« On the University street | トップページ | 苺狩り2日目 »

2010年5月15日 (土)

苺狩り1日目

05151 平日に久住までツーリングに行って、財布を落として健康保険証から会社にバレて問題になった??T氏の家族が苺狩りに来た。
 他所の子供はどんどん大きくなる。特に小学生くらいまでは雨後の竹の子のように、見る度に変化している。人間の生命力も捨てたもんじゃないと何時も思う。
 天気がよいので苺は丁度よい感じ。喜んで貰えて良かった。裏の栗の木の下にテーブルを持ってきて、玉切りにした木を椅子にして昼食。
 エイミーの家のピザと、持ってきてもたっら巻き寿司と言う、微妙な食べ合わせが今日のメニュー。Lサイズはデカいので今日はMサイズを4枚にした。知り合いだから贔屓にしている訳じゃなくて、普通に美味しい。

05152  もう一つのイベントはKL250のタイヤ交換。父親から厳しく教育するように言われていたので(笑)、口だけ出して適当にやらせた。
 最初は分解すら危うい感じがしたけど、今時の若者2名はちゃんと最後まで作業をやり終えた。ちょっと感心した。
 前にも書いたけど、このKL250は「お母さんが乗っていたバイク」。そして一緒に付いてきたもう一人の同級生のバイクも「お母さんが乗っていたバイク」と聞いて驚いた。ここにも遺伝子の引力の法則が働いている。
 好感度の高い若者が二人も来たので、嫁さんのテンションが高い。「ピアスでもパンツが見えていても、素直でよい子!!」と騒ぎ回っている。まあ解らんでも無い。
 でも私的にはすこし残念な気がした。どうして女の子を作らなかったのだろう。既に3人の息子が居たわけだから、あと数名子供が増えても大差ない。そしたらかなりの確率で女の子も居たはず。
 その娘が友達を連れてきて、そいつがヤンキーみたいな金髪で鼻にピアスをしていても、「中学までスイミング行ってたんッスよ」「うち、速いッスよ」とか言われたらワクワクするじゃないか。。。とか妄想した。

 若者二人は明るいうちに作業を終えたので、CR80と修理完了したKL250で裏山に行ってみた。さすがにKL250は新品タイヤでも車重があるので、登りで一旦止まってしまったら動けなかった。
 バイトが有るからと二人は帰っていった。昨日に続いて若い人達を見て、なかなか良いなと感じてしまう。こう言うのって「今時の若いもんは・・・」と話すのと同じだと思う。立ち位置が違うだけで、どちらも自分は若者じゃ無いと解っている。
 こう言うのは素直な反応で悪くないと思うけど、こんな風に感じているようではダラ・トーレスには成れんだろうな・・・とも思う。

 今日は走ってみた。少しだけ距離を伸ばしてみてルミエールを回ってくるコース。芹田の交差点経由で本城のトイレで給水し、21号線バイパス経由で、新笠松、四郎丸、倉久、と回った。
 調子は悪くない。でも最後の方で左の脹ら脛と踵が疲れた感じがしてきた。これは仕方ないしばらく使って無いのだから。でも攣らなかった。これは大きい。変化が有るような気がする。カルシウムを意識し始めてから攣ってない。
 帰りにエイミーの家に寄り、ピザが美味しかった話をした。パイナップルの入ったのが珍しくて良いと言ったら、他の人からもそう言う意見があるらしい。
 最後はエリサの進路の話とか、ルーカスの進路の話とか、うちの舟平の進路の話とか、学費の話とか、学校の保護者会みたいな内容の話しに成った。

ラン 18km

|

« On the University street | トップページ | 苺狩り2日目 »

コメント

どうも、昨日は家族一同たいへんお世話になりました!
今回も子供達は大満足で、二人とも帰路の車中で爆睡でした。
それにしても、あのピザは美味い!
生地のおいしさが市販のものや大手チェーンのものとは
全く違いますね。

さてさて、また無責任なことを書かれたので、きちんと説明をしますが、
13日は、ちゃんと代休をとって久住に花をお供えに行きました。
で、たまたま財布を落としてしまいましたが、
親切な方が拾って会社に連絡してくれ、無事に戻ってきた。よかったね。
というのが真相です。やれやれ。

KLXの若者達、良い勉強でしたね。これでお母さんのバイクから
自分のバイクになってきたのでは?
お互いに安全運転で楽しみましょう。

投稿: sun.one | 2010年5月16日 (日) 09時34分

 なるほど、一つの真実に対して表現に仕方によって、ここまで異なる印象を与える事が出来るわけですね。報道の奥に隠されている真実を見抜ける人間に成れと言う事でしょう。

 あの二人とも、或る程度古いバイクなので、これからも定期的にトラブルが出てくるでしょうね。それに対応していく過程で人間の幅が広がるわけで、三無い運動とかクソ喰らえの戯言ですわ。ワハハ。

投稿: みつやす | 2010年5月16日 (日) 21時06分

 ダラ・トーレス...いいかげん...誰も知らんて...。彼女にヘッドロックされたいのですか? 変態オヤジにはかかわらぬよう、リオをめざす、中学生アスリートに注意を伝えておきます。
 玄海のエントリーページでネタにさせてもらいました。すみません。走るつもりなら、急がないと締め切られますよ。

投稿: うづ | 2010年5月16日 (日) 22時13分

 油断してました。既に半分埋まっていて、慌ててエントリー済ませてきました。なんか無茶苦茶書いてますが(笑)教えて貰ってありがとう御座います。

 ダラ・トーレスにヘッドロックされたいです。上田春佳でもいいです。そんな凄い親子が居るなら、是非お会いしたいです。興奮して二の腕を触ってしまうかもしれません。

投稿: みつやす | 2010年5月16日 (日) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« On the University street | トップページ | 苺狩り2日目 »