« チェーン | トップページ | 桃園プール »

2010年5月22日 (土)

ハイブリッドスクーター

0522_2  先週は天気予報が外れたけど、今日は当たりで午後から天気が崩れて来そうな気配。で、朝のうちに走っておこうと思った。
 スピードよりも泥臭い持久力。その考えから時間が許す限りの距離を走ることにした。そろそろ暑いので給水の場所も考慮して、西中、本城、グヮーグヮー市場、本城、21号線バイパス、倉久、のルート。
 帰りの給水ポイントが離れすぎていたようで、帰ってきたときはかなり喉がカラカラだった。でも夏に向けてこういうシチュエーションでも無理せずに走る練習も必要な気がする。

 昼飯に山盛りのパスタを食べてホッとした。雨が降りそう。苺も最後だな・・・と思いながらPCを見ていたら、居ないと思っていたshinakoさん達がこっちに居ることが解った。最終的には阿蘇の日程を私が思い違いしていただけだった事が判明したけど(笑)。
 誘ったら来てくれたので、小雨のなかを大きな段ボール箱に詰め込んだ。そのあとはコーヒーを飲みながら川の道の話とか、飲兵衛さんの悪口?とか、色々と面白い話を聞いた。
 彼女はスポーツクラブで泳ぎだしたらしい。私よりもセンスが有りそうなので直ぐに上達すると思う。今年は無理でも来年はアクアスロンとフェスタにでも誘おう。

 写真はハイブリッドスクーターの実験画像。e-janの修理依頼が来て、自分のも1月くらい乗ってないことを思いだした。同じ充電するなら発電機で充電してみようと思い、こんな事をしてみた次第。
 電源に若干のノイズが有るために、オシロでは変なトリガがかかることが有る。でもこの充電器は最大電流を規制された定電圧電源なので、割りと適当でも動いてくれた。
 と言うことは、股の間に発電機を積んで走れば、即席のハイブリッドスクーターが実現できることになる。今度は実走で試してみよう。

ラン 26km

|

« チェーン | トップページ | 桃園プール »

コメント

大陸物の大雑把な電動乗り物と玄関先に投棄された発々を繋ぐと世間では最新技術みたいに捉えられてるハイブリット車の夢を見れるか?
ボトルネックも心配ですが、とりあえず満充電と満タンでどこまで行けるか実測希望!

投稿: 山向こうの住人 | 2010年5月23日 (日) 07時20分

 充電は問題なく出来たんですが、完全放電からだと8時間近くかかるんですよね。。。
 発発の能力は900Wくらい有るので、500W出力のモータに対して丁度よいくらいの出力です。充電器さえ新たに製作したら、ほぼバランスの取れたハイブリッドシステムになりそうです。
 それが省エネなのか?とか、意味があるのか?とか言う議論は無視です(笑)。

投稿: みつやす | 2010年5月23日 (日) 13時06分

お世話になりました。
苺、食べたり、ジャムや苺ミルクセーキ作ったりしました。
クロール初級のクラス(ご年配の方2人とすっごくご年配の方と私と4人でした)に潜り込み、ほとんどマンツーマンで励まされながら歩きながら鼻から息を出したり、ビート板を持ってのバタ足したりの練習をしている段階です。
まだ、泳ぎだしたというほどではないけど、すでに水、飲み放題・・・。
ざぶざぶ泳げるみつやすさんはすごいねぇ。

投稿: shinako | 2010年5月23日 (日) 19時07分

 いや、ざぶざぶは泳げません。背泳ぎの練習の時は25mで1カップくらい水を飲みます(笑)。
 飲兵衛さんとか宇津さんは泳がんのかね?もし泳ぐなら来年のフェスタに3名でエントリー出来るけど。

投稿: みつやす | 2010年5月23日 (日) 20時09分

 おいおい!個人名を、漢字で出すか~。僕は、一般人でっせ。まあいいですけど。
 二人ともがんばりますな~。私は泳ぎまん。。。プルブイをはさんで、スイムジョグなら、雨の日にいいかも。50m、90秒位で。
 何度もいいますが、スイムは、どれだけ、まじめに、たくさん泳いだかですよ。
 古橋広之進?でよかった?
魚になるまで泳げです。
 オッサンのプール悪戦記、面白いです。

投稿: うづ | 2010年5月23日 (日) 21時26分

 おお、ゴメンゴメン、でも有名人だからいいでしょ。

 スイムに関してですが、指導者は直ぐにそういう風に言いますけど、センスの無いオッサンは何やっても駄目です。後からきた小学生に一夏で抜かれます。速い中学生が4km泳ぐと聞いて真似しようとしても体力が付いていきません・・・。
 まあ、今週も泳ぎに行って悪あがきしますからニヤニヤしてください(笑)。

投稿: みつやす | 2010年5月23日 (日) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チェーン | トップページ | 桃園プール »