« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

ロビンエンジンは死にません

0630 昼頃に宅配便が来て、荷下ろしを手伝って欲しいという。普段人様に迷惑ばかりかけているので罪滅ぼしにと手伝って重たい荷物を降ろした。
 オレンジ色に塗った機械。下にパイプが2本有り、片方にV型エンジンみたいな物体が、反対側にRobinと書いた小型の単気筒エンジンが載っていた。
 私は小心者で用心深いので、リコイルスタータを引く前に一通り見ておく。。。ドレーンプラグを弛めたら黒いグリースが顔を覗かせた。パーツクリーナを吹き入れたら硬さが緩んで大さじで3杯分くらい出てきた。
 Who killed Yellow Robin? I, said the Painter, With my apathy and carelessnee, I killed Yellow Robin...
 目の前が真っ暗になった。見栄えに騙された私がバカでした。機械の神様御免なさい。と謝った。でもスーパーカブならこれでも動く。富士重工業がホンダに負けて良いのか?
 気を取り直して10W-30の安物オイルを500ccほど注入。燃料タンクとキャブのフロートボールを洗浄し、プラグを掃除し、ガソリンを入れてロープを引いたらあっけなくエンジンがかかった。
 しばらく回してエンジン停止。圧縮を測定してみると7.8kgf/cm2もある。SVと思うけどこんなに高いのか?良い方で悩む必要は無い。雄か雌か知らないけれどロビン様、貴方は凄いです。現場の太陽です。ありがとう御座いました。

 雨が降りそうな気配も有ったけど、皆生対策雨中走に成っても悪くないので自転車に乗ることにした。ヘルメットはもちろんエアロヘル。でも走りはユルユルと。
 私のエアロヘルの目的は、45km/hとかそんな速度を出す為じゃ無い。150Wくらいの出力で、35km/hとかそんな平均速度を出すための物。遅い言い訳に聞こえるかもしれないけれど・・・まあ、半分は言い訳です(笑)。
 泉水越しを超えて鞍手に出て、北上して3号線を横断してサンリブだったか新しいショッピングセンターの横を通り、左折して地蔵峠を越えて赤間に出て、平山口経由で倉久に抜けて帰ってきた。
 地蔵峠では大山の登りを、赤間の裏のバイパスのアップダウンでは折り返しに向かう道をイメージした。
 「おっ武友さん」「今のは藤原さんか?」「かぼす君は素顔知らんから解らんなぁ」トップグループとすれ違う場面をイメージしながら、ジェットコースター走りの練習をした。

バイク 54km

| | コメント (0)

2010年6月29日 (火)

皆生対策雨中走

 雨が降ったり止んだりの天気。まあ梅雨なので当然と言えば当然なので諦める。冬の雨なら走る気には成らないけど、夏の雨はどちらかと言えば歓迎したいくらい。
 ネガティブな事と言えば、靴が濡れて翌日使えなくなる事とか、直ぐに乾かしたつもりでも凄く臭くなることとか、ふやけた皮膚にマメが出来やすくなることくらいか。
 ゲルフェザーに靴下を履いて出掛けた。雨は途中で土砂降りになった。この位降っていると靴下は無い方がトラブルは起こりにくい様な気がしている。今までの体験的に。
 皆生は熱い熱いと言われているけど、豪雨だったり肌寒い年もある。今年はどんな天気になるのか誰も解らない。熱い皆生と土砂降りの皆生、両方の対策をしておく必要があろうと思う。
 芹田橋を経由して宮田に向かった。雨に冷やされているので西中での給水はパス。本城のトイレで初めて給水したけど、特に喉が渇いた感触は無い。
 足のマメはほぼ完治した感じ。ほんの少しだけ日曜日にずれ始めた所に違和感が有るけど、これも帰ってくるまでそれ以上の悪化は無かった。
 いつものコースをぐるっと回って帰る途中、なんとなく調子がよい気がしたので室木の峠を追加した。速くはないけどそんなにキツくも感じない。
 特に頑張ろうという意欲とか脅迫概念が無くても、何となく雰囲気で長い距離を走ろうという気分に成る。なかなか良いんじゃ無かろうか。ふふふ。

ラン 21km

| | コメント (0)

2010年6月28日 (月)

テレビの修理

0628 先週の木曜日か金曜日だったと思うけど、我が家のテレビが壊れた。電源を入れても画面が暗いままで赤いLEDがピカピカ光るだけ。
 コイツはSONYのKD-36HD900という型番でフラットタイプのブラウン管テレビ。中古で買ったヤツだし私はほとんど見ないので捨てようかと話したら、息子達が「お母さんが気が狂う」と主張する。たしかにそうかもしれないので(笑)、修理の段取りをした。
 型番と点滅9回で検索したら、価格コムとか2ちゃんで騒いでいるログが沢山引っかかった。良くある故障らしい。そしておかしな事に無償修理に成った例と有償修理の例が有るとか??
 お客様相談の電話で問い合わせてみると、「34,650円かかります」と言われてしまった。ネットで調べたどの情報よりも高いぞ。まあネットの話が世の全てとは思ってないのでそれでも良いけど、自分の例が一番高い例というのはよい気分じゃない。無償修理の話は全然話しに成らない。
 自分も物を作っている人間なので、全ての不具合は必ず何時までも無償で対応するべきとは考えては居ないけど、対応が色々有るのはいかがなものか??次の選択肢にSONYは無いな・・・と思いながら電話を切った。
 地デジの話しも面倒だし、もうテレビなんか無くてもいいやん。とも思うけど、やっぱり嫁さんが不満だろうから何とかしないといけない。と言うことで福岡のサービスセンターに電話してみた。
 対応してくれたのは技術っぽい人。「ああぁ。。。9回ですか・・・」と何となく何か有りそうな応答。水平発振か電源系の電圧に異常があり、チェック回路が動作を停止させた状態らしい。ブラウン管とかそっち側に原因が有れば大金がかかるけど、コントロールICの故障なら安く済むかもしれない。
 型番を言うと該当ICの個数を調べてくれた。2個で1,260円。直ぐに注文して今日の夕方に予備校の帰りに次男が買って帰った。

 重さが100kgもあるのでやる気が有っても一人じゃ作業は絶対に無理。息子を呼び寄せて台から下ろし、段ボールの上にうつぶせに置いてから裏蓋を外した。
 意外と埃は少なくて拍子抜けしたけど、取りあえず掃除機で吸いながら中を確認。水平発振と言うことだから、フライバックトランスの近くのトランジスタの辺りか??と思って見ていくと、高圧っぽいトランスの近くに該当ICが2個付いていた。
 分解は面倒だな・・・と思いながら良く見てみると、片面基板だし裏面からも何とか半田鏝が入りそうな気配。
 鏝と半田吸い取り線とピンセットを用意して作業してみたら、あっけなく2個とも作業が終わってしまった。裏蓋を取り付けて復旧するまで入れても1時間くらい。慣れたサービスマンなら30分で終わらせると思う。
 SONYの対応には疑問を感じたけど、エプソンは定着ヒータを絶対に売ってくれなかった。知り合いはキャノンの紙送り部品を同様に買うことが出来なくて喧嘩していた。それらに比べたら部品を売ってくれるだけでもマシな対応かもしれないな。。。と、修理が簡単に終わって大らかな気持ちになってから感じた(笑)。

 少しだけ身体がだるい。外は凄い雨。仕方ないので3本ローラ。この季節は死ぬなと思っていたけど、予想通りに精神力だけのトレーニングに成ってしまった。
 汗が酷い。初めからレーパンだけで始めているのに前進がグチャグチャ。1時間回すのがやっとだった。大型の工場扇が欲しい。

バイク 40km

| | コメント (2)

2010年6月27日 (日)

アクアスロンももちとダーメン

0627 アクアスロンももち。スイムタイムが劇的に向上した。去年は32分23秒でスイム83位だったけど、今年はなんと25分23秒で52位と7分も速くなり、昨日書いた目標通りに60位以内にスイムアップ出来た。素晴らしい。私には珍しく有言実行の日だった。
 他の選手のタイムなどを参考に冷静に分析してみると、7分のうちで2分はべた凪の好条件に依るもので、残りの5分が泳ぎの技術向上に依るものと思われる。ウェットを着たインチキとは言え、25分台が出るとは思って居なかったのでかなり嬉しい。
 最初の250mはアップのつもりで泳いだ。残りの1250mまではフォームだけに気をつけて泳いだ。最後の250mは必死で泳ぐつもりだったけど、フォームが崩れた気がしたので止めにして形に気をつけて泳いだ。3000mは無理だけど2000mまでならこのペースで十分いけたと思う。

 ランは開会式の気温が既に30度と厳しい条件。潰れないように気をつけて、給水所では立ち止まりながら十分に水を飲み込むように心掛けた。
 去年は43分06秒で18位だけど、今年は46分00秒で20位と一歩後退。タイムは他の選手も落ちている人が多いので気温の影響も有ると思う。順位は少し落ちたけど、まあ同等と考えて許してください、ランニングの神様。
 毎週のピッタリ同じ位置で伊藤弥生とすれ違った。最終周回だけは4秒くらい私がリードした感じ。彼女は44分43秒なので私はトランジットに1分17秒かかっている計算になる。まあこれは仕方ない。
 写真は女子総合3位の純那ちゃんと。彼女の総合タイムが1時間11分23秒で、私もピッタリ同じの1時間11分23秒。そして私は50代で3位。以前から書いているように50代で上位に入るには女子総合上位陣と張り合える実力が必要な訳だ。
 今回の純那ちゃんはランの後半で落ちてしまった。力のある選手だけど練習が出来ていない雰囲気。完調の彼女に勝てるように成らないといけない。

 この大会は弁当が無いので、帰り道は天神経由ですし伝に寄ってみた。でも休みだった。有料駐車場にまで止めて行ってやったのに。。。おーい吉田、今度行ったら中トロ一貫おごれよ。
 仕方ないのでそのまま車を走らせ、何時も前を通るときに気になっていた「ダーメン」を食べてみることにした。土井というのか、21号線沿いの良くある規模のラーメン屋。でも「ダーメン」と書いてある(笑)。
 入ってオバチャンと話をして「ダーメン」の意味は解った。メニューにもちゃんと書いてあった。これでひとつ謎が解けた。安心して犬鳴を超えて博多に行けるように成った。

 帰ってから走ろうかと思ったけど、周期的に激しい雨が降っている。左足の拇指球の所にまめのできかけの部分が有る。ランは止めてプールにした。
 久し振りに飯塚のプールへ。受付は好みのお姉さんで縁起がよい。今日のスイムは脚をほとんど使っていないので、キックの練習をすることにした。
 50分間をずっとキック練習した。全然速くならなかったし変化も無かったけど、まあ何時かふっと変わる時が来ると信じてキックしよう。

 酒見さん、古賀さん、応援ありがとう御座いました。武友さん、スタッフお疲れ様でした。弟さんは、はつかいちで勝ったみたいですね。

スイム 2.7km
ラン 10km

| | コメント (0)

2010年6月26日 (土)

百道対策耳栓

0626 アクアスロンももちが明日に迫った。軽トラにガソリンを入れに行ったついでに、スポーツ用品屋に行って耳栓を買った。
 先日から右耳の下が痛くて、嫁さんから耳下腺炎だと言われている部分。水が入り放題の耳栓を買い換えておこうと思って。
 3社くらい置いてあったけど、どれも500円くらいした。物の割りに高いなとは思ったけど、まあ仕方ないので一つ買ってきた。

 そして今日の夜。嫁さんとルミエールに食料品の買い出しに行ったときのこと。何気なく棚を見てブラブラしていると、昔の駄菓子屋に有ったような厚紙に商品が張り付けてあるタイプの耳栓を発見。
 形も大昔から有るような形で妙な安心感がある。速そうには見えないけど。値段が1個38円。1桁間違っているかと思ったけど、ここはルミエールなので間違いない。トランジットのバタバタで無くしても後悔しないように、38円の耳栓を本番用に1個買った。

 今年の目標はスイムで女子のトップに周回遅れにされないこと。1周500mのコースを3周するコース。これで周回遅れにされると言うことは、20分と30分という具合に1.5倍以上の泳力差が有ると言うこと。しかも女子は2分後でスタートすると言うハンディ付きで。
 何という屈辱的な光景だろう。私が必死で2周を終える頃に2分遅れでスタートした3周目の女子選手達が追い越して行くわけだ。。。
 でも今年の私はほんの少しだけ違う。脚を故障中に毎日泳ぎに行き、ほんの少しだけど何かを掴んだ。そしてほんの少しだけ力を抜いて泳ぐことが出来るようにも成った。更に今日、ルミエールで38円の耳栓も買った。
 今年は招待選手で純那ちゃんが来るのだろう。彼女は20分弱で上がってくるはず。マイタケちゃんもその後くらいでスイムアップするに違いない。その時に私は3週目に入っている必要がある。できるかなぁ。。。(笑)。
 他の事はどうでも良い。ランなんか少しでも脚に違和感が有ったら止める。皆生前に故障したら完璧にバカだから。
 スイムで周回遅れに成らない。そして結果的にスイム順位が去年の83位に対して60位くらいに入る。これだけが今年の目標。

 今日も何もしてない。でもテーパーに成って良いでしょ?とトライアスロンの神様に言い訳。

| | コメント (0)

2010年6月25日 (金)

MR-Sのオルタネータ

0625 軽くO/Hすることになった四輪用のオルタネータ。MR-S用らしい。全体的な程度は悪くなくてそのままでも十分使えそうな雰囲気。
 レギュレータはデンソーのヤツで、電圧検出はバッテリーのプラス端子から伸ばしてきた線で行うタイプ。
 大きな問題は無いけどスリップリングが少し凹んでいたので旋盤で最低限の加工をしておいた。ギリギリ窪みの線が消えるくらいまで。
 ネットで検索するとブラシ部分を「電気を取り出す」とか説明してあるページがあるけど、このタイプの場合は電気を取り出すんじゃなくて、回転するロータの中の巻線に「電気を送り込む」役目。この電気で回転するロータを電磁石にする。
 ロータの中は単純な1個のコイルが入っているだけ。その為に軸の前側が「S」で後ろ側が「N」と言った感じの電磁石に成る。ところが、電磁石の前と後から凹凸の有る鉄部品が被さってきているので、外周には「S」「N」「S」「N」・・・と言う交互の磁束が現れる。
 言葉では解りにくいけど、現物をじっくり見たら直ぐ解る。なかなか巧妙な構造で感心する。最初に考えた人は頭いいなと思う。

 今日は婆さんと長男の誕生日を纏めてするらしくて、私は夕方からエイミーの家に行ってピザを貰ってくる役目を仰せつかった。
 嫁さんは長男を拾って、その足ですし伝に寄って寿司を貰ってくる。すし伝は同級生の吉田がやっている江戸前タイプの寿司屋。福岡では珍しい高くない江戸前の店なので行ってあげてください。売り上げが上がると吉田家の家計にも優しいです(笑)。
 東村山のオバサンからは、インターネット経由で絵が変わる写真立てみたいな物が送られてきて、向こうの孫の写真が出てきたりした模様。
 とどめは花束まで有ったので婆さんは気分が高揚してしまって饒舌の極み。明日の朝に成ったら息が止まっているんじゃ無いかと話をしたくらい。ハハハ。

 ピザを取りに行くまでは机に座って取説を作る仕事をしていたので、今日は何も動いてません。こんな日にかぼす君の日記なんか見たら鬱になって眠れなくなるので、今日は何も見て回らずに本でも読んで寝ようと思う。

| | コメント (0)

2010年6月24日 (木)

百道対策 400x10本

06241 赤い箱が使えそうな雰囲気に成ってきたので、朝一番にナフコに砂を買いに行ってきた。「細かい砂は有りますか?」と聞いたら、そのまんまの「ファインサンド」と言う名前の砂が有った。
 ファインサンドは袋の中で相当湿っていたので、ベニヤ板の上に拡げて天日干しで乾かした。乾いて行くにつれて色が白くなっていく。
 真面目に使うならアルミナとかガラスビーズとかが要るらしいけど、取りあえず錆を落とすだけなら砂でも良かろう。だいたい主成分がSio2だとしたらガラスと大して変わらんじゃないか!?とか考えてみたり。

06242  コンプレッサの能力的に間欠作業に成ってしまうけど、作業自体は問題なく処理できる。
 砂の能力的な問題なのか、錆びて半分くらいメッキが残った工具などは効率が悪い。これらはもうちょっと硬い粒子が要るのかもしれない。
 割りと具合がよいのがアルミ製品。ジャンクのカブのシリンダヘッドで上手く行ったので、その横の方に有った別のヘッドを処理してみた。
 このエレガントなデザインのシリンダーヘッド。今は無きメーカーのバイクだけど、何という車種か解る人居ます?

 日曜日は百道でアクアスロン。バイキングメンバーはバイクだけ頑張れば良いので、スイムとランのアクアスロンは適当でも良いのだけど(笑)、あまりに遅いとクレームが来るかもしれないので少しだけ調整。
 いつものコースをぐるっと回ってトヨタグランドへ。百道対策として400mを10本走ることにした。ペースは気持ちよいペースで無理をしないで。それでも最後はキツくなるのだから。
 力まない。無理しない。楽に走る。そんなことを意識しながら走り続けた。スイムで最後まで手を伸ばして押しすぎるのは、ランで後ろ足を最後までピンッと無理に伸ばすのに近いかもしれない。
 最も効率の良いタイミングを狙って、最小限の力を加えていく。そんなイメージで泳いだり、漕いだり、走ったり出来たら楽に順位が上がる・・・かも(笑)。

ラン 15km

| | コメント (2)

2010年6月23日 (水)

キャビネット内落下式

0623 赤い箱に0.4kWのコンプレッサを繋いでみた。砂は貰い物の煉瓦色のが少しだけ有ったのでそれを中に入れてプシューッ。隙間から漏れまくり。。。
 箱の中には両面のスポンジテープとか粘着テープとかシールテープとかシーラントとかガンまで入っていた。素晴らしいキットだ。隙間は有るけど対策用品を用意しているので許す。
 手始めにシーラントを塗り始めたらとんでもないことに成った。中国語なので良く解らないけれど、日本語なら「最強酢酸系」とでも書いてありそうな雰囲気。キャビネット内に頭を突っ込んで作業が出来ない。息が出来ないし目がチカチカする。こんなに激しいシーラントは初めて使った。中国は手強い。
 最強酢酸系のシーラントは硬化もも速かった。数時間で使えそうなレベルまで言ったので再挑戦。今度はガンのシステムも変更してみた。
 ベビコンとは言え、0.4kWではあまりに非力な事が解ったのでアクエリアスのボトルを使った落下式に変更。これなら吸い上げにパワーが必要ないので少しは楽では?と思って。
 結果はかなり良くて休み休みなら十分実用に成ることが解った。キャビネットも大きなタイプなので気になるほどは曇らない。この部分は大は小を兼ねるみたいな感じ。

 仕事が終わったタイミングで誰も家に居なかった。鍵を閉めてまで出て行くのはめんどくさい。3本ローラにするか迷ったけど、家の回りの作業をすることにした。
 取りあえず草刈。ムカデの住みかを提供する意味で今年は寝室の横を刈らずに居たのだけど、流石に伸びすぎた感じに成ってきたのでここも刈った。ムカデが出てくるかもしれない。
 栗の木の下もユンボで少しだけ整地。一気には終わらないけど、少しずつやっていくと段々と平らに成っていくのが解る。

| | コメント (4)

2010年6月22日 (火)

赤い箱

0622 1週間くらい前から納屋の軒下に段ボール箱が置いて有る。でも忙しかったのでずっと放置状態のまま。
 流石に良くないかと思って中を開けてみると、赤い鉄板が何枚も入っていた。良く解らないけどボルトナットも沢山入っていたので、適当に組み立ててみたらこんな形になってきた。
 何に使うものか解らないけれど、取りあえず錆びた部品とか工具とか入れておこう。
 組立ながら思った。材力の授業で応力外皮構造とか勉強するよりも、こんな箱を1つ組み立てた方が百倍くらい理解が進むんじゃ無いかと。
 夕方から組立始めたけど、コストと梱包の事が設計のファーストプライオリティーだったようでメチャめんどくさい。プールの時間が来たので上のガラス窓までは間に合わなかった。

 久し振りに火曜日のスイミング。飯塚ではちょっと泳ぎづらいクラスだけど、B&Gだと全コースを好きに使えるのでクラス分けされてガシガシ泳がされる。
 アップの後でいきなりキック50mを8本でやられた。1分45秒サークルを指示されたけど2本目からサークルアウトで情け無い。1分50秒で帰ってきて5秒休んで出る感じ。今の私にはこれが限界。
 あとはクロールのドリルと平泳ぎのドリル。久し振りに司君と泳いだ。彼は学校の体育の授業で泳ぎ、水泳部で泳ぎ、そしてスクールで3回目のスイムらしい。若いからそのくらいのハンディは我慢しなさい。クロールは完敗したけど平泳ぎは僅かに勝ったな。
 終わってから手を抜くときのイメージについて聞いてみた。最後まで押すよりも中途半端にスッと抜いてしまう方がタイムが良い事が疑問だった。
 私の「最後までしっかり押す」動きは肘を使いすぎて居るらしい。具体的に言うと最後の所で肘の関節を180度に成るようにピュッと伸ばしているのが良くない。もっと素直な感じで肘だけを伸ばそうとせずに、肩を中心にグルンと回すイメージらしい。
 私の感覚的には腹の下で肘を曲げて水を押してきて、そのまま肘を曲げたまま水から抜く感じ。自分のイメージと自分の身体の実際の動きには違いが有るのが面白い。
 右の耳の下が少し痛い。息継ぎの時に気になる。晩飯の時に噛むと気になる。嫁さんに言ったら耳下腺炎?とか言われた。でも腫れはないけど。。。最近は耳栓がボロボロで、水が入っても適当にそのままにしていたのが悪かったかも?

スイム 2.5km
バイク 30km

| | コメント (6)

2010年6月21日 (月)

イグニッションコイルのブラケット

0621 CB500に純正の5Ω点火コイルを付けようとしたけど、ブラケットが無いことが解った。注文しても出るか解らないし、時間もかかりそうなので作ることにした。
 現物とパーツリストを見比べながら図面を書き、フラットバーを切ってタップを立てて溶接して仮組みしたのがこの状態。だいたいよい感じ。あとで塗装したらそれっぽく成るでしょ。
 試運転してみたら劇的に消費電流が減った。コイル2個でアイドリング時でも2Aも食ってない。回転を上げると1A以下まで減っていった。抵抗が高いだけじゃなくてインダクタンスも高いのだろう。
 5Ωのコイルが2個で2A以下はおかしい気もするけど、回転中はパルス的に電圧が印加されるので直流抵抗以外にコイル的な成分が邪魔する事も影響してくる。ここへんに書いたけど、5Ωの点火コイルに15Vを印加しても回転中は3Aは流れない。
 まず、ポイントが閉に成っている期間は限られている。クランク軸で180度としたらこれだけで平均電流は1/2に成る。さらにGX250の例で書いたように、オンオフの周波数が高くなるとオームの法則で計算される電流まで行かずにポイントが開く。
 と言うことで、上記のポイントが2倍の2個装備されていても、回転数によっては2Aとか1Aとか言う消費電流にも成りうる。本当はもう少し高回転よりのコイルにしたかったのかも知れないけれど、発電量とかの絡みで最善の妥協点が選定されているのだろう。純正品とはなかなか深いなあ・・・と感心する。

 今日は休もうか?と思っていたけど、shinakoさんにもらったクロスパル古賀の只券の期限が6月一杯だったことを思い出した。具体的に考えると今日しか行く時間がないかもしれない。軽トラで見坂峠を越えて行ってみた。
 自治体が作ったみたいだけど、運営はコナミに委託されているのだろうか?市の職員的な人じゃ無くて、いかにもスポーツクラブの社員的な人達が働いている。
 取りあえずプールで泳いだ。上級者コースしか空いてなかったので、凄く嫌だったけどそこで泳いだ。初めての場所でなんとなく緊張したので時間だけ潰したような練習に成った。まあ、いいか。。。
 泳ぎ終わった後はマシンの部屋を見て回った。体育会系のお姉さんが案内してくれた。背が高い彼女がピッタリくっついて説明してくれたので、ずっと見上げて話を聞いていた。
 ランニングマシーンが多いけど、ほとんどが埋まっていた。筋トレ系のマシーンも飯塚のジムよりも充実している。そして一番嬉しいのはプールとジムが共通で使えると言うこと。距離が飯塚と変わらなければこっちに通いたい。
 一通り見て回ったので受付にお礼を言って帰った。駐車場から出たところでshinakoさんの車とすれ違った。なんというタイミング。しばし立ち話。
 マイクロミニかランスカか解らないようなビミョーなスカート姿。車から降りてくるときに一瞬だけドキッとしてしまった(笑)。走っているときならハイレグでも臍が出ていても何も感じないけど、人間の心理って面白いな・・・と感じてみたり。
 飲兵衛さんは飲み過ぎで椎間板が潰れかけらしい。あんた、年の癖に520kmとか走って無理しすぎ。と、半分は自分に向けて言っておこう。頑張る事と無理の境目は自分では解らないけどね。。。

スイム 1.8km

| | コメント (2)

2010年6月20日 (日)

皆生対策ペース走 のつもりが

 雨が降りそうだけど気温も高くなってきたので迷わず練習会へ。同じ様な事を考えるのか結構な人数が来ていた。
 今日は少し走り方を変えようと思っていた。いつものバイク練習は、10kmとか20kmのインターバルを4-5本繰り返す感じ。トップの人達は軽く流している時が有ると思うけど、私のレベルでは毎回TTみたいな物。しかも直ぐにちぎれる。
 これはこれで良い練習に成るのだけど、ロングの試合前の練習としては他の考えかたも有ろう・・・と思い始めたわけ。で、今日はロングのペースで延々と走り続けてみようと考えてみた次第。
 海岸線の道に入ってペースが上がった瞬間に遅れる。でもこれは想定の範囲内。「ハアハア言う練習じゃ無いぞ」と自分に言い聞かせながら走った。
 でも途中で人に抜かれたりするとどうしてもペースが変動してしまう。ちょっと気持ちが弱い。平地で愛さんに抜かれたときも、何となく抜かれたままでは悔しかったので抜き返してしまった。
 こんな感じでバイクを走ってみたわけだけど、ロングの本番ではこの後でフルマラソンが有るのだから、もっともっとペースを落として行かなければ成らないと思う。うーん。

 ランも同じ様な感じで考えていたけど、武友さんが本当のジョグにしてくれたので助かった。そのまま一緒に走り続けただけ。
 最後の最後で競争に成ってしまった。少し付いていったけど足のまめがずれ始めた様な気がしたので、それまでのジョグペースに戻して戻ってきた。

 最後はスイム。鐘崎の上八の交差点の横辺りで泳いだ。前回よりも少し波が有って、一部が浅くなっている様な所では妙なうねりも有った。
 一向に速くは成らないけれど(笑)、それなりに水の中に居る時間は増えてきたので、波があってもうねりが有っても向かい潮でもそれなりに落ち着いて泳げるように成ってきた。
 往復900mくらいのコースを1本泳いでお終いかと思っていたら、武友さんがもう1本行きましょうと言う。あんたは速いから良いけどね・・・と思いながらも酒見さんも行きそうな雰囲気だったので嫌々ながら行くことにした。2本目は先頭にすれ違った段階で引き返した。ハハハ。

 レースに向けて纏めの練習のつもりだったけど、逆に非力さとか不安感が増大しただけだった様な気もする。
 一番良くないのは平地で愛さんに抜かれる事。50代で上位に行きたいなら、女子総合の上位と競えないといけない。自分なりのレースペースで走っているときに愛さんに抜かれると言うことは、私は女子の上位よりも遅いと言う事に成る。うーん、憂鬱だ。

スイム 1.7km
バイク 78km
ラン 12km

| | コメント (0)

2010年6月19日 (土)

ペルリ来る

0619 ルーカスが友達を連れてきた。名前は忘れたけどデカいヤツ。190cmオーバーで総合格闘技をやっている。
 記念に二人で写真を撮って貰った。私が小さすぎるのも有るけど、ヤツもデカすぎると思う。でも、いかにもアメリカの気の良い若者と言った顔をしていて、口べたで可愛い。エイミーも「メチャカッコイイ」と言っていた。
 取りあえず薪割りをさせた。慣れていないので動きとか命中精度は悪いけど、パワーが有るのとスピードの載せ方が上手いからだと思うけど、当たったら破壊力は凄い。
 手が痛くて私は薪割りが出来ないので、毎日来てくれたら嬉しいのだけど、そう言うわけには行かんか?

 本当は午前中のスイミングに行きたかったのだけど、雑用がいっぱいあっていけなかった。仕方ないのでいつもの時間の夕方に走ることにした。
 足のまめが相当良くなってきた。でも油断して更に下にマメが出来たりしたら治りが相当遅くなってしまう。荷重の具合とか靴の中のずれ具合とかに気をつけながら走る。
 いつものコースをぐるっと回り、マメの調子がよかったので室木の峠も走ってみた。少し熱を持った気がするけど、そんなに酷くなった感じはない。
 帰り道にルーカスの家に寄り、プールに入って身体を冷やした。ついでにしばらく背面ドルフィンの練習をした。
 ルーカスは我が家に来ているしエリサは大会なのでエイミーしか居なかった。子犬を渡そうとしてくれたけど、私にはなついてくれなかった。すこし悔しい。

ラン 13km

| | コメント (0)

2010年6月18日 (金)

ダイナ

0618 ダイナと言ってもトヨタの2トン車の話がしたい訳じゃなくて、2輪車用点火装置のアフターマーケットで有名らしい製品に関して。
 入ってきたCB500にはDyna-IIIが付いていた。ハーレーの人以外ではフルトラというタイプ。ホールICを使用したと思われるクランク角センサを使い、進角は純正のガバナを使う構成。
 動作を簡単に見ていくとドエル角制御などもしていない様なので、私が作ったタイプではこのタイプに相当する感じ。
 フルトラ自体の責任では無いのだけど、これに3Ωでインダクタンス低めのコイルが2個ぶら下がっていることが問題になっている。消費電流が多すぎる。最大出力が150W程度のこの時代の車体に対して、静止時に7Aで回しても6A弱も食う点火系は重荷に成っている訳だ。ユーザーの用途的にも2500rpmから3000rpmが常用域に成りそうだし。。。
 いっそポイントに戻そうかとか、コイルだけ5Ωくらいある当時のヤツに戻そうかとか、センサの位置で少しでもドエル角が小さくなるように設定しようとか、色々な考えが湧いてくる。ユーザーと相談して最善の妥協案を決めないといけない。

 今日はスイミングの日。早めに行って一人で泳いでいたらプールの人が来て、「先生の都合で中止になりました」と伝言。張り詰めていたと言うほどでも無いけど、少し気合いが抜けた。
 取りあえず継続してドリルをして、50mを1分のペースで1500mのペース走ならぬペース泳をしてみた。楽勝では無いけど途中で速く成りすぎて調節する位の余裕は有った。昔に比べると少しは速くなっている感じで嬉しい。
 しばらく泳いでいると脚が攣った。久し振りだ。カルシウムかも?と思い始めてから薬を飲んでみたり、いりこをムシャムシャ食べたりしていた。その間は確かに攣ったことが無い。
 最近はいりこを食べるのがおろそかに成っていた。そしたら覿面にこうだ。うーん、カルシウム犯人説が現実的な説としてかなり浮上してきた感じ。
 帰ってから早速いりこを多量に食べた。急に食べたので消化が悪いかもしれない。

スイム 2.6km

| | コメント (0)

2010年6月17日 (木)

CB500

0617 今日のお客さんはCB500。めちゃ懐かしい。高校の時に石松が乗っていた。その頃の私はHT90だったか?
 TX500に乗る有吉がモトクロスを見に行こうと言うので、石松とバイクを交換してCB500で厚保のモトクロス場まで見に行った。メチャでかくてアクセルが重かった記憶がある。
 福岡プレイメイト時代の光安鉄美が飛ぶように走っていた。尻の「光安」の文字を見て、自分と比べて情け無くなった(笑)。
 CB500の症状は充電不良。一通り見た感じでは一つの悪者を発見することは出来なかった。と言うことでお預かり。じっくり見よう。
 このバイクの点火系はダイナに交換してある。夕方に見直していったところダイナの消費電流が7Aも食っている事が解った。エンジンを回しても6A弱は流れる。こんなに食うのが標準なのだろうか?もしそうならこの時代の発電系には厳しいな・・・と思う。

 マメの状態がだいぶ良くなってきたので、今日は恐る恐る走ってみることにした。ちょっと早すぎる気もするけど、靴の種類も変えて距離も短くするから良いでしょ?とランニングの神様を脅してスタート。
 普通に蹴るとマメの皮がずれそうな気配が有る。ゆっくりと脚をおいていくような感じで走る。これはこれで足裏の圧力とか前後の力を感じられて悪くないかもしれない。
 西中で水を飲み、トヨタの外周路を回って帰ってきた。約10kmのコース。直ぐにチェックしたけど皮は剥げて無かった。でも固まりかけのセメントを途中で動かしかけた様な嫌な感触が有る。ハハハ。

ラン 10km

| | コメント (2)

2010年6月16日 (水)

巻き線機

0616 ポルシェ356のDCダイナモを6Vから12Vに巻き替える。以前作って使っていた巻き線機だと、新たに考えた巻き枠が上手く使えないのでフレームを作り替えた。
 取りあえず使えたのでフィールドコイル1組巻いてみたけど、まあ使える。でもいくつか改善点が出てきた。こんど暇なときに改良しよう。
 巻き枠はうーん・・・と言う感じ。構想は悪くないけど実際の作業が面倒。これなら平面の枠に巻いてから曲げた方が作業性は良い感じ。でも考え方は悪くないと思うので、もう少し改良してみよう。

 足のまめはだいぶ良くなった。普通のマメの翌日くらいの感じか?。走るのは無理と思うのでママチャリでプールに行くことにした。
 50mくらい泳いだ段階でまめの皮がヒラヒラ・プワプワしだした。ヤバいなとは思ったけど、染みる事は無かったのでそのままスイムを強行した。
 今日も力を抜いて真っ直ぐに浮く練習。何も考えなかったら少し前進したような気がする。でも6ビートのタイミングを意識して泳ぐと、途端に脚と尻が沈んだ無様な格好に成ってしまう。
 プールから上がったら皮がベロンベロンに成っていた。中身はグチュグチュしているけど痛みはほとんどない。怪我の修復も成長ホルモンだろうか?今度はお前の出番だ。頑張れ。

スイム 2.0km
バイク 16km

| | コメント (0)

2010年6月15日 (火)

腫れだけは引いた

 昨日のお祈りが効いたのか、マメの周辺の腫れが引いてきた。白血球さんかリンパ球君か知らないけどありがとう。
 残った薄皮が取りあえずくっつきかけて、それ以外の部分は赤くてグチャグチャの状態だけど、絶え間なく汁が出るような事はもうない。靴下もほとんど汚れない。
 走ると絶対にズルズルになってしまうし、泳ぐとふやけてジュクジュクに成ってしまう。消去法的に自転車で軽く走ってきた。
 泉水を超えて鞍手町に出て、室木線跡の道を北上し、火葬場と高校の前を通って平山口に抜けて帰ってくるコース。足の裏の面圧が高く成りすぎないように注意して漕いだ。

バイク 34km

| | コメント (0)

2010年6月14日 (月)

腫れよ引いてくれ

0614 足のまめが痛い。短気を起こして爪で破ったりするんじゃ無かった。調子に乗って海で泳いだり砂浜で遊んだりするんじゃ無かった。
 まめの周囲15mmくらいの範囲がぼんやりと腫れている。触ると熱もあるようだ。色も赤い。赤っぽいリンパ液が出ている。
 流石にこのまま悪化したらヤバそうな気がしてきたので、今日は走ったり泳ぎに行ったりは止めにした。もう一度書いておこう、「頑張れ俺の白血球!」

 画像は完成して最終試験中のシルバーピジョンのレギュレータ。DCダイナモはボッシュの車用だけど、カットイン電圧とか制御電圧の基本部分に関しては問題無く評価できる。
 このレギュレータは古い割りには制御性が良くて、コイル温度が上がるまでは若干低めだけど、温度が安定してからは14.2V~14.6Vくらいの範囲で制御できている。
 最近はこの手の仕事?がポツポツと増えてきたので、この試験装置を作っておいてよかったなあ。。。と言うところ。
 電圧と電流は別のメータでも良いけど、チャージランプとイグニッションスイッチに相当するスイッチが有った方が便利そう。これだけは明日にでも増設しておこう。

| | コメント (0)

2010年6月13日 (日)

ムカデなんか怖くない!?

0613 明け方の5時頃、顔がムズムズした気がして目が覚めたのと同じタイミングで、目と目の間に痛みが走った。鼻を山に例えると鞍部の辺りに。
 瞬間に飛び起きて辺りを見回し、モゾモゾ歩いているヤツを何回も叩き潰した。最後は火ばさみを持ってきて火あぶりの刑に。
 こんな事をしたら命を失う事に成る。ヤツは後悔したと思う。でも他のムカデはそのことを学んでないので何回もやって来る。たまらんなぁ。。。
 人の顔の上を歩き回っていたと思うと腹が立つけど、何となく腫れないんじゃ無いかという気持ちが有った。去年のシーズン後半からムカデに噛まれて大きく腫れたことが無かったし、1週間くらい前に嫁さんが噛まれたときもそんなに腫れなかった。
 人間に耐性が出来たのか、反応が良くなって浅くしか噛まれなくなったのか、ムカデが無毒化されてきたのか、良く解らんけどそう言う傾向に有るように思う。
 結果的に今日も全然と言って良いほど腫れていない。ざまーみろ!ムカデ。

 天気予報が良い方に外れたので、普通通りにバイキング練習会。昨日の疲れと脚の大きなまめが気になるけど、まあ今の状態でそれなりに走る事も意味があろうと思って参加。
 予想通りに1レグ目までは酒見さんの後について行けたけど、あとは全然駄目で後の方をタラーッと走った。何となく情け無かったけど、まあこれが実力。
 昨日の段階で筋グリコーゲンは枯渇状態に有ったと思う。1レグ目までは少し溜まったグリコーゲンで動いたけど、それ以降は他の代謝でエネルギーを生み出すしか無かったんじゃなかろうか。と言うことは今日の後半がロングに於ける私の真の力という事になる。なるほど、少し参考に成ったかもしれない。
 後半はランが中止で鐘崎で海スイムになった。こちらは割りとよい感じで終えることが出来た。いつも先生に言われる前の手の力を抜く事が、少しだけ出来た。
 最後に1000m程度を泳いだときも、きつくならずに強度をコントロールしながらゆったりと泳ぐ事が出来た。この調子で泳げたら皆生も楽にスイムアップ出来ると思う。
 最悪だったのが足のまめ。穴から海水が入って痛いのは仕方ないけど、砂まで中に入ってしまって帰ってからも痛い痛い。少しばい菌も入ってしまったのか、中が赤くなっているような気もする。「頑張れ俺の白血球!」取りあえず声援を送っておこう。

スイム 1.5km
バイク 77km

| | コメント (0)

2010年6月12日 (土)

ルーカスとルーカス

0612 ルーカス君が遊びに来ていたので、ルーカスのダイナモを持たせて写真を1枚。いや・・・ただそれだけ(笑)。
 エリサにもエイミーにも髪型は「キショイ」と大不評とのこと。私もそう思う。でもカッコイイから許す。

 夕方から天気が崩れそうな予報なので、午前中に走っておくことにした。昼までなら天気も良くて気温も高そうなのでKTARにピッタリ。
 どうも最近はかぼす君も影響を受けてしまったようで、変な略号を使い始めた。恐るべし武友兄弟。
 目的はアッチッチ練習なのでペースは遅くても良い。その代わりに少なめの給水と身体の状態を敏感に把握しながら走ること。それが今日の目的。
 26km地点でも座り込まなかったので、その部分に関しては勝った。でも31kmを2時間50分かかっているので、キロ5分29秒でフル換算が3時間51分に成る。ペースはだいぶ遅い。
 走りながら思った。水泳の先生なら「暑いときに暑つう無いごと走らな」と言うだろうなと。解りにくいけどその通りだと思う。頑張るとかそう言った方向に力を注ぐより、いかに自分だけ損失のない状態に持っていくか、それが重要。
 一つだけ失敗した。そろそろシーズンなので裸足でシューズを履いてみた。一気に31kmも走ったので大きなまめが3個も出来てしまった。まあ皆生までにはなんとかなるでしょ。

 土曜なのに発送が3個も有ったので帰ってからバタバタと仕事をし、夕方になって一休みした。このまま寝ていても良かったけど少し動こうと思ってB&Gへ。
 脚が怠いのでこんなときこそ「力を入れずに真っ直ぐに浮く」練習をしてみた。予想通りになんか良く解らなかった。一つ気がついたのは尻を突き出すくらいの気持ちで水面ギリギリに成ると言うこと。でも、これも力を入れてやっては駄目なんだろうな。。。と思う。

スイム 1.6km
ラン 31km

| | コメント (6)

2010年6月11日 (金)

シルバーピジョンのレギュレータの中身

0611 昨日に続いてシルバーピジョンのレギュレータで今日は中身。台座の錆とか抵抗の断線などに比べると、中のリレー関係はかなり綺麗。この状態なら貴重な工業遺産?をそのままの形態で残したい気持ちに成る。
 まずは端子の説明から。3個並んだ端子は向かって左から「ダイナモの+出力」「フィールドコイルのマイナス側」「バッテリーのプラス」となる。右端の台座に溶接してあるボスはマイナスの接地用。
 配線自体はこれだけなのでかなりシンプル。でもフィールド制御のオルタネータとは違い、発電電流がそのまま通過するので注意が必要。オルタネータのレギュレータ端子には基本的に検出電圧とフィールドコイルの駆動電流しか流れないけれど、DCダイナモのレギュレータ端子には、50A出力のダイナモなら50Aの電流が流れる。その為に端子の表面状態とか、締め付けとかはきっちりと処理しておく必要がある。
 向かって右側のリレーがカットアウトリレーで、低回転時にバッテリーからダイナモへ電流が逆流して、モータに成ってしまう事を防止する。今の時代で言えばダイオードを電磁石と接点で作ってみたような物。
 向かって左側がボルテージリレーで、出力電圧が一定に成るように、発電電圧の状態に応じてフィールドコイルに流す電流を加減する部分。
 さらにこのリレーには太い線が巻かれていてカレントリレーも兼用している。DCダイナモはオルタネータみたいに定電流的な特性は無いために、高回転になると過電流の傾向が出てしまう。そのために電流が過大に成りそうならフィールドコイルの電流を減らす様な工夫がしてある。
 カレントリレーは別置きで3個並んでいる物もあるけど、これはボルテージリレーとカレントリレーが兼用に成っている。その為に過電圧と過電流は同じ方向に磁化される様な巻線にそれぞれ成っている。
 と、文章だけでは解らんよな・・・とは思うので、チリル式レギュレータと同じ様な説明ページを作ります。古い電装品と新しい電装品の狭間に生きている私にとって、唯一出来る事のような気がしてきたので。

 今日はスイミング。帰りに降られるかも?と思ったけど、気温も十分高かったので自転車で行った。行いがよいので降られなかった。
 前半は個メのドリル。脚だけで2セット、手だけで2セット、スイムで2セットをやった。かなりキツかった。手と脚なら子供に勝てるけど、脚だけは子供に25mくらい置いていかれる。情け無い。
 後半はクロールストローク制限のドリル。25mを16かき固定で8本。最初のセットは60秒サークルで、次の8本が50秒サークルで、次の8本が40秒サークル。ここで終わって良かった。30秒に成ったら死んでいたと思う。
 「ハアハア言う練習じゃない、力を抜け」と言われるけど出来ない。「力を抜いて真っ直ぐに浮かべ」・・・解ったような解らんような、なんか禅問答みたいな感じ。確かに直ぐに疲れるから力が入っているのだと思うけど、何時、何処に、力が入っているのかは具体的には良く解ってない。言われたら「ハイ」とは言うけどね(笑)。

スイム 2.4km
バイク 28km

| | コメント (0)

2010年6月10日 (木)

シルバーピジョンのレギュレータ

0610 今はDCダイナモ関係の仕事が3件入っていて、そのうちの1件がこれ。シルバーピジョンのレギュレータ。一応書いておくとシルバーピジョンはあの三菱が作っていたスクーター。富士重工もラビットを作っていたくらいだから、まあ、それほど驚くことでも無いか。。。
 他のレギュレータを付けたら数ボルトは出たらしいので、取りあえず今回はレギュレータだけの作業予定。
 この画像で見える範囲はかなり程度が悪いけど、カバーの中は意外と綺麗。サビサビでコイルも切れたような状態なら、トランジスタ式に入れ替えた方が不安無く使えるとは思うけど、今回は貴重な機械式のままで生き返らす予定。
 順にチェックしていくといくつか不具合が出てきた。カットアウトリレーの電圧が異常に高い。良く見るとストッパ以外の部品が変形している。変形させた?
 ボルテージ/カレントリレーの電圧も異常に高い。これは充電不良のためにどんどん高くしていったんじゃ無いかと思う。こんなのは良くある。
 最後に、フィールド電流調節用の抵抗が切れていた。数カ所で細くなって居るので、たぶん全体的な寿命と思われる。
 まずは抵抗を準備しないといけない。残ったニクロム線から全体抵抗を推定したら60-65Ω辺りと出た。異常に高い値だけど、所謂低速接点だけでフィールド電流をゼロにする高速接点が無いタイプなので高めなのかもしれない。
 抵抗値が相当高いので、再生に使う細いニクロム線が手持ちに無い。これを手配して、来るまでの間に残りのリレー類の整備と電圧調整していこう。

 昨日のランニングはかなり身体に効いた。今日はゆるめのスイムにした。ママチャリでB&Gに行ってゆらゆら泳ぐ。
 今日は1時間の間ずっと6ビートの脚を意識して泳いだ。少し前進したけどなんか変な感じが残っている。左呼吸の時はよいけど、右呼吸の時は脚のタイミングが逆みたいな気がする。
 ただ、2ビートの時は左右の事を言われるけど、それ以外の時は右とか左とかは言われたことが無い。と言うことは全体的なリズムさえ維持できて居れば、細かいことは後でよいと言うことかもしれない。
 50mを1分30秒サークルで延々と泳いだ。右呼吸だと53秒くらいで帰ってくる。左呼吸だと57秒くらいで帰ってくる。こんな感じ。もう少し急げるけど、それをやると脚のタイミングが解らなくなる。

スイム 2.0km
バイク 16km

| | コメント (0)

2010年6月 9日 (水)

256-21639-00

0609 色々あって心身共にグチャグチャしていたのだけど、ようやく普通のリズムに成って来た感じ。以前にMASAさんから貰っていた部品を付けてみることに。
 XSのリヤフェンダーを止める部品で、防振のための変な形をしたゴム部品。パイプとフェンダーの間が256-21639-00で、フェンダーの裏から差し込む方が256-21649-00と成っている。
 貰うときに多少の追加工が必要に成ると聞いていたけど、確かに穴とか加工するところが有った。下からの256-21649-00の方は作り直した方が早そうだったので、真似をして削ってみた。辺りが黒いカスだらけになって「もうしません」状態(笑)。
 おかげさまでしっかり付いた。ガタも無くなったし白くカサカサに成った良く解らない物体ともおさらば出来た。ありがとう御座いました。

 今日は暑いくらい。丁度よいのでランニングに行くことにした。皆生の暑さに耐えるには、常日頃から暑い中で運動しておくのは意味があると思う。皆生対策アッチッチ練習(KTAR)。一部の人しか解らんな(笑)。
 出来るだけ長い距離と言うことで、本城のトイレ経由のコースにした。西中の給水は面倒なので無しにした。8kmに1回の給水に成る。この状態でもヘロヘロに成らないペースを維持すること。
 気持ちよりももう一段階押さえて走った。それが功を奏したのか8kmに1回の給水でもそれなりに走れた。いい感じだ。この調子で夏を迎えたい。
 ルーカス君が帰ってきたと聞いたので、帰り道に家に寄ってみた。時差ボケで寝ぼけた顔で出てきた。一時期の志村けんみたいな変なヘアスタイル。良くいる怪しい日系人に成ってしまっている。
 パパがプールの掃除を始めたので、スパッツだけに成ってプールに入って掃除を手伝った。プール内で使う掃除機を初めて使った。不思議な機械があるもんだ。
 水温は6月1日のB&Gほど冷たくなかった。これなら十分泳げる。これから毎日ここに来て仰向けドルフィンの練習をしようか。

 蛍はピークを過ぎた感じ。でもピークの8割は飛び回っている。今年は数が多い。六郎丸の交差点でハイエースの中からこっちをみている人達が居た。トヨタの選手???。アスリートクラブの帰りだろうか?

ラン 17km

| | コメント (0)

2010年6月 8日 (火)

グローラー

0608 この画像が何か解る人は少ないと思う。これはモータとか発電機のアーマチュアの短絡などを簡単に調べるための「グローラー」と言う機械の主要部分。
 自動車電装屋的には「グローラー」で、工業用モータの巻き替え屋的には「グローラ」に成るのだろうか?英文ならGrowlerで「唸る機械」・・・と書いても訳が解らんとは思うけど(笑)。
 有ったら便利だろうなと思いながらも、ナフコとかストレートには売ってないしヤフオクでも簡単には見つからない。海外通販で見つけたのは7万円くらいしたので自作することにした。
 基本構成は非常に単純で、開磁路の鉄心にコイルをグルグル巻いただけ。これにアーマチュアを近づけると両者が丁度トランスのように作用する。
 グローラーのコイルがトランスの1次側で、アーマチュアのローターの巻線が2次側に相当する。ローターの巻線は複雑に接続されているけど、基本的に両端はコンミュテータに繋がっていて開放されている。
 この巻線の何処かに短絡が発生していると、トランスの2次側の何処かを短絡させたのと同じ様な状態になり、1次側の電流が変化したり、変な唸り音が聞こえたり、ローターの鉄心の磁化の具合が変わったりする。これらの変化は比較的解りやすいので、これを検出することでコイル内部の短絡を検出する仕組み。。。と書いても直ぐには解らんか、私は解らなかった。
 ジャンクの大きめのトランスを入手して、それをバラバラにして「E」型のコアを取り出し、金切りばさみで「U」型に2分し、先端を45度にカットした物を多量に作った。これを積層してグラステープを巻き、トランスから取り出したエナメル線を巻いたらできあがり。
 微妙な所は要調整だけど、基本的には使えることが確認できた。あとは巻数とか色々と調整し、きちんとした箱に入れたら実務に使える。

 そろそろ水温も上がったと思えるのでB&Gに行ってみた。予想通りに水温は29度まで上昇していた。ユルユル泳ぐには丁度よい位の温度。
 前半は力まずに泳ぐ練習をした。何時も言われる「力を抜け」と言う言葉の意味。少し解りかけたような気がしている。今はまだ上手く書けないけど、何となく解った。
 後半はリズムが可笑しいと言われた6ビートの練習。半分くらい意識して泳いでみると、途中から8ビートくらいに成っている事が解った。息継ぎがキツくなってくると片側6ビートで反対側4ビートだったりした。
 矯正のために2ビートで泳ぎだし、途中から間に2ビート追加して「ドン・トッ・トッ」と言う感じから練習をしてみた。最後の方は少しだけリズムが合うように成ってきた。

スイム 2.4km
バイク 16km

| | コメント (0)

2010年6月 7日 (月)

興味のある内容はネット上には無い

0607 借りていた本を返しに教育大までママチャリで行ってきた。赤木峠を2往復することに成るわけで、真面目に漕いだらそれなりのトレーニングに成る。
 今回の本は昭和30年前後の本ばかり。テレビ受信機の回路関係と、旋盤の操作方法の本。師範から学芸大を経て教育大に成ったいきさつを考えると、技術家庭科の先生の卵が読んでいたと思われる。
 回路図に書き込みが有ったり、バイトの「すくい角」に赤線が引いてあったりして、昔の学生さんが真面目に調べていた姿がうかがえる。図書館の本に書き込んではいかんけど、昔はコピーなんか無かったので、まあ、許す(笑)。
 この手の本は今でも教育大の図書館には有るのだけど、見える本棚には並んで無くて真っ暗な書庫の中に眠っている。見える方の本棚のこの分野は壊滅状態に等しかった。

 さらに感じたのはその内容。昔の本には「電源トランスの自作は簡単であって・・・自分の希望する如何なる電圧でも・・・作ることが出来ます。」等と記述がある。
 1000人に1人も居ないとは思うけど、今の学生が同様の内容をネットで調べたとする。ググってみるとまず広告が出て、通販系のページが出て、他人のブログを纏めたような訳の解らないページが出て、"教えてダビンチ君"みたいな名称で内容は同じページが延々と続く。
 "教えてダビンチ君"のページを開いてみると、"関係者"が「止めた方が良いです。メーカーは高度な知識と経験に基づいて製品を開発しているんです。素人が簡単にできるわけが有りません。市販品を買いましょう。」とか、「知識も無いのに電気を使い、もし火事にでも成ったらどうするんですか?自分の家だけでは済みませんよ、どう責任を取りますか?PSE法って知ってますか!?」とか書いてある訳だ。
 1/1000の変な学生さんも、この辺りまで読むと普通は意気消沈してしまう。私の場合は読んだ瞬間に嫌な気持ちと言うか、何とも言えない居心地の悪さを感じてしまう。教育大の書庫の中で感じた気持ちと真反対の気持ちになる。
 「日本のものづくりに活力を」とか書く前に、こんな部分をなんとかしていかないと駄目だろうな・・・とは思うのだけど、どうしたら良いのか解らない。

 なんとなく気分で走ることにした。いつものコースを走るには脚が怠い気がしたので、トヨタグランド経由で10kmくらいにしておこうと。
 トヨタグランドに行ったら久し振りに監督と会った。丁度よかったので玄海100kmのエイド設置とトイレ借用のお願いをした。快く書類作成の協力を申し出てくれた。何時もありがとう御座います。監督。
 100mの流しをしながら、いかに力まずに脱力して走るかを考えた。「リラックスてきてますよぉ」と監督から誉められたのでちょっと気分がよくなった(^^)。
 しばらくしたら三津谷選手が来た。土の外周路で20kmペース走らしい。トラックは邪魔に成らないのでそのまま100m流しと400mの緩いインターバルを続けた。
 三津谷選手がえらく遅いペースに感じたので聞いてみたら3分40秒との事。速い人は何故か遅く見える。三津谷の3分40秒は私なら5分30秒くらいかな?とか計算してみた。
 20kmの最後まで見たかったけど、少し寒くなったのと晩飯に遅れたら怒られそうなので帰ることにした。挨拶したら監督も「はい、それはどこでも怖いです」と同意された(笑)。

バイク 20km
ラン 15km

| | コメント (4)

2010年6月 6日 (日)

徳の低さを思い知る

 旅行に行って帰ってきた。まあ、色々あって精神が疲れ果てた。マザーテレサなら微笑み続けたであろうとは思うけど、私は徳の低い人間なので年甲斐もなくイラついていた。世界中の神様御免なさい。
 帰ってからは、あんな爺さんとは二度と旅行になんか行かないと思っていたけど、私の言動だって若い人にとっては同様にイラつく言動に違いない。若い人達は黙って話を聞いてくれる。私も黙って話を聞いてやれば良いのでは無いのか?
 要は自分の徳が低いだけの様な気がしてきた。落ち着いてゆっくり考えよう。帰って直ぐに嫁さんに愚痴ばかりこぼした。御免なさい。楽しかった話しでもすれば良かったです。器の小さい人間でした。

 と、反省ばかりでは鬱になってしまうので、「今度、おんなじ事ばっかりしたら、くらしあげるぞ!!クソジジイが!!!!」と書いて精神のバランスを取っておく(笑)。

 06:00前に目が覚めたので、用意していたウエアとシューズに着替えて朝ラン開始。昨日も朝に走ったので2日連続での朝ランになる。こんなの初めてかもしれない。
 窓から向こう側に海が見えたのでそこまで走ってみた。道は途中から川沿いの道になり、河口の横には小さな漁港が有った。向こう側には形のよい島が見える。只それだけの場所だった。引き返して宿について1時間弱のランニング。ほぼ10kmかな?と言う感じ。
 最後に寄った門司港レトロで"カレーバイキング"を食べた。調子に乗って3皿も食べたので腹がパンパン。どうしても何かやっておく必要が有ったので、帰ってから自転車とスイムをやることにした。
 無計画にB&Gに行ったら休憩時間だった。仕方ないので飯塚までママチャリで行き、いつもの様に1時間券を買って泳いだ。
 気持ちがムシャクシャしていたので、ドリルは適当じゃないと判断して延々と泳いでみた。ゆっくり泳ぐつもりだったけど、同じ様な速さの人が並ぶと少しだけペースが上がってしまう。
 晩飯は総カロリーの事を考えて軽めに終えた。グチャグチャ書いたら少し気が晴れた。嫁さんと散歩に行って蛍が沢山飛んでいるのを見たらもう少し気が晴れた。良かった。

スイム 2.3km
バイク 32km
ラン 10km

| | コメント (0)

2010年6月 5日 (土)

玄海100km試走会

 この週末は土日と近所の人と旅行に行くことに成っている。どうせ行きの車の中から酒飲み初めてグタグタに成るんだろう。
 この時期に体調とか生活のリズムを崩したく無いのだけど、同じ様な人種とばかり付き合って居るとつまらん人間に成るので、頭を切り換えて旅行に参加。
 代わりに普段は走らない朝一にランニングしてきた。いつものコースは大半が田んぼとか川沿いなので霧が凄い。走っていると適度に皮膚が濡れて気持ちいい。
 給水しようと西中に寄ったら陸上部が勢揃いしていた。嘉穂で新人戦が有るらしい。エイミーも来ていた。100と200とリレーに出るとか。兄、姉、ともにこの地区では勝ち続けてきただけに、ちょっとプレッシャーで可哀想かも。
 ぐるっと回って帰ってきたら少し霧が晴れた。上には雲一つない青空が見え始めている。今日は暑くなりそうな気配。玄海100kmの試走会の試走をするらしいけど、これは死ぬなあ・・・と言う感じ。
 好きで走るんだから、皆さん苦しんでのたうち回ってください(笑)。

ラン 13km

| | コメント (2)

2010年6月 4日 (金)

誕生日

0604 今日は長男の誕生日。天安門事件のその日に生まれた。今は家に居ないけど、何故かケーキが買ってあったので残った人間で勝手にお祝い。
 プールから帰って一人で晩飯を食べていたら、みんなケーキを待っているからと嫁さんがさっさと片付けていく。ご飯を1膳しか食べられなかった。代わりにケーキを多めに切ってカロリー補充した。
 嫁さんは嘔吐下痢で油物を食べてはいかん筈なのに、ケーキをつまんでカステラにアイスを添えて食べようとしていた。流石に不味いと感じたのか、次男がカステラを取り上げた。とんでもないヤツだ。。。

 手が7割くらい回復したので自転車でプールに行ってみた。ちょっと失敗だったかもしれない。普通のロードのブレーキレバーの所が手のひらに当たって痛かった。少し悪化したかも。
 レッスンが始まる前には前回出来なかった仰向けドルフィンを何回もやった。何回やっても出来ない。鼻から水をだいぶ飲んだ。普通の初心者並に進むように成るには、秋くらいまでかかるかもしれない感じ。
 レッスンの内容はクロールのドリルだった。長濱が天草で平泳ぎしたとか言ったからかもしれない。前に伸ばした手は脱力し、身体の下あたりからグッと押すときだけ力を入れる。これを片手でやったり両手でやったり普通のスイムでやったりの繰り返し。
 最後は普通のスイムで25mを12本。必死で泳げと言われて頑張っていたら、脚のリズムが悪いと指摘された。脚のリズムを考えて泳いだら手がゆっくり過ぎると怒られた。
 そんなに2個も3個も複数の事を考えて泳げんわい!!!と思ったけど、まあなんとか頭の中でミキシングして泳いでみた。

 皆生のキャップを被っていたからか、リバーアスロンのキャップを被っている人から話しかけられた。トライアスロンに興味が有るらしい。自転車はこれからとか。一人で練習するのか?とか、チームが有るのか?とか、かなり具体的に聞かれた。
 若いお姉さんじゃ無いのが残念だけど(笑)、興味のある人の参入のきっかけに成ったなら嬉しい。これからもトライアスロン的に目立つ格好をするべきかもしれない。
 プールからの帰り道、カメは居なかったけどデカくて明るくて寿命の長い流れ星を見た。びっくりしてお願いするのを忘れていた。

スイム 2.1km
バイク 28km

| | コメント (0)

2010年6月 3日 (木)

ゲゲゲのポジション

0603 朝一番にメッキ屋さんに行ってきた。今回は黄色のクロメートで数点頼んでいたもの。
 このメッキ屋さんは少量でも対応してくれるし、全然割高に成らない。でも手間のことを考えたらあまりに気の毒なので、依頼するときは出来るだけ量を纏めて出すようにしている。
 写真はXSのリヤサスを分解するための特殊工具。黒皮の溶接しっぱなしだったので、丁度良いと一緒に出した。製品みたいに綺麗になって嬉しい。

 今日はバイク。エアロヘルの慣熟を兼ねて前回と同じコースをぐるっと回ってきた。今日は風が弱いと思っていたら、室木線跡の道に出たらそれなりの向かい風だった。
 必死に漕ぐつもりは無いけど、向かい風で進まないのはイライラする。ポジションを色々変えてみて空気の流れを感じてみたけど良く解らん。
 そんな時にふと思いついた。手の抵抗が気に入らないなら手を無くしたらいいやん、と。「ゲゲゲの女房」の記憶が脳みそを刺激したのかもしれない。
 早速片手を胸の前に持ってきた。ガンガン漕がなければ片手でも出力は大差ない感じ。片手の抵抗がなくなったのは、正直言って良く解らなかった。
 でも抵抗が減っているのは明らかなので、手のひらでアゴの部分の段差を覆ってみたり、手を後に流してみたり、背中に隠してみたりした。
 単独走行で出力がそれほど高くない瞬間なら、片手走行は意外と行けるんじゃ無いかと思う。でもこれで私がアワーレコードを樹立したら、UCIはハンドルを両手でにぎり続けるルールを作るんだろう(笑)。いや、今でもそんなルールは有るかもしれない。
 取りあえず今年の皆生なら見逃してくれるんじゃ無かろうか?クレームが付いたら「ゲゲゲポジションです」とか言い訳してみよう。

 嫁さんが嘔吐下痢に成った。晩飯は好きにしれくれと言われたので息子達に聞いてみたところ、材料が有るなら作ると言う。黙ってみていたら二人で三品のおかずを作った。
 我が子ながらちょっと感心した。これなら何時でも結婚できる。どなたかうちの息子達を貰ってください。今が駄目なら予約でもいいです。たしか、21歳、19歳、17歳、だったはず。

バイク 48km

| | コメント (6)

2010年6月 2日 (水)

色んな人に会った

 天気図的には高気圧に覆われた感じなのかと思っていたら、昼過ぎから寒気が入ってきたような感じになって、雷を伴った大粒の雨が降り出した。でも日頃の行いがよいので17:00には小雨くらいに上がってきた。
 順番的にも気分的にも今日はランニングなので走りに出る。例によって持久力だけを目指そうとしているので、本城のトイレ経由の17kmのコース。走り出しは身体が重くて全然スピードに乗れなかったけど、体温が上がってきたら普通に走れるように成ってきた。
 宮田の街中・・・と言って良いか解らないけど、取りあえず中心部にさしかかったときに前から自転車が来た。ああ、宮中の陸上部だなと最初は思った。シルエットから陸上部だと何となく感じる。近づいて来るにつれて高校生か、と思い直し、すれ違う直前に押川君だと解った。
 銀行に行った帰りらしい。先日のJ5000m優勝のお祝いを言ったら「勝ちたかったんです」と。勝つべきレースだったのかもしれないけど、勝ちに行って勝つことはカッコイイ。自信に繋がると思う。
 いかにもその辺の高校生が乗っているような安っぽいママチャリに乗っていたので、「もっとカッコイイのに乗れ」と指導しておいた。まあ彼はイケメンなので何に乗っても似合うけど。。。押川効果でその後2kmほどはペースが上がった(笑)。
 私は恵まれているなと思う。ジョギング中に実業団の若者と会って気分が高揚する。銀メダリストのオッサン話を聞くことも出来る。悲運のオリンピック選手にクロールの肩の使い方を怒られる事が出来る。現役プロトライアスリートの後を走ってちぎれる事が出来る。トライアスロンの神様ありがとう。あとは私自身が強くなるだけです。ハハハ。

 いつものルートで21号線バイパスから新笠松に抜けたけど、気分だけで無く体調も実際に良いようなのでルート変更。室木に抜ける峠を越えて四郎丸に出る。歳だから頑張るのは逆効果だと思う事が多いけど、今日みたいに良い状態を維持して、我慢できずに半歩だけ先に行くのは良いと思う。
 峠を下りたら直鞍一周駅伝に無理矢理出させた黒川君が居たので、追いかけて捕まえて汗臭い身体でギュッと抱きしめてやった。
 そのまま倉久まで走って行ったら車の中から手を振る女の子が居る。近くまで来てやっとエリサだと解った。今日は練習無しか?
 何となくよい気分で家まで走った。最後は自分で「おかえりなさーい」と叫びながら、サングラスを外して右手を高く上げてゴールの練習をした。

ラン 18km

 藤原さんのブログに書いてあったのですが、廿日市が追加募集を始めたそうです。私はアクアスロンに申し込んだので駄目ですが、ジャパン中止でモヤモヤしている人には朗報かもしれません。ワンウェイの変態的なコースです(笑)。

| | コメント (0)

2010年6月 1日 (火)

パッとせん・・・位には戻った

0601 右手首の状態だけど、普段の生活に対しては昨日あたりから劇的に回復した。唯一痛いのはパンツを脱ぐとき位で、箸も持てるし鉛筆も持てる。
 ただ、手先の作業的な行為に関してはかなり先は遠い感じ。今まで無意識にネジを回したりしていたけれど、手首にかなり負担のかかる動きだった事を認識させられる。
 私の仕事は頭だけで済むことは少なくて、どうしても手で何かをイジイジしないと終わらない。そうすると動きが不自由だったり痛みがあったりして作業が進みにくい。モチベーションも下がる。効率も下がる。後で済むような事は後回しにしがちになる。
 こう言うのも全て神様が決めたことなので、こんなときに無理をしても仕方ない。機材の整理とか整備でもした方が良い。
 ワニ口クリップを綺麗に拭いて、中を出して半田の状態とか線の状態を確認した。傷んでいたのは交換した。2年に1回くらいはコイツが悪くて試験中に???と成ってしまうから、意外と重要な作業だったりする。

 今日からB&Gのプールが始まる。資材倉庫みたいな温室的な建家は有るけど、温水プールじゃ無いから、誰かが練習していたというビニールハウスプールと変わらない。
 「何人来た?」と聞いたら、いま泳いでいる女性に次いで2番目らしい。みんな寒さを知っているからそんなもんだと思う。この寒さで泳ぐ女性って誰か?床屋のオバチャンだろうか?
 水温は23度らしいけど、なんか信じられない。昼間に表層の温度だけ測ったんじゃ無いの?と言いたくなるような冷たさ。先に入っている女性は黙々と歩いている。
 取りあえず200mのアップをしたけど寒い。続いて500mを泳いだけどやっぱり寒い。ちょっとドリルとか色々してみたけど寒い。そのうちに外が暗くなって雷が鳴り出したので上がることにした。
 歩いていた女性は去年も会ったことがある、錦江湾横断泳に出た人だった。流石にそんな変な人じゃ無いと、オープニングの冷たい水では泳がない。私が上がった頃から彼女は泳ぎ始めた。
 弱い寒冷前線の端っこに居る感じ。直ぐ近くで雷が鳴って、大粒の雨が降ったり止んだり。芹田の所であまりに強く降り出したので雨宿り。小雨になってから家まで帰った。

スイム 1.2km
バイク 16km

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »