« リヤサスの中身 | トップページ | チェーン »

2010年5月20日 (木)

e-janの修理

0520 電動スクーター"e-jan"の修理。と言っても自分用じゃ無くて人様のスクーター用のモータドライバの修理だったりする。
 以前の私のブログを見て、同じように焼損したドライバを修理できないかという依頼が来た。なんとなく面白そうなので受けたのだけど、中を開けたら私のとは違う場所が燃えていた。。。
 同じ場所なら同じ要領で修理出来るな、と思っていたけど、場所が違っていたらトラブルシューティングがやり直しになる。面倒だけど面白いとも言えるし、力が付くとも言える。サラリーマン時代の嫌な仕事に比べたら100倍楽しいから、まあいいか。
 それにしても太いパターンが3箇所も切れているのが嫌らしい。このドライバはアルミケースとパターンの設計が悪くて、振動でショートする事が有る。それだけが原因であれば中央部が燃えるだけで済むのだけど、それ以外にも太い線が2本切れてしまっている。
 うーん、ショートの衝撃でゲートドライブICが変になり、上下の短絡でも起こしてしまったのだろうか・・・。それだと関係するFETも死んでいる可能性が高い。困ったな・・・。
 と、今日はここまで。

 本当は昨日走っておきたかったのだけど、雨でプールに行ったので代わりに走ってきた。シーズンに入ってきたので実戦的な練習をしたい。私の場合はロングの年寄りクラスなのでスピードは要らない。最後まで安定して走りきれる肉体と精神さえ有れば良い。
 と言うことでゆっくりと走ることにした。その代わりにいつものコースよりも少しだけ距離を伸ばして17kmまで増量。
 芹田から犬鳴川沿いを通って本城のトイレで給水。ルミエールの横を通って21号線バイパス沿いを走って新笠松に降りて、四郎丸、倉久と回って帰ってきた。
 ゆっくり・ゆっくり・と思っていても直ぐに走りやすいペースに上がってしまう。でもこれだと10kmくらいで何となく脚が怠くなってしまう。だから強い意志を持ってそれよりも遅いペースを維持する練習。
 森下さんが初マラソンのワンジルに言っていた。「35kmまでは我慢、我慢。それから爆発。」と、レベルは違うけどそんな気持ちで走っても、最後が少しキツいくらいの丁度よいペース配分に成ると思う。

ラン 17km

|

« リヤサスの中身 | トップページ | チェーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リヤサスの中身 | トップページ | チェーン »