。それと変な形に窪んでいると、若干回転するような設計の場合でも回転に悪影響が出る可能性がある。
 「古いエンジンは計測しても無駄で、感で一番調子のよいところに調整する・・・」的な事を言う爺さんメカニックが居る。このような窪みの有るステムの場合はあながち間違いとは言えない。
 でも私の目指すのは"伝説の神業メカニック"ではなくて、"理屈っぽい整備工"なので、こういう部分はシックネスゲージで測定できるようにしておきたい。
 削りすぎると硬化層が無くなる可能性があるので、すり減ったへこみがギリギリ無くなる位が良いんじゃ無かろうかと思う。
 写真はダイヤモンドヤスリで削った状態で、この後オイルストーンで磨こうかと思っていたけど、ほぼ垂直に叩かれるだけだから、このままでも良くないか?といつもの悪い癖が(笑)。

 雨が降っているし寒いので軽トラでプールに行った。寒くなると一気に軟弱になる。トレーニングの量が減ると不味いので、その件だけは注意しておこう。
 スクールが始まるまではキックを中心に自主トレした。長濱といろいろと話しながら泳いでみたけど、二人とも中年を過ぎてから始めたので全然上手くならない。
 スクールは全部平泳ぎだった。特に脚とその動きに絡んだ姿勢のドリルが全てだった。非常に難しい。だから平泳ぎはあまり好きじゃない。。。
 平泳ぎのキックに続けてバタフライのキックというドリルが有った。「チョコチョコやるな」みたいな指摘に感じたので、2種類のキックを分けてコントロールする意識で泳いでいた。そしたら怒られた。
 最後の方に成ってようやく解ってきたのだけど、平泳ぎのキックの最後で脚を上げ気味にする意識。その感覚を掴むために、平泳ぎのキックに続けて軽くバタフライキックのリズムを取る位のイメージだった。
 最初のうちは先生が何を言っているのか解らなかった。最後の方でようやく解ってきた。人は或る程度のレベルに成るまで、その世界の内容が解らない。そのレベルの人達が何を言っているのか理解できない。そんな傾向が確かに有るよな。。。と感じた練習だった。

スイム 1.8km

| | コメント (5)

2010年10月 7日 (木)

フッキー君ありがとう

1007 忙しい1日だった。朝一に借りていた本を返しに福教大まで自転車で行ってきた。半袖短パンで行ったら意外と暑かった。
 でも学内ですれ違ったお姉さんは皆ブーツだった。今日は足が臭かろう・・・と要らぬ心配をしながら脚を横目で眺めて図書館へ。
 借りていた本は溶接関係の本ばかり5冊。「実習アーク溶接」とか「溶接技術」とか、技術家庭科にここまで必要なのか?と思うような本ばかり。
 5冊を返した後は再び書庫へ。古い本の臭いが満ちあふれた暗くて怖い空間だけどだいぶ慣れた。そして今日借りた本は「電気點火」とか「小型發動機の電気點火」等の4冊。
 「電気點火」は昭和18年の本で、横河電機の技師で松井さんという方が書かれている。凄く読みにくいのでそろそろ老眼鏡を買おうかと思っていたけど、虫眼鏡で見ても見えにくかった。印刷が色あせてしまっている。
 「実習アーク溶接」以上に「電気點火」が福教大に有る意味が分からない。でもありがとう。私の楽しみが増えた。ここの本を読んでしまうまでは、九工大の図書館に行く必要は無い。
 帰りの門の所で変な看板を見た。「歩道で広がって歩かないでね。フッキーからのお願い」とか、そんな感じの文章が書いてある。フッキーってなんだ?と思って通り過ぎたけど、後で調べたら福教大のイメージキャラクターだった。
 「ビミョー」と言う言葉は、こういう時のために有るのだと思う(笑)。それ以外に適した言葉が見あたらない。でも君のおかげで私は古い本を楽しむ事が出来る。ありがとうね。

 昼には某S氏の所に行ってきた。集塵機に成りそうな空き缶とXSの部品をくれるというので、うちの裏の栗を持っていって物々交換会。
 ここに行くといつも話が長い。何となく似た部分が多くて共通の話題が多い。だから何時も直ぐに帰ろうと思っていても、1時間くらいは直ぐにオーバーしてしまう。

 帰ってから残りの仕事をした。今日が納期の仕事では無いけど、ここまではやっておこうと思っていた所が有ったので、そこまでは作業した。
 終わってからはランニング。昨日は走ってないので今日は少しだけ長めのコースを。天気は悪くないのに半分くらいで暗くなってしまう。水は欲しいけど真夏みたいに被る程じゃ無い。
 帰ってから晩飯を食って、XSの作業でもしようかと思ったけどやる気が出てこなかった。嫁さんといつもの様に散歩に行って帰ってきて風呂に入って寝るだけか。

バイク 16km
ラン 22km

| | コメント (2)

2010年10月 6日 (水)

♪見覚えのあるカシメの跡・・・昔作業した、あの継ぎ手なのね♪

 今日は仕事が終わった時に少し眠い気がして、畳の上で伸びをするように横になったら眠っていた。疲れているのかもしれない。
 年を取ってきたら疲れに敏感に成らないといけないと思っている。よい状態を維持して、ほんのちょっとだけ無理をする。そうするともしかしたら能力が向上するかもしれない。。。程度に考える必要があると思う。

10061_2  昨日の夜は久し振りにXSを弄った。何となく勢いでエンジンまで降ろしてしまった。本当はヘッドカバーだけはぐりたかったのだけど、エンジンを降ろさないと出来ないか、又は作業性が極端に悪そうなので降ろした。
 今日はそのカバーとかその下のヘッドとかシリンダまで分解した。やりたい作業はカムチェーンの交換と、バルスステムシールの交換。
 ずいぶん前にバルブシートカットと摺り合わせをしたときに、カムチェーンは一度切っている。その時は純正は出ないし今のようにリプロ品とかも無かったので、現物を無理矢理カシメて使った。この画像をみてその時の事を思い出した。
10062  チェーンはそれなりの規格品なので、探せば同等品が何処かに有るのだけど、XS-1のは珍しい規格なのでなかなか見つからない。
 私が探した限りでは同等品が、Z650(ザッパー)のカムチェーンとかKL250のバランサーチェーンくらいしか無かった。ラビットにはリプロ品が売っているのでそれを買おうと思っていたら、ひょんな事からこんなチェーンを見つけてしまった。棚ずれ品で280円!。
 カム用としては売って無かったけど、カムチェーンはオイル潤滑で条件は悪くないので何とか成るんじゃ無いか?といつもの様にいい加減な判断で決行することに。
 今日の所は取りあえず、カムのスプロケットにしっくりと噛み合う所まで確認した。古いチェーンは全長で1リンクだけ伸びていた。少しは静かに成るか?
 カムシャフト用の薄いボールベアリングは、ガタもなくほとんど傷んでいない感じがする。でもせっかく4個も手配したので新しいのに交換しておこう。
 このベアリングは普通隙間にした。XSを全開で連続運転とかしないので、普通隙間でも予圧が過大に成ったり焼き付いたりはしないんじゃ無いか?かえって静かに成るんじゃ無いか?との、これまたいい加減な判断。

 栗の欲しい人はここ数日で取りに来てください。昨日か今日がピークの感じで、10日、11日は最後に成る感じです。

| | コメント (10)

2010年10月 5日 (火)

SUSは、面倒くさいな

1005 いつもの様に変な仕事の為の部品じゃなくて、部品製作だけで頼まれた部品。オイルが通る車の関係らしいけど良く解らん。
 鉄工所じゃ無いから機材も貧弱だし要領も悪い。早く安く作ることは出来ないから基本的に製作だけの仕事を受けることは無いのだけど、普段からお世話になっている方の注文なので作ってみた。
 以前は私もそうだったから良く解る。少量の変な部品とか、単純すぎてバカらしい部品とか、図面が無くてこれとこれを繋ぐ・・・としか説明が出来ない部品とか、そんなのを○○鉄工所とか××精工とかに頼みに行きにくい。今回は材料まで用意していただいたので、まあやってみましょうか・・・と言うところ。
 1個しか作らないので最適な条件をあれこれ探っていくわけにも行かず、かといって経験が山ほど有る訳じゃない。規定の寸法まで削る間にいろいろと試してみた。
 単純な円筒部分はまあまあの感じで仕上がった。問題はねじの部分で、どうしても表面がツルッとした滑らかなイメージに成らない。なんかざらついた感じ。周速上げたら良いのかな?とは思うけど、それではねじの切り上げが対応できない。相手にしっくりと入るくらいには出来たのでOKにした。

 夕方になって雨が降った。これは軽トラでプールに行くしか無いなと思っていたら、仕事を終えた頃には雨が上がった。仕方なく?自転車を出してきて自転車でプールへ。
 半袖短パンで出たら少し寒かったので、一旦引き返して長袖のジャージを着て再出発。しばらく走って如来田越しの峠を越える頃になると、少々暑くなってしまった(笑)。
 最近やらされているクロールのドリルをやってみた。本当はキックをガンガンやろうと思っていたけど、自転車で脚が疲弊してしまったのと、基本的に苦手なことは嫌なので100mで止めにしてしまった。これではいかんな。。。
 帰りは長袖で丁度よい位だった。本当に一気に寒くなってしまった。寒いのと暑いののどっちが良いかと聞かれたら、やっぱり暑い方がいいなと思う。

スイム 1.1km
バイク 28km

| | コメント (0)

2010年10月 4日 (月)

毎朝この位

1004 今朝も仕事の前に薪割りをした。今年は手首が痛かったり、尻が痛かったりで苦労した時期があり、その間は薪割りも出来ていない。今になってせっせと割っている。
 だからといって数日で必死に割ってしまおうとしたら、無理をしてしまって痛みが再発するか別の所が悪くなる。毎日少しずつ30分くらいで終わるイメージで割っていくと丁度よい。
 今割っているのは割りやすい材が多いので、斧は家に昔から有った和斧を使っている。古い柄が折れたときに「つるはし」用の柄を加工して使い、傷みやすい所にステンレス版を貼った。そのせいで和斧の風情が台無しになっている(笑)。我が家にはこんな感じの道具が多い。ちょっと反省しよう。

 昨日の赤木峠8本で脚が怠い。回復的に軽く走ってトヨタに行き、鉄棒で上半身の筋トレをすることにした。西中経由のいつものコースでトヨタグランドへ。
 鉄棒にぶら下がろうとしたらジャンプ力が足りなかった。基本的に背が低いのと、最近はそう言った動きをしていないので衰えている。片手だけ引っかかったので何とか両手でにぎり直し、懸垂をやってみた。
 5回が精一杯だった。水泳をしているので10回くらい軽く出来るかと思っていたけど期待はずれ。しかも何となく肩というか脇の下というか、その辺りに違和感が。。。
 おとなしく止めにして玄海のコースを辿って帰ってきた。肩廻りとかの筋肉量は明らかに増えたけど、鉄棒は全くやってないので鉄棒用の筋肉は落ちてしまったのだろう。明日から公民館の低い鉄棒で何かやるようにしよう。

ラン 12km

| | コメント (0)

2010年10月 3日 (日)

かぼす君の悲劇は私が原因です

10031 最初に謝っておきます。かぼす君、御免なさい。貴方を誤解させた私が悪いんです。ゴンちゃん、今夜はシン君を責めないでください。シン君は悪くありません。

 事件はリレーの第1走者のバイク4週目に起こった。スイムアップでショートの選手に大差を付けられたかぼす君。これは無理だろうな・・・と言う観客の思いを裏切ってガンガンと差を詰めてきた。3週目で高濱選手の背中が見えるところまで追いつき、4週目のヘアピンカーブでは何とトップで帰ってきてしまった。
 見ている方は大興奮。レベルは違っていても同じロングのレースを走った選手が、ショートのエースクラスを押さえて先頭で帰ってきた。「1番!1番!」人差し指を立てて叫びながらこの写真を撮った。
 悲劇はその瞬間に起こった。トップに立ったかぼす君だけどこのコースは初めて。しかも今年からコースも周回数も変わっている。これが最終回かな?と思いながらコーナーを抜けたのだろう。目の前には皆生で見覚えの有るオッサンが居てサインを出している。
 「あと、いっしゅう??」甲高い声で聞きながら彼は目の前を通り過ぎた。0.1秒くらい間があって何が起ころうとしているかを把握し、「ちがう!・・・」と言いかけたけど既に背中は小さくなっていた。
 先頭だからマーシャルが案内するだろう、バイクが止まるからわかるだろう、そんな期待というか救いを求めるような気持ちでトランジットエリアを見つめていると、しばらく時間が有ってから高濱選手が飛び出してきた。。。
 彼が帰ってきてお詫びを言うまで胃が痛かった。あんな場所で、あんなタイミングで、あんなポーズをするんじゃ無かった。お詫びを言った後でも気持ちが沈んでいた。
 ショートのトップ選手を追い詰め、得意のランが何処まで通用するか勝負したかったと思う。そしてトップでゴールして今シーズンを良いイメージで終えたかったんじゃ無かろうか。実際にそのくらいの力を感じたレース運びだった。
 もう一回書いておきます。かぼす君御免なさい。

10032  あまり考えすぎると鬱になるので、別のことも書いておこう。取りあえず最初は新妻みょんみチャン。
 この写真の通りに余裕のランでゴールした。バイクも快調に飛ばしていた。親父さんの方が汗をかいてキツそうに走っていたように思う。





10033  毎度おなじみの、花屋のなおチャン。私が知っているレースでは、何時も脚の調子が悪くて引きずるような走りが記憶に残っている。
 でも今日の彼女は違っていた。スタート前は「ぎっくり腰かもしれん」とか話していたくせに、今までで一番安定したフォームで走り抜けた。
 広島で一緒に花屋をやってくれる婿殿募集中です。

10034  ピンぼけだけど、一番格好良く撮れているマイタケちゃんの写真。かの有名な武友兄と武友弟の間の女の子?。
 この写真はスーパースプリントの時だと思うけど、リレーにも出ていた。ランが速くて最後のランで広島の強豪チームを抜いて2位に入った。

10035  たぶん、筑女のちかチャンだと思う写真。息子の嫁候補として注目しているのだけど、なかなかよい返事は貰えない(笑)。父親が悪いのだろうか?
 スイマー出身なのかスイムが相当速かった。基本能力が高そうなので、走り込んだらポテンシャル高くなりそう。

10036  昔は応援団のイメージしか無かったけど、最近は選手として頑張っているheart01heart01heart01みっちゃんheart01heart01heart01
 upupupupupupupガンバscissorsscissorsscissorsscissorsscissorsscissors。。。。やっぱり同じようにはコメント書けない。






10037  あっ、ゴメン。名前が出てこん。褐色の肌と濃いめのメークがよく似合う、シモネタが得意らしい(笑)魅力的なお姉さん。
 ミョンミパパとのバナナを使ったパフォーマンスで一気に好きになりました。






 こう並べてみると、誰かに言われたとおり女の子とばかり話をして、女の子の写真ばかり撮っていた事が解ってきた。まあ、いいでしょ。男と話しても面白くないし。ねえ。

 帰ってから遅い昼飯を食い、ゆっくりしようかと思ったけどそれでは強くなれない気がしてきて、自転車を取り出して赤木峠へ。
 いつもの調子で赤間側まで行ったり来たり。6本を終えた後で帰ろうかと思ったけど、ライトが有るからもう1本走ることにした。合計で8本走った。少しだけ満足。

バイク 28km

| | コメント (11)

2010年10月 2日 (土)

栗拾い 広島のトライアスリート編

1002 広島のトライアスリートなら誰でも知っている?、花屋のなおチャンとミョンミちゃんの家族が我が家に初登場。フェスタに行くついでに栗拾いに寄ってくれた。
 ピークよりは少し早い感じだけど、楽しんで拾って貰うくらいは有ったかな?と言う感じ。栗好きを自認するなおチャンは、蚊の多い中をガンガン突き進んで大粒の栗を拾いまくっていた。
 私は半ズボンに蚊取り線香も無しで付いていったので、両脹ら脛だけで20箇所以上も蚊に刺されてしまった。アボニムも同じ格好をしているけど、オモニムは長靴で用意周到、さすが年の功と言ったら怒られるか(笑)。
 昼飯はエイミーの所のピザと、嫁さんが作った料理を一緒に食べて貰った。次男と三男も丁度帰ってきたので一緒に食べた。どの家族も3人くらいは子供が居るので、次男は変とか、その手の話で盛り上がる。
 食事の後はサツマイモを掘って貰った。焼き芋にしたら美味しい安納はまだ少し小さかった。その隣の畝に植えてあった名前の解らんヤツが大きく成っていたので、それを掘って貰った。
 何時までも工事中のリビングで申し訳無かったけど、適当に楽しんで貰えたようで良かった。私も懐かしい気持ちで沢山話をさせて貰った。

 栗は6日前後がピークだと思います。好きな人はどうぞ拾いに来てください。10日の週末も残っているとは思いますが、かなり少なくなると思います。

 昼飯を食べ過ぎた。ちょっとヤバイ。話の中では30kmくらい走らないと・・・とは言ったものの、30km走はゆっくりでもかなり厳しい。しばらくボーッとしていたら時間も16:00を過ぎてしまった。どうしよう。
 ダラダラしていたらデブのオッサンに成ってしまうので、諦めて走り出した。ゆっくりでも良い。19:00まで2時間30分走をやろう。取りあえず2.5時間動き続ければそれなりの運動量に成るだろう。
 いつものコースをぐるっと回り、ルミエールで回らずにかゆだ橋まで行ってぐるっと回ってきた。帰りにエイミーの家に寄ったら筑豊大会から帰ってきていた。予選落ちらしい。まあ、陸上は始めたばかりなのでそんなものだろう。
 家の直ぐ近くで散歩中の嫁さんに会った。腹が下がらないと言っている。家に帰ると息子達がゲームをしていた。奴らも腹が下がらないらしい。全員で軽い夕食に成った。

ラン 25km

| | コメント (2)

2010年10月 1日 (金)

さようならfx-991D、ようこそfx-290

1001 口の悪い奴らは私の日常を、明るいうちは遊んで、夕方になったら走って、夜になったら飯食って寝る、みたいに言うけれど、仕事のふりをしているときは関数電卓が必要な時もある。
 先日はfx-373ESを購入し、古いのを作業場用に移したばかり。すると軽んじられたと感じたのか、作業場のfx-991Dが不調になった。時々液晶の下の方が消えてしまう。
 で、ナフコでバッテリーを買った時に新しい電卓を買い足した。それが写真のfx-290。型番が小さいぶん?373より安くて1,480円だった。1,780円に成っていたfx-373ESと迷ったけど、同じは面白く無いので違うのにしてみた。
 直ぐに感じたのは私の使い方ならfx-290の方が良いかもしれないと言うこと。373のフルドット表示に対して290は計算結果が7セグメント表示に成る。これが薄暗い作業場では見やすい。ボタンの上の小さな文字なども、290の方が少しだけ見やすい。
 操作系はほぼ同じだけど、√の中とかが少しだけ違う。ここは373の方が好きかも。機能が低いから?373のように分数の問題は無い。一部の大学生なら373が良い場面も有るかもしれないけど、今まで普通の関数電卓を使っていた工学系オッサンには、290の方が取っつきやすいんじゃ無かろうか。
 写真を撮るときに気がついたのはボタンの見やすさの違い。古い991の方が明らかに見やすい。最近のカシオの電卓は、老眼が始まりかけた人間にとってSHIFT機能とかALPHA機能の文字が見にくい。でも古い991ならはっきり見える。これって悪い意味での工業デザイナーの進出じゃ無かろうか?

 B&Gは9月までなので今日から飯塚のプール。朝の薪割りで腰に疲労感が有ったけど、ちょっとだけ迷って自転車で行くことにした。強度を落とせば良い。
 1時間くらい前に着いたので、自主トレとしてクロールと背泳ぎのドリルを繰り返した。クロールは手のかきの具合を感じながら。背泳ぎは全体的な姿勢を維持して上の肩を突き出すイメージ。
 スクールのスタートはいきなり25mキック10本。50mなら死んでいた。小学4年生の女の子にも置いて行かれて今日の参加者中でドベ。でも10本とも最後まで付いていったのは少しだけ評価。
 プルのドリルの後は50mを8本。8本を考慮して泳いだら50秒だった。もう少し速く泳げと言われたので2本目から少し頑張った。最終的に全て50秒未満で帰ってこれた。最後は48秒とか49秒だったけど。
 最後は平泳ぎ。少しだけ姿勢が水平に近づいたような気がする。でも何処かのメチャ速い娘さんの半分くらいのスピードしか出ていない。悲しいね。。。

スイム 2.1km
バイク 28km

| | コメント (7)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »