« BE間もダイオード | トップページ | ビミョーな気分 »

2010年4月17日 (土)

やっぱり降伏しますか

0417 昨日の続きが気になってしまい、実際に非安定マルチバイブレータの回路を作って試してみた。その前に2SC1815単体でも試してみたけど。
 単体の試験ではエミッタとベースの間が-8.23Vくらいで1mA流れて、-8.3V程度で5mA流れた。実力値は8V辺りに有りそう。
 続いてマルチバイブレータの回路でも試した。5Vでは当然のように何事も起こらない。でもベースには5-0.6=4.4Vのマイナス側の電圧が加わっている。このまま12Vまで電源電圧を上げていった時の、コンデンサ両端の電圧推移がこのオシロの画像。
 フルに充電されたと思った瞬間に、足元のコレクタがエミッタと導通して瞬時にGNDに落とされる。反対側の極版との間に溜め込んだ12V近い電位差はそのまま相手のベースに逆電圧として加わる。
 ところが2SC1815は8.3Vくらいしか逆電圧に耐えることが出来なくて、一部降伏してしまって極版間の電位差は8.4Vくらいまで急減少して居るのが解る。なかなか面白い。電子工学科とかでまともに勉強してきた人達は、こんな実験を1年生の頃にやるのだろう。でも"勉強"としてやると面白くないかも。
04172  こちらは古い本に書いてある、両方のトランジスタのエミッタにダイオードを入れた回路。昨日の実験で完全に阻止できる訳じゃなくて、約半分くらいに軽減できる事が確認できたヤツ。
 電源電圧を20Vまで上げていっても、こんな感じでコンデンサ両端の電圧波形には変なところは出てこない。成る程ね。。。

 明日のマラソンに向けてと言う訳では無いけど、今日は家の回りの作業を延々と処理した。残りの草刈をしたり栗の木の下の整地をしたり、山の中に道を造ったりと色々。
 午前中は嫁さんとタケノコを掘りに行った。嫁さんが実家に送る分を自分で掘りたいと言うから付き添い。背負い籠で運ぼうかと思ったけど、なんかキツそうなので力丸君で付いていった。二酸化炭素を沢山出しました。環境の神様、御免なさい。

 最近感じていることを実行した。大会の前の晩にバカ食いすること。お好み焼きだったので5枚か6枚食べた。あと、肉も別に焼いて食べた。蛋白質か脂肪か塩分の過剰摂取が効いているんじゃ無いかと疑って(期待して?)いる。明日はどうかな?

|

« BE間もダイオード | トップページ | ビミョーな気分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BE間もダイオード | トップページ | ビミョーな気分 »